素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まどか「さやかちゃんって男の子だったの?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:15:37.66 ID:r+i6zxV/0

まどか「さやかちゃんが風邪引くなんて珍しいよね」

ピンポーン

さやママ『はーい』

まどか「あの、まどかです。さやかちゃんのお見舞いに…」

さやママ『あら、まどかちゃん!お久し振りね。今開けるわ』

ガチャ

さやママ「わざわざありがとう。あの子、部屋にいるから」

まどか「お邪魔します」

コンコン

まどか「さやかちゃん?まどかだけど…」

ガチャ

まどか「!?」




 
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:16:26.99 ID:r+i6zxV/0

さやか「」

まどか「」

さやチン「やぁ」

さやか「まままままどかッ!?なんで!?」

まどか「あ、え!?ああぁごめん、ごめんね?今閉めるから!!」

ガチャ

さやか「」

まどか「///」

さやか「なんで中に残ってるの!?」

まどか「ふぇ!?あ、ごめん!」

ガチャ、バタン


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:17:21.26 ID:r+i6zxV/0

―――
―――――

まどか「さやかちゃんって男の子だったの?///」

さやか「うん…///」

さやママ「ばれちゃったわね」

さやか「お母さん…」

まどか「おばさん…」

さやママ「まどかちゃん。さやかねまぁ、見ての通り男の子なのよ」

まどか「えっと…でも、どうして?」

さやママ「実家のほうの慣わしでね、長男は成人するまで女として育てろって言われててね」

まどか「そうなんですか…」

さやか「ごめん。まどか、ずっと嘘ついてて」

まどか「ううん。そんなこと…」

さやママ「まどかちゃん。よかったらなんだけど、これかも仲良くしてあげてよ。うちのバカ息子と」

まどか「はい!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:18:10.98 ID:r+i6zxV/0

翌日

まどか「変な夢見た…」

通学路

まどか「おはよー!」

仁美「おはようございます」

さやか「…おはよ///」

まどか「あ…うん///」

仁美「御二人とも、もう目と目で通じ合える仲に!?」

さやか「違うから!」

まどか(目と目で通じ合える仲…)

まどか「///」

さやか「ほら!遅刻する前に学校行くよ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:19:58.62 ID:r+i6zxV/0

和子「目玉焼きとの焼き方は!?はい、中澤君!」

中澤「僕は生で飲みます」

和子「補習。はいでは、転校生を紹介します。暁美さん入ってきて」

ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」

さやか「うわぁ、すげぇ美人…」

まどか「…」

ほむら「…」ジー

まどか「!」プイッ

ほむら「」ガーン

まどか「…」チラッ

さやか「…」ホエェ

まどか「」ムスゥ…


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:21:28.71 ID:r+i6zxV/0

ほむら「鹿目…まどかさんよね?保健室に案内して欲しいんだけど」

まどか「あ、うん…」

スタスタ

まどか(顔立ちも良いし、髪も綺麗、脚も長い)

まどか(確かに美人だけど…)

まどパイ「」チマーン

ほむパイ「」ペターン

まどか(全部が全部負けたわけじゃないよね?)

ほむら「あなたは、家族や友人を大切にしてる?」

まどか「…」ブツブツ

ほむら「聞いてるの?」

まどか「え、あうん。大切だよ?大好きで…大好き…ティヒヒ」

まどか(大好きかぁ…)

ほむら「…」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:22:53.91 ID:r+i6zxV/0

まどか「ということが、あったんだよ」

さやか「あ、うん。ぜんぜんわかんないけどだいたいわかった」

さやか(転校生…暁美さんだっけ?まどかに話があったみたいけどぜんぜん出来てないみたい)

仁美「すみません。わたくしそろそろ…」

さやか「うん、また明日」

まどか「ばいばーい」

さやか「あたしたちも帰ろっか?」

まどか(このまま帰るのは勿体ない)

まどか「さやかちゃん、どこか寄ってこうよ」

さやか「どこかねぇ、CDでも見に行くか~?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:24:59.48 ID:r+i6zxV/0

まどか「また、上条君?」

さやか「あはは、まぁね」

まどか「退院はまだ先なの?」

さやか「もう少しだって」

まどか「思ったより早くてよかったね」

さやか「うん。早く、あいつのヴァイオリンが聞きたいな~」

まどか「ティヒヒ、楽しみだね」

さやか「そん時はまどかも一緒に聴かせてもらおうね!」

まどか「うん!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:26:28.95 ID:r+i6zxV/0

CDショップ

『助けて…鹿目まどか。助けて!』

アーメン アーメン ゴスペル アーメン

まどか「誰?」

まどか「わたしを呼んでるのは誰?」

タタタッ

さやか「まどか?」

路地裏

『助けて』

まどか(声が近くなってる…)

まどか「どこ!?、どこにいるの?」

QB[まどか…」

まどか「あなたが私を呼んだの?」

カツンッ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:28:53.57 ID:r+i6zxV/0

?「そいつから離れて」

まどか「ほむらちゃん?やめて、酷いことしないで!」

ほむら「そいつをこっちによこして」

まどか「だってこの子ケガしてる。わたし呼んでた助けてって!」

ほむら「そう…」

ほむら「あなたを傷付けたくはないけれど、あくまでも拒むというなら…」

ヒュンッ、ゴシャ!

まどか(消火器が飛んできた)

さやか「まどか、こっち!」

まどか「さやかちゃん!?」

ほむら「…はっ!?」

ほむら「消火器に気を取られて…待ちなさい!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:31:31.90 ID:r+i6zxV/0

さやか「なんあのあいつ、コスプレして通り魔かよ!?」

まどか「さやかちゃん…ここ、どこ?」

さやか「なに、ここ…?」

さやか「あたしたち、悪い夢でも見てるんだよね?ねぇ、まどか!?」

?「危ないところだったわね?」

まどさや「あなたは?」

マミ「その前にちょっと一仕事、片付けちゃっていいかしら?」

マミさん無双


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:32:48.28 ID:r+i6zxV/0

パァ…

マミ「これでもう大丈夫」

QB「ありがとうマミ」

マミ「私は巴マミ。見滝原中の3年生よ」

さやか「美樹さやか。2年です」

まどか「鹿目まどかです」

まどか(また、美人か…)

マミ「QBを助けてくれてありがとう。この子は私の大事なお友達なの」

QB「はじめまして鹿目まどか。僕の名前はキュゥべぇ、君にお願いがあってきたんだ」

まどか「わたしに…?」

QB「僕と契約して、魔法少女になってよ!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:35:45.73 ID:r+i6zxV/0

マミ「それより、あなた」

ほむら「…」

まどか「あ、ほむら…ちゃん…」

さやか「あんた!?」

マミ「使い魔を追うなら早くした方がいいわよ」

ほむら「私が用があるのはそっちの2人よ」

まどか「…」

さやか「なんだよ」

ほむら「鹿目まどか昼間の忠告、覚えてるかしら?」

まどか(どうしよう…ぜんぜん覚えてない…)

さやか(あ、この様子だとこの子覚えてないわ)

ほむら「鹿目まどか、美樹さやか。あなたたちは決して魔法少女になってはいけない」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:37:48.71 ID:r+i6zxV/0

マミ「それを決めるのはあなたではないのじゃないかしら?」

ほむら「…」

QB「それにまどかだけならともかく、さやかにも忠告というのはおかしな話だね」

ほむら「どういう意味かしら」

QB[意味も何も、彼は男じゃないか」

ほむマミ「え」

さやか「…」ソワソワ

まどか(あちゃー…)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:39:18.56 ID:r+i6zxV/0

ほむら(男?え?美樹さやかが?
     どういうこと、先の時間軸では確かに魔法少女になっている時間も存在した)

ほむら(そもそもインキュベーターは嘘をつかない。だとすれば、この時間軸が特殊だということ?)

ほむら「本当なのかしら、美樹さやか?」

さやか「……なんて答えて欲しいんだよ…」

マミ「美樹さん、もしかして本当に…」ヒキッ

さやか「引かないでください!趣味とかじゃないですから!!」

ほむら(それならそれで好都合ね)

ほむら「それなら、鹿目まどか。改めてあなただけに忠告する」

ほむら「決して魔法少女になってはいけない。いいわね?」

まどか「えっと…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:41:11.65 ID:r+i6zxV/0

マミ「私は波風を立てたくは無い。暁美さん今日はそのあたりにしておきなさい」

ほむら「あなたにも、言っておきたいことがある」

マミ「何かしら」

ほむら「私は……あなたの敵じゃない」

マミ「私のお友達のキュゥべぇを襲っていたそうね。人を疑いたくは無いけど正直、信用できないわ」

ほむら「そうね…」

ほむら「そいつは私の敵だけど、あなたは別。それだけは覚えておいて欲しい…」スッ

スタスタ…

マミ「ふぅ…」

まどか「緊張した…」

さやか「なんなんですかねぇ、あいつ!」

マミ「敵ではない……か」

まどか「マミさん?」

マミ「ごめんなさい。詳しい話もしたいし、
    そうね今から私の家に来ない?美味しいケーキと紅茶をご馳走するわ」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:42:39.65 ID:r+i6zxV/0

マミホーム

マミ「とまぁ、これが大まかな魔法少女というものなんだけど。わかったかしら?」

まどか「なんでも1つ、願いを叶ええてくれる…」

さやか「なにそれぇ!?まどかばっかりズルいぃー!!」

まどか「ウェヒヒ…そう言われても…」

マミ「あなたたちは仲がいいわね」クスクス

マミ「ところで、今度は美樹さんの話を聞かせてもらっていいかしら?」

さやか「話っていってもたいしたものじゃないですよ?単にかび臭い古い風習ってだけです」

マミ「そうなの。ちなみに、鹿目さんとは…
    その、お、お、おお付き合い、とか…してるの、かしら…?///」

まどか「ふぇ!?///」

さやか「え…?ちち、違いますよ!?まどかとはただの友達で…!///」

まどか「」

マミ「そ、そうなの?鹿目さんのピンチに颯爽と駆けつけたって言うし、てっきりそうなのかと…」

さやか「もうぅ、そういうガールズトークやめてくださいよ…」

まどか(まぁ、将来的にそうなれればいっか。問題ない、大丈夫、ビリーブ)


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:44:40.59 ID:r+i6zxV/0

次の日

喫茶店

マミ「さて、じゃあ魔法少女体験コース第一日目といきましょう」

マミ「鹿目さん、何か準備とかしてきたかしら?」

まどか「えっと、取り敢えず衣装とか考えてみました」

QB「え」

さやマミ「…」

さやか「プ…クク、ダメだ我慢できない。あははははは!」

マミ「クスクスッ。可愛いわね?」

さやか「あんたにゃ負けるわ!」

まどか「もう酷いよ~!そんなに笑わなくてもいいのに。マミさんまで…///」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:45:54.65 ID:r+i6zxV/0

マミ「ところで、美樹さんだけど…」

さやか「あ、うん。あたし帰ります」

まどか「え!?さやかちゃん帰っちゃうの?」

さやか「うん。あたしがいても役に立てないし、見学したって魔法少女になれるわけじゃないし」

さやか「かえって邪魔になるなら、いないほうがいいかなって」

マミ「邪魔なんてこと無いのよ?」

さやか「いいですいいです。あたしこれでも小学校の頃とかよくケンカとかしてたし、
     誰かを護りながらって結構大変なんですよね?」

まどか「あ…ごめん…なさい…」

さやか「ああ、まどかを責めてるわけじゃなくて!?
     と、とにかくマミさん!まどかのことよろしくお願いします」

マミ「ええ。大事なお姫様だもの、しっかり守らせてもらうわ」

さやか「お願いしますね?なんてったって、大事な嫁なんで!」

まどか「そんな…嫁だなんて///」

マミ「ホントに仲が良いわね」クスクス


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:47:35.18 ID:r+i6zxV/0

2人と別れて

さやか「はぁ、どうしよっかな~ゲーセンでも行こうかなぁ」

さやか「いや、今月はお小遣いが…」

ほむら「…」

さやか「あんた…なに?昨日の続き?」

ほむら「話がしたいの。いいかしら?」

さやか(人目の多いところなら大丈夫かな…)

さやか「…」コクッ

ほむら「そう。助かるわ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:50:01.46 ID:r+i6zxV/0

喫茶店

ほむら「単刀直入に言うわ。巴マミとの関係を切りなさい、まどかともども」

さやか「なんで、あんたにそんなこと言われなきゃいけないの。そんなのあたしらのかってでしょ?」

ほむら「なら、鹿目まどかにあなたから言って欲しい。魔法少女には決してなるなと」

さやか「だから、あんであんたが…
     まぁ、いいや質問変える。どうしてまどかを魔法少女にしたくないの?」

ほむら「…」

さやか「だんまりですか…」

ほむら「なにもかも…」ボソッ

さやか「え?」

ほむら「なにもかも…失うからよ…」ギリッ

さやか「はぁ?それってどういう、」

ほむら「話は終わりよ。失礼するわ」

さやか「あ、ちょ!?……なんなんだよ、あいつ!」

さやか「何もかも失うって……あんたもそうなの?転校生」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:51:37.12 ID:r+i6zxV/0

美樹ハウス

さやか「…」

さやか(マミさんが言ってた。魔法少女はグリーフシードってのを巡って争うこともあるって)

さやか(魔法少女同士の対立。それを口にするマミさんの顔がすごく辛そうだった。それに…)

ほむら『なにもかも…失うからよ…』

さやか「なんで、あんな泣きそうな顔してんだよ…」

さやか(転校生…暁美ほむら。あんたは本当にそのグリーフシードってのが目的なの?)


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:53:17.40 ID:r+i6zxV/0

数日後

さやか「やっほー恭介!可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」

上条「やぁ、さやか。なんだか久し振りだね」

さやか「さやかちゃんくらいのリア充ともなれば毎日が忙しくて、
     腐れ縁のあんた如きに時間を割いたりしないんです~」

上条「あはは、その割には以前は2日に1回は顔を見せてくれたのに」

さやか「うんまぁ、ここのところ忙しくてさホントに」

上条「そっか」

さやか「腕のほうは?」

上条「術後の経過もいいんだ。近いうちに退院できるって先生が」

さやか「ホントに?おめでとう!はい、これ。お見舞いのCD」

上条「うわぁ、すごいね!相変わらず、さやかはレアなCDを見つける天才だね」

さやか「それほどでも~あるかな~?」

上条「良かったら一緒に聞くかい?」

さやか「うん!~~~♪」

上条(さやか。やっぱり僕は君のことが…)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:54:25.59 ID:r+i6zxV/0

さやか「ただいま」

まどか「おかえり。上条君どうだった?」

さやか「調子良いんだって!退院ももうすぐみたい」

まどか「よかったね!」

さやか「うん」

テクテク

さやか「ん?」

まどか「どうしたの?」

さやか「まどか、あれ!?」

まどか「…!」

まどか「まさか、グリーフシード!」

QB[まずい!孵化しかかってる、早くここから離れよう。結界に取り込まれたら大変だ!」

さやか「ダメ!ここ病院だよ?マミさんが言ってたじゃん!
     病院みたいなところに取り憑いたらやばいって!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:55:47.47 ID:r+i6zxV/0

さやか(それに、ここには恭介が…)

さやか「…ッ!あたしがここで見張ってるから、まどかはマミさんを呼んできて!」

まどか「そんな、ダメだよ危ないよ!」

さやか「でも、それじゃあ」

まどか「わたしが残るよ」

さやか「え?」

まどか「わたしが残ってこれを見張ってる。だからさやかちゃんはマミさんを」

さやか「それこそダメだよ!まどかにそんな危ないこと」

まどか「大丈夫。いざとなれば、わたしは契約して魔法少女になる。
     そうすれば自分のことは自分で守れるから」

まどか「でしょ?キュゥべぇ」

QB「そうだね。さやかでは無理だけど、まどかにはそれが出来る。
   万が一を考えればそれが妥当だと思うな」

さやか「まどか…」グッ

さやか「わかった。急いでマミさん呼んでくるから、絶対無茶しちゃダメだからね!」ダッ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:58:59.34 ID:r+i6zxV/0

お菓子の魔女の結界

QB「恐いかい?まどか」

まどか「うん…」

まどか「さやかちゃんにはああ言ったけど、やっぱり…ね」ギュッ

QB「なんなら、今すぐ君をこの場で魔法少女にてあげられるよ」

まどか「ううん、今はやめとくよ。まだ…願い事もちゃんと決まってないのに」

QB「そうかい?でも、いざという時のために考えておいてね」

まどか「うん。わかってるよ」

まどか(早く来てマミさん。……さやかちゃん…)


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:02:14.13 ID:r+i6zxV/0

病院・駐車場

さやか「マミさんこっちです!」

マミ「ここね、美樹さんはここで待っていて。鹿目さんは絶対に護ってみせるから」

さやか「あ……はい…」

さやか(そっか、あたし何も出来ないんだ)

マミ「それじゃあ、行ってくるわね!」

シュウン

シーン…

さやか「マミさんお願い。まどかを護って…」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:03:33.31 ID:r+i6zxV/0

マミ「この先ね!」

ほむら「待ちなさい」

マミ「暁美さん」

ほむら「この先にいる魔女はこれまでとは違うわ。今回は私が狩るあなたは手を引きなさい」

ほむら「もちろん2人の安全は保証するわ」

マミ「ふぅ…」シュルルルッ

ほむら「な、バカ!こんなことしてる場合じゃ!?」

マミ「暁美さん。あなたの最初の言葉が『手を引け』ではなく
    『協力しよう』だったなら私はその申し出を迷わず受け入れた」

マミ「あなたの言った、敵でないという言葉。信じたかった…信じさせて欲しかった…」

ほむら「巴…マミ…?」

マミ「さようなら」クルッ

タッタッタッ

ほむら「巴、さん…」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:05:29.89 ID:r+i6zxV/0

さやか「…」ソワソワ

さやか「……」ソワソワソワ

さやか「………」ソワソワソワソワ

さやか「ああ~もう!動けあたし!!」

ダダッ

バッ

シュゥン


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:06:47.08 ID:r+i6zxV/0

お菓子の魔女の結界・最深部

マミ「お待たせ」

まどか「マミさん!」

マミ「あれね?鹿目さんたちはこのまま隠れてて」

まどか「はい。あの、気をつけてくださいね」

マミ「……ええ」


お菓子の魔女の結界

さやか「はぁ…はぁ…」

さやか「どこ、ここ?もしかしてもしかしなくても迷った!?」

…カッ…ミ…サ…カッ…

さやか「ん?なに、空耳?」

?「美樹さやか!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:07:52.37 ID:r+i6zxV/0

さやか「あ!あんた、転校生!?」

ほむら「美樹さやか。あなたどうしてここに?」

さやか「いやぁ、2人が心配で」

ほむら「何の力もないくせに。まぁ、いいわ」シュン

さやか「おわ!?変身した…」

ほむら「その盾の中にナイフが入っているわ、それでこのリボンを切りなさい」

さやか「偉そうに。なんであたしが」

ほむら「私なら魔女の気配を追える。あなたが1人でここを徘徊するより
     私を解放して案内させるほうが建設的ではないかしら?」

さやか「交換条件ってわけ?ムカつくけど…今はしょうがない」

ほむら「わかったなら早くしなさい」

さやか「今やるよ!いちいちうるさいなぁ」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:09:31.55 ID:r+i6zxV/0

さやか「あんた縛られてる位置高いのよ!もうちょっと低く縛られなさいよ」ウンショッ

ほむら「ひゃ!?ちょ、ちょっとどこ触ってるのよ!」

さやか「仕方ないでしょ届かないんだから!
     というか『ひゃ!?』だって、あのクールな転校生がね」プクク

ほむら「無駄口叩かないで早くしなさい///」

さやか「はいはい」ブチブチ

さやか「よし、切れた」

ほむら「ふぅ」スタッ

ほむら「礼を言うわ」

さやか「そんなのはいいから早く案な、」カチッ

さやか「いしてよ。………え」

さやか「いないし!?あ、い、つ…騙したなぁ!覚えてろよ転校生ーーー!!!」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:15:44.46 ID:r+i6zxV/0

お菓子の魔女の結界・最深部

マミ「悪いけど、さっさと終わらせてもらうわ…」

バンッバンッ!

まどか「マミさん…なんだかちょっと、恐い…」

QB「気負っているんだろう。油断してるよりずっといいよ」

マミ「これで終わりよ」

マミ「ティロ………フィナーレ!」

ズルッ

シャル「あーーーん」

マミ「それで、不意を撃ったつもり?」

マミ「油断さえしなければこのくらい!」

バッ!


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:19:03.43 ID:r+i6zxV/0

グッ

マミ「え?」

マミ(脚に、紐状のグミが…これじゃ避けれない)

シャル「あーーーーーん!」

ほむら「…」カチッ

シャル「」

マミ「」

まどか「」

QB「」

ほむら「危機一髪というところかしら」

ほむら「巴マミを退避させて」グイグイ


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:25:20.02 ID:r+i6zxV/0

カチッ

ほむら「そして時は動き出す」

シャル「!」バクンッ

シャル「?」

マミ「あ、あら?暁美さん…?」

ほむら「気を抜かないで魔女はまだ生きてる。それとも腰が抜けて戦えないかしら?」

マミ「!」

マミ「ふふ、甘く見ないで。これでも結構…」

シャル「あーん」

バンッ!

マミ「場数踏んでるのよ」

ほむら「私は右!あなたは左よ!」

マミ「OK!」

マミ(また、誰かと一緒に戦うことがあるなんて。独りじゃない…もう、何も恐くない!)


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:32:00.75 ID:r+i6zxV/0

ほむら「巴マミ、距離をとって!」

マミ「ええ!」

ほむら「これでも喰ってなさい」ポイポイ

ドカーン

マミ「さぁ、今度こそとどめよ…ティロ・フィナーレ!!」

ボーン!

シャル「!?」ジタバタ

ほむら「まだ生きてる!?追うわよ!」

マミ「まずい、向こうには鹿目さんたちが!」

ほむら「え!?」

まどか「ひっ……!?」

ほむら「まどかぁぁぁ!!」

さやか「まどか!!!」

ドンッ!   グチャ…

まどか「え…」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:34:03.43 ID:AyzsN6a90

えっ


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:40:28.42 ID:r+i6zxV/0

まどか「え…?さやか、ちゃん…」ビチャ

さやか「」

まどか「さやかちゃん。ねぇ、さやかちゃんってば…」ユサユサ

シャル「あーーん」

マミ「く、ティロ・フィナーレ三連射!」

バンバンバン!!

シャル「オワタ」

マミ「鹿目さん!美樹さんは!?」

まどか「さやかちゃん、起きてよ。さやかちゃん」…

マミ「くっ…」

ビリィィィ←スカートの端を破く音

マミ「気休めだけどこれで止血を!」

まどか「マミさん!さやかちゃんを助けて!!」

マミ「今やってるわ!」パァァァ

マミ(右腕から肺にかけてがごっそりやられてる、これじゃあ…)


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:49:37.57 ID:r+i6zxV/0

まどか「そうだ、キュゥべぇ!わたし契約する!!」

QB「それしかなさそうだね。君さえよければ僕は構わないよ」

まどか「契約する!さやかちゃんを、」

ほむら「ダメよ!」

ほむら「まどか、契約してはダメ。忠告を忘れたの!?」

まどか「じゃあ…じゃどうすればいいの!?」

ほむら「え?」

まどか「そんなこと言うなら、ほむらちゃんがさやかちゃんを助けてみせてよ!今すぐに!」

まどか「出来るの出来ないの!?ねぇ、出来ないなら黙っててよ!!」

QB「どちらでもいいけど、早くしたほうがいいんじゃないかな?
   さやかは今、かろうじて生きてるのが奇跡に近いんだ」

QB「急がないとホントに死んでしまうよ?」

ほむら「黙りなさい!」カチャッ

まどか「やめて!」ギュウッ

ほむら「まどか、どきなさい!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:58:14.08 ID:r+i6zxV/0

まどか「キュゥべぇ、契約する!お願いは、さやかちゃんを助けること!」

QB「いいだろう、鹿目まどか。君の願いはエントロピーを凌駕した」

ほむら「まどか、ダメェェェ!!」

QB「さぁ、これが君のソウルジェムだ。受け入れるといい。それが君の運命だ」

まどか「さやかちゃん!」

QB「」

QB「まどか…ソウルジェム…」コロンッ

さやか「ん……あれ…?」

まどか「さやかちゃん!よかった、よかったぁ…」グズグズ

さやか「え…っと…あたし?」

ほむら「美樹さやか」

さやか「転校生?」

まどか「…」キッ

ほむら「私はあなたを許さない」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:05:07.36 ID:r+i6zxV/0

美樹ハウス・さやルーム

さやか(実感ないな…)

さやか(死にかけた。ううん、実際ほとんど死んでた)

さやか(新しい右手)

さやか(もう、あの時まどかに差し出した手じゃ…ないんだよね…)

さやか「まどか。魔法少女になっちゃった…」

さやか「あたしの所為で…」

さやか「たった1回のお願い…使わせちゃった…」

さやか「あたし、なにやってるんだろう…」ポロポロ


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:13:34.06 ID:r+i6zxV/0

翌日

まどか「おはよう!さやかちゃん、仁美ちゃん!」

仁美「おはようございます」

さやか「……おはよう」

仁美「まどかさん、なんだか今日はやけに明るいですわね。なにか良い事でもございました?」

まどか「ティヒヒ、ちょっとね!」

仁美「それに引き換え、こちらは…」

さやか「…」ドヨーン

まどか「もう、さやかちゃん!せっかくいい朝なんだからもっと元気よく挨拶しないと」ギュッ

さやか「あ、うん…」

仁美「あらあら、これではダメダメ亭主としっかり者の奥さんみたいですわね」ウフフ

まどか「も、もう!仁美ちゃん、恥ずかしいよ!///」

さやか「…」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:19:37.81 ID:ZaupGAYT0

まどか願い事叶ったばっかだからハシャイジャッテますね


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:24:01.54 ID:r+i6zxV/0

放課後

仁美「では、わたくしはお先に」

まどか「うん!ばいばい」

さやか「……また」

まどか「帰ろっか?」

さやか「うん…」

まどか「さやかちゃん、今日ずっと元気ないね。昨日のこと…気にしてる?」

さやか「へ!?や、やだなぁそんなわけ無いっしょ?まどかに助けてもらってこの通り。元気元気!」

まどか「さやかちゃん。さやかちゃんが気にする必要なんてないんだよ?」

さやか「え?」

まどか「わたし、マミさんみたいな正義の魔法少女になりたかった」

まどか「ただ、その為の願いが決まらなかっただけ」

まどか「わたしは魔法少女になるべくしたなった。さやかちゃんの為にこの願いを使えたなら」

まどか「わたし、それはとっても嬉しいなって」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:31:04.10 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか…」

まどか「さやかちゃんは、わたしが魔法少女になるのは反対だった?」

さやか「そんなこと、人の為になるんだし」

まどか「ティヒヒ、さやかちゃんならそう言ってくれると思ったよ」

さやか「…」

ほむら『なにもかも…失うからよ…』

さやか「…」

まどか「あ」

さやか「え?」

ほむら「…」

さやか「転校生…」

まどか「なにか用かな?ほむらちゃん」

ほむら「いえ、別に」

さやか「待って!あの、話を…」

ほむら「あなたと話すことは何も無いわ」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:36:09.22 ID:r+i6zxV/0

まどか「感じ悪いね」

さやか「あ、うん…」

カワイシタヤークソクーワスレーナイヨー

まどか「あ、いけない!マミさんとパトロールに行くんだった」

さやか「そうなの?」

まどか「うん。だから今日はこれで……ごめんね?」

さやか「ううん、いいよ。まどかこそ、気をつけてね?」

まどか「うん!」

さやか「なんか、頼もしくなったね。あんた」

まどか「ティヒヒ、そうかな?」

さやか「うん」

まどか「ありがとう!行ってくるね」

タッタッタッ

さやか「あたしって、ほんと役立たず…」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:54:43.32 ID:r+i6zxV/0

病院

コンコン、ガチャ

さやか「こんちゃー…」

上条「やぁ、さやか。今日も来てくれたのかい?」

さやか「うん…」

さやか(恭介といると、落ち着くな…やっぱり同じ男同士だから?)

上条「今日は夕焼けが綺麗だね。そうだ、屋上にでも行こうか」

さやか「え?身体、大丈夫なの?」

上条「バカにするなよ?これでも毎日リハビリもしてるんだ」

さやか「そっか。でも、無理はダメだからね?」

上条「はは、わかってるよ」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:05:07.00 ID:r+i6zxV/0

病院・屋上

さやか「風が気持ちいいね」

上条「うん。部屋にこもってるとケガが悪化しそうだよ」

さやか「あはは、それは大変だね」

さやか(ホントに気持ちいい。今だけは何も悩まなくていいんだ…)

上条「さやか」

さやか「んー?」

上条「改めて、ありがとう」

さやか「どうしたのよ、突然」クスクス

上条「さやかがいなかったら、
    僕はきっと自棄を起こしてこんなに早く快復するなんてこと無かったよ」

さやか「大げさだなぁ。あたしはなんもしてないよ」

上条「そんなこないさ。ホントにさやかには感謝してるんだ」

さやか「わかったわかった。そこまで言うなら、存分に感謝しなさい」

上条だから、言わせて欲しいんだ。さやか……君が好きだ」

さやか「え」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:05:17.67 ID:ZaupGAYT0

上条は普通に治るんだっけか


106 :>>102治らないよ:2011/11/05(土) 06:15:10.20 ID:r+i6zxV/0

さやか(え?なに今の?告白?告白なの?ってか、男じゃん。
     同性じゃん。初めて告白してきた相手が同性とかどうなの?)

さやか(そもそも、告白って自分からするものであってされるとか想定してないんだけど)

さやか「え、え~と。恭介もそういう冗談言うんだ!」

上条「僕は本気だよ」

さやか「そういうのは残念さやかちゃんじゃなくて、もっと可愛い女の子に…」

上条「さやか」

さやか「あ、え?えっとさ、ずっと黙ってたけどあたし実は…」

上条「知ってるよ。男…なんだろ?」

さやか「え……なんで?」

上条「はは、何年一緒にいると思ってるんだい?」

さやか「あ、うん…」

上条「返事、聞かせて欲しい」

さやか「ッ……ごめん!」

ダダダッ、ガチャ、バタン!


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:20:29.61 ID:r+i6zxV/0

上条「…」

上条「はぁ…」

上条(まぁ、わかってはいたさ。正直、自分でも気持ち悪いと思うし)

上条(けど、伝えたい思いは言葉にして伝えないと意味が無い)

上条「これは訓辞だよ。さやか」

上条「誰もいないし、しばらく泣いてても…いいか…」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:24:50.52 ID:r+i6zxV/0

病院・駐車場

さやか「はぁ…はぁ…」

さやか(まだ、バクバク言ってるよ…)

さやか(告白…)

さやか「されたんだよね…」

さやか「って、男じゃ~ん!?」

さやか「いくらあたしでもさすがに男同士とか引くわぁ~」

さやか「やっぱ、付き合うなら可愛い女の子でしょ?」

さやか「…」

さやか(2人とも無事かな…)

さやか「まどか…」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:34:15.51 ID:r+i6zxV/0

某ビル

?「ふ~ん。あれが新しい魔法少女?」パクッ

QB「そうだよ。ところで、どうして君はこの街に?」

?「べっつに~。自分とこはあらかた狩りつくしちまったし、気まぐれだよ」パクッ

QB[そうかい」

?「ん?おい、あれ」パクッ

QB[彼女と一緒にいる魔法少女かい?君とは既知のはずだけど」

?「…」

QB「で、どうする気だい?杏子」

杏子「決まってんじゃん」パクッ、ングング

杏子「ブッ潰しちゃえばいいんでしょ?その子」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:39:07.65 ID:r+i6zxV/0

翌朝

さやか「おはよ、まどか」

まどか「おはよー!さやかちゃん」ティヒヒ

さやか「ん、どした?」

まどか「ううん。いつものさやかちゃんだなって」

さやか「あは、ごめんね?心配掛けて」

さやか(心配されなきゃいけないのはまどかなのに…)

まどか「いいよ。ほら、行こう?」

さやか「え?でも、まだ仁美が…」

まどか「あ…うん。そのことも話すから、とにかく今は学校に行こう」

さやか「え?う、うん…」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 06:51:02.28 ID:r+i6zxV/0

さやか「仁美が魔女に!?」

まどか「うん」

さやか「それで仁美は無事なの?」

まどか「うん。けど、今日は大事を取ってお休みしてもらったの」

さやか「そ、そっか…よかった」ホッ

まどか「でもね、後一歩遅かったから仁美ちゃん。ホントに死んじゃってたかもしれないんだ」

さやか「そう、なんだ…」

まどか「わたしさやかちゃんだけじゃなくて、仁美ちゃんも助けられた」

まどか「魔法少女なってよかったって本気で思ってるよ」

まどか「だから…後悔なんて、あるわけないよ」

さやか「うん…」

さやか(まどか、がんばってるな。あたしは…どうなんだろう?)


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 07:10:59.07 ID:r+i6zxV/0

放課後

マミ「美樹さんなんだか久し振りな気がするわね?」

さやか「やだなーマミさん。今日もお昼一緒に食べたじゃないですか」

マミ「そういえばそうだった気がするわね」

まどか「あの、マミさん…」

さやか「マミさん。あたしもパトロール一緒に行っちゃダメですか」

マミ「美樹さん…。ダメよ」

さやか「マミさん!」

マミ「前回のことで痛感したの。やっぱりこれは遊びじゃないって」

さやか「わかってます!でも、それでも…」

マミ「美樹さん、お願い聞き分けて。これはあなたのためなの」

まどか「わたしが護ります」

マミ「鹿目さん…」

まどか「マミさんには迷惑を掛けません。それならいいですよね?」

マミ「私に迷惑が掛かるとかそういうことでないの。2人とも絶対にダメよ。いいわね?」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 07:20:43.26 ID:r+i6zxV/0

美樹ハウス・エントランス

まどか「さやかちゃん。こんばんわ」

さやか「うん、まどか」

まどか「ティヒヒ、大丈夫だよ。わたしがちゃんと護るから」

さやか「うん。でも、いいのかなマミさんにあんなに止められたのに」

まどか「さやかちゃんから言い出したことなのに」

さやか「それは……そうだけど…」

まどか「大丈夫。今日は魔女もいないみたいだし散歩だと思って気軽にさ」

さやか「じゃあ、うん。少しだけ」

まどか「ティヒヒ、夜のお散歩デート」ボソッ

さやか「まどか?」

まどか「ううん!?なんでもない、ほら行こ!」グイグイ

さやか「ちょ、そんな引っ張んないでって」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 07:33:31.20 ID:r+i6zxV/0

さやか「それでさぁその時、中澤が…」

まどか「ウェヒヒヒ」

まどか「…」ジー

さやか「ん?どうした、まどか」

まどか「ん~ん、やっぱりさやかちゃんは笑ってるほうがいいなって」

さやか「もう、こいつめぇ」ダキッ

まどか「さ、さやかちゃん!くすぐったいよぉ///」ティヒヒ

さやか(楽しい。ひさしぶりに、本当に楽しい)

QB「まどか」

まどか「キュゥべぇ?」

さやか「なんかあんたもひさしぶりな気がするよ」

QB「楽しそうなところ悪いけど、近くに魔女の気配がする」

まどか「!」

まどか「さやかちゃん。絶対に側から離れないでね」

さやか「う、うん」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 07:43:50.94 ID:r+i6zxV/0

QB「結界が不安定だから、おそらく使い魔だね」

まどか「マミさんもいないし、ルーキーにはちょうどいいよ」

さやか「見てまどか!あそこ」

まどか「使い魔が!」ヘンシン

まどか「そこ!」

シュン! …パァン

まどか「弾かれた?」

杏子「ちょっとちょっと、あんた達なにしてんの?」

さやか「誰?」

杏子「あれ使い魔だよ?グリーフシード持ってるわけないじゃん」

杏子「卵生む前のニワトリ絞めてどうすんのさ?」

杏子「人間をもう4.5人食わせて魔女にすればちゃんとグリーフシード孕むんだからさ」

さやか「あんた、なに言ってんの!?魔女に襲われる人たちを見殺しにする気!」

杏子「あんたには話してない。魔法少女でもない奴は黙ってなよ」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 07:59:47.18 ID:r+i6zxV/0

さやか「はぁ?そんなのどうだっていい、そこをどきなよ!」

さやか「まどか急ごう!今ならまだ間に合うよ」

まどか「うん!」

杏子「だ、か、ら。やめろって言ってんじゃん」チャキッ

杏子「あんたらさぁ、大元からわかってないよね?食物連鎖って言葉習わなかった?」

杏子「人間を魔女が喰う。その魔女をあたしたち魔法少女が喰う。それが当たり前のルールっしょ」

杏子「それとも、人助けとかそんなくだらない理由で契約したわけじゃないよね?そっちの、小さいの」

シュン!

杏子「おっと」

まどか「バカにしないで…」

杏子「あん?」

まどか「わたしの願いをバカにしないでよ!!」

杏子「…チッ。しょうがねぇ」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 08:14:36.67 ID:r+i6zxV/0

まどか「う…つぅ…」

杏子「ふぅん。少しは粘るじゃん、トーシロにしてわさ」

さやか「まどか!キュゥべぇやめさせて!」

QB「それは無理だよ。あの戦いに割り込めるの同じ魔法少女だけ。美樹さやか君には介入できない」

QB「はっきり言うよ。君は無力だ」

さやか「そ、んな…」

まどか「うあぁ!?」

さやか「まどか!?」

杏子「これに懲りたら、ちったぁ頭冷やしな」

ほむら「それはあなたの方よ。佐倉杏子」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 08:21:41.04 ID:r+i6zxV/0

杏子「な、誰だてめぇ!?」

ほむら「答える義務は無いわ」

杏子「チッ。あんたが噂のイレギュラーか」

ほむら「これ以上、その子に危害を加えるというのなら私が相手になる」

杏子「まったく手の内が見えないとあっちゃ今は引くしないか」バッ

ダダッ

さやか「は、はぁ…」ヘナヘナ

さやか「ありがとう。転校せ、」

ほむら「まどか。大丈夫」

まどか「はぁ…はぁ…」

ほむら「今、手当てを…」

バシっ

まどか「いい、いらない。帰ろうさやかちゃん」

さやか「え?あ、うん…」

まどか「ごめんね。ちょっとだけ、肩借りるね」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 08:23:45.71 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか、しっかりして」

まどか「ウェヒヒ。ちょっとだけ疲れちゃった」

さやか「ケガは…」

まどか「大丈夫。もう魔法で治したから」

さやか「そっか、よかった」

まどか「行こう」

さやか「うん…」チラ

ほむら「…」

スタスタ


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 08:33:34.90 ID:r+i6zxV/0

マミホーム

マミ(キュゥべぇからの連絡があって鹿目さんが魔法少女と交戦して怪我をしたと聞いた)

マミ(相手はおそらく…)

マミ「鹿目さん…」

マミ「美樹さん…」

マミ「2人とも大切なお友達」

マミ(今の私を見たらあなたはなんていうの?あなたは今どうしてるの?)

マミ「佐倉さん…」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 08:41:05.96 ID:r+i6zxV/0

ゲームセンター

杏子「よう、またあんたか。今度はなんの用だ?」

ほむら「2週間後この街にワルプルギスの夜が来る」

杏子「何故わかる?」

ほむら「それは秘密」

ほむら「それを倒せば、私はこの街を去る。後はあなたの好きにすればいい」

杏子「なるほど」

ほむら「それから昨日の魔法少女、鹿目まどかは私が対処する。あなたは手を出さないで」

杏子「なんでそいつには声を掛けないんだ?」

ほむら「それも秘密」

杏子「はっ、秘密なっかりだな。まぁ、いいよ。
    ワルプルギスの夜とあっちゃ風見野にも影響が出そうだし」

杏子「みすみす狩場を荒らされるのも癪だ。手を貸してやるよ」

スッ

杏子「くうかい?」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 08:55:25.01 ID:r+i6zxV/0

翌日

さやか「まどか、ケガ大丈夫?」

まどか「うん…」

さやか「…」

まどか「…」

さやか「今日さ、放課後どっか行こうよ!気晴らしにパーっとさ」

まどか「うん…」

さやか「まどか。あんな奴の言うこと気にしちゃダメだよ」

まどか「え?」

さやか「まどかは間違ってない!絶対にあたしが保証するよ」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「だから、元気出してよ」

まどか「ありがと。さやかちゃん」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:04:01.41 ID:r+i6zxV/0

さやかと別れて帰り道

まどか「ティヒヒ、ひさしぶりにいっぱい遊んじゃった」

杏子「よう」

まどか「あなた…」

杏子「昨日も一緒にいたあいつ。あいつの為に契約したんだって?」

まどか「…」

杏子「たった1度の奇跡をそんなことに使っちまって」

まどか「さやかちゃんは、あと少しで死んじゃってた。その為に願いを使って何がいけないの」

杏子「命って…そうか…」

まどか「え?」

杏子「悪かったよ。言い過ぎた」

まどか「なにで、急に?」

杏子「別に。そこまで詳しく聞いてなかったからな。ただ、それだけだ」

まどあん「!?」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:07:28.78 ID:r+i6zxV/0

まどか「この気配」

杏子「ああ、間違えなく魔女だ」

まどか「わたしは行くよ」

杏子「あたしだって行くさ。今回は魔女だ無意味な狩りじゃない」

まどか「ティヒヒ、わたし鹿目まどか」

杏子「はっ、昨日はあんなに敵意むき出しだったくせに。佐倉杏子だ」

杏子「くうかい?」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:10:00.06 ID:xzsMC7iu0

すげぇまどかあっさり杏子と仲良くなりやがった


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:18:44.17 ID:r+i6zxV/0

魔女の結界

杏子「2人だとあっという間だな」

まどか「ティヒヒ、そうだね」

杏子「なぁ」

まどか「うん?」

杏子「昨日のあいつ、そんなに大事なのか」

まどか「うん。たぶん、誰よりも…なによりも…」

杏子「…」

まどか「佐倉さん?」

杏子「杏子で、いいよ…」

まどか「杏子ちゃんは、どんな願いで魔法少女になったの?」

杏子「……言いたくない」

まどか「あ、そう…」

タタッ

マミ「鹿目さん!」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:32:11.22 ID:r+i6zxV/0

杏子「あ…」

まどか「マミさん!」

マミ「もう、また無茶して。魔女を見付けたなら連絡を、」

杏子「…」

マミ「佐倉…さん?」

まどか「え?え、知り合い?」アワアワ

マミ「佐倉さん。今までどうしてたの?ずっと心配して」

杏子「やめろよ!」

マミ「!?」

杏子「今更、心配とか…やめてくれよ」

杏子「あたしはもう、あんたとは違うんだ」

タタタッ

マミ「佐倉さん…」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:37:32.12 ID:r+i6zxV/0

まどか「マミさん、杏子ちゃんと知り合いだったんですか?」

マミ「ええ昔、少し」

まどか「まさか、マミさんも?」

マミ「え?」

―――――
―――


マミ「そう、佐倉さんがそんなことを…」

まどか「昔からそうじゃなかったんですか?」

マミ「ええ、家族思いの良い子だったのに…」

まどか「…」

まどか「よし!」

タタタッ

マミ「鹿目さん?」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:43:43.40 ID:r+i6zxV/0

まどか「見つけた、杏子ちゃん!」

杏子「あんた…」

まどか「ねぇ、なんでマミさんとちゃんと話してあげないの?」

杏子「関係ないだろ?」

まどか「関係ないけど、なんにも知らないけど、けど黙ってなんてられないよ!」

杏子「うるせぇ!お節介なんだよ、お前も!マミも!」ヘンシン

まどか「杏子ちゃん。……ッ」

さやか「まどか!」

マミ「佐倉さん!」

まどか「さやかちゃん?」

杏子「マミ…」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:53:47.36 ID:r+i6zxV/0

さやか「マミさんから話聞いて、ダメだよこんなの!」

杏子「……ッ。はっ、ウザい奴にはウザい仲間がいるな!」

まどか「くっ…」スッ

さやか「まどか…。ごめん!」

バッ、ポイッ!

まどか「さやかちゃん!なんてこ、」

さやか「え?まどか?え……?」ダキッ、ユサユサ

マミ「鹿目さん、どうしたの?鹿目さん!?」

QB「今のは拙いよさやか。よりによって友達を投げ捨てるなんて」

杏子「どういうことだよ…こいつ死んでるじゃねぇか!?」

さやか「え?え?なに、どういうことなの?」

QB「君達、魔法少女の本体はあくまでソウルジェム。
   身体はただの外付けのハードウェアでしかないんだ」

杏子「てめぇ…それじゃあ、あたし達ゾンビにされちまったようなもんじゃねぇか!!」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 09:59:20.56 ID:r+i6zxV/0

ほむら「…」スッ

さやか「転校生…」

ギュッ

まどか「…はっ」

さやか「まどか。ごめんね、ごめんね!」

まどか「え?」

さやか「ありがとう、転校生」

まどか「ほむらちゃん…?」

ほむら「美樹さやか。あなたはどこまで愚かなの?」

ほむら「鹿目まどか、巴マミ、佐倉杏子。わかったでしょう?これが魔法少女の真実よ」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:03:04.97 ID:r+i6zxV/0

まどルーム

まどか「あなたはわたし達を騙してたの?」

QB「騙す?」

QB「そんなつもりはないよ。聞かれなかったから答えなかった、ただそれだけさ」

まどか「どうして…わたし達が…」ポロポロ

QB「運命を受け入れてでも、叶えたい願いが君にはあったんだろう?」

QB「それは間違いなく叶ったじゃないか」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:07:30.96 ID:r+i6zxV/0

学校

さやか「まどか…」

まどか「ティヒヒ、大丈夫だよさやかちゃん」

さやか(そんなわけないじゃん…)

仁美「…」

さやか「仁美?」

仁美「あ、いえ。どうかされました?」

さやか「いや、どうかされたのはあんたじゃないの?」

仁美「何でもありませんわ。ええ、本当に」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:13:28.62 ID:r+i6zxV/0

喫茶店

まどか「仁美ちゃん、お話って?」

仁美「わたくし、今までまどかさんに秘密にしてきたことがありますの」

まどか「え?」

仁美「わたくし、今までずっと美樹さやかさんのことお慕いしていました」

まどか「え?」

まどか「で、でも…さやかちゃんは…」

仁美「殿方…ですよね?」

まどか「え、どうして仁美ちゃんが?」

仁美「まぁ、色々です。そんなんことよりも」

仁美「わたくし、明日の放課後…さやかさんに告白します。1日だけ待ちます」

仁美「どうか、後悔の無い決断を」

まどか「…」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:14:28.36 ID:xzsMC7iu0

うあああそうきたかー


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:17:24.57 ID:IUFJAMjW0

さやかバレすぎだろwww


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:19:10.48 ID:r+i6zxV/0

まどか「…」

杏子「…」スッ

まどか「杏子ちゃん…」

杏子「そう身構えるなよ、話がしたいだけだ。ちょっと、付き合ってくれ」

まどか「…うん」

杏子「その前に、ちょっと寄り道させてくれ」

マミルーム

杏子「よう」

マミ「佐倉さんに、鹿目さん?」

まどか「こんばんわ…」

杏子「一緒に来て欲しいところがあるんだ」

マミ「…」

杏子「頼むよ、マミ…さん」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:27:08.42 ID:r+i6zxV/0

教会跡

マミ「ここは…」

杏子「ああ、あたしんちだよ。覚えてるだろ?」

マミ「ええ…。でも、あなたご両親は?それに、モモちゃんも」

杏子「それも、今から話すよ」

―――――
―――


マミ(佐倉さん…そんなことが)

杏子「あんたはあたしと同じ間違いから始まった、だからさ…」

まどか「うぅ…ぐすっ…ヒック…えぇぇ」ポロポロ

杏子「お、おい。なんであんたが泣くんだよ!?」

まどか「だって、だってぇ…」ポロポロ


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:36:08.73 ID:r+i6zxV/0

杏子「とにかく、あんたは間違いから始まったんだ。だから」

まどか「間違いなんかじゃない!」

杏子「は?」

まどか「杏子ちゃんがお父さんの為に祈ったこと、
     家族を助けたいって思ったことは間違いなんかじゃない!!」

杏子「そう…なのかな…」

マミ「佐倉さん。私は自分ひとり生き残ってしまった、
    だからこそ思うわ。あなたは間違ってなんかないって」

杏子「マミさん…」

杏子「あたしは…」ポロポロ

杏子「あたしは、本当は誰かに…そう言ってもらいやかったのかなぁ…」ポロポロ

マミ「佐倉さん」ギュウッ

杏子「マミさん…マミさぁん…」グズグズ


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:46:02.60 ID:r+i6zxV/0

マミ「2人とも落ち着いた?」

まどか「はい…」

杏子「うん…」

マミ「佐倉さん、これから家で暮らさない?」

杏子「え?でも…」

マミ「あなたの素行を知った以上、先輩として野放しには出来ません。これからは家で面倒を見ます」

杏子「うん…」

マミ「正義の少女コンビ復活ね?いえ、鹿目さんもいれたらトリオかしら?」

まどか「わたしは…正義の味方なんて…」

杏子「どうしたんだよ。この前はあんな正義バカだったくせに」

まどか「実は…」


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 10:54:03.31 ID:r+i6zxV/0

まどか「でも、わたしなんにも出来ない…だってわたしもう死んでるんだもん!ゾンビだもん…!」

まどか「抱きしめてなんて言えない。キスしてなんて言えないよ…」

杏子「ちょ、ちょっと待ってくれ。お前とその友達は、えー…レズなのか?」

マミ「佐倉さん。美樹さんは男の子よ」

杏子「え」

マミ「でも、そうね……よし!じゃあ、今から告白しましょう」

まどか「ええっ!?」

杏子「おい、その前にあたしの質問に答えろ!」

マミ「それは流しで。じゃあ、佐倉さん、美樹さんをここに連れてきてくれるかしら?」

杏子「はぁなんであたし!?ってか、質問に」

マミ「行くの?行かないの?」

杏子「…行きます」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 11:04:53.77 ID:r+i6zxV/0

杏子「連れてきました」

さやか「え?なに、なにこの状況?」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「まどか?あんたまで、どうして」

マミ「さぁ、私たちは向こうにいてるから。がんばって」ボソッ

まどか「はい…」

さやか「まどか?」

まどか「さやかちゃんあのね、あの…」モジモジ

さやか「うん?」

まどか「さやかちゃんは魔法少女のこと、どう思う?」

さやか「どうって?」

まどか「その、ソウルジェムのこととか」

さやか「…」

さやか「あたしは……あたしがなにを言っても部外者の無責任な言葉でしかないけど…」


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 11:11:56.02 ID:r+i6zxV/0

さやか「それでも、まどかやマミさんを見る目が変わるわけじゃないし」

さやか「今まで通り、あたしはまどかが好きだよ?」

まどか「あ…///」カァァァ

まどか「わたしも、わたしもさやかちゃんが好き…大好き!」

さやか「おう!さやかちゃんも、まどかが大好きだぞ?」

まどか「違うの、そうじゃないの…」

さやか「うん?」

まどか「えっと…」

マミ『がんばって』

杏子『ぐじぐじしてんじゃねえぞボンクラ』

まどか「あ…」

さやか「?」

まどか『うん』ギュッ

まどか「さやかちゃん、好きです!わたしと付き合って、恋人になってください!」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 11:12:38.49 ID:9RdhuMI60

まどまどさやさや


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 18:37:34.69 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか…」

まどか「…」ガクブル

さやか「…」ダキッ

まどか「あ…」

さやか「まどかはすごいね。面と向かってちゃんと思いを伝えられるなんて」

まどか「さやかちゃん」

さやか「だから、今度はあたしの番かな?」

まどか「うん。聞かせて」

さやか「あたしも、まどかが好き。付き合おっか?」

まどか「うん…うん、うん!ありがとう、すごく嬉しい」ポロポロ

さやか「も~何で泣くかな?こういう時は笑うもんでしょ?」ギュウッ

まどか「さやかちゃん…」ジー

さやか「まどか…」ジー

キース、キース、キース…

マミ「キース、キース、キース…」


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 18:44:41.43 ID:r+i6zxV/0

まどさや「…」

マミ「キース、キー…あ」

さやか「マミさん、何してるんですか?」

まどか「///」

マミ「ん~キスコール?」

杏子「ばばば、バカ野郎!き、ききキスとか中学生にゃ早いって/////////」

マミ「あら?キスくらい今時小学生でもするわよ」

杏子「は、はぁあ!?なわけねぇだろ!」

マミ「佐倉さんは初心で可愛いわね?」ナデナデ

杏子「///」

まどさや「……はぁ」

まどか「雰囲気台無しになっちゃったね」ティヒヒ

さやか「うん。まぁ、でも…こういうのも悪くないかな?」

まどか「ティヒヒ、そうだね!」


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 18:57:36.35 ID:r+i6zxV/0

翌朝

まどか「仁美ちゃん。わたし、さやかちゃんと付き合うことになったから」

仁美「あら、おめでとうございます!」

仁美「ふふ、わたくしも焚きつけた甲斐がありましたわ」

まどか「え」

仁美「さやかさん。わたくし以前から上条恭介君のことお慕いしていました」

さやか「え、あ…うん」

仁美「今日、上条君に告白しようと思います」

さやか「あ、どうぞ…」

さやか(そういえば恭介どうしたかな?
     気になるけど会いたくない、いろいろな意味で。なぜかお尻が緊張するし)

仁美「では、後は若い2人に任せてわたくしは先に行きますわね?」

仁美「~♪」

まどか「え」

さやか(仁美には勝てそうにないな…)


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:07:10.61 ID:r+i6zxV/0

教室

まどか「さやかちゃ~ん」イチャイチャ

さやか(教室についてからこっちまどかはあたしにベッタリ。仁美は気を遣って話しかけてこない)

ガラッ

ほむら「…」

さやか「あ…」

まどか「」ジー

ほむら「…」ガンムシ

まどか「さやかちゃん、ほむらちゃんが気になるの?」

さやか「え?あ、ああ…いや、別に…」

さやか(杏子が言ってた。あいつはワルプルギスの夜って言うすごい魔女を倒そうとしてるって)

さやか「まどか、あいつと仲直りしよう?」

まどか「さやかちゃん?」


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:12:58.46 ID:r+i6zxV/0

まどか「仲直りって、わたしは別に…ほむらちゃんとは元から仲良くないもん」

さやか「それは…そうだけど」

まどか「大丈夫。わたしとマミさんと杏子ちゃん」

まどか「3人でなら、ワルプルギスの夜にも勝てるよ」

さやか「…」

さやか「あたしも、一緒に戦えればいいのに…」

まどか「さやかちゃんが気に病むことなんてないんだよ?」

まどか「これはわたしたち魔法少女の戦いなんだから」

さやか(結局、あたしはまた部外者か…)


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:17:28.91 ID:r+i6zxV/0

放課後

まどか「それじゃあ、わたしマミさんたちとパトロールに行ってくるね」

さやか「うん、気をつけてね」

まどか「バイバイ、さやかちゃん!」

さやか「またね、まどか」

スタスタスタ

さやか「…」

さやか「帰ろっかな」

さやか「……うん?あの後姿…」

ほむら「…」

さやか「…」

さやか「おし!尾行だ」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:22:05.09 ID:r+i6zxV/0

路地裏

ほむら「…」

さやか(こんなトコになんの用なんだ?)

ほむら「ほら、出ておいで…」

さやか(ばれた!?)

ゴソゴソ、トテトテ

エイミィ「ナー」

ほむら「よしよし。ほら、ミルクだよ…」

さやか(なんだネコか…)

ほむら「ふふふ」ナデナデ

さやか(笑ってる。あいつでも笑うんだ…)

ほむら「どうしたら、いいのかな。エイミィ…」

ほむら「私はただ、まどかを…みんなを助けたいだけだったのに…」グスッ


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:30:18.53 ID:r+i6zxV/0

ほむら「なんで、あっちこっちで嫌われなきゃいけないのかな…」ポロポロ

さやか「…」

ガタッ

さやか「転校生!!」

ほむら「え?あ、み、美樹さやか!?どうしてここに///」

さやか「あたしは、あたしはあんたのこと…別に嫌ってない!」

ほむら「え…」

さやか「そりゃ、言うことは偉そうだし、態度はムカつくし、なんか澄ましてて腹立つけど…」

ほむら「」

さやか「でも、嫌いなんてことない!」

ほむら「う…うぅ…」グズグズ

さやか(あ、やべ。マジ泣きだ)


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:32:12.86 ID:AyzsN6a90

ぶっちゃけ優しくされたらほむほむが一番コロッといきそうだよね


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:38:14.58 ID:r+i6zxV/0

さやか「はい…缶コーヒーでいいよね。のむかい?なんて」

ほむら「ありがとう…」

さやか「…」

ほむら「…」

さやか(よく考えたら、あたしこいつとなに話そうと思ったんだっけ?)

ほむら「ごめんなさい…」

さやか「え?いや、缶コーヒーくらい…」

ほむら「そうじゃなくて、あなたに酷いことたくさん言って」

さやか(むしろアウトオブ眼中だった気がしなくも無い)

さやか「そんなことより先に謝ることがあるでしょ」

ほむら「え?」

さやか「よくも、病院に出た魔女の結界の中に置いてけぼりにしてくれたなー!!」ギリギリギリ

ほむら「イダイイダイイダイ…」


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:44:37.63 ID:r+i6zxV/0

さやか「はぁ…はぁ…」

ほむら「死ぬ…」

さやか「ねぇ?」

ほむら「なにかしら?」ファサ

さやか「…」

さやか「あんたさ、なにを知ってるの?」

ほむら「え?」

さやか「ソウルジェムのこと。みんなすごいへこんでたのに、あんたはぜんぜん動揺してなかった」

ほむら「…」

さやか「知ってたんでしょう?最初から。他にもなんか知ってるなら教えて」

ほむら「それは…」

さやか「言えないことなの?」

ほむら「今は、まだちょっと…」


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 19:56:18.43 ID:r+i6zxV/0

さやか「ふ~ん…」

ほむら「…」

さやか「あんたさ、さっきまどかを助けたいって言ってたよね?あれ、どういう意味」

ほむら「あなた、それも聞いてたの!?」

さやか「ぶっちゃけ最初からいたし…」

ほむら「…ッ」

さやか「転校生ってまどかと会ったことあるの?」

ほむら「無いわね」

さやか「じゃあなんで、まどかにこだわるの?」

ほむら「あなたには関係ない」

さやか「さようで…」

さやか(こいつ、なんも話す気ないな)


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:07:54.74 ID:r+i6zxV/0

さやか「悔しいけどさ、魔法少女じゃないあたしはなんも出来ないんだ」

ほむら「…」

さやか「だから、あんたがまどかたちと仲良くして一緒に戦ってくれたらいいと思ってる」

さやか「人任せなんた…かっこ悪いってわかってるけど…」

ほむら「けど、まどかが…」

さやか「わたしがなんとかする!だから…」

ほむら「善処…するわ…」

ほむら「私も1つ謝らせて」

さやか「なにが?」

ほむら「あの病院での戦いで、あなたが来てくれなかったらまどかは死んでたかもしれない」

ほむら「なのに、死にかけたあなたを助けようとするまどかの邪魔をして…本当にごめんなさい」

さやか「けど、それはあんたがソウルジェムのことを知ってたからで…」

ほむら「それでも、人の命には代えられないわ」

さやか「そう思うなら、それをまどかにも言ってあげてよ」


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:15:13.55 ID:r+i6zxV/0

ほむら「聞き入れてくれるかしら」

さやか「大丈夫、今のまどかはちょっと意固地になってるだけだよ。ちゃんと話せばわかってくれるよ」

さやか「まどか、優しいから」

ほむら「知ってるわ」

さやか「…」

ほむら「…」

さやか「ああもう!よし、今から行くぞほむら!」

ほむら「え…?」

ほむら「っていうか、名前…」ボソッ

さやか「もしもしまどか、今どこ?ん、うん。わかった今行くからちょっと待ってて」

さやか「って言うことだから。ほら、行くよ!」グイッ

ほむら「ちょ、引っ張らないで…」

さやか「ほれほれ、早くする」


316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:23:24.31 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか!」

まどか「さやかちゃん!……ほむらちゃん…」

ほむら「…」ソワソワ

さやかつギュ⊂ほむら

まどか「…」ジー

さやか「あのね、ほむらがまどかに話が、」

まどか「なんでさやかちゃんがほむらちゃんと一緒にいるの?」

さやか「まどか?」

まどか「なんで、2人が手を繋いでるの?」

さやか「ま、まどか…?」

まどか「さやかちゃん、わたしのこと好きって言っってくれたよね?あれ、嘘なの?」

さやか「ちょ、まどか。話を…」

まどか「聞きたくないよ!」ダッ

さやか「まどか!」


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:24:31.81 ID:M3OlMD6W0

メンヘラまどかちゃんちゅっちゅしたいお


323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:30:38.47 ID:AZppCRjA0

このまどっちは小説版


324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:32:11.73 ID:oIYa3rX+0

やっぱりまどっちはメンヘラかわいい


326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:33:05.39 ID:r+i6zxV/0

マミ「美樹さん!」

さやか「マミさん、杏子!」

杏子「まどかを探して欲しいって。それにあんたも」

ほむら「…」

さやか「待って、ほむらは敵じゃない。それよりも今はまどかを」

マミ「そうね、四方に分かれましょう。1時間後にまたここで」

さやか「はい!」ダダダッ

杏子「すげー勢い。あたしも行ってくるか、まどかには世話掛けたし」ダッ

マミ「そうね。……暁美さん」

ほむら「なにかしら?」

マミ「敵じゃないという言葉、今度こそ信じてもいいのよね?」

ほむら「…信じて、信じて欲しい!今度こそ、本当に!」

マミ「そう」ニコッ

マミ「さぁ、鹿目さんを探しましょう」

ほむら「ええ」


329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:41:55.09 ID:r+i6zxV/0

まどか(さやかちゃん、なんで…)

まどか(好きって言ったのに…恋人だって言ったのに…)

ショウさん「やっぱさぁ、甘やかしちゃダメっしょ。稼いだ金きっちり貢がせないと」

ロックオン(源氏名)「捨てる時もさぁ本当ウザいッスよね。
            その点ショウさん上手いから羨ましいッスよ」

ショウさん「油断するとすぐ籍入れたいとか言い出すからさぁ」

ロックオン(源氏名)「犬かなんかと思って躾けないとダメッスよねぇ」

まどか(やめてよ…そんな話、聞かせないでよ…)ミミフサギ

まどか「さやかちゃん…」

まどか(さやかちゃんに会いたい…会いたいよ…)


334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:50:04.42 ID:r+i6zxV/0

さやか「見付かった!?」

杏子「こっちはダメだ」

マミ「私のほうもいなかったわ」

ほむら「…」フルフル

さやか「どこ行っちゃったの…まどか」

さやか(あたしはたた、あんたとほむらが)

ほむら「もっとよく探しましょう」

マミ「暁美さん?」

ほむら「鹿目まどかのソウルジェムはそろそろ限界のはず。
     早く浄化しないと取り返しの付かないことになる」

杏子「そいや、浄化しないと…どうなるんだよ?」

ほむら「それは…」

QB「魔女になるよ」

マミ「キュゥべぇ?」

QB「魔法少女のソウルジェムが穢れを溜めすぎ限界に達した時、
   ソウルジェムはグリーフシードを生んで消滅する」

QB「そして魔法少女は魔女となる。それが君達、魔法少女の運命だ」


338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 20:55:31.70 ID:r+i6zxV/0

杏子「嘘…だろ…」

マミ「そんな、私たちが…魔女に…」

ほむら「くっ、インキュベーター!」

ガタッ

さやほむマミあん「!?」

まどか「本当…なの?」

さやか「まどか…!?」

まどか「魔法少女が…わたしが、魔女?」ガクガク

まどか「嘘、嘘だよ…そんな、だって…!」ダッ

さやか「まどか!」

まどか「ついて来ないでよ!」

タタタッ

さやか「まどか……くっ!」

さやか「そんなわけに、いくわけないじゃん!!」

ダッ


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 21:41:16.94 ID:r+i6zxV/0

ほむら「インキュベーター!」

タァン!

QB「」

ほむら「くっ…」

タタタッ

マミ「…」

杏子「…」

杏子「あの…マミ?」

マミ「はぁ…」

杏子「マミは…平気か…?」

マミ「正直、泣き出したい気分だけど…取り乱した他人を見ると、案外自分は冷静でいられるのね」

マミ「それに、想像しなかったわけじゃないの。魂がこの石ころで、その末路も…」ポロポロ

杏子「マミさん…」ギュウ

マミ「ごめん、ごめんね…情けない先輩でごめんね」ポロポロ

マミ「今は…もう少しこのままで…」ギュ


362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 21:54:00.16 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか…まどか!?」

まどか「ついて、来ないでよぉ…!」

コケッ

まどか「あ!?」

ドシャ

さやか「まどか!大丈夫?」

まどか「触らないで!」バシッ

さやか「まどか…」

まどか「わたしね魔女になるんだよ?魂も、身体も…全部穢れて…呪いを振りまく…」

まどか「人を殺す魔女に…こんな穢れた身体じゃ
     さやかちゃんに触れてもらうなんて…抱きしめてもらうなんて」

ギュウッ

まどか「あ…」

さやか「穢れてなんて無い。まどかは、昔も今も優しくて綺麗なまどかのままだよ」ナデナデ

まどか「さやかちゃん…やだよぉ、魔女になんてなりたくない。
     誰も呪いたくなんてない…傷付けたくないよぉ」ポロポロ

さやか「まどかぁ…」ポロポロ


367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:05:57.88 ID:r+i6zxV/0

まどか「さやかちゃん…」グシグシ

まどか「一緒に逃げよう…?」

さやか「まどか?」

まどか「ワルプルギスの夜が来たら戦ってもソウルジェムが持たない、
     戦わなくても死んじゃうかもしれない」

まどか「それなら、いっそ2人で遠くに」

さやか「それはダメ」

まどか「さやかちゃん?」

さやか「そしたら、あたしたちの両親やたっくん、
     仁美や恭介、和子先生クラスのみんなはどうなるの?」

さやか「何も出来ないあたしが、こんなこと言うの間違ってるってわかってるけど…」

さやか「まどかには逃げないで欲しい。魔法少女の、自分の運命から」

まどか「でも…」

さやか「もしもの時は……一緒に死のう?」

まどか「そんなの…そんなのダメだよ!」

まどか「わかった。わたし、戦うよ。わたしがさやかちゃんも街のみんなも全部護るから!」


370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:09:03.37 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか」

チュッ

まどか「さや、///」カァァ

さやか「へへ、強くなれるおまじないだよ///」

まどか「うん///」ギュウ

さやか「ほら、戻ろう?みんなが待ってるよ」

まどか「うん!」


372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:15:01.50 ID:r+i6zxV/0

ほむら「///」

まどか「ほむらちゃん…」

さやか「ほむら…もしかして、見てた?」

ほむら「…///」コクッ

まどさや「///」

ほむら「コホン。まどか、ソウルジェムを出しなさい」

まどか「あ、うん…」

カチン…シュウゥゥゥ

ほむら「これでいいわ」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん」

ほむら「…」ギュッ

まどか「ほ、ほむらちゃん!?」

ほむら「無事でよかった…」グスッ


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:24:37.72 ID:r+i6zxV/0

まどか「迷惑掛けて、ごめんなさい!」

杏子「ったく、心配掛けやがって」ニカッ

マミ「無事でよかったわ」ニコッ

まどか「あの、マミさんたちは大丈夫ですか?」

マミ「ええ、大丈夫よ」

杏子「さっきまでワンワン泣いてたもんな」

マミ「ちょっと佐倉さん、そういうことは言わなくていいの!///」

杏子「おかげで、こっちはあんたの涙で服が湿っちまったよ」

マミ「もう!」プンプン

まどか「ほむらちゃんも、ごめんね」

ほむら「いえ、こちらこそごめんなさい。今までのことも含めて」

まどか「うん。わたしもごめんね?今までのことも」

さやか(やれやれ…どうにかって感じかな)


378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:29:31.77 ID:r+i6zxV/0

ほむホーム

ほむら「急に呼び出してごめんなさい」

マミ「それで、話して言うのは…」

杏子「やっぱ、ワルプルギスの夜のことか?」

ほむら「ええ」

さやか「でよね~」

ほむら「それと、私自身のことも」

まどか「ほむらちゃんの?」

ほむら「ええ」

―――――
―――


382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:40:17.57 ID:r+i6zxV/0

まどか「そんな…私なんかを助けるために何度も…」グスッ

まどか「ごめんね…ほむらちゃん、ごめんね……」ポロポロ

さやか「まどか…」ナデナデ

QB「なるほど、それで合点がいったよ」

ほむら「インキュベーター…!」

杏子「てめぇ…生きてたのか…!?」

QB「暁美ほむら。君が時間を繰り返すことで、鹿目まどかの因果の糸を螺旋状に束ねてしまったんだ」

ほむら「そんな…まさか、じゃあ…」

QB「お手柄だよほむら、君がまどかを最強の魔女に育ててくれたんだ」

ほむら「私、私が…?」ガクガク

まどか「大丈夫だよ」

ほむら「ま、どか…?」

まどか「大丈夫だよほむらちゃん。キュゥべぇ、私は絶望しない、ワルプルギスの夜にも負けない」

まどか「負けられない理由が出来たから」


386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:47:21.46 ID:r+i6zxV/0

ワルプルギスの夜



杏子「さぁ、なんだかやべぇ雰囲気になってきたな」



マミ「佐倉さん、緩めちゃダメよ」



ほむら「今度こそ…決着をつける」



まどか「護ってみせる。みんなを…」

ほむら「来る…」

ワルプルギスの夜「キャハハハハハ!」

マミ「行くわよ!」

杏子「ああ!」

ほむら「まどかは魔力をセーブして、あなただけじゃない。私も巴さんも杏子もいるのだから」

まどか「うん!頼りにさせてね、ほむらちゃん」


391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 22:54:41.82 ID:r+i6zxV/0

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハ!」

杏子「クソ、獲物の関係で相性が悪い」

ほむら「杏子、これを使いなさい!」

杏子「なにこれ?ロケットランチャー?」

ほむら「簡単に使い方を教えるわ」

杏子「お、おう」

マミ「佐倉さん、暁美さん、鹿目さん、同時に行くわよ!」

マミ「ティロ・…」

まどマミあん「フィナーレ!!」

ほむ「……フィナーレ///」

バン!バンバンバン!

杏子「…これ楽しいー!!」

ドンドン!バンバン!

マミ「銃器を持たせちゃいけないタイプね、佐倉さん」

ほむら「以後、気を付けるわ」


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:07:33.55 ID:r+i6zxV/0

避難所

さやか「みんな、大丈夫かな…」

さやか「ほむら、マミさん、杏子、まどか…」

さやか(よし!)

さやか「お父さん、お母さん。あたし、行かなきゃいけないところがあるんだ」

さやママ「行くって、こんな時にどこに」

さやパパ「それは、お前じゃなきゃダメなのか?」

さやか「わからない。行ったてなにが出来るかなんてわからない。
     けど、ここでジッとしてなんていられないんだ」

さやパパ「そうか…行ってきなさい。さやか」

さやママ「あなた!?」

さやパパ「お前は、俺達の都合で女として育ててきた。
      けど、心はちゃんと男として成長してくれてたんだな。嬉しく思うよ」

さやか「お父さん…」

さやパパ「さやか…行ってきなさい」ニコッ

さやか「うん、行ってきます!」


399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:20:18.25 ID:r+i6zxV/0

ワルプルギスの夜「キャハハハ!アハハハハ!!」

杏子「くっ、そ…」ボロッ

マミ「4人がかりでも…ダメなの…?」ボロッ

ほむら「なんどやっても、あいつに勝てない…」カチッ

ほむら「繰り返せば繰り返すほど、まどかの因果が増える…なにより…」

ほむら「初めて、誰一人失わずにここまで来れたのに…
     みんなとわかれたくない…私は、ここにいたい…」ポロポロ

まどか「杏子ちゃん、マミさん、ほむらちゃん…」ボロッ

まどか「…」グッ

まどか「みんな、ごめんね」

ワルプルギスの夜「アハハ!キャハハハ!」

まどか「フィニトラ・…」

キュイーン…

まどか「フレティア!!」

バシュン!!


402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:26:55.72 ID:ZQCWnzyn0

マミさんもビックリの必殺技


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:22:23.47 ID:r+i6zxV/0

タッタッタッ

さやか「はぁ…はぁ…!」

さやか「空が?」

さやか「倒したんだ、ワルプルギスの夜を!」

さやか「まどか、ほむら、マミさん、杏子…みんな!」


404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:29:37.12 ID:r+i6zxV/0

ほむら「まどか!?あなた、なんで?!」

まどか「あ、ぐぅ…」

ほむら「そうだ、グリーフシード、グリーフシードは!?」

マミ「もう、無いわ…」

ほむら「そんな。まどか、なんで?なんでなの!?」

まどか「え、へへ。ごめん…ね?みんなを護り、たくて…」

杏子「バカ野郎!それでお前が死んじまってどうするんだよ!」

杏子「さやかは、さやかはどうすんだよ!?」

まどか「上手く、誤魔化してもらって」

杏子「出来るわけねぇだろ!」

QB「どうやら潮時のようだね」

ほむら「消えなさい、インキュベーター…」

QB「そうはいかないよ。感情エネルギーの相転移、それを回収するのが僕らの使命だからね」

カツンッ

さやか「はぁ…はぁ…ま、どか…?」


408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:37:35.52 ID:r+i6zxV/0

さやか「まどか!まどか、しっかりして!!」

まどか「ティヒヒ、ごめん…ね?」

さやか「いやだ、まどか死なないで!」

まどか「ごめんね、もう…無理、みたい…だから、これ…」スッ

まどか「わたし、の…ソウルジェム、さやかちゃんが砕いて?」

さやか「出来ない、出来ないよ!?」

まどか「お願い、さやかちゃん、
     は…生きて、わたしの分も…わたしは、ただ、それだけでいい、から…」

さやか「まどかぁ…」ポロポロ

さやか「……」

さやか「待って…そうだ、キュゥべぇ!」

QB「なんだい?美樹さやか」

さやか「あたし、あんたと契約する!」

ほむら「な、さやか。あなた、なにを言ってるの!?」

QB「そうだよ。さやか、それに君とは契約は不可能だともう説明しただろう?」


415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:51:30.61 ID:r+i6zxV/0

さやか「あんた、言ったよね。まどかは別の時間軸のまどかの因果と関係してるって」

さやか「そして、ほむらが言った。未来のあたしは本来女だって、
     なら別の時間のあたしの因果であたしも契約できるかもしれない」

さやか(もう、その可能性に縋るしか…)

QB「面白いね。確かに君は、僕や魔女の存在を認識できる唯一の少年だ」

マミ「美樹さん、考え直して?まだ何か方法が…」

ほむら「さやか、あなたはそれでいいの?」

さやか「うん。まどかには助けられた、今度はあたしの番だよ」

QB「聞かせてごらん。君の願いを」

さやか「まどかを…ううん。魔女の生まれない、誰も苦しまない世界にして!」

QB「さやかそれはさすがに無理だよ。世界のルールを書き換えるほどの願いを、
   契約が出来るかどうかの君が叶えられるはずもないだろう?」

まどか「な、ら…ハァ、わたしの魔力を、さやかちゃんハァ、に…あげるよ…」

さやか「まどか?」

まどか「わた、し…ハァの、願いは…さやかちゃんを…助けること…」

さやか「まどか…」

まどか「助けるよ?…さやかちゃん、のこと…いつでも…どんな時も…」ニコッ


416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 23:52:55.56 ID:AyzsN6a90

そういえば男なのにQB見えてたな


420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:01:11.28 ID:p3WtbEt/0

QB「まどかの魔女化が早いか、さやかの因果を補えるのか。そもそも、さやかは本当に契約が可能なのか」

QB「魔法少女は条理を覆す存在だ。いいだろう、見せてもらいたいな。君達が本当に奇跡を起こせるのか」

QB「言ってごらん美樹さやか。君の、君達の祈りを」

さやかはまどかをそっと抱き起こし、まっすぐにインキュベーターを見つめる
まどかの差し出したソウルジェム、まどかの魂をその指先ごとそっと握り締めながら

さやか「あたしの願いは、これ以上、魔女の生まれないよう世界を書き換えること!」

さやか「もう誰も泣かせない、誰も苦しませない!」

さやか「それがあたしの願い、あたしの祈り…」

さやか「さぁ、叶えろ!叶えてみせろ、インキュベーター!!」


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:10:12.04 ID:p3WtbEt/0

エピローグ

さやか「おはよー!」

ほむら「おはよう。さやか」

マミ「美樹さんおはよう」

さやか「2人だけ?」

ほむら「すぐに来るわ。ほら、後ろ」

まどか「おはよう!」

ほむら「おはよう。まどか」

マミ「おはよう、鹿目さん」

さやか「おっはよ、まどか」

まどか「うん!」

マミ「さぁ、遅れないうちに行きましょう?」

ほむら「はい」


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:19:52.74 ID:p3WtbEt/0

まどか「そういえば最近、仁美ちゃんは?」

さやか「ああ、なんか恭介と一緒に登校してるっぽいよ?」

まどか「ティヒヒ、2人とも仲良しさんだね」

ほむら「傍から見ればあなた達も十分そうよ」

マミ「そう言えば、今日あなた達のクラスに転校生が来るわよ?」

ほむら「転校生?またですか?」

さやか「またって言うか、1人目はあんただけどね」

マミ「ええ。最近拾った、可愛い子犬が…ね?」

杏子「マ~ミ~…」

マミ「佐倉さん?あなた、先に職員室に行くように言ったじゃない」

杏子「職員室ってどこだよ~」

さやか(マミー…お母さん?)

ほむら(お母さん?)

まどか(お母さんだねティヒヒ)


432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:25:49.00 ID:p3WtbEt/0

マミ「案内したいけど、ここからだと三年生のクラスがある棟は遠いし…」

ほむら「私が案内します」

マミ「いいの?」

ほむら「ええ。同じ転校生だから勝手もわかりますし」

マミ「そう?じゃあお願いしようかしら」

ほむら「はい。それじゃあ、また後でね?まどか、さやか。ほら、行くわよ杏子」スタスタ

杏子「お、おう!って、先行くなよ?!お前ら、また後でな!」タタタッ

マミ「それじゃ、私も。またお昼休みにね?」

さやまど「はい!」


435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:36:40.29 ID:p3WtbEt/0

さやか「あたし達も行こっか」

さやか(世界のルールが変わって魔女は生まれなくなった)

さやか(代わりに魔獣という怪物が生まれるようになったけど、今はおおむね平和かな)

さやか(そういえばキュゥべぇが、魔女に比べてエネルギー回収の効率が~とか言ってたな)

さやか(マジwwwwざまぁwwwww)

まどか「さやかちゃん!」ギュ

さやか「ん、どした?」

まどか「えっと…」キョウロキョロ

まどか「さやかちゃん…ん~」

さやか「ちょ、まどか…ここ学校…」

まどか「ん~」

さやか「はぁ…聞き分けのないお姫様だよ、まったく…」

さやか(まぁ、イヤじゃないけどね)

チュッ


おわり


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:37:57.06 ID:kdDPLnpt0

乙です
さやかくんマジさやさや



457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 00:57:23.32 ID:RjGGPZMaO


このさやかちゃんマジ安定




魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet,漫画:アンソロジー

芳文社

Amazonで詳しく見る

プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ スペシャルパック BOXプレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ スペシャルパック BOX


エンスカイ 2011-11-11
売り上げランキング : 2369

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/11/07 00:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(8)
源氏名吹いたww
[ 2011/11/07 01:19 ] [ 編集 ]
せっかくち○こ付いてるのに有効に使えや
[ 2011/11/07 02:23 ] [ 編集 ]
話の都合とはいえあんこちゃんに負けてるし、全然最強の魔法少女じゃないな、このまどか。
超ド級のバ火力が出せるけど代わりに他がダメダメなんだろうか。
[ 2011/11/07 03:14 ] [ 編集 ]
さやかが男だったらこんなに平和なのか
本編でも男ならまた違った展開を見せてただろうな
[ 2011/11/07 12:46 ] [ 編集 ]
本編の展開をさやかの性別のせいととらえてる時点で分かってない
とりあえず面白かった
[ 2011/11/07 23:37 ] [ 編集 ]
>アーメン アーメン ゴスペル アーメン
まさか『remember』とは…いい曲聴いてるじゃないかまどか
[ 2011/11/08 11:10 ] [ 編集 ]
ほむほむのコミュ能力が大幅に強化されてる時間軸あれば
割とハッピーエンド近いんじゃなかろうか。
[ 2011/12/07 01:40 ] [ 編集 ]
てか中澤君…生って…
[ 2012/08/14 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。