素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沙織「京介氏は私のこと、嫌いでござるか?」

189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金)09:37:45.02ID:XcYKHUsQO

沙織「京介氏は拙者のこと嫌いでござるか?」

京介「いや、嫌いとかでは決してなくだな、むしろ桐乃のこととかイロイロ世話になってるし
   好きと言われればすげー好きだが…ってあー、何言ってんだ俺は!
   落ち着けー俺、素数を数えて落ち着くんだ…」

沙織「京介氏…いや京介さん、
   沙織・バジーナではなく槙島沙織としてお伺いします
   京介さんは私のこと嫌いですか?」

京介「えっ///」




 
194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 10:29:51.49 ID:XcYKHUsQO

京介「えっ、」

沙織「そんなだらし無い顔してるとカッコイイお顔も台なしですよ」

京介「えっ、あぁ、すまん でなんだってそんなこと聞くんだ?」

沙織「相変わらず鈍いことですわね、クスッ」

京介「鈍いってなぁ、おい… で結局なんなんだよ、沙織」

沙織「…さんが好きだから。」

京介「え?今なんて…」

沙織「京介さんが好きなんです///」

京介「へっ」

沙織「あまりこういうことは女の子に言わせてはいけませんよ」


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 10:43:32.12 ID:XcYKHUsQO

京介「あ、あぁすまん、…沙織、あのな。」

沙織「どうしました?京介さん。」

京介「俺も…沙織が好きだ。」

沙織「ブワァッ、ありがとうございます!京介氏!!拙者はこの世で一番の幸せものでござる~。」

京介「アレ?沙織、口調が戻ってるぞ…ってメガネかけてるし!」

沙織「どうしました?京介氏。
   はは~ん、さては早速して欲しい様子ですな、全く京介氏はえっちでござるな~」


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 11:08:18.38 ID:XcYKHUsQO

沙織「では拙者の初めてを京介氏に捧げるとしますかなー」

京介「ま、待て!そういうのは順序をふんでだなぁ
   そ、それに俺達お互いのことよく知らないしさ…ってうわー!近っ!!」

沙織「京介氏…」

チュッ

沙織「ハッハハハハ、何されると思ったんですかなぁ京介氏ー
   耳まで真っ赤ですぞー、可愛いですなぁ」

京介「さ、沙織!てめぇ、ふざけてやがんのか!!」

沙織「おっと、これは失礼致しました。
   拙者、ふざけてなんかおりませぬ
   最初からずっと真面目でござるよ」

京介「最初からってことは…」

沙織「うむ、京介氏のことが大好きでござるよ」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 11:17:53.87 ID:XcYKHUsQO


沙織「それにしてもここまで鈍いとは、最早犯罪レベルですなぁ
   後ろから刺されても文句は言えないでござるよ」

京介「またお前はそうやって人を…」

沙織「それは京介氏が可愛くていじりがいがあるのがいけないのですぞー」

京介「俺は可愛くもないしいじりがいもない!!」

京介「ったく、さっきのしおらしい沙織はどこにいったのやら…」

沙織「はて?それはどこの誰でござるか?
私こそが沙織・バジーナですぞー」


END


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 11:37:34.98 ID:NVd14JPM0

待てお前にはこれからあまあまな京介と沙織の後日談を書く仕事が残ってる
それを見るまでは感想も意見も言えないな



216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 15:24:10.20 ID:XcYKHUsQO

~沙織After~

京介「ありがとうな、付き合わせちまって。」

沙織「いやいや、京介氏の頼みとあれば断る理由などあるわけないでござる。」

沙織「拙者にかかればPC関連からアニメにゲーム、マンガ、ホビーまで知らないことはないでござるよ。」

京介「ありがとう、早速申し訳ないんだが、うちに来てこいつを組み立ててくれないか?」

沙織「そんなこと朝飯前でござる、
   京介氏がお茶でも持ってくる間にパパッと終わらしちゃうでござるよ」

京介「頼もしいな、幸い桐乃も合宿でいないし夜までかかっても大丈夫だ。」


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 15:29:13.89 ID:/Unc/IvuO

やべえぇぇえ!沙織ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。まず美人、超美人!
深窓の令嬢みたいなオーラ出てる!スゲェ!髪の毛サラサラでスーパーモデルみたいな尻乳太もも!
声まで違う。ヤバすぎ。とにかくおまえら、俺の目の前に突然現れた超絶美貌のお嬢様のヤバさをもっと知るべきだと思います。

姉は大学生で海外で結婚してる設定だったはず?



222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 15:40:31.73 ID:XcYKHUsQO

沙織「ナニが夜までかかっても大丈夫なんですかな~。相変わらずえっちですなぁ、京介氏は。」

京介「ナニって今買ってきた自作PCのことだろ! 俺は断じてそんなやましい心はない!!」

沙織「ハッハッハ、冗談でござるよ、 落ち着いてくだされ京介氏~。」

沙織「京介氏は相変わらず可愛いですなぁ。」

京介「可愛くなんかない!」

沙織「とっても可愛いでごさるよ。」

京介「可愛くなんかねぇ!!お前のほうがよっぽど可愛いわ!」

沙織「えっ、あっ///」

沙織「ありがとう…ございます///」

京介(全く可愛い奴め…)


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 15:52:10.74 ID:hWTY78AW0

ニヤニヤ


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 16:08:59.51 ID:XcYKHUsQO

京介「そんなこんなで家に着いたんだが…沙織、先に上がっててくれ、俺は茶菓子でも持ってくから。」

沙織「はいはーい、了解でござる。宣言通りに終わらせるでござる。」



京介「沙織ー、すまんドア開けてくれー、手がふさがってて…」

沙織「はいはい!暫し待たれるでござる。」

がちゃ

京介「サンキュー、これ茶菓子な…ってほんとに終わってるし!」

沙織「拙者のためにわざわざありがとうでござる。作業はたった今終わったとこでござるよ。」

京介「お前、すごいな…、ほんとにありがとう」

京介「そうだ、沙織にはいつも世話になってるからなにかお礼をあげるよ。
   なんでもいいぞ、なんかないか?」


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 17:04:57.01 ID:XcYKHUsQO
沙織「と言われましても…拙者基本的に欲しいものは自分で手にいれる性分でありまして…」

京介「うーん、ほんとになんでもいいんだが…」

沙織「ほんとに…なんでもいいんでござるか?」

京介「まぁ、高校生の俺が買える程度のものなら…なんでもいいぞ」

沙織「で、では…」

京介「なんだ、早く言ってみろよ。」

沙織「では拙者、京介氏からのキスが欲しいでござる///」

京介「ふぇ?」

沙織「ですから京介氏に拙者の唇を奪って欲しいでござる」

京介「あぁ、てっきり沙織のことだからPG1/60ウイングガンダムゼロカスタムでも欲しいと言われるのかと…」

沙織「そんなものいつでも買って貰えるでござるが
   それに1/60ウイングガンダムゼロカスタムなら既に所持してござる。」

京介「そうなのか、しかしキスか~」


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 23:57:48.59 ID:XcYKHUsQO

沙織「拙者とキスするのは嫌でござるか…?」

京介「嫌じゃないんだが…」

沙織「やはり拙者の様なキモヲタ女とキスなんてできないとおっしゃるのですな!?」

京介「いや、そうじゃなくてだな…メガネをとって欲しいんだが」



京介「ダメか?」

沙織「これでよろしいのですか?」

京介「あぁ、ありがと…じゃあするぞ」

沙織「…はい」

京介(ヤバいヤバい、言ってみたもの素顔が可愛いすぎて直視できねー!)

沙織「どうなされました?」

京介「いやなんでもない///」

京介(いい加減腹括れ高坂京介…、いくぞ!!)

ちゅっ


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/06(土) 08:55:33.39 ID:eAtheUprO

京介「イロイロありがとな沙織、大好きだぞ」

沙織「京介さん///」

沙織「私も京介さんが大好きですっ」

京介「おうっ、それにしても可愛いなぁ沙織は」

沙織「ふふっ、褒めても何もでませんよ」

京介「褒めたらもっと可愛くなるんじゃないか」

沙織「京介さんのバカッ///」

京介「なぁ、沙織?」

沙織「どうしました?」

京介「もう普段もそのメガネとってもいいんじゃないか 桐乃達にも見られたわけだし…」

沙織「そういうわけにはいきませんわ このメガネがあったからきりりんさんや黒猫さん…
   そして京介さんに逢えました だからこのメガネは思い出のつまった大切なメガネなんです」

京介「そっか」

沙織「それにこの姿は京介さんだけに見てほしいんです」


325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/07(日) 15:18:05.65 ID:CD8iJM6PO


沙織「某アニメ風に言えば『こんな姿、滅多に見せないんだからね』」

京介「沙織…可愛いぞ、大好きだ」

沙織「京介氏~、ありがとうでござる 拙者も大好きでござるよ」

京介「メガネかけてるし…ってか切替早いなw」

京介「うわ、いきなり抱き着くなよ///」


326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/07(日) 15:20:28.02 ID:CD8iJM6PO

沙織「よいではないですか、拙者と京介氏は最早相思相愛の仲
   拙者達を阻むものなど何人たりともいないのでござるよ」

京介「いや、そういう意味じゃなくて…」

京介(俺にも心の準備ってものがあってだな…)

京介(それにしてもデカイな沙織は、身長もだが特に胸が…
   こうもべったり抱き着かれると感触がこっちにもわかってしまうんだな、これが)

沙織「どうかしましたか、京介氏、…むむっ、京介氏は今えっちなことを考えているでござる」


327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/07(日) 15:24:57.97 ID:CD8iJM6PO

京介「えっ、そんなことは…」

京介(何故ばれたし…そういえば前も似たようなことあったなぁ、沙織は読心術でも使えるのか!?)

沙織「拙者は京介氏のことならなんでもないわかるでござるよ」

沙織「そして今考えてることは『沙織、大好きだよ』でござるな」

京介「…沙織、大好きだ。愛してる」

沙織「え、あ、ありがとう…でござる///」

京介(相変わらず可愛い奴め)



END


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/07(日) 15:38:16.99 ID:ZVyXeveaO

よくやった


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/07(日) 16:42:20.22 ID:myF99jf5P

アニメで沙織の素顔がでたらまた頼むぞ?



関連記事
[ 2010/11/10 06:00 ] その他SS・俺妹 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。