素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

向日葵「櫻子とデートですわ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:08:21.95 ID:g9n/k0J20

プルルルル…プルルルル…

向日葵「……もしもし古た…何だあなたですの」

向日葵「……ええ、向日葵ですわ、あと用が無ければ電話なんてしませんわ」

向日葵「明日は時間空いてます?良かったらどこか行きませんこと?」

向日葵「……な、何ですのその口の聞き方は!」

向日葵「と、とにかく、明日の朝に駅前ですわ!いいですわね!」

ガチャッ

向日葵「ふぅ……無事に電話できましたわ」




 
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:13:22.22 ID:g9n/k0J20

~当日朝~

向日葵「……櫻子」

櫻子「はい」

向日葵「何で遅刻したのか説明してもらいますわ」

櫻子「昨日徹夜でゲームしてました」

向日葵「このアホ!」ペシッ

櫻子「痛っ!何もぶつことないじゃん!」

向日葵「少しは反省の色を…はぁ、とにかく行きますわよ」

櫻子「はいはい……」

櫻子(見てろよ…絶対後で見返してやる!)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:18:22.07 ID:g9n/k0J20

~回想~

櫻子「さて、明日は向日葵と遊びに行くわけだけど……」

櫻子「どうにかしてあいつを見返してやりたい!」

櫻子「何だかんだでいっつもあいつに負けてばっかりだからなあ……」

櫻子「うーん、あいつと勝負して勝てそうなもの……」

櫻子「……そうだ、ゲーム!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:23:22.18 ID:g9n/k0J20

櫻子「いやー、結構身近にあるもんだね!何で気付かなかったんだろう!」

櫻子「音ゲーなら向日葵にも絶対勝てる!明日ゲーセンでぎゃふんと言わせてやるぞ!」

櫻子「そうと決まれば特訓だ!寝てなんかいられるかー!!」

デュクシッ

櫻子「痛ァッ!?」

撫子「うるさい、さっさと寝ろ」

バタンッ

櫻子「……イヤホン付けてやるか」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:28:22.60 ID:g9n/k0J20

~回想終わり~

向日葵「それじゃあまずは……」

櫻子「ゲーセン!ゲーセン行きたい!」

向日葵「あなた…それが遅刻して来た人の態度?」

櫻子「ビートナモリで勝負だ!向日葵!」

向日葵「……勝負?」

櫻子「そう!負けた人は今日のお昼おごりな!」

向日葵「……上等ですわ、受けて立ちますわよ!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:33:22.02 ID:g9n/k0J20

~ゲームセンター~

向日葵「これがビートナモリ……」

櫻子「ルールは三本勝負、曲は毎回ランダム、先に二勝した方が勝ちな!」

向日葵「なるほど…画面を見て、曲に合わせてボタンを押すんですのね」

櫻子「そう、それじゃあ行くぞ!決して手加減しないからな!!」

向日葵「それはこっちのセリフですわ、櫻子!」

Ready Go!


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:38:22.02 ID:g9n/k0J20

櫻子「はああああああああっ!!」ガガガガガ

向日葵「えいっ、えいっ」トントントン

京子「おーい、おっぱいちゃん、ちっぱいちゃ」

櫻子「静かにしてください!」ガガガガガ

向日葵「今勝負してて……え、ちょ、これ無理……」トントントン

綾乃「二人ともここに来てたのね……歳納京子、このゲーム何?」

京子「ビートナモリだよ、画面の動きと曲に合わせてボタンを押すゲームなんだ」

綾乃「へー……聞くだけだと簡単そうだけど」

京子「ところがどっこい……見てみなよ」

1P Rank AA  2P Rank C


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:43:22.24 ID:g9n/k0J20

綾乃「えっ!?いくら何でも差がつきすぎじゃない?」

京子「経験者じゃないとかなり難しいゲームなんだよ……ひまっちゃんは初心者かな?」

向日葵「は、はい」

京子「初心者でもこの曲でランクC取れれば上出来だよ、素質があるね」

向日葵「そ、そうですか……」

京子「櫻子ちゃんは見たところ経験者か」

櫻子「はい、かなり自信がありますよ」フフン

京子「さすがに初心者に本気出すのは大人気ないな、いくら相手がひまっちゃんでも」

櫻子「うっ…」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:48:22.10 ID:g9n/k0J20

京子「仕方ないな、ひまっちゃん代わって」

向日葵「え?」

京子「今から櫻子ちゃんに私の本気を見せてあげるよ……よく見てて」

向日葵(歳納先輩の目つきが変わった……?)

京子「櫻子ちゃん、勝負の途中なんだっけ?」

櫻子「は、はい…三回勝負の一回戦目でした」

京子「じゃあ二回戦目だけはひまっちゃんの代わりに私がプレイするよ、ハンデとして」

櫻子「……わ、分かりました」

京子「久々に腕が鳴るな……それじゃあ行くぞっ!」パキポキ

Ready Go!


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:53:22.10 ID:g9n/k0J20

京子「まっ、ざっとこんなもんよ」

櫻子「フ、フルコンボ……!?」

向日葵「指の動きが見えなかったですわ……」

向日葵(でも…今のプレイを見ていて、何となくコツは見えたような気がする…)

京子「それじゃあ私はこのへんで」テクテク

綾乃「ああっ、待ちなさい!」タッタッ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:58:22.02 ID:g9n/k0J20

櫻子「………」ポカーン

向日葵「……櫻子、勝負はまだついていませんわ」

櫻子「そ、そうだった!お前には絶対負けないからな!!」

向日葵「こっちこそ、今度は勝たせてもらいますわよ!」

Ready Go!


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:03:22.13 ID:g9n/k0J20

~和風料理店~

イラッシャーセー

櫻子「結局最後の勝負は二人とも同スコア……」

向日葵「引き分けでよろしいですわね、昼食はそれぞれ自腹ですわ」

櫻子「くっそー、次は絶対に勝ってやるからな!」

向日葵「こっちこそ、今度はこてんぱんにしてあげますわ!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:08:22.16 ID:g9n/k0J20

あかり「櫻子ちゃん、向日葵ちゃん」

櫻子「あれ、あかりちゃんじゃん」

向日葵「千歳先輩も…お二方ともお食事ですか?」

千歳「そうやで、ここのお蕎麦は美味しいんや」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:13:21.97 ID:g9n/k0J20

櫻子「へえー、とりあえず目に付いた店に入ったから……知らなかったです」

千歳「何度も来たくなること間違いなしやで」

向日葵「覚えておきますわ…ありがとうございます」

千歳「おおきにー」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:18:22.13 ID:g9n/k0J20

店員「ご注文はお決まりですか?」

櫻子「肉そばとミニいくら丼!」

向日葵「それじゃあ…天ぷらそばと白玉あんみつで」

店員「かしこまりました、しばらくお掛けになってお待ちください」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:23:22.10 ID:g9n/k0J20

~店外~

櫻子「ふいー、食った食ったー」

向日葵「よくそんなに食べれますわね……」

櫻子「向日葵も結構食べてたじゃん」

向日葵「甘いものは別腹ですわ」

櫻子「ふーん……で、次どこ行くの?」

向日葵「洋服でも見に行きませんこと?」

櫻子「そうだね……良いものあるといいけど」

向日葵「まあ、行ってみないことには分かりませんけどね」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:28:21.98 ID:g9n/k0J20

~ブティック~

櫻子「………」キョロキョロ

向日葵「……どうしたんですの、周りを見渡して」

櫻子「……私、普段こういう店入らないからさ」

向日葵「えっ、じゃあ普段着はどこで買ってるんですの?」

櫻子「母さんが適当にユニ○ロで買ってくる」

向日葵「そうですの……」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:31:19.24 ID:JiFjayn50

確かにゆるゆりのキャラが普通に一人で服屋入って衣服物色しているのには違和感があった
中学生の服ってお母さんに買って来てもらうものだろう



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:33:15.79 ID:oWtw6V4U0

女子中学生を舐めるな


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:33:22.09 ID:g9n/k0J20

櫻子「うーん、何がいいのかな……」

向日葵「大分目移りしますわね」

櫻子「……あれ、今そこにいるの、ちなつちゃんじゃない?」

向日葵「あっ、本当ですわ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:38:21.96 ID:g9n/k0J20

櫻子「……ねえ、ちなつちゃん」

ちなつ「あれ、櫻子ちゃんに向日葵ちゃん」

向日葵「どうも」

ちなつ「二人ともここで何してるの?」

櫻子「ちょっとショッピング」

ちなつ「ふぅん……」

向日葵「吉川さんは何を?」

ちなつ「結衣先輩とデートなんだ、今先輩は試着室にいるけど」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:43:22.00 ID:g9n/k0J20

結衣「お待たせ……って大室さんに古谷さん」

櫻子「どうもー」

向日葵「ご無沙汰してます」

結衣「二人とも今日はお出かけ?」

向日葵「ええ、ちょっと」

ちなつ「ゆ、結衣先輩……凄く似合ってます!」

結衣「そうかな……ちなつちゃんも着てみる?」

ちなつ「はい、じゃあちょっと待っててくださいね」

櫻子(……何でちなつちゃんセーターの匂いなんて嗅いでるんだろ)


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:48:22.19 ID:g9n/k0J20

ちなつ「お待たせしましたー」

櫻子「おおっ」

向日葵「とても可愛らしいですわ」

結衣「うん、私もそう思う」

ちなつ「ほ、本当ですか!?」

櫻子「船見先輩も似合ってたけどちなつちゃんも似合うよ」

ちなつ「そっか、ありがと」

結衣「じゃあ、これ二着買っちゃおうか」

ちなつ「あっ、いいですねそれ!」

向日葵(吉川さんが嬉しそうな顔をしていますわ)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:53:22.06 ID:g9n/k0J20

ちなつ「じゃあ私が会計を…」

結衣「いや、午前中髪留め買ってもらったことだし、私が払うよ」

ちなつ「すみません…ありがとうございます」

向日葵「髪留め、と言うと?」

ちなつ「これだよ、ほら」ゴソゴソ

櫻子「おお、綺麗」

ちなつ「でしょー?高かったんだから、これ」

櫻子(いくらしたのかな……?)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:58:22.00 ID:g9n/k0J20

~帰り道~

向日葵「ふぅ……今日はかなり長い一日でしたわね」

櫻子「そうだなー、お前と一緒だった割には楽しかったけど」

向日葵「私の存在はあなたにとって何なんですの……」

櫻子「……何なんだろうね」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:03:22.23 ID:g9n/k0J20

向日葵「まっ、私も楽しかったことですし、良しとしますわ」

櫻子「何だよその上から目線」

向日葵「誘ったのは私ですわよ」

櫻子「そうだったね」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:08:22.02 ID:g9n/k0J20

向日葵(……さて)

向日葵(今日、もうちょっと素直になっても良かったのかしら)

向日葵(よくよく考えると、いつも通りの付き合いをしていただけだったけど……)

向日葵(……もしかしたら、この距離感が一番いいのかも知れませんわね)


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:13:22.08 ID:g9n/k0J20

櫻子(私にとっての向日葵の存在、か……)

櫻子(小さい頃からの腐れ縁、だけじゃ言い表せないのも確かだな……)

櫻子(じゃあ一体何なんだよ、って言われても答えられない……)

櫻子(……親友?それは無いか)

櫻子(……カップル?もっと無いな)


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:18:22.13 ID:g9n/k0J20

向日葵「……ねえ」

櫻子「ん?」

向日葵「また、一緒にどこかに行きませんこと?」

櫻子「そうだね…ビナモの勝負、まだついてないし」

向日葵「そうですわね、次は絶対に勝ってみせますわよ!」

櫻子「こっちだって!もっと練習積んで圧勝してやる!!」

向日葵「……ふふっ」

櫻子「……へへっ」


おわり


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:20:00.67 ID:e+Cm8vXO0


ひとつめ終了だな



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:22:44.96 ID:CL+WmjNS0

おつ


_________________________________

綾乃「歳納京子と…デート…!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:07:21.94 ID:g9n/k0J20

プルルルル…プルルルル…

綾乃「……も、もしもし、歳納さんのお宅ですか?」

綾乃「杉浦です……え、えーっと、京子さんを…お、願いします」

綾乃「……あ、と、歳納京子?」

綾乃「……そ、その、明日って暇かしら?」

綾乃「……よ、良かったら一緒に買い物に行ってもいい?」

綾乃「……ほ、本当!?」

綾乃「……分かったわ、ち、遅刻は…罰金バッキンガムなんだからっ!」

ガチャッ

綾乃「よ、良かったぁ……」ガクン


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:12:22.39 ID:g9n/k0J20

~当日朝~

綾乃「全く…遅いったらありゃしないわね……」

京子「ごめんごめん、ちょっと寝坊したー」タッタッ

綾乃「遅いわよ歳納京子!十分の遅刻!」

京子「いやー、昨日徹夜でゲームしててさ……」

綾乃「全くもう……しょうがないわね」ハァ

京子「この埋め合わせはちゃんとするからさ」

綾乃「……絶対よ?」

京子「もちろん、私約束はちゃんと守る女だから」

綾乃「じゃあ遅刻しないで来なさいよ!!」フガー

京子(そういえば結衣は今頃何してるんだろ)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:17:22.11 ID:g9n/k0J20

~回想~

京子「明日は綾乃とデートか……ちょっと結衣に相談しよう」

プルルルル…プルルルル…

京子「あっ、結衣?」

京子「……うん、ちょっと相談事なんだけどさ」

京子「……明日、綾乃とデートすることになったんだよ」

京子「……いや、誘ったのは綾乃の方」

京子「……うん、それでさ、何か気をつけることとかあるかな?」

京子「……そこらへんは大丈夫だって」

京子「……大丈夫、するわけないじゃん」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:22:21.96 ID:g9n/k0J20

京子「……へへっ」

京子「……ところで結衣は明日何してんの?」

京子「……えっ!?いーなー!羨ましいー!!」

京子「……それとこれとは別!」

京子「……はいはい、分かりました」

京子「……おう、お休みー」

ピッ

京子「……さーて、ここの隠しボス倒したら寝るか」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:27:21.85 ID:g9n/k0J20

~回想終わり~

綾乃「それで、まずはどこに行く?」

京子「うーん…ゲーセンにしようかな」

綾乃「あなた本当にそういうの好きね」

京子「そうだ、向こうで何でも好きなものおねだりしていいよ」

綾乃「ほ、本当!?」

京子「もちろん!さっき埋め合わせする、って言ったしね」

綾乃「やった!絶対よ!本当に何でもよ!!」

京子「分かってるって」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:32:22.03 ID:g9n/k0J20

~ゲームセンター~

京子「さーて、何か欲しいものある、綾乃?」

綾乃「そうね……」チラッ

京子「よし、あのぬいぐるみか」ダッ

綾乃「ちょ、取れるわけないでしょ!大きいし奥のほうにあるし……」

京子「大丈夫、一発で十分取れるって」チャリン

綾乃「本当に……?」

京子「本当だよ…まあ見てなって」ウィーン

綾乃「………」ドキドキ

京子「……そこだっ!」バチコーン

……ポトッ

綾乃「ほ、本当に取れた……」ポカーン

京子「ふふっ、これが私の実力だよ!」

綾乃「凄いわね……ま、まあこれで朝の遅刻は許してあげるわ」

京子「どうも……おや、あそこにいるのは」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:37:22.13 ID:g9n/k0J20

櫻子「はああああああああっ!!」ガガガガガ

向日葵「えいっ、えいっ」トントントン

京子「おーい、おっぱいちゃん、ちっぱいちゃ」

櫻子「静かにしてください!」ガガガガガ

向日葵「今勝負してて……え、ちょ、これ無理……」トントントン

綾乃「二人ともここに来てたのね……歳納京子、このゲーム何?」

京子「ビートナモリだよ、画面の動きと曲に合わせてボタンを押すゲームなんだ」

綾乃「へー……聞くだけだと簡単そうだけど」

京子「ところがどっこい……見てみなよ」

1P Rank AA  2P Rank C


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:42:22.16 ID:g9n/k0J20

綾乃「えっ!?いくら何でも差がつきすぎじゃない?」

京子「経験者じゃないとかなり難しいゲームなんだよ……ひまっちゃんは初心者かな?」

向日葵「は、はい」

京子「初心者でもこの曲でランクC取れれば上出来だよ、素質があるね」

向日葵「そ、そうですか……」

京子「櫻子ちゃんは見たところ経験者か」

櫻子「はい、かなり自信がありますよ」フフン

京子「さすがに初心者に本気出すのは大人気ないな、いくら相手がひまっちゃんでも」

櫻子「うっ…」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:47:22.15 ID:g9n/k0J20

京子「仕方ないな、ひまっちゃん代わって」

向日葵「え?」

京子「今から櫻子ちゃんに私の本気を見せてあげるよ……よく見てて」

綾乃(歳納京子の目つきが変わった……?)

京子「櫻子ちゃん、勝負の途中なんだっけ?」

櫻子「は、はい…三回勝負の一回戦目でした」

京子「じゃあ二回戦目だけはひまっちゃんの代わりに私がプレイするよ、ハンデとして」

櫻子「……わ、分かりました」

京子「久々に腕が鳴るな……それじゃあ行くぞっ!」パキポキ

Ready Go!


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:52:22.10 ID:g9n/k0J20

京子「まっ、ざっとこんなもんよ」

櫻子「フ、フルコンボ……!?」

向日葵「指の動きが見えなかったですわ……」

綾乃(カッコいい……)

京子「それじゃあ私はこのへんで」テクテク

綾乃「ああっ、待ちなさい!」タッタッ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:57:22.10 ID:g9n/k0J20

京子「……どうだった、綾乃?」

綾乃「えっ?」

京子「今の私のプレイ、カッコ良かった?」

綾乃「……ち、ちょっとはね」ポッ

京子「そっか、そりゃ良かった」

綾乃「………」カアァ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:02:22.10 ID:g9n/k0J20

~ファミリーレストラン~

イラッシャイマセー

京子「今日はドリンクが半額なんだよねー、ここ」

綾乃「そうなの?」

京子「うん、締め切り直前でアイデアが出なくなった時にはよくコーヒー一杯で粘るんだ」

綾乃「それって他のお客さんに良くないんじゃ……」

イラッシャイマセー

京子「お、あそこにいるのは……おーい、結衣、ちなつちゃーん」

綾乃「人の話聞きなさいよ……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:07:22.02 ID:g9n/k0J20

京子「よっ、上手くやってる?」

結衣「そっちこそ上手くやってるか?」

京子「もう完璧だよ、遅刻したこと以外は」

結衣「やっぱり遅刻したのか……」

ちなつ「京子先輩!何でこんなところにいるんですか!杉浦先輩はいても構いませんけど」

綾乃「あ、私はいいんだ」

京子「もちろんお昼を食べるためだよ、ここ今日ドリンクが半額だからさ」

結衣「あー、前にそんなこと言ってたような……」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:12:22.29 ID:g9n/k0J20

綾乃「……ねえ、吉川さん」コソッ

ちなつ「何ですか?」コソコソ

綾乃「船見さんとの仲は進展した?」コソコソ

ちなつ「もちろんですよ、お揃いの髪留めも買っちゃいましたから…これです」コソッ

綾乃「あっ、いいわねそれ」

ちなつ「そこの雑貨屋さんに売ってたんですよ、杉浦先輩もいかがですか?」

綾乃「べ、別に私お揃いじゃなくても……」ポッ

ちなつ「……杉浦先輩、もうちょっと素直になった方がいいですよ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:17:22.06 ID:g9n/k0J20

結衣「それじゃあ私達はあっちに座るから」

京子「おう!じゃあね!」

綾乃「また学校でね、船見さん、吉川さん」

ちなつ「はい、それでは」

京子「……綾乃」

綾乃「な、何?」

京子「ちなつちゃんと何の話してたの?」

綾乃「……秘密」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:22:22.07 ID:g9n/k0J20

~店外~

アリガトウゴザイマシター

京子「ふー、食った食ったー」

綾乃「あなた、ラムレーズンばっかり食べすぎよ?」

京子「ラムレは別腹」

綾乃「全く……」

綾乃「さて、今度はどこに行く?」

京子「雑貨屋さん寄っても良い?同人誌の資料の為に買いたい物もいくつかあるんだ」

綾乃「そうね、じゃあそこに行きましょうか」

綾乃(さっき吉川さんが言ってた髪留めも見ておきたいしね)


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:27:22.20 ID:g9n/k0J20

~雑貨屋~

京子「さて、色々物色するかな……」

綾乃「本当にたくさんあるわね……」

綾乃(吉川さんの持っていた髪留めってどこにあるのかしら?)

京子「綾乃、こっちこっち」

綾乃「ち、ちょっと、置いてかないでっ!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:32:22.11 ID:g9n/k0J20

京子「うーん……」

綾乃「……何を悩んでるの?」

京子「背景の小物に何を使おうかなー、って」

京子「ミラクるんの部屋の棚が本だけだと寂しいじゃん?」

綾乃「確かにね……ぬいぐるみとかどうかしら?」

京子「あっ、いいねそれ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:37:22.08 ID:g9n/k0J20

京子「さて、ぬいぐるみと……」ゴソッ

綾乃「ペン立ては?」

京子「うん、そうだな…ペン立て良いね……」ヒョイッ

綾乃「こんなもんかしらね、女の子の部屋にあるものといったら」

京子「そうだな……ありがと、綾乃」

綾乃「ど、どういたしまして」ポッ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:42:22.13 ID:g9n/k0J20

綾乃「……ね、ねえ歳納京子」

京子「ん?」

綾乃「ちょっと見てみたいものがあるんだけどいい?」

京子「いいよー、何?」

綾乃「髪留めなんだけど……」

京子「そうか……そこらへんのコーナーじゃない?」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:47:22.15 ID:g9n/k0J20

綾乃(えーっと、吉川さんの言ってたのは……)

京子「うおっ、これ可愛いけど高いなー」

綾乃「どれどれ……えっ、一個税込み1890円!?」

綾乃(吉川さんお金持ちね……)

京子「どうする?買っちゃう?」

綾乃「……えーい、買っちゃうわよっ!!」

京子「おー、じゃあ綾乃が買うなら私もー」

綾乃(今月はプリンの数を減らさなきゃね……)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:52:22.04 ID:g9n/k0J20

~店外~

アリガトウゴザイマシター

京子「目当てのものも買えたし、そろそろ帰ろうか」

綾乃「そうね…結構遅くなったわね」

京子「……綾乃」

綾乃「何?」

京子「ちょっと二人っきりになれる場所知ってる?」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:57:22.18 ID:g9n/k0J20

~公園~

京子「ほら、コーヒー」

綾乃「ありがと…それで、話って?」

京子「うん……」

綾乃「………」

京子「………」

京子(……ヤバい、緊張してきた)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:02:22.20 ID:g9n/k0J20

京子(私から話を持ちかけたはいいけど……やっぱ緊張するな)

京子(そりゃそうだよ、これから告白するのに緊張するなって方が無理だ……)

京子(どうする?どんな言葉から始める?どんな言葉で伝える?)

京子(……ダメだ、落ち着け私)

綾乃(……もしかしてこれ、いい雰囲気なんじゃない?)

綾乃(まさかここで、告白……?)

綾乃(……待って、落ち着くのよ私!)

綾乃(落ち着くのよ、歳納京子の考えをまず聞かないと!!)


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:07:22.20 ID:g9n/k0J20

「「えっと」」

綾乃「…あ、そっちから先にいいわよ」

京子「わ、分かった……」コホン

京子「……綾乃」

綾乃「はい……」

京子「……お前のことが好きだ、付き合ってください」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:12:22.19 ID:g9n/k0J20

綾乃「………」

綾乃「……いいわ」

京子「!!」

綾乃「私も、あなたの事が好きよ」

京子「綾乃……」

綾乃「愛してるわ、歳納京子」

京子「……ああ、私も愛してる」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:17:22.05 ID:g9n/k0J20

~帰り道~

京子「……いやっほおおおおおおおおおおう!!」

京子「やっと綾乃に告白出来たー!!」

京子「……そうだ、結衣に報告でもするかな」

プルルルル…プルルルル…

ピッ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:22:22.04 ID:g9n/k0J20

京子「もしもし、聞いて結衣!」

京子「……私、綾乃に告白してOK貰った!」

京子「……へへっ、これが歳納京子ちゃんの魅力ですよ」

京子「……どういうこと?」

京子「……えっ、ちょ、待ってどういうこと?」

京子「……おい、だから待てって!」

ピッ

京子「……切れちゃったよ」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:27:23.22 ID:g9n/k0J20

綾乃「……いやったああああああああああっ!!」

綾乃「ついに歳納京子と付き合うことが出来た……!」

綾乃「これも背中を押してくれた千歳のおかげね……」

綾乃「ちゃんとお礼を言わなきゃ」

プルルルル…プルルルル…

ピッ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:32:22.06 ID:g9n/k0J20

綾乃「……もしもし千歳?」

綾乃「……ちょっと、お礼を言おうと思ってね」

綾乃「……今日、歳納京子から告白されたの」

綾乃「……そこにいるのは赤座さんね…それより千歳、大丈夫?」

綾乃「……今まで私と歳納京子との間を取り持ってくれてありがとう、
    おかげで彼女と付き合うことが出来たわ」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:33:01.26 ID:CL+WmjNS0

綾乃ものすっげーテンション高いな


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:36:22.05 ID:g9n/k0J20

綾乃「……あなたには本当に感謝してるわ、ありがとう」

綾乃「……千歳?」

綾乃「……ちょ、千歳?千歳!?千歳えええええええ!!!」

ブツッ

綾乃「……千歳、生きてるかしら……」


おわり


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:37:01.86 ID:8VUBGhQd0

乙乙


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:37:41.50 ID:D7C9keye0


よくやった



_________________________________

ちなつ「結衣先輩とデートっ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:06:22.27 ID:g9n/k0J20

プルルルル…プルルルル…

ちなつ「……あっ、もしもし!結衣先輩ですか?」

ちなつ「……え、えっと…明日って暇ですか?」

ちなつ「……あ、明日、私とデートして下さいっ!」

ちなつ「……わ、分かりました!明日の朝そっちに伺いますね!!」

ガチャッ

ちなつ「……いよっしゃああああああああああ!!」

ちなつ「前回に引き続き、今回もしっかりデートを成功させるんだから!!」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:11:22.00 ID:g9n/k0J20

~当日朝~

結衣「ちなつちゃんそろそろ来るかな……」

ちなつ「お待たせしましたー!」タッタッ

結衣「あっ、来た来た」

ちなつ「すみません、待たせちゃって」

結衣「ううん、こっちも今準備が終わったところ」

ちなつ「そうですか…あっ、それから」

結衣「何?」

ちなつ「行く時に…手、つないでもいいですか?」

結衣「いいよ、ほら」ギュッ

ちなつ「あ、ありがとうございます!」

結衣「それじゃあ行こうか」

ちなつ「は、はい!」

結衣(京子も上手くやってるかな……)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:16:22.00 ID:g9n/k0J20

~回想~

スーキースーキーダーイスーキー アーイーシー…

ピッ

結衣「もしもし、京子?」

結衣「……こんな夜遅くに何なんだ?」

結衣「……あー、お前好きだって言ってたもんな」

結衣「……あれっ、そうなの?」

結衣「……うーん、せいぜいあいつを傷つけるような発言はするなよ」

結衣「……あと、遅刻は絶対にするなよ?」

結衣「……そう言うときに限って遅刻するからな、お前は」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:21:22.06 ID:g9n/k0J20

結衣「……全く」

結衣「……ちなつちゃんと二人でデートだよ」

結衣「……お前には綾乃がいるじゃんか」

結衣「……やきもち妬かれても知らないぞ?」

結衣「……本当にもう…それじゃあ私も明日早いから、寝るね」

結衣「……お休みなさい」

ピッ

結衣「……絶対遅刻するなあいつ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:26:22.09 ID:g9n/k0J20

~回想終わり~

結衣「まずはどこに行くの?」

ちなつ「雑貨屋さんで何か買おうかな、って思ってます」

結衣「いいね、じゃあ雑貨屋さんに行こうか」

ちなつ「はい!」

ちなつ(ああ…今私は本当に幸せ…)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:31:21.87 ID:g9n/k0J20

~雑貨屋~

結衣「うーん、目移りしちゃうな……」

ちなつ「何か欲しいものがあったら言ってくださいね、色違いの探してきます」

結衣「そうだね、色違いか……」

ちなつ「このキーホルダー可愛いと思いません?」

結衣「あっ、良いねそれ」

ちなつ「それじゃあ、これの色違いの奴を店員さんに……」

あかり「ねえねえ、結衣ちゃん」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:36:22.10 ID:g9n/k0J20

結衣「あれっ、あかりと千歳?」

千歳「どうもー」

ちなつ「……ちょっとあかりちゃん、邪魔しないでよ!」

あかり「ええっ!?あかり何かした?」

ちなつ「私達今いいところだったのに!デート中なんだから!!」

あかり「……あかり達もデートの真っ最中だよ」コソッ

ちなつ「あっ、そうだったの?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:41:22.21 ID:g9n/k0J20

結衣「二人は何をしに?」

千歳「何か買おうと思うてな……いい物あった?」

結衣「今丁度キーホルダーを物色していたところだったんだ」

あかり「キーホルダーか…それもいいね」

ちなつ「あかりちゃん達は何か見つけた?」

あかり「この髪留めなんかいいと思うんだけど…ちょっと値段がね」

ちなつ「どれどれ……あっ、これくらいなら二つ買えそうかな」

「「「えっ」」」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:46:21.98 ID:g9n/k0J20

結衣「ほ、本気で言ってる?」アセッ

ちなつ「もちろんですよ、最近臨時収入が入ったばっかりなんで、余裕です」

千歳「すごいなぁ…そんなお金誰から貰ったん?」

ちなつ「お姉ちゃんです」

結衣(ずいぶんとお金持ちなお姉さんだな…)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:51:22.19 ID:g9n/k0J20

結衣「じ、じゃあこの髪留めにしようか」

ちなつ「はい、お代は私持ちでいいですね♪」

あかり「迷いもなくお金を使えるちなつちゃんは凄いな……」

ちなつ「結衣先輩のためだもん、ケチってなんかいられないわ!」

千歳「それでもその額は出せへんで……」

結衣「それじゃあ私達はこれで」

ちなつ「じゃあね、あかりちゃん」

あかり「じゃあね、頑張って!」

ちなつ「もちろん!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:56:22.05 ID:g9n/k0J20

店員「……こちらの商品でよろしいですか?」

ちなつ「えっと、これの色違いがあれば片方はそれでお願いします」

店員「かしこまりました、少々お待ち下さい……」


店員「お待たせしました、お会計3780円になります」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:01:22.05 ID:g9n/k0J20

~ファミリーレストラン~

イラッシャイマセー

結衣「さて、お腹も空いたし、何か食べようか」

ちなつ「そうですね……」

「おーい、結衣、ちなつちゃーん」

結衣「あ、この声は」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:06:22.03 ID:g9n/k0J20

京子「よっ、上手くやってる?」

結衣「そっちこそ上手くやってるか?」

京子「もう完璧だよ、遅刻したこと以外は」

結衣「やっぱり遅刻したのか……」

ちなつ「京子先輩!何でこんなところにいるんですか!杉浦先輩はいても構いませんけど」

綾乃「あ、私はいいんだ」

京子「もちろんお昼を食べるためだよ、ここ今日ドリンクが半額だからさ」

結衣「あー、前にそんなこと言ってたような……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:11:22.07 ID:g9n/k0J20

綾乃「……ねえ、吉川さん」コソッ

ちなつ「何ですか?」コソコソ

綾乃「船見さんとの仲は進展した?」コソコソ

ちなつ「もちろんですよ、お揃いの髪留めも買っちゃいましたから…これです」コソッ

綾乃「あっ、いいわねそれ」

ちなつ「そこの雑貨屋さんに売ってたんですよ、杉浦先輩もいかがですか?」

綾乃「べ、別に私お揃いじゃなくても……」ポッ

ちなつ「……杉浦先輩、もうちょっと素直になった方がいいですよ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:16:21.96 ID:g9n/k0J20

結衣「それじゃあ私達はあっちに座るから」

京子「おう!じゃあね!」

綾乃「また学校でね、船見さん、吉川さん」

ちなつ「はい、それでは」

結衣「……ちなつちゃん」

ちなつ「何ですか?」

結衣「綾乃と何の話してたの?」

ちなつ「……秘密の会話です」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:21:22.30 ID:g9n/k0J20

~店外~

アリガトウゴザイマシター

結衣「ふー、お腹いっぱい」

ちなつ「さて、次はどこに行きます?」

結衣「ちなつちゃんで決めていいよ」

ちなつ「そうですね……洋服屋さんなんか良いんじゃないですか?」

結衣「あっ、いいね」

オーエーカキーダイスーキー オモイーコミジャー…

ちなつ「あっ、すみません電話かかってきちゃいました」

ピッ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:26:22.02 ID:g9n/k0J20

ちなつ「……もしもし、お姉ちゃん?」

ちなつ「……私に?」

ちなつ「……ホラーかな、やっぱり」

ちなつ「……好きな人に抱きつく良い口実が出来るからよ!」

ちなつ「……どういたしまして」

ちなつ「……本当?ありがとお姉ちゃん!」

ちなつ「……うん、じゃあね」

ピッ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:31:22.12 ID:g9n/k0J20

結衣「誰から?」

ちなつ「お姉ちゃんからです……それじゃあ行きましょうか」


~ブティック~

ちなつ「前に杉浦先輩と来たことあるんですけど、ここ良いもの揃ってるんですよ」

結衣「そうなんだ……何買おうかな」

ちなつ「このセーター先輩に似合うんじゃないですかね?」

結衣「そうかな……ちょっと試着室行ってくるね」

ちなつ「はい、私ここで待ってますね」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:36:22.47 ID:g9n/k0J20

櫻子「……ねえ、ちなつちゃん」

ちなつ「あれ、櫻子ちゃんに向日葵ちゃん」

向日葵「どうも」

ちなつ「二人ともここで何してるの?」

櫻子「ちょっとショッピング」

ちなつ「ふぅん……」

向日葵「吉川さんは何を?」

ちなつ「結衣先輩とデートなんだ、今先輩は試着室にいるけど」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:41:22.08 ID:g9n/k0J20

結衣「お待たせ……って大室さんに古谷さん」

櫻子「どうもー」

向日葵「ご無沙汰してます」

結衣「二人とも今日はお出かけ?」

向日葵「ええ、ちょっと」

ちなつ「ゆ、結衣先輩……凄く似合ってます!」

結衣「そうかな……ちなつちゃんも着てみる?」

ちなつ「はい、じゃあちょっと待っててくださいね」

ちなつ(……あ、結衣先輩の匂い)クンカクンカ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:46:22.15 ID:g9n/k0J20

ちなつ「お待たせしましたー」

櫻子「おおっ」

向日葵「とても可愛らしいですわ」

結衣「うん、私もそう思う」

ちなつ「ほ、本当ですか!?」

櫻子「船見先輩も似合ってたけどちなつちゃんも似合うよ」

ちなつ「そっか、ありがと」

結衣「じゃあ、これ二着買っちゃおうか」

ちなつ「あっ、いいですねそれ!」

ちなつ(ペアルック…!)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:47:22.36 ID:J8A20jcX0

姉妹揃って変態だった


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:51:21.99 ID:g9n/k0J20

ちなつ「じゃあ私が会計を…」

結衣「いや、午前中髪留め買ってもらったことだし、私が払うよ」

ちなつ「すみません…ありがとうございます」

向日葵「髪留め、と言うと?」

ちなつ「これだよ、ほら」ゴソゴソ

櫻子「おお、綺麗」

ちなつ「でしょー?高かったんだから、これ」

結衣(謙遜とかそういうのじゃなくて、本当に高かったからなぁ……)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:56:22.59 ID:g9n/k0J20

~帰り道~

ちなつ「今日は楽しかったですね、結衣先輩!」

結衣「そうだね……久々に羽を伸ばせたよ」

ちなつ「それはよかったです、また一緒に行きませんか?」

結衣「そうだね……機会があれば、ね」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:01:22.12 ID:g9n/k0J20

ちなつ(……ハッ)

ちなつ(この状況……良いんじゃない?)

ちなつ(デートの後の最高の雰囲気)

ちなつ(道には二人っきり)

ちなつ(ここで告白しないでどうするっていうの!)


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:06:22.12 ID:g9n/k0J20

結衣(京子の奴、大丈夫かな……)

結衣(綾乃もあんまり素直になれないところあるし……)

結衣(……やっぱり私がもうちょっとサポートすべきだったかな?)

結衣(まっ、今更何心配してもしょうがないか……)


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:11:22.14 ID:g9n/k0J20

ちなつ「……あのっ」

結衣「んっ?」

ちなつ「結衣先輩、お話したいことがあります」

結衣「何かな、ちなつちゃん」

ちなつ「えっと……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:16:22.02 ID:g9n/k0J20

ちなつ「私、結衣先輩のこ」

スーキースーキーダーイスーキー アーイーシー…

結衣「あっ、ごめんちなつちゃん…電話が」

ちなつ「」

ピッ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:21:22.14 ID:g9n/k0J20

結衣「……何だ、京子」

結衣「……おっ、良かったじゃん」

結衣「……そうだな、そういう所がお前の魅力かもな」

結衣「……分からないなら良いよ、それじゃあ」

結衣「……多分言っても無駄だから、切るぞ」

ピッ

結衣「……やったな、京子、綾乃」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:26:22.22 ID:g9n/k0J20

ちなつ「………」ポツン

ちなつ「最後の最後に邪魔が入ってしまった……」

ちなつ「何よもう!今絶対成功すると思ってたのに!!」

ちなつ「くっそー!次は絶対に、告白まで持っていってやるんだからーっ!!」


おわり


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:26:54.79 ID:0hq6pa0H0

ちなつカワイソス



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:28:30.54 ID:CL+WmjNS0

なん……だと……?


_________________________________

あかり「千歳先輩とデートだよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:05:21.98 ID:g9n/k0J20

プルルルル…プルルルル…

あかり「……もしもし、池田さんのお宅ですか?」

あかり「……あ、赤座ですけど、千歳さんはいらっしゃいますか?」

あかり「……はい、あかりです」

あかり「……えっと、明日って暇ですか?」

あかり「……はい、良かったら一緒にどこかに遊びに行きませんか?」

あかり「……ほ、本当ですか!?それじゃあ明日、そっちに伺いますね!」

ガチャッ

あかり「はぁ……緊張したよ……」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:10:21.97 ID:g9n/k0J20

~当日朝~

あかり「えーっと、確かここらへん……」テクテク

千歳「赤座さーん、こっちやでー」

あかり「あっ、千歳先輩!」タッタッ

千歳「こっちこっち、準備は出来てる?」

あかり「はい、忘れ物無いですよ」

千歳「良かった…ほな行こかー」

あかり「ええ、そうですね」

千歳(……昨日は千鶴の様子が変やったけど、一体どないしたんやろ?)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:15:22.10 ID:g9n/k0J20

~回想~

千鶴「姉さん、誰からの電話?」

千歳「赤座さんからやでー」

千鶴「赤座さんから?」

千歳「なんでも、明日二人で遊びに行くって話なんよ」

千鶴「なっ!?」

千鶴(いつも歳納なんたらに気を取られていたが……まさか赤座さんも邪魔者だったとは……!)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:20:22.05 ID:g9n/k0J20

千歳「あっ、それから綾乃ちゃんも明日、歳納さんとデートするんやって」ダバー

千鶴(くそっ、一体どうしたら……!)

千鶴「ね、姉さん、明日はその…ぬか床がアレで…その…行かない方が…」

千歳「何言うてはるの、さっきかき混ぜたばっかりやし、明日は千鶴も家におるし大丈夫やろ」

千鶴(だ、ダメだ、このままじゃ姉さんは赤座さんと……!)

千歳「ああ、明日が楽しみやわー♪」

千鶴「ううっ……私はなんと無力なのか」ガクッ

千歳「……千鶴?」

千鶴「何でもない…何でもないよ…」ドンヨリ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:25:22.00 ID:g9n/k0J20

~回想終わり~

あかり「それじゃあまずはどこに行きます?」

千歳「何か予定立ててはるん?」

あかり「お昼過ぎに映画があるので、それまでどこかで時間でも潰そうかと……」

千歳「そうやな……雑貨屋さんでも見にいかへん?」

あかり「いいですね、何か小物でも買いに行きましょうか」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:30:22.02 ID:g9n/k0J20

~雑貨屋~

あかり「うわあ、いろんな物が置いてありますねー」

千歳「見てみて赤座さん、この髪留め、めっちゃ良いと思わへん?」

あかり「あっ、本当きれい……」

千歳「でもかなり値段張るなぁ、持ってきたお小遣いで足りるんかな……」

あかり「うーん…無駄遣いは出来ないからなあ…」

千歳「でも似合うと思うで、赤座さんに」

あかり「そ、そうですかね…?」

千歳「絶対似合うって……って、そこにいるの、船見さんやない?」

あかり「本当だ…ねえねえ、結衣ちゃん」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:35:22.15 ID:g9n/k0J20

結衣「あれっ、あかりと千歳?」

千歳「どうもー」

ちなつ「……ちょっとあかりちゃん、邪魔しないでよ!」

あかり「ええっ!?あかり何かした?」

ちなつ「私達今いいところだったのに!デート中なんだから!!」

あかり「……あかり達もデートの真っ最中だよ」コソッ

ちなつ「あっ、そうだったの?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:40:22.44 ID:g9n/k0J20

結衣「二人は何をしに?」

千歳「何か買おうと思うてな……いい物あった?」

結衣「今丁度キーホルダーを物色していたところだったんだ」

あかり「キーホルダーか…それもいいね」

ちなつ「あかりちゃん達は何か見つけた?」

あかり「この髪留めなんかいいと思うんだけど…ちょっと値段がね」

ちなつ「どれどれ……あっ、これくらいなら二つ買えそうかな」

「「「えっ」」」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:45:22.12 ID:g9n/k0J20

結衣「ほ、本気で言ってる?」アセッ

ちなつ「もちろんですよ、最近臨時収入が入ったばっかりなんで、余裕です」

千歳「すごいなぁ…そんなお金誰から貰ったん?」

ちなつ「お姉ちゃんです」

あかり(お姉さん、ちなつちゃんからカツアゲとかされてないかな…)


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:50:22.02 ID:g9n/k0J20

結衣「じ、じゃあこの髪留めにしようか」

ちなつ「はい、お代は私持ちでいいですね♪」

あかり「迷いもなくお金を使えるちなつちゃんは凄いな……」

ちなつ「結衣先輩のためだもん、ケチってなんかいられないわ!」

千歳「それでもその額は出せへんで……」

結衣「それじゃあ私達はこれで」

ちなつ「じゃあね、あかりちゃん」

あかり「じゃあね、頑張って!」

ちなつ「もちろん!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:55:22.10 ID:g9n/k0J20

千歳「……それで、うちらは何買おか?」

あかり「そうですね…さっきのキーホルダーにします?」

千歳「そうやな、手ごろな値段で可愛かったからなあ」

あかり「……店員さーん!これの色違いってありますー?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:00:22.17 ID:g9n/k0J20

~和風料理店~

イラッシャーセー

あかり「ここが先輩お勧めの店ですか?」

千歳「そうやで、ここのお蕎麦はとっても美味しいんや」

あかり「そうなんですか、楽しみです♪」

千歳「デザートの白玉あんみつも欠かせへんで」

あかり「あんみつあるんですか!?」

千歳「他にも色々あるけど、お勧めはそんな感じやな」

あかり「うわぁ、何注文しよう……」ワクワク

千歳(赤座さんかわええなぁ…)

イラッシャーセー

あかり「あれ、今入ってきたのって……」

千歳「うん、大室さんと古谷さんやな」

櫻子「くっそー、次は絶対に勝ってやるからな!」

向日葵「こっちこそ、今度はこてんぱんにしてあげますわ!」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:05:22.13 ID:g9n/k0J20

あかり「櫻子ちゃん、向日葵ちゃん」

櫻子「あれ、あかりちゃんじゃん」

向日葵「千歳先輩も…お二方ともお食事ですか?」

千歳「そうやで、ここのお蕎麦は美味しいんや」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:10:22.12 ID:g9n/k0J20

櫻子「へえー、とりあえず目に付いた店に入ったから……知らなかったです」

千歳「何度も来たくなること間違いなしやで」

向日葵「覚えておきますわ…ありがとうございます」

千歳「おおきにー」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:15:28.45 ID:g9n/k0J20

店員「ご注文はお決まりですか?」

あかり「それじゃあ…このきつねそばと、白玉あんみつで」

千歳「じゃあうちは山菜そばと、白玉あんみつや」

店員「かしこまりました、しばらくお掛けになってお待ちください」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:20:21.93 ID:g9n/k0J20

~店外~

アリガトーゴザーシター

あかり「ふぅ…美味しかったですねー」

千歳「せやろ?良かったらまた来ような?」

あかり「はい……あっ、あと40分くらいで映画の上映時間です」

千歳「そういえばその予定やったな……赤座さん、今日はどんな映画見るん?」

あかり「劇場版ナモクエです、ゲームをプレイしてない人でも楽しめる内容みたいですよ」

千歳「さよか、楽しみやなー」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:25:22.06 ID:g9n/k0J20

~映画館~

あかり「『劇場版ナモクエ』を、小中学生二枚下さい」

受付「分かりました、二番シアターで上映になりますので、入って左側へお進み下さい」

あかり「はーい」

千歳「それじゃ行こか、赤座さん」

あかり「ええ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:30:21.98 ID:g9n/k0J20

あかり「うわあ、結構人いますね」

千歳「カップルのお客さんも結構いるみたいやな」

あかり「そうですね……あっ、そこ二席空いてます」

千歳「おっ、本当や…そこに座ろか」

あかり「上映まで時間があるんで、ポップコーン買ってきますね」

千歳「すまへんなー」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:35:22.35 ID:g9n/k0J20

あかり「えっと、売店はこっちだよね……」

あかり「……あれ、あそこにいるのは……お姉ちゃーん!」

あかね「あかり!どうしてここに?」

あかり「先輩と映画見に来たんだ、劇場版ナモクエだよ」

あかね「そ、そうだったの……」

あかり「それじゃああかり先輩待たせてるから、ポップコーン買って戻るね」

あかね「え、ええ……楽しんでいらっしゃい」

あかり「うん!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:40:22.40 ID:g9n/k0J20

あかり「お待たせしましたー」

千歳「ありがとうな、何味買ってきてくれたん?」

あかり「塩バターとキャラメルです」

千歳「おっ、おいしそうやねー」

あかり「……そろそろ上映、始まるみたいですよ」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:45:22.18 ID:g9n/k0J20

「食らえ、メテオレイン!!」

ドオオオオオオン

千歳「おおっ、迫力満点!」

あかり「凄く綺麗なCG!」

千歳「これはええな…!」

あかり(千歳先輩楽しそうで良かった……)


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:50:22.14 ID:g9n/k0J20

「俺達の戦いは……まだ終わらない!」

テーテテーテーテーテーテーテー♪

あかり「ふぅ……面白かったですね!」

千歳「せやな……今度原作のゲームプレイしてみよかなー」

あかり「面白いですよ、本当に!」

千歳「赤座さんが言うならそうなんやろうな、是非買ってみるわー」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:55:31.23 ID:TiiJmcJb0

ナモス「ぬわーーっっ!!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:55:22.10 ID:g9n/k0J20

~映画館前~

あかり「いやー、今日は楽しかったですー」

千歳「うちもやで、赤座さん」

あかり「また一緒に遊びに行きませんか?」

千歳「そうやな、今度はどこに行こか?」

あかり「うーん……あっ、あそこにいるのお姉ちゃんだ」

千歳「あれが赤座さんのお姉さん?」

あかね「どうも、こんにちは」

千歳「ど、どうも」

あかね「あなたがあかりの言ってた先輩さん?」

千歳「はい、池田千歳いいます」

あかね「ふぅん…」

千歳(優しそうな人やけど……どこか威圧感があるなあ)


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:00:22.03 ID:g9n/k0J20

千歳「連れの方は?」

ともこ「あっ、吉川ともこです」

あかり「もしかして、ちなつちゃんのお姉さんですか?」

ともこ「ええ、始めまして……あなたのことはよくあかねさんから聞いているわ」

あかり「お姉ちゃんから?」

あかね「何てったって自慢の妹だから」

千歳「妹さん、大事にしてはるんですね」

あかね「もちろんよ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:05:22.04 ID:g9n/k0J20

あかね「さて……千歳さんだったわね」

千歳「はい」

あかね「あかりとはどういった関係なの?」

千歳「今は、ただの先輩後輩の関係です」

あかね「それじゃあ……今後どういった関係になりたいの?」

千歳「!」

千歳(これは……試されてるんやろか……?)


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:10:22.20 ID:g9n/k0J20

千歳(うちと赤座さんの…今後の関係…)

千歳(お姉さんはおそらく妹さんを手放したくない、とうちは見た)

千歳(でも…ここで引き下がったら、うちは……!)

千歳「お姉さん」

あかね「何かしら?」

千歳「妹さんを、うちに下さいっ!!」

あかり「ち、千歳先輩!?」

あかね「………」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:15:22.01 ID:g9n/k0J20

千歳「うちは赤座さんのことが好きや」

千歳「赤座さんのこと絶対に幸せにします、だから」

千歳「うちと赤座さんの交際を認めてください!」

あかり「千歳先輩……」

あかり(凄く……カッコいい……)

あかね「分かったわ、池田さん……あかりのこと、頼んだわよ」

千歳「は、はい!」

千歳(どうやら、大丈夫みたいやな……)

あかり(良かった……お姉ちゃんに反対されなくて)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:20:22.12 ID:g9n/k0J20

~帰り道~

あかり「さっきはあんなこと言ってましたけど」

千歳「あ、あれは勢いで言ってもうて……」

あかり「でも、あかり嬉しかったですよ」

千歳「えっ?」

あかり「あかりも千歳先輩のこと大好きですから」

千歳「赤座さん……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:25:22.26 ID:g9n/k0J20

あかり「あと、『あかり』って呼んでくれると嬉しいです」

千歳「……あかりちゃん」

あかり「はい」

千歳「改めまして…うち、あかりちゃんのこと大好きやで」

あかり「あかりもです、千歳先輩」

千歳「……ふふっ」

あかり「……えへへっ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:28:52.00 ID:g9n/k0J20

パーットミオコーッテールーカンジモー…

千歳「あっ、電話や」

あかり「誰からですか?」

千歳「綾乃ちゃんや……確か今日歳納さんとデートやったはずやけど」

あかり「あっ、そうだったんですか?」

千歳「うん…どないしたんやろ?」

ピッ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:32:43.57 ID:g9n/k0J20

千歳「……綾乃ちゃん、どないしたん?」

千歳「……うち、何かしたことあった?」

千歳「……ええっ、ほんまに!?」ブシュア

あかり「千歳先輩!鼻血!!」

千歳「……大丈夫や、続けて」タラッ

あかり「大丈夫に見えないですって!」

千歳「……何、気にすることあらへんよー」フラフラ

あかり「いやいや気にしますって!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:36:46.06 ID:g9n/k0J20

千歳「……うちとあかりちゃんが恋人になって、綾乃ちゃんと歳納さんも幸せに……」

千歳「今日は本当に最高の日や……うちはもう死んでも悔いはあらへん!!」ブシャアアアア

あかり「ちょ、千歳先輩!死んじゃダメです!!」

千歳「ふふふ……川が……見える……」ドサッ

あかり「先輩!起きてくださいって!!せんぱああああああああああい!!!」


おわり


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:37:17.33 ID:JiFjayn50

おっ、こっちはせっかく結ばれたのに千歳が失血死してバッドエンドか
乙!



_________________________________

ともこ「あかねさんとデートおおおおおおおお!!!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:09:22.01 ID:g9n/k0J20

プルルルル…プルルルル…

ともこ「……も、もしもし、赤座さんのお宅ですか?吉川です」

ともこ「……ええ、私よ、あかねさん」

ともこ「……うん、明日って何か用事とかある?」

ともこ「……良かったら、その…どこかに遊びに行きませんか?」

ともこ「……はい、明日の朝、そっちに行くわね」

ともこ「……それじゃあ、また明日」

ガチャッ

ともこ「……いよっしゃああああああああああ!!」

ともこ「いつもヘタレてばっかりだけど、今回はしっかりデートを成功させるわよっ!!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:14:21.97 ID:g9n/k0J20

~当日朝~

ともこ「ごめんなさい、待たせちゃった?」タッタッ

あかね「ううん、別にそこまで待ってはないわよ」

ともこ「そう…安心したわ…」

あかね「それで、まずはどこに行く?」

ともこ「えっと、まず服でも見に行かない?」

あかね「いいわね、じゃあ行きましょうか」スタスタ

ともこ「あっ、待ってー!」

あかね(……あかり、今頃どこにいるのかしら)


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:19:22.31 ID:g9n/k0J20

~回想~

あかり「お姉ちゃん」

あかね「何?あかり」

あかり「明日先輩とお出かけするんだけど、何着て行けばいいかなあ?」

あかね「ふふっ、あかりは何を着てもかわ……えっ、今なんて?」

あかり「だから、明日先輩とお出かけするんだよ」

あかね「………」

あかね「そ、そう……」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:24:23.04 ID:g9n/k0J20

あかり「……お姉ちゃん、どうしたの?」

あかね「だ、大丈夫よ…あかりは何を着ても可愛いから…自信を持って……」

あかり「う、うん……分かったよ、お姉ちゃん」

あかね「それじゃ、明日は気を付けて行ってきてね」

あかり「うん!楽しんでくるよ!」

あかね(そうは言っても…心配ね)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:29:21.99 ID:g9n/k0J20

~回想終わり~

ともこ「あかねさん、欲しい服とかある?」

あかね「そうね…特にはないけど……」

ともこ「好きなものがあったら私に言ってね、今日お金大分持ってきたから」

あかね「本当?悪いわね…今度何か埋め合わせしないと」

ともこ「いいのよ、遠慮しないで」

ともこ(あかねさんといるだけでもう十分幸せだもの……財布の中身はどんどん減っていくけど)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:34:22.04 ID:g9n/k0J20

~ブティック~

あかね「さて、何を買おうかしら…」

ともこ「かなり種類が豊富ね……」

あかね「……あ、あのセーター良いんじゃない?」

ともこ「いいわね…あかねさん似合いそう」

あかね「そう?それじゃあ試着してみようかしら」

ともこ「ええ、私ここで待ってるわね」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:39:22.05 ID:g9n/k0J20

ともこ「………」

あかね「お待たせ」シャッ

ともこ「わぁ、とっても素敵よ!」

あかね「そ、そうかしら…?」

ともこ「本当に似合ってるわよ!」

あかね「うーん……ともこさんも試着してみて?」

ともこ「そ、それじゃあお言葉に甘えて……」

ともこ(……あ、あかねさんの匂い)クンカクンカ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:44:21.96 ID:g9n/k0J20

あかね「………」

ともこ「ど、どうかしら……」シャッ

あかね「あら、あなたの方が似合ってるわよ」

ともこ「そ、そうなのかな……」テレッ

あかね「……そうだ、二人で同じセーター買いましょう?」

ともこ「あっ、いいわねそれ!」

ともこ(ペアルック…!)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:49:21.97 ID:g9n/k0J20

あかね「セーターの他にも何か欲しいわね…あっ」

ともこ「どうしたの?」

あかね「ちょっと私用で買いたいものがあるんだけどそっち見てきて良い?」

ともこ「いいわ、私ここで待ってるから」

あかね「ごめんなさいね」タッタッ

ともこ「……何買いに行ったのかしら?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:54:22.18 ID:g9n/k0J20

あかね「さて…下着コーナーはっと……」

あかね「……あったあった」

あかね「くらげのパンツ……あかりの棚に補充しておかないと、私が怪しまれかねないわ」

あかね「サイズ、会社、生地、確かに私がこの間拝借したものね」

あかね「それじゃあこれは誰にも見られないように、先に会計を済ませないと……」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:59:22.05 ID:g9n/k0J20

ともこ「あかねさん、終わりました?」

あかね「ええ、こっちのは先に会計を済ませたわ」

ともこ「一体何を買ったの?」

あかね「ふふっ、内緒」

ともこ「えー、良いじゃない、教えて」

あかね「さっ、そろそろお昼にしましょう」

ともこ「ねえ、あかねさんってばー」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:04:21.92 ID:g9n/k0J20

~ハンバーガー店~

店員「いらっしゃいませ…って、あかねじゃん」

あかね「お疲れ様」

ともこ「あれっ、知り合いなの?」

店員「あかねはここでバイトしてるんだ、そんで、私はバイト先の知り合いってわけ」

ともこ「そうだったの……」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:09:21.95 ID:g9n/k0J20

あかね「今日は私達バイトも無いから、二人でお出かけしてるのよ」

店員「いーなー、私も彼女欲しーいなー」

ともこ「い、いや…そんな、彼女とかじゃ……」カアァ

店員「冗談だよ、あかねのお友達さん」

ともこ「うぅ…からかわないでよ…」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:14:22.13 ID:g9n/k0J20

あかね「さて、今日は普段バイトしてる特権の限定クーポンでも使わせてもらおうかしら」

店員「ほいほい、それじゃあダブチセット二つで良いね?」

あかね「私はいいわ、ともこさんは?」

ともこ「ええ、それで」

店員「はーい……ダブチセット二つ入りまーす!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:19:23.11 ID:g9n/k0J20

ともこ「ねえ、あかねさん」

あかね「何かしら」

ともこ「さっきブティックで買った袋の」

あかね「ダメ」

ともこ「いいじゃないの……」

店員「いいじゃん、私も気になるー」

あかね「ダメと言ったらダメなの」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:24:22.09 ID:g9n/k0J20

~店外~

店員「ありがとーございましたー!また来てねお友達さん!」

ともこ「ええ、機会があれば是非」

あかね「……さて、次はどこに行く?」

ともこ「そろそろ映画があるのよね……」

ともこ(ファンタジーとホラーがあるけど……どっちを選択すべきなのかしら……)

ともこ(……そうだ、ちなつに相談しよう)

ともこ「すみません、ちょっと電話かけるわね」

プルルルル…プルルルル…

ピッ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:29:22.15 ID:g9n/k0J20

ともこ「……もしもし、ちなつ?」

ともこ「……うん、ちょっと相談なんだけど」

ともこ「……ええ、ちなつはファンタジー映画とホラー映画、デートで見るならどっち?」

ともこ「……なるほど、その理由は?」

ともこ「……確かにそれは説得力あるわね、ありがとうちなつ」

ともこ「……今度お小遣いあげるわね」

ともこ「……ふふっ、それじゃあ切るわね」

ピッ

ともこ「あかねさん、ホラー映画はどう?」

あかね「あっ、いいわねホラー」

ともこ「丁度そこの映画館で上映するみたいだし、行きましょうか」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:34:22.11 ID:g9n/k0J20

~映画館~

ともこ「『足音Ⅲ』を、大人二枚下さい」

受付「分かりました、五番シアターで上映になりますので、入って正面へお進み下さい」

あかね「じゃあ私はポップコーン買ってから行くわね」

ともこ「ええ、私は二つ席を確保しておくわ」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:39:22.18 ID:g9n/k0J20

あかね「さーて、ポップコーンも買ったことだし……って」

あかね「そこにいるのは……」

あかり「お姉ちゃーん!」

あかね「あかり!どうしてここに?」

あかり「先輩と映画見に来たんだ、劇場版ナモクエだよ」

あかね「そ、そうだったの……」

あかね(劇場版ナモクエにしておけば良かった……)

あかり「それじゃああかり先輩待たせてるから、ポップコーン買って行くね」

あかね「え、ええ……楽しんでいらっしゃい」

あかり「うん!」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:44:22.06 ID:g9n/k0J20

ともこ「ありがとう……って、何だか顔色悪いわよ?」

あかね「何でもない…何でもないわ」ドヨン

ともこ(絶対何かあったのね……)

ともこ「……上映中に気分悪くなったら言ってね?」

あかね「大丈夫……大丈夫よ」ドヨーン

ともこ(心配だなあ)


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:49:22.39 ID:g9n/k0J20

「オ…ウドオオオオオン」ドーン

ともこ「―――!!」ビクウッ

あかね(ちょ、ともこさん、腕……)

ともこ「」ガクガク

あかね(ち、力強すぎ……)


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:54:21.97 ID:g9n/k0J20

テレテッテッ テレテッテッテッテッ ジャーン♪

ともこ「はぁ……こ、怖かったですね……」ブルブル

あかね「そ、そうね……」

あかね(おおう……腕凄いアザ……)

ともこ(怖かったけど、あかねさんに何度も抱きつけちゃった♪)


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:59:22.31 ID:g9n/k0J20

~映画館前~

ともこ「今日は一緒にお出かけしてくれてありがとうね、あかねさん」

あかね「ううん、私も楽しかったわ」

ともこ「そう、それは良かった……」

あかね「あら、あそこにいるのは……」

あかね「どうも、こんにちは」

千歳「ど、どうも」

あかね「あなたがあかりの言ってた先輩さん?」

千歳「はい、池田千歳いいます」

あかね「ふぅん…」

あかね(この子のこと……詳しく知る必要がありそうね)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:04:22.01 ID:g9n/k0J20

千歳「連れの方は?」

ともこ「あっ、吉川ともこです」

あかり「もしかして、ちなつちゃんのお姉さんですか?」

ともこ「ええ、始めまして……あなたのことはよくあかねさんから聞いているわ」

あかり「お姉ちゃんから?」

あかね「何てったって自慢の妹だから」

千歳「妹さん、大事にしてはるんですね」

あかね「もちろんよ」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:09:22.10 ID:g9n/k0J20

あかね「さて……千歳さんだったわね」

千歳「はい」

あかね「あかりとはどういった関係なの?」

千歳「今は、ただの先輩後輩の関係です」

あかね「それじゃあ……今後どういった関係になりたいの?」

千歳「!」

あかね(さて…どう出るのかしら)

ともこ(あれ…もしかして私、蚊帳の外?)


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:14:22.16 ID:g9n/k0J20

あかね(あかり…私の大事な妹)

あかね(その妹を預けるのであれば、それなりの度胸のある人間でなければならないわ)

あかね(あなたの思いはどれほどのものかしら、池田さん……)

千歳「お姉さん」

あかね「何かしら?」

千歳「妹さんを、うちに下さいっ!!」

あかり「ち、千歳先輩!?」

あかね「………」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:19:22.10 ID:g9n/k0J20

千歳「うちは赤座さんのことが好きや」

千歳「赤座さんのこと絶対に幸せにします、だから」

千歳「うちと赤座さんの交際を認めてください!」

あかり「千歳先輩……」

あかね(……どうやら私の心配しすぎだったみたいね)

あかね「分かったわ、池田さん……あかりのこと、頼んだわよ」

千歳「は、はい!」

あかね(でも何かあったら……その時はその時だけど)


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:24:22.01 ID:g9n/k0J20

~帰り道~

ともこ「……あの」

あかね「何かしら?」

ともこ「良かったら、またどこかに遊びに行かない?」

あかね「……そうね、またいつか」

ともこ「本当?それじゃあ今度は雑貨でも見に行きましょうか」

あかね「あら、良いわね…じゃあ今度、また」

ともこ「ええ、今日は楽しかったです」

あかね「私もよ…それじゃ、さようなら」

ともこ「さようなら…また明日、キャンパスで」

ともこ(……本当、今日は楽しかった)


おわり


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:27:10.60 ID:o4lW8w/i0




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:40:19.65 ID:Olze39040

乙だよぉ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:09:17.58 ID:DQcdiPoT0

すばらしいチャランゲ精神



TVアニメゆるゆり公式ファンブックTVアニメゆるゆり公式ファンブック
ポストメディア編集部

一迅社 2011-11-28
売り上げランキング : 113

Amazonで詳しく見る

TVアニメ「ゆるゆり」ライブイベント『七森中♪りさいたる』Blu-ray【初回特典版】TVアニメ「ゆるゆり」ライブイベント『七森中♪りさいたる』Blu-ray【初回特典版】
三上枝織,大坪由佳,津田美波,大久保瑠美,藤田咲,イベント

ポニーキャニオン 2012-03-14
売り上げランキング : 75

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/11/09 12:00 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(2)
あかちとが有って俺歓喜
[ 2011/11/09 14:41 ] [ 編集 ]
ともこさん空気可愛い
[ 2011/11/10 11:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。