素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小椋「榊原君……」スルッ 恒一「小椋さん……」

クラス座席表

多々良「榊原君……」スルッ 恒一「多々良さん……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:10:43.75 ID:EijoCdt50

小椋「……はい、これ」

恒一「ありがとう!今日は水玉模様のパンツだね……はい、2000円」

小椋「ん……あのさ」

恒一「?」

小椋「わ、私と付き合ったら……その……」

恒一「小椋さん……?」

小椋「な、なんでもない……私のパンツ、そんなに良いの?」

恒一「うん、小椋さんのパンツは絶品だね」

小椋「へ、へぇー……それじゃ私、行くから」

恒一「気を付けてね、小椋さん」



20120319131303_original.jpg
 
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:14:27.55 ID:EijoCdt50

小椋「…………」

小椋「ノーパンってスースーするから嫌いなんだよね……」

小椋「はぁ……なにやってんだろ……」

小椋(最初に「パンツを売ってくれ」って言われたのは驚いたけど……今じゃ慣れたって言うか)

小椋(こうして私のパンツを、その……おかずにしてくれてたら……)

小椋(榊原君も私の事を意識してくれるかな……)

小椋(……って、兄貴のエロゲーじゃあるまいし)

小椋「はぁ……」

小椋「榊原君……」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:17:56.18 ID:EijoCdt50

―榊原家―

恒一「さて、今日のおかずは小椋さんのパンツだ……」

恒一「…………」

恒一「…………」クンクン

恒一「…………」スハースハー

恒一「……うん、とてもブレンドな香りだ」

恒一「さて……」

ボロン

――――
―――
――

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:18:30.08 ID:JbXreoaP0

「今日は」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:23:02.39 ID:EijoCdt50

恒一「あ……おはよう!小椋さん」

小椋「わっ!さ、榊原君か……」

恒一「歩いてる小椋さんを見掛けたから、声掛けようかなって……迷惑だった?」

小椋「め、迷惑じゃないって……ただ驚いただけ……」

恒一「そっか……良かった」

小椋(……はぁ、こういう所だと普通なんだけどなぁ)ジー

恒一「……?」

恒一「どうしたの?僕の顔なんて見て……」

小椋「……なんでもない、急ごー」

恒一「あっ!待ってよ!小椋さん」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:27:31.26 ID:EijoCdt50

恒一「もう、どうして急に走るかなぁ……」

小椋「どうしてだろうねー」

恒一「小さいのに速いんだから……」

小椋「……なんか言った?」ギロッ

恒一「な、なんでもないです……」

小椋「私は小さく無い、平均」

恒一「そ、そうだね……小椋さんは平均だよ」

小椋「さっさと教室に向かいましょう」

恒一「あ、うん……そういえば、部活は?」

小椋「今日の朝練は無いの」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:34:12.65 ID:EijoCdt50

小椋(こうして傍から見られると、普通の良き友達……)

小椋(こ、こここ恋人っぽい?ていうか彼氏彼女の?関係に見られるんだろうけど……)

小椋(……パンツを売買する関係…なんて、誰も思わないよね)

恒一「それで中尾君がスクール水着で校庭走り回って――――…」

小椋(楽しいんだけどなぁ……)

小椋(やっぱり下着を売るなんて断っておいた方が良かったかな……)

小椋(……いや、でも売らなかったらこの関係も築けなかったよねー)

恒一「小椋さん?」

小椋「…………」

恒一「?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:37:19.01 ID:dp63y1Ie0

スライサー...


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:39:00.08 ID:EijoCdt50

ガラッ

勅使河原「お?今日は小椋と一緒か」

恒一「…僕が毎日女の子を連れ回してるみたいに言わないでよ」

勅使河原「ずりーぞサカキ!」

小椋「はいはい、邪魔だから」

勅使河原「くっそー!どうして俺に彼女が出来ないんだよー!!」

小椋(や、やっぱ私達、彼氏彼女の関係に見えるのかな……)

赤沢「おはよう、恒一君」

恒一「あ、赤沢さんおはよう」

赤沢「由美と一緒なんて、めずらしいわね」

恒一「通学路でたまたま会っただけだよ……ね?小椋さん」

小椋「……………まぁ、わかってたけど」ボソッ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:42:35.25 ID:5xsjZAsV0

そういえばアカザーさん小椋ちゃんのこと小椋って呼んでたね 
そんな仲よくなかったのかな



24 :>>22 あぁそうなんだ 仲良いって設定で:2012/03/27(火) 19:44:46.16 ID:EijoCdt50

中尾「必殺!中尾スクリュゥゥゥゥウウウウウ!!!!!」

勅使河原「あぐっ!テメーまた新しいプロレス技考えたのか!」

恒一「あははは!」 鳴「……エクセレント、中尾スクリュー」

望月「あ、危ないって……」

赤沢「はぁ……馬鹿ばかりなんだから……」

小椋(……榊原君)

小椋(……榊原恒一君)

小椋「……恒一、君」

綾野「こういっちゃんがどうしたの?」

小椋「き、きゃぁ!?急に出て来ないでよ!!」

綾野「ひどい……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:49:57.83 ID:LUbZlVF40

中尾スクリューはまずい


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 19:56:31.80 ID:EijoCdt50

綾野「はは~ん、ひょっとして恋のお悩みとか?」

小椋「違う」

綾野「隠さなくってもいいんだよ~?」

小椋「違うから……」

綾野「ずばり、こういっちゃんですね!」

小椋「なんで丸メガネ持ってるのよ……」

綾野「こういっちゃん格好良いもんね~」

小椋「もう…………」

綾野「ま、友人だし応援してあげるけど……私もライバルだよ?」

小椋「はいはい……」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:00:34.27 ID:EijoCdt50

小椋(ライバル……なーんて、言われてもなぁ……)

小椋(私達は…その、夜のおかずを渡す仲までなってるわけだし……)

小椋(……皆より、少しリードしてるの……?)

小椋「あぁー……もう、なんだよこれ……」

綾野「?」

小椋「……」グテー

―――――
―――
――

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:06:20.28 ID:EijoCdt50

小椋「…………」

綾野「身長の伸ばし方特集……胸囲ビックバン……なんてもん読んでるの」

小椋「なぁっ!?ち、違うから……」

綾野「ていうか由美さ、最近急に女の子っぽくなったよねー」

小椋「わ、悪いの?」

綾野「いやいや……こういっちゃーん!!!」

小椋「わっ!ば、馬鹿……」ガサガサ

恒一「…どうしたの?」

綾野「こういっちゃんさ、由美の体どう思う?」

小椋(ストレートに聞きすぎ……!)

恒一「そうだね……小さくて小動物みたいで可愛い、かな?」

綾野「……だってさ、キャピキャピ由美ちゃん」

小椋「……そ、そう」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:13:39.16 ID:EijoCdt50

恒一「?」

小椋「もういいよ、あっち行って」

恒一「あ、うん……」

「……ナンダッテ?」 「サァ、ソレヨリナカオクンノ……」

綾野「……愛しの彼に、やけに冷たいね」

小椋「い、愛しの彼って……付き合ってないんだけど」

綾野「知ってる知ってる、由美が素直になれる訳ないしね」

小椋「………喧嘩売ってんの?」

キーンコーry

綾野「ま、こういっちゃんは倍率高いから頑張る事ね」

小椋「………うん」

――――――
―――


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:21:36.24 ID:EijoCdt50

小椋「……やっと学校終わったー」

小椋「……………」

小椋「………素直になる、か」

小椋「………で、でででーとに、誘ってみるとか……?」

小椋「いや、でも……デートなんて……」

小椋「……部活、行こう」

小椋(デートか……)チラッ

多々良「そ、それでね?昨日のレースなんだけど―――――」

恒一「そ、そっか……僕にはまだ難しいや」

小椋(……)ムッ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:42:50.95 ID:EijoCdt50

小椋「………」

小椋(………部活、行こう)

多々良「あと中尾スライスって馬が…」

恒一「わ、わかった!もうわかったって…」

小椋(はぁ……そうだよ)

小椋(私達は所詮、下着を売る仲なんだから……)

小椋(……さっきまでデートとか考えてた私が、馬鹿みたい)

――――――
――――
――

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:49:15.30 ID:EijoCdt50

小椋「ただいまー、と……」

敦志「………」

小椋「…………居たんだ」

敦志「……居ちゃ悪いか」

小椋「あっ、そう……いつまで引き籠ってるんだよ?」

敦志「明日から本気出す」

小椋「死ね」

敦志「いやいや、俺バイト決まったんだよ」

小椋「はぁ……?兄貴がバイトなんてできるわけないじゃん」

敦志「はん、今までパワー溜めてたんだよ……いつまでもこうして居られないしな」

小椋(いつまでもこうして居られない……か)

小椋(そうだよね……榊原君も、このままだと誰かに……)


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 20:55:53.40 ID:EijoCdt50

敦志「ていうか、履歴書買いに行く途中に見ちゃったんだよねー」

小椋(あぁ、居ないと思ったら履歴書買いに行ってたんだこいつ……)

小椋「何を?」

敦志「お前が男と歩いてる所、あのイケメン彼氏?」

小椋「彼氏じゃないっつーの、ウザい」

敦志「へぇー、早くしないと取られちまうぞ?イケメンだし」

小椋「馬鹿みたい……じゃ、部屋に行くから」

敦志「…………」

敦志「……俺みたいに、なるんじゃねーぞ」

敦志「…うし!明日からバイトだし色々準備すんぞ!!」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:00:40.00 ID:EijoCdt50

小椋「…………」

小椋「……榊原君」

小椋「榊原、恒一君……」

小椋「恒一君……」

小椋「…………」

小椋「重症、かも……」

小椋「……榊原君、私以外の女の子からも下着買ってるのかな」

小椋「……………」

小椋「…ま、関係無いか……榊原君は私の彼氏じゃないんだし……」

小椋「彼氏、じゃ……」

小椋「…………胸がモヤモヤするなぁ、くそー」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:02:43.52 ID:Q2+PS8080

恋する乙女やのう


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:05:51.02 ID:EijoCdt50

 ―次の日―

小椋「……あんまり眠れなかった」

小椋「……」キョロキョロ

小椋「……そろそろ、かな?」

恒一「……」

小椋「しゃ、榊原君…おはよう……」

恒一「…しゃかきばら?」

小椋「あ、いや……ちょっと今日熱い牛乳飲んで……」

小椋(な、なに緊張して噛んでるのよ……あぁもう!綾野と兄貴のせいだ!!)

恒一「……ぷっ、あはははは!!!おはよう、小椋さん」

小椋「あ、うん……おはよ……///」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:10:14.19 ID:EijoCdt50

恒一「……元気無いけど、何かあったの?」

小椋「……別に」ツーン

恒一「?」

小椋「そ…それより!あのさ、今日、部活休みなんだけど……」

恒一「へぇー、部活休みなの?」

小椋「うん……で、」

恒一「……で?」

小椋「で……でー……」

恒一「…………」

小椋「………………」

恒一「?」

小椋「………や、やっぱ…なんでも、ない」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:14:54.89 ID:EijoCdt50

―――――――
――――
――

小椋「…………」

綾野「……どうしたの?机に伏せちゃって」

小椋「……なんでもない」

綾野「……生理?」

小椋「違う……」チラッ

中尾「えー、それじゃ次は…靴下を履き間違えてオロオロする三神先生のマネ」

勅使河原「ぶわっはっはっ!なんだよそれ!」

恒一「細かすぎて伝わらないね…」 鳴「……」 赤沢「……」

望月「……中尾君」


小椋「はぁ…………」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:22:18.81 ID:EijoCdt50

小椋「はぁ……やっと学校終わった……」

恒一「小椋さん」

小椋「榊原君……どうしたの?あ、もしかして…」

恒一「ち、違うって……今日さ、暇なんだよね?」

小椋「まぁ、うん……」

恒一「良かったら僕の家に来ない?」

小椋「……」

恒一「お、小椋さん?」

小椋「……え?」

恒一「小椋さんが良かったら、僕の家で遊ばないかな?」

小椋「……あ、え?」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:28:45.66 ID:EijoCdt50

――――――
――――
――

小椋(落ち着け……落ち着くのよ、私……)

小椋(私は今、榊原君の家に居るわ……!)

小椋(しかも榊原君の部屋……)キョロキョロ

小椋(放課後に誘われたんだけど、どどどどうしよう……)

恒一「小椋さん?なにか…」

小椋「な、なんでもない!こ、ここが榊原君の部屋なんだ……」

恒一「うん……小椋さんと一緒にこれ見たかったんだ」

小椋「……ビデオ……Another……?」

恒一「うん、ホラー映画」

小椋「……!ほ、ホラーかー……」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:33:06.40 ID:EijoCdt50

『死者を死に返せぇええええ!』

小椋「……」ブルブル

恒一「ご、ごめん…苦手だったかな……?」

小椋「あ、大丈夫……」

『兄貴の仇ー!!』

小椋「……」ビクッ

恒一「この映画、僕の好きなホラー映画なんだ」

小椋「榊原君、怖いの…ホラー映画が好きなんだ……」

恒一「うん、映画も本もどっちも好きだよ」

小椋「ふ、ふーん……」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:38:53.21 ID:EijoCdt50

『色褪せていくー フィルムのようにー』

小椋(こ、怖かった……でも)

小椋「中々面白かったよ」

恒一「良かった……」

小椋「ブリッ死は少しやりすぎなんじゃない?」

恒一「はは、確かにそうかもね」

恒一「……最近さ、小椋さん悩んでるように見えたから」

小椋「え……?」

恒一「その、元気になったかな?」

小椋「榊原君…………ホラー映画をチョイスするのはどうかと思うけど」

恒一「ご、ごめん……でもホラー映画くらいしか持って無くて……」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:44:55.49 ID:EijoCdt50

小椋「……下着を売った事が原因で悩んでた、とか考えなかったの?」

恒一「あ、うん……ごめん……」

小椋「変態」

恒一「う……今日はやけにトゲトゲしてるね……」

小椋「……でも、ありがと」

恒一「!……うん、小椋さんが元気になったし良かった良かった」

恒一「あ、僕麦茶持ってくるね」

ガラッ バタン

小椋「……はぁ、怖かった」

小椋「……あれ、なんだろうこれ」

ピラーン

小椋「……この下着……私のじゃない……」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:50:58.05 ID:EijoCdt50

小椋「…………」

恒一「おまたせ…麦茶だけどいいよね、って遅いか」

小椋「……榊原君」

恒一「ん?」

小椋「これ、何?」

恒一「あぁ、多々良さんの………」

小椋「へぇ……多々良さんのなんだ」

恒一「…………」ダラダラ

小椋「…………」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 21:57:41.26 ID:EijoCdt50

小椋「ま、私には関係無いよね……榊原君の彼女じゃねえし……」

恒一「……ごめんなさい」

小椋「どうして謝るの?私は榊原君の彼女じゃないんだし、誰の下着を持ってたって関係無い訳で」

恒一「……はい」

小椋「……」

恒一「……」

小椋「ねぇ、私ので今してよ」

恒一「え……?」

小椋「なに?出来ないの?皆に教えちゃおうかな、榊原君が女の子の下着買ってるって話」

恒一「で、でも小椋さんが目の前に……」

小椋「……」

恒一「し、します……」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:05:03.06 ID:EijoCdt50

恒一「はぁ……はぁ……」クンカクンカ シコシコ

小椋「うわ……本当にしてるし……これ、皆が見たら幻滅しちゃうよね」

恒一「そ、そんなっ……約束が……」

小椋「手を止めない」

恒一「は、はい……」シコシコ

小椋「『もう多々良さんの下着は買いません』…はい、復唱」

恒一「…も、もう多々良さんの下着は買いません……」シコシコ

小椋「……」

――――――
――――
――

恒一「……」

小椋「とりあえず、写真撮っておいたから……次、買ったらこれを皆にばら撒くからね?」

恒一「は、はい……」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:10:17.15 ID:EijoCdt50

小椋「はぁ……私だけだと思ったのに……」

恒一「え?」

小椋「なんでもないっ!多々良さんの下着は私が処分しておくから」

恒一「そ、そんな……!」

小椋「あ?」

恒一「あ、いや……なんでもないです」

小椋「と、とにかく!今日で懲りたら二度と下着を買わない事!」

小椋「あと、他の人の下着とか持ってたら今のうちだからね?」

恒一「い、いや……持ってないよ、小椋さんのパンツ3枚と多々良さんのパンツ1枚だけ」

小椋「……ならいいけど」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:16:56.15 ID:EijoCdt50

恒一「お詫びに僕のパンツ要る?」スルッ

小椋「い、要らないから脱ぐな!!」

恒一「ごふっ!!」

小椋「まったく……お、お詫びならさ……」

恒一「うん?」

小椋「こ、今度の日曜日に……わ、私をどこかに連れてってよ」

恒一「日曜日……うん、いいよ」

小椋「ほ、ほんと?」

恒一「うん……それで許してくれるなら、日曜日遊園地にでも行こうか」

小椋「……わ、わかった」

小椋(やったやった!デートだよね!これ!)


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:18:13.92 ID:6konhhQxO

ゆがんどるなあ


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:24:06.38 ID:EijoCdt50

 ―日曜日―

小椋「……お、おまたせ」

恒一「あ、小椋さん……私服の小椋さんってなんか新鮮だね」

小椋「そ、そうかな……変じゃない?」

恒一「あはは、可愛いから大丈夫だよ……それじゃ、いこっか」

小椋「あ、うん……」

―――――――
――――
――

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:29:01.77 ID:EijoCdt50

小椋「遊園地なんて何年振りだろ……」

恒一「僕も久しぶりにだからちょっと楽しみだったんだ」

 「ハハッ!夢の遊園地へようこそ!今日は楽しんでいってね!」

小椋「か、可愛い……」

恒一「マスコットキャラクターだね…名前は……杉ッキーだってさ」

小椋「杉ッキー……」

 「ハハッ!爆発しろ!」

恒一「それじゃー中に入ろうか」

小椋「お、おー……」

小椋(は、恥ずかしいな……やっぱり……)


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:35:09.61 ID:EijoCdt50

恒一「どれから乗る?」

小椋「ん……どれでもいいよ」

恒一「じゃーコーヒーカップなんてどう?」

――――――
――――
――

小椋「ちょ、ちょっと……早く回しすぎ……」

恒一「あっはっはっは、それ!」

小椋「そ、そんな早く回すと目が……」フラ

恒一「あ、大丈夫……?」

小椋「……なーんて、隙アリ!」

恒一「わっ!やったな小椋さん!」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:40:23.95 ID:EijoCdt50

恒一「いやー、遊んだね……」

小椋「もう少しアトラクション増えてもいいのに……」

恒一「……まぁ田舎だし、仕方ないんじゃないかな」

小椋「でも、結構乗り尽くしちゃったんじゃない?」

恒一「そうだね……最後はあれにでも乗って帰ろうか」

―――――
―――


小椋「……綺麗」

恒一「すごいね……街が夕焼けで赤く染まってる……」

小椋「……うん」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:46:09.11 ID:EijoCdt50

小椋(……今しかチャンスは無い)

小椋(ここで言わなかったら……絶対後悔する……!)

小椋「さ、榊原君」

恒一「ん?」

小椋「あ、あのね……私、好きな人がいるんだ」

恒一「へぇー、そうなんだ……」ボーッ

小椋「『そうなんだ』って……もう少しなんかリアクション無いの?」

恒一「ははは、ごめんごめん…それで?」

小椋「その人、すごい変態なんだけど……人のパンツ買うし」

小椋「だけど、なんていうかその……私は、その人の事が好きなんだよね」

小椋「その人モテるし、誰かに取られちゃうんじゃないかって毎日心配で……」

小椋「……こ、恒一君……好きです」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:52:20.59 ID:EijoCdt50

恒一「小椋さん……」

小椋「だから、私と付き合って…くださ、ぃ……」

恒一「…………」

恒一「……僕も、小椋さんの事が好きだよ」

小椋「……う、うん」

恒一「僕も好きだから……だから、僕と付き合って下さい」

小椋「…………」ホロッ

恒一「お、小椋さん!?」

小椋「ご、ごめん……なんか、嬉しくて涙が出てきちゃって……ひっぐ」

恒一「大袈裟だなぁ……これからもよろしくね、由美」

小椋「あ……///」

チュッ


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:56:40.78 ID:EijoCdt50

 ―次の日―

ガラッ

恒一「おはよう、皆」

小椋「お、おはよう……」

勅使河原「おはよーサカキ……って、どうして手なんて繋いでるんだ?」

勅使河原「まさか、お前……!」

恒一「あはは、そのまさかなんだよね……」

勅使河原「さ、サカキー!お前、裏切ったなー!」

小椋「はいはい、そこどきなさいよ」

赤沢「……」ポカーン

鳴「……」ポカーン

中尾「赤沢……俺の胸、貸すぜ?」

赤沢「死ね」

中尾「……」ビクンビクン


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:57:59.85 ID:IdwzAT740

中尾「……ふぅ」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 22:59:41.47 ID:EijoCdt50

多々良「さ、榊原君!私が好きだったんじゃ……」

小椋「……言っておくけど、アンタなんかに負けないわよ?下着売りの多々良ッティ」

多々良「なっ、どうしてそれを……!」

恒一「ちょ、ちょっと……」

綾野「いやー、由美に負けちゃったなぁ……」


小椋「ふふっ……これからもよろしくね、恒一君」


――――――いつかまた、遊園地に行こうね。


END


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 23:03:53.03 ID:Up1dU6z90


ちょっとあっさり気味だったけど面白かった



161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/27(火) 23:05:43.15 ID:13tCVkUU0

おぐおぐ報われて良かったお



Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-05-25
売り上げランキング : 431

Amazonで詳しく見る by AZlink

anamnesisanamnesis
Annabel

ランティス
売り上げランキング : 3759

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/03/29 12:00 ] AnotherSS | TB(0) | CM(3)
二股かけるも丸く納めるイケメン屑榊原まだー
[ 2012/03/29 14:38 ] [ 編集 ]
下着売りの多々良ッティwwwwwwwwwwwwwwwwwww
クッソワロタwwwwwwwwwww
[ 2012/03/29 16:34 ] [ 編集 ]
下着売りの多々良ッティwwwwwwwww
小椋の口調がちょいちょいいかつくなるのが可愛い
[ 2012/05/25 02:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。