素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

綾乃「歳納京子の靴…ごくり」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:34:34.65 ID:gLY4Aca/0

下駄箱前

綾乃「この前私の靴の匂い嗅がれたんだし、嗅いでもいいわよね…」

綾乃「くんくん…はぁ…これが歳納京子の匂い///」

京子「おっす、あやのー!なにしてんのー?」

綾乃「ととと、歳納京子ー!?な、なんでもないわよ!///」

京子「ん?それ私の靴じゃん。!さては綾乃、匂い嗅いでたなぁ~」

綾乃「そんなこと…なぃゎょ?」

京子「ふ~ん、まぁいいけどねー。
    匂いが嗅ぎたければ私はいつでもうぇるかむだ!じゃぁな~!」




 
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:38:19.64 ID:gLY4Aca/0

綾乃「…よかった、全然気にしてないみたい。それにしてもいつでもうぇるかむって…///」

千歳「やったな綾乃ちゃん!」

綾乃「千歳!?いつからいたの?!」

千歳「綾乃ちゃんが靴箱の前できょろきょろしとる時からや~」

綾乃「ちょ、見てたなら声かけなさいよ!」

千歳「まあええやん。それよりこれはチャンスやで、綾乃ちゃん!
    なにかと理由を付けて匂いを嗅ぎに行くんや!」

綾乃「そんな…だって、私、恥ずかしい…///」

千歳「ここで行かんかったら他の娘に歳納さん取られてまうで!」

綾乃「えっ、他の娘って…」

千歳「それは秘密や。ほら綾乃ちゃん、先手を取るんや、行っておいで。うちは見守っとるから。」

綾乃「うぅ~…わかった。行ってくるわ千歳!この千載一遇のチャンスを掴むのよ!」

千歳「その調子や!がんばってな~。…ふふふ、今日は豊作の予感がびんびんくるで~」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:44:08.52 ID:gLY4Aca/0

娯楽部

綾乃「歳納京子ーー!!!」

京子「んあ?どったの綾乃?」

綾乃「…あら?今あなた一人なのかしら?」

京子「そだよー。まあ後からみんな来るけどね」

綾乃「ちょうどいいわ…。あ、あの、あなたさっき言ったでしょ…その…においを…」

京子「におい?ああ、なんだ綾乃、私の匂い嗅ぎに来たのか?綾乃も大胆だな~」

綾乃「ち、違うんだからね!///匂いの…そう!匂いの研究をしてるだけなんだから!///」

京子「別に理由なんてなんでもいいよ。ほら綾乃、こっちおいで?」

綾乃「と…歳納京子…///」

京子「どこの匂い嗅ぎたい~?綾乃の好きな所でいいよ!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:48:30.04 ID:gLY4Aca/0

綾乃「じゃ、じゃあ………ぁ、足の…匂い…///」

京子「綾乃もマニアックだな~。
    じゃあやっぱさっきのは靴の匂い嗅いでたのか。ほい!思う存分嗅ぐといいよ!」

綾乃「う、うん…ありが…と…///くんくん…///」

京子「なんか綾乃うっとりしてるぞー。私の足の匂いでそんなに興奮した?」

綾乃「興奮なんか…してないん…だから…///」

京子「ほんとか~?じゃあなんでそんなに顔赤いのかな~?」

綾乃「っ…!」

京子「ふふふ…。あ、そろそろみんなが来る時間だ。また今度おいで、綾乃」

綾乃「あ………」

京子「そんなに名残惜しい?じゃあ私の靴下をあげるよ!」

綾乃「あ…ありがと……///またくるっ!」

京子「ばいば~い」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:50:00.58 ID:8x6se7q60

綾乃ちゃんクンクン


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:54:00.09 ID:gLY4Aca/0

生徒会室

千歳「お疲れ様~綾乃ちゃん」

綾乃「ち、千歳…制服が真っ赤よ…」

千歳「大丈夫大丈夫、気にせんでええで~。
    それにしても綾乃ちゃん、戦利品まで手に入れて…よかったやん!」

綾乃「こ、これはそのー///」

千歳「誤魔化さんでもええで、綾乃ちゃん。見守っとくって言うたやろ?」

綾乃「私…うまくできたかしら…?」

千歳「上出来やわ~!また次も挑戦やで!」

綾乃「…うん!ありがと千歳!私、次もがんばっちゃうんだから!」


娯楽部

結衣「…おい京子、靴下はどうしたんだ…?」

京子「んー?綾乃にあげたー」

結衣「えっ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 16:59:58.79 ID:gLY4Aca/0

結衣「えっ、なんで?」

京子「いいじゃん、減るもんじゃないしー」

結衣「いや、減るだろ」

京子「そんなことより、なんかしよーぜー!」

ちなつ「なんかって何ですか?」

京子「なんかといえばなんかだよ!ちなつちゃんが変身とか!」

ちなつ「しませんよ!でも私は結衣先輩が変身する所なら見てみたいです~♪」

結衣「いや私は変身しないから…」

京子「大丈夫!心配しなくても本気出せば結衣も変身できるって!」

結衣「そんな心配してねぇ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:02:29.64 ID:gLY4Aca/0

あかり「ねぇねぇ、あかりも変身できるかなぁ?」

京子「よし!寝るか!明日まで!」

結衣「帰れよ」

ちなつ「で、結局何するんですか?」

京子「生徒会室でも行こうぜ~。プリン食いたい!」

結衣「また綾乃に文句言われるぞ」

京子「いや、今日は大丈夫なんじゃない?」

結衣「?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:06:20.96 ID:gLY4Aca/0

生徒会室

京子「あっやの~!プリンちょーだーい!」

綾乃「とっ、歳納京子!?か、勝手に食べれば?!」

結衣「ほ、ほんとだ…あの綾乃が…」

千歳「あらあら、みんなそろうてどうしたん?」

京子「暇だから来た!」

結衣「ごめんね千歳、迷惑ならすぐ帰るよ」

千歳「かまへんで~。綾乃ちゃんも寂しそうにしとったもんなぁ」

綾乃「そそそそんなことないんだからっ!」

千歳「うふふ。そんな照れんでもええんやで?」

綾乃「照れてなんかないわよ!///」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:10:14.67 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「あれ?今日は櫻子ちゃんと向日葵ちゃんいないんですか?」

千歳「今は二人とも教室の見回りに行っとるよー」

あかり「ちなつちゃん、ちょっと探しに行ってみない?」

ちなつ「あ、うんいいよー!じゃあちょっと行って来ますね」

京子「いってらっしゃーい!早く帰ってくるんだよん☆」

結衣「で、綾乃は今日なんでそんなに機嫌いいの?京子何か知ってるんでしょ?」

京子「えっへへー。それはねー…」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:12:52.03 ID:gLY4Aca/0

綾乃「ちょ!歳納京子!それ以上言ったら罰金バッキンガムなんだからね!!!」

京子「あーい。でも私の靴下握り締めたまま言っても迫力ないぞ~?」

綾乃「あっ…!///」

結衣「気になる……」

京子「まあいいじゃん!プリン食べたしもう行こうぜ~」

結衣「あんまり居ると迷惑かかるしね。
    じゃああかりとちなつちゃん拾って帰ろうか。お邪魔しましたー」

京子「綾乃、後で綾乃ん家行くからね」

綾乃「えっ」

京子「それじゃーねー!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:15:44.97 ID:gLY4Aca/0

綾乃の部屋

京子「きったよ~ん☆」

綾乃「と、歳納京子…!よくきたわね///」

京子「待っててくれたんだね!しかも私の靴下持ったままで!そんなに気に入った?」

綾乃「………うん」

京子「綾乃…。今回はどうしたい?もっといろんな事してもいいよん☆」

綾乃「何で歳納京子は私のためにそこまでしてくれるの…?」

京子「それはね…もっと、もっと綾乃の事知りたいからだよ……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:19:51.44 ID:gLY4Aca/0

綾乃「歳納…京子……。私…、私!歳納京子の全てが欲しい!」

京子「あ、綾乃!そんないきなり……ひゃん!」

綾乃「歳納京子の汗…しょっぱくて美味しい……」

京子「えへへ…恥ずかしいな///」

綾乃「私もよ…///あなたあれから裸足のままなのね……ぺろっ」

京子「ひゃっ!く、くすぐったいよ綾乃///」

綾乃「歳納京子の足も、とっても美味しいわ………私、もっとあなたが欲しい!脱ぎなさい!」

京子「綾乃興奮しすぎだよ…///仕方ないなぁ。私の全部、見てね………」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:24:49.66 ID:gLY4Aca/0

綾乃「歳納……!ぺろぺろ……京子……!ちゅぱっ」

京子「んっ!あ!!だっだめ……!
    いきなり…そんな………!その、そこはち、違っ!もれちゃ…っひんっ!!!」

綾乃「んっ。んっんっんっんっ………。っぷはぁ!いただいたわ…歳納京子の一番搾り!!!」

京子「綾乃…わ、私の……おしっこを………///」

綾乃「はっ!やってしまったわ!!///ごめんなさい!歳納京子…」

京子「いいよ……綾乃になら、いつでも………///」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:27:12.25 ID:s31MX/7bO

パンツの匂いは嗅がないのか・・・


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:28:26.03 ID:gLY4Aca/0

綾乃「歳納京子………好き…///」

京子「私もだよ、綾乃……///続き……しよ?」

綾乃「うんっ!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:38:51.50 ID:gLY4Aca/0

京子「じゃあ、私の飲んだんだから、私も綾乃の飲みたいな……///」

綾乃「えっ!そそんなのイヤよ!恥ずかしいもん…///」

京子「なら私はどうなるのさ。問答無用っ!てい!」

綾乃「やんっ!だめだめだめっ!!…んっ……///」

京子「綾乃…すっごいびちょびちょだよ…もう漏らしたみたいになってる……」

綾乃「いっ、言わないで…///」

京子「まあこれから本当に漏らさせるんだけどね☆」

綾乃「ひぅ……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:43:41.50 ID:gLY4Aca/0

京子「ふっふっふっ…。さっきやられた分お返ししないとね、綾乃」

綾乃「あっ…!と…歳納京子の……いじわる………///んっ!」

京子「以外と耐えるね。もっとペース上げちゃおうかなぁ?」

綾乃「が…我慢してやるんだから……!」

京子「そんな事言ってられるのも今のうちだよーん!それっ!ぺろぺろ…ちゅーっ」

綾乃「んあっ!!!すっ、吸っ、吸っちゃやだぁー!!!ひっ!んっ!も…もう……だめ………!!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:47:19.92 ID:gLY4Aca/0

京子「綾乃のおしっこの音、すっごい聞こえるよ……」

綾乃「き、聞かないで……///」

京子「わかった。勿体無いもん、聞く前に全部飲んじゃうよ!」

綾乃「あっ…歳納京子に、私のおしっこ…飲まれてる……。恥ずかしいけど、なんか幸せかも…」

京子「ふふふ。綾乃も変態さんだなぁ」

綾乃「あなたも、おしっこ飲んでる時点で、私と同じ、変態さんよ…んっ!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:53:40.64 ID:gLY4Aca/0

京子「床が私達のおしっこだらけになっちゃった…」

綾乃「後で掃除するから、心配なんてノンノンノートルダムよ!」

京子「綾乃のあそこもおしっこで汚れちゃったね。私が綺麗にしてあげる…」

綾乃「む…じゃあ私もあなたのを綺麗にしてあげるわ……。私からするからこっち向けなさいよ///」

京子「そんな事しなくても、こうすれば二人一緒にできるよっ!」

綾乃「と…歳納京子のが目の前に……綺麗……」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:58:43.85 ID:gLY4Aca/0

京子「そんなにじっくり見るなよー…///えいっ!ぺろっ」

綾乃「ひゃっ!いきなりなんて反則よ!」

京子「綾乃がぼーっとしてるからだぞ!ぺろぺろ」

綾乃「んっ!わ、私だって!ちゅっ」

京子「えへへ、舐めても舐めても綾乃からまだまだいっぱい出て来るよ…」

綾乃「だって…仕方ないじゃない……き、きもち…いいんだもん……歳納京子の舌……///」

京子「嬉しいなぁ。綾乃の舌も気持ちいいよ…///」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:04:03.25 ID:gLY4Aca/0

綾乃「もっ…もうだめ……っ!」

京子「さっきあれだけ我慢したのに、もう我慢しないの、綾乃?」

綾乃「だめよ…歳納京子の舌使い……さっきより、すごいんだもん…!」

京子「綾乃が私の舌でそんなに気持ちよくなってくれるなんて、私も幸せだなぁ」

綾乃「何で……あなたは…そんな…んっ……平気なの……っ?私…っ…上手くできて……ない…?」

京子「そんなことないよ、綾乃…。綾乃の舌、ずっと感じていたいからすごく我慢してるんだ…」

綾乃「歳納京子……///」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:10:35.95 ID:gLY4Aca/0

綾乃「私も…っ…歳納京子と……一緒にイきたいっ!!」

京子「綾乃…!嬉しい///…じゃあ私、我慢緩めるね…んっ!」

綾乃「歳納京子っ!!!」

京子「綾乃……!!!」

綾乃「んあっ!ひゃん!!ふくっ…」

京子「んにゃ!!ふあぁぁ……!」

綾乃「はぁっ…はぁっ……歳納京子…私、すごく幸せよ…」

京子「はぁ、はぁ、…私もだよ、綾乃…」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:16:23.39 ID:gLY4Aca/0

数十分後

綾乃「今日はありがとう、歳納京子…」

京子「こちらこそ、綾乃。また綾乃ん家来るからなー!!」

綾乃「うん、待ってる!約束よ!破ったら罰金バッキンガムだから!」

京子「綾乃好きだなーそのギャグ。破らないよ、絶対!それじゃあ明日なー綾乃ー☆」

綾乃「ええ、また明日!」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:24:32.15 ID:gLY4Aca/0

翌日 娯楽部

結衣「京子、結局昨日のは何だったんだ?」

京子「それはねー」

あかり「なになに?何の話、京子ちゃん、結衣ちゃん?」

ちなつ「私も気になりますー。何ですか、結衣先輩?」

結衣「ああ、昨日綾乃がすごく機嫌が良かったんだ。京子が何か知ってる風だったから…」

ちなつ「そういえば昨日、靴下握って嬉しそうにしてましたね」

あかり「えっ!?そうだったっけ?あかり全然わからなかったよぉ~」

結衣「で、京子。教えてくれる?」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:31:47.97 ID:gLY4Aca/0

京子「どこから話せばいいかな~。
    とりあえずあの時は、綾乃が私の足の匂いを嗅いで上機嫌だったのさ!」

結衣「えっ」

ちなつ「は?」

結衣「京子…」

京子「うん?」

結衣「京子の足って…そんなに良い匂いがするのか……?」

ちなつ「ちょっ!?結衣先輩!!?」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:39:18.94 ID:gLY4Aca/0

京子「ふふん!気になるかね?結衣くん?」

結衣「なんだその口調は…。まあ、気にならないと言えば嘘になるな」

ちなつ「結衣先輩!正気に戻ってください!!」

京子「では結衣くんには今日の私の靴下を授けよう!」

結衣「お前しまいに靴下無くなるぞ…。まあ貰うけど…」

ちなつ「そ…そんな……結衣先輩が………」

京子「そんなのは些細なこと。ここから重大発表があるのだっ……!」

ちなつ「いいえ、こんなことで挫けてはだめよ!私!!結衣先輩!私の足の方が良い匂いがしますよ!」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:44:55.45 ID:gLY4Aca/0

結衣「ちなつちゃん…。それは本当?」

ちなつ「食いついた!?え、ええ。直接嗅いでもいいんですから!」

結衣「じゃあちょっといいかな…?」

ちなつ「は、はい。どうぞ…///」

京子「ちょっと…私の話……。誰も聞いてくれてない…。結衣とちなつちゃんは暴走してるし…」

あかり「あかりは聞いてるよ!」

京子「まあいいや!綾乃に会ってこよ~ん!今行くからね、あっやの~ん!!」

あかり「ちょ、ちょっとあかりを無視しないでよ~!!……ど、どうしようこの状況…」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:53:04.20 ID:gLY4Aca/0

生徒会室

京子「会いにきたよ!綾乃☆」

綾乃「ととと歳納京子!!!」

京子「えっへへー♪綾乃大好きだよん」

綾乃「わ、私も大好きなんだからね!」

櫻子「なんだあれ…」

向日葵「わたくし達のいない間にいったい何が…」

りせ「………」

千歳「みんなの前でもあんなにイチャイチャできるようになって…よかったなぁ綾乃ちゃん…!」

向日葵「?キャー!!池田先輩が血まみれに!!!」

櫻子「救急車!救急車ー!えっと、えっと…110番…だっけ…?」

向日葵「それは警察ですわー!!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:32:04.46 ID:gLY4Aca/0

再び娯楽部

結衣「くんくん…ちなつちゃんの足、とっても良い匂いがするよ……」

ちなつ「やだっ!結衣せんぱぁい☆」

あかり「結衣ちゃん、ちなつちゃん、ちょっと落ち着いて……」

ちなつ「あかりちゃんは黙ってて!!!」

あかり「ヒィィ!見たことないような顔で睨まれたよぉ…。もぅ、帰ってきてよ京子ちゃぁん!」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:38:50.80 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「結衣先輩が私の足を必死に嗅いでる…!あぁ、ゾクゾクしてきた!これは夢!?現実?!」

結衣「ちなつちゃん、靴下、脱がしても良いかな?」

ちなつ「全然OKです!先輩!!思う存分私の足をこねくりまわしてくださぁい!!!」

結衣「じゃあ遠慮なく…」

ちなつ「快感っ………!」

結衣「くんくん……ちなつちゃんの靴下…!これは持って帰ってから楽しもう…」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:43:40.18 ID:gLY4Aca/0

結衣「ちなつちゃん…足…舐めるよ……」

ちなつ「はい!どうぞ!」

結衣「ちょっと蒸れたちなつちゃんの足…、小さくて、可愛い……ちゅぱっ」

ちなつ「ひゃっ!だめぇ、先輩…。からだ…火照って来ちゃった……」

結衣「んっ、ぺろっ。ちゅっちゅっ、ちゅーっ。
    はぁ、ちなつちゃんの足裏、ちょっと汗でしょっぱくて美味しいよ…」

ちなつ「恥ずかしいです…///もっと!もっと舐めてください!!」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:47:21.88 ID:gLY4Aca/0

結衣「んっ、ちゅっ、ぺろぺろ………」

ちなつ「はぁはぁはぁ…んっ!…ふぁっ!だ、だめ…結衣先輩の前でオナニーなんて……」

結衣「ぺろぺろ、ちゅぱっ………」

ちなつ「でも…先輩、私の足に夢中でこっち見てない……。もう我慢できない!」

あかり「ちなつちゃん…あかり居るんだけどな……」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:49:51.29 ID:9K7PLzmi0

あかりはもう帰っていい


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:52:36.67 ID:hlLXUI6A0

むしろ帰らないあかりの精神力が半端ねぇ


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:53:29.50 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「結衣先輩のこんな近くで…!んっ…あっ…ん……っ!」

結衣「はぁはぁ、ぺろぺろ………」

ちなつ「っく……ひゃんっ!…あっ!」

結衣「…ちなつちゃん……それ…」

ちなつ「えっ!?やっ!結衣先輩///み…見ないでぇ…んっ!だめ、指、止まらないっ!」

結衣「……ちなつちゃん、手伝ってあげようか…?」

ちなつ「えっ?!先輩…!だめっ!パンツ脱がさないでえ!!」

あかり「ドキドキ…」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:00:18.18 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「あ…!直接…見られてる……///」

結衣「ちなつちゃんのえっちな匂いがする……」

ちなつ「へ?///ひゃぁ!だっだめ!イっちゃう!!!ひんっ!!」

結衣「ちなつちゃん、イくときお漏らししちゃうんだ…可愛い///」

ちなつ「……///」

結衣「んっ、ごくごく」

ちなつ「やっ、先輩、飲んじゃ、やっ///」

結衣「美味しいよ、ちなつちゃん。ちなつちゃんの濃い味がする……」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:01:35.04 ID:KD1qYnJC0

オッケーイ!


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:06:18.11 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「せんぱぁい…私、もうお嫁に行けません……///」

結衣「私が貰ってあげるよ…」

ちなつ「先輩っ!///嬉しい…」

結衣「だからちなつちゃん、もっと良いことしようか」

ちなつ「はいっ!」

結衣「ちなつちゃん…」

ちなつ「先輩…近…んっ!ちゅ、ちゅぱっ、んっ、んん……ぷはっ///」

結衣「ちなつちゃん、甘い味がする…」

ちなつ「先輩と…キス……しちゃった…///ちょっと私のおしっこの味…///」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:09:47.83 ID:gLY4Aca/0

結衣「まだまだいくからね…」

ちなつ「んんむ!んっ!んあっ!!ひゃっ!」

結衣「ちなつちゃんのここ、もうトロトロだね…」

ちなつ「キスしながら指でだなんて…///先輩、ずるいです…///っん!」

結衣「そんな顔してるちなつちゃんも可愛いよ…ちゅっ」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:15:31.79 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「っ……!もっ、もうダメ…っ!やんっ!」

結衣「それじゃあラストスパートかけるよ」

ちなつ「はっ、くっ!せ、せんぱっ!んむ!むちゅ…っん!んんんんんーーー!!!」

結衣「ふぅ…またいっぱい出したねちなつちゃん…ちゅーっ」

ちなつ「あっ!私のあそこ、吸われてる…///」

結衣「次は、私を気持ちよくしてくれる?」

ちなつ「はいっ!///もちろんです!!」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:21:36.66 ID:gLY4Aca/0

あかり「すごいもの見ちゃった…。あかり、ここにいてもいいのかな……?」

あかり「あ、あれは京子ちゃんの靴下……。そんなに良い匂い…するの…かな……?くんくん…」

ちなつ「先輩、じゃあこっち寝っ転がってください!」

結衣「うん、分かったよ、ちなつちゃん」

ちなつ「私、テクニシャンですから覚悟して下さいね?」

結衣「楽しみだなぁ、ちなつちゃんのテクニック」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:29:13.98 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「先輩、意外と胸大きいですね…」

結衣「恥ずかしいよ…///」

ちなつ「だめですよ!私も恥ずかしい所、いっぱい見せたんですからね!///」

結衣「うん、わかった…///」

ちなつ「先輩、もう乳首かたくなってますよ?ちゅーっ、れろれろ」

結衣「んっ!ちなつちゃん、舌、すごい…///」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:34:16.36 ID:gLY4Aca/0

結衣「んんっ!やっ!!んああ!!!」

ちなつ「先輩もうイっちゃったんですか?でもまだまだこれからですよ……」

結衣「はっ、はっ…さ、最高だよちなつちゃん…。もっと、もっとお願い…」

ちなつ「先輩って結構Mっ気あるんですね…そそります☆」

結衣「早く…焦らさないでよ…///」

ちなつ「分かりました!先輩、私の足好きですよね?
     上手く舐められたらご褒美で気持ちよくしてあげますよ♪」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:37:48.64 ID:gLY4Aca/0

結衣「ぺろぺろ………」

ちなつ「良いですよ~先輩!じゃあご褒美ですね~☆」

結衣「ふぁっ!ひゃぁ!!!んんっ!」

ちなつ「先輩二回目~!何回イけますかね?」

結衣「だ、大丈夫…まだまだ……///」

ちなつ「じゃああそこをぺろぺろしてあげますね~!連続でイかせてあげますよ♪」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:42:18.06 ID:gLY4Aca/0

結衣「はっ!やんっ!!!んむっ!」

ちなつ「じゅる、三回目…まだまだいきます…ちゅっぱ、ちゅーっ…」

結衣「いやぁ!!!んはっ!ひぃぃ!!」

ちなつ「四回目…ちゅっ、もうきついんじゃないですか?…ぺろっ、ちゅるる」

結衣「……っ!…んんっ!…!!!」

ちなつ「五回目っ!もう声も出てないですよ?ぺろぺろ、ちゅっ、ぺろっ」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:46:34.38 ID:gLY4Aca/0

結衣「ちなつちゃん…っ!///もう、む…むりっ///……っ!!!」

ちなつ「六回目♪え?何か言いましたか?ちゅ、ちゅ、れろれろ…」

結衣「ああぁっ!!!……っ…!!!!」

ちなつ「七回目☆ふふふ、こんなものにしておきます♪どうでしたか、先輩?」

結衣「さ……さい、こうに…気持ち……よかったよ………///」

ちなつ「キャー!結衣先輩ったらうっとりしちゃって可愛いです!!」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:49:08.99 ID:gLY4Aca/0

ちなつ「で、まだいけますよね?」

結衣「え…ちょっとむりかな…」

ちなつ「遠慮しなくてもいいんですよ?ほらほら!」

結衣「あ、ちょ、ちょっとちなつちゃん…」

ちなつ「きゃははは☆」

結衣「」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:53:19.87 ID:gLY4Aca/0

生徒会室

櫻子「ふう…血、止まったね」

向日葵「一時はどうなることかと思いましたわ」

千歳「みんな、ごめんなぁ。うちのせいで迷惑かけて…」

綾乃「いやいや、千歳のせいじゃないわよ。気にしなくてもいいのよ?」

京子「そうだぜー!鼻血が出ない千歳なんて千歳じゃないよ!!」

綾乃「歳納京子は黙ってて!」

京子「ちぇー」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:58:56.77 ID:gLY4Aca/0

京子「じゃあ綾乃、昨日のことみんなに言いたいから一緒に部室行こーぜ☆」

綾乃「い、いいわよ」

京子「生徒会のみんなも一緒に行こー!」

千歳「ほな行こかー」

向日葵「なんなんですの…?」

櫻子「疲れて動きたくないよー向日葵おぶってー」

向日葵「おいてきますわよ」

櫻子「ぶーケチー」

りせ「………」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:03:32.44 ID:gLY4Aca/0

娯楽部

あかり「ちなつちゃんと結衣ちゃん、完全に自分達の世界に入っちゃったよぉ…」

あかり「本当に京子ちゃんの靴下、良い匂いがしたなぁ…
     なんか二人を見てたらあかりもムラムラして来ちゃった……」

あかり「今なら誰にもバレずにできるよね…もともと気付かれてなかった気もするけど…」

あかり「くんくん…京子ちゃん、こんなに良い匂い…してたんだ…」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:06:51.81 ID:gLY4Aca/0

あかり「パンツ汚れちゃやだから脱ごっと」

あかり「あかり、寝ながらした方が気持ち良いんだよね…」

あかり「これじゃあ誰か来たときにあかりの恥ずかしいとこ丸見えだよぉ…んっ……」

あかり「んんっ…京子ちゃん……んっ、あっ…!」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:09:44.74 ID:hlLXUI6A0

まさかの全変態


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 19:18:42.70 ID:0lbXZHa40

百合の終わりに賢者タイムは存在しない


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:11:17.44 ID:gLY4Aca/0

あかり「京子ちゃん……!くんくん…京子ちゃんの靴下の匂い……んっ!んんっ!」

あかり「あっ……やっ……!んんんっ!」

あかり「あっ!ああっ!!だ、だめっ!
     京子ちゃん!!京子ちゃん!!イく!あかりイっちゃう~~!!!」

京子「おーっす皆の衆!今あかり、私の事呼んだ~?」

あかり「!?」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:15:55.77 ID:gLY4Aca/0

京子「おぉう……これは……あかり汁……」

あかり「うわぁ!京子ちゃん!?何でいるの!!?」

綾乃「///」

櫻子「あかりちゃん…」

向日葵「」

千歳「あらあら」

りせ「………」

ちなつ「あ、あかりちゃん…そんな所で…」

結衣「あかり…ドンマイ……」

あかり「あ、あれ?!二人とも何時の間に服着て……?!!」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:18:07.64 ID:hlLXUI6A0

これはひどい


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:20:37.20 ID:A70uC+yX0

あかり不憫な子……


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:20:59.79 ID:gLY4Aca/0

京子「そ、そうか…あかりはそんなに私の靴下が気に入ったか……」

あかり「うわあぁん!?違う、これは違うんだよぉ~!!」

綾乃「この部屋、すごくえっちな匂いがするわね…」

あかり「いやいや、それはちなつちゃんと結衣ちゃんの分も!」

ちなつ「え?何の事、あかりちゃん?」

あかり「えええー?!!ちなつちゃん!?結衣ちゃん…ちょっと!目逸らさないでよぉ~!!」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:27:29.32 ID:gLY4Aca/0

京子「ま、まあ落ち着こうあかり…」

あかり「ふえぇ~ん!」

京子「そ…そんなことより!綾乃っ、ほらっ!」

綾乃「え?あ、あぁ…」

京子「私達!!」

綾乃「か…カップルになりました…」

ちなつ「おめでとうございます~☆」

千歳「おめでとう~」

向日葵「」

櫻子「向日葵まだ放心してる…」

結衣「お…おめでとう」

りせ「………」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:36:16.28 ID:gLY4Aca/0

京子「ほら、あかり!祝え祝え~!」

あかり「ぉ…ぉめでと……ぐすっ」

京子「だ、大丈夫だあかり!あかりがイくとこなんて誰も見てなかったから……」

あかり「ば……ばっちり見てるじゃない!うわあぁん!!」

結衣「人生こんなこともあるさ…」

ちなつ「大丈夫だよあかりちゃん!」

櫻子「あかりちゃん…どんまい!」

向日葵「」

千歳「気にしたら負けやで~」

りせ「………」

あかり「み、みんな……あ、りがとう?
     ありがとうなの?………もぅっ!全部忘れてよねっ!絶対だよっ!!」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:40:27.89 ID:gLY4Aca/0

綾乃「さっきのはびっくりしたけど…これでみんなへの紹介も終わったわね…」

京子「うん!これでいつでもどこでもイチャイチャできるな、綾乃!」

綾乃「えへへ…///ずっといっしょだよ、京子///」

京子「そうだね…///ずっと、ずーっといっしょだからね、綾乃///」


おしまい


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:43:20.35 ID:hlLXUI6A0

あかりは犠牲になったのだ…




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:48:33.43 ID:lIzPMRee0

京綾はいいものだ




ゆるゆりのうたシリーズ♪07 恋の罰金バッキンガム (歌:杉浦綾乃/CV:藤田咲)ゆるゆりのうたシリーズ♪07 恋の罰金バッキンガム (歌:杉浦綾乃/CV:藤田咲)
杉浦綾乃(CV:藤田 咲)

ポニーキャニオン 2011-10-05
売り上げランキング : 422

Amazonで詳しく見る

ゆるゆりvol.3(すぺしゃるさうんどCD&ピンコレ第3弾:綾乃PIN、千歳PIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray]ゆるゆりvol.3(すぺしゃるさうんどCD&ピンコレ第3弾:綾乃PIN、千歳PIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray]
三上枝織,大坪由佳,津田美波,大久保瑠美,藤田咲,なもり,あおしまたかし,太田雅彦

Marvelous Entertainment Inc.(PC)(D) 2011-11-16
売り上げランキング : 86

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/09/26 12:00 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(3)
あかりハーレムの始まりだと思ったのに…
[ 2011/09/26 17:52 ] [ 編集 ]
あかり・・・・・・
[ 2011/09/29 17:21 ] [ 編集 ]
前半のやさしく支配する京子の雰囲気はよかったと思います
その後もガチ展開ではなくスンドメの犬扱いにして欲しかったです
[ 2011/10/12 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ