素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

ティポ「ジュード君助けて~!エリーのお股から血が出てるよ~!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:49:46.23 ID:KXBVUsxw0

ジュード「!?」

ミラ「なんだと?怪我でもしたのか」

エリーゼ「わ、わかりません…でも…き、昨日からずっと…
      おなかが痛くて…お手洗いに行ったら…グス…血が…」

ジュード「そ、それって…」

ミラ「?ジュード、心当たりがあるのか?」

エリーゼ「わ、わたし病気なんでしょうか…?」

ティポ「いやだよ~、エリーを死なせないで~!!」

ジュード「えーと、それはそのー」




 
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:13:05.12 ID:JUE8dcjw0

くっそジュードのやつ
裏でエリーゼとお医者さんごっことかしてるんだろ畜生



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:26:00.05 ID:j61F1RFI0

アルヴィン「おー、こりゃめでたい。今夜はパーッと祝わないとな」ヘラヘラ

ティポ「めでたくなんかないよー!エリーが病気なんだよー!!」

ローエン「これは一大事ですな…私、急ぎ赤飯の手配をして参ります」ニヤニヤ

ティポ「ローエン君まで!みんなともだちなのにはくじょーだよー!!」

エリーゼ「う、うぅ…私、死んじゃうの…?」

レイア「エリーゼ、大丈夫だから!ティポもおちついてってば!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:30:47.02 ID:c/BlZtXw0

アルヴィンっててっきりホモかと思ってたよ
ごめん



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 10:48:24.72 ID:5p+cppfs0

レイア「ジュード?どうしたの?」

ローエン「何を騒がれているのですか?」

ジュード「あ、二人とも……」

ミラ「それがエリーゼが出血したようなんだ」

レイア「ええ!?怪我でもしたの!?」

ローエン「それはいけませんね」

レイア「エリーゼ、どこを怪我したの?!」

エリーゼ「それは……」

ティポ「お股だよー!ジュード君、早くたすけてー!!」

レイア「え……それって……」

ジュード「レイア、お願いできる?」

レイア「う、うん」

ティポ「ジュード君!ジュード君!!」

レイア「私が見てあげるから」

ティポ「ジュード君じゃなきゃいやぁー!!!」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 10:52:40.93 ID:5p+cppfs0

レイア「いや、これは女の子同士の方がいいと思うから」

ジュード「そうだよ?」

エリーゼ「で、でも……」

ミラ「ジュード、どうして女同士の方がいいのだ?」

ジュード「それは……だって……」

レイア「ねえ?」

ローエン「生理だからでしょう」

ミラ「生理?」

ジュード「ローエン!!」

ローエン「ほっほ、いいではありませんか。ジュードさんも別に初めてではないのでしょう?」

ジュード「いや……初潮の女の子を診断したことなんてないよ……」

レイア「ほら、エリーゼ、とりあえず部屋に……」

エリーゼ「あ……」

ティポ「やめろー!!!ジュード君に見てほしいんだー!!」

ミラ「うむ……ジュード、見てやればいい。このままでは収拾がつきそうにないからな」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 10:57:26.85 ID:5p+cppfs0

ジュード「ミラ!?」

ミラ「初潮か……確か本で読んだことがあるな」

ローエン「ええ。女性にとってとてもすばらしいことです」

ミラ「ふむ。大人の女性になって、性交できるようになるんだろ?」

ローエン「まさにその通り」

ジュード「ミラ!?どんな本よんだの!?」

ミラ「確か……「いけない放課後。初潮前」だったか?」

ジュード「ミラ……」

ティポ「ジュード君!早くしてよー!!エリーが死んじゃう~」

エリーゼ「ジュード……おねがい、します」

ジュード「……わかったよ」

レイア「ジュード……平気?」

ジュード「うん。上手く説明してみる」

レイア「うん、じゃあお願いね」

ティポ「……よろしくねー」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:00:08.97 ID:zloYCXvX0

ミラ様なに読んでんだよwwイバルのせいかww


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:01:22.55 ID:5p+cppfs0

ジュード「えっとね、エリーゼ」

エリーゼ「……」

ジュード「あのこの出血っていうのは」

ティポ「ジュード君!なにしてるのさー!早く、エリーの服を脱がせてよー」

ジュード「え?でも、別に服を脱ぐ必要は……」

ティポ「エリーが死んじゃう~!!」

ジュード「だから……」

エリーゼ「あの……自分で脱ぎます」

ジュード「エリーゼ!?」

エリーゼ「だから……ちゃんと診察してください」

ジュード「いや、ちょっとエリーゼ!?」

ティポ「ぬげぬげー!ジュード君を悩殺だ~!」

ジュード「え?」

エリーゼ「もうティポは黙って!」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:05:47.53 ID:5p+cppfs0

エリーゼ「こ、これで……いいです、か?」

ジュード「あ……うん……でも、裸になる必要は……」

エリーゼ「ほら、よく見てください」

ジュード「うわぁぁ!!!エリーゼ、足を開いちゃ駄目だって!!」

ティポ「ジュード君、ちゃんとみないと診察できないでしょ~?」

ジュード「だから、これは別に怪我とか病気じゃなくて」

エリーゼ「もっと、よくみてください」

ジュード「エリーゼ!?」

エリーゼ「それとも……私から近づきましょうか?」

ジュード「いや……あの……」

ティポ「いけいけー」

エリーゼ「初潮を迎えたら、子ども、うめるんですよ?」

ジュード「エリーゼ……!?」

ティポ「こんぜんこうしょー!」

ジュード「知ってたんだね!?」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:10:25.48 ID:5p+cppfs0

エリーゼ「何をですか?」

ティポ「ジュード君、早く~」

ジュード「もう!心配して損したよ!!」

エリーゼ「あ……」

ジュード「エリーゼ、どうしてこんなことするの?女の子なんだから、もっと自分を大切にしなきゃ」

エリーゼ「……」

ティポ「だって、ミラが買ってきた本に書いてあったんだもんね~?」

ジュード「ミラが?」

エリーゼ「はい……好きな男の人には股を開けって。そして子どもを産ませろって」

ジュード「え?」

ティポ「だからね、初潮が来たからジュード君の子どもを産んでもらおうっておもったんだよね~?」

エリーゼ「はい……でも、ジュードは私に子どもを産んでほしくないようです」

ティポ「エリーゼがバリボーなボディじゃないからかな~?」

ジュード「……」

エリーゼ「あの、子ども、産みませんか?」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:11:01.00 ID:SZev5bjw0

バホー


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:16:05.87 ID:5p+cppfs0

ジュード「エリーゼ……それは嬉しい申し出だけど、その前にやることがある」

エリーゼ「やること?」


――宿屋 ミラの寝室

ミラ「ふんふーん♪」

ジュード「ミラ!!!」

ミラ「おぉ!?どうした、ジュード?」

ジュード「エリーゼにどんな本を見せたの!?」

エリーゼ「あの、ジュード……」

ティポ「ジュード君が怒ってる~こわーい!!」

ミラ「何のことだ?」

ジュード「最近、買った本ってどこにあるの?」

ミラ「今、読んでいる。タイトルは『男を落とすマル秘テクニック。膣出しに至るまで』だ」

ジュード「……」

ティポ「ミラーもう一回みせてー」

ミラ「おお、いいとも。丁度、騎乗位のコツというページを読んでいたんだ」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:21:02.61 ID:5p+cppfs0

ジュード「ミラ!もうやめて!!」

ミラ「あ……何をする!?返せ!それは私のお小遣いで買ったものだ!」

ジュード「ミラ、もう少し風紀を考えてよ!!」

ミラ「風紀?」

ジュード「こういう本を読むのは勝手だけど、エリーゼに見せちゃ駄目!!」

ミラ「どうしてだ?」

ジュード「それは……まだ、早いっていうか……」

ミラ「早い?これは書店で購入したものだ。
    その気になればエリーゼ一人でも買える場所にあった。なのに読んではいけないと?」

ジュード「だって、過激じゃないか!!」

ミラ「過激?すまない、これが人間にとって過激になるのか?
    しかし、所詮は写真と文章だぞ?これで死ぬわけじゃないのだろう?」

ジュード「それは……そうだけど」

ミラ「それにこういう知識は幼いうちから身につけた方がいいと、本で読んだことがある」

ジュード「なんて……本?」

ミラ「確か……初めての性教育とかいったか」

ジュード「……」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:25:05.15 ID:5p+cppfs0

エリーゼ「あの、喧嘩はやめてください……」

ティポ「ともだちでしょ~!?」

ジュード「……ミラ……もうやめて欲しい」

ミラ「ジュードがそういうなら口惜しいがやめておこう。その本は処分してもらっても構わない」

ジュード「うん……そうする」

ミラ「すまなかったな」

ジュード「ううん」

ミラ「では、頼んだ」

ジュード「うん……」

エリーゼ「ジュード……」

ティポ「子作りしないの~?」

ミラ「子作り?ジュード、エリーゼと――」

ジュード「おやすみ!!!」

ミラ「なんだ……?」

ティポ「ジュード君、こわ~」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:27:46.33 ID:lNjTXBao0

ミラちゃんマジ天然


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:27:52.12 ID:5p+cppfs0

ジュード「はあ……」

ローエン「おや?どうかされましたか?」

ジュード「ローエン……ううん、なんでもないよ」

ローエン「その本は?」

ジュード「ああ、これは……」

アルヴィン「よっ、御二人さん」

ジュード「アルヴィン!?どこ行ってたの!?」

アルヴィン「ちょっとな。それよりどうしたんだ?」

ローエン「ジュードさんが大変興味深い本をお持ちになっていたので」

アルヴィン「あらら。エロ本か。ま、年頃だしな」

ジュード「違うよ!!これはミラが――」

ローエン「ほお」

アルヴィン「へえ」

ジュード「信じてよ!!」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:33:22.37 ID:5p+cppfs0

――外

ジュード「早く捨てないと……」

ジュード「街の外にゴミ箱ってあったっけ?」

ジュード「――あった。ここでいいか」

ジュード「よし、戻ろう。明日も早いし、もう寝ないと」


アグリア「だりぃ~。ここになんの用があるんだよ~」

プレザ「諜報部員からの情報を受け取るため。何度言わせるの?」

アグリア「んなもん、鳩を使えばいいだろうが」

プレザ「直接聞いてこいって言われたでしょ?」

アグリア「っざけんなよな……お?おい、あいつ」

プレザ「あの子は……何か捨てたわね」

アグリア「アハハ~何捨てたんだ~?イカ臭いティッシュか~?」

プレザ「ちょっと、アグリア。ゴミ箱を漁ってみっともないわよ?」

アグリア「うっせえババア……お……これか……へえ……良い趣味してんじゃん」

プレザ「何があったの?」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:39:07.89 ID:5p+cppfs0

――宿屋

アルヴィン「もったいないな。あれ、結構高かったんじゃねーの?」

ジュード「だからミラが買ってきたの!!」

ローエン「ミラさんはああいうご趣味があるのですか?」

ジュード「知らないよ!!」

アルヴィン「ヘソ曲げんなって。お前があんな本を買うなんて誰も思っちゃいねーよ」

ローエン「三割ぐらいしか」

ジュード「もういいよ!!寝るから!!」

アルヴィン「ふ……んじゃ、俺たちも寝るか」

ジュード(もう……みんなして僕を馬鹿にして……)

ジュード(本に書いてある内容なんて……全部知ってるよ……!!)


――ミラの寝室

レイア「――あ」

ミラ「トイレか?気を付けてな」

レイア「うん。ちょっといってくるね」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:43:52.72 ID:5p+cppfs0

レイア「確かお手洗いは……」

アグリア「どこの部屋にいるかって聞いてんだよ!!!」

店員「で、ですから……」

レイア「なんだろう?」

プレザ「アグリア、いい加減にしなさい。私たちは任務のために来たのよ?」

アグリア「そんなの一人でいいだろ?」

プレザ「もう……じゃあ、二時間後に広場で落ちあいましょう」

アグリア「とっとといけ」

プレザ「全く……」

アグリア「おらおら!早く教えろ!!ここに泊ってんだろ?!髪の長い女と変な糞ガキが!!」

店員「ですから……お名前が分からないと」

レイア「あのー……どうかされたんですか?」

アグリア「あ?」

レイア「なに?」

アグリア「お前、髪の長い女をしってんのか?」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:46:51.02 ID:5p+cppfs0

レイア(ミラのことかな?)

アグリア「どーなんだよ、ああ?」

レイア「し、知ってるけど、その態度は無いんじゃない?」

アグリア「ほお……いい度胸だな」

レイア「ちょっと!こんなところで剣を抜いたら危ないでしょ!?」

アグリア「うっせえ!!くせえんだよ!!」

レイア「はあ!?」

アグリア「おらぁぁ!!!!」

レイア「ちょ!?」

ジュード「――レイア!!!」

アグリア「――ん!?」

レイア「ジュード!!」

ジュード「君は……」

アグリア「アーハハハ!!ついに見つけたぜ、ロリコン野郎!!」

ジュード「な、なにを言ってるの……?」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:50:45.10 ID:5p+cppfs0

レイア「ちょっとちょっと!ジュードはロリコンじゃないよ!!」

アグリア「いーや、ロリコンだね」

ジュード「何を訳のわからないことを……」

アグリア「さっき、本を捨てただろ?」

ジュード「……!?」

レイア「本?」

アグリア「アハハ~はい、図星~。わかりやすすぎ~」

ジュード「だ、だからってロリコン呼ばわりは……」

ミラ「ジュード、どうした!?」

ローエン「騒がしいですね」

エリーゼ「なにかあったんですか……?」

ティポ「てきしゅーか!」

ジュード「みんな……」

アグリア「ちょうどいい……お前ら、これを見ろ!!!」

レイア「……え?」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:53:46.60 ID:cbFcIrlOO

ジュード君泣いちゃう


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:55:36.10 ID:XEJVM8XE0

うわあああああああああ


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:55:36.35 ID:5p+cppfs0

ミラ「――幼い果実~膣で出しても平気だよ~――これは?」

ローエン「これは少女性愛者御用達の書物ですね」

ティポ「描かれてるのエリーぐらいの女の子だねー」

エリーゼ「うわ……私、こんな体勢できません……」

レイア「ちょ!?うわ!なにこれ!え?!―――次のページどうなってるの?」

ジュード「なんなの、これ!?」

アグリア「ここに来て白をきんのかよ~?いい度胸、してんなぁ」

ジュード「え?」

アグリア「お前、さっきそれ捨てただろ?」

ジュード「えええ!?!」

ミラ「ふむ。ジュードは年下が好みだったのか」

ティポ「よかったね、エリー?」

エリーゼ「もう、ティポ?!」

レイア「そ、そんな……ジュードが……」

ローエン「ほっほ……ジュードさんとは美味しいお酒が飲めそうですね」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 11:57:58.13 ID:lNjTXBao0

思春期にこれは辛い


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:01:19.51 ID:KW7+YCNaO

ジジイがボインドロッセルに欲情しない理由がわかったな


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:01:27.09 ID:5p+cppfs0

ジュード「違うよ!!僕、こんな本知らないよ!!!」

アグリア「アハハ~変態野郎がぁ。もうなにを言っても無意味なんだよ~」

ジュード「く……!みんな!みんなは信じてくれるよね!!」

エリーゼ「……」

ティポ「ジュード君、エリーゼに無理はことはしないでね?」

ジュード「ティポ!?」

ローエン「合意があってもダメですよ?相応の覚悟で臨んでください」

ジュード「ローエンまで!?」

レイア「あ、あの……小さい胸のほうがいいってことでいいのかな……なんて」

ジュード「れ、いあ……」

ミラ「そうか。どうやら私ではジュードを慰めることはできないようだな。
    これからはエリーゼに頼もう」

エリーゼ「は、はい……がんばります」

ジュード「あ……ああ……」

アグリア「アハハハハハハ!!!!これは傑作だ!!
      おい、変態!今の気分はどうだ!?最高だろう!?なあ!?」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:07:35.85 ID:5p+cppfs0

ジュード「違う……違うよ……僕は……年上が……」

ミラ「ジュード。無理はするな。
    性欲は人間にとってもっとも負の力に転換されやすい。なるべくエリーゼでだな――」

ジュード「やめてよ!!!!」

エリーゼ「ジュード……」

ティポ「ジュード君、エリーゼかわいいよ?裸みたとき、そう思ったでしょ?」

レイア「裸!?ジュード、エリーゼの裸みたの!?」

ジュード「それは……」

レイア「そうなんだ……やっぱり、ジュードは……胸の大きさじゃなくて……年齢なんだ……」

ローエン「ジュードさん、エリーゼさんの裸は綺麗だったでしょう?
      私もエリーゼさんと屋敷にいるときは毎日お風呂を御一緒していたので……」

ジュード「……」

アグリア「なんだよ、跪いて?――あー、なるほどね。流石は変態だ」

ミラ「なんだ?ジュードは今、何を望んでいる?」

アグリア「――あたしがやってやるよ!おらおら!!
      アハハ!こうやって少女に顔を踏まれるのを望んでたんだろ!?」

ジュード「ぐ……やめ、て……」

アグリア「パンツも拝めて一石二鳥だな!!アハハハハハハハ!!!!」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:08:43.02 ID:1kGQY0bm0

ジジイいいかげんにしろwwwww


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:09:17.65 ID:iPstWl9c0

ローエン流石紳士なだけあるな


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:12:23.60 ID:5p+cppfs0

ティポ「エリー!エリーも踏んであげなきゃ!!」

エリーゼ「う、うん!――えいえい」

ジュード「ぐぐ……エリーゼ……」

アグリア「アハハハ!!どうだ!もう果てちゃいそうだろ!?
      おらおら、もっと強く踏んでやるよ、変態がぁ!!」

ジュード「あ……み、ら……たす、け……」

ローエン「素晴らしい。ジュードさんは大変幸せそうですね」

レイア「そう……だね」

ミラ「ふむ……人間とはつくづく面白いな」

ジュード「あ……ああ……ミラ……」

ティポ「エリーもっともっと!」

エリーゼ「う、うん!えいえい!!」

アグリア「おお!?お前、意外といいじゃねーか。そうだ、もっと踵もつかってやれ」

エリーゼ「は、はい!」

ジュード「や、めて……」

アグリア「アハハハハハハハ!!!!サイコーだ!!!!」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:16:05.05 ID:5p+cppfs0

――広場

プレザ「――来たわね」

アルヴィン「よう」

プレザ「……」

アルヴィン「わざわざ直接会いに来なくても……」

プレザ「命令だから仕方ないでしょ」

アルヴィン「ふん……」

プレザ「で、頼んでおいた情報は?」

アルヴィン「ここにまとめてる」

プレザ「そう……確かに」

アルヴィン「んじゃ、もういくな」

プレザ「まって」

アルヴィン「なんだよ?俺はお前と会うこと自体、リスクが高くて嫌なんだけど?」

プレザ「ねえ……もう一度……やり直せない?」

アルヴィン「……なにを言ってやがる」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:20:56.52 ID:5p+cppfs0

プレザ「ガイアス王の下で共に……」

アルヴィン「やめてくれ。俺は傭兵だ」

プレザ「でも……」

アルヴィン「もういいだろ……あの頃にはもどれねーよ」

プレザ「――違う」

アルヴィン「あ?」

プレザ「知らないと思うの?気づいてないって本気で思ってるの?」

アルヴィン「何をだ?」

プレザ「さっき、アグリアが街のゴミ箱の中から変な本を拾ったわ」

アルヴィン「……」

プレザ「タイトルは『幼い果実~膣で出しても平気だよ~』だった」

アルヴィン「それが?」

プレザ「昔、一緒に住んでたとき、同じような本を貴方の部屋から見つけたことがあったわ」

アルヴィン「……お前!?勝手に入るなって言ってたのに!!!?」

プレザ「私を捨てた大きな理由……それは貴方が少女しか愛せないから。違う?」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:22:25.87 ID:5T/AjNYv0

安心のクズヴィン


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:24:55.06 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「……」

プレザ「どうなの?」

アルヴィン「それで?その見つけた本が俺のだって確証はあるのか?」

プレザ「この際、確証なんていらない。ただ聞きたいだけよ」

アルヴィン「俺は嘘付きだぜ?」

プレザ「それでも」

アルヴィン「……お前を捨てた理由はそんなんじゃねーよ」

プレザ「……」

アルヴィン「確かに年下が好みなのは認める。でも、それはただの性癖だ。女を選ぶ理由にはならない」

プレザ「じゃあ、少女とお付き合いしたわけじゃないのね?」

アルヴィン「そんな変態にみえるか?」

プレザ「……」

アルヴィン「じゃ、そういうことだ」

プレザ「ええ」

アルヴィン「――ったく、女は怖いねぇ」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:29:34.09 ID:5p+cppfs0

――宿屋

ジュード「……うぅ……ぐす……」

アルヴィン「ジュード?」

ジュード「あ……アルヴィン……」

アルヴィン「どうしたんだ?なんで泣いてる?」

ジュード「アルヴィン……たす、けて……」

アルヴィン「おいおい、マジでなんかあったのかよ?」

ジュード「僕じゃないんだ……僕は年上が……ミラみたいな人がタイプなんだ……」

アルヴィン「あ、ああ……それは知ってる」

ジュード「だ、だから……ぐす……ぼく……ロリコンじゃ……ない、のにぃ……うぅ……」

アルヴィン「落ち着け。順を追って話せ」

ジュード「うぅ……アルヴィン……アル、ヴィン……うえぇぇん」

アルヴィン「おいおい……参ったな」

ジュード「ううぅぅ……」

アルヴィン「……よしよし」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:34:35.99 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「――ほら、コーヒー」

ジュード「ごめん、アルヴィン」

アルヴィン「いいって。――にしても、そんなことがあったのか」

ジュード「うん」

アルヴィン「あの捨てに行くって言ってた本とはまるで別物だったわけか?」

ジュード「そうなんだ……多分、前に捨てた人がいたんだと思う」

アルヴィン「にしてもいきなりロリコン扱いとはひでえことしやがるな」

ジュード「うん……」

アルヴィン「で、みんなの誤解をどうしたら解けるかってことだよな?」

ジュード「うん。どうしたらいいと思う?」

アルヴィン「あれ?俺を信じてくれるのか?」

ジュード「うん」

アルヴィン「うれしいねえ……。
       まあ、要はジュード君がロリコンじゃないと証明できればいいんだろ?」

ジュード「そうだけど」

アルヴィン「んじゃ、手は一つしかねーな」


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:39:01.81 ID:5p+cppfs0

――広場

プレザ「遅いわよ」

アグリア「アハハ~」

プレザ「どうしたの?」

アグリア「ちょっとな。いやーマジで楽しかったぜ~」

プレザ「ふーん……まあ、こっちも任務は終了したから。帰りましょうか」

アグリア「ああ、そうだな……くひひ、これからあいつで色々遊べるな~」

アルヴィン「――待ってくれ!」

プレザ「え……?」

アグリア「あ~?」

アルヴィン「お前に頼みたいことがあるんだ」

プレザ「え?な、なに?」

アルヴィン「俺の友人を救ってほしい」

プレザ「は?」

アグリア「なにいってだ、おめえ?」


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:42:25.23 ID:5p+cppfs0

――翌日

ミラ「うむ。今日もいい天気だ」

エリーゼ「はい。気持ち……いいですね」

ティポ「こうごうせー!!」

ローエン「ほっほっほ」

レイア「ジュード……?」

ジュード「あ、なに?」

レイア「う、ううん、ごめん、なんでもない」

ジュード「どうしたの、レイア?」

レイア「ひ!」

ジュード「……!?」

レイア「あ、ご、ごめん」

ジュード「い、いや……僕こそごめん。もうできるだけ近づかないし、リンクもしないようにするよ……」

レイア「ジュード……」

アルヴィン「んじゃ、いこうぜ」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:47:10.94 ID:5p+cppfs0

――街道

アグリア「ったく、顔割れてんのに上手くいくのかよ?」

プレザ「でも……仲間の頼みだし」

アグリア「昔の男、の間違いだろ?」

プレザ「うるさい」

アグリア「お……来たぜ」

プレザ「……」


ローエン「いいですか?女の子の膣は狭く、硬い。それに尿の香りも残っています」

ジュード「……」

ローエン「事に及ぶ際、それを好きになれるかどうかが肝です」

ティポ「エリーも硬いのー?」

ローエン「それはもう。無理にすればエリーゼさんが壊れてしまいます」

エリーゼ「こわれる……んですか!?」

ティポ「ジュード君!エリーを壊さないでー!!」

ジュード「……もう、やめてよ……」


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:52:03.72 ID:5p+cppfs0

ミラ「む!気をつけろ!!」

レイア「なに!?」

アルヴィン「……」

プレザ「あ……く……」

アグリア「わーたいへんだーまものにおそわれてーけがをしちまったー」

レイア「だ、大丈夫ですか!!!」

ミラ「お、おい、レイア。今の棒読みはすごく怪しいぞ……」

レイア「でも!!」

ジュード「貴女は!?」

プレザ「……ごめんなさい……助けて……う!!」

ジュード「ど、どこが痛いんですか!?」

エリーゼ「大変です」

ローエン「すぐに応急処置をしなくては」

ジュード「大丈夫ですか?どこを怪我したんですか?」

プレザ「む、むね、よ……はやく……」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:56:15.02 ID:5p+cppfs0

ジュード「レイア!」

レイア「うん!」

アグリア「待てよ!」

ジュード「え?」

アグリア「こんなブスになにをやらせるつもりだ?ああ?」

ジュード「でも、この人女性だから……」

アグリア「てめえは女性は助けねえってのいうのかよ?」

ジュード「そういうつもりじゃあ……」

ミラ「おい。早くしたほうがいいぞ?」

レイア「じゃあ、あっちに――」

アグリア「やめろっつってんだろ!!!」

レイア「きゃぁ!?なにするの!?」

アグリア「あたしたちはこいつに診てほしいんだよ」

レイア「はぁ?」

ジュード「――分かったよ!僕が診る!早く手当てをさせて!!」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:56:32.18 ID:fCQ6Tgyh0

計画適当すぎワラタwww


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 12:59:43.93 ID:5p+cppfs0

ジュード「こっちにいきましょう」

プレザ「ありがとう……素敵ね」

ジュード「え……そ、そんなことは……」

プレザ「ふふ、照れてかわいいのね」

アグリア「……っけ!」

レイア「ねえ」

アグリア「なんだよ、ブス」

レイア「貴女、昨日の今日でなんのつもり?」

アグリア「はぁ?身内が傷ついたんだ。手当てぐらいしてもいいだろう?」

レイア「いや……そういうことじゃなくて」

アルヴィン「お、おい!!」

レイア「な、なに!?」

ミラ「どうかしたのか?」

アルヴィン「お前ら、こいつと会ってるのか……?」

ローエン「ええ、そうですが?なにか?」


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:04:21.95 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「じゃあ、お前が……ジュードをロリコン呼ばわりした女か……?」

アグリア「そうだけど?」

アルヴィン「……」

ミラ「どうした?顔色が悪いぞ?」

エリーゼ「アルヴィン?」

ティポ「どうかしたのかー?」

アルヴィン「……」

ローエン「それにしても……貴女」

アグリア「なんだよ、くそ爺?」

ローエン「やはりすばらしい」

アグリア「は?」

ローエン「ぜひともこの場で顔を踏んでもらえないでしょうか?」

アグリア「あ、ああ!?!な、なにいってんだよ!?」

ローエン「さあ!余命幾ばくもない年寄りの願いです!
      お願いします。どうぞ遠慮なく。歯を折るぐらいの勢いで」

アグリア「き、きめえ……」


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:10:15.53 ID:5p+cppfs0

ジュード「あ、れ?特に傷は……」

プレザ「ボウヤも大変ね……アグリアにロリコン呼ばわりされたんでしょ?」

ジュード「え?」

プレザ「アルが貴方の疑惑を解いて欲しいって頭を下げにきたわ」

ジュード「アルヴィンが……?」

プレザ「ええ。あの人が誰かのために頭を下げるなんて驚いたわ。ボウヤは好かれてるのね」

ジュード「アルヴィン……」

プレザ「でも、彼が元凶なんだけどねぇ」

ジュード「え?どういうこと?」

プレザ「だって、アグリアが拾ったロリコン御用達の本はアルが捨てた物だもの」

ジュード「……」

プレザ「ま、自分で撒いた種を気づかれる前に処理したかったんでしょうね」

ジュード「……それ、本当ですか?」

プレザ「ええ、だってアルは……ロリコンだもの」

ジュード「……アル……ヴィィィィィィン!!!!!!!!」


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:15:22.12 ID:5p+cppfs0

アグリア「おらおら!!」

レイア「うぅ……なんかいけない感情が……」

ミラ「ふむ。人が踏まれている光景を間近で見るのは中々どうして素晴らしい」

エリーゼ「ローエン、気持ち良いですか?」

ローエン「ぐは!ごは!!!こ、これは……!!至極の幸福ですぞ!!!!」

アグリア「てめえらはみんな変態だ!ド変態野郎だもめ!!!」

アルヴィン「おいおい。俺は真人間だぞ?」

アグリア「ああ!?てめーが一番の変態だろうがよ」

アルヴィン「なんだと?」

レイア「アルヴィン君が?」

アグリア「ババアから聞いたぜ?あの本――」

ジュード「アルヴィンのなんでしょ?」

アルヴィン「ジュード!?」

ミラ「ジュード、どういうことだ?」

ジュード「アグリアがみんなに見せ付けた本は、アルヴィンが捨てた物だったんだ!!!!」


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:20:19.92 ID:5p+cppfs0

ローエン「ほお……これはこれは……どうやら私は気の合う仲間に恵まれているよう――ぐほ!?」

アグリア「だまってろ、変態ジジイ」

ティポ「ジュード君、それ本当なの?」

ジュード「うん」

レイア「……どこ情報?」

ジュード「え、と、この人が」

プレザ「はぁい」

ミラ「私を襲った奴ではないか」

エリーゼ「そうなんですか?」

ティポ「じゃあ、わるいやつだー!!そんな人のことをしんじるもんかぁ!!」

ジュード「え?え?」

レイア「酷い……酷いよ、ジュード。アルヴィン君に擦り付けるなんて」

ジュード「違うよ!!信じて!!!」

ミラ「見損なったぞ、ジュード」

ジュード「うわぁあああああああああああああ!!!!!!!!」


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:25:44.12 ID:5p+cppfs0

プレザ「あらら」

アグリア「アーッ八八八!!!!!!無様!惨め!!哀れ!!!!アハハハハハ!!!!!!」

アルヴィン「くくく……」

ジュード「アルヴィン……!!」

アルヴィン「ジュード君、その本、俺が捨てたって証拠はあるの?」

ジュード「そ、れは……」

アルヴィン「いけないなぁ……どうしてそんな嘘をつくんだ?」

ジュード「で、でも、アルヴィンがこの人に頼んだんでしょ!?」

アルヴィン「なにを?」

ジュード「……ま、まさか」

プレザ「(私が頼まれたのは、貴方の信用を根こそぎ奪うこと)」

ジュード「な!?」

アグリア「(アハハ~、あの裏切り屋、お前の潜在能力が怖いんだとよ。
      いつか足元を掬われるかもしれねーから、今のうちに潰したいっていってたぞ?)」

ジュード「アルヴィン!!!アルヴィン!!!!!」

アルヴィン「なんだい?ロリコンジュード君?」


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:28:22.13 ID:XEJVM8XE0

こりゃひでえwwwwwwwwwwwwwwwwww


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:30:07.50 ID:5p+cppfs0

ジュード「ミラ!お願いだよ!僕じゃないんだ!!!」

ミラ「見苦しいぞ、ジュード」

ジュード「エリーゼ、違うんだ!!僕は!!!」

エリーゼ「ジュード、嘘つきです」

ティポ「うそつきはあっちいけー!!」

ジュード「レイア!!!」

レイア「ごめん……ごめんね……」

ジュード「そ、そんな……どうして、どうして、こんな……」

ローエン「ジュードさん」

ジュード「ローエン……」

ローエン「さあ、シャン・ドゥに着いたら幼女ウォッチングでもいたしましょう」

ジュード「――――――ちがうんだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

アルヴィン「ふん」

プレザ「酷い人」

アグリア「アハハハハハハ!!!!!アハハハハハハ!!!!!!」


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:36:30.52 ID:5p+cppfs0

――シャン・ドゥ

ミラ「よし。なんとかたどり着いたな」

アルヴィン「この町は落石があるから気をつけたほうが良いぜ?」

ローエン「アルヴィンさん、どちらへ?」

アルヴィン「ちょっとな」

エリーゼ「……おっきい石造がたくさんあります」

ティポ「でっかいねー!!」

レイア「ねえねえ、あっちに行ってみようよ、ミラ」

ミラ「ああ、そうだな」

ジュード「……………」

ローエン「ジュードさん、あそこに9歳ぐらいのかわいい女の子がいますよ?」

ジュード「……ローエン、少し協力してほしいんだ」

ローエン「なんでしょう?同志の頼みならば喜んで。誘拐は駄目ですよ?」

ジュード「……ねえ、ロリコンかどうかってどこで分かるものなの?」

ローエン「それはもう、挙動で。かわいい幼女をみると、
      コンマ数秒ほどであっても動きが止まりますからね」


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:43:55.78 ID:5p+cppfs0

――数日後 宿屋

ミラ「ワイバーンを手に入れるためには闘技場で優勝しなくてはいけないな」

ジュード「…………」

ティポ「ん?ジュード君、どうかしたの?」

ローエン「まあ、気負うことはないでしょう」

レイア「でも、危険じゃない?ミラの命を狙ってる組織が動いているんでしょ?」

ローエン「それに一人で戦うのは……」

ミラ「大丈夫だ。心配するな。それよりもお前たち、必ず敵を捕まえてくれ」

レイア「うん」

エリーゼ「がんばります」

ミラ「ああ、期待している」

ローエン「ではもう寝ましょうか。エリーゼさん、一緒にお風呂はどうでしょう?」

ジュード「……………もしかしたら。うん、その可能性もある」

ティポ「どうしたの?」

ジュード「ティポ、ちょっとごめん」


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:50:53.65 ID:5p+cppfs0

――闘技場

エリーゼ「きゃぁぁ!!!」

アルヴィン「エリーゼ!!!」

ミラ「アルヴィン!どうした!!」

アルヴィン「ティポが攫われた!!狙いはミラじゃない!ティポだったんだ!!!」

ミラ「なんだと!?」

ジュード「アルヴィン!!!そいつを追って!!エリーゼも追っていったから!!!」

アルヴィン「なんだと!?――分かった!!!」

ローエン「ミラさんに加勢しましょう」

レイア「うん」

ジュード「………」

ローエン「ジュードさん!急いでください!!」

ジュード「よし、もういいよ。ごめんね、ティポ」

ティポ「ぷはぁ!!エリーは!?エリーが遠くにいっちゃうよ!!」

ローエン「ティポさん!?たしかに今……まさか!?」


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 13:58:21.25 ID:5p+cppfs0

――研究所跡

アルヴィン「このやろ!!!」

兵士「ぐわ!!」

アルヴィン「エリーゼ!!大丈夫か!?」

エリーゼ「ティポ……ティポ……は?」

アルヴィン「大丈夫だ。ここにある」

エリーゼ「よか……った」

アルヴィン「エリーゼ!?――気絶しただけか」

エリーゼ「……」

アルヴィン「……」

ぷにぷに

アルヴィン「ほっぺた柔らかいな」

エリーゼ「……」

アルヴィン「……今、エリーゼに何をしてもジュード君が罪を被ってくれるんだよな」

エリーゼ「………」


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:06:25.42 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「……エリーゼ?」

エリーゼ「……」

アルヴィン「よし」

アルヴィン「まずは……服の上から触ってみるか」

アルヴィン「……うん。柔らかいな」

アルヴィン「じゃあ、まずは上半身から脱がせて……おおおお!?」

アルヴィン「エリーゼ、まだブラジャーしてないのか」

アルヴィン「それもそうか……でも、年の割には中々大きいな」

アルヴィン「うん……申し分ない弾力だ」

アルヴィン「もう少し揉んでおこう。もうこんな機会はないだろうし」

アルヴィン「…………」

エリーゼ「………」

アルヴィン「―――ファーストキスもいただくか……ん」

エリーゼ「う………うぅん」


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:11:03.35 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「ふう……」

エリーゼ「………」

アルヴィン「よし、じゃあメインディッシュを……」

スルスル……

アルヴィン「――流石だ。綺麗な色をしている」

アルヴィン「味のほうは……」

エリーゼ「……ん……」

アルヴィン「このしょんべん臭さがたまんねえな」

エリーゼ「……あ、ん……」

アルヴィン「よし……もう我慢できねえ」

カチャカチャ

アルヴィン「―――ふう。もういっちまいそうだぜ……エリーゼ」

エリーゼ「……」

アルヴィン「ジュードの子供じゃなくて、俺の子供を孕んでくれ……」

エリーゼ「…………」


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:15:58.02 ID:5p+cppfs0

ミラ「こっちか!?」

レイア「エリーゼ!アルヴィン君!!」

アルヴィン「っち!!」

アルヴィン「急いで直さないと……!!!」

ローエン「こちらから幼女の匂いがしますよ!!」

ミラ「ならそっちにエリーゼがいるのだな!急ぐぞ!!」

レイア「――あ、いた!!」

アルヴィン「……よ、う」

ローエン「何があったのですか?」

アルヴィン「ティポを連れ去った奴は倒した……これでいいんだろ?」

ローエン「そうですか」

ミラ「よくやった」

アルヴィン「ふ……あとで割り増し請求してやるぜ」

ティポ「エリー!!大丈夫!?!」

アルヴィン「え……!?ティポがなんで……?え?ちょっと待てよ……そこにいるのは……?」


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:21:15.63 ID:5p+cppfs0

エリーゼ「あ……ティポ……」

ティポ「大丈夫だった?」

エリーゼ「うん……アルヴィンが助けてくれたから」

ティポ「そっかそっか、よかったね。ありがとう、アルヴィン君!!」

アルヴィン「あ、ああ」

ジュード「―――これは身代わりだよ」

アルヴィン「ジュード?」

ジュード「あの決勝直前の事件。不思議だったんだ」

ローエン「と、いいますと?」

ジュード「ミラを狙っている組織は、ミラを毒殺しようした。……でも、ミラは精霊マクスウェルだ」

ミラ「ああ、そうだな」

ジュード「そのことは向こうも知っているんでしょ?」

ミラ「当然だ」

ジュード「じゃあ、どうして精霊を殺すのに毒を使うんだろう?
      確かに今のミラは人間と変わりないけど、
      普通精霊相手に毒を盛って効果があるなんて考えるかな?」

レイア「確かに……精霊は死なないわけだし……じゃあ、どういうこと?」


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:22:36.56 ID:fCQ6Tgyh0

言われてみれば確かに


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:23:37.32 ID:cbFcIrlOO

こめかみを触りながら話すジュード君が見えた


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:27:44.27 ID:5p+cppfs0

ジュード「向こうは確実に毒で相手が死ぬと確信していたんだ」

ローエン「ほう」

ジュード「だから、僕はこう考えた。もしかしたら狙った相手はミラじゃないかもしれないって」

ミラ「なるほど」

アルヴィン「……」

ジュード「で、あとは消去法だ。まずレイアとローエンは指名手配はされていないから却下」

ローエン「そうですね」

ジュード「じゃあ、残りは僕とエリーゼだ。僕を狙っているならそれでいい。
      でも、もしエリーゼだった場合、ティポを一緒に持ちされるはず」

エリーゼ「確かにそうですね。いつも抱いてますから」

ジュード「まあ、今回は違ったけど……だから、この偽者の中にあるものを仕込んでおいたんだ」

レイア「ある物?」

ジュード「これがあれば誰が連れ去ったのか、ティポを回収すればわかると思ったんだ」

ミラ「何を入れたんだ?」

ジュード「エコー鉱石」

アルヴィン「!?」


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:30:20.92 ID:T3JcZ+PAO

今、ジュードが最高に主人公してる


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:31:32.49 ID:Phod/EjLO

屑ヴィンざまあ


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:34:08.76 ID:5p+cppfs0

ジュード「これは音を録音できるから――」

アルヴィン「ま、まてよ!!今の消去法で俺の可能性が説明されてないぞ!!」

ジュード「……アルヴィンはまず考えられなかったよ」

アルヴィン「なんだと?」

ジュード「あのアグリアとプレザって人と繋がってる時点で、毒殺の容疑者の一人だ」

アルヴィン「おいおい……それだけで」

ジュード「アグリアもプレザもミラを狙った」

アルヴィン「……」

ジュード「そして今回はミラを狙うと見せかけてるわけだから、同一の組織と考えてもいい」

アルヴィン「お、い……」

ジュード「だから、アルヴィンは僕の中では容疑者なんだ。悪いけどね」

レイア「ジュード……」

ジュード「さて、このエコー鉱石に録音された音を聞いてみよう。それで真実が分かるはずだ」

ミラ「うむ、頼む」

アルヴィン「や、めろ……やめろ!!!」


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:40:17.81 ID:5p+cppfs0

ジュード「……どうして?」

アルヴィン「それは……」

ローエン「なにか聞かれたくないものでも録音されているのでしょうか?」

アルヴィン「……」

レイア「アルヴィン君?」

エリーゼ「アルヴィン?」

ティポ「聞いちゃえ聞いちゃえ!!」

ジュード「うん……じゃあ、手を二回叩くと再生されるようになってるから、アルヴィン、お願い」

アルヴィン「な、なんで俺が!?」

ジュード「……聞く覚悟を固めてからじゃないと、嫌でしょ?」

アルヴィン「て、てめぇ……!!」

ジュード「ほら、僕は何時間でも待ってあげるから」

ミラ「私もだ」

ローエン「私もいつまでも待ちましょう」

アルヴィン「く……そ……」


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:45:39.17 ID:5p+cppfs0

レイア「アルヴィン君、ゆっくりでいいからね?」

エリーゼ「助けてくれたんですから、私も待ちます」

ティポ「でもできるだけ早くしてよねー」

アルヴィン「……」

ジュード「長くなりそうなら街に戻ってからかでもいいけど?」

ミラ「うむ」

アルヴィン「……くそ!!!」

パンパン!!


アルヴィン『まずは……服の上から触ってみるか』

アルヴィン『……うん。柔らかいな』

アルヴィン『じゃあ、まずは上半身から脱がせて……おおおお!?』

アルヴィン『エリーゼ、まだブラジャーしてないのか』

アルヴィン『それもそうか……でも、年の割には中々大きいな』

アルヴィン『うん……申し分ない弾力だ』

アルヴィン『もう少し揉んでおこう。もうこんな機会はないだろうし』


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:49:45.02 ID:5p+cppfs0

レイア「え……この声……アルヴィン君?」

エリーゼ「……」

ティポ「おい!こら!!!エリーが寝てる間になにしたんだー!!!!!」

ローエン「いやはや……ロリコンとは愛ある性交しか許されません。
      気絶している少女を辱めるなど言語道断」

ミラ「これは……何をしているのだ?」

アルヴィン「そ、れは……」

アルヴィン『―――ファーストキスもいただくか……ん』

エリーゼ『う………うぅん』

エリーゼ「え……」

ティポ「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!
     初めてが!!!知らないうちに奪われてるぅぅぅぅぅぅ!!!!!!」

アルヴィン『――流石だ。綺麗な色をしている』

アルヴィン『味のほうは……』

エリーゼ『……ん……』

アルヴィン『このしょんべん臭さがたまんねえな』

レイア「きもちわるい………」


265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:52:02.48 ID:HhCeG2jL0

>レイア「きもちわるい………」

これは立ち直れない



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 14:56:25.65 ID:5p+cppfs0

アルヴィン『―――ふう。もういっちまいそうだぜ……エリーゼ』

アルヴィン『ジュードの子供じゃなくて、俺の子供を孕んでくれ……』

エリーゼ「あ……いや!!いやです!!!もう聞きたくありません!!!!!!」

ジュード「エリーゼ……」

エリーゼ「ジュード!もうとめてください!!!」

ジュード「うん。分かったよ。ごめん」

エリーゼ「ひどい……酷いです……なんで、こんなこと……うぅ……」

レイア「エリーゼ、おいで」

エリーゼ「うぅ……うぅぅ………」

レイア「……ごめんね。守ってあげられなくて……ごめんね」

ミラ「アルヴィン……言い訳はあるか?今なら聴いてやらんこともないぞ?」

アルヴィン「……」

ジュード「アルヴィン……これで証明されたね。どっちが嘘をついていたのか」

ローエン「では、戻りましょう。この話は後ほど、ゆっくりと、時間をかけて……」

ミラ「そうだな。一先ず街に戻るとしよう」


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:00:58.20 ID:5p+cppfs0

――宿屋

エリーゼ「………」

レイア「エリーゼ、落ち着いた?」

エリーゼ「は、い……」

レイア「……」

ミラ「エリーゼの精神的な傷は計り知れないな」

ジュード「……」

ミラ「ジュード、すまなかったな。一時とはいえ、疑ってしまったことをここで詫びよう」

ジュード「ミラ……」

レイア「私も……ごめんね、ジュード?」

ジュード「ううん、気にしないで」

ティポ「僕もあやまるよー、ごめんねー?」

ジュード「ありがとう……」

ミラ「あとは奴の処遇についてだな」

ジュード「ローエンに任せよう……ローエン、色々な拷問器具を用意してたし」


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:07:01.31 ID:5p+cppfs0

――某所

アルヴィン「……」

ローエン「アルヴィンさん……何故、少女を襲ったのです?」

アルヴィン「……」

ローエン「我々ロリコンは、少女には決して手を出してはならないという鉄の掟があるはずです」

アルヴィン「………」

ローエン「少女との愛を真剣に育み、そして許される添い寝。至高の入浴」

アルヴィン「……」

ローエン「しかし、それまで。我々は少女の幸せを第一とし、傷をつけてるなどあってはならない」

アルヴィン「…………が、がまん……できなかったんだよ」

ローエン「なんですと?」

アルヴィン「初めてエリーゼを見たときから……どうしても抑えられなかった……」

ローエン「それで?」

アルヴィン「でも……エリーゼはジュードのことばかりみてやがった……だから……」

ローエン「――――この戯け者めが!!!!」


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:10:31.19 ID:CWB7H9+L0

yesロリータnoタッチ


286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:10:39.74 ID:OK63yePO0

紳士の鑑だな


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:12:44.68 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「!?」

ローエン「見損ないましたよ、アルヴィンさん。
      貴方のような人がいるから世のロリコンが疎まれる……嘆かわしい限りです」

アルヴィン「……」

ローエン「貴方はもうロリコンとしてこの世においておくことはできません。
      ――どうぞ、お入りください」

アルヴィン「お、まえは!?」

アグリア「なんだよ……今日も顔を踏みつけるんじゃねーのかよ、くそジジイ」

ローエン「それは後ほど」

アグリア「まあ、いいアルバイトだから文句ねーけど。一踏み5000ガルドだしなぁ」

ローエン「ほっほっほ。貴女にならいくらでもお支払いします」

アグリア「金持ちの考えることはやっぱりよくわかんねーぜ」

アルヴィン「お、い……アグリアをどうするつもりだ?」

ローエン「貴方を試します」

アルヴィン「なに?」

ローエン「今からアグリアさんに下半身を露出してもらいます」

アグリア「アハハ~」


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:19:31.72 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「ど、どういうことだ?!」

ローエン「そして一時間、貴方が一切勃起しなければ何事もなく終わります」

アルヴィン「勃起したら……?」

ローエン「――これはサメの歯を模した拷問器具です。
      本来なら腕や腹をこれで挟み、激痛を与えます」

アルヴィン「……」

ローエン「しかし、今回は貴方の汚らわしい陰茎をこれで挟み、そして再起不能にさせます」

アルヴィン「お、い!!おい!!!」

ローエン「少女に手を出すという罪、身を持って知ってもらいましょう」

アグリア「アハハ~じゃあ、いくぜ~よーくみてろよ?変態が~!」

アルヴィン「くっ!!」

アグリア「おらおら!どうだ?綺麗だろ?まだ意外にも処女なんだぜ~」

アルヴィン「や、めろ……」

アグリア「ほらほら、奥まで見せてやるからよ~感謝しやがれ屑やろう」

アルヴィン「………ああ、本当に綺麗だ――――――」

ガシャン!!!!ブチィィィ!!!!!


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:21:35.39 ID:7duCC24b0

アルヴィンのお股から血が


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:22:49.99 ID:oNawvMeD0

>>298
最高にワロタ



301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:25:01.24 ID:5p+cppfs0

ミラ「……ん?今、遠くで断末魔が聞こえなかったか?」

レイア「さあ?」

ジュード「……ただいま。食事もってきたよ」

ミラ「すまないな、ジュード」

ジュード「エリーゼは?」

レイア「寝ちゃった」

エリーゼ「すぅ……」

ミラ「疲れたのだろう。色々、あったからな」

ジュード「そうだね」

ミラ「ああ、そうだ。明日、カン・バルクに向かうことになった」

ジュード「そうなんだ」

ミラ「ガイアス王とやらにワイバーンを出す許可をもらうそうだ」

ジュード「うん、分かったよ」

ローエン「―――ジュードさん。少しよろしいですか?少々、手を借りたいのですが」

ジュード「あ、うん」


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:28:04.97 ID:5p+cppfs0

――翌日

ミラ「うむ、いい天気だ」

レイア「うん」

ジュード「じゃあ、行こうか」

エリーゼ「はい……」

ティポ「エリー、大丈夫?」

アルヴィン「…………」

エリーゼ「アルヴィン!?」

ローエン「ほっほっほ、すっかり嫌われてしまいましたね」

アルヴィン「うるせえ」

ジュード「まだ、痛い?」

アルヴィン「おかげさまで、もう大丈夫だ」

ジュード「そう。よかった」

ローエン「では、参りましょう」

ミラ「うむ」


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:32:02.26 ID:5p+cppfs0

――街道

ミラ「おい、ジュード」

ジュード「なに?」

ミラ「アルヴィンを同行させてもよかったのか?」

ジュード「ちょっとね、あの人に会うまでと思って」

ミラ「あの人?」

ジュード「うん」

ミラ「誰のことだ?」

レイア「ほら、私の傍にいれば大丈夫だから」

エリーゼ「は、い……」

ティポ「レイアー!!エリーをまもってえ!!!」

アルヴィン「くそ……あのエコー鉱石を何個も複製しやがって……」

ローエン「あれ以上の脅迫具はありませんからねえ」

アルヴィン「くそ……エコー鉱石さえなけりゃあ……逃げ出すのに……」

ミラ「お、見えてきたな」


315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:35:45.06 ID:5p+cppfs0

――カン・バルク 城

ガイアス「来たか……」

プレザ「……」

アグリア「アハハ~」

ミラ「ああ、聞きたいことが―――」

ジャオ「おお、娘っ子。元気そうだな」

エリーゼ「おっきいおじさん……!?」

ジュード「ジャオさん!?」

ローエン「そうか……貴方はフォーヴの……」

レイア「うわ、おっきい」

アルヴィン「……」

ジュード「丁度よかった。ジャオさんに聞かせたいものがあるんです」

ジャオ「なんだ?」

ミラ「ん?どうした?なにをしている?」

ジュード「これ。エコー鉱石なんですけど」


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:37:24.06 ID:cbFcIrlOO

アルヴィンが地面に叩きつけられるな…


321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:40:14.62 ID:j4l1bz+b0

ジャオがはやくも全開になっちゃう


323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:40:42.87 ID:5p+cppfs0

アルヴィン「おい!!!!!!」

ジャオ「何か録音でもされておるのか?」

ジュード「ええ、そうなんです」

ガイアス「どうしたというのだ?」

プレザ「なになに?」

アグリア「アハハ~なんだ?ブスの喘ぎ声でも聞かせてくれるのか?」

レイア「それ聞きたいの!?」

アグリア「興味はあるな。どんな声で鳴くのかよ」

レイア「あ、悪趣味」

アルヴィン「おい!!!ジュード!!!
       やめろ!!!!ガイアス王は曲がったことが一番嫌いで―――」

ジュード「だからじゃないか。本当はジャオさんに聞かせるのはもっとあとだと思ってたけど、
      こうして同時に聞いてもらえる。幸運だよ」

アルヴィン「え……?」

ミラ「私たちではお前を断罪することはできない」

ローエン「しかし、一国の王にはその権限があります」

エリーゼ「……アルヴィン、死んでください」


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:47:11.15 ID:5p+cppfs0

ジュード「―――以上です」

アルヴィン「あ……あああああ………やめてくれ……」

ガイアス「なるほど……」

ジャオ「……」

プレザ「救いようがないわね」

アグリア「アハハハハハハハハ!!!!!マジで屑だ!!!!屑がいるぞー!!!!!」

レイア「あの、ガイアス……」

ガイアス「確かに少女に齎された傷は深い。これは断罪せねばなるまい」

エリーゼ「……」

ティポ「おおおお!!!!剣をぬいたぁぁ!!!」

アルヴィン「やめろ……!!!やめろぉぉ!!!!」

ジャオ「ロリコンの風上にもおけんやつだ……」

ガイアス「貴様がいるから世の弱きロリコンたちは端へと追いやられる……許さんぞ!!!」

ローエン「お供いたします」

レイア「なんだかよくわかんないけど、加勢するよ!!」


333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:48:03.15 ID:mFdhrCUZ0

ん?んん?


344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 15:54:38.21 ID:5p+cppfs0

ジュード「そうだ!ここでアルヴィンを倒さなきゃ!!……ううん、倒すんだ!!!」

ミラ「よし、やるぞ!!」

エリーゼ「がんばります!!」

ティポ「エリー!いくよー!!」

プレザ「ガイアス王、私も手を貸します。――こんな男に惚れた自分が悔しい」

アグリア「アハハ~なんか面白そうだし、あたしも手をかしてやるよ!!」

ウィンガル「アルガジョバッテバルボスルワ!!!アジュルバブ、ロリコン!!!!」

アルヴィン「くそ!くるな!!!くるなぁぁぁ!!!!」

ガイアス「貴様の濁った眼では当てることなどできん!!!」

アルヴィン「くそ!!くそ!!!」

ミラ「拘束する!!!」

アルヴィン「くそ!!!!う、ごけない!!!」

ジュード「ミラ、ありがとう!!!」

ミラ「今だ!やれ!!!」

ジュード・ガイアス「―――くたばれぇぇぇぇ!!!!!」


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 16:01:33.59 ID:5p+cppfs0

ガイアス「……お前は、ローエン・J・イルベルトか?」

ローエン「はい」

ウィンガル「少女調律者(ロリコンダクター)イルベルトか……」

プレザ「まさか……2万人の幼女を手玉にとったという伝説の……?」

ガイアス「一線で活躍しているときは毎日違う少女と風呂に入っていたというな」

アグリア「マジかよ」

ジャオ「それで一切の間違いがなかったという。まさに我々にしてみれば神にも等しい」

ローエン「昔の話です」

ミラ「ガイアス、私たちは―-」

ガイアス「分かってる。今回はイルベルトのサインに免じて不問にする」

ウィンガル「これからも貴殿の力をお借りしたいのですが」

ローエン「老兵は静かに引くものです」

ウィンガル「残念だ」

ジュード「じゃあ、僕たちはこれで。―-ゴミの処理はお任せします」

ガイアス「任せておけ」


356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 16:08:57.82 ID:5p+cppfs0

―――カン・バルク 広場

ミラ「よし、ではワイバーンを借りてイル・ファンに向かうぞ」

ローエン「ええ。ひとつの巨悪を滅ぼしたこの勢いでいきましょう」

レイア「うん!そうだね!今ならなんでもできそうだよ!!」

ジュード「……エリーゼ?」

エリーゼ「え?」

ジュード「大丈夫?」

エリーゼ「はい……ただ、少しだけ悲しくて……」

ジュード「え?」

エリーゼ「……もう、見下す相手がいません」

ジュード「エリーゼ?」

ティポ「実はね、エリーはアルヴィンのことが好きだったんだよ!
     ―――あんな屑めったにいないからストレス発散にもってこいだったのにね」

エリーゼ「うん……いつも股間を踏みつけてました」

ジュード「あ……そ、うなんだ」

エリーゼ「じゃあ、次は……ジュードが……ふふふふ」


362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 16:13:51.86 ID:5p+cppfs0

―――カラハ・シャール

ミラ「すまないな。ワイバーンの治療を頼んでしまって」

ドロッセル「いいえ。気にしないでください。―――それより、エリーはどうしちゃったんですか?」

エリーゼ「ほら、ジュードもっと早く」

ジュード「エリーゼ……どうして僕が馬に―――」

エリーゼ「馬はヒヒンってなくんですよ?」

ジュード「ひ、ひひん……」

レイア「エリーゼの愛情表現なんだって」

ローエン「まったく羨ましい限りです」

ドロッセル「そ、そうなんだ……」

エリーゼ「ほらほら。あとでちゃんとご褒美もあげますからね、ジュード?」

ジュード「ひひん……」

ジュード(こんなことならアルヴィンを引き渡すんじゃなかった……!!)

エリーゼ「ジュード……だいすき、ですよ?」


END


365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 16:16:40.02 ID:cbFcIrlOO

( ;∀;)イイハナシダナー


387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 16:28:35.07 ID:g1wAWlPu0

ひたすらに乙乙乙。だが途中からロリコン一直線で>>90みたいに生理ネタでミラとエリーゼにきわどいこと聞かれてあたふたするジュード君も見たかったぜ


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 16:30:38.21 ID:JyTRoZed0

>>380
ミラに掻っ攫われる未来しか見えない




テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
PlayStation 3

バンダイナムコゲームス
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る

テイルズ オブ エクシリア オリジナルサウンドトラック【初回生産限定】テイルズ オブ エクシリア オリジナルサウンドトラック【初回生産限定】
V.A.

avex trax
売り上げランキング : 284

Amazonで詳しく見る
関連記事
何これ…
[ 2011/09/18 09:57 ] [ 編集 ]
ロリコンダクターが紳士すぎるww
しかし、さっそくエクシリアSSとは…超乙!
[ 2011/09/19 08:19 ] [ 編集 ]
拷問シーンが 杉田・麦人で問題なく再生された
[ 2011/09/22 19:43 ] [ 編集 ]
口調の再現率が高いから脳内再生余裕でしたww
[ 2011/09/28 22:51 ] [ 編集 ]
ジュード&エリーゼ ナイスで~ス(^o^)b
[ 2011/12/16 02:13 ] [ 編集 ]
登場人物ロリコン多くねww?
[ 2012/07/17 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ