素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

恭介「僕の大切な人」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:16:07.25 ID:N9x8bras0

さやか「恭介!」

恭介「やあ、さやか」

さやか「どうしたの!?何で立ってるの!?足は!?」

恭介「まあ落ち着いてよ。朝起きたらどういうわけか治ってたんだよ」

さやか「・・・ホントに、もうなんともないんだね?」

恭介「うん、この通り手も完璧さ」

さやか「・・・やったああ!やったよきょーすけー!!」




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:18:12.39 ID:N9x8bras0

仁美「まあ、上条さん治りましたの?」

さやか「うん!でももうしばらくは検査入院だってさ」

さやか「いきなり治ったんだから逆に心配だよね~」

まどか「よかったね、さやかちゃん」

さやか「ホントだよー」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:20:06.79 ID:N9x8bras0

さやか「まどか、このあとCDショップ寄っていい?」

まどか「いいけど、また上条くん?」

さやか「そう、完治祝いに奮発してDVDでも買ってあげようと思ってさ!」

まどか「そうだね、きっと喜ぶよ」

さやか「誰の指揮が好きなんだろう」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:21:21.16 ID:N9x8bras0

(助けて!まどか!)

まどか「誰?誰なの?」トトト


さやか「うん、この人にしよう!」

さやか「まどかー」

さやか「・・・まどか?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:23:25.11 ID:N9x8bras0

まどか「やめて!ほむらちゃん!」

さやか「まどか、こっち!」ブシュウウウゥゥ

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「くっ・・・!」


さやか「何なんだよアイツー!」

まどか「あれ・・・?ここどこ?」

さやか「!」

さやか「何よコレ・・・」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:25:47.08 ID:N9x8bras0

「危ない所だったわね」バンッ!バンッ!

さやか「え?」

まどか「あなたは?」

マミ「私は巴マミ、見滝原の3年生よ」

マミ「それと・・・」チラッ

ほむら「わたしが用があるのはそこの2人よ」

マミ「飲み込みが悪いわね、見逃してあげるって言ってるの」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:27:46.32 ID:N9x8bras0

~薔薇園の魔女戦~

マミ「ティロ・フィナーレ」ズドンッ!

さやか「勝ったの?」

まどか「すごい・・・!」


さやか「やっぱりマミさんはかっこいいねー」

まどか「うん、憧れちゃう」

さやか(私も、マミさんと一緒に戦いたい!)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:30:04.29 ID:N9x8bras0

QB「よんだかい?さやか」

さやか「うん、QB、私と契約してよ」

QB「構わないけど、君は何を願うんだい?」

さやか「私もマミさんみたいに何かを守りたい」

さやか「その為の力が欲しい!」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕したよ!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:32:13.50 ID:N9x8bras0

さやか「恭介!げんき?」

恭介「さやか、うん、何ともないってば」

さやか「よかったよかった!はい、お祝い」

恭介「うわあ!僕この人の指揮大好きなんだ、ありがとう!」

さやか「いやいや、どういたしまして」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:34:59.75 ID:N9x8bras0

さやか「恭介もそろそろ退院できそうで何よりだよ」

さやか「ん?これって・・・グリーフシード?」

QB「孵化しかかってるみたいだね」

さやか(まだ一人で魔女退治は心配だな)

さやか「まどかに電話して・・・」ピポパ

まどか『もしもし?』

さやか「まどか!グリーフシードが孵化しそうなの!マミさんと一緒に病院に来て!」

まどか『わかったよ!』


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:36:47.65 ID:N9x8bras0

マミ「ここね」

まどか「はい、たぶん」

マミ「私から離れないでね」シュン


恭介「ここはどこだろう?」

恭介「さっきまでは確かに病室にいたはずなのに」

恭介(もしかして、ここが・・・?)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:38:35.27 ID:N9x8bras0

まどか「えぇ~!さやかちゃん契約したの!?」

さやか「えへへ、まあね」

マミ「まったく、もっとよく考えてからにすればいいものを」

まどか「私も、この戦いが終わったら契約しようかな」

マミ「後悔のない選択をしなさいね」

まどか「はーい」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:40:51.37 ID:N9x8bras0

ほむら「巴マミ、こいつは私が狩るわ」

マミ「二度と私の前に現れないでって行ったわよね?」シュルシュル

ほむら「くっ!こんなことをしている場合じゃないのよ」

マミ「行きましょう」

まどか(ほむらちゃん、ゴメンね)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:42:20.66 ID:N9x8bras0

QB「もうすぐ結界の最深部だ」

QB「・・・ん?」

マミ「どうしたの?QB」

QB「おかしいな、奥から魔法少女の気配がするよ」

さやか「転校生のお仲間かもね」

マミ「そうかしら」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:44:49.33 ID:N9x8bras0

QB「ここだよ」

さやか「とう!さやかちゃんが1番のり!」

マミ「落ち着きなさい、美樹さん」

さやか「わかってます・・・って、えっ?恭介?」

恭介「さやか!?その格好は・・・まさかっ」

さやか「どうして恭介が、こんなところに・・・?」

恭介「うそだ・・・早すぎる・・・!!」

―――
――


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:48:31.10 ID:N9x8bras0

QB「信じられないよ、男である君に魔法少女の才能があるなんて」

恭介「魔法・・・少女・・・?」

QB「そうさ、君の願い事をひとつ、何でも叶えてあげるかわりに、魔女と戦ってもらう」

恭介「そんなものを信じろって?」

QB「現にぼくがこうやっているわけだし」

QB「そうだね、身近なところで例を挙げるなら・・・」

QB「美樹さやかがそうだったよ」

恭介「さやかが!?」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:50:11.20 ID:N9x8bras0

QB「さやかは魔法少女になって、魔女に敗れて死んだ」

恭介「そんな・・・どうして魔法少女なんかに・・・?」

QB「・・・」

QB「美樹さやかの願いは、上条恭介、君の腕を治すことだった」

恭介「!?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:52:33.99 ID:N9x8bras0

恭介「そんなっ、それじゃあ僕がさやかを殺したようなものじゃないか!」

QB「それは違うんじゃないかな」

恭介「何も違わない!!」

恭介「・・・ねえ」

恭介「願いはなんだっていいのかい?」

QB「うん、何だって叶えてあげるよ」

恭介「・・・僕は――」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:54:17.18 ID:N9x8bras0

――
―――

恭介「・・・んっ」

恭介「また、ここか・・・」

恭介(さっきは魔法で手足を治したから、あのタイミングでさやかが魔法少女になったんだ)

恭介(だったらこのままで・・・)


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:56:02.87 ID:N9x8bras0

さやか「恭介ー」

恭介「やあ、さやか」

さやか「調子、どう?」

恭介「まあまあかな、でもリハビリが順調なんだ」

さやか「そう、よかった」

さやか「ハイ、コレ」

恭介「いつも悪いね」

さやか「ううん、気にしないで」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 23:57:58.68 ID:N9x8bras0

恭介「さやかも一緒に聴くかい?」

さやか「え?いいのかな・・・」

恭介「いいんだよ、僕がそうして欲しいんだ」

さやか「あ、じゃあ」

恭介(さやか・・・必ず、必ず守るから・・・)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:00:37.40 ID:P2n9lbJ00

恭介「さやかが契約しないためにはどうすればいいんだろう」

恭介「QBに言っておく?」

恭介「うーん」

恭介「とにかく、最初と同じに振舞っていれば、もうしばらくで契約してしまうんだ・・・」

恭介「明日も来てくれるはず、その時にでも・・・」

恭介「・・・さやかを安心させてあげないと」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:02:38.87 ID:P2n9lbJ00

さやか「恭介、喜んでたな~」

さやか「でもさ、やっぱり弾けないのに聴くのって、つらいんじゃないかな」

さやか「私も学校いけないのに友達の話されるの、つらいからなー」

さやか「・・・QBと契約すれば、恭介の腕、治るよね」

さやか「そしたらきっと、今よりもっと・・・」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:04:38.90 ID:P2n9lbJ00

~翌日~

恭介「ふあぁ・・・ん?」

恭介「ど、どうして・・・?」

恭介「腕が・・・腕が、治ってる・・・」

QB『美樹さやかの願いは、上条恭介、君の腕を治すことだった』

恭介「まさかっ・・・!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:07:06.66 ID:P2n9lbJ00

さやか「恭介ー!」

恭介「さやか!」ガタンガタタ

さやか「うわ!ちょっと、まだ歩けないんだから寝てなって!」

恭介「さやか!見てくれ、僕の腕が・・・!」

さやか「あっ!治ってる!やったじゃん!!」

恭介「・・・さやか・・・正直に答えてよ・・・」

恭介「QBと契約したの?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:10:10.53 ID:P2n9lbJ00

さやか「えっ、ちょ・・・なになに?」

恭介「さやか・・・?」

さやか「や、やだなー!恭介もそーいうキャラだったの?」

さやか「なんだよなんだよー。まどかといい恭介といい、みんな電波さんですか!?」

恭介「さやか・・・」

さやか「・・・うん、したよ。恭介の腕、治してもらったの」

恭介「・・・そうか」

恭介「・・・ごめん」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:11:54.14 ID:P2n9lbJ00

さやか「恭介・・・?」

恭介「ごめん、さやか・・・また、守れなかった」

恭介「助けてあげられなかった・・・」

さやか「きょうすけ?」

さやか「ごめん、さやか・・・ごめん・・・!!」

―――
――


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:15:08.03 ID:P2n9lbJ00

QB「いいのかい?その願いが叶ったならば」

QB「君は神すらも匙を投げた迷路を繰り返すことになるんだよ」

恭介「かまわないよ。元はといえば僕のせいだから」

恭介「それでさやかが助かるなら」

QB「そうか・・・」

QB「だったら繰り返すといい」

QB「その迷路に終わりがあることを祈ってるよ」


――
―――

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:16:42.89 ID:P2n9lbJ00

恭介「・・・っ!」ガバッ

恭介「・・・ダメだ」

恭介「さやかを助けるには、常にさやかの傍にいないと」

恭介「・・・今度こそ・・・今度こそ」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:18:58.04 ID:P2n9lbJ00

さやか「恭介ー」

恭介「やあ、さやか、待ってたよ」

さやか「あれ?うそ!?どうして立ってるの!?」

恭介「今朝起きたら治っていてね」

さやか「じゃあもう退院できるの?」

恭介「うん、もう準備はできてるから行こうか」

さやか「うわー、どうしよー、お祝いの準備できてないよ!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:20:58.52 ID:P2n9lbJ00

恭介「さやか、ちょっとだけ耳をふさいでいてくれるかい?」

さやか「ん?いいけど」ギュッ

看護師「あら?上条くん!?あなたまだ検査入院のはずじゃ」

恭介「ぼくはもう大丈夫ですから、お構いなく」

看護師「お構いなくってそういう問題じゃないのよ!」

恭介「それでは」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:23:11.48 ID:P2n9lbJ00

恭介「ねえ、さやか」

さやか「なに?」

恭介「君の家に泊まりたいんだ、いいかな?」

さやか「ちょっちょっ、まって!なんで!」

恭介「いろいろ話したいことがあるんだ、ダメかな?」

さやか「う、ううん、だめじゃない・・・けど」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:24:58.35 ID:P2n9lbJ00

さやか「おやすみ、きょうすけ」

恭介「おやすみ、さやか」

さやか(さすがに布団はべつだよね)ホッ

恭介(QBがいつくるか分からないから、寝ずの番かな?)

恭介(でも流石に寝てるさやかを起こすほどじゃないよ、な)


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:26:21.25 ID:P2n9lbJ00

中沢「上条、もういいのか?」

恭介「うん、心配かけたね」

恭介「この通り、バッチリさ!」


まどか「上条くん、治ったんだね」

さやか「うん」

仁美「・・・」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:30:23.72 ID:P2n9lbJ00

仁美「さやかさん、実は上条恭介さんをお慕いしておりましたの」

さやか「え?なにそれ、いやー恭介もスミにおけないな!」

仁美「さやかさんは、私の大切なお友達ですわ」

仁美「抜け駆けや横取りなんて、したくないんですの」スタスタ

さやか「・・・仁美・・・」

さやか「私は、どうなの・・・?」

さやか「私は、私は・・・」

さやか「・・・恭介」タッ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:33:34.99 ID:P2n9lbJ00

恭介「さやか、どこにいたんだい?」

さやか「恭介、笑わないで聞いて欲しいんだけどさ・・・」

恭介「なんだい?」

さやか「私、私ね、恭介のことが好き」

さやか「幼馴染としてじゃなくて、もちろん友達としてでもない」

さやか「1人の女の子として、私は恭介のことが好きなの!」

さやか「だから、だから・・・」

恭介「ありがとう、さやか」ギュッ

さやか「あ・・・」

恭介「僕も、さやかの事が好きだよ」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:35:41.85 ID:P2n9lbJ00

仁美「・・・はあ」

仁美「やっぱり、こうなるんですのね」

仁美「・・・グスッ」

仁美「・・・お二人とも、幸せそうですわね」

仁美「これでよかったんですわ」

仁美「あそこは、上条さんの隣は、さやかさんこそふさわしいのです」

仁美「・・・強くなるんですわ、私」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:39:31.12 ID:P2n9lbJ00

QB「上条恭介、君が魔法少女だなんて驚きだね」

恭介「そうかい、言っておくけど、さやかとは契約させないからね」

QB「その心配はいらないよ。今の美樹さやかからは全く素質が感じられないからね」

恭介「・・・よかった」

恭介「それで、何のようだい?」

QB「ワルプルギスがそろそろ来るよ」

恭介「ワルプルギス?」

QB「大型の魔女さ。倒せれば見滝原は平和になるだろう」

QB「倒せれば、ね」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:42:16.93 ID:P2n9lbJ00

マミ「それじゃあ作戦会議を始めましょうか」

ほむら「納得いかないけど、そうするしかないわね。時間が無いわ」

マミ「あなたの能力はなにかしら?」

恭介「僕の能力は――」

ほむら「時間干渉、でしょう?あなたは私と同じにおいがするわ」

恭介「・・・たぶん」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:44:10.84 ID:P2n9lbJ00

さやか「すごい台風だね。こういうのスーパーセルって言うんだよね」

恭介「うん、そうだね」

さやか「さすがに体育館が壊れたりはしないよねー」アハハ

恭介「・・・」スク

さやか「ん?恭介」

恭介「ちょっと、トイレ行ってくるよ」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:46:47.61 ID:P2n9lbJ00

恭介「ごめん、遅かったかい?」

マミ「いいえ、ちょうどいい頃よ」

ほむら「・・・来るわよ」

ワル「アハハハハハハハハハハハハハハ」

恭介「あれが、ワルプルギス・・・!」

マミ「大きいわね・・・」

ほむら「・・・行くわよ」

恭介「ああ!」マミ「ええ!」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:48:41.65 ID:P2n9lbJ00

さやか「遅いよ、遅すぎるよ恭介」

さやか「・・・どこに行ったの?」

さやか「あ、空が・・・晴れてく」

さやか「・・・・・・・・・恭介」ダダッ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:50:11.66 ID:P2n9lbJ00

ほむら「うっ・・・巴マミ、大丈夫?」

マミ「ええ、なんとか・・・」

ほむら「上条恭介?」

マミ「上条くん?」

ほむら「まさか・・・」

マミ「まだ早いわ、探しましょう」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:52:57.06 ID:P2n9lbJ00

さやか「あ、恭介!!」タッ

さやか「恭介?恭介!?」

さやか「なんでこんなところにいるのよ!?」

さやか「トイレに行ったんじゃなかったの・・・?」


ほむら「あそこよ!」

マミ「美樹さん!」

さやか「マミさん!ほむら!」

さやか「どうしよう、なんで?恭介がぁ・・・」

ほむら「落ち着きなさい、マミがすぐに治すわ」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:55:13.46 ID:P2n9lbJ00

マミ「・・・」シュウウウゥゥ

さやか「大丈夫だよね、恭介、大丈夫だよね!?」

マミ「傷はふさがったわ・・・」

マミ「意識が戻るかは、賭けね」

さやか「そんな・・・」

ほむら「信じなさい!あなたが誰よりも、上条恭介を信じるのよ!!」

さやか「ほむら・・・」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:57:05.92 ID:P2n9lbJ00

さやか「恭介、おねがい・・・行かないで」

さやか「どこにも行かないで、私の傍にいてよ・・・」

さやか「きょうすけぇ・・・」


恭介「・・・うっ」

まみほむ「!」

さやか「きょうすけえ!!」ガバッ

恭介「うわっ」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 00:59:52.20 ID:P2n9lbJ00

さやか「恭介、よかった、よかったよぉ・・・」

恭介「さやか・・・ごめんね、心配かけて」

さやか「ううん、いいの。また戻って来てくれたんだもん」

恭介「嬉しいよ、さやかを守れたことが・・・」

恭介「なによりも、さやか一緒にいられることが」

さやか「うん、うん!」

恭介「さやか・・・」スッ

さやか「ん・・・」チュッ


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 01:03:23.69 ID:P2n9lbJ00
―――
――

QB「うん、何だって叶えてあげられるよ」

恭介「・・・僕はバカだ」

恭介「失って初めて、どれだけ大切だったかに気がついた」

恭介「仁美じゃなかった、さやかだったんだよ」

恭介「僕はさやかを救いたい」

恭介「さやかを死なせたりはしない!」

恭介「さやかを取り戻したい!!」

恭介「それが僕の願い」

恭介「だって、さやかこそが僕の・・・」


恭介「僕の、大切な人だから」


~ふぁん~


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 01:09:02.56 ID:kATc/AcU0

乙ー


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/28(月) 01:09:41.27 ID:WyU1U9KJO

さやさやには幸せになっていただきたい



魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど美樹さやか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど美樹さやか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


グッドスマイルカンパニー 2012-04-30
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る by AZlink

魔法少女まどか☆マギカ 美樹 さやか (1/10スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 美樹 さやか (1/10スケール PVC塗装済み完成品)


Wave
売り上げランキング : 668

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2011/11/29 01:02 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(8)
やっぱりあんこちゃんは可愛いなぁ
[ 2011/11/29 11:23 ] [ 編集 ]
さやかが報われると安心する
[ 2011/11/29 11:32 ] [ 編集 ]
ふぁん?
[ 2011/11/29 18:06 ] [ 編集 ]
さやかが幸せならもう恭子ちゃんでも神条さんでもなんでもいいです
[ 2011/11/29 18:58 ] [ 編集 ]
構成が読みにくい、解りづらい。
[ 2011/11/29 23:46 ] [ 編集 ]
恭さやは大好物だけどちょっと分かり辛かったな
[ 2011/11/30 00:08 ] [ 編集 ]
>ふぁん?

finでファンと読むんだぜ
[ 2012/01/01 02:54 ] [ 編集 ]
良かったお☆
原作だと報われないから二次創作でも
こういうSS見ると心が温まるねぃ。
[ 2012/08/02 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ