素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

一夏「俺はセシリアのおっぱいが好きだアアアアアアアアアアアアアアアア」 四人「」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 12:14:11.00 ID:B2/ml0uJO

一夏「素晴らっしい形! 推定Cの見事な大きさ! 揉みしだくなるね!!」

一夏「きっとブラジャー外しても形は崩れないんだろうなァ!
    サイズが小さくなるなんて事もないだろうよ!」

一夏「感触もきっと素晴らしいんだろうなァ!
    つっつくと押し返してくるんだろうな! たァまんねぇな!!」

一夏「そんな素晴らしい男の夢<ドリーム>おっぱいが
    俺は1番好きなんだよ解ったかお前らあああああ!!!!」

箒「」

鈴「」パクパク

ラウラ「」

シャル「」

セシリア「///」




 
111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 18:43:54.67 ID:xg1R9YIZ0

Cカップ?もっとあるだろ糞が


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 12:36:00.32 ID:epX3r3IH0

セシリア「そ、そんな一夏さん……皆さんの前で愛の告白だなんて……///」

一夏「すまない、セシリア。でも俺にはお前のおっぱいへの愛を押さえられなかった」

セシリア「……」

セシリア「あの……先ほどから、その、一夏さんは私のむ……胸についてばかり仰っていますが……」

セシリア「今のは、わ、私への……あ、愛の告白ですわよね?」

一夏「ん?いや、セシリアのおっぱいへの告白だが」

セシリア「で、でも!胸も引っくるめて、私のことが好きということですわよね!?」

一夏「セシリア?セシリアは、まあ友達として好きだよ。でもおっぱいほどじゃないな」

セシリア「」

鈴「プッ」

シャル「わ、笑っちゃだめだよ。ククク」コソコソ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 12:43:01.35 ID:epX3r3IH0

セシリア「」

一夏「ああ、それにしてもセシリアのおっぱいは素晴らしい!見てるだけで惚れ惚れする!」

箒「一夏……貴様は――」

ラウラ「私の胸はどうだ、嫁よ」

セシリア「ひ」

鈴「ねぇ!私のは――」

セシリア「酷いですわああああああ」ダダダッ

シャル「あーあ」

鈴「今のは一夏が悪い」

一夏「え?なんで?」キョトン

ラウラ「で、私の胸はどうだ?」

箒「早く謝ってこんか馬鹿者!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 12:56:13.02 ID:epX3r3IH0

一夏「なあ、なんか俺酷いこと言った?」

箒「ええい、とっとと行け!はっ倒すぞ!」

一夏「わ、わかったよ」タッタッタ

箒「……まったく(一夏はやはりお、大きい方がいいのか)」

シャル「一夏は相変わらずだねえ(僕だって大きさなら負けてないと思うけどなあ……)」

鈴「あいつってほんとバカよね(大きさ……ぐぬぬ……)」

ラウラ「同じ胸なのに私のとどこが違うのだろうか」

箒・シャル・鈴「はぁ……」

ラウラ(やはり直接聞きに行くべきか)タッタッタ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:03:52.03 ID:YmTab+uw0

ラウラかわいいよラウラ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:11:57.83 ID:epX3r3IH0

セシリア「はぁ……」トボトボ

セシリア(一夏さんが……まさか、私の胸しか見ていらっしゃらなかったなんて……)

セシリア(でも……胸だけとはいえ、好かれているのなら、むしろ喜ぶべきでしょうか)

セシリア「はぁ……」

セシリア(だけど、先ほどの物言いは酷すぎますわ……)

セシリア(……いいえ、これは好機ですわ。
      胸だけとはいえ、他の四人よりも好かれているのですから)

セシリア(これを使わない手はありませんわ!)クルッ

一夏「あ、おーい」タッタッタ

セシリア「い、一夏さん!」

セシリア「追いかけてきてくださったのですか!」

一夏「ああ。さっきは悪かったな(よくわからないけど)」

セシリア「い、いいえ!全然かまいませんわ!」

セシリア(よし!チャンスですわ!)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:15:53.21 ID:epX3r3IH0

一夏「そっか。良かったー。急に走り出すからさ」

セシリア「こちらこそ心配をおかけしてごめんなさい」

セシリア「……と、ところで一夏さん?」

一夏「ん?なんだ?」

セシリア「い、いい一夏さんは!!」

一夏「お、おう」

セシリア「わ、わわ、わた、私の、その――」

ラウラ「おお、ここにいたのか!」

セシリア「」

セシリア(ああ……チャンスが……)


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:21:19.71 ID:epX3r3IH0

一夏「ラウラ?どうしたんだ?」

ラウラ「聞きたいことがある」

セシリア「……はぁ」

一夏「聞きたいこと?」

ラウラ「うむ。胸のことだ」

一夏「おお!なんでも聞いてくれ!」

一夏「このおっぱいマスターに!!」

ラウラ「おっぱい?」

セシリア「ますたぁ?」

一夏「昔のあだ名さ……男友達は俺のことをそう呼んでいたんだ」

ラウラ「ほう」

セシリア(一夏さんって……)


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:27:46.56 ID:epX3r3IH0

ラウラ「ところで」

一夏「ん?」

ラウラ「胸のことをおっぱいというのか?」

一夏「ああ。女性の胸のことを、この国では男たちが敬意を込めてそう呼ぶんだ」

セシリア「敬意……ですの?」

一夏「おっぱいは、男たちにとって永遠のフロンティアであり……帰るべき故郷だかな……当然さ」

セシリア「はあ」

ラウラ「しかし」

ラウラ「胸など膨らんでいればどれも変わらんだろう?出産時に授乳できれば」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:31:17.20 ID:B2/ml0uJO

あーあキレちゃうよ
一夏さんキレちゃうよ



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:39:30.21 ID:epX3r3IH0

一夏「ばっ……」

一夏「ばっかやろおおおおおおお!」バッ!

ラウラ「!」ガシッ!

ラウラ「いきなり何をする!!」

一夏「今のは!すべての男たちの魂の叫びだ!!」

セシリア(これからは、胸を強調した服を用意したほうがよろしいかしら?)ホケー

一夏「いいか!胸に貴賤なしとはいいが!
    だからといってないがしろにしていいという意味ではない!!」

ラウラ「……しかし、私には違いが……」

セシリア(ああ一夏さんいけませんわ!皆さんがいらっしゃるのに!)モンモン

一夏「なら!俺が教えてやる!」

一夏「セシリア!」

セシリア(ううん、でも普段からその格好でははしたないですわよね……え?)

セシリア「は、はい?」

一夏「頼む。協力してくれ」ズイッ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 13:42:15.60 ID:epX3r3IH0

セシリア「(ち、ちかっ……まさかもう!?)はい……」

一夏「よし!ラウラ!」

セシリア「へ?(ラウラさん……?)」

一夏「自分のと触り比べてみろ!」

ラウラ「!なるほど!」

セシリア「え?え?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 14:06:34.66 ID:epX3r3IH0

ラウラ「では」ワキワキ

一夏「すまない、セシリア」

セシリア「ちょ」

ラウラ「」ワキワキ

セシリア「ちょっとお待ちください!!」

ラウラ「お?」

一夏「どうした?」

セシリア(二人とも冷静なのが逆に怖いですわ……)

セシリア「い、いきなり胸を揉ませろと言われましても……」

セシリア「ここでは人目もございますし……」

セシリア(それにできれば一夏さんに……)

一夏「……」

一夏「そうだな……」

セシリア(ほっ……)

一夏「よし!俺の部屋にいこう!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 14:55:24.72 ID:epX3r3IH0

セシリア「ええ!?」

セシリア(一夏さんの部屋……)

セシリア「そそそs、それはつまり……その……」

一夏「ラウラもそれでいいな?」

ラウラ「うむ」

セシリア「」

セシリア(それはそうですわよね……)


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:04:29.07 ID:epX3r3IH0

一夏の部屋

一夏「さて。じゃあいいな、セシリア」

セシリア「はぁ」

セシリア(結局押しきられてしまいましたわ……)

ラウラ「よし、では行くぞセシリア」ワキワキ

セシリア「……」

一夏「いやちょっと待てラウラ」

ラウラ「ん?」ピタッ

一夏「さっきはああ言ったが、やはりまずは形を鑑賞しよう」

一夏「ここなら通行人もいないしな」

ラウラ「形?」

セシリア(それってまさか……)

一夏「というわけで脱いでくれ、セシリア」

セシリア「」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:06:55.55 ID:epX3r3IH0

急募:おっぱいの形の誉め方


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:33:27.16 ID:epX3r3IH0

セシリア「ま、まってください!」

セシリア「いきなり脱げと言われましても!」

セシリア「わ、私はラウラさんが触るくらいでしたら、と……」

一夏「セシリア、頼む!」

一夏「お前のおっぱいの素晴らしさを伝えるためには、どうしても必要なことなんだ!」

ラウラ「私からも頼む」

セシリア(わ、私の(おっぱいの)素晴らしさ!!)

セシリア(恥ずかしい……けど、一夏さんがこんなに言ってくださっているし……)

セシリア(それに、一夏さんには、その、いやらしい気持ちは全然ないようですし)

セシリア(純粋に美しさを追求しているのでしたら、これはむしろ芸術を愛でるようなものでは?)

セシリア(そうですわよね……)

セシリア「わかりました……でも、あのぉ、一応お聞きしますけど」

一夏「なんだ?」

セシリア「それは一夏さんも見る、ということですわね?」

一夏「ああ。でないと良さを解説できないだろ」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:37:02.80 ID:epX3r3IH0

セシリア「……わかりました。覚悟を決めましょう」

セシリア「……」

セシリア(しっかりしなさい私。ここで一夏さんの心を完全に捕らえるのですわ)

ヌギヌギ

セシリア「ん……」

セシリア(視線が痛い……)

セシリア(し、下着も……)

一夏「セシリアストォォォオオオッップ!!」

セシリア「ひっ」ピタッ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:44:37.48 ID:epX3r3IH0

一夏「よし、じゃあ見るんだ、ラウラ」

ラウラ「わかった」

ラウラ「……」ジッ…

セシリア「……」

セシリア(うぅ)

一夏「どうだ、ラウラ。セシリアのおっぱい、どう思う?」

ラウラ「ふむ……」

ラウラ「でかいな」シタヲミル

一夏「そうだな。まずそこに目が行く。仕方のない、正直な感想だ」

一夏「だがそれだけではない」

一夏「セシリア、済まない。手をどけてくれ」

セシリア「……は、はい……」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:52:15.96 ID:epX3r3IH0

一夏「確かにセシリアのおっぱいはでかい。だが、大きすぎるわけじゃない」

ラウラ「大き、すぎる?」

一夏「ああ。でかすぎるとおっぱいはただの肉塊にしか見えないんだ」

一夏「それではおっぱいの役割は果たせない」

ラウラ「おっぱいの役割?母乳の出が悪いということか?」

一夏「違う。いいか、ラウラ。おっぱいってのは単なる授乳器じゃない!」

一夏「男の夢が詰まっているんだよおおおおお!!!」

ラウラ「夢!!?」

セシリア(早く終わって……)


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 15:59:13.97 ID:epX3r3IH0

一夏「なぜ女性はおっぱいを隠す!?単なる授乳器なら、隠す必要などない!!」

ラウラ「確かに!」

一夏「ラウラ、おっぱいというのだな!セックスアピールのためにあるんだ!」

セシリア「せ――」

ラウラ「せ、せっく」カーッ

一夏「いいおっぱいっていうのは!見ただけでムラムラして!」

一夏「むしゃぶりつきたくなって!」

一夏「舐めまわしたくなるんだよおおおおおおおおおお!!!」

セシリア(む、ムラムラ……)

ラウラ(な、なめなめ……)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:02:23.51 ID:epX3r3IH0

セシリア「……あ、あの、一夏さん?」

一夏「ハァハァな、なんだ」

セシリア「も、もしかして今も?」

一夏「……」

一夏「おっぱいに嘘をつくことはできない……」

一夏「もちろんしたいさ!」

セシリア「ひっ」

一夏「これは男の本能なんだ!」

一夏「なのに姉貴や箒はちょっと見ただけで殴りやがって!!」

一夏「胸がなければ、くそっ!」

一夏「済まないおっぱいたち!俺は今、とんでもないことを!!」

ラウラ「い、一夏……?」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:06:57.61 ID:epX3r3IH0

一夏「ハァハァ……」

一夏「よし、続けるぞ……」

ラウラ「わ、わかった……」

一夏「ふぅ……とにかく。おっぱいってのは男の性欲を刺激するんだ」

ラウラ「ほぅ」

一夏「ただ、それが逆に裏目に出ることもある」

一夏「男はみんなおっぱいに夢をもっている」

一夏「性癖は違っても、それはみんなおんなじだ」

一夏「ラウラ、セシリアのブラ、どう思う?」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:17:44.78 ID:epX3r3IH0

ラウラ「私にはファッションというものはよくわからんが」

ラウラ「綺麗な色と形をしているな」

一夏「そうだ。それは友達に見せる用のブラだ」

ラウラ「そんなものがあるのか!?」

一夏「ちなみにこれがセシリアの勝負下着の写真だ」スッ

セシリア「え?」

ラウラ「勝負下着?」

セシリア「ちょ」

セシリア「え?」

ラウラ「どんな勝負をするのだ?」

一夏「勝負と言っても、実際に戦うわけじゃない」

一夏「まあ、女の子にとってはある意味勝負と言えることだ」

一夏「男に見せるための下着だ」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:21:31.35 ID:epX3r3IH0

ラウラ「男に?」

セシリア「一夏さんっ!」

一夏「ああ――どうした?セシリア」

セシリア「そ、そんなもの……いったい、どうやって」

一夏「買った」

セシリア「い、いったい誰から……」

一夏「済まない。それは言わない約束なんだ」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:24:37.65 ID:6bdyS97JO

モッピー知ってるよ!一夏が誰から写真買ったかモッピー知ってるよ!


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:46:23.38 ID:nf1EEGiv0

それからそれから?


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:47:37.83 ID:epX3r3IH0

ラウラ「それにしてもこの勝負下着というものは」ジッ

ラウラ「これでは下着の意味がないのではないか?」スケスケダゾ

一夏「じゃあラウラはブラジャーにどんな意味があるか知っているか?」

ラウラ「大胸筋サポーターだ」

ラウラ「運動をする際に、胸の脂肪が邪魔にならないようにする」

一夏「ラウラらしいな」

ラウラ「間違っているのか?」

一夏「いや、正解だ。だが、下着の役割は一つじゃないんだ」

ラウラ「ふむ」

一夏「ラウラの言うような役割や、胸の形を整える役割もある」

一夏「他にも今セシリアがしているような、見せるため、ファッションとしての役割」

一夏「そして、男の性欲を煽る役割」

一夏「このセシリアの勝負下着だが」ピラッ

セシリア「な、何枚持っているんですの!?」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:50:09.51 ID:epX3r3IH0

一夏「ここまで際どい下着だと、セシリアほどのおっぱいがなければ似合わない」

ラウラ「で、では例えば私がこれをつけても……」

一夏「まあ、似合わないだろうが、ある意味、男の性欲を煽ることはできるだろうな」

ラウラ「本当か!?」

一夏「ああ、そういう性癖の男もいる」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:53:01.76 ID:epX3r3IH0

一夏「だが、それはラウラのようにある程度整った容姿」

一夏「つまり、おっぱい以外の要素が必要なんだ」

一夏「だが、純粋におっぱいと下着にだけ注目した場合」

一夏「セシリアほどエロい下着が合うおっぱいはない」

セシリア「え、エロ……!?」

ラウラ「なるほど……」ショボーン


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 16:55:12.04 ID:ZzWrlyVpP

あのスカートもエロいですわ


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 17:00:00.67 ID:epX3r3IH0

一夏「そうがっかりするな、ラウラ」

一夏「小さいおっぱいには小さいなりの戦い方がある」

ラウラ「なんだと!是非教えてくれ!」

セシリア「エロ……エロ……」

一夏「いいか?おっぱいってのは普段隠されているだろ?」

ラウラ「ああ」

一夏「人は普段見れないものを見ると喜ぶだろ」

ラウラ「確かに」

一夏「ようは希少価値だ」

一夏「なぜ普段は見れないかと言うと、女性が恥ずかしいからだ」

ラウラ「私は嫁に見られても大丈夫だぞ。胸くらいいくらでも見せてやろう」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 17:26:00.37 ID:epX3r3IH0

一夏「ラウラ。確かにそういう態度に興奮する男もいる。だが、恥じらいも大切なんだ」

ラウラ「恥じらい?」

一夏「男がおっぱいを見て興奮するのは、そういった恥じらいがあるからなんだ」

ラウラ「恥じらいか」

一夏「普段見れないものを、自分にだけ見せてくれる」

一夏「でも、恥ずかしい。恥ずかしいけど見せてくれる」

一夏「男はそこに愛を感じ、興奮するんだ!」

ラウラ「おおっ!」

ラウラ「そうか、私は間違っていたのか……」

一夏「いや、そんなことはない」

一夏「さっきも言ったように、そういうのが好きな男もいるからな」

一夏「しかし、小さい胸をよく見せたいなら、恥じらいは必要だ」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 17:32:57.31 ID:epX3r3IH0

一夏「小さいおっぱいが好きな男というのは少なからずいるんだが」

一夏「それは未熟さに興奮するのと、もう一つ理由があるからなんだ」

一夏「おっぱいがちっちゃくて恥ずかしい……///」

一夏「これがたまらない!!」

ラウラ「な、なんだと」

ラウラ「そんなことが……」

一夏「ああ。おっぱいに対するコンプレックス。それが最高のエッセンスだ」

ラウラ「ふーむ……」

一夏「だけど、ラウラは今のままで十分さ」

ラウラ「本当か!?」

一夏「ああ」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 17:36:46.14 ID:epX3r3IH0

一夏「ふう。長々と語っちまったな」

一夏「とにかく、俺がセシリアのおっぱいが好きな理由の一つ」

一夏「それはまず、その見た目のエロさってわけだ」

一夏「じゃあセシリアには、ブラを外して貰うけど、その前に」

セシリア「……」スースー

一夏「ラウラ、セシリアのおっぱいを揉め」

ラウラ「ブラをつけたままでか?」

一夏「そうだ」

ラウラ「わかった」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 18:20:14.04 ID:epX3r3IH0

セシリア「……ん……いち……さん」スースー

ラウラ「」グッ!

一夏「お、おい!」

セシリア「……っ!い、いたっ!」

ラウラ「お、起きたか」

セシリア「いたい!いたいいたいいたいですわ!」

ラウラ「お?おお、すまん」

一夏「ラウラ、もう少し優しくだ」

ラウラ「わかった」

セシリア「え?え?」

ラウラ「」サワッ

セシリア「ひっ、く、くすぐったい……」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 18:24:09.79 ID:epX3r3IH0

一夏「いいか。上からだけではなく下から掬い上げるようにしたり」

セシリア「んん」

一夏「横から寄せてみたり顔を埋めたり」

セシリア「や、やめ……」

一夏「体勢を変えて後ろから手を回したりもしてみるといいぞ」

ラウラ「わかった」

セシリア「や、やめ!あ、ああ……」

――――
――


セシリア「ハァハァ……お、お嫁に……いけませんわ……」

一夏「どうだった?」

ラウラ「すごい弾力だった」

一夏「そう!弾力だ!」

一夏「セシリア!ベッド上に仰向けになってくれ!」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 18:29:05.34 ID:epX3r3IH0

セシリア「は、はあ(まあ、ちょうどそろそろ疲れてきていましたし……)」ヨイショ

一夏「見ろ!ラウラ!」

ラウラ「ん?」

一夏「ブラをしているからってのもあるが、形が崩れてないだろ?」

ラウラ「ふむ。確かに」

一夏「この形!あと、さっきの感触を覚えとけよ?」

一夏「じゃあセシリア!ブラを取ってくれ」

セシリア「……は、はひ?」ウトウト


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 18:31:22.82 ID:epX3r3IH0

一夏「ブラを、取ってくれ」

セシリア「な!?」イケメンニミエタ

セシリア(こ、これは夢!?一夏さんのベッドの上で)ラウラハミエナイ

セシリア(こ、こんなことを言われるなんて……いいえ、夢でも構いませんわ!)

セシリア「はい!一夏さん!」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 18:45:10.07 ID:epX3r3IH0

セシリア(ついに、この時が来ましたのね……)スッ

セシリア(一夏さん!)スルッ

一夏「」

ラウラ「おお」

セシリア(え、ラウラ……さん?)

セシリア(そういえばそうでしたわ……)orz

ラウラ「ん?」

ラウラ「どうしたのだ一夏?」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 19:09:54.81 ID:epX3r3IH0

一夏「お……」

ラウラ「お?」

一夏「俺は今!猛烈に感動している!?」

ラウラ「そんな鼻血を垂らして、興奮しているの間違いではないのか」

セシリア「……///」

一夏「もちろん興奮もしている!」マエカガミ

一夏「だが!それ以上に感動している!!」

一夏「写真でも見たことはあったが」

セシリア「え?」

一夏「生の迫力はやはり違う!!」

セシリア「そ、そちらもですの!?」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 19:25:46.37 ID:epX3r3IH0

セシリア「一夏さん!それはさすがに看過できませんわ!!」ズイッ

セシリア「いったいどなたからお買い求めになったのか!」ズズイッ

セシリア「白状してください!」ズズズイッ!

一夏「ダメだ……済まんセシリア……これは俺の信用問題にも関わる……」

セシリア「既に私の中で一夏さんの信用ががた落ちですわ!」ポカポカ

ラウラ「おい、そんなことより次はなんだ」

セシリア「そ、そんなこと……」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 21:58:39.17 ID:epX3r3IH0

一夏「よし、ラウラ!もう一度セシリアのおっぱいを見るんだ!」

ラウラ「わかった」

ラウラ「」ジッ

一夏「」イツクシムメ

セシリア「い、一夏さんはそうマジマジと見ないでください!」カクシカクシ

一夏「ああ、隠すんじゃない!」

ラウラ「」ジー

一夏「どうだ?」

ラウラ「……先程と変わりないように見えるが」

一夏「そう!変わらない!つまり垂れないんだ!!」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:07:23.37 ID:epX3r3IH0

ラウラ「なに?」

一夏「大きなおっぱいというものは、残念ながら重力のあるこの星では垂れる運命<さだめ>なんだ」

ラウラ「そうなのか」

一夏「ああ。ブラから解放されたことで、固定はされていないが」

一夏「よし、じゃあセシリア!また仰向けになってくれ!」

セシリア(もうどうでもよくなってきましたわ……)


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:15:13.53 ID:epX3r3IH0

一夏「どうだ!横になっても変わらないこの張り!うおおおおおお」

セシリア(泣いていらっしゃる……)

ラウラ「確かにすごいな」

一夏「ラウラ!次は触るぞ!」

ラウラ「では」ワキワキ

一夏「待てラウラ!いきなりがっつり行くんじゃない!最初は指でつつくだけだ!」

ラウラ「そういうものか」

一夏「そういうものだ!」

セシリア「今更ですけど、私の意思は……?」

一夏「ラウラGO!」

ラウラ「」ツンッ

セシリア「ん……」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:16:21.66 ID:FcmK8P0C0

おもちゃにされるセシリアハァハァ


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:39:29.47 ID:epX3r3IH0

ラウラ「」ツンツン

セシリア「ひ……ゃ……」

ラウラ「」プニプニプニプニ

セシリア「ちょ……ラウラさん……?」

ラウラ「これは、癖になるな」プニプニプニプニ

一夏「そうだろう、そうだろう」ウンウン

一夏「しかし……くっ」

セシリア「ど、どう、んん、なされたのですか?」

一夏「触りたい……」

セシリア「はい?」

一夏「俺も触りたい……」


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:42:40.37 ID:epX3r3IH0

セシリア「えーと……」

一夏「セシリア……頼む」

セシリア(これは、チャンス?)

セシリア(触らせてさしあげる代わりに……)

セシリア「あのぅ、一夏さん」

ラウラ「」プニプニプニプニ

一夏「触らせてくれるのか?」

セシリア「構いませんわ……ただし、条件があります」

一夏「なんだ!?なんでもするぞ!」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:45:52.82 ID:epX3r3IH0

セシリア「わ、私と……」

一夏「ああ」ズイッ

セシリア「(ち、近いぃ)私と、付き合って……くだされば」

ラウラ「ふんふん!」プニプニプニプニ

一夏「……付き合う?」

一夏「どこに付き合えばいいんだ?」

セシリア「いえ、そういうことではなくて」

セシリア「私と、恋人として、お付き合いしてください、と」

一夏「な」

一夏「なんだって!?」


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:48:53.77 ID:epX3r3IH0

一夏「ええと……」

セシリア「ダメですか?」ションボリ

一夏「い、いや」

一夏(セシリアが、俺の恋人……?)

一夏(つまり、あのおっぱいが俺の……)

ラウラ「ん?どうしたのだ二人とも」

セシリア「……///」

一夏(いつでも、揉み放題……見放題)

ラウラ「一夏?」

ラウラ「セシリア?」


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:51:16.43 ID:epX3r3IH0

一夏「」ブッ

セシリア「きゃあ、一夏さん!?」

ラウラ「鼻血が」

一夏「俺の俺の俺のあのおっぱいが俺の俺の俺の俺の」ブツブツ

セシリア「一夏さん!一夏さん!」

セシリア(は!ていうか私、上半身裸で告白を///)


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:55:04.91 ID:epX3r3IH0

一夏「セシリア……」

セシリア「あ……無事、なんですね」グスッ

一夏「セシリア、俺は……」

一夏「俺はどうしようもない男だ……」

セシリア「一夏さん?」

一夏「俺はおっぱいのことしか頭にない。今も、お前のおっぱいしか……」

セシリア「そんなことありませんわ!一夏さんはいつも皆さんのことを考えてらっしゃいます!」

一夏「……」

ラウラ「鼻血が出たときは首を叩くんだったか?」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 22:57:38.49 ID:epX3r3IH0

一夏「もし、セシリアと付き合ったら、俺は自分を抑えられないかもしれない……」

一夏「いつもおっぱいを、揉もうと……」

セシリア「……」

セシリア「構いません!」

一夏「なん……だって……?」

セシリア「揉みたいのなら、いくらでも揉んでください!」

セシリア「一夏さんなら、私……」

ラウラ「私のも構わないぞ」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:00:02.82 ID:epX3r3IH0

一夏「いい……のか……?」

セシリア「ええ!」

一夏「本当……だな……?」

セシリア「もちろんですわ」

一夏「」キラーン

ルパンダ~イブ

セシリア「ひゃ!?」

ラウラ「おお、すごい跳躍だな」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:03:27.36 ID:epX3r3IH0

セシリア「ひっ……や、な、舐め……舐めないでください……!」

一夏「」レロレロレロ

ラウラ「な、一夏!最初は指でつんつんじゃないのか!?」

一夏「」チュバッチュバッ

セシリア「はぁん、そん……な……強く……」

一夏「」ムクリ

一夏「ラウラ……次は見て覚えるんだ」

ラウラ「なるほど。これも訓練か」


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:06:33.30 ID:epX3r3IH0

セシリア「あの、一夏さん……ラウラさんには……」

一夏「これが胸の揉み方だッ!!」

ラウラ「」ジー

一夏「なんて素晴らしい弾力!感触!」

一夏「しっとりとした肌触りなのに、しっかりと指を押し返してくる!」

セシリア「聞いて……」


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:11:56.30 ID:epX3r3IH0

最終的にはラウラの胸も揉みたいのだが……


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:13:29.54 ID:c50j2wUh0

>>209
それでいい
それがいい



211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:17:12.02 ID:epX3r3IH0

一夏「う、セシリア真っ白な肌が、だんだんと赤みが指してきて……」

一夏「すっごく色っぽい!」

セシリア「ひ……ひ……あ……」

セシリア(まあ、いいかしら……)

一夏「それに、匂いもいい」スー

一夏「このまま寝たくなるぜ……」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:20:33.45 ID:epX3r3IH0

ラウラ「ん?乳首が?」

一夏「気づいたかラウラ」

一夏「乳首は興奮すると立つんだ」

一夏「経験はないのか?」

ラウラ「ふむ……」

ラウラ「わからないな……」

一夏「なら、よく見ていろよ」

セシリア「一夏さん……」

セシリア「あっ、そんな口に含んだら……」

セシリア「あっあっ」


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:25:25.33 ID:epX3r3IH0

セシリア「ひゃっ!」

セシリア「急に首筋は卑怯ですわ!」

セシリア「ま、またそんな……いや……」

セシリア「はぁ……」

ラウラ「ふーふー」

一夏「……ラウラ」

セシリア「あ……一夏さぁん」

一夏「ちょっと待っていてくれ――ラウラ、自分のおっぱいに触れてみろ」

ラウラ「?」

ラウラ(鼓動が早い……)

ラウラ(私は興奮しているのか?)


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:27:30.82 ID:epX3r3IH0

ラウラ「んっ……こ、これは?」

一夏「」ニヤッ

ラウラ「立って……る?」

ラウラ「興奮していたのか?この私が?」

一夏「ラウラ、俺が今からセシリアの胸を揉むように」

一夏「真似して自分の胸を揉んでみろ」


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:29:46.50 ID:epX3r3IH0

ラウラ「……」

一夏「俺を信じて」

ラウラ「……わかった」

一夏「よし。待たせたな、セシリア」

セシリア「一夏さん……早く、お願いします……」

一夏「セシリア、エロいな……」

セシリア「そ、そんなこと言わないでください……」

セシリア「一夏さんのせいですからね……」


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:32:28.60 ID:epX3r3IH0

一夏「いいや」

セシリア「あ……」

一夏「セシリアのおっぱいがエロいんだよ」

セシリア「そん……なぁ……」

ラウラ(こ、こうか……?ん……)


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:52:06.19 ID:epX3r3IH0

一夏「でもほら、セシリアのおっぱい、俺に触られて」

一夏「俺の指に吸い付いて離さないぜ?」

セシリア「そんなこと……」

一夏「じゃあ、この摘まんで欲しそうな乳首は、エロくないのか?」

セシリア「ひぃぃ」

ラウラ「うぁ……」

セシリア「す、すり潰さないでくださいぃぃぃ」

ラウラ(な――すりつぶ……?)

ラウラ(そ、そんなことしたら……)

ラウラ「はぁぁ……」


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 23:57:00.46 ID:epX3r3IH0

セシリア「あの……一夏さん……下も……」

一夏「セシリアはほんとエロいな」

ラウラ(下……?くぅ……)

セシリア「ち、違いますっ!でも、もう……切なくて……」

ラウラ(確かに、私もなんか……)

一夏「ダメだ」

セシリア「そんなぁ……あ……」

ラウラ(舐められている……)

ラウラ(私も……)

ラウラ「私……」

一夏「ラウラも舐めてほしいか?」


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:05:09.53 ID:vBdu45C50

ラウラ「私……今……」

一夏「ああ。口に出してた」

ラウラ「……」

ラウラ「頼む……」

一夏「いい子だ」

セシリア「なっ!?」

セシリア「い、一夏さん!私は!」

一夏「ちょっと我慢しててくれ」

セシリア「そんな……だ、だいたい恋人の私を差し置くなんて……!」


投稿しすぎって出た……今度は大丈夫かな


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:07:26.53 ID:pXGFjTRnO

セシリアは料理さえできれば完璧


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:09:40.87 ID:vBdu45C50

ラウラ「しかし、一夏は私の嫁だぞ」

セシリア「でも、私の恋人ですわ」

セシリア「うー」

セシリア「一夏さん!?」

一夏「はぁ、いいじゃないか」

一夏「悪いが、ここで帰すってのもな」

セシリア「一夏さん……」

セシリア「……」

セシリア「はぁ……私が許したのはラウラさんだけですからね」

一夏「いいのか?」

セシリア「はっきり言わせてもらえれば嫌ですわ。でも……」


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:12:10.82 ID:vBdu45C50

セシリア「ぜったいぜったいラウラさんだけですからね!」

一夏「はいはい(だけ?)」

セシリア(これ以上増えたら承知いたしませんわ!)

ラウラ「一夏……」

一夏「あ、わりぃ。来いよ」

ラウラ「」コクッ


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:28:59.68 ID:vBdu45C50

一夏「ラウラ、これ、脱がすぞ」

ラウラ「……」コクッ

一夏「」

一夏「綺麗だ……」

ラウラ「ほ、本当か」

一夏「ああ」

ラウラ「でも、私の胸は……」

一夏「……言っただろ」

一夏「おっぱいに貴賤なし」

一夏「ラウラのだって、十分魅力的だよ」サワッ

ラウラ「ん……」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:39:08.88 ID:vBdu45C50

ラウラ「ひゃ……あ……」

一夏「どうだ?自分のおっぱいを揉まれた感想は」

ラウラ「な、なんか……あたたかい……ぞ」

一夏「へー。じゃあこれは?」チュッ

ラウラ「ひっ!い、いま……吸って……!?」

一夏「」チュッチュッ

ラウラ「そ、そんなにしたら、あとが……」

一夏「ああ。これで、俺以外に見せられなくなったな」

ラウラ「あ……」

ラウラ(も、もしこれを見られたら……)

ラウラ「」ボッ


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:41:13.16 ID:vBdu45C50

ラウラ「な、なんでこんな……私は……」

一夏「それが恥じらいさ」

ラウラ「これが……?」

一夏「ああ。どうだ?」

ラウラ「う、嬉しい、かも……しれん……」


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:47:55.59 ID:vBdu45C50

一夏「ならもっとつけてやろう」

ラウラ「あっ……はぅ……」

ラウラ「こ、こんな……はじ……」

ラウラ「ひゃあっ」

一夏「ラウラ、かわいいな」

ラウラ「か、かわ――!?」

ラウラ(私はなんて声を!)

ラウラ「ひゃあん!」

ラウラ(うぅ、また下腹部が……)

一夏(そろそろ、か?)

一夏「セシリア」

セシリア「(はあ、ラウラさんうらやま――)って、はい?」


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 00:57:34.85 ID:vBdu45C50

一夏「ラウラの下、触ってやってくれないか?」

セシリア「え?えぇ?」

セシリア「わ、私がですかぁ!?」

一夏「ああ。大分物欲しそうな顔をしているからな」

ラウラ(もの……?)

ラウラ(わ、私が?そんな顔を?)

セシリア「い、一夏さん!」

一夏「頼むよ」

ラウラ(?……何を?)


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:00:54.79 ID:vBdu45C50

一夏「な?セシリアもしてやるからさ」

セシリア「!い、一夏さんが、ですわよね?」

一夏「ああ」

セシリア「……し……仕方ありませんわね」

セシリア「ラウラさん、しつれいしますわよ」

ラウラ「?」

ラウラ「何を――ひやぁ!」

ラウラ「な、なに!なん……これぇ……」フルフルフル


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:06:52.93 ID:vBdu45C50

セシリア「……」

一夏「俺も胸を、と」

ラウラ「ひぁ、ひゅぅううううん」

ラウラ(や、やめ!やめろ!やめてくれ!)

ラウラ(知らない!こんな、こんなこと!)

一夏(ラウラ、乱れてるなー)

一夏(さて、そろそろセシリアの機嫌を)スッ

セシリア(あら?一夏さん、どこへ?)

ラウラ「しひゅ!ひんひゃうぅぅぅぅ」


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:19:17.84 ID:vBdu45C50

一夏「セシリア、手を止めるなよ」

セシリア(一夏さん?)

セシリア「はぅ……!」

セシリア(そ、そんな……今ですの?)

セシリア「あっ……あっ……」

ラウラ「はー、はー、んん?」

一夏「ほら、手が止まってるぞ?」

セシリア「は、はいぃぃ……」

ラウラ「んんああっ!」

一夏(それにしても)

一夏(四つん這いになってるセシリアの胸……)

一夏(ああああ、もみしだきてええええええ!!)


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:26:53.57 ID:vBdu45C50

ラウラ「ひっ……ひぃっ……」

セシリア(ラウラさん……んん……そろそろかしら?)

ラウラ「や、やあ!な、なんか……」

セシリア(くす、ラウラさん、普段とまるで違う)ニヤッ

セシリア「(……あ、あれ?私、今……?)ぁぁあああ!?」

セシリア「い、一夏さん!?」

一夏「わ、わりぃ、セシリア!俺、もう我慢できない!」ズニュッ

セシリア「いっ……いったぁ……ああ……」

一夏「」グググッ

セシリア(い、一夏さんのが!)


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:31:17.63 ID:vBdu45C50

ラウラ「んん……」

ラウラ(あれ?手が……)

ラウラ(は……!私は何を残念がって……)

セシリア「は、はぅ!あ!」

ラウラ「セシリア?」

セシリア「うぅ!……っ!!」

一夏「ハァハァ」

セシリア「ひ……ひた……」

一夏「ふぅ……セシリア」

セシリア「」

一夏「ほら、手が止まってる……ぞ!」

セシリア「ひぁ!!」


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:33:52.52 ID:vBdu45C50

セシリア「~~!!」

一夏「そうだ、どうせなら口でやってやれ、よ!」

セシリア「うぅ!」

ラウラ「せ、セシリア?」

セシリア「ら、ラウラさん……」

ラウラ「あ、ああ」

セシリア「……失礼しますわ」

ラウラ「な!そ、そこは――はぁ!!」


274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:48:55.04 ID:vBdu45C50

一夏「はぁ……はぁ……」

一夏(なんだこれ……すげぇ)

セシリア「うっ……うぅ……」ペロペロ

ラウラ「ひやぁぁあ」

一夏(セシリアと、ラウラ……どっちもなんてエロいんだ!)

一夏(揺れるおっぱいがたまらねぇ……よし)ガバッ

セシリア「へぇ?」

セシリア「ひ、一夏さん!?」

一夏「たまんねぇ……たまんねぇよ!」

セシリア「ひ、ひた!ひたい!ひたい……のに!」

セシリア(おっぱい、つぶれ……でも、痛いのが、気持ちいい!)


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 01:53:04.61 ID:vBdu45C50

一夏「セシリア!」

セシリア「な、なんですの!?」

一夏「ラウラ、イかせちまえ!」

一夏「お、俺もそろそろやばい……!」

一夏「もしイかせられなかったら……」

セシリア「どうするんですの?」

一夏「いや、俺がイかせるだけだな」

セシリア「……」

ラウラ「ひぃ、ひぃ……」

ラウラ「ふ、ふわっ!?」


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:12:30.18 ID:z8bplL/L0

ラウラ「ひ!ひゃあん!」

ラウラ(し、舌が!膣内に!)

ラウラ(そんなにほじられたら!)

ラウラ(ゆ、指まで!)

ラウラ「ひぅぅぅぅ!」

セシリア(もう少し、あと少し、なにか、刺激を)

セシリア(そうですわ)ニヤッ

ラウラ「ひゃ!そ、そこはぁ!ち、ちがっ!!」ゾクゾク

ラウラ(違う……のに!)

ラウラ「ひやぁぁああああううううぅぅぅ!!」

ラウラ「」クタッ


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:23:27.92 ID:z8bplL/L0

セシリア「や、やりま――ああ!!」

一夏「ああ、よくやった」

セシリア「あ、あ、ぁあん!!」

一夏「はぁ、はぁ」

一夏「な、なあ、セシリア」

セシリア「な、なんですの?」

一夏「お前のおっぱいを見ていきたい」

一夏「俺の上に跨がってくれないか?」


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:27:11.62 ID:z8bplL/L0

セシリア「……わかりましたわ」

一夏「なら、一度抜くぞ」

セシリア「は、はい……」

セシリア「んん……」

一夏「よし、じゃあ頼む」

セシリア「はい……(こ、これが一夏さんの……///)」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:33:32.33 ID:z8bplL/L0

セシリア「で、では……」

一夏(ああ、セシリアのおっぱいが真正面に)

セシリア「ん、ん」

セシリア(ふ、ふか……これ、さっきよりも……)

セシリア「……」

一夏「う、動くぞ?」

セシリア「……はい。私も……」

セシリア「あっあっあっ」

一夏(セシリアのおっぱいが、揺れてるッ!)


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:40:06.94 ID:z8bplL/L0

セシリア「い、い、一夏さん!わ、私ぃ!」

一夏「揺れる!揺れてる!」

セシリア「んん!んんん!」

一夏(こ、こんなの見せられたら!)

セシリア「ひっ!?(そ、そんな!膣内で大きくなって!)」

一夏「う、おおおおおおお」

セシリア「あ、あ、もう!もう!」

一夏「せ、セシリア!こ、このままだと膣内に!」


291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:42:10.89 ID:z8bplL/L0

セシリア「ふわぁ!はぁああん!」

一夏「セシリア!……う、あ、でる」

セシリア「いい!ひやぁ!」

一夏「でる、でるでる!」

一夏「あ」

セシリア「わ、私も!ぅうう!!」

――――
――


セシリア「責任、取ってくださいね 」

一夏「」


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:45:02.80 ID:z8bplL/L0

一夏「え、いや……はい……」

セシリア「……」

セシリア「ふぅ、冗談ですわ」

セシリア「私は別にそれでも構いませんけど」

セシリア「こんな早く引退なんてしたくありませんし」

一夏「そ、そうだよなぁ!」

一夏「あっぶねぇ……千冬姉に殺されるところだった……」


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:49:28.53 ID:z8bplL/L0

セシリア「ふふふ、それは私も困りますわ」

一夏「ははは……それにしても、いいおっぱいだった」

セシリア「ま、またそれですの?」

一夏「いや、マジで最高だったよ、セシリアのおっぱい」

一夏「あ、今度乳コキとか頼めるか?」

セシリア「乳コキ?」

一夏「ああ」ゴニョゴニョ

セシリア「な――なぁ!?」カーッ

セシリア「い、一夏さんのほうが、私よりも絶対え、エロいですわ!!」


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 05:40:38.92 ID:z8bplL/L0

ラウラ「ん……」

一夏「あ、ラウラ。寝ちまってんのか」

セシリア「……」

セシリア「あの、一夏さん?」

一夏「ん?」

セシリア「ラウラさんは、これからも?」

一夏「まあ、本人の希望次第かな」


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 05:49:02.88 ID:z8bplL/L0

セシリア「はぁ……そうですか……」

一夏「そんな顔すんなよ」

一夏「セシリアがどうしても嫌だってんなら、ラウラには可哀想だけど」

一夏「俺はもう、セシリアと付き合ってるんだしな」

セシリア「一夏さん……」

セシリア「いいえ、私にはそのお言葉だけで十分ですわ」


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 05:53:28.92 ID:z8bplL/L0

次の日

一夏「俺は!」

ラウラ「私は!」

一夏・ラウラ「セシリアのおっぱいが好きだアアアアアアアアアアアアアアアア」

箒「ふ、増えてる……」

シャル「ラウラまで……」

鈴「バカばっか」

セシリア「///」


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 05:57:54.70 ID:z8bplL/L0

シャル「ラウラ。昨日帰ってきてからずっとおっぱいおっぱいって」

シャル「僕の胸も揉もうとするし……///」

箒「一夏、貴様何か変なことを吹き込んだのではあるまいな」

一夏「え、ええと……」

ラウラ「一夏!私はまた今日もあれをやって欲しい!」

三人「あれ?」

一夏「わ、バカ!」

セシリア「あら、ラウラさんだけずるいですわ」

セシリア「恋人の私を差し置くなんて」

三人「はあ!?」


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 06:06:34.34 ID:z8bplL/L0

シャル「こ、恋人!?」

鈴「いったいどういうことよ!」

箒「貴様いったい昨日何をしてきたのだ!」

セシリア「うふふ」イチカノウデニヨリカカル

一夏「」

ラウラ「おっぱいおっぱい!」


おわり


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 06:16:29.38 ID:pLGHbnon0

よくやった…よくやった…!!


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 05:14:53.10 ID:BF79h8j80

セシリア愛してる!



IS (インフィニット・ストラトス) ラバーストラップ セシリアIS (インフィニット・ストラトス) ラバーストラップ セシリア


ペンギンパレード 2011-07-15
売り上げランキング : 537

Amazonで詳しく見る

IS <インフィニット・ストラトス> 第2巻 [Blu-ray]IS <インフィニット・ストラトス> 第2巻 [Blu-ray]
内山昂輝,日笠陽子,ゆかな,下田麻美,花澤香菜,菊地康仁

メディアファクトリー
売り上げランキング : 568

Amazonで詳しく見る
関連記事
感動した
さすがおっぱいマスターや
[ 2011/07/08 23:37 ] [ 編集 ]
1話OPの時点でセシリアの美乳が一番だとわかった
それ以来オルコッ党員です
[ 2011/07/08 23:47 ] [ 編集 ]
基本
アニメからの参入組=オルコッ党員
だからな。それだけキービジュアルというかインパクトあったし
他の党員はここから寝返った連中ばかりさ
[ 2011/07/08 23:56 ] [ 編集 ]
なんかよくわからない世界に迷い込んだような気分だぜ・・・
[ 2011/07/09 11:32 ] [ 編集 ]
ふぅ・・・どぴゅぅ
[ 2011/07/09 15:31 ] [ 編集 ]
うむ、おっぱいは良いものだ・・・
舐めても良し、吸っても良し、揉んでも良し!!
[ 2011/07/09 16:20 ] [ 編集 ]
舐めても良し、吸っても良し、揉んでも良し!!
実に良い!!
[ 2011/07/09 16:32 ] [ 編集 ]
久々に良いセシリアSSを堪能させてもらったぜ!!
[ 2011/07/09 20:11 ] [ 編集 ]
ディ・モールト素晴らしいッ!!
[ 2011/07/09 22:22 ] [ 編集 ]
>>111
>>Cカップ?もっとあるだろ糞が
非公式だから確証はないが
  (爆)     (巨)        (並) (貧)(つるぺた)
山田>束>箒>楯無>千冬>のほほん≧セシリア>シャル>簪>蘭>鈴>ラウラ
らしい。のほほんさんは隠れ巨乳でセシリアは美乳だそうな。
[ 2011/07/09 23:37 ] [ 編集 ]
推定C? D~Eくらいあるんじゃないか?
・・・セシリアはエロいなぁ。
原作の一夏はもう少しハメ外してもいいと思う。
[ 2011/07/11 22:43 ] [ 編集 ]
一夏は魔乳一族
[ 2011/08/04 22:39 ] [ 編集 ]
ええはなしやぁ
[ 2011/09/24 21:33 ] [ 編集 ]
よくエロを書ききった
感動した
[ 2011/12/13 01:45 ] [ 編集 ]
なんというおっぱいスレ
[ 2011/12/15 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ