素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

綾乃「歳納京子の額を矢で射抜いたらどうなるか……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:12:31.49 ID:oBQYiyOt0

綾乃「や、やっぱり駄目よ、千歳、歳納京子が可哀そうよ……」

千歳「大丈夫やて、綾乃ちゃん」

綾乃「そ、そうかしら?」

千歳「あ、ほら、歳納さんやで、綾乃ちゃん、はよ」

綾乃「わ、判ったわ……」

綾乃(歳納京子、ごめんなさいっ)


ヒュッ


トスッ


京子「 」



20110728064035543.jpg
 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:17:42.97 ID:oBQYiyOt0

京子「あ、あれ、何か、額に衝撃が走った気がしたんだけど……気のせいかな?」

千歳「綾乃ちゃん、ナイススナイプ!」

綾乃「こ、これ、本当に効果あるのかしら……」

千歳「さ、綾乃ちゃん、歳納さんに会いに行ったげよ?」

綾乃「え、ええ、そうねっ」



綾乃「としのーきょーこー!!」

京子「ふ、ふえ?あ、あやの?」

京子(あ、あれ、なんだろ、綾乃の顔見てると、何か赤面してきちゃう///)


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:21:03.34 ID:WlRHtCe30

マジキチ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:21:42.91 ID:9EyCClr40

グロかと思ったわ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:26:04.92 ID:oBQYiyOt0

綾乃「としのーきょーこ、あの、また、プリント、忘れてる、わよね?」チラッ

京子(か、可愛い、綾乃、凄く可愛い///)

綾乃「ちょ、ちょっと、としのーきょーこ、ちゃんと聞いてるのっ?」クイッ

京子「ひゃっ///」ビクッ

綾乃「あっ……」

京子(う、うう、なんだろ、
    綾乃にちょっと触られただけなのに、何か背中に電流流れたみたいになって///)

綾乃「としのーきょーこ、大丈夫?いきなりしゃがみこんで、どうしちゃったの?」スッ

京子「やっ触らないでっ!」ドンッ

綾乃「きゃっ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:31:26.87 ID:oBQYiyOt0

綾乃「いたた、としのーきょーこ、いきなり突き飛ばさないで……」

京子「あ、ご、ごめん、ごめんね、綾乃……」オロオロ

京子「あの、き、嫌いに、なっちゃった?私の事、嫌いになっちゃった?」ウルッ

綾乃「え、いや、その、嫌い、ではないわよ///」

京子「そ、そっか……よかったぁ」ホッ

京子「わ、わたし、綾乃に嫌われたら、生きていけないよぉ」

綾乃「……!」

綾乃(き、効いてるわ、確かに効いてるわ、通販で買ったあの天使の弓矢!)

綾乃(元々、相手が自分に愛情を抱いてないと
    効果がないって説明書に書いてあったから不安だったけど)

綾乃(効果があったって事は、あの、としのーきょーこ、私に、愛情抱いてくれてたって事よね///)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:35:39.05 ID:VLai2LYGO

効いてるな


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:38:23.24 ID:7PzbN3+g0

通販で買えるのか、その矢www


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:40:29.77 ID:oBQYiyOt0

京子「あ、綾乃、あのさ、プリント、何時もごめんね……」モジモジ

綾乃「え、あ、いいのよ、歳納京子、気にしないで」

京子「あのね、私、綾乃が取りに来てくれるから、何時もプリント忘れてるんだ……」モジモジ

綾乃「へ?」

京子「だって、綾乃、生徒会で忙しくて、
    そうでもしないと、私を構ってくれないんだもん……」モジモジ

綾乃「と、と、と、と、としのーきょーこ///」

京子「あ、あれ、私、どうしてこんな事、正直に話してるんだろっ///」

京子「お、おかしいよ、なにか、変、あ、綾乃、私、わたし、
    綾乃の事を好きな気持ちがいっぱいで、くるしいよ、あやのっ」プルプル


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:47:47.54 ID:oBQYiyOt0

綾乃(と、としのーきょーこ、こんなに震えて……)

綾乃「あ、あの、だ、だいじょうぷ?保健室、行く?」スッ

京子「んあっ///」ゾクッ

綾乃「え、としのーきょーこ?」

京子「……だ、だめ、だめなの、綾乃に触られると、私、それだけでっ///」プルプル

綾乃「え、え?」

京子「わたし、おかしくなっちゃったのかな、綾乃、あやのぉ」ウルッ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:57:25.62 ID:oBQYiyOt0

綾乃(あわわわ、どうしよう、まさかこんなに効果が強いなんて)

綾乃(わ、私のせいよね、私が悪いのよね)

京子「あ、あやのぉ……」ウルウル

綾乃(そ、そうよ、これは私が悪いのよ、だから、私が責任もってとしのーきょーこを)

綾乃(な、な、な、慰めてあげないと///)

綾乃「あ、あの、としのーきょーこ///」

京子「な、なに」グスン


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 01:02:18.32 ID:oBQYiyOt0

綾乃「わ、私の事、好きって言ってくれて、ありがとうっ///」

京子「あ、あやの……」

綾乃「私、凄く嬉しかった……だって、私も、私も……」

京子「あ、綾乃も?」ドキドキ

綾乃「///」プシュー


綾乃(杉浦綾乃、勇気を出せっ!としのーきょーこをこんなにした責任を果たせっ!)


綾乃「わ、私も、としのーきょーこの事……」

綾乃「好きっ!!」

京子「……!」ドッキン

綾乃「だいすきっ!!」

京子「ふえ///」カクンッ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 01:07:24.52 ID:oBQYiyOt0

綾乃「あ、あれ、と、としのーきょーこ?」

京子「あ、や、だめ、綾乃、み、見ないでっ///」ビクッビクッ

綾乃「ど、どうしたの、凄く痙攣してるわっ」

京子「……だ、だって、あの、わたし、嬉しくて、凄く嬉しすぎて、あの///」クタッ

綾乃「え、も、もしかして、あの、私の告白聞いて、イッちゃった、とか?」

京子「///」コクコクコク

綾乃「///」カァーッ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 01:22:37.49 ID:oBQYiyOt0

綾乃(私の告白だけでもイッてくれるなんて、何て可愛いっ///)

綾乃(ど、どうしよう、今のとしのーきょーこって、
    私に触られただけで、あの、感じちゃうのよね)

綾乃(いけないって判ってるけど、凄く、触ってあげたいっ)

京子「あやのぉ、わたし、たてないよぉ」グスン

綾乃「あ、ごめんなさい、ほら、肩を支えてあげるから、立って?」サワッ

京子「ひゃぅっ///」ビクッ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 01:25:12.07 ID:oBQYiyOt0

綾乃「どうしたの、としのーきょーこ、変な声出して」

京子「だ、だって、肩、肩に綾乃の指が///」

綾乃「肩が、どうかしたの?」ツーッ

京子「んあっ///」ゾゾゾッ

京子「あ、あやの、く、首、指でなぞらないでよっ///」

綾乃(としのーきょーこ、私の指で、こんなに、こんなに)

綾乃「としのーきょーこ」ボソッ

京子「ふえ、綾乃、耳元でささやかないでっ///」

綾乃「ひょっとして、私に触られて、えっちな気分になってるの?」ボソッ

京子「ち、ちがっ///」

綾乃「そう?違うのなら、どうして、そんなに、びくびくってなってるの?」ボソッ

京子「う、ううっ///」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 02:10:11.48 ID:oBQYiyOt0

綾乃「あのね、としのーきょーこ、正直に言ってくれたら……」ボソッ

京子「しょ、正直に言ったら……?」

綾乃「……」チュッ

京子「んやっ///」

綾乃「いっぱい、気持ち良くしてあげるわよ」ボソ

京子「あ、あやのぉ///」

綾乃「ほら、としのーきょーこ、頑張って」ボソッ

京子「う、うん///」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 02:12:29.30 ID:oBQYiyOt0

京子「わ、わたし、綾乃に触られただけで、えっちな気持ちになってるよ///」

綾乃「……」

京子「あ、あやの?」

綾乃(凄いわ、としのーきょーこが、私の言いなりに、可愛い、可愛すぎるっ!)

綾乃(だっこしてあげたいっ!)


ギューーーーーーッ


京子「んああっっっっ///」

綾乃「ああ、としのーきょーこ、好き、私も好きすぎておかしくなりそうっ」ギュッッ

京子「あやの、そんなに強く抱きしめられたら、あやのいいにおいするし、わたし、わたしっ///」

綾乃「いいの、いいのよ、としのーきょーこ、気持ちいい事、全部受け入れて、ね?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 02:20:31.00 ID:oBQYiyOt0

京子「あやの、おねがい、ちゅって、さっきみたいに、ちゅってしてよぉっ///」ウルッ

綾乃「ええ、してあげるわ、いっぱい、
    いっぱいちゅーしてあげる、私のしるし、付けてあげるわね……」


チューッ


京子「ふあっ、首筋に///」ビクッ

京子「あ、あやのっあやのぉぉぉっっっ」ビクビクッ

綾乃(あ、としのーきょーこ、私の腕の中で、凄く痙攣した///)

綾乃「としのうきょーこ、私に、私にちゅーされて、イクほど気持ち良かったのね……」

京子「はぁ……はぁ……う、うん、ちゅーされて、気持ち良かった、よかった……」

綾乃「もう、可愛い、可愛すぎるわよとしのーきょーこっ」チュッチュッ

京子「んっふあっ///」

京子「あ、あやの、き、気持ち良すぎるから、ちょっと休ませて、おねがいっ///」

綾乃「い、いやよ」

京子「え」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 02:42:17.34 ID:oBQYiyOt0

綾乃「だって、としのーきょーこ、可愛いんだもん、もっと可愛い顔見たいわ……」

京子「あ、あとで、あとで見せてあげるから、ね?あやのおねがいっ」ウルッ

綾乃「そんな顔して、判ってるんだから、としのーきょーこ、誘ってるのよね?
    本当はもっともっとされたいのよね?」

京子「え、ちがっ」

綾乃「としのーきょーこのココ、小さくて可愛い///」サワッ

京子「やっやっ、胸揉まないでっ///」ビクッ

綾乃「ああ、もっと、もっと気持ち良くなってね、
    としのーきょーこ、ずっと、ずっとしてあげるから///」

京子「そ、そんな、むり、むりだよぉ、あやのぉっ///」ビクビク


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:26:58.60 ID:oBQYiyOt0

綾乃「ほら、としのーきょーこ、ちゃんと立って、ね?」スッ

京子「う、うう、おねがい、あやの、もう、もうゆるしてよぉ///」ウルッ

綾乃「としのーきょーこが私の口にチューしてくれたら、止めてあげる、ね?チューして?」

京子「ほ、ほんと?」

綾乃「勿論よ、としのーきょーこ……」ナデ

京子「ん、うん、チューする、綾乃に、チューするよ///」

京子「……」ソーッ


チュッ


綾乃「……!」

綾乃(としのーきょーこの唇、柔らかい///)

京子「こ、これで、許してくれるかな///」

綾乃「も、もっと、もっとして欲しいの、お願いっ」ウルッ

京子「う、うん、じゃあ、もう一回……」


チュッ


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:32:24.32 ID:oBQYiyOt0

綾乃「…・…」チュプッ

京子「!?」

綾乃(ああ、歳納京子の唇に、ついつい舌を入れちゃった///)

京子「あ、あやっんくっ///」

綾乃「ちゅっちゅぱ、ぷはっ///」

綾乃(だめ、止まらないわ、としのーきょーこの舌、ずっと舐めていたいっ///)チュッペロッ

京子「あ、あやの、あやのの舌がっんっちゅっ///」

綾乃(す、すごい、涎が溢れて来る、としのーきょーこと、唾液が交わっちゃう///)チュッチュプ

綾乃「ぷはっ……はぁ……はぁ……///」

京子「ふあ///」トローン


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:32:30.74 ID:/kcyHaBG0

ゆりゆり


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:34:24.94 ID:4RupfZ2nO

ゆるゆりゆららずるむけ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:38:30.18 ID:oBQYiyOt0

綾乃「としのーきょーこ、わたし、もっと貴女の声が聞きたい、
    可愛い顔が見たい、ずっとみていたいの、いいでしょ、ね?」

京子「はぁ……はぁ……はぁ……」トロン

綾乃「だから、ね?スカートの中を見せて……」スッ

京子「ふえ」トロン

綾乃「うわあ、凄いわ、としのーきょーこ、もう、ぐちょぐちょじゃない///」

綾乃「私にいっぱいされて、こんなにしてくれてたのね……
    うれしい、としのーきょーこ、ありがとう///」

京子「あ、あやの、なに、するの?」トロン

綾乃「あのね、としのーきょーこ、いまから、いっぱい、気持ち良くなると思うけど……」

京子「ふえ?」トロン

綾乃「我慢しなくていいから、いっぱい声あげてね?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:43:14.15 ID:oBQYiyOt0

綾乃「としのーきょーこの、下着……」チュッ

京子「……!?」ビクッ

綾乃「ああ、すごく、良い匂いがするわ、としのーきょーこ、大好きっ」チューッ

京子「ああああっ///」ガクンガクンッ

綾乃「あ、暴れちゃだめよ、ね?ほら、今度は指でなぞってあげる……」ツーーッ

京子「やっ!お、おかしくなるっあ、あやのっ///」ビクッビクッ

綾乃「また下着が濡れてきてるわ、凄い、私の指で喜んでくれるとしのーきょーこ大好きっ///」ツーッキュッ

京子「~~~~!!!!」ピーーンッ


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 03:52:03.19 ID:oBQYiyOt0

京子「はぁ……はぁ……あ、あやの、もう……」グッタリ

綾乃「もう、むり?としのーきょーこ、むり?」

京子「し、しんじゃう、もう、これいじょうやったら、しんじゃうよぉ……」ヒック

綾乃「じゃ、じゃあ、最後に、最後に私と一緒に、ね?」スルスルッ

京子「え、も、もう無理って言ってるのにっ」

綾乃「だって、だって私、まだイッてないんだもん、としのーきょーこと一緒に行きたいんだもんっ///」

綾乃「ぱ、ぱんつは脱がしたし、ね?としのーきょーこ、いいでしょ?」

京子「よ、よくないよ、もう、むりだよぉっ」ブンブンッ

綾乃「1回だけ、1回だけよ、ね?ね?」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:05:39.63 ID:oBQYiyOt0

綾乃「としのーきょーこ、ほら、私の大切な所と、としのーきょーこの大切な所が……」

京子「あ、あやの、あやのっ///」

綾乃「く、くっつける、わね?」


ピチャッ


綾乃「と、としのうきょーこ、大好き、大好きなのっ///」クネクネ

京子「わ、わたしも、だいすき、あやの、だいすきっ」ギュッ

綾乃(としのーきょーこが、しがみつくみたいに抱っこしてくれる、もう、私、わたしっ)クニョクニョ

京子「あやの、あやの、あやのあやのあやのあやのっ!」

綾乃「と、としのーきょーこ、きょーこきょーこきょーこ、京子っ!」ギューッ

京子「あやのーーーーっ!」ビクビクビクッ、ピーンッ

綾乃「京子っっっっっ」ピピピーンッ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:07:43.25 ID:oBQYiyOt0

「綾乃ちゃんが歳納さんの額を矢で射抜いたらどうなるか」

「答は……」


千鶴「ねえさん!ねえさん、どうしたの!?」

千歳「 」ダバダバダバ

千鶴「だ、だめ、戻ってきて、ねえさん!」


「うちが死ぬ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:09:42.78 ID:oBQYiyOt0

~病院~


千歳「……はっ!?」

千歳「ここは、病院?」

綾乃「あ、千歳、眼をさましたの!?」

京子「よ、よかったー、廊下で大量の鼻血流して倒れてるんだもん、びっくりしたよ」

千歳「あ、そ、そうや、綾乃ちゃん、矢の効果は?」

綾乃「矢?」

千歳「……え?」

京子「それだけ喋れるんなら、もう大丈夫だよね~」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:11:34.68 ID:oBQYiyOt0

千歳(そ、そうや、確か説明書には、
    矢で結ばれたカップルは矢の事を忘れてしまうって書いてあったな……)

千歳(という事は……)

千歳「綾乃ちゃん、おめでとうな」ニコ

綾乃「え、な、なによ突然」

千歳「まあまあ、隠さんでもええて……歳納さんと、その、付き合い始めたんやろ?」

綾乃「な、なんでそれを!?」

千歳「うちは何でもしっとるよ~」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:14:57.09 ID:oBQYiyOt0

京子「あ、あのさ、あやの、千歳はもう元気だって判ったわけだし、その///」

綾乃「も、もう、としのーきょーこ、不謹慎よっ」

京子「だ、だってぇ……」ウルッ

綾乃「あわわわ、泣かないで?」ナデナデ

京子「う、うん」

千歳「綾乃ちゃん、うちはもうええし、歳納さんと遊びに行ったげて?」

綾乃「え、けど……」

千歳「うちには遠慮せんでええて」

千歳(ここでイチャつかれると、もう1回生死の境をさまよいそうやし……)


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:17:08.79 ID:oBQYiyOt0

綾乃「千歳、元気になって良かったわ……」

京子「うん、そうだね、あやの」キラキラキラ

綾乃「もう、としのーきょーこ、そのお菓子をねだる子供みたいな目でみるのは止めてっ///」

京子「は、や、くっ」

綾乃「判ったわ……」


チュッ


京子「え、えへへ、あやの、だいすきっ」ギュッ

綾乃「私も、好きよ、大好き」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:26:33.66 ID:oBQYiyOt0

臆病だった私がどうして歳納京子に告白できたのかは分からない

もしかして、天使が背中を押してくれたのかも

それがどんな理由だったとしても

今幸せであることに変わりはない

この幸せを大切にしていこうと思う

これからもずっと……






88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 04:35:03.78 ID:VLai2LYGO
京綾はやっぱいいね!

乙!



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 00:41:46.06 ID:0FsWUeq00

マジキチかと思って開いたらメルヘンだったでござる



ゆるゆりのうたシリーズ♪07 恋の罰金バッキンガム (歌:杉浦綾乃/CV:藤田咲)ゆるゆりのうたシリーズ♪07 恋の罰金バッキンガム (歌:杉浦綾乃/CV:藤田咲)
杉浦綾乃(CV:藤田 咲)

ポニーキャニオン
売り上げランキング : 18852

Amazonで詳しく見る by AZlink

ゆるゆりのうた♪あるばむ あい?Pかわらず・・・。ゆるゆりのうた♪あるばむ あい?Pかわらず・・・。
七森中☆ごらく部

ポニーキャニオン 2012-02-15
売り上げランキング : 173

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/01/29 18:00 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(5)
なんというメルヘン

しかし良かったなあ綾乃ちゃん
[ 2012/01/29 18:46 ] [ 編集 ]
スタンド能力に目覚めるのかと思った…
[ 2012/01/29 19:33 ] [ 編集 ]
ええと思います
[ 2012/01/29 23:54 ] [ 編集 ]
ふぅ……
えっちなのはいけないと思います
[ 2012/01/30 01:16 ] [ 編集 ]
これはキチだろwww
[ 2012/01/31 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ