素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まどか「クリスマスパーティー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:15:49.95 ID:t1sYDgR00

ピンポーン

詢子「お、ほむらちゃん。悪いねー、まだまどか帰ってないんだ」

ほむら「そうですか……放課後に遊ぶ約束をしたのですが」

詢子「ま、上がって待ってな」

ほむら「はい。お邪魔します」




 
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:26:07.92 ID:t1sYDgR00

詢子「コーヒーはいけるんだっけ?」

ほむら「あ、はい。どうぞお構いなく……」

詢子「まぁ座って座って」

ほむら「失礼します」

ほむら「平日にいらっしゃるなんて、珍しいですね」

詢子「今日はちょっとしたオフでねー。知久もじきに帰ってくるよ」

ほむら「そうですか」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:28:00.19 ID:t1sYDgR00

詢子「そういえばもうすぐクリスマスかー」

ほむら「もう、そんな時期ですか」

詢子「今年はまだまどかの欲しいもの聞いてないんだよなー。やばいな」

ほむら「やばいとは?」

詢子「いや、うちまだサンタさんやってるんだよねー」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:28:48.90 ID:t1sYDgR00

ほむら「サンタ……さん?」

詢子「例年それとなくまどかの欲しいもの聞き出してたんだけど、
    今年は何故か言い出さないんだよ、あいつ。そろそろ潮時かな」

ほむら「潮時って、サンタさん止めるんですか?」

詢子「あいつももうサンタさん信じてる歳じゃないからね。そろそろ手渡しにするかな」

ほむら「……」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:29:46.30 ID:t1sYDgR00

まどか「ただいまー」

詢子「お、まどかのヤツ帰ってきたみたいだ。じゃああたしはここらで引っ込むよ」

まどか「ごめんね、遅くなっちゃって」

ほむら「そんなに待っていないわ」

まどか「色々買ってきたからねー」

ほむら「ツリーの飾りに、クラッカーに、画用紙……パーティでもやるつもりなの?」

まどか「うん! だから招待状作ろうと思って」

ほむら「出来たら、わたしも呼んでちょうだいね」

まどか「もちろんだよ!」ウェヒヒ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:31:55.75 ID:t1sYDgR00

ほむら「……まどかはクリスマスプレゼントに何をお願いしているのかしら」

まどか「えーと、わたしはぬいぐるみが好きだから新しいぬいぐるみをって」

QB「それが君の願いかい?」

まどか「!? QB!?」

ほむら「呼んでないわ。消えなさい」

QB「ひどい言われようだなぁ。じゃあお望み通り消えるけど、パーティには僕も招待してくれよ」

まどか「行っちゃった……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:33:17.28 ID:t1sYDgR00

ほむら「で、ぬいぐるみって、どんなのが欲しいのかしら」

まどか「うーん、ペンギンの大きいのが欲しいんだけど……少し高いかなあ」

ほむら「そう」

まどか「サンタさんにも予算はあるだろうしね!」ウェヒヒ

ほむら「……」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:33:43.04 ID:t1sYDgR00


ほむら「おじゃましました」

まどか「またね、ほむらちゃん」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:35:54.03 ID:t1sYDgR00

ほむら「……」

QB「デパートに向かっているのかい?」

ほむら「聞いていたの?」

QB「言っておくけど、時間を止めて盗むのはおすすめしないよ」

ほむら「そんなことしないわ」

QB「それにしても分からないなあ。仮に君がぬいぐるみを手に入れたとしても、
    先にサンタの正体がまどかにばらされるかもしれないだろう? 
    そしたらプレゼントがダブってしまう可能性は否定できないよね」

ほむら「それもそうね……。でも、見るだけ……」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:37:13.45 ID:t1sYDgR00

さやか「おっ、ほむらにQB!」

ほむら「美樹さやか。何をしているの?」

さやか「マミさんの家寄った帰り。ほむらは?」

ほむら「ちょっと用事があって、駅前のデパートに行くわ」

さやか「おっ奇遇だねぇ。ちょうどあたしもそこ行くとこ。一緒に行く?」

ほむら「ええ。あなたは何を買いに?」

さやか「マミさんがクリスマスパーティー企画しててねー。その準備を」

ほむら「……」

QB「なんだか嫌な予感がするね」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:39:58.28 ID:t1sYDgR00

さやか「? どうしたの?」

ほむら「何でもないわ。その企画というのはどこまで進んでいるのかしら」

さやか「マミさんもうツリーも買ったとかいって、めっちゃはりきってたよ」

ほむら「……」

さやか「それより聞いてよ。まどかってまだサンタさん信じてるんだって!」

ほむら「夢があっていいじゃない」

さやか「それであたしがサンタさんなんかいないよーって言っても、いるって言いはるもんだからさ。
     じゃあお母さんに自分の欲しいプレゼント言わないでみ? 
     まどかの欲しいプレゼントは来なくなるからって言ってやったの。
     そしたらまどかもムキになっちゃって。
     あれじゃあ今年はサンタさん来ないだろうねー」ウシシ

ほむら「美樹さやか……」

さやか「な、何よ恐い顔して」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:41:40.24 ID:vdt5btE/0

さやさや……


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:41:58.81 ID:t1sYDgR00

デパート

QB「これがまどかの言ってたぬいぐるみだね」

ほむら「4900円……確かに高いわ」

QB「さすがにほむらの小づかいでは手が出ないだろう? どうするんだい?」

ほむら「……今日は一旦引き上げよ」

さやか「ほむらー。あたしはもう買ったぞー」

ほむら「そう。じゃ、帰りましょう」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:43:50.84 ID:t1sYDgR00

デパートの外

さやか「わっもう暗い。日も短くなったね。イルミネーションもついてる」

ほむら「綺麗なイルミネーションを前にして、随分と暗い顔をするじゃない」

さやか「いや……街はカップルだらけで浮かれてるのにあたしは……ってね」

ほむら「……」

さやか「リア充死ね!」

ほむら「単にリアルが充実しているというのなら、あなたも十分そうだと思うわ」

さやか「うるせー! 独り身にはクリスマスなんて来ないんだよー! シングルベルだよ!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:46:25.18 ID:t1sYDgR00

杏子「騒がしい奴がいると思ったらさやかじゃん」

さやか「杏子!」

杏子「冬は野宿も出来ないでつらいね。何を騒いでいたんだい?」

ほむら「カップルに対して嫉妬の念が収まらないでしょうがないらしいわ」

杏子「あー、アンタあの坊やに振られたんだっけ」ヒヒヒ

さやか「うるさいなぁ……。杏子にはクリスマスを独りで過ごす寂しさなんて分からないわよ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:48:32.65 ID:t1sYDgR00

杏子「? クリスマスと恋人いないことの何が関係あるんだ?」

さやか「だって普通クリスマスは恋人と過ごすもんでしょ?」

杏子「おいおい、残念な奴だな。
    クリスマスは主がお生まれになった日なんだから、家族仲良く家で祝うのが基本だろ」

さやか「う……そういやアンタの家教会だっけ」

杏子「ま、そういう意味ではあたしも寂しいクリスマスが続いてるけどな」ハハハ

さやか「杏子……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:50:24.12 ID:t1sYDgR00

さやか「そうだ、アンタもマミさんのクリスマスパーティー来なよ!」

杏子「あん? マミのやつそんなもん考えてんのか」

さやか「ケーキも焼くってはりきってたよ~」

杏子「タダ飯食えそうだな。ま、そんときゃ誘ってくれ」

ほむら「あ……」

杏子「何だ?」

ほむら「いえ……」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:52:26.39 ID:t1sYDgR00

ほむホーム

QB「どうするんだい? このままだとまどかのパーティーには誰も来ないよ」

ほむら「なんであなたは今日わたしにばかりついてくるのよ」

QB「そんな言われ方は心外だなあ。これでも相談に乗ってあげてるつもりなんだよ?」

ほむら「……どうしましょう」

QB「一つめの問題なら、解決は容易いね」

ほむら「どうするのよ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:54:13.04 ID:t1sYDgR00

QB「論理的に、サンタがいないってことを証明するのは難しい。
   逆にサンタがいるのを示すのは簡単だよね。サンタを連れてくればいいんだから」

ほむら「そのサンタが実際にいないから困っているのよ」

QB「そんなの、君がサンタの衣装でも着ていけばいいじゃないか」

ほむら「……それもそうね」

QB「(あれ……本気にしちゃったかな。地球人のジョークとやらを言ってみたつもりだったんだけど)」

ほむら「じゃああなたはトナカイ役ね」

QB「わけがわからないよ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:56:40.13 ID:t1sYDgR00

まどかの家

詢子「あー、まどか。あれだ。今年のクリスマスプレゼントは何が欲しい?」

まどか「……ママがそれを訊いてどうするの?」

詢子「まどか。お前はいい子に育ったな。
    だけど、現実を知らなきゃいけない時も来るんだよ。……サンタなんていねぇんだ」

まどか「!? 嘘……」

詢子「今までのプレゼントも、全部知久が置いてたんだよ」

まどか「わたし……信じてたの……信じてたのに裏切られたのっ」

詢子「おい、まどか!」

まどか「知らない!」ダッ

詢子「……」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 02:58:25.51 ID:t1sYDgR00

マミホーム

マミ「♪」

QB「ご機嫌だね、マミ」

マミ「あら、QB。だってクリスマスパーティーで友だちをたくさん呼ぶなんて、久しぶりなんだもの」

QB「そうかい。杏子も来るようなことを言っていたよ」

マミ「嬉しいわ。後は鹿目さんと暁美さんね。招待状書かなくっちゃ」

QB「(準備に掛けてる手間は明らかにマミの方が上だね……)」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:01:03.72 ID:t1sYDgR00

数日後

ほむら「おはよう、まどか」

まどか「お、おはよう! あのね、今朝起きたらこんな手紙が……」

『よい子のまどかへ。サンタクロースはいるんだよ。パパやママが気付いていないだけさ。
  ところで、今度のクリスマスイブにパーティーを開くから、ぜひ来てほしい。会場は……』

ほむら「よかったじゃない。サンタさんから手紙が来たのね」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:03:14.02 ID:t1sYDgR00

まどか「でも何で会場がマミさんの家なんだろう?」

ほむら「ここだけの話、マミさんはサンタと知り合いなの」

まどか「えぇっ!? そ、そうだよね。魔法少女だもんね」

QB「(しかしあれは不法侵入というものじゃないのかい?)」

ほむら「(あなたが気にすることではないわ)」

まどか「でも、せっかくサンタさんが誘ってくれたんだし、そっちのパーティーに行こうかなぁ。
     あ、わたしのパーティーにほむらちゃんを誘っちゃったんだ……」

ほむら「気に病む必要はないわ。まどかがマミさんの家に行くのなら、わたしもそうする」

まどか「そっかぁ……ごめんね」ティヒヒ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:05:37.49 ID:t1sYDgR00

12月24日

まどか「おじゃましまーす」

マミ「いらっしゃい。皆来てるわよ」

さやか「おーまどか」

杏子「おっす」

まどか「ティヒヒ、お泊りの許可下りたよ!」

マミ「良かった。これで今日はお泊りパーティーね!」

さやか「マミさんすごく嬉しそう……」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:08:22.31 ID:t1sYDgR00

まどか「あれ、ほむらちゃんは?」

QB「何か用意があると言ってね、遅れてくるらしい」

まどか「ふーん」

マミ「とりあえず皆でケーキ食べましょう。七面鳥も用意してあるわ」

杏子「すげーな、おい」

マミ「QBはこれね」

QB「僕も頂いていいのかい」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:10:10.60 ID:t1sYDgR00

ほむら「遅くなってごめんなさい」

さやか「うわ、何よその大荷物」

ほむら「気にしないで」

マミ「じゃあ、皆そろったことだし、メリークリスマス! 乾杯!」

さやか「いえー!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:12:16.18 ID:t1sYDgR00

杏子「うめぇなこれ」ガツガツ

まどか「ほむらちゃん、用事って?」

ほむら「たいしたことじゃないわ。それより、ケーキなくなるわよ」

まどか「あ、そうだった! よーし、食べるぞ!
     それにしてもマミさん、サンタさんと知り合いなんてすごいですね」

マミ「?」

ほむら「ええ、こんな素敵なパーティを用意してくれるなんて、サンタさんみたいね」

マミ「?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:14:29.98 ID:t1sYDgR00

マミ「そろそろ、プレゼント交換の時間ね」

さやか「ちゃんと自分の金で買ったんだろーなー?」

杏子「あたりめーだ、バカ」

マミ「じゃあ、順番に回していって、音楽が止んだらストップね」

イーツーカキミガ ヒトミニトモス アイノヒカリガ

まどか「皆、どんなプレゼントを持って来たんだろう」

QB「500円以内だから、たいしたものはないだろう」

ホーロービイソグ セカイノユメヲ タシカニヒトツ……

マミ「はい、ストップ!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:18:12.68 ID:t1sYDgR00

まどか「これがわたしのかぁ」

さやか「あ、それあたしが持ってきたやつ!」

まどか「開けていい?」

さやか「どうぞどうぞー」

まどか「きゃあ!? トカゲ!?」

さやか「あはははは。さすがいいリアクション! まどかで良かったわー。作りものだから安心して」

まどか「扱いに困るよ……」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:20:08.83 ID:t1sYDgR00

さやか「じゃあ、あたしも開けよっと。これは誰の?」

ほむら「わたしよ」

さやか「ほむらはどんなのくれるんだろー。って、鼻眼鏡!?」

ほむら「今掛ければいいわ」

さやか「意外と下らないものを持ってくるのね……」

ほむら「と言いつつ掛けるんじゃない」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:22:41.20 ID:t1sYDgR00

マミ「わたしも開けていいかしら」

杏子「マミのはあたしが持ってきたやつだな」

マミ「佐倉さんが……。まぁ、おしゃれなコースター」

杏子「そこの雑貨屋で見つけたもんだから、安っぽいプレゼントだけどな」

さやか「意外だわ……」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:24:36.18 ID:t1sYDgR00

杏子「さて、あたしは」

まどか「杏子ちゃんのは、わたしのプレゼントだよ!」ウェヒヒ

杏子「って、うんまい棒……50本くらいか!?」

まどか「それくらいしかネタが思いつかなくて」ティヒヒ

杏子「あたしだから良かったようなものの……」

ほむら「わたしのはマミさんのね。……ティーパック。ありがとうございます」

マミ「いえいえ」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:26:25.59 ID:t1sYDgR00

さやか「さーてそろそろ寝ますか」

杏子「割と楽しかったな」

マミ「今日は皆来てくれてありがとう。じゃ、また明日」

まどか「zzz……」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:28:08.48 ID:t1sYDgR00

ほむら「……QB、準備をしなさい」

QB「え、ホントにやるのかい」

ほむら「何のためにこんな衣装まで借りてきたと思ってるの」

QB「公民館もよく貸してくれたものだね……」

ほむら「早くトナカイの衣装を着なさい」

QB「どうかしてるよ」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:30:35.45 ID:t1sYDgR00

まどか……まどか……

まどか「うー……ん?」

ほむクロース「まどか」

まどか「!?」

ほむクロース「今日はクリスマスパーティーへようこそ。
        わたし……わしがサンタクロースよ……じゃよ」

QB「クエエエエエエ」

まどか「……」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:32:23.93 ID:qozOakTC0

ワロタ
クエエて、可愛いなおい



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:33:38.58 ID:t1sYDgR00

ほむクロース「まどかはぬいぐるみが欲しいということじゃったが……
        サンタも最近不況のあおりをくらっていてな……手作りになるが許しておくれ」

まどか「……」

ほむクロース「わしはサンタを信じる良い子のもとに来るよ……」フォッフォ

まどか「ほむらちゃん、なにしてるの?」

ほむクロース「!?」

まどか「QBも……」

ほむクロース「な、何を言っているのかしら」

まどか「いいんだよ、ほむらちゃん」クスッ

ほむクロース「まどか……」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:36:11.19 ID:t1sYDgR00

まどか「サンタさんはいないけど、ほむらちゃんはわたしのために色々準備してくれてたんだね。
     それに、このぬいぐるみすっごく可愛い!」

ほむクロース「……」

まどか「ありがとね。じゃあこれからはほむらちゃんがわたしのサンタさんだ」

ほむクロース「よ、喜んでやらせてもらうわ!」

まどか「QBもお疲れ様」

QB「やれやれ」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:38:39.71 ID:t1sYDgR00

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「何?」

まどか「メリークリスマス」

ほむら「……メリークリスマス、まどか」


おわり


まどか「そういえば、あの招待状……ほむらちゃんどうやってわたしの枕元に置いたの?」

ほむら「よ、良い子は早く寝るのよ」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:44:47.65 ID:FUJQNl6+0


綺麗に纏まったな



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 03:47:55.83 ID:vdt5btE/0

乙乙乙



魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 鹿目まどか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 鹿目まどか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


グッドスマイルカンパニー
売り上げランキング : 213

Amazonで詳しく見る by AZlink

魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 暁美ほむら (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 暁美ほむら (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


グッドスマイルカンパニー
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る by AZlink

関連記事
[ 2011/12/25 00:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(7)
選曲吹いたww
[ 2011/12/25 00:16 ] [ 編集 ]
悪くないね!
[ 2011/12/25 04:24 ] [ 編集 ]
なんでMagiaww
[ 2011/12/25 09:36 ] [ 編集 ]
クエエエエエwwwwwww
[ 2011/12/27 16:26 ] [ 編集 ]
プレゼント交換の歌がwww
顎はずれたwww
[ 2012/01/31 22:14 ] [ 編集 ]
クエエエエエエWWWWW
[ 2014/03/23 11:08 ] [ 編集 ]
ほむほむがティーバッグだと…?
ゴクリ
1乙
[ 2015/07/03 01:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。