素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

向日葵「船見先輩と身体が入れ替わった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:07:32.99 ID:bCoSohKJ0

向日葵「……あ遅刻しますわ! 生徒会副会長候補が遅刻など…」

櫻子「あーん!待ってよー 私も遅刻しちゃう」

向日葵「急ぎなさいな!? どんくさい!」タタタタ

櫻子「寝起きで走れないよー」タッタッタッ

向日葵「低血圧の私が走ってるんだから…」

結衣「おい京子急げ!遅刻するぞ!」

京子「あわてなくても大丈夫ー 先生が来るまでに教室に入ればいいんだよ」

結衣「確かにそれはセーフだけど… ギリギリはまずいだろ、走れ!」タタタタ

京子「へーい」

向日葵「きゃっ!」ドカン

結衣「わぁっ」ドカン

向日葵「…いたた… だ、大丈夫ですか?」

結衣「ごめん、急いでて見てなかった…」




 
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:13:12.85 ID:bCoSohKJ0

京子「大丈夫?結衣 はい」サッ

向日葵「えっ? あぁ、ありがとうございます」スタッ

京子「ええ? なんだよ改まって…」

櫻子「ほら、立ちなよ向日葵 制服汚れちゃうよ」サッ

結衣「え? あ、どうも」スタッ

向日葵(あれ…? 何故私が目の前にいますの?)

結衣(気のせいか身体が重くなったような 特に上半身)

向日葵「ああっ! 船見先輩!? 私、船見先輩になってますわ!」

結衣「え…う、うそ 鏡… あ!私は古谷さんになってる!?」

京子「なんだこの子たちは なんの話をしてるの?」

櫻子「さ、さぁ…?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:16:58.49 ID:bCoSohKJ0

櫻子「急ぐんだろー 先に行っちゃうからな」

向日葵「ま…待ちなさい櫻子!」

櫻子「あ、はい なんですか先輩」ピタッ

京子「私たちも急ごう 1時間目始まるよ」

結衣「そうだな… 古谷さん、とにかく話はあとで!」

向日葵「は、はい!」

櫻子「向日葵、今日言葉使い変」

結衣「え!そ、そんなことない…ですわ!」

京子「結衣もなんか変だな 敬語だし」

向日葵「たまには敬語を使いたくなる時もあるじゃねーかですわ!」

京子「えっ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:27:19.02 ID:bCoSohKJ0

-学校-

結衣(1年の教室落ち着かないな…)

あかり「向日葵ちゃん、昨日ありがとう おかげで宿題進んだよぉ」

結衣「あ? あぁ 別に気にしないでいいよ!ですの!」

あかり「え… わ、わかった」

櫻子「向日葵、なんか朝から変なんだよー」

ちなつ「確かにどこか違和感があるかも…」

結衣「…実は船見とぶつかったときから調子が悪いんですのー」

あかり「ふ、船見って…」

結衣「じゃなくって…船見先輩…」

ちなつ「向日葵ちゃんが呼び捨てに…! い、いつの間にそんな関係にぃ…!」

あかり「名字だから大丈夫だよ…」

櫻子「そういう問題じゃないって私が珍しく察したよ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:30:57.55 ID:bCoSohKJ0

向日葵(ま、まずいですわ…授業ついていけるかしら…)

京子「結衣、なにぼーっとしてんの 早く座った方がいいよ」

向日葵「え!あ、そうですわね!」

京子「修学旅行のときのルールまだ続けてるの…?」

向日葵「へっ? な、なんのこと?」

京子「まぁ、いいんだけどさぁー」

向日葵「歳納先輩は授業どのくらい分かってるんだぜ?」

京子「…はい?」

向日葵「こ、こほん///」

向日葵「きょ…京子は授業どのくらい理解してるの?」

京子「また改まった質問だね… なにも理解してないけど」

向日葵「……」

向日葵「」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:39:24.72 ID:bCoSohKJ0

結衣「……それにしても、かわいいな」

櫻子「なに鏡見ながら自画自賛してんだよっ!このおっぱい!」バシン

結衣「あうっ/// い、いや私じゃなくて…おおむ… 櫻子だよ」

櫻子「えっ…」

結衣「な、なに…?」

櫻子「ねえ… 殴らないの…?」

結衣「やたらと殴ると、殴られるって恐怖がだんだん無くなるでしょ ふふ」

櫻子「す…すんませんでした…」

結衣「ほ、ほら 戻りますわよ!」

櫻子(さっき向日葵、私を可愛いって言った 言ったよね…?)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:46:52.08 ID:bCoSohKJ0

向日葵(ノートも取らないで遊んでると思ったら… ひそかに教科書に書き込んでる…?)

京子「…なに?ジロジロ見て さては私に惚れましたな結衣さん」ボソッ

向日葵「…聞いていたのと違うから… 素敵だよ」ボソッ

京子「ぶふっ!」

向日葵「あ!な、なんでもないよ!」

先生「船見、歳納、うるさいぞ」

向日葵「すみません!」

京子「ぶー 結衣が変なこと言うから」ボソッ

向日葵「すみ… ごめん」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:47:47.75 ID:V/PNdD3U0

いいよその調子で二年間続けて


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:48:58.21 ID:89g/W/ZdO

お互い普段からこんくらいデレデレに仲が良いと思ってるんだろうな


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 10:53:43.63 ID:bCoSohKJ0

結衣(あぁ… なんか授業復習みたいで楽だった…)

櫻子「なんもノート取ってなかったじゃん ヨユーだな!」

結衣「え? あ… す、既に頭に入ってますの♪」ニコッ

櫻子「…」ムカッ

あかり「向日葵ちゃんすごぉい! 予習したの!?」

結衣「え、ええ… 普段から予習は怠りませんですわ」

ちなつ「私はテスト前くらいしかやらないよー
     でもそのくらいやらないと成績上位には入れないよねぇ」

結衣(いやまぁ知ってたんだけどさ… ていうかちなつちゃん自然体の方が可愛い)

あかり「あかりも見習ってやらないと つい遊んじゃうんだぁ…」

結衣「わかるわかる、ゲームが視界に入ったりしてそのまま身体が勝手に」

櫻子「ひ、向日葵が…ゲーム…!?」

結衣「あれ、私ゲーム持ってないんですの?」

櫻子「その質問おかしい」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 11:03:00.29 ID:bCoSohKJ0

結衣(ようやく授業終わった…古谷さん見つけて早くどうにかしないと)

ちなつ「じゃあ、私たち部室に行くから またね」

櫻子「んーじゃーねー」

あかり「ばいばーい」

結衣(そうだ、恐らく古谷さんなら空気をよんで部室にいくはず)スタッ

櫻子「向日葵 生徒会室いくの?」

結衣「きょ、今日はちょっと!」

櫻子「そうなんだ じゃあ私もいいや どこ行くの?」

結衣「ごらく部に遊びに…」

櫻子「え… なんで急に行くんだよっ!」

結衣「そんな気分ですわ べ、別についてこなくてもいいから」

櫻子「いくもん!」

結衣(かわいいなぁ)


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 11:06:21.90 ID:LOQ3xrf+0

確かに可愛い


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 11:08:56.12 ID:bCoSohKJ0

京子「ふいー 疲れたー」

向日葵「お疲れさま… (勉強全然わからなかったですわ)」

京子「え…う、うん」

あかり「あっ、2人とも早いねー」

京子「遅いのは掃除当番のときくらいだよ」

ちなつ「きゃっ!結衣先輩、なんだか今日は座り方が素敵です!」ピタッ

向日葵「そ、そうかなー…/// (吉川さん、近い)」

あかり「あれ? そういえばやけにピシッと座ってるね…」

向日葵「そんなことないよー」

京子「……おっぱい」

向日葵「!?」

ちなつ「なんですかいきなり…」

京子「いやぁ、なんとなく言いたくなるフレーズじゃん」

向日葵(た、たまたまですわよね…)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 11:10:49.79 ID:89g/W/ZdO

気配で察するとはさすが主人公


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 11:16:38.73 ID:bCoSohKJ0

コンコン
京子「あれ?誰だろ どーぞ」

ガララ…
結衣「……あ、あのー 遊びに来ました」

あかり「向日葵ちゃん!いらっしゃい!」

櫻子「今、いいですか…?」

京子「いいよいいよー 遊んできなよ」

ちなつ(向日葵ちゃんが「遊びに」きた…?)

向日葵(船見先輩…)

あかり「はい、ざぶとん!」

櫻子「ありがとう! うぉー この部屋、結構好きだったりする!」

結衣「ありがとう… ご、ございます」

京子「ふはは、ゆっくりしていくといいー」

ちなつ「あ、お茶どうぞ」

櫻子「うぉー うまーい」ゴクゴク

向日葵「………」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 11:20:49.51 ID:bCoSohKJ0

向日葵「ふ、古谷さん ちょっと外に」

結衣「は、はいぃ なんですのー」

あかり「えっ、結衣ちゃんどうしたの?」

向日葵「なんでもないよー ちょっと2人で話したいことがあるー」

結衣「そ、そういうことですわぁ」

京子「………」ジッ


向日葵「ど、どうします? 一応バレないようにしてきましたけど…」

結衣「私も一応最低限は… さすがにこのままじゃまずいよね…?」

向日葵「またぶつかってみます?」

結衣「原始的だけど、同じ方法で戻るってパターンは多いからね やってみようか」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:43:25.42 ID:bCoSohKJ0

結衣「じゃ、じゃあ行くよ!」タタタ

向日葵「はい!ていっ!」ゴツン!!


結衣「いってて… 私がそこにいるってことは…戻れてないのか」

向日葵「そうみたいですわ… いたた…」

結衣「ごめんね とにかく、しばらくバレないように行動するしかないかも」

向日葵「でも、ごらく部の皆さんになら事情を説明すれば…」

結衣「それでもクラスとかでは面倒なことになるし…」

向日葵「それはそうですわね… しかたありません」

結衣「ごめんね 授業難しいかもしれないけど、どうにか耐えて」

向日葵「はい…先輩も櫻子の相手と生徒会の仕事、よろしくお願いします」

結衣「う、うん…」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:48:44.51 ID:bCoSohKJ0

結衣「もどってきましたわー」

京子「ひまっちゃんと何してたの?」

向日葵「な…なんでもいいでしょ」

京子「ま、そうだけどー」

あかり「櫻子ちゃん、寝ちゃったんだけど…」

櫻子「…んにゅ……すー…すー」zzz

結衣「し、仕方ないですわ 私が連れて帰りますの」

ちなつ「でもそこそこ距離あるよね…? 大丈夫?」

結衣「なんとかなりますわー」

京子「私も手伝ってあげようか?」

結衣「だ、大丈夫ですわ!いけますので!」

京子「ふぅん…」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:53:57.34 ID:bCoSohKJ0

結衣「…はぁ、まさか寝ちゃうなんて…
    おんぶなんて、最近はマリちゃんくらいにしかしてないからなぁ」

櫻子「…すー…すー…」

結衣「京子もこんな感じだったら可愛いのに」

櫻子「んにゅー… ひま、なんかへん…」

結衣「うえっ!?」

櫻子「…すー…すー」

結衣「ね、寝言か… 」

櫻子「ん… ん? な、なんで向日葵におんぶされてるんだ!」

結衣「お前が部室で寝たからだろ…」

櫻子「えっ…」

結衣「あ、しまった (つい癖で普通に喋っちゃった)」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 17:58:58.61 ID:bCoSohKJ0

結衣「あ、あなたが寝ちまったからですわー」

櫻子「そっか お…おろしてよ」スタッ

結衣「すみません」

櫻子「あ、ありがと 運んでくれて」

結衣「……ええ」

櫻子「ねー 向日葵」

結衣「な、なんですのー」

櫻子「今日の向日葵、向日葵じゃないよね?」

結衣「ギクッ なにをいってますのー! 向日葵ですわー!」アセアセ

櫻子「そう この辺で朝、船見先輩にぶつかってからだよ」

結衣「う……」

櫻子「そうでしょ 船見先輩」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:03:38.33 ID:ocSi2qoI0

ぶっちゃけ性格も容姿も櫻子が一番可愛いよね


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:04:20.06 ID:8x6se7q60

>>128
そうですわね



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:05:16.53 ID:g6+15sJ+0

>>128
まったくですわ



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:05:44.62 ID:bCoSohKJ0

結衣「………」

櫻子「違いましたか?」

結衣「…よくわかったね… 
    理由は分からないんだけど、古谷さんと入れ変わっちゃったみたいなんだ」

櫻子「……最初におかしいと思ったのは笑い方です
    向日葵は「…ふふ」なんて怪しい笑い方しませんよ?」

結衣「は、はっきり言うね 怪しいって」

櫻子「あとはピーマンを普通に食べてたところですね ソテーに入ってたやつ」

結衣「あぁ……古谷さんピーマンダメなんだ? よくみてるなぁ 大室さん」

櫻子「へへ… って笑ってる場合じゃないですね これからどうするんですか?」

結衣「どうにか戻るしかないよ それまでは、なんとかなりきる」

櫻子「そ、そうですよね… わかりました
    私も知らない振りします なにか家で困ったら言ってくださいね」

結衣「ありがとう… 今のところ胸が重いことくらいかな…はは」

櫻子「先輩でもその発言はタブーですよ」

結衣「ごめん」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 18:15:24.70 ID:bCoSohKJ0

-翌日-

京子「結衣ー 学校いこー?」ガチャッ

向日葵「ま、待って!今いくー」
ガチャッ

向日葵「きゃっ!ちょ、ちょっと!着替え中ですの!」

京子「ごめん… あれ? ですの…?」

向日葵「き、着替え中だぜ! 出てけだぜ!」

京子「わかったよー(だぜ、って…)」

向日葵「ごめんごめん!お待たせだぜー」

京子「結衣に「だぜ」なんて口癖はないよ ひまっちゃん」

向日葵「えっ!? なんで…?」

京子「あれ、当たり? 差し詰め昨日ぶつかったときに入れ替わったんじゃないかなと」

向日葵「そ、そうです………何故、そんなに鋭いんですか…?」

京子「結衣とは10年以上一緒にいるからねぇ 様子がおかしければすぐわかるよ」

向日葵「はぁ… すごいです 櫻子じゃそうそう簡単には分かりませんよ…」

京子「どうかな? ま、話しながら行こっか 間に合わないよ」


479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:04:57.98 ID:IU4Pkly60

京子「うちの担任そこそこ怒るから遅刻しないように頑張った方がいいよー」

向日葵「船見先輩の身体は、妙に軽いのでフットワークがいいですわ」

京子「おっぱいの差…」

向日葵「ガーン」

京子「ひまっちゃん、それは結衣が落ち込むところだよー」

向日葵「そ、そうですわね 失礼でした」

京子「ていうかさぁ 結衣の声でですわ口調やめてよー 調子が狂うよ」

向日葵「はいっ!す、すみません」

京子「それだよ! そういうときは「悪かったよ」とかで済ませるの」

向日葵「お、おう!」

京子「いやそこまで雑でもないけど…」

向日葵「難しいです」


484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:08:45.88 ID:IU4Pkly60

教室

京子「ひまっ… じゃないや 結衣、勉強わかんなくてもとりあえずノートは取っとくといいよ」

向日葵「わ、わかった ありがとうだぜ!」

京子「だから「だぜ」なんて言わないよ…」

向日葵「うぅ… だ、黙ってますわね」

京子「その方が早いかも 後で結衣と櫻子ちゃんも呼んで話そう」

向日葵「うん! わかった」

京子「まぁそんな感じ」

向日葵(近くで話してみると、やっぱり素敵な先輩ですわ 本屋で参考書を探す目も素敵でしたし…)


492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:15:42.22 ID:IU4Pkly60

放課後・部室

京子「あかり、ちなつちゃん…わるいんだけど… 出てって」

ちなつ「はあ…? なにを急に言ってるんですか… 結衣先輩に会うまで帰れませんよ!」

あかり「あ、あかり…ついに存在感以前に要らない子になっちゃったの…? う、うぅ…」ウルッ

京子「そ、そうじゃないよ! ちょっと大事な話があるんだ!」

ちなつ「珍しく真面目な顔ですね… わかりました あかりちゃん、いこ?」

あかり「うん… ちなつちゃんも一緒なら、いいや… えへへ」

京子「…聞かれるとめんどくさいし」ボソッ

向日葵「…い、行きました?」

京子「うん さっき呼んどいたから櫻子ちゃんと結衣を待とう」

向日葵「はい… ありがとうございます」

櫻子「お待たせしましたー」

京子「待ちかねたよ!」

向日葵「いえ、来たばかりですけど…」

結衣(京子の中途半端なボケに突っ込んでる…なかなかやる)


497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:26:39.59 ID:IU4Pkly60

京子「つまり要約すると、昨日の朝に結衣とひまっちゃんが衝突したことで、身体が入れ替わった」

櫻子「あ、先輩 こういう場合は心が入れ替わったって言うとカッコイイですよ」

京子「おぉカッコイイね」

結衣「いや、余計なことはいいから…」

向日葵「普段の家などでの生活には問題はありませんけど、学校が少々不便ですわ…」

結衣「そういえば楓ちゃんだっけ 結構可愛いね」

向日葵「あ…妹のお世話していただけました? ありがとうございます」

結衣「逆に古谷さんは1人暮らしはどう? 結構気楽でしょ」

向日葵「はい、でも少し寂しいと… あ、いえ寂しくはないですけど///」

京子「あのー こっちそこそこ真剣なので 盛り上がらないでよ」

櫻子「ぶーぶー」

結衣「わ、悪い…」

向日葵「すみません…」


499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:31:27.00 ID:IU4Pkly60

櫻子「船見先輩によると、お互いに同じ感じに激突しあうって言うのは試したそうですよ」

京子「え、マジで? (思いついた最終手段もうやってた)」

結衣「わるいけどね 痛いだけだったよ」

向日葵「…こればっかりは…どうすれば戻れるのか…」

京子「まぁ 気長に行こうよ!」

櫻子(最終手段が終わったらすぐ適当になった…)

京子「いつかしら治るっしょ!」

結衣「お、おい 急に投げやりになったな」

櫻子「ま…まぁ?
    小うるさい向日葵の中身が船見先輩だと静かで助かっちゃうし!? いいけど!!」

向日葵「ムカッ あーら!私だって
     ただ騒いでるだけのあなたとより歳納先輩とお話している方が楽しいですわ!」

京子「いやぁ…」

結衣「照れてないで止めろよ」


501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:37:01.67 ID:IU4Pkly60

結衣「もう、とにかく仕方ない この際 私と古谷さんが慣れるしか方法はないよ」

向日葵「そうですわね… 勉強は少し難しいですけど…」

結衣「悪いね でも楓ちゃんは任せてよ」

櫻子「わーい 船見先輩に勉強教えてもらおー」

向日葵「勉強なら私が教えてるでしょうに…」

京子「なーに 面倒なのは学校の間だけっしょー 頑張れよぉ」

結衣「お前が誰かと入れ替わらなくて本当によかったよ」

向日葵「すみません 失礼ですが同感です」

京子「ひまっちゃんまで酷いよー」


504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:41:54.70 ID:IU4Pkly60

帰り道

櫻子「……」

結衣「大丈夫? 古谷さんじゃないからケンカできなくてごめんね」

櫻子「や、やだなぁ先輩! 別にケンカはしたくてしてるわけじゃないですよ!」

結衣「へえ じゃあ本当はケンカしたくないんだ?」ニコッ

櫻子「うぐぐ…は…はい…///」

結衣「はは ホント可愛いね」

櫻子「…先輩って、そんなに簡単に可愛いって言えるんですね…」

結衣「変かな? 感じたことをそのまま言葉にしてるだけだよ」

櫻子「なんか オトナ ですね」

結衣「そ、そうかな… ていうか不自然だからため口でいいよ…?」


507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:46:21.15 ID:IU4Pkly60

京子「ひまっちゃん おっぱい軽い?」

向日葵「あの… 胸のネタはもういいです」

京子「ごめんごめん! …櫻子ちゃんとケンカできなくて寂しいでしょ」

向日葵「え… い、いえそんなことは…」

京子「私だって話してる相手は結衣だけど結衣じゃない、って考えたら寂しいよ」

向日葵「す、すみません…」

京子「あ…ごめん! ひまっちゃんが嫌ってわけじゃなくて!」

向日葵「…はい」

京子「……わ、私にキレていいから!」

向日葵「はい…?」

京子「私にキレていいよ! ケンカかうよ!」

向日葵「私が毎度ケンカ売ってるみたいな言い方はやめてください…」

京子「うへへ… ひまっちゃんがケンカしたいのは櫻子ちゃんだけだもんなぁ」

向日葵「そんなことありませんわ…もう……///」


515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:01:09.43 ID:IU4Pkly60

櫻子「じゃ、じゃあため口にします」

結衣「まだ敬語だよ… いや、まだ敬語ですわ! の方がいいかな」

櫻子「先輩も自然体でどうぞ…」

結衣「そうするよ むずかしいからね 古谷さん語」

櫻子「ひまわり語… スワヒリ語」

結衣「あはは… スワヒリ語なんてよく知ってるね」

櫻子「なんかリズムで出てきました」

結衣「敬語になってるよ (こういうところは京子っぽい)」

櫻子「先輩って考えるとため口はちょっと…」

結衣「まぁ…それもそっか 仕方ないね」


516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:04:31.12 ID:IU4Pkly60

向日葵「歳納先輩の家は船見先輩の家に近いんですか?」

京子「そりゃもう、すぐそこ」

向日葵「なるほど だから一緒に来るんですね」

京子「ひまっちゃんは櫻子ちゃんと家ちかいの?」

向日葵「近いもなにも、となりなんです」

京子「それはすごいね…
    あ、じゃあ私は普通に家に帰るから 1人で寂しかったら呼ぶんだよひまっちゃん」

向日葵「大丈夫です… 船見先輩の家、すごく居心地いいので」

京子「んあー あそこは楽園か天国だねー」

向日葵「そこまではいいませんけど… で、ではまた」

京子「おいよー またね」

京子(うーん これはこれで楽しいぞ…?)


518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:05:53.55 ID:7M/f0AxF0

京子と結衣がイケメンだな


521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:10:58.86 ID:IU4Pkly60

更に翌日

ピンポーン
向日葵「あ、あの 歳納先輩 迎えに来ました」

京子母「結衣ちゃん? あれ? 後輩さん?」

向日葵「あ! ふ、船見です!迎えに来たぜ!」

京子母「あぁ結衣ちゃんね ちょっと待ってね 京子まだ寝てるから」

向日葵(ホームルーム15分前に寝てるなんて櫻子っぽい…)

京子「んぬー… 眠いんだけど」

向日葵「学校に行きますわ 遅刻しますよ…?」

京子「あぁそうだ ひまっちゃんなんだったね! 待ってて即行く!」

向日葵「はぁ…」


522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:14:26.16 ID:IU4Pkly60

櫻子「やばいっ! 寝坊した!」

結衣「…櫻子、迎えに来ましたわ」

櫻子「な、なんだよー 私なんて待ってないで早く行けばいいのに!おっぱい!」

結衣「おっぱい関係ないね…」

櫻子「向日葵まで遅刻したら意味ないじゃん!」

結衣「もう忘れてるの? 大室さん」

櫻子「え…? あぁ!船見先輩なんでしたっけ!」

結衣(前日のことをもう忘れてるって…京子っぽい…)

結衣「ほら早く行くよ 生徒会副会長候補なんでしょ」

櫻子「あ、はい!ちょっとまってください!」

結衣「5分で用意してね…」


537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:44:57.36 ID:IU4Pkly60

学校

京子「いやぁ遅刻ギリでごめんねー 寝坊する癖が抜けなくてさ」

向日葵「寝坊は癖って呼んでいいのかわからないけど…」

京子「怒らないでよー ひまっちゃん」

向日葵「今の私は船見結衣」ボソッ

京子「おおう!そうだった、結衣」

向日葵「そうそう」

京子「んー…」

向日葵「…なに?」

京子「なりきると、本当の結衣なのか、ひまっちゃんなのか分からなくて怖くなる…」

向日葵「え…… あ、それはその…」

京子「なーんてね! うそだよん」ニコッ

向日葵「もう…」

向日葵(一瞬見せた、悲しげな表情は…)


540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:51:55.81 ID:IU4Pkly60

櫻子「うん、遅刻した」

結衣「結局か… いや、結局ですわね…」

櫻子「巻き込んでごめん!」

結衣「い、いえ 大丈夫ですわ」

櫻子「……う…なんか突っかかってくれないと気持ち悪いなぁ」

結衣「いや、謝られたらああ言いかえすしかないよ」

櫻子「じゃあ…向日葵のせいで遅刻した!」

結衣「お前のせいだろう」

櫻子「す、すみませんでした」

結衣「あ、つい… 寝坊する櫻子のせいですわ!」

櫻子「無理しないでください 先輩…」

結衣「ごめんなさい 人の真似とか下手ですの…」

櫻子「い、いえ… 気にしないでください」

結衣(ぐだぐだだ…)


546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:59:45.41 ID:IU4Pkly60

放課後

結衣「よし櫻子 ごらく部の部室へ行きますわよーっ!」スタスタ

櫻子「気合入れすぎだよ」スタスタ

結衣「あ… 学校終わったって考えると気楽で…」

櫻子「そうですよね…」

結衣「ごめんね… やっぱり今後ずっとなりきる自信ないよ…」

櫻子「見てて分かります… きっと向日葵も手こずってます」

結衣「なんとか、見つからないかな 戻る方法」

櫻子「うーん… 杉浦先輩に相談を…」

結衣「綾乃は万能副会長じゃないから…」


558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:05:49.68 ID:IU4Pkly60

向日葵「よーっしゃ!部室に行くぜ!」スタタタ

京子「廊下走ると怒られるよ あと熱血になってるよ」スタスタ

向日葵「はっ!す、すみません もうなりきり疲れてしまって」

京子「だろうねえ もはやマネできてないよ まぁでも私だったら10分くらいで飽きるよ」

向日葵「あ、飽きるって…」

京子「やっぱりめんどくさいよねぇ… 私も合わせるの忙しいよ」

向日葵「そうですよね…」

京子「ま、とりあえず部室いこ みんなで考えよう」

向日葵「はい!」


564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:16:05.91 ID:IU4Pkly60

部室

あかり「最近あかりたち、出番ないね」

ちなつ「たちって… 私を巻き込まないでよあかりちゃん」

あかり「えぇっ!? で、でももうあかりだけのせいじゃないよ!」

ガララ
向日葵「失礼します… あ、やあみんな!」

ちなつ「結衣せんぱーい!!」

京子「うぃーっす、あかり ちっなっつちゃーん!」

ちなつ「…こんにちは」ヒョイ

京子「うごっ! 相変わらずいい回避! かげぶんしんかい?」

ちなつ「なんの話ですか…」

あかり「あっ、今日は何して遊ぶの!?」

京子「…悪いねあかり… それからちなつちゃん 帰ってください」

あかり「ま、またなのぉー!?」

ちなつ「なんとなくわかってましたけど… ゆ、結衣先輩が見られたのでそれでいいですー!」

向日葵「は、はーい (吉川さん、黒い…)」


566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:20:40.56 ID:IU4Pkly60

ガララ
櫻子「こんにちはおじゃまします!」

結衣「おつかれー…  さまですの」

京子「大丈夫 もう私たちしかいない」

結衣「あかりが泣きながら撤収してったけど何言ったの…?」

京子「帰ってくださいって」

結衣「そりゃ泣くわ…」

向日葵「それでその、本題ですけど」

結衣「そうだったね」

櫻子「船見先輩、かなり向日葵の真似するのに手こずってます」

京子「こっちも もはや誰の真似でもなくなってるよ…」

向日葵「すみません……///」

結衣「ですわーとですのーが難しいんだ 使いどころが」

向日葵「私も、だぜの使いどころが…」

結衣「えっ」


573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:34:02.39 ID:IU4Pkly60

京子「あ、西垣ちゃんに聞いてみようか」

向日葵「余計に訳が分からなくなりそうな気がしますけど…」

結衣(先に言われた)

櫻子「じゃあもう一回激突しよう」

結衣「いや、それもうやったから…」

向日葵(先に言われた)

京子「おおう… なんか自然で怖い」

櫻子「そうですね… なんか、
    ホントにそのまま入れ替わったまま定着しちゃう気がする… 向日葵が遠くに…」

向日葵「櫻子…」

結衣「…戻ってあげたいな 私のためじゃなく、古谷さんと大室さんのために」

京子「私も結衣に戻ってほしいよ」

結衣「え… そ、そうか……」

京子「へへ 照れたー」

結衣「照れてない…///」


579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:46:00.16 ID:IU4Pkly60

京子「うん たまには4人で帰るのもいいね 新鮮だよ」スタスタ

結衣「気になることが1つあるんだ」スタスタ

櫻子「な、なんですか!?」

結衣「うちは真逆の方向にある」

向日葵「遠回りもいいところじゃありませんか… ど、どうぞ今からでも回れ右を…」

京子「回れ右って 可愛い言い方だなぁ ひまっちゃん」ニヤニヤ

向日葵「う… 恥ずかしいので指摘しないでください…///」

櫻子「うーん…? この角でしたっけ ぶつかったの」

結衣「え…あ、うん そうだね ここだったよ」

櫻子「こんなに見渡しも良くて、
    人通りも少ないところでなんでぶつかったんでしたっけ? 鏡もあるのに」

向日葵(さ、櫻子が真面目に話してる!)

京子「遅刻しそうで急いでて、走りながら来たせいで反対から来てたのに気づかなかったってとこ?」

結衣(京子が真面目に意見してる!)

向日葵「そ、そうですわね 恐らく私の不注意です」

結衣「いや…私も見てなかったから お互い悪いってことにしようよ」


582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:52:22.57 ID:IU4Pkly60

京子「急いでた、ってところがポイントなのかな」

結衣「関係なくないか…?」

向日葵「…では例えば、意識しないでぶつかったせいとか…?」

櫻子「そういえば、そういうことを試そうとするとどうしても加減するよね」

京子「なるほど… 結衣、意識しないで激突するんだ!」

結衣「無理言うな それにそう言われると余計意識するよ」

櫻子「あ、いいこと思いついた 歳納先輩」ゴニョゴニョ

京子「なるほど… 試してみようか!」

結衣「え、なにを?」

京子「なんでもないよ! 結衣普通に帰るぞ!」グイッ

結衣「お、おい京子!ひっぱるな!」

櫻子「私たちも普通に帰るよ」

向日葵「え… ええ…」


584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:56:56.52 ID:IU4Pkly60

結衣「お、おい これじゃ本当に普通に帰ってるだけだよ ていうか古谷さんの姿で帰るわけには」

京子「あ!それもそうか!忘れてた!」テヘッ

結衣「おいおい… わざとらしすぎだろ…」

京子「ばびゅーん」タタタタ

結衣「走るなよ…」



櫻子「おぉっ!しまったー 船見先輩の姿のままじゃないかー」

向日葵「いえ…何を今更… バカですの?」

櫻子「いいから戻ろー!」

向日葵「え ちょ、ちょっと?」

櫻子「どきゅーん!」タタタタ

向日葵「走る効果音にしてはおかしいですわ」


589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:02:57.99 ID:IU4Pkly60

京子(そしてこの角で櫻子ちゃんとクロスして!)
櫻子(向日葵と船見先輩を激突させる!)

ガツンッ!

櫻子「いっててぇ!! うぐぐ、失敗失敗…」

京子「ごめんよぉ うまくかわせなかった…」

向日葵「だ、大丈夫ですの…?」

京子「大丈夫だよー 結衣ー あれ?ひまっちゃんだっけ?」

結衣「ほら京子…大丈夫か?」

櫻子「よ、余計な御世話だよッ!立てるし! あ、船見先輩でしたっけ…?」

向日葵「え…」

結衣「え…」

京子「わぁ! 私が櫻子ちゃんになってるし!」

櫻子「ほ、ホントだ!私がいるし!」

向日葵「……まさか…」

結衣(いや、どう考えても悪化したんだけど…)


590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:04:01.94 ID:29DFtovWO

マジかよどうすんだよこれ


596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:05:31.53 ID:pyRvaL7nO

逆に解決してない?


601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:08:58.50 ID:ENGynunB0

大事件!


602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:09:18.72 ID:IU4Pkly60

結衣「ちょっと1回、点呼を取ろうか 大室さん」

櫻子(見た目京子)「はいっ!」

結衣「古谷さん」

向日葵(見た目結衣)「はいっ!」

結衣「京子」

京子(見た目櫻子)「はいっ!」

結衣(見た目向日葵)「そして私は… 古谷さんの姿…」

櫻子「あ、あれ…? ちょうどよくない?」

向日葵「なにが「ちょうどよくない?」ですの! 問題が増えましたわ!」

結衣「ああもう頭痛い…」

京子「私もだ 打ったからね」


608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:15:50.04 ID:IU4Pkly60

結衣「もう余計なことするな… このままでいい」

京子「めんぼくないっす…」

櫻子「なんか私たちが会話してるね」

向日葵「先輩方からは逆に見えるはずだけど…」

櫻子「あ、そっか」ジーッ

向日葵「なに…?」

櫻子「なんかこう湧き上がるものがない」

向日葵「…はぁ…? いえ、まぁ私もあなたが歳納先輩の姿では…あまり怒る気も…」

櫻子「い、今くらいはケンカやめようよ」

向日葵「いいですわよ… 仕方ないですし…」

京子「な、なんか私たちがイイ感じになってるよ!」ボソッ

結衣「なんか恥ずかしいな…」


619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:30:22.09 ID:IU4Pkly60

後日

あかり「最近櫻子ちゃんと向日葵ちゃん、ケンカしなくなったよね」

ちなつ「うん…なんというか、先輩たちのやりとりみたいな…?」

あかり「そうそう!あかりもそう思ってたよぉ」

結衣(見た目向日葵)「な、なにがですのー あかり!」

京子(見た目櫻子)「私たちも混ぜてよ!ちなつちゃぁん」

ちなつ「!?」

あかり「えっ…呼び捨て…」

結衣(やりづれえ…)

京子(ちなつちゃんに触り放題)

ちなつ「櫻子ちゃん、なんで今日はボディタッチが激しいの…?」

京子(見た目櫻子)「そ、それはね! あー ボディタッチ病だよ!」

結衣(見た目向日葵)「また無茶な名前だなぁですわ… ていうか今考えましたでしょ!」

あかり(ど、どうしよう あかり、京子ちゃんと結衣ちゃんに見えて仕方ないよ…)


624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:40:45.08 ID:IU4Pkly60

綾乃「歳納京子ぉ! 今日こそ部室は返してもらうんだから!」

櫻子(見た目京子)「えっ…」
櫻子(杉浦先輩何言ってるんだろ…?)

向日葵(見た目結衣)「いいえ!お返しなぞできないんだぜ!」

綾乃「えっ いえあの 船見さんじゃなくて歳納京子に…」

櫻子(やばい、向日葵の真似が悪化してる)

千歳「綾乃ちゃーん? その辺にしときぃ ええやん、楽しく使ってくれてるなら」

綾乃「…ま、まぁいいけど 千歳に免じて今回も見逃してあげるわ」

櫻子(さすが池田先輩頼りになるぅ)

櫻子(見た目京子)「ありがとう池田」

千歳「…ん? 聞き間違えた~?」

櫻子(あれ?)

向日葵(見た目結衣)「なんでもないんだ千歳! 気にしないでくれよう!」

千歳「う、うん…? 誰か分からへんけど、下手なものまねはやめた方がええでー」

櫻子(見た目京子)「あ、はい…すみません…」

向日葵(見た目結衣)「え!ば、バレてる!?」


628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:50:20.56 ID:IU4Pkly60

結衣「さーて…ようやく終わったな… なんで毎日苦労しなくちゃいけないんだか」

京子「私もなんだからいいだろー こっちのがやりやすいよ」

結衣「まぁそうだけどね」

京子「…はぁ、なんかめんどくさいなぁ」

結衣「ほらな やってみればわかるもんだよ」

京子「…明日から毎朝あえて遅刻ギリギリの時間に登校するのはどうだろうか!?」

結衣「1人でやってくれ」

京子「いけずー」


630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:54:57.19 ID:IU4Pkly60

櫻子「なんかいい方法ないかなぁ」

向日葵「…最近半日くらいそれを考えて終わりますわ」

櫻子「あ、そうだ 明日から毎朝、遅刻ギリギリの時間に走って登校してみよう!」

向日葵「何故ですの?」

櫻子「たまたま同じ状況になって戻るかも」

向日葵「ま、まぁ… 一理なくもないですけど…」

櫻子「とりあえずやってみるよ だから朝は迎えこなくていいから」

向日葵「え………」シュン

櫻子「…い、一緒にやってもいいけど!」

向日葵「ふ、ふん 仕方ないですわね 付き合ってあげますわ!///」


633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:57:21.57 ID:9gxauPRA0

すばらしい流れ


634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:58:01.35 ID:+Ea0gzDG0

嫌な予感しかしねぇww


637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:59:52.94 ID:IU4Pkly60

翌朝

向日葵「あのー 京子いますかー」

京子母「はーい ちょっと待ってね」

向日葵(ていうか、うまくやってるんでしょうね…)

櫻子「おーっす!」

向日葵「はや… め、めずらしいですわね」

櫻子「遅刻しなくちゃって考えてたら早く目が覚めた」

向日葵「それはそれは」

櫻子「位置について、よーい」スチャッ

向日葵「どんだけ全力で走る気なんですの」

櫻子「小走りにしよう」スタタタ

向日葵「よ、よし 私も…」


638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:02:50.90 ID:IU4Pkly60

結衣「結局私もやることになるとはね」

京子「信じてたよ 結衣!」

結衣「変なところで信じられても」

京子「愛してるよ 結衣!」

結衣「変なところで愛され… えっ」

京子「……へへ」ニヤニヤ

結衣「くっ… ほ、ほら!走るんだろ!」

京子「おっぱい邪魔でまともに走れないくせにぃ」

結衣「……そうだった…」


640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:06:18.51 ID:IU4Pkly60

例の道

京子「いそげー 結衣ー」

結衣「はぁ、はぁ…なんで逆になってるんだよ… ていうかバテる…」

向日葵「ほら遅いですわよ櫻子!」

櫻子「ひ、向日葵はやい 待って」

ドゴーン

結衣「わぁっ!」

京子「いってて…」

向日葵「きゃっ!」

櫻子「わぁー」


646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:11:36.75 ID:IU4Pkly60

結衣「うぅ… 全員でぶつかるなんて聞いてないぞ…」

京子(見た目向日葵)「ごめ、予想外…」

櫻子「うぐぐ…」

向日葵(見た目京子)「いたた…ひざが…」

結衣「あれ? わ、私戻ってる? 戻ってる!」

櫻子「あ、私も戻ってます…? 戻ってますよね?」

京子(見た目向日葵)「なーんだ!結果オーライじゃないか!やったね!」

向日葵(見た目京子)「いえ… あの、申し上げにくいんですけど…」

結衣「……あぁ…」

櫻子「え?どゆこと?」


647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:13:57.63 ID:LxR+hZMs0

終わらねえwwwwwww


654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:18:55.94 ID:IU4Pkly60

結衣「点呼を取ってみようか? 大室さん」

櫻子「はぁ…? じゃあ向日葵ー」

向日葵(見た目京子)「…はい」

櫻子「え、やだなぁ歳納先輩!向日葵を呼んだんですよー」

京子(見た目向日葵)「そ、そういうことか… 今度は、ひまっちゃんが私と入れ替わってるのか…」

向日葵(見た目京子)「そうみたいですわ はぁ、なんで私ばかり…」

京子(見た目向日葵)「あ…ごめんね 幼児体型で おっぱいデカいひまっちゃんには辛いよね…」

結衣「……いや ありだろ」

櫻子「えっ」

向日葵(見た目京子)「いえその!そういう意味ではなくて!」

京子(見た目向日葵)「いいんだよ でもこのおっぱいは私の物のようだね」

向日葵(見た目京子)「ひぃい」

櫻子「おっぱいの所有権……」

結衣「大室さん、なにいきなり真剣な顔してるの…」


663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:26:37.82 ID:IU4Pkly60

向日葵(見た目京子)「もう慣れました… 歳納先輩の真似をすればいいんですよね」

結衣「つ、強気だね 古谷さん」

向日葵(見た目京子)「余裕だぜ! こうなったら完ぺきに真似してやるぜなんだぜ!」

結衣「これは酷い…」

櫻子「それ船見先輩の真似と同じじゃん…」

京子(見た目向日葵)「ひまっちゃん 真面目にやってくれないと私もそれなりのことをしよう」

向日葵(見た目京子)「ちゃ、ちゃんとやってます!」

京子(見た目向日葵)「そっか… 向日葵、わかったわ~ん」腰フリフリ

向日葵(見た目京子)「きゃあぁぁ!や、やめてください!///」

櫻子「………腰振り向日葵」

結衣「大室さんも様子がおかしいね」


671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:35:41.86 ID:IU4Pkly60

向日葵(見た目京子)「と、とにかく!私は… って…また2年の授業を受けるんですの…?」

京子(見た目向日葵)「やったね 私1年の授業だ 寝よう」

結衣「どっちにしたって寝てるだろお前は…」

櫻子「じゃ、向日葵をお願いします 船見先輩」

結衣「ん? …あぁ!」キラキラ

櫻子「ま、まぶしい」

京子(見た目向日葵)「面倒なことから解放されて嬉しくて仕方ないんだよね 結衣は」

結衣「よせよ まるで私が普段から面倒くさがってるみたいだろ」

櫻子「なんか変な組み合わせでケンカしてるように見えますね」


672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:40:30.84 ID:IU4Pkly60

授業

向日葵(見た目京子)「ふ、船見先輩…」ボソッ

結衣「ん?どうした?」

向日葵(見た目京子)「全然わからないんですけど…」

結衣「あぁ 大丈夫だよ どうせあいつも出たところで聴いてないから」

向日葵(見た目京子)「で、でも」

結衣「逆に考えてみて 京子が1年の授業まともに受けてると思う?」

向日葵(見た目京子)「し、失礼ですけどあまりおもいません…」

結衣「だからそのくらいの軽い気持ちで大丈夫 平気だよ あいつに学校の授業はほとんど意味ないし」

向日葵(見た目京子)「そうなんですか・・・」
向日葵(すごい… やっぱりこのお二人は、お互いをよく知ってる…)

結衣「あっと、順番的にここ指されるね 答えは2番ね」

向日葵(見た目京子)「あ、ありがとうございます…」


674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:43:56.01 ID:IU4Pkly60

京子(見た目向日葵)「うはぁ 超簡単…」

櫻子「えーっ!これ簡単ってマジですか!」

京子(見た目向日葵)「おほほ!余裕ですわよぉー」

櫻子(似てるけどなんか違うなぁ…)

櫻子「あっ!そいえばやっぱりおっぱい重いですか!?」

京子(見た目向日葵)「うん… これは、感動しますわぁ 優越感に浸れますわねぇ」

櫻子「……むぅ」

先生「いつまで喋ってるの、そこの2人」

櫻子「あ、すんません!」

京子(見た目向日葵)「まったく櫻子ったらぁ、うるさいんだからぁ!」

あかり「し、静かにした方がいいよ…」


683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:50:22.41 ID:IU4Pkly60

京子(見た目向日葵)「おぉーっ! お昼はナンとドライカレーですわぁ!!」

ちなつ「なんか今日の向日葵ちゃんテンション高いね…」

あかり「授業中も、珍しく喋ってたし…どうしたのかな?」

櫻子「あわわ…」

京子(見た目向日葵)「テンションあがるねー! このおっぱい」

櫻子(お、おっぱいの魔力おそろしい)

京子(見た目向日葵)「ナンカレーにはヨーグルトですわ!!」

あかり「ひ、向日葵ちゃん…? あのね、なにか悩みがあるならあかりに相談してく」

京子(見た目向日葵)「ないですわないですわ!あってもちなつちゃんに頼みますのよぉ!」

ちなつ「そ、そう…?」

あかり「ガーン」

櫻子「ひ、向日葵 落ち着こう」

京子(見た目向日葵)「え…あ、そうですわね」


689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:56:14.94 ID:29DFtovWO

あかりええこや


690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:56:18.21 ID:eA2ChvCg0

空回りってレベルじゃねーぞ!


691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:56:36.36 ID:IU4Pkly60

放課後

櫻子「うぐぐ…なんで私が疲れてるんだろ…」

京子(見た目向日葵)「おつかれー 部室いこー」

櫻子「あ、あの! 今は向日葵ですから部室に行くのは…」

あかり「えっ 部室くるの?」

ちなつ「いいけど また追い出されちゃうのかな」

櫻子「あ、行かない行かない!いかないー」

京子(見た目向日葵)「えぇー 暇ですわぁー?」

櫻子「ちょっとは辛抱してくださいよぉ… 」ボソッ

あかり「あかりたちは、追い出されてもいいよ なにか大切なお話があるなら仕方ないもん」キラキラ

京子(見た目向日葵)「まばゆい… す、すまなかったあかり」

あかり「えっ」

櫻子(歳納先輩やばい…)


696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:00:05.20 ID:3NwEx5Qk0

あかり「ねえ、向日葵ちゃん…」

京子(見た目向日葵)「は、はい!なんですのぉー!?」

あかり「なんか京子ちゃんっぽいよ?」

京子(見た目向日葵)「ギクッ  そ、そんなわけあるわけないだろですわ!」

櫻子(ま、まずい…)

櫻子「向日葵!生徒会室行くぞぉ!」

京子(見た目向日葵)「やーん 櫻子は強引だなぁ」


700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:06:55.14 ID:3NwEx5Qk0

櫻子「あの、お願いなんですけど」

京子(見た目向日葵)「ん?なーにー?」

櫻子「そ、その クラスでの向日葵のイメージを崩すのはちょっと…控えてほしいです」

京子(見た目向日葵)「なんだよー 最初からそう言えば真面目にやったのに」

櫻子「ホントにお願いします あの…向日葵は友達も少ないし、趣味とかもないし…
    ようやくクラスに築けた関係なんですよ」

京子(見た目向日葵)「………そうなんだ」

櫻子「だからその…いくら先輩でも…」

京子(見た目向日葵)「わかったよー ふざけてごめん …優しいね、櫻子ちゃん」

櫻子「え、あ、あの…///」

京子(見た目向日葵)「そりゃひまっちゃんも惚れるよねー」

櫻子「…うぐぐ… か、帰ります!」

京子(見た目向日葵)「生徒会室はぁー?」


707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:13:16.32 ID:3NwEx5Qk0

結衣「まぁ表面上だけで構わないから 一応軽く部活に顔は出して」

向日葵(見た目京子)「は、はぁ…わかりました」

結衣「いないと心配するからね 後輩2人が」

向日葵(見た目京子)「なるほど… 勉強になります(?)」

ガララ
結衣「おつかれー」

あかり「あ、おつかれさま結衣ちゃん!京子ちゃん!」

向日葵(見た目京子)「ど、どうも」

ちなつ「はっ!」サッ

向日葵(見た目京子)「…?」

ちなつ(な、なにもしてこない…!?)

向日葵(見た目京子)「どうしたの? ち、ちなつちゃん」

ちなつ「いえ、別に…」

あかり「今日は出ていってなんて言わないよね…?」

結衣「はは、言わないよ」

向日葵(ホントに遊んでるだけの部活なんだ… ちょっと面白そうかもしれませんわ)


710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:17:56.35 ID:3NwEx5Qk0

京子(見た目向日葵)「うぃーす じゃなかった 失礼します」

結衣「…あ、やぁ古谷さん」

京子(見た目向日葵)「あの…
       「櫻子が先に帰ってしまった」ので用事があったのですがやはり失礼します」ガタン

結衣「はぁ…?」

ちなつ「向日葵ちゃん、何が伝えたかったのかな…?」

向日葵(見た目京子)「はっ…」

向日葵(見た目京子)「ご、ごめんねみんな!私も先に帰るよ」

あかり「え、京子ちゃんも帰るの?」

向日葵(見た目京子)「ちょっと用事を思い出しちゃったぜー」

結衣(あはは… だぜ気に入ったのかな)


711 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:21:20.65 ID:3NwEx5Qk0

京子(見た目向日葵)「うーん あれで伝わったかな 微妙か」

京子(見た目向日葵)「もっかいアピールしてこよ 櫻子ちゃん帰っちゃったアピール」

向日葵(見た目京子)「櫻子…何故先に1人で…」

ゴツンッ!

京子「どはぁ!いってえ!」

向日葵「す、すみません…急いでまして…」

京子「あれ…? ひまっちゃん?」

向日葵「歳納先輩…?」

京子「ということは…!」

向日葵「戻ってますわ!戻りましたの!」

京子「ようやく全員元に戻れたか… あはは… じゃあ、まあ後は頑張って」

向日葵「え… は、はい!」


713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:22:10.16 ID:xc60YpGC0

あっさりwwwww


718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:25:45.18 ID:3NwEx5Qk0

向日葵「櫻子!」

櫻子「んあ… え、向日葵? じゃなくて歳納先輩?」

向日葵「え… あ、そっか… いかにもだぜ!」

櫻子「恥ずかしいので…追ってこないでほしかったです…」

向日葵「何が恥ずかしいの?」

櫻子「いやだって…あんなに向日葵のことを力説しちゃって…
    好きだっていったようなもんっていうか…その…」

向日葵「……!」

櫻子「向日葵は、部室ですか?」

向日葵「…いいえ …ここにいますわ」ギュッ

櫻子「…え」

向日葵「戻ったの ただいま…///」

櫻子「…あ… お、おかえり…」


~END~


720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:27:10.04 ID:oAkjcSHc0

これはいいひまさく


えっ



733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:33:57.87 ID:XvOp8bGj0

おつ
新たな世界が広がった



734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:36:28.02 ID:j7B59wWX0

面白かった!!
おっぱい大好き!!




ゆるゆり(7) (IDコミックス 百合姫コミックス)ゆるゆり(7) (IDコミックス 百合姫コミックス)
なもり

一迅社

Amazonで詳しく見る

ゆるゆりコミックアンソロジー VOL.2 (IDコミックス DNAメディアコミックス)ゆるゆりコミックアンソロジー VOL.2 (IDコミックス DNAメディアコミックス)


一迅社

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/10/10 00:00 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(8)
あかりちゃんは天使なんだぜ
[ 2011/10/10 00:30 ] [ 編集 ]
入れ替わりネタはいくつかあるけど、ここまでカオスなのは初めてだw
[ 2011/10/10 02:26 ] [ 編集 ]
書いてるほうもややこしいんだろうな
乙だぜ
[ 2011/10/10 03:33 ] [ 編集 ]
あかりとちなつが入れ替わったの見たいなー(チラッ
[ 2011/10/10 10:20 ] [ 編集 ]
何が何だか分からない
[ 2011/10/10 15:11 ] [ 編集 ]
カオスすぎワロタ
[ 2011/10/11 01:54 ] [ 編集 ]
結京のその後はなし、か…

面白かったよ
[ 2011/10/13 00:33 ] [ 編集 ]
終わり方が良かった
しかし、ややこしいw
[ 2011/12/03 06:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ