素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一夏「ISの待機状態が女の子に?」

SS深夜VIP

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:24:18 ID:4WJuo1Zg

IS学園 アリーナ管制室


束「またおもしろいものを作ったよぉ♪」

千冬姉「はぁ・・・・このまま行くと、お前の発明の数はキテレツ大百科を超えるぞ・・・・・。」

束「まぁまぁ、そう言わずにぃ♪」

千冬姉「で、なんなんだ?言ってみろ。」

束「まずぅ、このスイッチを押してみてぇ♪」

千冬姉「どうせ下らんものなんだろう・・・・・・ほれ。」ポチッ



2011040121544186f.jpg
 
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:25:34 ID:4WJuo1Zg

束「・・・・押したね?押したねぇええ?
   ふふふふふぅ、これで共犯だねぇ♪これからもよろしくねぇ♪」

千冬姉「な、なんのスイッチだったんだ!何も起きないぞ!?」

束「今のスイッチで、世界中の専用機が、搭乗者そっくりの女の子になりましたぁ!」
束「ちなみに性格は搭乗者の煩悩をかなり拡大させた状態になってるよぉ♪
   (いっくんのは特別だけどねぇ・・・ふふふ)」

千冬姉「・・・・アホか。帰る。」すたすたすた・・・

束「朗報待ってるからねぇ~!」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:26:08 ID:4WJuo1Zg

IS学園寮 一夏の部屋の中

ガヤガヤガヤガヤ・・・・・

千冬姉「・・・・・悪夢だ。」

一夏「や、やめてくれぇええええ!」


箒機「い、一夏ぁ、好きだぁ・・・・///」すりすり
箒「き、貴様何を言っている・・・・!!一夏から離れろ!!」

鈴機「私があんたの酢豚になってあげるわよ!ほら、食べなさいよ!!」
鈴「あんたなんかより私の方がおいしいわよっ!!」

シャル機「一夏の体って逞しい・・・・///」
シャル「えっ!えぇぇぇええっ!?」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:27:02 ID:4WJuo1Zg

セシリア機「一夏さん?この前の決闘のお詫びをしませんとぉ・・・私のカラダで・・・・///」スルスル・・・
セシリア「ちょ、ちょっと止めて下さいな!私が恥かしいじゃありませんのぉ!!」


ラウラ機「嫁!レスリングだ!柔道だ!
      えぇい、まどろっこしい!総合格闘技だぁぁあああああ!!」
ラウラ「ほぉ、貴様なかなか言うな。良い友人になれそうだ。」


白式「・・・・・・・なにこれ怖い」

千冬姉「はぁ・・・・・・・」

一夏「千冬姉・・・・これどういうこと?」

千冬姉「あぁ・・・・・すまん。」

千冬姉「お前ら全員聞けっ!!」


千冬姉「・・・・・っということだ。」


一夏「っていうことは、こいつら全員搭乗者の煩悩の塊ってことか?」

一夏「しっかし、制服まで同じじゃ全然見分けがつかねぇなぁ・・・・」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:28:07 ID:4WJuo1Zg

箒機「一夏ぁ、前からずっと好きだったんだぁ・・・・///」

箒「や、やめろ!バカものっ!服を脱ぐな服をっ!!」


一夏「・・・・・・いや、すぐ分かりそうだな。」

千冬姉「当分の間我慢してくれ、としか言えないな・・・・夜は施錠を怠るなよ、一夏。」
千冬姉「本気の話だ・・・特に『ラウラの』がな・・・・・。」

ラウラ機「嫁!相撲もいいぞっ!
      今から弟子入りに行くぞ!あぁ、その前にちゃんこ鍋を食わねばな!!」
ラウラ「相撲に寝技は無いが、良い提案だ。」 ピコッ「クラリッサ、新弟子検査の手配を頼む」

一夏「・・・・・あれは元からヤバイって。」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:29:18 ID:4WJuo1Zg

千冬姉「・・・・で、このままだと一夏の体が一週間と保たないぞ?どうしてくれる?」

束『いやぁ、ごめんごめん。世界中からクレームが来ててねぇ♪国連に呼び出されちゃったぁ♪』

束『元に戻す方法を「今から考える」からもうちょっと待っててねぇ♪』


千冬姉「ほぉ・・・・貴様はよっぽど死にたいらしいな。」

束『ふぇーん。ちーちゃん怖いよぉ・・・・。でもぉ、一端を担ったのは覚えておいてねぇ~♪」

千冬姉「・・・・今度会った日が、貴様の墓石に刻まれることになるぞ。早くしろ。」ぷちっ


千冬姉「この事件の一番の被害者は一夏だな。はぁ・・・すまん・・・・・。」てくてくてく・・・


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:29:53 ID:4WJuo1Zg

山田機「織斑せんせぇ♪織斑君、どこか知りませんかぁ?」

千冬姉「あぁ、一夏なら寮の部屋に・・・・」


山田先生「言っちゃダメですぅぅうううう!!」


山田機「ありがとうございま~す♪」ダダダダダダ・・・・・

山田先生「待ちなさぁぁああああああい!!」ダダダダダダ・・・・・


千冬姉「あぁ・・・・・早速やってしまった。」

千冬姉「仕方ない、緊急事態だ!」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:31:18 ID:4WJuo1Zg

ピー、ガガガ・・・・・・

千冬姉『教師の織斑だ。全校生徒に告ぐ、緊急事態だ。』

千冬姉『各学年の生徒は全員学年ごとに集合しろ!集合場所はアリーナ。』

千冬姉『始業式の通りに並べ!急げ!全員死ぬほど走れぇ!!』


IS学園 アリーナ

千冬姉「よし、集まったな!聞け!
     現在専用機が搭乗者の姿へ外見を変化させ、あちこちで暴走している。」

千冬姉「各学年で暴走していると思われる者を捕縛しろ!」


千冬姉「例を見せる!一夏来い!!」


一夏「5人に乗っかられて、いけるかよぉ・・・・」

千冬姉「這ってでも来い!!男を見せろ!!」

一夏「うぅ・・・・」ずるずる・・・・


9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:32:30 ID:4WJuo1Zg

千冬姉「全員聞け!こんな感じだ!!捕まえた者は、職員室へ連れて来い!」
千冬姉「その者が所属するクラス全員に食券一ヶ月分と、私とのディナーをご馳走してやる!!」

千冬姉「ものども、かかれー!!」

「キャーーーーー!!」ダダダダダダ・・・・・
「委員長!組になって動くべきだわ!!」ダダダダダダ・・・・・
「千冬お姉様とのデートよぉ!!」ダダダダダダ・・・・・

シーン・・・・・・


白式「あ、あのぉ・・・僕はどうすれば・・・・・?」

千冬姉「(僕っ娘か!かわいい・・・しかし、一夏には似ても似つかんな)貴様、白式か・・・・」

千冬姉「あぁ、そうだな。一夏の部屋へ行って茶でも飲んでいろ。」
千冬姉「夜になっても連絡が無ければそのまま寝ていい。」

白式「わかりました」すたすた・・・


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:33:18 ID:4WJuo1Zg

一夏「で、これどうすんだよ!」

千冬姉「ばかもの、周りを見てからモノを言え。助っ人が大量にいるだろうが。」

1年女子「にへへへへへへ」 目がキラリーン 

一夏「なぁ・・・・どうしてみんな俺と目が合うんだ?目的が変わってるような・・・・」

千冬姉「ばかを言うな、私とのディナーだろ?」にやり

千冬姉「全員・・・・・かかれー!!」

「織斑君の体触り放題よぉおお!!」
「やだぁ、いい体してるぅ♪」
「この、こいつ織斑君から離れなさいよ!」
「偽物だろうと、積年の恨みを晴らす時よぉっ!!」
「引き剥がせぇえええっ!!」

一夏「や、やめてぇええええ!!それ、パンツ引っ張ってるってぇええ!!」


一夏「いやぁああああああ・・・・・・・あん♪」

千冬姉「尊い犠牲だな・・・・・束の奴めぇっ!」



白式「ここ・・・どこぉ・・・・・・?」おろおろ


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:34:19 ID:4WJuo1Zg

IS学園寮 一夏の部屋

ガチャッ・・・バタン・・・・・・

一夏「し、死ぬかと思った・・・・・既にもう死んでるのか?」


ガチャ

千冬姉「おい、一夏。忘れ物だ。」ぽいっ

 ぽふっ

白式「あっ、部屋だ。」

千冬姉「じゃあな。」 バタン


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:35:21 ID:4WJuo1Zg

一夏「え?」
白式「一夏だ♪」

一夏「えっ、ちょっと・・・・・白式か?」
白式「いつもありがとうね♪」ぎゅぅ~

一夏「(見た目も声も・・・・なぜか某1万3千冊の魔道書を記憶している
   シスターに似ているな・・・・そして、なぜこいつらは既に制服を着ているんだ?)」

白式「いつも優しく使ってくれてありがとう、一夏ぁ♪」ぎゅぅ~


一夏「そ、そうか?結構激しいと思うんだが・・・。」

白式「うぅん、搭乗者とISは心が通じ合ってるんだから、何を考えてるかよくわかるんだよ?」
白式「「この姿じゃ難しいけどね」ぎゅぅぎゅぅすりすり


一夏「そりゃなによりだ・・・。」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:36:11 ID:4WJuo1Zg

IS学園 職員室

千冬姉「はぁ・・・・これで全部か・・・・・縄で縛るのは忍びないが、まぁ許せ。」

シャル機「一夏はぁ、ねぇどこぉ?えっちぃえっちぃ!」
シャル「ちょ、ちょっと黙って!!」

シャル機「ンー!ンー!」もがもが


ラウラ機「レスリングはな、こう腰を低くしてだな、勢いよく相手の腰に食らいくんだ!」
ラウラ「ほぉほぉ・・・・なかなか勉強になるなぁ・・・・・・。」

ラウラ機「今からやるか!?」
ラウラ「ふふふ、私に勝てるかな?」


千冬姉「こら、ラウラ。いい加減にしろ・・・・で、まずは・・・・。」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:36:58 ID:4WJuo1Zg

女子生徒「山田先生こっちです。」

山田機「まぁ、こんなになってしまって・・・。」

千冬姉「山田先生、どうしたんですか・・・・はっ!まさか!!」


山田機「えいっ♪」しゅるるる♪

箒機「一夏ぁああ、好きだぁぁああ♪」
セシリア機「一夏すわぁぁああああん♪」
シャル機「一夏ぁああ!!えっちえっちいいいい!!」
鈴機「酢豚よ酢豚ぁあああああああああ!!」

ダダダダダダダダダダ・・・・・

山田先生「はぁ・・・はぁ・・・・・すみません、遅かったみたいですね・・・・。」

山田機「生徒の自由は私の願いと希望ですから♪」

山田先生「とりあえずこの子を縛りますね。」


千冬姉「・・・・(山田先生の煩悩があれか。教師の鑑だな)」


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:37:48 ID:4WJuo1Zg

ラウラ「なかなか、やるなっ!ふんっ!」
ラウラ機「そっちこそっ!はっ!」

千冬姉「(こいつらは勝手に自滅するな・・・・だが)」

ラウラ機「なっ!」

縛り縛り、ぎゅっぎゅっ

千冬姉「ふぅ」

ラウラ「きょ、教官!」

千冬姉「悪いな・・・・・。」

千冬姉「おい、ラウラ。お前の大事な大事な嫁が助けを求めているぞ?」
千冬姉「こいつと遊んでいる暇があるのか?」


ラウラ「そ、そういえばっ!私の!私による!私のための!嫁ぇぇえええええ!!」

ダダダダダ・・・


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:39:09 ID:4WJuo1Zg

IS学園寮 一夏の部屋

ドンッ!ドンッ!ドンッ!

箒機「い、一夏ぁ・・・・開けてくれぇ、もうここがこんなにぃ・・・」
箒機「はぁはぁ・・・見たいんだな?そうかそうかぁ・・・・」

箒「脱ぐんじゃない!こらこら!!」

シャル機「一夏ぁ!あけてぇええ僕とえっちぃえっちぃいい!!」
シャル「や、やめてってばぁ!恥かしいよぉ!!」

鈴機「酢豚1か月分よぉおおお!!」
鈴「腐るわよ!!」

セシリア機「い、一夏さん・・・?その・・・・前から・・・・お慕いしておりましたのぉおおおお!!」
セシリア「は、恥かしいことを大声で言わないでくださいなぁああ!!」

「ちょっとなんの騒ぎ!?」
「あれって、さっき捕まえたわよね!?」
「えっ、再チャンス!?」
「いけいけええええ!!ひっ捕らえろー!!」
「ディナーだ!デートだぁあああ!!」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:40:07 ID:4WJuo1Zg

ドンッ!ドンッ!ドンッ!


白式「ひぃぃいいいい!!」がたがたぶるぶる

一夏「大丈夫だって、こんなことだろうと思って、ちゃんとドアをベッドで押し当てただろ?」

白式「う、うん・・・・」ぎゅぅ

一夏「・・・・なぁ白式?胸当たってるんだけど。」


白式「き、気にしないでぇぇ、それより、あれ怖いよぉおお」がたがたぶるぶる

一夏「(なんか俺の白式だけ、他の専用機と違うんじゃないか?)」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:41:02 ID:4WJuo1Zg

コンコン ガラッ


ラウラ「嫁、大丈夫か?」

一夏「ラウラ、お前・・・・窓から・・・・・。」


ラウラ「私は本物だ。で、そっちが白式か?」

白式「こくこく・・・・・・」ぎゅぅ
一夏「大丈夫大丈夫。ラウラはいい奴だよ。」なでなで


ラウラ「・・・・おい、嫁。私にもしろ。」

一夏「えっ、何を言ってっていやぁあああ!!」

ラウラ「『なでなで』をしろと言っている」ギリギリ


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:41:21 ID:4WJuo1Zg

白式「こ、怖いよぉぉおおお」じょぼじょぼぉ・・・・

ラウラ・一夏「あっ」

白式「ひっく・・・・ひっく・・・・・・」

ラウラ「す、すまん・・・怖かったんだな。その・・・・すまん。」

白式「う、うん・・・・ひっくひっく・・・・・・・」

一夏「ラウラ、とりあえずシャワー浴びせてやってくれ。」

ラウラ「承知した。こっちだ、白式。」


一夏「はぁ、これ掃除するのかぁ・・・・。」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:42:31 ID:4WJuo1Zg

ラウラ「外の騒ぎは収まったようだな。私は教官の元へ援護に行く。」

ラウラ「貴様は戸締りをしっかりしろ。窓の鍵が開いていたが、閉めておけ。」

ラウラ「そんな調子では私の嫁失格だぞ?」バタン


一夏「はぁ・・・・とりあえず俺のジャージとラウラの下着で寝巻きは問題なさそうだな。」

一夏「・・・・・ジャージのサイズが合ってないけど。」

白式「・・・・・・」ぎゅぅ

一夏「手なんか握って、どうした?」

白式「なんでもないよ?」ジー・・・・

一夏「俺の顔になんかついてるのか?」

白式「うぅん、付いてないよ?」ジー・・・・

一夏「じゃあ、何してるんだ?」

白式「一夏の思考を読んでるの」ジー・・・・


21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:43:58 ID:4WJuo1Zg

白式「IS展開してる時も読んでるよ?でも、今は体を密着させてないと読めないから。」
白式「あっ、あと顔も見てないと・・・・・・。」ジー・・・・

一夏「そ、そうか・・・ちょっと照れるな・・・・・。」

白式「やっぱり一夏は優しい。僕、こんな人に乗ってもらえて嬉しいよ。」

白式「さっきから僕のことばかり心配してる。」ジー・・・・・


一夏「(もしかして、今の状態でも零落白夜も使えるのか?)」

白式「・・・・・使えるよ?」

一夏「えっ?(本当に思考を読んでる)」

白式「読んでるよ?やってみる?言ってくれたらするよ。僕は一夏のISだもん。」


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:44:38 ID:4WJuo1Zg

一夏「じゃ、じゃあやってみてくれるか?」

白式「うん。じゃあ、いつもみたいにやってみて。手を繋いだまま・・・・。」

一夏「行くぞ・・・・・零落白夜、発動!」

一夏「おおおお!スーパーサイヤ人みたいだ!」

白式「楽しそうで嬉し・・・い・・・・・よ・・・・・・・・」ばたっ

一夏「お、おい!どうした!白式!大丈夫か!? 」


一夏「そ、そうだ!千冬姉のところに連れて行けばなんとかしてくれるはずだ!」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:46:06 ID:4WJuo1Zg

千冬姉「ふぅ、やっとエネルギー切れか・・・・」

千冬姉「絶対こいつらにエネルギー充填するなよ、お前ら。こいつらは当分このままだ。」

箒「も、もしかして・・・・死んでるんですか?」


千冬姉「ただのエネルギー切れだ。
     例えるなら冬眠みたいなものか、永眠して欲しいくらいだが・・・・。」
千冬姉「その役割は全てあいつに押し付けてやる・・・・束めぇ・・・・・。」

千冬姉「充填方法の資料はさっき取り寄せた。」
千冬姉「今日はお前らももう寝ろ。明日も早い。後は私がやっておく」


24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:46:54 ID:4WJuo1Zg

一夏「千冬姉!」

千冬姉「だから何度言ったらお前は・・・・・・白式を負ぶって何をやっている・・・・・・・」
一夏「白式が動かなくなった!死んじゃったんだ!助けてくれっ!」

千冬姉「落ち着け、死んだわけじゃない。落ち着け。」

一夏「本当か?嘘じゃないよな?」
千冬姉「あぁ、だから涙目になるな(可愛すぎるだろ、一夏・・・・)」

千冬姉「そこに寝かせろ。ただのエネルギー切れだ。」
千冬姉「今エネルギー充填の準備をしてやる。白式は特に害が無いからな。」

一夏「ありがとう。千冬姉・・・」

千冬姉「はぁ・・・・今夜だけはその呼び方を許してやる。だから泣くな。」

一夏「うん、ありがとう。千冬姉・・・」

千冬姉「・・・・準備はできた。後はお前の仕事だ。
     さぁ、このプラグを説明書通りに・・・・・『ココ』に挿せ。」

一夏「えっ・・・・?」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:55:36 ID:4WJuo1Zg

千冬姉「さっさとやれ。弟の分身のケツの穴を見る趣味は無い。
     貴様の分身だろうが、さっさと挿せ。」

千冬姉「私はこいつらを縛って、保健室に運ばなければならん・・・・・ふんっ!」ずるずるずるずる

千冬姉「充填は10分ほどで完了する。その間離れるなよ。じゃあな・・・・」ずるずるずるずる


一夏「えっ、千冬姉・・・・?」

チラッ

一夏「マジかよ・・・・・。でも俺の責任だし・・・。」

一夏「白式は俺なんだよな。今、さっき『僕』って言ってたし。」

一夏「本当は男なんだ!そうだよ!あはは、そうに決まって・・・」

ズルッ!

一夏「・・・・女じゃん。」がくっ


26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 21:56:21 ID:4WJuo1Zg

一夏「いやいや、そういうことじゃない。あぁ、う、後ろを向かせよう。」
一夏「うつぶせにして・・・・股を開かせて・・・・・・・理性がぁ・・・俺の理性を返せぇ・・・・」


『 白式「僕、一夏に乗ってもらえて嬉しいよ♪」 』


一夏「はっ!そうだった、俺はこいつのパートナーだ。こんなところで怯んでたまるか!おりゃ!」

一夏「ケツを突き出させて、お尻の穴・・・穴・・・・・えっとぉ・・・・」ふにふに

一夏「あぁ、お尻の肉が柔らかすぎてよく見えないなぁ・・・・。あった!おりゃ!」

ブツッ キュィィイイイイン・・・・・・

一夏「ふぅ。」

白式「あ、あれ?いつのまにか寝ちゃって・・・・」


一夏・白式「あっ」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:02:06 ID:4WJuo1Zg

白式「ぼ、僕を襲うつもりだったの!?一夏の人でなしぃ・・・」

白式「あ、あれ?エネルギーが入ってきてる。」

一夏「あぁ、エネルギー切れを起こしてな・・・・。」

一夏「俺が零落白夜をお前に使わせちまったばっかりに・・・・すまん。」

一夏「そしてこれも・・・・すまん。とりあえずコードだけ出して、服を着せるよ。」

白式「うん・・・・・・」ぎゅぅ ジー
一夏「なんだ?また思考読んでるのか?」

白式「うん・・・・・・」ジー
一夏「(白式、良いお尻だったよ)」

白式「むすぅ・・・・・」ジー
一夏「冗談冗談、あはははは・・・・えっと、ごめんなさい」

白式「あっ、終わったよ?えいっ」プツッ

白式「ふぅ・・・・おなかいっぱい」 ぽてっ


29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:02:56 ID:4WJuo1Zg

一夏「おいおい、ここで寝るなって。ほら、部屋に戻るぞ?」

白式「おぶって。」

一夏「はぁ・・・・わかった。ホイッ」てくてくてく・・・・

白式「すぴーすぴー」

一夏「呑気なもんだな・・・・・。」


一夏「ほら、部屋についたぞ?」

白式「ん・・・・ねるぅ・・・・・・」

一夏「・・・そうだな。ほら、よいしょっと。」ぽすっ

白式「ん~」ぎゅぅ

一夏「なんで俺の腕を離さないんだ?」

白式「一緒に寝る。今までもそうだった。」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:03:31 ID:4WJuo1Zg

一夏「あれは腕に付いてたからで・・・・」

白式「零落白夜使うよ?」


一夏「それだけは勘弁してください。お尻はもう、その・・・・」

白式「交渉成立♪」

一夏「ほら、早く寝ろ」

白式「えへへぇ、一夏と一緒ぉ」ぎゅぅ~すりすり

白式「腕枕して頭撫でて・・・・・」
一夏「・・・・・」

白式「あれ、エネルギーが切れそう・・・・またお尻に挿されるのかなぁー」

一夏「半ば脅迫だな・・・・・・よいしょ」なでなで

白式「一夏ぁ・・・・ありがとう・・・・・」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:04:16 ID:4WJuo1Zg

一週間後

IS学園

束「ち・・・ちーちゃん・・・・できたよぉ・・・・・・・。」バタンッ

千冬姉「良い気味だ。少しは今回の件で懲りたか?」足でガシガシ

束「うぅ・・・・やめてぇ・・・・・もう4日は寝てないんだからぁ・・・・・。」


束「はい、このスイッチ押して・・・・」バタッ

千冬姉「そのまま死んでしまえ・・・・・ポチッ」


ガタガタガタガタッ

千冬姉「なっ!? 保健室のあたりが騒がしい・・・・・・・・・?」


32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:05:13 ID:4WJuo1Zg

束「にへっ♪SSPSを応用して、衛星軌道上からISにエネルギーを送信するシステムの
   起動スイッチでしたぁ♪ほぼ10年は充電が自動で・・・」

千冬姉「余程死にたいらしいな、ちょっと待ってろ」足でガシガシ

束「ふがふが、ふがふがぁ・・・」じたばた


千冬姉「・・・・あぁ、もしもし?ターゲットを1名射殺して頂きたいのですが・・・・。」
千冬姉「お金は例の銀行にお振込みします。はい・・・はい・・・・・ではお願いします。」


33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:05:50 ID:4WJuo1Zg

保健室

山田機「ふぅ・・・縄は解けましたねぇ。さぁ、皆さんがんばってくださいねぇ~♪」

ドドドドドドドドド・・・・・・



IS学園寮 一夏の部屋

白式「あれ?なんか常にエネルギーが湧き上がってくるよ?」
一夏「どうしてだろう?」

白式「ん~、わかんないけど、1つだけ分かったことがある」

一夏「なんだ?言ってみろ。」

白式「僕は当分、一夏にお尻を見せなくて良いってことだよ♪」ぎゅぅ


ドドドドドドドドド・・・・・・


34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:06:41 ID:4WJuo1Zg

一夏「ん?」
白式「一夏、IS展開して!逃げなきゃ!!」

一夏「わ、わかった!こい、白式!!」

箒機「い、一夏ぁ、どこだぁ?この豊満な胸をお前に独占させてやるぞぉ!」

鈴機「女体盛りの酢豚版よ!私ごと食べなさいよぉ!!」

セシリア機「一夏さぁん♪もう、私のここがこんなにびちょびちょなんですのぉおお♪」

シャル機「一夏ぁ、早く一夏のをぶち込んでめちゃくちゃにしてぇ~」くねくね


一夏「死ぬより恐ろしいな・・・・逃げるか。」ブォオオオ!パリーン!

一夏「窓ガラス割っちまったけど、なんとか逃げられたか。」

白式「そうだね。とりあえずアリーナへ行こう?」

一夏「えっ、白式の声が聞こえる?」


35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:08:07 ID:4WJuo1Zg

白式「ごめんね。今回の騒動は、僕が篠ノ之博士に頼んだんだ。」

白式「もっと一夏と仲良くなりたいです、って。」

一夏「それで、拡大解釈した束さんが暴走して、こんなことになったのか・・・・。」

白式「うん。恐らく、ね。僕はこんなになるまでお願いしてないからね?信じて?」

白式「ただ一夏ともっと仲良くなりたくて・・・・」

一夏「普通に信じるよ。ほら、アリーナについたぞ。」

白式「ありがとう・・・解除」

白式「一夏ぁ・・・これからもよろしくね♪僕のことは、妹みたいに思ってもらえると嬉しいんだぁ」

一夏「あぁ、いいぞ?これからもよろしくな!白式」なでなで

白式「えへへへぇ・・・・これからは腕輪になっても喋れるからよろしくねぇ・・・・・」ぎゅぅすりすり


36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:08:27 ID:4WJuo1Zg

その後

千冬姉「ぼさっとしてないで、しゃきしゃき働け。」

殺し屋「・・・・・・・・」ジャキッ

束「M16を突きつけられながら仕事なんてできないよぉ・・・」

千冬姉「そういう態度か、わかった。」
千冬姉「あっ、すみません。葬式の手配をお願いしたいのですが・・・・・・・」

束「やりますぅ、やらせてくださぁい・・・・ふぇぇええええん・・・・」


おわり


37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:29:54 ID:UG0cpM1I


これは素晴らしい!



40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/13(金) 10:57:13 ID:aT4m4/12


この一夏は幸せ者




IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]
内山昂輝,日笠陽子,ゆかな,下田麻美,花澤香菜,菊地康仁

メディアファクトリー
売り上げランキング : 3011

Amazonで詳しく見る by AZlink

IS <インフィニット・ストラトス> ポス×ポスコレクション BOXIS <インフィニット・ストラトス> ポス×ポスコレクション BOX


メディアファクトリー
売り上げランキング : 7863

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
一夏はホモじゃなかったのか‥‥‥しかしこれは良きSSなり
[ 2012/02/19 17:52 ] [ 編集 ]
百式たんカワイイ
[ 2012/02/19 20:03 ] [ 編集 ]
おもらし機能付きだと…? どこまで天才なんだ、束さん
[ 2012/02/19 20:49 ] [ 編集 ]
※欄にロリコン大佐が混ざってるぞ
[ 2012/02/19 21:05 ] [ 編集 ]
白式が擬人化すると女の子になるのは常識
[ 2012/02/20 08:20 ] [ 編集 ]
煩悩って…怖いな…
[ 2012/02/20 12:59 ] [ 編集 ]
この騒動が終わった後のヒロインたちは一夏とどう接していいかか分からず
悶々としてるんだろうな…ラウラ以外…
[ 2012/02/20 14:35 ] [ 編集 ]
素晴らしい。
本当に素晴らしい。

打ちきりとかマジやめてくれたのむよぉ
やめたげてぇ…
[ 2012/02/24 03:56 ] [ 編集 ]
ブリーチの擬人化の回を思い出したがこれはこれでアリだな
[ 2012/03/11 11:39 ] [ 編集 ]
怖いな専用機は・・・
でも白式はかわいいな
[ 2012/08/18 13:10 ] [ 編集 ]
他の専用気持ちは放置してモブ子連中に切り替えや方がよさそうだな
[ 2013/07/11 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。