素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

ソフィ「ねぇ、アスベル。赤ちゃんはどうやって出来るの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:23:07.14 ID:mXgxK72F0

アスベル「え?」

ソフィ「ねぇ、おしえて」

アスベル「ソ、ソフィ……いったいどこでそんな台詞…」

ソフィ「フェルマーがね、赤ちゃんが出来たって…すごく嬉しいって…」

アスベル「そ、そうか…」




 
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:25:09.94 ID:mXgxK72F0

ソフィ「それでね、どうやったら赤ちゃん出来るの?って聞いたら、
     そういうのはお父さんやお母さんに聞きなさいって言われたの」

アスベル「は、はは……それで俺のとこに来たのか」

ソフィ「うん」

アスベル(コレは……困ったな)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:26:05.69 ID:tNxEWZlvO

教官に聞けば詳しく教えてくれるよ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:27:00.70 ID:mXgxK72F0

ソフィ「ねぇ、どうやったら出来るの、赤ちゃん?」

アスベル「え、え~~~~と。それはだな…」

ソフィ「うん」

バリー「アスベル様!アスベル様!」ドンドン

アスベル「バ、バリーか、どうした?」

バリー「アスベル様、大変です。街の外に魔物が!」

アスベル「なんだって!?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:28:40.19 ID:mXgxK72F0

アスベル「状況は?」

バリー「それが、見張りの者も闘っているのですが、やたら強くて…」

アスベル「そうか、俺も出よう!」

ソフィ「わたしも…!」

アスベル「いや、ここは俺一人でも充分だ!」

ソフィ「え?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:31:19.60 ID:mXgxK72F0

アスベル「魔物は俺が食い止める!」

ソフィ「でも…」

アスベル「ソフィには、ソフィのやらなくちゃいけない事があるだろ?」

ソフィ「わたしの、やらなくちゃいけない事?」

アスベル「そうだ!」

ソフィ「……分かった!わたしはシェリアに赤ちゃんがどうやって
    出来るのか聞いてくる!!!」

アスベル「頼んだぞ、ソフィ!」

ソフィ「うん!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:34:20.36 ID:mXgxK72F0

アスベル(ふぅ、これでシェリアに聞きに行くだろう……助かったぞ魔物達!)ダダダ

ソフィ(はやくシェリアの所に行かなくちゃ!!!)ダダダ


そして


ソフィ「シェリア!開けて!大変だよ!」ドンドン


    ガチャ


シェリア「あら、ソフィじゃない。どうしたの?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:36:59.26 ID:mXgxK72F0

ソフィ「ラントがまた魔物に襲われてるの!」

シェリア「なんですって?アスベルは!?」

ソフィ「一人で戦ってる!」

シェリア「えぇ!?」

ソフィ「それでわたしはシェリアの所へ…」

シェリア「そうだったの……ありがとう、ソフィ」

ソフィ「ううん。どういたしまして」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:39:55.95 ID:mXgxK72F0

シェリア「こうしちゃいられないわね。わたしも早くラントに帰らなくちゃ…」

ソフィ「あ、それなら大丈夫だよ」

シェリア「え?」

ソフィ「アスベルなら一人で大丈夫だから、わたしはわたしのやらなくちゃ
    いけないことをやれって」

シェリア「それって、どういう…」

ソフィ「ねぇ、シェリア」

シェリア「うん?」

ソフィ「赤ちゃんってどうやって出来るの?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:43:10.94 ID:mXgxK72F0

シェリア「え、え?えぇぇぇぇぇ!?」

ソフィ「?」

シェリア「あ、あぁぁあぁぁ赤ちゃん!?」

ソフィ「うん」

シェリア「ソ、ソフィ!そんな台詞どこで…」

ソフィ「フェルマーがね、赤ちゃん出来てすごく喜んでたから」

ソフィ「それでどうやったら出来るの?って聞いたら…」

シェリア「あ、あぁ~~~~、なるほど。そういうことね…」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:46:50.09 ID:mXgxK72F0

ソフィ「?」

シェリア「いい、ソフィ?こういう話はあんまり知らない人には
     しちゃいけないわよ?」

ソフィ「なんで?」

シェリア「なんでってそりゃ……な、なんでもよ!」

ソフィ「分かった」

シェリア「そう、良い子ね」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:48:45.05 ID:mXgxK72F0

ソフィ「でも、シェリアは知らない人じゃないからしてもいいんだよね?」

シェリア「あ、あたし!?」

ソフィ「うん」

シェリア「ま、まあ、あたしなら…」

ソフィ「じゃあ教えて」

ソフィ「どうやったら赤ちゃん出来るの?」

シェリア「そ、それは……」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:51:32.56 ID:mXgxK72F0

レイモン「シェリアさん!いますか?」バン!

シェリア「!?」

レイモン「む?取り込み中でしたか…」

シェリア「い、いいいのよ?何か御用ですか?」

レイモン「あ、はい……実は少々手ごわい魔物が現れまして…」

シェリア「救護団への要請ですね?」

レイモン「はい」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:54:12.79 ID:mXgxK72F0

シェリア「分かりました。すぐに準備します」

レイモン「しかし良いのですか?こちらのお客さんは…」チラッ

ソフィ「?」

シェリア「大丈夫!だってソフィだもん!」

シェリア「ね、ソフィ?」

ソフィ「なんだかよく分からないけど、うん」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:57:42.92 ID:mXgxK72F0

シェリア「じゃあ残念だけど、わたしはこれから救護団の仕事があるから…」

ソフィ「うん、がんばって」

シェリア「ええ!だけど、あなたにはわたし以外にも頼りに出来る仲間がいる!」

シェリア「彼らを頼ってあげて!」

ソフィ「分かった。わたしも頑張る!」

シェリア「応援してるわ、ソフィ!」

ソフィ「わたしも応援してる、シェリア」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:01:36.27 ID:mXgxK72F0

で。


ソフィ「ねぇ、ヒューバート…」

ヒュー「ソフィじゃないですか、どうしたんですか。ストラタまで来るなんて」

ソフィ「あのね、大事な話があるの」

ヒュー「?」

ヒュー「まあ良いでしょう?詳しく聞いても?」

ソフィ「うん。あのね……赤ちゃんってどうやって出来るの?」

ヒュー「はいぃ?」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:04:40.40 ID:mXgxK72F0

ヒュー「大事な話って、それですか?」

ソフィ「そうだよ?」

ヒュー「はあ……そういうのは兄さんやシェリアにでも聞いてください!」

ヒュー「なんでそんな事を聞きにわざわざストラタまで…」

ソフィ「二人にはもう聞いた」

ヒュー「え?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:06:11.31 ID:VQlX8oUX0

教官「早く俺の所に聞きに来いよ」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:07:57.88 ID:CWwXdz6s0

教官は背中で語ってくれると信じてる


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:08:58.23 ID:mXgxK72F0

ソフィ「でも二人とも、教えてくれる前に用事が出来て、それで…」

ヒュー(逃げたな、二人とも……)

ソフィ「だからヒューバートの所まで来たんだよ?」

ソフィ「ねぇ、ヒューバート……教えて欲しいの」ジィッ

ヒュー「うぅっ!?」

ソフィ「?」

ヒュー「そ、そんなネコ耳水着の恰好で上目づかいしながら頼まないでください!」

ヒュー「そっちの方に目覚めてしまいます!!!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:10:54.85 ID:mXgxK72F0

ソフィ「よく分からないけど、ごめん」

ヒュー「ま、まあ良いです。僕も大きな声を出しすぎました、すみません」

ソフィ「大丈夫」

ソフィ「それよりも、どうやったら赤ちゃんが出来るのか教えて欲しい」

ヒュー「結局そこですか…」

ソフィ「うん」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:16:05.86 ID:mXgxK72F0

ヒュー「と、ところでその話は兄さんやシェリア以外にも?」

ソフィ「ううん、ヒューバートが3人目」

ヒュー「そうですか…では、他の人たちにも聞いてみてはどうでしょう」

ソフィ「なんで?」

ヒュー「なんでと言われましても……そうですね」

ヒュー「この手の問題に関しては、僕よりも他の方々の方が上手く
    説明できると思いますので…」

ソフィ「そうなの?」

ヒュー「え、ええ!そりゃもちろん!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:19:13.73 ID:mXgxK72F0

ソフィ「ふ~~~~ん」ジィッ

ヒュー「あぁ!?だからそんな目で僕を見ないで!?」

部下「少佐…」

ヒュー「ハッ!?」

ヒュー「ご、ごほん!な、なにか用ですか?」

部下「大統領がお呼びです」

ヒュー「閣下が?分かりました。すぐに行きます」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:21:42.34 ID:mXgxK72F0

部下「ええ、早くしてくださいね。ロリコン少佐」ボソッ

ヒュー「!?」

ヒュー「ちょ、ちょっと待て!今のは…」

部下「……ふん!」スタスタ

ヒュー「あぁぁぁぁぁ……」

ソフィ「ヒューバート…」ポンポン

ヒュー「うぅ……ソフィ」

ソフィ「ファイト!」

ヒュー「はいぃ…」トボトボ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:23:54.38 ID:mXgxK72F0

で。


パスカル「そんであたしのとこに来たと!」

ソフィ「うん」

パスカル「良いね良いね!分かってるじゃん、ソフィ!」

パスカル「教官よりも先にあたしの方に来るなんてさ!」

ソフィ「別に…」

パスカル「照れなくても良いのに~~~♪」

ソフィ「照れてない」

パスカル「あ~~~ん、そんなソフィも大好きだよ~~~ムチューーーー」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:26:24.00 ID:mXgxK72F0

ソフィ「!!!」

ソフィ「鷹の爪!!!!」ドゲシ

パスカル「ぐはぁっ!?」

ソフィ「抱きつくの、ダメ」

パスカル「そんな~~~~~」

ソフィ「やっぱりパスカルのトコに来たのは間違いだった…」

パスカル「そんなことないって!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:29:26.05 ID:mXgxK72F0

パスカル「赤ちゃんの作り方でしょ?ちゃんと教えてあげるからさ!」

ソフィ「ほんと?」

パスカル「うんうん♪だから安心して抱きしめられて……ぐはっ!?」

ソフィ「だから抱きつくの、禁止」

パスカル「うわ~~~~ん、ソフィがいじめる~~~!」

ソフィ「いじめてなんかない」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:32:11.83 ID:mXgxK72F0

パスカル「スキンシップなのに~~~~」

ソフィ「ダメ」

パスカル「ソフィってば、あたしにだけ厳しくない?」

ソフィ「そんなことないよ」

パスカル「そっかな~~~?」

ソフィ「それより……」

パスカル「ああ、赤ちゃんの作り方ね。いいよ、教えたげる」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:36:04.41 ID:mXgxK72F0

ソフィ「♪」

パスカル「じゃあまずは男女の簡単な身体の構造からね~」

パスカル「女の子は卵巣と呼ばれるところで卵子を作ります!」

ソフィ「うんうん」

パスカル「そして男の子は精巣と呼ばれる所で精子を作ります!」

ソフィ「?」

パスカル「で、精子と卵子が結合して胚が出来上がり、その胚が細胞分裂を…あれ?」

ソフィ「ZZZZ…」

パスカル「お~~~い、ソフィ!?」

ソフィ「はっ!?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:38:00.40 ID:mXgxK72F0

ソフィ「寝てた…」

パスカル「せっかく講義してあげてるのにそれは酷くない?」

ソフィ「ごめん。退屈だったから…」

パスカル「直球!?やっぱりソフィってばあたしにだけきつくない?」

ソフィ「そんなことないよ」

パスカル「ほんとに~~~?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:40:14.99 ID:mXgxK72F0

ソフィ「けど、パスカルの説明は難しすぎて良く分からなかった」

パスカル「あれま。分かりやすい解説だと思ったんだけどな…」

ソフィ「ごめんね」

パスカル「いや、ソフィが謝る必要はないよ!あたしの説明がまだまだだって
     だけだよ!」

ソフィ「そうだね!」ニコッ

パスカル「あれ~~~~?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:43:19.84 ID:mXgxK72F0

ソフィ「じゃ、わたし教官のとこ行って来る」

パスカル「あたしもついてってあげようか?」

ソフィ「大丈夫!じゃ」ザザッ

パスカル「え?ちょ、ちょっと~~~」

ソフィ「またね~~~~」ダダダダダ



パスカル「あれま、行っちゃった…」

パスカル「でも、赤ちゃんの作り方、か…」

パスカル「!!!」

パスカル「閃いたかも!?」

パスカル「お姉ちゃ~~~~~ん!!!」ダダダダダ


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:47:08.23 ID:mXgxK72F0

そして。


マリク「俺の所へ来た訳か…」

ソフィ「うん!」

マリク「しかし、赤ん坊の作り方ねぇ…」

ソフィ「もしかして教官知らないの?」

マリク「馬鹿言え!俺を誰だと思ってる?」

ソフィ「教官」

マリク「お、おう…」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:49:49.58 ID:mXgxK72F0

ソフィ「もう教官しか頼れる人がいないの…」

ソフィ「だからわたしに、赤ちゃんがどうやって出来るのか教えて欲しいの」

マリク「それは構わんが…」


      ヒソヒソ ヒソヒソ  ナニ アノライフセーバー アンナチイサナコヲ…


マリク「今度からそういう話題は、もっと場所を考えてしてくれよな」

ソフィ「?」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:51:22.30 ID:mXgxK72F0

マリク「とにかく、赤ん坊がどうやって出来るかは教えてやっても良い」

ソフィ「ほんと!?」

マリク「ああ、だが聞かせて欲しい」

マリク「おまえはなんでそんな事に興味を持ったんだ?」

ソフィ「わたしは……」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:53:54.24 ID:mXgxK72F0

ソフィは胸の内をマリクに明かした

死なない身体

年を取らない身体

皆、先に逝ってしまうであろう不安

取り残されるであろう未来を思い、痛む心


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:55:13.14 ID:mXgxK72F0

マリク「成程な…」

ソフィ「もし、赤ちゃんが出来なかったら……わたしは、ひとりぼっちになる」

ソフィ「だから……」

マリク「だから、赤ん坊がどうやって出来るのか知りたい、とこういうワケだな?」

ソフィ「……うん」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:57:29.98 ID:mXgxK72F0

マリク「ふっ、そんな顔をするな」

ソフィ「でも……」

マリク「大丈夫!心配するな!ちゃんと後何年かしたら、赤ん坊は必ず生まれる!」

ソフィ「本当?」

マリク「ああ、本当だ!俺が嘘吐いたことあったか?」

ソフィ「ううん!」

マリク「だろう?だったら、なにも心配なんざしなくて良い」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:59:43.43 ID:mXgxK72F0

マリク「何年かしたら、アスベルとシェリアの子、それにひょっとしたら、
    ヒューバートとパスカルの子供も生まれるかもしれんぞ」

ソフィ「ヒューバートとパスカルの子も?」

マリク「ああ!」

マリク「あいつ、大総統の娘との婚約断ったみたいだからな!」

ソフィ「?」

マリク「おっと、今のは忘れてくれ」

マリク「だがまあ、そういうことだ」

ソフィ「よく分からないけど、分かった」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:02:01.48 ID:mXgxK72F0

マリク「うし!じゃあもう不安もふっとんだろうし、そろそろ帰れ!」

マリク「日もかげって来たし、アスベルも心配しているだろう」

ソフィ「あ、でも……赤ちゃんの…」

マリク「ふっ、それなら安心しろ」

マリク「耳で聞くよりも、実際に目で見た方が何倍もよく分かる」

ソフィ「?」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:03:35.87 ID:mXgxK72F0

マリク「いいか、今度シェリアがアスベルの家に訊ねるうな事が
    あったらだな……」




~~~ラント~~~


ソフィ「ただいま~」

アスベル「ソフィ、遅かったじゃないか!どこまで行ってたんだ?」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:05:28.27 ID:mXgxK72F0

ソフィ「ちょっとフェンデルまで…」

アスベル「フェンデル?シェリアの所に行ったんじゃなかったのか?」

ソフィ「行ったよ。その後、皆の所にも寄ってたの」

アスベル「へ、へぇ…」

アスベル(じゃあ、教官の所へも行ってたのか…フェンデルって言ってたもんな)


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:07:11.03 ID:mXgxK72F0

アスベル「それで、納得いく答えは得られたのか?」

ソフィ「うん♪」

アスベル「ほっ、そ、そうか…」

アスベル(どうやら誰かが上手く答えてくれたようだな…)

ソフィ「でね、アスベルにお願いがあるの…」

アスベル「なんだい?」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:08:51.63 ID:mXgxK72F0

ソフィ「今度シェリアが家を訪ねてきたらね……」

アスベル「うんうん」

ソフィ「わたしも一緒にベッドに連れ込んで欲しいの」

アスベル「ブッ!?」

ソフィ「アスベル!?」

アスベル「ごほっ、ごほっ……」

ソフィ「大丈夫?」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:14:38.77 ID:mXgxK72F0

アスベル「あ、あんまり大丈夫じゃ…ないかも…」

ソフィ「大変!シェリアを呼んでくる!」

ソフィ「それでその後、いっしょに皆でベッドで寝ようね!」

アスベル「ちょ、ま、待てソフィ!」

ソフィ「じゃ、行って来るから!」ダダダダダダ

アスベル「ソフィ~~~~~~~~~~!!!!!!!」



こうして、この物語はなんだかよく分からないまま、一応の終わりを
迎える事となる

この先の話は、あなた自身が妄想して決着をつけるのが一番良いでしょう

未来は、妄想の数だけ存在する!!!

そう、未来はあなたの頭の中に……!



ソフィ「ねぇ、アスベル。赤ちゃんはどうやって出来るの?」  終わり


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:19:15.63 ID:SRHXfahl0

面白かった。乙!


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 21:21:53.17 ID:hWaVRp3b0

パスカルかわいい




テイルズ オブ グレイセス エフテイルズ オブ グレイセス エフ
PlayStation 3

バンダイナムコゲームス
売り上げランキング : 256

Amazonで詳しく見る

テイルズ オブ グレイセス エフ 誓いの花 下 (ファミ通文庫)テイルズ オブ グレイセス エフ 誓いの花 下 (ファミ通文庫)
田中 豪,いのまたむつみ

エンターブレイン
売り上げランキング : 32668

Amazonで詳しく見る
関連記事
パスカルかわいい。エクシリアSSも期待させていただきます。
[ 2011/09/09 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ