素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

榊原「鳴を無視し続けたらどうなるか」

クラス座席表

ネタバレ注意?

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:29:01.24 ID:J/spIQn80

榊原「鳴って嗜虐心をそそるというか、妙に苛めたくなるよなあ」

榊原「明日学校きたらちょっとイタズラしちゃおっかな」



a3f39173.jpg
 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:30:03.40 ID:5J9KdikH0

榊原「……僕がぼっちになっただけだったよ」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:33:40.39 ID:J/spIQn80

学校

榊原「……」

ガラガラガラ

スタスタ

榊原(お、来た来た。僕がいないもの扱いされるようになってから、よく来るようになったんだよな)

鳴「おはよう」

榊原「……」(ちょっとだけ無視してみるか)

鳴「…」

榊原「…」

自分の席へと戻って行く鳴

榊原(云っちゃった。無表情だったな。やっぱりあんまし気にしてないのかな)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:37:28.58 ID:J/spIQn80

二時間目終了

榊原(トイレ行くか…)

鳴「ねぇ」

榊原(お? 珍しいな。鳴から話しかけてくるなんて)

鳴「どこ、行くの?」

榊原(さっきはあんまり気にして無かったみたいだし、もうしばらく無視してみるか)

榊原「…」スタスタ。ガラガラッ、ピシャッ

鳴「……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:44:17.22 ID:J/spIQn80

昼休み

榊原「ふわぁ~。お腹が減ってはまろに~ちゃん?っと」(飯食うか…)

榊原(鳴を誘って…ん?)

鳴「…」

鳴が榊原の横に立ってる

鳴「行くんでしょ? お昼」

榊原(いつになく積極的…。もしかして、効いてる?)

鳴「…」

榊原(か、可愛い。 こりゃあもうしばらく無視してみるか)

榊原「…」スタスタ。ガラガラ…


鳴「……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:52:58.26 ID:948i3bns0

鳴ちゃん可愛すぎ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:53:15.44 ID:J/spIQn80

鳴「…」とぼとぼ

赤沢(自分の席に戻った。そこで食べるつもりかしら…)

赤沢(あ、食べ始めた。榊原くんとケンカでもしたのかしら。最近は仲よかったみたいなのに)

赤沢(ていうか、弁当の量……)ゴクリ

刺史河原(見崎さんって、結構大食いなんだな……)

鳴「…」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:56:25.18 ID:J/spIQn80

放課後、下駄箱

榊原(流石にちょっとやり過ぎたな。帰るときに謝ろう)

榊原(あ、いたいた)

榊原「み……」(ん?)

鳴「!」榊原に気付く

鳴「……」プイッ

榊原(あれ…これもしかして…)

鳴「…」てくてく

榊原(怒ってる?)


END


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:57:34.69 ID:Q36kUik80

そこから寂しかったのギュッギュッのチュッチュッだろ!


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/10(金) 23:58:06.60 ID:nRBOWpA60

え?次は鳴ちゃん視点でしょ?


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:08:30.57 ID:52rgFISQO

恒一「だからごめんてば」

鳴「……」プイッ

恒一「ほんの出来心で悪気はなかったんだよ」

鳴「……もうしないって約束してくれる?」

恒一「するする!もう二度と見崎さんを悲しませたりしない」

鳴「……鳴…」

恒一「えっ?」

鳴「見崎じゃなくて鳴って呼んでくれたら許してあげる」

恒一「わかったよ。鳴」

鳴「……わかったわ。今回だけは特別に許します」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:12:17.56 ID:eIbQigiS0

今回だけは特別に許します、ってセリフ良いよね


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:20:37.45 ID:52rgFISQO

恒一「よかったー。鳴に嫌われちゃったら僕は生きていけないよ」

鳴「大袈裟じゃない?」クスッ

恒一「大袈裟じゃないよ!僕にとって鳴はかけがえのない存在だから」

鳴「さ、榊原くん。な、なにを言っているのよ///」

恒一「恒一」

鳴「えっ?」

恒一「僕のことも榊原じゃなくて恒一って呼んで欲しいな」

鳴「……は、はずかしいよぉ…わたし男の子を名前で呼び捨てにしたことないから…」

恒一「だったら僕を鳴の初めての人にして欲しいな」

鳴「///」

恒一「ほら恥ずかしがらないで」

鳴「……イチ…///」ボソッ

恒一「聞こえないよ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:27:49.42 ID:52rgFISQO

鳴「……恒一……くん?」

恒一「くんはいらないよ」

鳴「……恒一///」

恒一「///」

鳴「恒一まで顔真っ赤になってるよ?」クスッ

恒一「僕も恥ずかしくなっちゃって…」

鳴「変な恒一」クスッ




勅使河原「オイナンダアレハ」

風間「童貞のお前には刺激が強すぎたな」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:55:00.60 ID:N2HtL4qQ0

榊原と鳴のイチャラブはもっとやれ


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:49:42.98 ID:tOzetY5M0

九月 1




榊原「……」

鳴「……」

榊原「……」

鳴「……」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:54:50.53 ID:tOzetY5M0

千曳「ではこれでHRを終わる。気をつけて帰るように」

ガヤガヤ

勅使河原「サカキー、帰ろうぜー」

榊原「うん」

鳴「……」

鳴「…?」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 00:58:11.06 ID:tOzetY5M0

九月 2



望月「人形?」

鳴「そう、人形」

望月「それがお家の中にたくさん展示してあるの?」

鳴「家の中全部じゃないけど。
  一階が展示館になっていて、人形はそこに展示してあるの。住居は三階」

勅使河原「そりゃそうだよな。一日中人形に見つめられてたんじゃ落ち着かないって」

風見「人形館。なんてね」

鳴「いい名前ね。でも首吊自殺や火事はなかったから、ちょっと違うかも」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:01:03.55 ID:tOzetY5M0

望月「あはっ、よかったぁ。じゃあ今度いってみようかな。榊原くんも一緒にどう?」

鳴「そうね。榊原くんは何度か来たことがあるから、道に迷うことはないと思う。ね?」

榊原「……」

鳴「……?」

望月「さ、榊原くん。どうかな? 一緒に」

榊原「――そうだね。考えておくよ」

鳴「……」


――――――

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:04:01.55 ID:tOzetY5M0

榊原「……」

鳴「……」

千曳「ではこれでHRを終わる。気をつけて帰るように」

ガヤガヤ

鳴「榊原くん、ちょっと」

榊原「……」

鳴「…榊原くん?」

榊原「……」ガタッ

鳴「っ!」

榊原「……」スタスタ

鳴「さか――」

望月「榊原くん。いっしょに帰ろ」

榊原「うん」

鳴「……」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:32:53.52 ID:tOzetY5M0

九月 3



榊原「あっ」

勅使河原「どうした?」

榊原「いや、弁当忘れちゃったみたいでさ」

勅使河原「あーあ、やっちまったな」

風見「早く購買へ行った方がいいね。遅くなると碌なものがないよ」

榊原「そうだね――って」

風見「どうしたの?」

榊原「財布も…忘れた…」

鳴「……」

勅使河原「悪いことは重なるもんだねえ」

榊原「うぅ…」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:09:29.32 ID:tOzetY5M0

風見「仕方ない、ぼくが――」

鳴「榊原くん」

榊原「……」

鳴「私、今日はお弁当じゃないの」

榊原「……」

鳴「お金なら出してあげるから、一緒に購買まで――」

榊原「どうしようかな」

鳴「遠慮しなくていいよ。だから、一緒に購買に」

榊原「取りに戻るわけにもいかないしなあ」

鳴「……聞こえてる…よね?」

榊原「うーん…」

鳴「……」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:12:20.12 ID:tOzetY5M0

望月「榊原くん、どうかしたの?」

榊原「うん、弁当忘れちゃったんだよ。更に財布まで」

鳴「!」

望月「ええっ、じゃあお昼どうするの?」

鳴「私が――」

榊原「そうなんだよ、どうしようかな」

鳴「榊原くんっ」

望月「あ、そ、それじゃあぼくが何か奢ろうかな?」

榊原「お、それは助かる」

鳴「……」

榊原「けど、いいの?」

望月「うん、ちょうど購買に行くところだったし。行こ?」

榊原「優しいねえ、少年。でもお金はちゃんと返すよ」スタスタ

鳴「あっ…」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:16:09.75 ID:tOzetY5M0

風見「……」

勅使河原「……」モグモグ

鳴「……」

風見「み、見崎さん。食べよう」

鳴「……うん」ゴゾゴソ

勅使河原「ん、そうだな。って、今日は弁当じゃな――」

鳴「……」ゴトッ

風見&勅使((弁当だ……))

――――――

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:18:46.67 ID:tOzetY5M0

千曳「ではこれでHRを終わる。気をつけて帰るように」

ガヤガヤ

鳴「榊原くん。一緒に帰らない?」

榊原「……」ガタッ

鳴「……」

榊原「……」スタスタ

鳴「……」

スタスタ

――――――

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:20:55.53 ID:tOzetY5M0

トコトコ

鳴「どうしてこんなことしてるの」

榊原「……」

鳴「何か、あったの?」

榊原「……」

鳴「大丈夫だよ。誰も見てないし、聴いてないから」

榊原「……」

鳴「…クラスの決めごと――じゃないか」

榊原「……」

鳴「そうだね。榊原くん以外は誰もこんなことしてないみたいだし」

榊原「……」

鳴「じゃあ何かな……」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:23:35.85 ID:tOzetY5M0

榊原「……」

鳴「――ねえ、本当に何があったの?」

榊原「……」

鳴「私にも言えないこと?」

榊原「……」

鳴「私くらいには、相談してくれていいと思うけど」

榊原「っ…」

鳴「ねえ、榊原くん」

榊原「」ダッ

鳴「あ――」

タッタッタッタッ…

鳴「……」ポツン


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:28:49.97 ID:QiRKtx81O

やめてほしいような、やめてほしくないような…
鳴たん…



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:36:47.21 ID:tOzetY5M0

九月 4



鳴「……」ジー

榊原「……え?」

赤沢「だから、宿題を教えてくれないかって訊いてるの」

榊原「いや、赤沢さん。……え?」

赤沢「……何回言わせるつもりなのかしら」

榊原「いやいやそうじゃなくて、どうして!?」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:40:47.20 ID:tOzetY5M0

赤沢「どうして――ってどういうことよ」

榊原「だって、げんさ――」

赤沢「ああはいはい、そのことか。
    まだアニメではどうなるか分からないでしょ」

榊原「それはそうだけど……」

赤沢「漫画では違ったんだから可能性は十分あるわ」

榊原「……どうかな」


閑話休題


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:44:25.62 ID:tOzetY5M0

鳴「……」ジー

赤沢「それで、教えてくれるのかしら?」

榊原「でも宿題は自分でやるものだと」

赤沢「自分でやるわよ。先生役を頼みたいの」

榊原「先生って……ぼくが間違ってたらどうするの」

赤沢「そんなことまであなたのせいにしないわよ。だから、ね?」

榊原「うーん……まあ、いいか。わかったよ、あまり自信はないけど」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:47:22.18 ID:tOzetY5M0

赤沢「そう、よかった。じゃあ土曜日にお邪魔していいかしら」

鳴「……」ジー

榊原「えっ、今日じゃないの? しかもぼくの家?」

赤沢「提出日は来週だし、せっかくだからしっかり教えてもらいたいの。お願いね」

榊原「はあ…。一度いいって言っちゃったし、仕方ないのかな」

赤沢「ふふっ、いいって言っちゃったもんね」

鳴「……」

――――――

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:51:05.52 ID:tOzetY5M0

勅使河原「サカキ?」

鳴「うん。彼、何かあったの?」

勅使河原「何かって…」

鳴「私だけ…無視されてるみたいだから」

勅使河原「ああ…」

鳴「どうしてかな、って」

勅使河原「うーん…」

鳴「……」

勅使河原「ゴメン。俺にもわからない」

鳴「――そう」

勅使河原「ゴメン」

――――――

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:54:18.05 ID:tOzetY5M0

風見「わからないな」

鳴「そっか…」

風見「いや、ぼくも気づいてはいたんだけどね。
   それで彼に訊ねてみたんだけど教えてくれなくて」

鳴「そうだったんだ」

風見「力になれなくて、ごめん」

鳴「ううん。ありがとう」

風見「ごめん…」

――――――

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 01:57:34.57 ID:tOzetY5M0

望月「ごめんなさい、知らないの」

鳴「望月くんも、か」

望月「え?」

鳴「勅使河原くんと風見くんにも訊いてみたんだけど」

望月「あ、そうなんだ。……そっか」

鳴「……望月くんは、さいきん榊原くんと仲良いよね」

望月「――えっ」ゾクッ

鳴「ううん、なんでもない。ありがとう」

望月「う、うん……ごめんなさい」

――――――

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:11:04.88 ID:tOzetY5M0

千曳「どうしたのかな」

鳴「千曳さん…」

千曳「ずいぶん思い詰めた顔をしているじゃないか」

鳴「えっ」

千曳「相談には乗るよ。今の私は先生だからね」

鳴「……」

千曳「もちろん、無理に話してくれなくてもいい」

鳴「……」

千曳「……」

鳴「……もし」

千曳「うん?」

鳴「もし、自分と親しかった人が、いきなり冷たく接してきたらどうしますか」

千曳「ふん、親しかった人がいきなり――ね」

鳴「はい」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:13:37.82 ID:tOzetY5M0

千曳「そんなことになった原因は分かっているのかな」

鳴「いえ、心当たりは……」

千曳「なし、か。しかし理由がないということはないだろう」

鳴「……」

千曳「君の言うとおり親しい間柄だったのならば、それなりのものがあるはずだ」

鳴「でも、本当にわからないんです」

千曳「本人には訊いてみたのかい?」

鳴「訊いてみました、彼に。――けど」

千曳「ん?」

鳴「答え……て、くれなくて……」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:15:52.92 ID:tOzetY5M0

千曳「……そうか」

鳴「……はい」

千曳「その人――彼――の友人には訊いてみたのかい?」

鳴「みんな……わからない、って」

千曳「はあん。そうだね、だったらこんなことにはなってないね」

鳴「どうしたら、いいんでしょうか」

千曳「見崎くんは彼と仲直りしたんだね」

鳴「」コクリ

千曳「それなら、やはり彼と話をするしかないだろう」

鳴「でも――」

千曳「君も、彼の友人も原因に心当たりがないとなれば、それは彼だけが知っているのかもしれない」

鳴「彼、だけ?」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:18:21.81 ID:tOzetY5M0

千曳「そう。まあ理由についてはいくつか考えられるが――とりあえず二つ」

千曳「一つは誤解」

鳴「――誤解」

千曳「そう、誤解だ。君の知らないところで誰かに何かを吹きこまれた、
    ということも考えられるだろう。
    誤解は誤解だと知るまでその者にとっては真実だ。本当は違うのだとしても。
    それを解いてしまえば一気に片が付くだろう。なにしろ誤解なんだからね」

鳴「……」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:21:48.20 ID:tOzetY5M0

千曳「もう一つは、君が何の悪意もなくとった言動だ」

千曳「それが何かなんて私にはわからないが、彼はそれを不快に思ったのかもしれない」

鳴「――私の言動」

千曳「何れにしても、やはり彼から直接聞くのが手っ取り早いのだが」

キーンコーンカーン

千曳「――っと、以上がとりあえずの私の考えだ。けっきょく碌なアドバイスができなかったな。
    また相談にきてくれ」

鳴「はい……。ありがとうございました」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:25:13.20 ID:tOzetY5M0
――――――

鳴「……」

榊原(もう、いいかな…)

榊原(みんなにもああ言われちゃったしなあ)

鳴「……」

榊原(でも…)

千曳「ではこれでHRを終わる。気をつけて帰るように」

ガヤガヤ

鳴「榊原くん」

榊原「」ガタッ

鳴「一緒に行くから」

榊原「……」スタスタ

スタスタ

――――――

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:27:20.38 ID:tOzetY5M0

トコトコ

榊原(自分の家から遠くなるっていうのに…)

鳴「私、榊原くんに何をしたの?」

榊原「……」

鳴「それとも誰かに何か言われた?」

榊原「……」

鳴「もし、私が榊原くんに何か嫌な思いをさせてしまったのなら、謝りたいの」

榊原「……」

鳴「だから、おしえて」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:29:53.90 ID:tOzetY5M0

榊原「……」

鳴「……」

榊原「……」

鳴「ねえ、榊原くん」

榊原「……」

鳴「榊原くん」

榊原「……」

鳴「榊原くん、榊原くん、榊原くん」

榊原「……(な、なんだ?)」

鳴「ねえ」キュッ

榊原(あ、服…)ピタッ


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:34:29.37 ID:tOzetY5M0

鳴「無視……しないで」

榊原(……くっ!)ダッ

鳴「待って!」ギュウ

榊原(う、腕が!)

鳴「……」ギュウゥゥ

榊原(……)ドキドキ

鳴「お願い……無視しないでっ」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:38:11.30 ID:tOzetY5M0

榊原「……」

鳴「榊原くん」

榊原「」バッ!

鳴「あっ」

ダッ

鳴「榊原くんっ!」

タッタッタッタッ…

鳴「…………」ポツン

鳴「……榊原くん」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 02:56:21.30 ID:ekgPffIsO

きゅんきゅんするぜまったく


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:12:59.36 ID:tOzetY5M0

榊原「はあ、はあ…」

榊原「あ、危なかった…いろいろ…」

榊原(さっきの見崎、ちょっと怖かったな)

榊原「……意外と柔らかかった」

ヴーヴー

榊原「ん…見崎?」

榊原(……切っておこう)ピッ


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:17:23.96 ID:tOzetY5M0
――――――

鳴「…………」

榊原「…………」

無言でぼくの手を引く鳴。
それに従うぼく。

――下校途中、人気のない場所でいきなり鳴に手を掴まれ、問答無用で連行された。

引かれる手を見る。
驚くほど白く細い鳴の指がぼくの手首に食い込んでいる。
痛くはない。――ただ、固い。

強く腕を振ればこれは外れる。昨日はそうだった。
だけどそれができない。
腕が、動かない。

ふと顔を上げると目前には鳴の家――うつろなる蒼き瞳の。


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:19:06.60 ID:tOzetY5M0

榊原(いつのまに……)

鳴はぼくの手を引いたままやはり無言で階段を上る。
互いに土足のまま家にあがり、相変わらず生活感の希薄なリビングを横切る。
そしてようやく鳴が足を止めたのは木製の白いドアの前だった。

鳴「…………」

把手に手をかける。
――と、そこで、

鳴「榊原くん」

こちらを振り返らずに鳴は言う。

鳴「ちょっと、ごめんね」

榊原「――っ!」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:21:17.14 ID:tOzetY5M0
――――――

榊原「くっ、ああっ…」

白い壁。白い天井。板張りの床。
清潔で、ただ白い、四角い檻のような部屋。
そこに裸にされ、椅子に座らされたぼくがいた。

榊原「はあ……はあ……」

鳴「――三回目、だね」

両手は背凭れをはさんで一つに纏められている。拘束しているのは手錠だろうか。
すっかり熱を交換し、硬さだけを感じさせるそれは時折ぼくの手首を傷つける。
両足首にもそれと同じ感触があった。もっとも、こちらの方は左右それぞれを椅子
の脚に繋がれている格好なのだけれど。

鳴「まだ、出るよね」

ぼくのモノを握りながら背後にいる鳴が耳元で囁く。
吐息と共に耳をくすぐるその声に、懸命に頭を振った。

鳴「出るよ」

榊原「うあっ!」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:23:18.59 ID:eIbQigiS0

病んだか


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:23:21.77 ID:tOzetY5M0

剥き出しにされた先端を掌で激しく撫で回される。

鳴「出して」

榊原「ああっ、あああっ……やめっ――」

鳴「早く」

榊原「くぁっ……」

ぼくの拒絶を冷たく切り捨て、
容赦なく鳴の手はぼくを攻め立てる。


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:25:35.65 ID:tOzetY5M0

鳴「――榊原くんはいつもなにでシてるのかな」

唐突に――。
質問なのか独り言なのか、何の色も持たない声が
ぼくの注意を引いた。

榊原「なっ……に」

鳴「それとも、誰、かな」

ああ、そういうことか。

鳴「桜木さん」

榊原「はっ、あぁ」

鳴「水野さん」

榊原「ああっ、あっ、あっ」

鳴は手を休めることなく、淡々と知人の名を呟いていく。
その度に彼女たちの顔が頭をよぎった。


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:27:37.86 ID:tOzetY5M0

鳴「赤沢さん」

榊原「あうっ、くぅ……」

鳴「怜子さん」

――心のどこかが、揺れた。

鳴「あ、ぴくってなったよ」

榊原「なっ――」

鳴「怜子さん」

榊原「っ!」

鳴「ほら、また」

榊原「違う!」

鳴「違わないでしょ」

榊原「うぐっ、ああっ……」

違う。本当にそうじゃない。
ぼくが怜子さんに見ていたのは『それ』じゃない。


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:29:31.79 ID:tOzetY5M0

鳴「でも、だめだよ」

榊原「ぐっ!」

さっきまでの無感情な声とは違う、
怒気を孕んだ声。

鳴「私以外はだめなの」

榊原「うわっ?! あああああ!」

拘束具が手足に食い込み、ぼくを押さえつける。
より激しくなった鳴の手に足腰ががくがくと震えた。

榊原「うあぁっ、ぁああ――」

鳴「見崎……」

にちゃにちゃと音をたたせ、上下左右に乱暴に動く手。
それは弄ぶというよりも、――壊そうとしているように見えた。

鳴「――見崎、鳴」

榊原「っく……あああぁっ!」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:32:11.13 ID:tOzetY5M0

鳴「――四回目」

榊原「はっ、はあっ、げほっげほっ……」

鳴「うそつき」

榊原「はぁっ、はっ……」

鳴「出たよ」

榊原「はあ……はあ……」

鳴「私の手に、びゅうって」

榊原「うぅっ……」

ふ、と両腕に押し付けられていた柔らかな感触が消えた。
正面に回り込んだ鳴と視線がぶつかる。

冷たい眼差し。冷やかにつり上がった口角。
その冷艶な表情に、全身が粟立つのを覚えた。


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:35:13.44 ID:tOzetY5M0

榊原「っ……」

ぼくの脚の間に膝を折り、至近距離で顔を覗きこんでくる鳴。
逸らすことも、瞑ることもできずにいた両目が彼女の隻眼を捉える。

鳴「榊原くんはずっとここにいるの」

鳴「大丈夫だよ、ここには私しか来ないから」

榊原「っあ……ああ……」

見つけてしまった。
瞳の奥――引きずり込まれそうな暗い影を。

鳴「ずうぅっと……」

――もう、駄目だ。もう、遅い……。
ああ、せめてもっと気をつけて帰るんだった。

鳴「じゃあ、五回目。がんばろうね」

あんなこと、しなければよかった。

榊原「――ごめん、見崎」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:38:57.61 ID:tOzetY5M0
――――――
――――
――

榊原「………………え」

榊原(――夢?)

榊原「……はあぁぁぁ」

榊原(こんなオチは許されるのか?――危うく何かに目覚めてしまうところだったけど…)

榊原「はぁ…」

榊原(それにしても、怖かった)ゾクッ

榊原「…うん、謝ろう。もうあんなことは……」

榊原(許して…くれるかな…)

榊原「――はっ!?」ガバッ

ベトベト

榊原「」



レーちゃん「ゲンキ…ゲンキ、だしてネ」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:41:50.56 ID:q+rHXJIWO

良かった、ヤンデレになってしまった鳴ちゃんはいなかったんたんだね


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:41:42.71 ID:tOzetY5M0

九月 6


榊原(くっ、グズグズしているうちにもう帰りのHRに…)

榊原(そういえば、今日は見崎の方から話しかけてこなかったな…)

千曳「ではこれでHRを終わる。
    提出日が来週の宿題が出ているそうだね。忘れないように」

榊原(よしっ)クルッ

榊原「――あれ?」

和久井「どうした榊原?」

榊原「ああ、いや、見崎どこ行ったのかなって」

和久井「ん? あれ、いないな。HR中はいたと思ったんだけど、いつの間に…」

榊原「そう…だね。あ、それじゃあ和久井くん、さようなら」ガタッ

和久井「お、おう」

――――――

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:45:28.41 ID:tOzetY5M0

榊原(靴はあった。まだ校内にいるはず…)

榊原「――切ってるか」ピッ

榊原(散々ぼくがやってきたことなんだよな)

榊原「見崎…」

榊原「……あっ」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:47:24.49 ID:tOzetY5M0

――屋上――


見崎「……」

バン

鳴「っ!」ビクッ

榊原「はあ、はあ…」

鳴「榊原…くん?」

榊原「はあ…はあ…」ツカツカ

榊原「ん…。見崎」

鳴「えっ」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:49:33.67 ID:tOzetY5M0

榊原「――ごめん!」

鳴「あ…」

榊原「ごめんなさい」

鳴「……」

鳴「……理由」

榊原「……」

鳴「理由…、訊いていい?」

榊原「…うん」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:51:54.43 ID:tOzetY5M0

――1週間前――


勅使河原「は?」

榊原「うん」

風見「うんって…どうしてそんなことを?」

榊原「ぼくも三年三組の一員としておまじないをやりたいなって」

望月「えぇ! 今年の〈災厄〉はもう止まったって」

勅使河原「お前と鳴ちゃんがそう言ったんじゃないか。
      それに今更そんなことしたって…」

榊原「ああ、そのことは心配しなくていいよ。ちゃんと止まったはず。
    ぼくが言っているのは、その、――そう、記念みないなもので」

勅使河原「記念ってお前…」

風見「やめておきなよ」

風見「ぼくたちは、何も好きで彼女を〈いないもの〉にしたわけじゃないんだ。
    それを今度はそんなくだらない理由で」

榊原「それは…」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:53:24.56 ID:tOzetY5M0

風見「……」

榊原「……」

勅使河原「まあまあ、いいじゃないか風見」

風見「勅使河原…」

勅使河原「なあサカキ、俺たちはどうすればいいんだ?」

榊原「普段通りにしててくれていいよ。見崎に何か訊かれた時には、なにも知らないってことで」

勅使河原「ほら、いいじゃないか。別に俺たちに被害が及ぶわけじゃないんだし、面白そうだし」

風見「…お前、楽しそうだな」

勅使河原「サカキ、俺が許可する。やってみろ」

榊原「うん」

風見「はあ。被害が及ばない、ね」

望月「あの、榊原くん、早めにやめてあげてね?」

榊原「優しいねえ、少年。でもあの見崎だよ?
    自分から言い出しておいてなんだけど、たぶん白けた結果になるだけだよ」

――――――

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:56:14.73 ID:tOzetY5M0

榊原「――と、いうわけなんだ」

鳴「……」

榊原「その…、ごめん」

鳴「……」

榊原「聞いての通り、あの三人にはぼくから口止めをしておいたんだ。
    だからあいつらのことは責めないでほしい」

鳴「……」

榊原「ぼくがひとりで勝手に始めたんだ。本当にごめん!」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 03:58:21.13 ID:tOzetY5M0

鳴「……」

榊原「…見崎?」

鳴「……」

榊原「みさ――」

鳴「」ゲシッ!

榊原「いっ!」

鳴「……」

榊原「み、見崎?」

鳴「……」ゲシゲシッ

榊原「いたっ。ちょ、ちょっと、蹴らないでっ」

鳴「」ゲシゲシゲシ

榊原「ま、待って、気持ちいっ、一旦脚止めて!」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:01:34.12 ID:eCezkQK80

なんと、この榊原は変態だったのか


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:04:23.33 ID:tOzetY5M0

鳴「」ゴツン!

榊原「ぐはっ!(胸に頭突きを…。手術しておいてよかった)」

榊原「げほっ、みさ、き」

鳴「なに…それ…」

榊原「うっ――」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:07:37.19 ID:tOzetY5M0

鳴「……嫌だった」

榊原「っ…」

鳴「クラス全員から〈いないもの〉にされていたときより――ずっと嫌だった」

榊原「……」

鳴「すごく……嫌だった」

榊原「…ごめん」

鳴「……」

榊原「……」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:09:43.69 ID:tOzetY5M0

鳴「…ねえ」

鳴「本当に、それだけなの」

榊原「えっ」

鳴「理由…それだけ?」

榊原「っ…」

鳴「話して」

榊原「うっ…」

鳴「話してくれないと、許さない」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:17:10.72 ID:tOzetY5M0

榊原「……」

鳴「……」

榊原「……あの時」

榊原「――今年の〈災厄〉を止めた時…」

鳴「うん…」

榊原「見崎は、ぼくに〈もう一人〉が誰かを教えてくれなかった。
    全部ひとりで終わらせようと――全部ひとりで背負おうとしていた」

鳴「……」

榊原「わかってるよ、散々悩んだんだって。ぼくが傷付かないようにしてくれてたんだって。
    でもぼくは、ぼくにだからこそ教えてほしかったし、相談してほしかった」

鳴「――ぁ」

榊原「たぶん、ぼくは拗ねていたんだと思う。
    今まで一緒に頑張ってきたのに――あんなに大切なことを、って」

鳴「……」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:19:06.63 ID:tOzetY5M0

榊原「それで…」

榊原(ああ、そうだ、確かにそうだった。言葉にして、今になってようやくわかった。
    ――なんてくだらない理由だったんだろう。まるで子供だ……)

鳴「……」

榊原(そんな理由でぼくは見崎に…)

榊原「ごめんね見崎、こんな八つ当たりみたいなことしちゃって…」

榊原「本当に、ごめん」

鳴「……」

榊原「……」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:21:05.29 ID:tOzetY5M0

鳴「……うん。許します」

榊原「えっ」

鳴「許すって言ったの。もう、いいよ」

榊原「でも、ぼくは」

鳴「私の方こそ、勝手なことしてごめん」

榊原「ち、違う! 見崎は――」

鳴「だから、これで終わり」

榊原「っ…」

鳴「――ね?」


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:23:16.21 ID:tOzetY5M0

榊原「…でも」

鳴「ふふっ…じゃあ、仕返しする」

榊原「え?」

鳴「いつか、仕返しするから」

鳴「――覚悟しててね」スタスタ

榊原「……うん。――ありがとう」

榊原(いつか、か…)

――榊原くんはずっとここにいるの

榊原(まさかあんなことにはならないよね?)ゾクリ


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:25:54.09 ID:tOzetY5M0

鳴「榊原くん」クルリ

榊原「はいっ」ビクッ

鳴「一緒に、帰ろう?」

榊原「――うん」

榊原(ああ、仲直りできてよかった)

鳴「「そうだ、榊原くん」

榊原「うん?」

鳴「明日、私にも宿題おしえて」

榊原「……え」

――――――

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:30:29.27 ID:tOzetY5M0

あうとろだくしょん


勅使河原『そうか。いやぁ、よかったよかった』

榊原「ごめん、迷惑掛けたね」

勅使河原『いや、ちゃんと元に戻れたんなら問題ねえよ。俺も背中押しちゃったしな』

榊原「…ありがとう。まだちょっと脛が痛いけど」

勅使河原『ははっ、自業自得だな。――それにしても』

榊原「ん?」

勅使河原『ここ2~3日は鳴ちゃんの落ち込んだ顔を見るのが辛くて辛くて…』

榊原「うっ、それ、二人にも言われたよ」

榊原(ぼくは無視してたから分からなかったんだよな)


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:32:47.00 ID:tOzetY5M0

勅使河原『なんだ、あいつらにはもう知らせたのか』

榊原「うん、心配してくれてたみたいでさ。さっき電話が」

勅使河原『そっか考えることは一緒か。
      それで、いま鳴ちゃんも一緒って言ってたっけ?』

榊原「う、うん…」

勅使河原『どうした?』

榊原「いや、なんでもないよ。なんでも…」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:36:27.58 ID:tOzetY5M0

――恒一の部屋――


赤沢「見崎さん門限大丈夫? そろそろ帰った方がいいんじゃない」カキカキ

鳴「大丈夫、そんなのないから。赤沢さんこそ帰らなくていいの?」カキカキ

赤沢「…まだお昼なんだけど」

鳴「うん、まだお昼だね」

赤沢「……」キッ

鳴「……」ジロッ

――――――

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:37:53.52 ID:tOzetY5M0

榊原(望月、風見、そして勅使河原――もう援助は見込めないだろう)

勅使河原『ふっ、上手くやれよ』

榊原「うん、まあ(こいつは何も分かってないんだろうな)」

勅使河原『じゃあ、また学校でな』

榊原「ああ、また」

ピッ

榊原「はあ…」

レーちゃん「どーして? どーして?」

榊原「そうだなあ、どうしてこうなったんだろう」

榊原(これも仕返しなのかな…)

榊原「――行くか」


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:39:26.55 ID:tOzetY5M0
――――――


ガラッ


赤沢「謝罪を」ゴゴゴ…

鳴「不毛ね」ゴゴゴ…


ピシャッ


榊原「…き、救援をっ」ピッピッ

…………。

榊原「あ、望月? ぼくだけど――」






おわり


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:43:09.02 ID:ekgPffIsO

おつ
あー可愛かった



186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:41:27.20 ID:vMEOVRF60


楽しませてもらった



190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 04:43:12.22 ID:tOzetY5M0

鳴ちゃん無視して何が楽しいんだよ
赤沢さんで書け




Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-03-30
売り上げランキング : 436

Amazonで詳しく見る by AZlink

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
清原 紘

角川書店(角川グループパブリッシング)

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/02/11 18:00 ] AnotherSS | TB(0) | CM(3)
こんなSSが出るなんて、原作読んでた頃は夢にも思っていませんでしたwww
[ 2012/02/11 18:07 ] [ 編集 ]
からだが求めている…

鳴ちゃんかあああいいいい!!!という衝動を
[ 2012/02/12 00:34 ] [ 編集 ]
七咲しかり夜空しかり箒しかりクーデレな子を無視するシチュのSSていいよね。

積極的になれない子が頑張って主人公に振り向いて貰おうとする所に(*´д`)ムッハー
[ 2012/02/15 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。