素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラウラ「すこーん……?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 20:44:21.32 ID:LRePQf4g0

-on a beautiful day in February......

セシリア「イギリスでは、お茶の時間にスコーンを食べるんですの」

ラウラ「……」

セシリア「とってもポピュラーなお茶菓子ですのよ」

ラウラ「……」

セシリア「このあいだ一夏さんに作って差し上げたら、とても美味しいといって食べて下さいましたわ…///」

ラウラ「……」



20110606-741d_20110606185620.jpg
 
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 20:47:14.41 ID:LRePQf4g0

セシリア「はっ!こうしてはいられませんわ!
      わたくし今日も一夏さんにお菓子を作ってさしあげなければいけませんの!」

セシリア「こうしている間にも一夏さんは
      わたくしが来るのを今か今かと心待ちにしているに違いありませんわ///」

セシリア「それではラウラさん、ごきげんよう」

ラウラ「……」ノシ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 20:53:36.26 ID:LRePQf4g0
―――――
―――


ラウラ「(すこーん…すこーん…すこーんか…)」

ラウラ「(嫁が喜んで食べるお菓子…いったいどのようなものなのだ)」

鈴「やっほーラウラ!難しい顔して、どうかしたの?」

ラウラ「鈴か、いや、なんでもない、なんでもないのだ」

鈴「ふーん、ならいいけど!」モグモグ

ラウラ「……っ!」( ゚д゚)ハッ!

ラウラ「り、鈴!おまえが食べているそれはなんだ!」

鈴「ん、これ?何って、酢こんぶだけど…」モグモグ

ラウラ「(すこんぶ→酢こんぶ、すこーん→酢コーン)」ホワンホワン

ラウラ「(コーン→corn→とうもろこし)」ホワンホワン


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 20:57:31.77 ID:LRePQf4g0

ラウラ「はっ!そうか、分かったぞ!」

鈴「分かったって、何が?」モグモグ

ラウラ「鈴よ、ありがとう!」ガシッ

鈴「へ?あ、うん、どういたしまして……」

ラウラ「こうしてはいられん、早速材料の調達に行かねば!待っていろ嫁!」シュタッ

鈴「……どうしちゃったのよあの子……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:04:16.74 ID:LRePQf4g0
―――――
―――


―ラウラルーム―


ラウラ「酢コーンというくらいだからな、材料はこのくらいなものだろう」

ラウラ「さて、あとはどのように調理するのかだが……」パカッ

ラウラ「うっ!」ケホッケホッ

ラウラ「うぅ……酢というのは臭いがきついな」グスッ


ガチャッ


シャル「ふぅーただいまー……って、うっ!」ゲホッ

ラウラ「おかえりシャルロット」

シャル「ラウラぁ…どうしちゃったのこのにおい」ツーン


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:09:34.72 ID:LRePQf4g0

ラウラ「ああ、これのことか」

シャル「酢…?こんなもの買ってきて、どうしたの?」

ラウラ「うむ、一夏にスコーンを作ってやろうと思ってな」

ラウラ「セシリアより美味しく作ってやろうと思って材料を揃えてみたはいいものの、
     どう調理すればよいか分からんのだ」ウーム

シャル「材料って、まさかそのお酢と、そこにあるとうもろこしの山のこと?」

ラウラ「うむ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:14:43.32 ID:LRePQf4g0

ラウラ「なかなかとうもろこしを置いてある店がなくてな、探すのに苦労したぞ」

シャル「え、えっと…もう一度聞くけど、ラウラはスコーンを作ろうとしてたんだよね?」

ラウラ「そうだ」

シャル「じゃあラウラ、スコーンって何かな?」

ラウラ「?文字通りコーンと酢を使った菓子のことだろう」

シャル「……ぷっ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:23:47.12 ID:LRePQf4g0

シャル「あっはっはっは!!!」

ラウラ「な、なぜ笑う!」

シャル「ご、ごめんごめん、でも可笑しくってさ…」クスクス

ラウラ「な、何がおかしいというのだ!」

ラウラ「私の、嫁に美味しいお菓子を作ってやろうという気持ちが…
     そんなに、可笑しいというのか……」グスッ

シャル「えっ、ちょっ!ち、ちがうよラウラ!」オロオロ

ラウラ「私が、少女らしさの欠片もない私がお菓子を作るのは、
     そんなに可笑しいことなのか……」グスッ

シャル「ちがうよ、ラウラ…
     ラウラが一夏にお菓子を作ってあげようっていう気持ちはとても素敵だよ」ナデナデ

シャル「それに、ラウラは十分女の子だし、とっても可愛いと僕は思うな」ニコッ

ラウラ「グスッ…で、ではなぜ笑ったりしたのだ…///」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:28:31.24 ID:LRePQf4g0

シャル「ラウラ、まずスコーンが何か、ちゃんと調べてみた?」

ラウラ「むっ、調べてはいないが、名前からしてそのようなものだろうというのは分かったぞ」エッヘン

シャル「はぁ……ラウラ、まず、スコーンに対する認識をちゃんと改めないといけないね」

ラウラ「どういうことだ?」

シャル「スコーンっていうのはね……」


~シャル説明中~


ラウラ「……///」

シャル「ま、まぁ誰にでもそういう間違いはあるよ!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:33:25.17 ID:LRePQf4g0

ラウラ「それでも私は嫁に美味しいスコーンを食べさせてやりたいんだ!」

シャル「うーん…それじゃあ、今から僕と一緒に作りに行かない?」

ラウラ「…できるのか?」

シャル「うん、材料は家庭科室とかにある分で足りるだろうし、
     スコーンはまえに料理部で作ったことがあるから…」

シャル「作り方は僕が教えてあげる!」

ラウラ「シャルロット…ありがとう」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:38:52.73 ID:LRePQf4g0
―――――
―――

―シャルのお料理教室―

シャル「ふぅ…それじゃあ早速始めよっか」

ラウラ「よろしくおねがいします、教官」ケイレイ

シャル「ふ、ふつうでいいよ、ふつうで…リラックスしていこ?」

ラウラ「むぅ……」

シャル「まずは材料だね…」


~スコーンの材料(12個分)~

薄力粉...250g
ベーキングパウダー...小さじ2と1/2
三温糖...20g
塩...ひとつまみ
バター(食塩不使用)...70g
溶き卵...1コ分
牛乳...約70g
つやだし用牛乳...適量


シャル「ざっとこんなものかな…」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:40:49.90 ID:KZI3c1Fe0

スコーンってブロッコリーのようなやつか


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:45:19.10 ID:aubWXorGi

口の中がパッサパサに


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 21:46:37.93 ID:LRePQf4g0

シャル「じゃあラウラ、エプロンまいて」マキマキ

ラウラ「こ、こうか?」

シャル「そうじゃなくて……ちょっと後ろ向いて」マキマキ

シャル「よし、できたよ!」

ラウラ「ど、どうだ……?」

シャル「(か、かわいいー!!!///)」キューン


参考画像

vB5GI.jpg


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:16:29.44 ID:LRePQf4g0

シャル「さて、それじゃあ作ろうか!」

ラウラ「おー」

シャル「えっと、まず、薄力粉、ベーキングパウダー、三温糖、それと塩をボウルに入れます」

ラウラ「こうか?」

シャル「そうそう、次に、そのボウルに1cm角に切ったバターを入れて
     指先でつぶしながら粉と混ぜ合わせ、そぼろ状にします」

ラウラ「そぼろ…?」

シャル「こんな感じだよ」マゼマゼ

ラウラ「ふむふむ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:22:32.26 ID:LRePQf4g0

シャル「次に、さっきの粉類を脇に寄せて中央をくぼませ、卵と牛乳を入れます」

ラウラ「こうか」ドボドボ

シャル「そうそう、慎重にね」

シャル「で、全体を切るようにして混ぜ合わせて、ひとまとめにします」

ラウラ「……」マゼマゼ

ラウラ「……」ペロッ

シャル「あっ、舐めちゃダメだよラウラ」メッ

ラウラ「むぅ……」

シャル「十分に混ぜ合わせたら、ラップに包み冷蔵庫で約30分間休ませます」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:30:49.52 ID:LRePQf4g0

ラウラ「……暇だな」

シャル「そうだねー……しりとりでもする?」

ラウラ「そうだな」

シャル「じゃあ僕からね、しりとり!」

ラウラ「リンカーン」

シャル「ええ!まだ始めたばっかりだよ!」

ラウラ「そうだな」

シャル「じゃあ仕切りなおしね……しりとり!」

ラウラ「リービッヒ冷却器」

シャル「キンカン!」

ラウラ「ンジャメナ」

ラウラ「(あれ……?)」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:33:08.37 ID:LRePQf4g0
―――――
―――

―30分後―

シャル「そろそろ出してみよっか」ガチャッ

ラウラ「おお、さっきより硬くなってるぞ」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:36:30.17 ID:LRePQf4g0

シャル「そしたら厚さ1.5cm位に伸ばして、型を抜くんだけど…」

シャル「丸いのが一般的だね、型抜き器がないから、だいたい直径5cmの位の円に形を整えて」

ラウラ「面白いな」ニギニギ

シャル「ふふっ♪」ニギニギ


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:40:40.46 ID:LRePQf4g0

シャル「これで生地はぜんぶ使いきったね」

ラウラ「あとはこれを焼けば良いのだな?」

シャル「そうそう、シートを敷いたオーブン皿に間隔をあけて並べます」

ラウラ「できたぞ」

シャル「そしたら、仕上げに表面につやだし用の牛乳をハケで塗ります」

ラウラ「……」ヌリヌリ

シャル「よし、それじゃあ焼いてみよー!」

ラウラ「ファイアッ!」スイッチオン

シャル「ちなみにガス高速オーブンで、200℃-約12分だよ」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:48:18.56 ID:LRePQf4g0
―――――
―――

―12分後―


シャル「焼きあがったみたいだね」

ラウラ「開けてみてもいいか」ワクワク

シャル「うん、でも熱いから気をつけてね」

ラウラ「(……ドキドキ)」ガチャッ

ラウラ「おおっ!」

シャル「うわぁ!綺麗に焼きあがってるね!」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:53:34.89 ID:LRePQf4g0

シャル「ふわっと焼けてるしツヤも綺麗に出てる…美味しそう!」

ラウラ「味見してみてもいいか?」ソワソワ

シャル「あっ、ちょっと待ってて!」ゴソゴソ

シャル「じゃーん!クロテッドクリームとイチゴジャム!」

シャル「これをつけるだけでスコーンが何倍も美味しくなるんだ」

ラウラ「おお!」キラキラ

シャル「お好みでバターを付けても美味しいよ」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 22:59:01.93 ID:LRePQf4g0

シャル「それではお待ちかね、試食ターイム!」

ラウラ「おおー!」パチパチ

シャル「この時のために紅茶も準備しておきました!」

ラウラ「さすがシャルロット、準備がいいな」

シャル「えへへ♪スコーンはこうやって横から割って、
     そこにクリームとかをつけて食べるのがオーソドックスな食べ方だよ」

ラウラ「こうだな」パカッ ヌリヌリ


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:05:56.50 ID:LRePQf4g0

シャル「きれいに割れたね、それじゃあ、いただきまーす」パクッ

ラウラ「いただきます」パクッ

シャル・ラウラ「(!!!)」

シャル「(外はサクっとしてて、それでいて中はふわふわ……)」

ラウラ「(甘すぎないクロテッドクリームと、甘いイチゴジャムとの絶妙なハーモニー……)」

シャル「(そして何より!)」

シャル・ラウラ「(スコーンでモソモソした口の中を潤してくれるアールグレイが奏でるセレナーデ!)」

シャル・ラウラ「美味しいっ!!!」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:11:24.10 ID:LRePQf4g0

ラウラ「美味い!美味いぞシャルロット!」

シャル「美味しい……」

シャル「よかったねラウラ、これなら本場のセシリアのスコーンとも互角かそれ以上に戦えるよ!」

ラウラ「ありがとう、シャルロットのお陰だ!」

シャル「ううん、僕はただ作り方を教えただけ」

シャル「ここまで美味しくできたのは、ラウラが頑張ったからだよ」

ラウラ「シャルロット……」ジーン

シャル「ラウラ……」ジーン

ラウラ「……顔にクリームがついているぞ」ペロッ

シャル「ひゃっ///」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:17:50.00 ID:LRePQf4g0

シャル「もうっ、びっくりさせないでよ……」

ラウラ「ん、すまないな」モグモグ

シャル「それに……」

シャル「ラウラの顔にも、クリームついてる」ペロッ

ラウラ「あうっ///」

シャル「ふふっ♪」

ラウラ「ふふふっ」


キャッキャウフフ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:23:57.37 ID:LRePQf4g0
―――――
―――



ラウラ「嫁!」

シャル「一夏ー!」

一夏「おっ、ラウラにシャル!どうしたんだ、そんなに急いで?」

シャル「あのね、ラウラが一夏に食べさせたいものがあるって」

一夏「ラウラが、俺に?」

ラウラ「こ、これだっ!」ズイッ

一夏「おっ、スコーンじゃん!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:28:49.30 ID:LRePQf4g0

ラウラ「シャルロットに作り方を教わったのだ!」エッヘン

シャル「ラウラったら、最初スコーンのことを酢でつけたとう…ムガッ!フゴッ!」ンー!

ラウラ「(それは言わないでくれー!)」グググッ

シャル「(く、くるしい……)」

一夏「どうしたんだ?」

ラウラ「い、いや、なんでもない…とにかく、早く食べてみてくれ!」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:36:11.18 ID:LRePQf4g0

シャル「ジャムとクリームもあるよ」

一夏「わざわざありがとうな、んじゃ、いただきまーす」パクッ

ラウラ「……どうだ」ドキドキ

一夏「……」モグモグ

一夏「……う、美味い!すごく美味いぞラウラ!もう一個いいか?」パクッ

ラウラ「ほんとうか一夏!?じゃあセシリアのとどっちが美味しかったのだ!?」

一夏「セシリアのと比べてか?うーん、どっちも甲乙つけがたいけど……」

ラウラ「……」ジーッ

一夏「と、とにかく、ラウラのはすげー美味いぞー!俺のためにありがとうなーラウラ」ナデナデ

ラウラ「ふ、ふふふっ、嫁にお菓子を作ってやるのも夫の役目だからな///」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:43:27.22 ID:LRePQf4g0

シャル「(ラウラったら、デレデレしちゃって……)」ムスー

シャル「(でも、とっても嬉しそう)」

シャル「(僕が手助けしたことでラウラが笑顔になれたなら、それはとっても嬉しいな)」

シャル「(良かったね、ラウラ!)」ニコッ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:56:36.09 ID:LRePQf4g0
ーーーーー
ーーー

ーその夜ー


ラウラ「シャルロット……?」

シャル「……」zzzz

ラウラ「寝たか……」モゾモゾ

ラウラ「シャルロット、今日はありがとう」

ラウラ「お前がいなければ、わたしはスコーンを作ることなど出来なかった」

ラウラ「だが、お前が教えてくれたから、一夏に美味いと言わせることができた」

ラウラ「シャルロット、お前はわたしの最高のと、友達だ///」

ラウラ「……」ギュッ

ラウラ「おやすみ、シャルロット」チュッ

ラウラ「……///」

シャル「……」zzzz


おわり


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:59:13.78 ID:LRePQf4g0

チュンチュン

シャル「へっ?なんで僕のベッドでラウラが寝てるの?///」

ラウラ「……」zzzz


おわれ


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:32:11.92 ID:vxt4o1t5O

おっつー!


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:10:24.18 ID:0ymvrN980

可愛かった



IS<インフィニット・ストラトス> 4 (MFコミックス アライブシリーズ)IS<インフィニット・ストラトス> 4 (MFコミックス アライブシリーズ)
赤星健次

メディアファクトリー

Amazonで詳しく見る by AZlink

IS[インフィニット・ストラトス] ラウラ・ボーデヴィッヒスムース 抱き枕カバーIS[インフィニット・ストラトス] ラウラ・ボーデヴィッヒスムース 抱き枕カバー


コスパ 2012-03-15

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
セシリアが料理・・・だと
[ 2012/02/27 12:44 ] [ 編集 ]
ラウシャルか……いいね
[ 2012/02/27 13:23 ] [ 編集 ]
うむ、和んだ!!
[ 2012/02/28 00:23 ] [ 編集 ]
シャルラウ…、すば、素晴らしいっ!!!ガタタッ
[ 2012/02/29 11:04 ] [ 編集 ]
俺のセシリアはスコーンは食べる物で作る物ではないと言ってたけど。
[ 2012/02/29 16:48 ] [ 編集 ]
ttp://jbbs.m.livedoor.jp/b/i.cgi/internet/14562/1329232005/
ttp://m.logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1329208444/

これは…無理ですか?
[ 2012/03/01 00:12 ] [ 編集 ]
きれいなシャルロット
[ 2012/06/12 09:23 ] [ 編集 ]
いやいやセシリアは、料理無理だろwww
[ 2012/07/20 23:59 ] [ 編集 ]
私は呼吸法を開発することができます
ここでは、このサイト上の最新ニュースの巨大な範囲を選択されている <a href=http://bednayaove4ka.ru/>женский сайт</a>.
[ 2013/03/27 19:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。