素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さやか「ほむらの盾が落ちてた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:30:15.64 ID:rj+vF/m10

まどホーム前 道路


さやか「ほむらも案外間抜けだなあ」

まどか「今頃きっと探してるよ。渡しに行ってあげようよ」

さやか「それには及ばないわ」ファサ

まどか「ティヒヒッ!やめてよさやかちゃん!」

さやか「せっかく面白いもの拾ったんだし、もう少し遊ぼうよ」

まどか「えっ、でも」

さやか「大丈夫大丈夫。落し物拾った人にはその権利の一割が与えられるのだ」

まどか「ちょっと違うと思うけど……」

さやか「とりあえず中身チェックだな。よっ」ズボッ

まどか「ダメだよさやかちゃ」

さやか「うわああああああああああああああ」シュウウウウウウウウ スポンッ

まどか「えっ」




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:31:39.13 ID:rj+vF/m10

まどか「さ、さやかちゃん!?」

盾「……」

まどか「大変!どうしよう……!」ヒョイ タテヒロウ

さやか<た、助けてまどかー>

まどか「テレパシー……よかった、とりあえず無事だ」ホッ

さやか<とりあえず何かで引っ張り出してくんない?>

まどか「わ、わかった!」ズボッ

さやか<ちょ、手を突っ込んだら>

まどか「きゃああああああああああああああああ」シュウウウウウウ スポンッ

盾「」ポトッ カラン


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:33:33.23 ID:y34IKP+J0

まさか持ち主本人も…


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:33:48.33 ID:BKlxb92e0

やべぇ……やべぇよ……


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:35:18.48 ID:rj+vF/m10

盾の中

まどか「いたたた……」

さやか「なにしてんのさ……あたしが吸い込まれるとこ見てたでしょ!」

まどか「ご、ごめんねさやかちゃん……グスッ、早く助けたくって……」ウルウル

さやか「あわわわ、大丈夫!大丈夫だから!ね?怒ってないよ!」

まどか「……ティヒ、ならいいんだけどね」

さやか「!?」

まどか「くよくよしてもしょうがないよ!早く外に出よう」キリッ

さやか(こいつ……)

まどか「それにしても暗いね」

さやか「……まぁ盾の中だからねぇ」

まどか「そうだ。ちょっと貸してね」ヒョイ

さやか「ちょ、あたしのソウルジェム!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:39:07.27 ID:rj+vF/m10

まどか「ティヒヒヒ、やっぱ便利だなぁこれ」

ソウルジェム「」ピカピカ

まどか「武器とか色々しまってるみたいだね」

さやか「でも自分の魂を蝋燭代わりに使われるのはなぁ」

まどか「さやかちゃん、そんなこと気にしてる場合じゃないんだよ?」

さやか「……」

まどか「……。そういえば上条君が」

さやか「!? 何!?」

まどか「『結婚するなら何かに閉じ込められても自分で脱出できる人』って言ってた、ような……」

さやか「……信じられないよ、まどか」

まどか「……っ!」ギクッ

さやか「……ついに来ちゃったかな?」

さやか「あたしの時代が!」キリッ

まどか「ティヒヒヒッ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:42:06.71 ID:rj+vF/m10

さやか「ほら、行くよまどか!グズグズしないで!」

ソウルジェム「」ピッカーッ

まどか「まぶしっ!まぶしいよさやかちゃん!」

さやか「わはははははは!輝け我が魂!照らせ照らせー!!」スタスタ

まどか「一人くらいこんな知り合いがいると人生楽しいね」

さやか「むっ、これは!」ヒョイ

さやか「高級カップラーメン『極(きわみ)』(豚骨醤油味)!!」

さやか「限定5食の超プレミアものが、なんでここに!?しかも山ほど!」

まどか「きっとループするたびに確保してたんだよ。ほむらちゃんインスタント好きだし」

さやか「しかも全部『ほむら』って名前書いてる……用心深いなぁ」

さやか「なんかお腹空いてきたし、水も携帯コンロも割り箸もあるし1つくらい……」

まどか「だ、ダメだよさやかちゃん!」

さやか「そ、そう?」

まどか「わたしも食べたい!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:43:50.94 ID:4Uv7WFZ10

こいつらループのことを知っててこんなことしてんのか


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:47:16.82 ID:rj+vF/m10



杏子「あー、腹減ったー」テクテク

杏子「クンクン……なんだ?いい匂い……」

盾「」プワ~ン

杏子「これは……ほむらの盾?……そうか!」ピーン

杏子「あいつこの中になんか食べ物隠してやがるな!まったく困った奴だぜ!」ヒョイ ズボッ

杏子「うおっ、うおわああああああああああああああああああ」シュウウウウウウウウウ スポン


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:49:23.95 ID:rj+vF/m10

盾の中

さやか「そろそろ出来上がりかなー」ペリペリ

まどか「いい匂いだね!」ペリペリ

さやか「では!」

まどさや「いっただっきまー」

杏子「うわあああああああああああ」ヒュウウウウウウン ベシャッ

さやか「うわああ!」

杏子「あっつううううう!?」ピョーーン

まどか「きょ、杏子ちゃん!?」ズルズル


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:53:39.38 ID:rj+vF/m10

杏子「あちちち!暗い!どうなってんだぁああああ」ゴロゴロ

さやか「こっちが聞きたいわ!落ち着きなさいよ!」

まどか「あー、おいしいよこれ」ズルズル

さやか「あんたは落ち着きすぎ!」

杏子「一体ここはなんなんだ!?」

まどか「ここはほむらちゃんの盾の中だよ」ズズズ

杏子「盾!?そうか、私は手を突っ込んで……。盾って入れたんだな……」ズルズル

杏子「うめぇ」ニカッ

さやか「ちょ、自分の顔突っ込んだラーメンいきなり食べないでよ!」

杏子「食い物を粗末にすんな!」クワッ

さやか「してないよ!むしろあんたがあたしのダメにしたんじゃん!


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:57:24.74 ID:rj+vF/m10

さやか「あ~あ、食べたかったのにな」

まどか「まぁまぁ、まだいっぱいあるから作ればいいよ!」

さやか「ん……まぁそうか。そうだね。作ろう」コポコポ

杏子「あ!あたしも食べる!」

さやか「もう食べたでしょうが!」

杏子「1つじゃ足りねー!足りねーよー!」

さやか「わかったわかった!じゃあ杏子のぶんもね!」コポコポ

杏子「へへ!」

まどか「わたしはその辺見てくるよ」

杏子「おう」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:01:39.91 ID:rj+vF/m10



QB「この街をー、歩けばー、蘇るー16さーい」テクテク

QB「まあこの前ほむらに殺されたから実質生後6日ってとこだけどね」

QB「おや、あれは……」

盾「……」コロン

QB「ほむらの盾じゃないか。どうしてこんなところに」

QB「通行人には見えてないからたまに何人かつまづいてるじゃないか」

QB「やれやれ、手間がかかるね。とりあえず道の端に……」カプッ ズリズリ

QB「ふぅ」

QB(……それにしてもこの盾……)チラッ

QB(色々出てきて不思議だよなあ。どうなってるんだろう)

QB(……)ウズウズ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:07:08.93 ID:rj+vF/m10

QB(いつも偉そうに魔法少女たちに説明してるけどさ)

QB(実際のところ僕も仕組みなんてよくわかってないんだよね)

QB(上からの連絡通りに言ってるだけ)

QB(下っ端には詳しいことは教えてくれないんだ……)

QB(そうだ。僕は小さいころから科学者になるのが夢だったんだ!)

QB(目の前にナゾが転がっていて、それを究明する!QBだけに)

QB(それがしたかったんだ!結局下っ端の営業だけどさ)

QB(今、ある意味夢が叶うチャンスなのかもしれない……!)ドキドキ

QB「……よし」ゴクリ

QB「ど、どうなってるのかなぁ~」ノゾキコミ

盾「」ピョイン

QB「……えっ、コレ爆だnぎゅぷっ!!」ボカーン

QB「うわあああああ」ピューン


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:13:26.24 ID:rj+vF/m10

時は少し遡る

盾の中

杏子「いやーうまかった」ゲプ

さやか「ほんと」

まどか「さやかちゃーん、こんなのがあったよ」トテトテ

さやか「おっ、何?」

まどか「ほら、スパイ映画とかで出てくる折ると光る棒!」ピカピカ

さやか「やったじゃん!これであたしのソウルジェム返してくれるね!」

杏子「お前遠くに行きすぎだぞ。途中でさやかが気絶してラーメンに顔突っ込んじまった」

さやか「それ内緒だって言ったじゃーん」キャッキャ

杏子「なんだようー」ウフフ

まどか「……チッ……返すわ」ヒュン ボチャン

さやか「うぉわっ!あたしの魂が濃厚豚骨醤油の残り汁に!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:20:02.21 ID:rj+vF/m10

まどか「あとさやかちゃん、美味しかったって言ってるけどその味不完全だから」

さやか「えっ、どういうこと?」

杏子「ん?さやか、これ入れてないのか?」つ 小袋

さやか「これは……『香味油』!?」

まどか「それを入れ忘れちゃ本物には到底及ばない単なるジャンクフードだよ」

さやか「あたしって……ほんとバカ……」ツー

杏子「まあ食えりゃあ何でも一緒だよ。それに、うまいって感じたならそれでいいじゃん」

さやか「杏子……」

まどか「ま、完成してないものを大喜びで食べるのはどうかと思うけどね」

さやか「まどか……なんかあんた嫌な奴になったね……」

杏子「確かに……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:25:32.02 ID:rj+vF/m10

まどか「うるさいよ!」ブンッ  ガンッ!

さやか「あだっ!やかん投げるな!」

まどか「ティヒヒヒッ!」

さやか「どうしちゃったのさ……」

杏子「さやか、あれを見ろ」

さやか「? あ、あれは!」

グリーフシードの山「」ドーン

杏子「あれだけ大量にグリーフシードがあれば外に瘴気が漏れちまう」

杏子「ただの人間のまどかには耐えられなかったんだ……!」

さやか「そんな……まどか……」

杏子「きっと軽い魔女のくちづけみたいなものだぜ……」

まどか「ティヒヒィ!」ヒョイ

さやか「うわ!それ爆弾じゃん!やめて、危ないよ!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:28:21.00 ID:Ax4lSUZn0

ティヒヒヒが妙に多いと思ったら・・・


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:30:05.31 ID:rj+vF/m10

まどか「ティヒッヒィ!」ブン

杏子「あぶねえッ!」カッキーン

さやか「槍で打った!?これは大きいぞ!」

杏子「へっ場外ホームランだな」フンス

<ボカーン ギュプッ!

さやか「なんだ今の声」

まどか「ティヒヒヒヒヒッ!」

さやか「わわ!今度はまどかが両手にやかんを携えて襲ってきた!」

まどか「ティッヒー!」ピカーッ

さやか「しかも鼻にさっきの蛍光棒2本挿してる!白目剥いてるし!」

まどか「ティヒヒヒヒーッ!」グルグル

杏子「おいおい回転し始めたぞ」

さやか「いったいなにがはじまるんです」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:31:09.48 ID:3zp3m5gv0

まどっち・・・


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:34:36.00 ID:y34IKP+J0

どうしてこうなった


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:36:20.49 ID:rj+vF/m10



マミ「愛なき時代に~♪……あら?今何かが飛んで行ったような……」コツン

マミ「わわ……これは……暁美さんの盾?なんでこんなところに」

マミ「まったく、大事なものなのに仕方ないわね」ヒョイ タテヒロウ

マミ「…………」

マミ「……貝殻に耳を当てれば海の鼓動が聴こえると言うわ」

マミ「時空を旅するこの盾はどんな鼓動を響かせるのかしら」ミミアテ

マミ「……なんてね///今日は少しロマンチック///」

マミ「あれ、何か聞こえる……鹿目さんに、美樹さん?もっと耳を……」グイッ

マミ「あ、あら?あららら!?吸い込まれ……きゃあああああっ」シュウウウ ガッ!

マミ「く、首から下が盾に入っちゃった!えいっえいっ!」ピョンピョン

マミ「抜けないわ……どうしよう……」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:42:47.46 ID:rj+vF/m10

盾の中

まどか「ティヒーッティヒーッ」zzz

さやか「さんざん暴れて疲れて寝たみたいだね」

杏子「いびきまでかいて……酔っ払いのオッサンかこいつは」

さやか「あはは……うわぁ!!」

杏子「な、なんだよ!!」ビクゥ

さやか「あ、ああ……あ、あれ」

杏子「なんだよまるで化け物でも見たような……」

杏子「」

マミ(体)「ーっ!ーっ!」ジタバタ

さやか「あは、あはあは……また、マミられちゃってる……」バタン

杏子「さやかーっ!」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:50:39.93 ID:rj+vF/m10
* * *

杏子「さやか、さやか」ペシペシ

さやか「う、う~ん……バスコダガマ……」

杏子「何言ってんだ。起きろ」

まどか「さやかちゃ~ん。目を開けなよ~」

さやか「そっか。夢だったんだね。あたしたちはまどかの家にお泊りしに来たんだ」

さやか「目を開ければ朝で、そこには死体じゃなくきれいな朝日を受けた大きなぬいぐるみが」パチッ


マミ(体)「」ドーン!


さやか「キュウ」パタ

杏子「さやか!起きろって!マミは生きてるから!見てみ」ツンツン

マミ(体)「っ!」ジタバタ

杏子「な?」

さやか「どうなってんだ……」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:55:50.80 ID:rj+vF/m10

杏子「まどかもだいぶよくなったぞ」

まどか「ウェヒヒヒ、さやかちゃ~ん、パンツ何色?」

さやか「ベクトルが変わっただけな気がする」

まどか「ウェヒヒヒッ!ええ躰しとるの~、お、今日は水色かぁ~」ナデナデ

マミ(体)「っ!」ビクッ

さやか「……あれはエロオヤジだわ」

杏子「まぁ直接危害を加えられるよりマシだぜ。それより出口がなくなった」

さやか「! そうか、あの……え~、ふくよかな体がつかえて……」

まどか「ウェヒヒヒッ」ナデナデ

マミ(体)「っ!っ!」ビクンビクン


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:00:33.46 ID:rj+vF/m10

盾の外

ほむら「昨日拝借したまどパンは最高だったわ」テカテカ

ほむら「でも最近はセキュリティが厳しくて少し面倒ね。まさか警備会社と契約するとは」

ほむら「私が毎晩部屋に入ってまどかの寝顔を見守っているというのに」

ほむら「まどかのご両親は心配性なのかしら。私がついていればまどかに変質者なんて……」

ほむら「しかし私としたことが急いで逃げる途中とはいえ盾を落とす失態を演じるとはね」

ほむら「今夜は連続まどパン10枚抜きで自分に喝を入れないと」ホムッ

ほむら「昨日は確かこの辺で……あら?」

マミ「あっ……あぁっ……!」ビクビク

ほむら「なんなのかしら、あのアヘ顔黄色だるまは」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:04:11.13 ID:SvMJVlUN0

まどっち中でナニやっとるん?


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:05:06.51 ID:rj+vF/m10

ほむら「何をしているのかしら、巴マミ」

マミ「あっ……あけみ、さぁっ……んっ……」ハァハァ

ほむら「盾の魔力のおかげで一般人には見えないけど、あなた相当大変な顔よ」

マミ「らめっ……!らめなのぉっ!おかしく……なっちゃ……んんっ!」ビクビクッ

ほむら「まったく、変態番付は全て書き換えられるべきね」

ほむら「こんな公衆の面前で涎たらしてアヘ顔晒す淫乱女子中学生なんて!」

マミ「いっ、言わないでぇっ!……あっ!」ビクン

ほむら「雌豚が。とりあえずその豚足でダブルピースしなさい」

マミ「むっ、むりでしゅぅうううっ」ビクビクン

ほむら(とりあえずアドリブで言葉責めしてみたものの……どういう状況なのかしら)ホムー

ほむら「それってどういう状況なの巴マミ」

マミ「あっ……ああっ……」ゾクゾク

ほむら「答えなさいこの淫乱雌豚が!」ペシ

マミ「ひゃ、ひゃいぃっ!」ゾクゾクゾクッ


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:11:54.94 ID:rj+vF/m10
* * *

ほむら「まどかが中にいる!?早く言いなさいこの雌豚!」ペシン

マミ「あっ、あぁんっ!」

ほむら「早く出してあげないと!どきなさい巴マミ!」グイーッ

マミ「はひぃいいいいいいいっ」グイーッ

物陰

QB(どうなってるんだ?この状況……)ヨロヨロ

QB(マミは首だけ盾から出てるし、ほむらはマミに素手で鼻フック……)

QB(マミは悦んでいるようだし、わけがわからないよ……)

QB(うわぁ!鼻フックをやめてそんな体勢!?ちょ、それはやりすぎじゃないかい!?)

QB(ほむら、それはヤバいよ!マミ!女の子がそんな台詞言っちゃダメだよ!)

QB(マミが人間として色々捨てた体勢を……ほむら!?そんな大きなモノ使うのかい!?)

QB(うわあああこれは生で見ないと伝わらない壮絶さだよ!)


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:15:34.11 ID:rj+vF/m10

その後、十数分の出来事 省略


マミ「あっ、あぁんっ!はひぃいっ!」ズルズルドゥルン

ほむら「ふう、やっと抜けた。ここまで拡張したのは初めてね」

マミ「……っ!……っっ!」ビクッ!ビクビクン!

ほむら「ふふっ、そんなに嬉しいの?巴マミ」

マミ「……っ!」ショワワワ ビクンビクン

ほむら「お漏らしまでして……いけない仔。あとでお仕置きね」フフ

ほむら「さて、はやくまどかを出さないと……よいしょ」ゴソゴソ ズルン

まどか「うう……ほむらちゃーん」ズポッ

ほむら「まどか!平気!?」

まどか「頭痛いよ~」プーン

ほむら「うっ、まどかから濃厚な雌のニオイがするわ……おのれ巴マミ……!」ギリッ

マミ「」ビクンッビクンッ


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:21:28.47 ID:rj+vF/m10

ほむら「さ、まどか。私の家でシャワーを浴びましょう一緒に」

まどか「うう……さやかちゃんたちも助けてあげて……おえっ……」

ほむら「まどかが言うなら」ゴソゴソ ポイポイ

さやあん「いてっ」ベシン

さやか「ほむら!あんたの盾のせいで大変な目に遭ったんだよ!もっと早く出してよ!」

杏子「まどかは酔っぱらったおっさんみたいになるしな。ていうかマミ白目剥いてるぞ」

ほむら「あら、きっとまどかは『忘年会の魔女』の魔力にあてられたのね」ナデナデ

まどか「う゛~気持ち悪いよぅ……頭痛い……」

さやか「なにその魔女。冗談でしょ」

ほむら「あら、年末にみんなで集まって忘年会をやるでしょう?」

ほむら「グリーフシードが年末に集まれば特殊な魔女が発生するの」

ほむら「理論的には間違っていないでしょう」ファサァ

さやか「いやもうなにがなにやら」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:23:02.43 ID:m/MLl5Lw0

俺もその魔女の犠牲になったわ


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:22:52.96 ID:rj+vF/m10

数日後 マミホーム


さやか「しかしあの後いきなり杏子が忘年会したいだなんて言い出すとは」

ほむら「急展開にもほどがあるわ」

杏子「いいじゃん。旨いものが出るんだろ?」

さやか「やっぱそれか」

まどか「うう……忘年会怖いよ……」

ほむら「大丈夫よ。今日はお酒は無いわ」

まどか「良かったぁ」

ほむら「まどかにお酒を飲ませていたずらしようとする不届き者は私が始末するわ」キリッ

さやか「あんたが言うな。あんたが言うなこの変態ブラック!」

マミ「み、みんな!そろそろお鍋が出来たみたいよ!」パカッ

杏子「うお~っ!カニだぁ!」

マミ「ふふ、せっかくの忘年会だしね!」

QB「わあ、おいしそうだね」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:26:07.18 ID:rj+vF/m10

さやか「ま、今年も色々ありましたけども!」

ほむら「なんであなたが仕切ってるのよ」

杏子「早く食おうぜー」

さやか「そこ!お静かに!……みなさんこの一年で大きく成長したと思います!」

ほむら「……」チラッ

マミ「……?」バイーン

ほむら「クッ……!」ペターン

さやか「色々と学んだこともあるでしょう!」

QB「……だね」

まどか「キュゥべえは何を学んだの?」

QB「中途半端な夢は身を滅ぼすのさ」

まどか「?」

さやか「さて!来年もいい年にしましょうね!かんぱーい!」


    か ん ぱ ー い ! !


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:29:00.96 ID:rj+vF/m10

わたし達はたまにぶつかったりもするけれど



「あっさやか!それあたしんだぞ!」

「まぁいいじゃん!細かいなあ」



それはお互いを信じあっているから出来ること



「あ、暁美さん、そんなに食べられるの?」

「巴マミ……絶対にあなたを超えてみせる……」ムシャムシャ



みんなわたしの



「おいしい!カニってこんなにおいしいものだったんだね!でもちょっと硬いや」ガリガリ

「殻ごと食うなよ……」


最高の友達!


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:30:52.83 ID:kwXc05gk0

何いい話にしようとしてるんだよ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:33:38.14 ID:rj+vF/m10

忘年会終了後


ほむら「え?マミがアヘりまくってたのは内緒にしとくの?」

さやか「マミさんあまりの衝撃で記憶飛んでるみたいだからさ」

杏子「思い出したら一瞬で魔女化しちまうしな」

まどか「黙っておくべきだよね」

マミ「う~ん、何か忘れてるような……盾……?いや、違うか……」

QB「なんで君たち人間はすぐにいい話っぽく終わらせようとするんだい」

まどか「キュ、キュゥべえ……!」

QB「ほむらのマミに対する壮絶なお仕置きプレイとかはないのかい。
    僕はハッピーエンドは嫌いなんだ」

ほむら「失せなさい淫獣。もう終わりよ。そんなのが読みたいならあなたが書きなさい」

QB「……マミマミー、そういえばこの前のほむらの盾のさぁ……」トテトテ

まどあんさや「わわわわーっ!」





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:37:46.16 ID:3E1wMe410

いい話endとかないわー。良い意味でないわー。


乙でした



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:35:18.84 ID:rj+vF/m10

これから忘年会シーズンですが、みなさん飲みすぎないようにしましょうね



魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか (1/8スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


グッドスマイルカンパニー 2012-01-31
売り上げランキング : 311

Amazonで詳しく見る by AZlink

魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 佐倉杏子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 佐倉杏子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)


グッドスマイルカンパニー 2012-05-30
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る by AZlink

関連記事
[ 2011/12/19 12:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(2)
いい意味でひどかった
[ 2011/12/20 14:27 ] [ 編集 ]
べぇさんに共感したのは初めてだぜ
[ 2011/12/23 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。