素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鳴「目がぁ…」

クラス座席表

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:12:23.61 ID:48PGGciw0

鳴「あまり私と関わらない方がいいよ」

榊原「え?それってどういう…」

鳴「…っく」

榊原「?」

鳴「ひ、左目が…」

榊原「左目がどうしたの?」

鳴「くっ…今はあまり私に近づかないほうがいい…」

榊原「で、でも…」



20120210173024_original.jpg
 
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:17:17.05 ID:48PGGciw0

榊原「なんだったんだろう…」

勅使河原「おっす、サカキ!」

榊原「え?あ…誰?」

勅使河原「ひでぇーなぁ、まだ俺の名前覚えてくれてないのか?」

榊原「ご、ごめん。昨日転校してきたばかりだから…」

勅使河原「まぁそれじゃ仕方ないよな。これから慣れてけばいいさ」

榊原「うん」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:17:58.42 ID:48PGGciw0

勅使河原「でよー、昨日見たんだって」

望月「へぇ、何を?」

勅使河原「だからツチノコを!」

榊原「え、ツチノコって本当にいるの?」

望月「ははは、榊原くんは優しいね。信じてあげるんだ」

榊原「いや、そこまで信じては…ん?」

勅使河原「どうした?」

榊原「ちょっと…」タッタッタ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:18:33.86 ID:48PGGciw0

屋上

鳴「…なんできたの?」

榊原「いや…ちょっと気になって」

鳴「あまり近づかない方がいいって、言ったよね?」

榊原「だって…さっきの授業も出てなかったし…」

鳴「仕方ないから」

榊原「仕方ないって…ほっとけないよ。今日は包帯も付けてるじゃないか」

鳴「これは力を抑えてるの」

榊原「力…?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:19:07.07 ID:48PGGciw0

鳴「私は常人には到底理解の及ばない力を有しているの」

榊原「はぁ…」

鳴「この右腕には悪魔が眠っている。だからこうして抑えなくてはいけないの」

榊原「じゃあ、その左目は…?」

鳴「この左目は…視(み)えてしまうから」

榊原「視える…?」

鳴「千里眼のようなもの」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:19:46.38 ID:48PGGciw0

榊原「よくわからないや」

鳴「榊原恒一」

榊原「へ?」

鳴「あなたの名前」

榊原「そ、そうだけど…」

鳴「ね?」

榊原「ね?って言われても…転校初日に自己紹介したよね?」

鳴「そのとき私はいなかったでしょ?」

榊原「あぁ…言われてみれば」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:20:11.35 ID:48PGGciw0

鳴「ね?」

榊原「うーん…」

鳴「ちなみに私は見崎鳴」

榊原「聞いてないけど…」

鳴「そうかもしれないけど、あなたの深層心理が知りたがっていたから」

榊原「それも視えるの?」

鳴「うん、私にはなんでもお見通し」

榊原「ふぅん…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:20:54.71 ID:48PGGciw0

鳴「くっ…また暴れだした…」

榊原「悪魔が?」

鳴「そ、そう…だから早く私から離れて…」

榊原「わ、わかった」タッタッタ

鳴「静まれ…私の、右腕……」グググ


榊原「すごい人もいるんだなぁ」

勅使河原「何がだ?」

榊原「いや、なんでもない」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:24:32.84 ID:h7HZCugE0

この鳴ちゃんは居ないものにしたい


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:27:08.40 ID:48PGGciw0

桜木「榊原くんは体育出れないんですね」

榊原「うん…まだダメみたい」

桜木「この学校には慣れましたか?」

榊原「そこそこ」

桜木「そうですか」

榊原「あ、そうだ。聞いていいかな」

桜木「なんですか?」

榊原「見崎って子のことなんだけど…」

桜木「……っ!!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:27:41.10 ID:48PGGciw0

榊原「?どうしたの?」

桜木「い、いやなんでもありませんよ?」

榊原「そう…ん?」

桜木「どうしました?」

榊原「ごめん、ちょっと僕…」

桜木「あ、榊原くん!」


鳴「来たね」

榊原「うん…もしかして」

鳴「わかってた」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:28:11.56 ID:48PGGciw0

榊原「君はなんで、いつも一人でいるの?」

鳴「知りたい?」

榊原「うん」

鳴「…どうしようかな」

榊原「何か言いづらい事情が?」

鳴「…まぁね、とても複雑」

榊原「……」

鳴「でも、今は秘密…始まってしまうから」

榊原「始まる…?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:29:34.56 ID:48PGGciw0

鳴「いや、もう始まってるかも」

榊原「だから、何が」

鳴「それを知ったら、榊原くんも人でなくなっちゃうから」

榊原「で、でも…」ピピピ

鳴「携帯…」

榊原「あ、ごめん。ちょっと…」

勅使河原「おい、サカキか!?いないものの相手はよせ!」

榊原「いないもの…?」

勅使河原「詳しいことはいえないが、とにかく今すぐそこから離れろ!いいな!?」ピッ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:31:06.20 ID:48PGGciw0

榊原「なんだったんだろう…?」

鳴「携帯は嫌い…」

榊原「そう?便利だと思うけど…」

鳴「こんなものがなくたったって、私にはわかるから」

榊原「そうか、見崎さんにはそんな力があったね」

鳴「そう。私には不要」

榊原「すごいなぁ…」

鳴「そろそろ戻ったほうがいいよ」

榊原「え?じゃあ一緒に行こうよ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:32:04.95 ID:48PGGciw0

鳴「それはダメ」

榊原「なんで?」

鳴「何度も言うけど、私には近づかない方がいいの。でないと…」

榊原「でないと…?」

鳴「…やっぱり、聞いてないんだ」

榊原「聞いてない…?」

鳴「……それじゃ」

榊原「あ、ちょっと…いっちゃった…」

榊原「……なんなんだ?」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:32:36.06 ID:48PGGciw0

キンコンカンコン

榊原(あ、見崎さんだ)

鳴「……」スタスタ

榊原(帰るのかな…)

鳴「……」スタスタ

榊原「……」スタスタ


榊原「あれ?どこに…」

鳴「ばぁ」

榊原「!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:35:25.32 ID:48PGGciw0

鳴「何、してるの」

榊原「え、えーと…その、見崎さんがいたから…」

鳴「尾行?」

榊原「そんなものです…ごめんなさい」

鳴「この先に私の家があるから…来る?」

榊原「え?いいの?」

鳴「来たいんでしょ?分かるよ」

榊原「そう…かな?まぁ行きたくないわけでもないし…」

鳴「あなたの心が言ってるよ。行きたいって」

榊原「そうなんだ…じゃあお言葉に甘えて…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:36:14.95 ID:48PGGciw0

榊原「うわぁ…」

鳴「変わった家でしょ?」

榊原「うん…人形屋さんなの?」

鳴「お母さんが趣味で作っているの」

榊原「へぇ…失礼だけど、不気味だなぁ」

鳴「でしょ?……ちょっと怖い」

榊原「何か言った?」

鳴「う、ううん、なんでもない」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:36:54.78 ID:48PGGciw0

榊原「そうだ、聞きたいことがあるんだ」

鳴「なに?」

榊原「みんなが僕になにか隠してるみたいで…それがなんなのか、見崎さん知ってる?」

鳴「26年前のことね…」

榊原「それかもしれない。なにか知ってる?」

鳴「ちょ、ちょっと待って。ゆっくり話させて」

榊原「ご、ごめん。質問攻めは嫌いだった?」

鳴「うん。まくしたてられるのが苦手で…」

榊原「配慮が足らなかったよ。ごめん」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 13:38:46.29 ID:48PGGciw0


鳴「でね…この話には続きがあってね…」

榊原「ごくり…」ピピピ

鳴「……むぅ」

榊原「ご、ごめん。何?あぁ…うん。今友達の家で…うん、わかった。それじゃ」ピッ

鳴「帰るの…?」

榊原「うん、そろそろ暗くなるから…」

鳴「そっか…」シュン

榊原「あ、あの…またくるから、ね?」

鳴「!う、うん!待ってる!……じゃ、じゃなくて」

榊原「?」

鳴「あ、あなたはまた来ることになるから」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 15:59:20.27 ID:48PGGciw0

榊原「うん。またいつか、お邪魔するよ」

鳴「た、楽しみにして……じゃなくて!……コホン、またね」

榊原「うん。また明日」

鳴「バイバイ」フリフリ



榊原「いやぁ、それにしても驚きだなぁ見崎さん」

榊原「結構明るい子なのかな」

榊原「26年前の話をしているとき、妙にノリノリだったし…」

榊原「なのになんで…クラスではまるでいないかのような扱いなんだろう…」

榊原「明日、誰かに聞いてみよう」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:00:22.33 ID:+/lUfduPO

鳴ちゃんの魅力は結構普通な女の子ってところにあるよな


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:00:33.92 ID:48PGGciw0

翌日

榊原「ねぇ…」

勅使河原「おうサカキ。どうした?」

榊原「26年前のこと…なんで僕に隠してたの?」

望月「さ、榊原くん!?それをどこで…」

榊原「……風の噂で」

勅使河原「……サカキ、すまねぇ…それは…」

榊原「なにか僕に知られて不都合でもあるの?」

勅使河原「とにかく!今はダメなんだ!来月だ!来月に教えるから!」

榊原「な、なんで?」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:03:02.52 ID:48PGGciw0

望月「ごめん…榊原くん」

榊原「……」

勅使河原「とにかく、ダメなんだ…」

榊原「……」



榊原「……」ガタ

ガララ

榊原「やっ」

鳴「なにしてるの?…今はテスト中だよ?」

榊原「ちょっとね…君にも聞きたいことがあって」

鳴「何?」

榊原「君は、一体何者なの…?」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:05:16.93 ID:48PGGciw0

鳴「私は…」

榊原「うん…」

鳴「選ばれし者…かな…?」

榊原「選ばれし…者?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:06:23.11 ID:h7HZCugE0

間違っちゃいないがww


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:06:37.89 ID:48PGGciw0

鳴「そう…私には人間の理解の及ばない、時空すら凌駕する力があるの」

榊原「…すごいね」

鳴「だから、みんなには極力近づかないようにしている…」

榊原「だから君はいつも一人で…」

鳴「そういうこと」

榊原「でも…僕は大丈夫なの?」

鳴「榊原くんは…大丈夫」

榊原「なんで?」

鳴「大丈夫なものは大丈夫なの」

榊原「ふぅん…」

ガラガラ


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:08:01.65 ID:48PGGciw0

榊原「あれ?桜木さん?」

桜木さん「ひっ!」

榊原「え?ど、どうしたの!?」

桜木「そんな…そんな!」タッタッタ

榊原「…?」

鳴「行っちゃったね」

榊原「うん…なんだったんだろう」




ドタドタドタ!!


榊原「ん?」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:10:39.05 ID:48PGGciw0

桜木「」ピクピク

榊原「っ!」

鳴「どうしたn…」ヒョコ

榊原「見ちゃダメだ!」バッ

鳴「へ?」

榊原「…見ちゃ…いけない…」

鳴「??」

先生「…君た…君、今すぐここから離れなさい」

榊原「はい…」

鳴「???」

榊原「……」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:11:05.65 ID:46om0eI30

うわああああ


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:13:37.27 ID:48PGGciw0

生徒「聞いた?3組の人が…」

生徒「聞いた聞いた。あまりに凄惨な光景だったから、緘口令がしかれたらしいよ」

生徒「これってやっぱり…」

生徒「だよね…」



病院

榊原「……」

水野「榊原くん……大丈夫…?」

榊原「え…あぁ…はい」

水野「大変だったね…学校にはいけそう?」

榊原「……はい、多分明日には」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:17:09.18 ID:48PGGciw0

水野「あまり無理しちゃダメだよ?」

榊原「はい…」

水野「まっ、そういう心のケアも私が診てあげるから、ね?元気だして?」

榊原「…ありがとうございます」

水野「うんうん」

榊原「それじゃあ…さっそく相談しても、いいですか?」

水野「何?」

榊原「見崎って子のことで…」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:21:00.47 ID:48PGGciw0


水野「いないもののよう……選ばれし者…始まる……か」

榊原「そもそもあの子は生きているかも怪しいと言いますか…」

水野「幽霊かもしれないってこと?」

榊原「はい…」

水野「うーん……私、榊原くんと同じ3組に弟がいるからさ、聞いておこうか?」

榊原「いいんですか?」

水野「もちろん!私に任せておきなさいな!」

榊原「ありがとうございます…」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:24:15.39 ID:48PGGciw0

翌日

榊原「おはよう…」

勅使河原「おぉ!サカキ!大丈夫だったか!?」

榊原「う、うん…なんとか、ね」

望月「桜木さんの件、大変だったね…」

榊原「うん…」

勅使河原「ま、まぁクラスメイトが死んじまって辛いのは分かるけど、
      あまり辛気臭くならずにいつも通りいこうぜ?」

榊原「い、いいのかな…」

ガララ


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:28:00.03 ID:48PGGciw0

榊原「ん?」

鳴「……」スタスタ

勅使河原「…どうした?」

榊原「い、いやその…」

勅使河原「…っ……なぁ、いないものの相手はよせって言ったろ」

榊原「っ……だから、なんだよ!そのいないものって!」

赤沢「恒一くん」

榊原「……赤沢さん?」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:31:47.95 ID:48PGGciw0

中庭

赤沢「あなたは、どこまで聞いたの?」

榊原「どこまでって…それは26年前のことでいいの?」

赤沢「そうよ」

榊原「初めの方だけだよ…この話にはまだ続きがあるってところまで」

赤沢「そこから先は知らないのね?」

榊原「うん…続きは勅使河原くんが来月教えてくれるって言ってたけど…」

赤沢「あ、アンタ!」

勅使河原「だ、だって仕方ないだろ!あの場ではそうやってごまかすことしかできなかったんだよ!」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:39:43.97 ID:48PGGciw0

赤沢「アンタはいつもそうやって…もう!」

勅使河原「でも隠す方も悪いだろう!」


榊原「あ、あの…2人とも…」ピピピ

榊原「電話……はい、もしもし」

水野「あ、榊原くん?大体分かったよ、見崎さんのこと」

榊原「ほ、本当ですか!」

水野「うん…ただ、聞いてもよく分からないかもしれないよ?」

榊原「それでも構いません!教えてください!」

水野「…えっとね…みさ……め……は…」

榊原「み、水野さん?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:49:33.27 ID:48PGGciw0

水野「ごめん、ちょっと移動してた」

榊原「大丈夫ですか?」

水野「うん、今エレベーターに乗ったところ」

榊原「そうですか…」

水野「屋上じゃ何故か電波が悪……て」

榊原「え?」


ギィィィィィ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:57:32.62 ID:48PGGciw0

水野「な……な…に…?」

榊原「水野さん!どうしたんですか!?」


ガッシャァァァァン


榊原「……!」

赤沢「こ、恒一くん?」

榊原「そ、そんな…嘘だろ……」

勅使河原「お、おい…」

榊原「……そん…な…」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 16:58:03.83 ID:48PGGciw0

翌日

榊原「……」

鳴「……」ジー

久保寺「榊原くん…ちょっと」

榊原「…は、はい…」

ガラガラ

鳴「……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:04:11.96 ID:48PGGciw0

刑事「君はあの時、彼女となにか話していたそうだが」

榊原「はい…」

刑事「ふむふむ」

榊原「……」


ガラガラ

赤沢「……」

榊原「赤沢さん…」

赤沢「今のうちに謝っておくわ。ごめんなさい」

榊原「え?それってどういう…」

赤沢「…それじゃ」

榊原「…?」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:04:33.05 ID:48PGGciw0

榊原「あれ?誰もいない…」

久保寺「榊原くん」

榊原「先生…みんなはどこに…」

久保寺「新しい委員長は赤沢さんになりました」

榊原「はぁ……」

久保寺「早く帰りなさい」



望月「僕は決して男の子が好きってわけではなくてね…」

高林「いや、でもなんか…」

榊原「やっ」

望月「あ…」

高林「榊原…くん」

榊原「一緒に帰ろう?」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:05:03.55 ID:48PGGciw0

望月「後に、君にとってとても不愉快なことが起こるかもしれない。けど、耐えてほしいんだ」

榊原「不愉快なこと…?」

高林「……ダメだ。やっぱりフェアじゃない」

望月「高林くん?」

高林「榊原くん。僕に質問して。答えるから」

榊原「じゃあ…見崎鳴のことを教えて…」

高林「見崎さんか……見崎さんhっぐ!!」

望月「た、高林くん!?」

高林「うぐ…ぐぅあ…あぐぅ…」ピクピク

榊原「……!」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:05:32.58 ID:48PGGciw0

翌日

久保寺「高林くんのことはとても残念でした…」

榊原「……なぁ」トントン

男子生徒「っ……」ビクッ

榊原「……?」

榊原「なぁ…」

女子生徒「……」

榊原「まさか…」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:06:05.44 ID:48PGGciw0

授業中

久保寺「このように、言葉をあたかも人間のように表す表現を擬人法と…」

榊原「……」ガラッ

榊原「……」スタスタ

榊原「……う、うちゅうじんだー」


シーン


榊原「やっぱり、そういうことなのか…」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:10:36.90 ID:48PGGciw0

キンコンカンコン

榊原「……ん?」ピラッ

榊原「……なるほど」

榊原「もしもし…はい…榊原と申します…はい……」


鳴「来たね」

榊原「こうして話すのは、久しぶりかな?」

鳴「そうだねっ、さぁさぁ」

榊原「み、見崎さん?なんか元気いいね?」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:19:14.00 ID:48PGGciw0

鳴「今日はなんの話をしようか」

榊原「あぁ…えっと…これ」

鳴「……名簿、もらったんだ」

榊原「うん、どうやら僕も選ばれしものになったらしくて」

鳴「…これもわかっていたんだよ」

榊原「あの時大丈夫って言ったのは、こうなることを見越してのことだったんだ」

鳴「そ、その通り」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:19:49.10 ID:48PGGciw0

鳴「でね…10年ほど前に、有効な手段が見つかったの」

榊原「まさか、それが…」

鳴「そう。誰か一人をいないことにして人数を正す」

榊原「…」

鳴「そんな、おまじない」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:22:45.22 ID:48PGGciw0

榊原「まだ分からないことは多いけど、なんだかスッキリしたよ」

鳴「スッキリ?」

榊原「うん。見崎鳴はちゃんといるってことがわかって」

鳴「そっか」

榊原「いないもの…じゃなくて、選ばれし者同士、これから仲良くしよう」

鳴「う、うん!」

榊原「嬉しそうだね…」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:26:54.54 ID:48PGGciw0

霧果「はいちょっと待って榊原くん?でよかったかしら」

榊原「え?は、はい…え?」

霧果「私はそこにいる眼帯っ子の母よ」

榊原「え?母親?」

鳴「あわわわ…」

霧果「結構男前じゃない?彼氏?彼氏?」

鳴「ち、違っ!」

霧果「あらあら真っ赤になっちゃって」

榊原「僕も恥ずかしいですよ…」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:31:07.58 ID:48PGGciw0

霧果「榊原くん?この子の言うことを真に受けちゃダメよ?」

鳴「!」

榊原「それってどういう…」

霧果「殆ど妄言よ」

鳴「あわわわ」

榊原「まぁ…それはわかっていましたけど…」

鳴「えっ?」

霧果「そうよねぇ…この子、去年からこんな風におかしなことを言い始めたのよ…」

榊原「結構前からなんですね」

霧果「困ったものよ…」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:36:28.13 ID:48PGGciw0

霧果「この前なんて夜に病院に行こうとしてたのよ」

鳴「お、お母さん!それは…」

霧果「確か、可哀想な私の半身がどうとか言ってたかしら」

榊原「半身?」

霧果「ええ…人形を持って行っちゃったのよ…」

榊原「大丈夫だったんですか?」

鳴「榊原くん!私お腹すいちゃったな!一緒に何か食べに行かない?」

霧果「数分後に戻ってきたわよ。半ベソかきながらね」

榊原「途中で怖くなって引き返したと…」

霧果「そうねぇ…」

鳴「うわーん!」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:37:51.95 ID:OsFA0gyO0

怖がっちゃう鳴ちゃんかわいい!
ちょっと無理のある中二病かわいい!



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:39:43.74 ID:4vLwtJqE0

まぁ、夜の病院は怖いな


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:40:18.75 ID:48PGGciw0

鳴「もうダメだ…ぐすっ」

霧果「あらあら、いじりすぎちゃったかしら?じゃあ榊原くん、あとよろしくぅー」

榊原「え?ちょ、ちょっと!」

鳴「……」

榊原「…えーっと」

鳴「もう榊原くん見れない…」

榊原「ま、まぁ恥ずかしいって気持ちはわかるよ?」

鳴「うぅ……」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:43:12.93 ID:48PGGciw0

榊原「とりあえず元気だして?ね?」

鳴「……恥ずかしい」

榊原「そのわりには僕から離れないんだね」

鳴「だ、だって顔見られたくないから!」

榊原「確かに耳まで真っ赤だけど…」

鳴「もうダメだ…学校いけない…」

榊原(すっかり毒は抜けたようだ)


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:46:03.76 ID:48PGGciw0

鳴「もうあんなこと言わない…言えない…」

榊原「それがいいよ…これからは普通の言動をするようにね?」

鳴「うん…」

榊原「僕も君と同じだからさ。これからも友達でいたいし」

鳴「うん…」

榊原「とりあえず、明日のお昼、一緒に食べよう?」

鳴「うん!」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:49:25.43 ID:48PGGciw0

翌日

鳴「榊原くん!屋上行こう!」

榊原「うんわかった。だから引っ張らないで」

鳴「早く早く!」

榊原「元気いいなぁ」


赤沢(あれって……)

勅使河原(どう見ても…)

望月(カップルだよね……)


鳴「今日はたくさん食べるぞー」

榊原「お、おー」




おしまい


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 17:55:05.21 ID:LVhOE1zX0

これをネタに鳴ちゃんをいじり続ける訳ですね



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 18:02:32.39 ID:xDcjpa7+0

乙、鳴ちゃん可愛いよ鳴ちゃん



Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-03-30
売り上げランキング : 423

Amazonで詳しく見る by AZlink

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
清原 紘

角川書店(角川グループパブリッシング)

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/02/14 12:00 ] AnotherSS | TB(0) | CM(3)
鳴ちゃんが、もしもガチ中二病だったらで話が進んだだけじゃないか
でもカワイイからいいか
[ 2012/02/14 18:06 ] [ 編集 ]
恒一×見崎か見崎×恒一か悩むな…
まあかわいいからいっか
[ 2012/02/14 20:26 ] [ 編集 ]
選ばれし者ワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[ 2013/07/09 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。