素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

唯「鏡の世界!」 後編

後編です



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:24:09.20 ID:RagE+MyT0

憂『軽音部の皆さんは個性的ですけど…とってもいい人達で…

  お姉ちゃんもいい仲間を持ったなって思ってたんです、最初は』

唯「…」

憂『でもその時からですね、万年帰宅部員のお姉ちゃんが帰ってくる時間が遅くなっちゃったんですよ

  そうするとどうなると思います? 家は散々ですよ、ぐうたらな妹には家事なんてできなかったんですから…』

唯(そこまで…!)

憂『お姉ちゃんが軽音部の皆さんと合宿に行ったときは危なかったですね

  あと一日長く宿泊してたら、きっと私病院に運ばれてましたよ』

唯(…どんな状況?)


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:30:18.19 ID:RagE+MyT0

憂『そんな状況を見かねたのか、それからお姉ちゃん今度は早く帰ってくるようになったんですよ』

憂『そこからです、私達の大喧嘩は』

憂『私が帰ってくんなって言っても聞く耳持たなくて』

憂『全く本当に人の事馬鹿にしてますよね』

憂『だって あんな楽しみにしてた部活も早々に切り上げて帰ってくるんですよ?』

憂『妹の私が家の事何も出来ないから…』 ポロ

憂『私の事ちっとも…ちっとも…信頼してくれないんですよ…』 ポロ ポロ

憂『だから 私…言ってやったんです お姉ちゃんの事もう知らないって嫌いだって』 ポロ ポロ

唯「うい…」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:36:06.71 ID:RagE+MyT0

憂『だから…私お姉ちゃんの事…嫌いなんです』

唯「…憂…本当は…」

憂『…』

唯「お姉ちゃんのこと…嫌いじゃないよね…」

憂『嫌いですよ』

唯「憂…」

唯「無理しないで…」

憂『無理だなんて…そんな』

唯「だって泣いてた…」ポロ


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:43:18.84 ID:RagE+MyT0

憂『なんで…鏡のお姉さんが泣くんですか…』 ポロ

唯「…ご、ごめんね」 ポロ ポロ

憂『謝らないでください…っ!

  お姉さんに謝られるとお姉ちゃんが謝ってるみたいで…』グスッ

憂『本当に…悪いのは私なのに…』

唯「……うん、ごめん」 グスッ

憂『だから謝らないで!』

憂『私…私…』

唯憂『「うわ~ん!!」』


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:48:32.26 ID:RagE+MyT0

憂『…』ゴシゴシ

憂『えへへ、見苦しい所見せちゃいました…』

唯「ううん、お互い様だよー」ゴシゴシ

憂『…』

唯「…」

憂『ごめんなさい』

唯「え?」

憂『お姉ちゃんの事が嫌いって言うのは嘘です』

憂『だから、ごめんなさい』

唯「うん!」パァア


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:54:03.55 ID:RagE+MyT0

憂『…』

唯「…お姉ちゃんと仲直りできる?」

憂『したいです…』

唯「じゃあ!」

憂『…でも無理ですよ』

憂『だって…私あんな酷い事言っちゃったんですよ?』

唯「…」

憂『それに…』

憂『お姉ちゃん、少しも怒らないんです』

唯「えっ?」

憂『酷い事言われて、家事までさせられて』

憂『それで文句の1つも言わないんですよ…信じられますか?』

憂『まるでなんでもない事みたいに……振舞うんです』

唯「…」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 02:57:19.04 ID:RagE+MyT0

憂『たぶんお姉ちゃん…私の事なんて何とも思ってないんです…』

憂『ほら、嫌いな人に嫌いだなんて言われても傷ついたりしないでしょ?』

憂『それですよ』

憂『お姉ちゃんも私に何言われたって怒らないんです 泣きもしないんです』

憂『だから…お姉ちゃんも…私の事嫌いなんですよ……きっと』 ポロ ポロ

憂『当然ですよね  ぐうたらで家の事なんて何もしなくて…

  かと言って放って置いたらのたれ死にそうで… そうやって…自分の大切な時間を奪っていく妹なんて…

  そんな迷惑な妹なんて…  嫌いになって…  当然ですよ…』 グスッ


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:00:03.66 ID:RagE+MyT0

ギュッ

憂『…えっ』

唯「大丈夫だよ…憂」

唯「お姉ちゃん、きっと憂の事嫌いになんてなってないよ」

憂『鏡のお姉さんに何でわかるんですか…?』

憂『嫌いになってないなら!なんで何も言ってくれないんですか!』

憂『何も言わないくらいなら、文句の1つでも言って欲しかった!』

憂『そしたら私も…』


唯「…わかるよ」

憂『…えっ』

唯「だって私もお姉ちゃんだもん」 ニコッ


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:06:22.93 ID:RagE+MyT0

唯「私だったら大切な妹の事嫌いになったりしないよ」

憂『…それは…鏡の世界だから』

憂『反対なんです…それも…』

唯「ううん、鏡の中だって変わらないよ!」

唯「好きだって気持ちは!」

憂『…』

唯「澪ちゃんとりっちゃんは…こっちでも仲良しだった」

唯「ムギちゃんは優しいか怖いかの違いはあったけど、やっぱり皆の事を一生懸命考えてくれてた」

唯「あずにゃんだってきっと皆の事が好きだから軽音部にいる」


唯「それに…こっちの憂も私の事が好きだったから!」

憂『!』


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:12:05.24 ID:RagE+MyT0

唯「だから一緒だよ、こっちの私も憂の事が好き!」

憂『…』

唯「憂のお姉ちゃんは不器用なんだね」

憂『…』

唯「怒ったり 文句言ったりしないのは」

唯「きっとお姉ちゃん 憂にどう接していいかわからなくなちゃったんだよ」

憂『…私が…酷い事言ったから…』

唯「ううん、そうじゃないよ…

  憂は確かに酷い事を言ったけどそれはお姉ちゃんを思ってたからでしょ

  お姉ちゃんに迷惑かけたくなかった…頑張って部活やってる時間を奪いたくなかった」

憂『…』 コクリ

唯「だったら大丈夫…今回のはボタンの掛け間違いみたいなものだよ」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:18:03.51 ID:RagE+MyT0

唯「憂が間違ってるとしたらね」

憂『…』

唯「それは”お姉ちゃんが憂の事迷惑に思ってる”だなんて思ってることだよ!!」

憂『…だって…私』

唯「お姉ちゃん何で憂の事放って置かないと思う?」

憂『それは…私が何もできないから…』

唯「ううん、違うよ」

唯「憂の事が大切だからだよ!」

憂『えっ…』

唯「お姉ちゃんにとって部活は大切な時間だけど…」

唯「同じくらい憂と一緒にいる時間も大切なんだよ!」

憂『!』


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:24:07.99 ID:RagE+MyT0

唯「だから大丈夫…!」

唯「きっと仲直りできるよ!」

憂『…』

憂『…』

憂『ウッ…ウッ…』 ウルウル

憂『お姉ちゃん!!』 グスッ

唯「よーしよしよし、いい子いい子」 ナデナデ


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:30:06.62 ID:RagE+MyT0

唯「まぁ 私も憂には迷惑かけっぱなしなんだけどね」 テヘヘ…

憂『とか言って なんだかんだしっかりお姉ちゃんじゃないですか』

唯「そうかな!」 パァア

憂『ふふっ きっと向こうの憂も鏡のお姉さんの事大好きですよ』

唯「うん!」

憂『私…お姉ちゃんに謝ろうと思います』

憂『許してもらえるかはわかりませんけど…』

憂『そしたら仲直り…できたらいいな…』

唯「きっと許してもらえるよ~」

憂『お姉さんに言ってもらえると心強いです』

唯「えへへ~」

憂『…お姉ちゃん…ありがとう』


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:36:13.52 ID:RagE+MyT0


!さあくよ



梓『なんか綺麗に( ;∀;)イイハナシダナーみたいに片付けてるけど全然だから

  まだ鏡の世界とか 根本的な話解決してねぇから 帰るまでが遠足だから

  つか憂の奴急に出てきて調子乗りやがって ツンデレかよ 舐めやがって

  私の出番取りやがって つか>>157とか私の話だけ適当じゃね、とって付けたようじゃね ふざけやがって


  でもでも!ココからは皆さんお待ちかね!あずにゃんタイムですよー!!ニャンニャン♪♪

  憂とかwwwもうお前の出番ねぇからwwwwwwざまぁwwwww

  ま、面目躍如と言う事で散々活躍してやりますから!!別に期待してて欲しいわけじゃないんだからね!!』


澪『何やってんだ、お前…』

梓『なんでもないですよぅ><ニャンニャン!』


鏡 ピンピカリン!!

唯「おぉ…」

律『たった一日こんなに綺麗に治せるんだ…凄い…』


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:41:11.23 ID:BrtZzC160

梓www


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:42:28.89 ID:RagE+MyT0

紬『…はい……いえ、助かりました……本当に有難うございます…それでは、失礼いたします』

ピッ カチャ

紬『ふぅ…』

唯「あ、ムギちゃん 誰に電話してたの~?」

紬『あぁ、琴吹家 執事の斉藤だ いつも何かと私の面倒を見てもらっててな…

  今回の件にしても鏡を新調する訳でなく、割れた鏡を治せるよう手配してくれたのは斉藤でね

  全く彼には頭が上がらないよ』

唯「そうなんだ 凄いね!」

澪《いつもこれくらい腰が低かったらいいのに…》

梓『でも~位置と向きが重要ってなら、他の鏡をここに持ってきたって良かったんじゃないですかぁ?』

律『それが…そうでもなくて…』

澪『鏡は異世界への扉』

澪『でも全ての鏡が異世界に繋がる訳じゃない、繋がってもそれは別の世界に繋がっている』

澪『だから 元の世界に帰るには来た時と同じ鏡を使わなくちゃ行けないんだ』

澪『これがネットの噂、校内に流れる怪談 両方から導いた結論って所かな』

唯「ほえ~」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:48:26.59 ID:RagE+MyT0

梓『でも…同じ鏡じゃないと駄目ってそんな難しい事じゃないですよねぇ…』 ジロッ

澪『全くだ、何でこんなめんどくさい事に』

紬『めんどくさくしたのは誰だ…』 ギロッ

澪『…過ぎたことを言いあうのは止さないか』

律『ま、まあ…これで帰れるんだし たぶん』


紬『何にせよ 後は放課後を待つばかりか』

唯「…そうだね~」

澪『それじゃあ、授業行くか』 スタスタ

律『唯ちゃん、用意とかちゃんとできた?前後反対でも大丈夫だった…?』 スタスタ

唯「朝は憂が手伝ってくれたから、大丈夫だったよ~」 スタスタ

澪『あれ、憂ちゃんとは喧嘩しなかったのか?』 ガチャ

唯「うん!えっとねー…」


梓『…』

梓『あれ?あずにゃんタイムは…?』


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 03:53:08.20 ID:RagE+MyT0

!つしうょき

ガラガラ

唯「でねー」

澪『なんだそれ』

アハハ


和『!』

唯「あ、和ちゃん!」

和『…』プイッ

唯「和ちゃーん」

和『…裏切り者』

唯「えっ」

律『和ちゃん…』

和『気安く話しかけないでくれるかしら』

唯「えぇえっ」


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:00:08.26 ID:RagE+MyT0

唯(み、澪ちゃん…和ちゃんが…)ヒソヒソ

澪『ああ…いつもこんな感じだよ』 ハァ

唯(和ちゃんも私の事嫌いなの?)ウルウル

澪『いやあ…嫌いって言うより…』


和『ふん、軽音部の皆さんとはまた随分仲がいいみたいね』

律『えっとね…和ちゃん』

和『ま!私には関係ないけどね!ふん!』


澪『拗ねてるだけだよ…』

唯「あの真面目な和ちゃんが…」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:06:07.37 ID:RagE+MyT0

和『ねぇ、唯』

唯「ふぇ?」

和『今からでも遅くないわ、考え直さない?』

唯「え?」 ハテナ

和『部活よ、部活』

和『そんな所にいたら唯は駄目になるわ!』

律『そんな所って…』

唯「だ、駄目になんてならないよ!皆といると楽しいよ?」

和『そんなの今だけよ!』

和『だいたい軽音楽なんてやってても将来プロになれる訳じゃないんだから』

和『音楽なんていくらやったって無駄よ』


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:12:24.48 ID:RagE+MyT0

律『そ、そんな事は…』

和『いーえ、無駄無駄!そんな物努力したって何の価値も無いわよ!』

澪『おい、和!』

紬『…聞き捨てならないな』

和『何よ! 文句あるの!?』

唯「…」

和『ねぇ、唯…私はあなたの将来の事を考えて

ペチン

和『…えっ?』 ジーン

澪律紬『!』


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:18:07.63 ID:RagE+MyT0

和『…ゆ、唯?』

唯「和ちゃん、そんな事言ったら駄目だよ」

和『…』

唯「めっ!」

和『…』

唯「?」

和『ふぇ…』 ウルウル

唯「えっ」

和『ゆ、ゆいぢゃんが……ぶったぁああ!!』 シクシク

和『うぇええええん!!!』

唯「和ちゃん!?」


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:24:23.86 ID:RagE+MyT0

和『えっぐ えっぐ』 グズグズ

唯「の、和ちゃん 大丈夫!? やりすぎたよ、ごめんね…」

紬『やれやれ、まるで駄々をこねる子供だな』

澪『あぁ… 唯、放っときなよ』

唯「駄目だよ!可愛そうだよ!」

唯「ほら、和ちゃん泣き止んで…」

和『じゃ、じゃあっ…ぐすっ…ゆい…けいおん部…やめてぐれるっ…?』 グズグズ

唯「それは無理です」

和『ううううう!もう!唯なんてじらない!』 プイッ

唯「…和ちゃん」

律『唯ちゃん、そっとしておいてあげよ…ね?』

唯「…うん ごめんね、和ちゃん」

和『…グス』 グズグズ 


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:30:07.25 ID:RagE+MyT0

わいわいがやがや

ガラッ

さわ子『…』

唯(さわちゃん!)

さわ子『…静かにしろ!!!!』

シーン

さわ子『全員席に着け』

ガタッ ガタガタッ

シーン

さわ子『…よし』

唯(な、なんだか怖いよ…)


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:36:19.20 ID:RagE+MyT0

さわ子『…』 カツカツ

さわ子『出席を取る』

さわ子『秋山!』

澪『はーい』 ボインボイン

さわ子『また…お前は…』

さわ子『なんだその格好は!学校舐めてるのか!』 カッ!

澪『先生、これが私のフォーマルスタイルです』 ボイン

さわ子『ふざけろ!今すぐ着替えるんだ!』

さわ子『それとトイレに行って化粧も取ってこい!』

澪『いやーん、いけずぅー』


唯「澪ちゃん…」


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:42:10.88 ID:RagE+MyT0

!昼お

唯「いやぁ、今朝のさわちゃん怖かったねぇ…」 モグモグ

澪『全く、横暴だよな』 ピッチリ

唯「あ、澪ちゃんがピッチリしてる…」

紬『お前の場合は自業自得だろう』

澪『いや、これは若さと美しさへの嫉妬かもしれない!罪深いな、私!』 バッ

唯「そしてすぐ肌蹴た…!」

律『あはは…』

律『でも、厳しいけどさわ子先生は立派な人だよ…』

唯「そうなの?」 モグモグ

紬『誤解されやすいが、あの先生は本当に生徒の事を思ってくれている』

澪『けいおん部の顧問も引き受けてくれたしな…』

律『さわ子先生も音楽やってたから…私達の夢も応援してくれてるんだよ…!』

唯「そうなんだ!」

律『うん…!』


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:48:05.31 ID:RagE+MyT0

紬『ところで…』


和『…』 チラッ チラッ


紬『さっきから非常に食べにくいんだが…』

律『こっち何度もみてるもんね…』

澪『構ってちゃんか…アイツは』

唯「本当だ…」

唯「…」

唯「ねえ!和ちゃんもお昼誘おう!」

澪『は? おい、唯』

唯「いいじゃん!皆で食べたら楽しいよ!」

律『そうだね…澪』

澪『はぁ…わかったわかった、仕方ないなぁ…』


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 04:56:04.42 ID:RagE+MyT0

唯「…和ちゃん!」

和『! な…何よ?』

唯「和ちゃんも一緒に食べよ!」

和『!』 パァア

和『はっ』

和『な、なんで私があんた達と食べないといけないのよ!』 プンスカ

唯「うぅ、嫌かな…」

和『!』

和『で、でも ゆ、唯がどうしてもって一緒に食べてあげない事もないんだから!』


澪『何時の時代のツンデレだ…』


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:01:48.30 ID:RagE+MyT0

唯「はい、皆!和ちゃんも一緒だよー!」

律『うん…和ちゃん一緒に食べよっか』

紬『…好きにしろ』

和『!!』パァア

和『べ、別に1人で食べてて寂しかった訳じゃないんだからね!』

澪《寂しかったのか…》

唯「もう皆に酷い事言っちゃ駄目だよー」

和『そ、それは…』

唯「ねっ」

和『…』 コクリ

和『…ごめんなさい』

唯「澪ちゃんもいいよね?」

澪『やれやれ…元々そんなに気にしてないよ』

和『!』パァア

唯「うん!皆、仲良しが一番だよ!」


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:07:19.77 ID:RagE+MyT0

!ごかうほ

梓『ねぇ、澪先輩 あずにゃんタイムは?』

澪『はぁ?』

梓『あずにゃんタイムですよ!あずにゃん!

  和とかさわ子とか中途半端なキャラはどうでもいいんだよ!!!!!

  今、必要なのはなんですか!あずにゃんでしょ!!美少女あずにゃんでしょうが!!』

澪『何が言いたいんだよ…』

梓『出番欲しい…もっと活躍したい…』

澪『ああそう』

梓『先輩方はいいですよねぇ…出番あって……それに比べて放課後まで放って置かれた私…にゃんにゃん…』

澪《めんどくせぇ》

梓『先輩方がお昼、和と馴れ合っていた間…私あずにゃんは何をしていたかと言うと…』

澪《こいつ!出番欲しいからって回想する気かっ…!》


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:13:10.36 ID:RagE+MyT0

!想回

憂『ふわぁ…よく寝た』 ノビー

梓『授業中ずっと寝てましたねぇ、そんなだとテストの時にぃ 泣くことになりますよぅ☆』

純『睡眠は労働なくしても神々が与えてくれる…だが、労働すればそれは三倍甘美になる…』 カキカキ

憂『いいの、私は!どうせ授業なんて聞いててもわからないしぃ』 グウタラー

純『学問の価値は習う者の価値によって決まる…』 カキカキ

梓『そんな憂に残念なお知らせが…

  実は…次の授業は、なんと抜き打ちテストなのですっ!』

憂『え!?そんな、聞いてない!困るよ!?』 アセアセ

梓『大変残念なのです!にゃん♪』《憂ざまぁwwww》

純『ああ無情…』 カキカキ

憂『うぇえん!』

!了終想回

梓『とまぁ、特に面白みの無い一日でしたよ…』

澪『じゃあ無理して語るなよ…そして憂ちゃん助けてやれ…』


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:20:02.10 ID:RagE+MyT0

鏡 ピカピカァ

唯「あとは部屋に1人きりで鏡の前に立てばいいんだよね…」

律『…もう帰っちゃうんだね』

唯「うん、向こうで皆も待ってると思うし」

澪『…元に戻るだけとは言え、なんだか寂しくなるな』

紬『唯、向こうの私達にもよろしく言っておいてくれ』

唯「任せといて!こっちの皆の事!ちゃんと伝えておくよ!」


澪『…それじゃ私達は部屋を出て

梓『あぁあ!もう納得行きませーん!!!』


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:27:12.62 ID:RagE+MyT0

澪『また騒ぎ出した…』

梓『だってこのまま終われないっしょ!!!!』

梓『オチついてないのに落ち着いてられないっしょ!!』《よし、私上手い事言った!》

梓『あ、そうだ!演奏しましょう!!!』 ピコーン!

澪『また唐突だな…』

律『えっ…でも…』

梓『時間はまだあるのです!!お願いします!』 ペコリ

紬『…』

梓『1曲!1曲だけでいいのです!私に活躍の機会を!!』ザザッ ペコッ ベシィッ

澪《ど、土下座だと!?いくらなんでも形振り構わなすぎだろ!》

紬『…唯、少しだけ…遅刻してもいいか?』

唯「…うん!」

唯「私も…鏡の世界の皆の演奏聴いてみたいな」


梓『よっしゃ来たー!!!』 ピョン!


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:33:33.83 ID:RagE+MyT0

澪『ま、せっかくだしな!ヤるからにはとことんヤるか!よし、まずは服を

律『脱がなくていいからねっ!?』

梓『はしたないですぅ><みっともないですぅ><』

澪『な、私の体がはしたないだと!?』

梓『キャー!あずにゃんこわーい!!』


紬『ふざけてないで、早く準備しろ!』

澪梓『はーい』


唯「楽しみだなー」 ワクワク


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:39:12.73 ID:RagE+MyT0

澪『よし、配置についたな』


唯(澪ちゃんめっちゃ前だ…りっちゃん、ただでも後ろなのに影に隠れて見えないし…)


紬『よし、時間もおしてるからな 早く始めるぞ』

澪『ああ、律 頼む!』

律『うん…』

唯 ドキドキ

律『1,2,3,4』


♪ ♪ ♪


唯(わぁ!)


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:45:13.54 ID:RagE+MyT0

ジャーン!

律『…』

梓『…』

紬『…』

澪『…』


パチパチパチパチ

澪律紬梓『!』



唯「すごいすごい!」 パチパチパチ


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:52:08.59 ID:RagE+MyT0

澪『ふふっ どうだった?』

唯「あんまり上手くないですね!」

律(ば、ばっさりだ…)ウルウル


紬『正直、私はこの部の演奏はまだまだ人に聞かせられる様な物じゃないと思ってる』

梓『ぶっちゃけ酷いのですぅ☆特にベースが』  

澪『おい』


唯「でも皆の演奏、凄く楽しそうだったよ!」


梓『ベースなのに身を弁えずあれだけ前に出て好き勝手に演奏してたらそりゃ楽しいのです><』

澪『おい』


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 05:58:35.21 ID:RagE+MyT0

唯「上手くないって言うより…何かちょっと違うって言うか…」

梓『ああ、それはきっと余計な音が多いんですよぅ、ベースがいなければ丁度よくなるはずです☆』

澪『お前マジ後で体育館裏来いな、今日は逃がさないから』

唯「ううん、多いんじゃなくて足りないんだよ!」

律『唯ちゃん…』

唯「えっ?」

律『唯ちゃんのギターが足りないから…』

唯「あ…そっか!」

紬『…そうだな、唯がいれば私達の雑音も少しはマシになるだろう』

梓『唯先輩も含めて私達4人じゃなかった…5人が一体になれば素晴らしい演奏になるのです?』

澪『おい、今頭の中で私の事メンバーから外しただろ、おい』


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:01:14.67 ID:RagE+MyT0

唯「そっか…!うん!!」

澪『? 唯?』

唯「私こっちの世界に来て、皆の演奏が聞けて!良かった!」

律『…えっ』

唯「私、最初は不安だったんだぁ いろんな事が逆の鏡の世界で

  私とは逆の、もう1人の私は 楽しく過ごせてるのかなって…」

唯「でもね、皆の演奏を聞いて わかったよ!!

  鏡の世界の私も皆と一緒に!楽しい音楽が出来てるんだって!」

梓『先輩…』

唯「皆!これからもこっちの世界の私と仲良くしてね!」


紬『ああ、約束しよう』

澪『もちろん…当たり前だろ』

梓『先輩の事も憂の事もこの梓に任せておいてくださいニャン♪』

律『私達と唯ちゃんはずっと友達だよ…!鏡の唯ちゃんもずっと友達だよ…!』


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:07:49.50 ID:RagE+MyT0

唯「うん!皆ありがとう!じゃあ私もう行くね!」

澪『ああ…よし、それじゃあ、私達は部屋から出るぞ』

ゾロゾロ

澪『じゃあなー 唯』 

律『唯ちゃん、またね!』 

梓『機会があったらまた遊びに来てくださいですぅ☆』

紬『感謝している ありがとう』 

唯「うん!こっちもありがとう!それじゃあ、またねー!!」

パタン

唯「よし、それじゃあ私早く帰らないとね、こっちはこっちの私の場所だもん!」

鏡 …

鏡 ガタッ

唯「!」

鏡 パァアアアアアアアアアアア


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:14:27.76 ID:RagE+MyT0

間 


唯「…あれ?」

唯『ここは…』


唯「『!!』」


唯「あ、あなたは!」

唯『…もう1人の!』

唯「『私!!』」


唯「本当そっくり!鏡みたい!!」 クルッ キョロ

唯『え、ええ 鏡ですから…』

唯「凄いね!」

唯『そうですね』


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:20:05.70 ID:RagE+MyT0

唯『あなたが鏡の世界の唯ですか?』

唯「鏡の世界はそっちだよー」

唯『あなたから見たらそうなりますね』

唯「あ!ギー太が左利きだ!!」

唯『…… どうぞ』 ヨイショ

唯「わー!!すごいね!」

唯「あ、はい!私のギー太!」 ヨイショ

唯『どうも』  

唯「本当すごいよー!」

唯『…』ジーッ

唯「…はっ」

唯『…』ジーッ


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:26:05.05 ID:RagE+MyT0

唯「ど、どうしたの?」

唯『いえ、聞いていた通りだったので…』

唯「え!も、もしかして皆から…?」

唯『ええ、噂はかねがね』

唯「ど、どんな風に聞いてる?」

唯『天然で、怠け者であんまり練習しなくて

唯「あうぅ」

唯『素直で純粋な可愛らしい娘だと…』

唯「えへへ~」 テレテレ


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:32:09.18 ID:RagE+MyT0

唯『あなたは皆からとても愛されていました…』

唯「いや~照れますな~」

唯『少し羨ましいです…』シュン

唯「えっ?」


唯『…私の事はどう聞いてますか?』

唯「クールだけどちょっと不器用な努力家!」

唯『…他には?』

唯「えっと…」

唯『…』

唯『…嫌われてはいませんでしたか?』


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:38:05.33 ID:RagE+MyT0

唯「あっ!もしかして憂のこと?」

唯『…そうですね、彼女は私の事…』

唯「嫌いじゃ無かったよ!」

唯『え、憂と話したのですか?』

唯「うん!」

唯『…憂は何か言ってましたか?』

唯「お姉ちゃんと仲直りしたいって!」

唯『!!』


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:44:20.60 ID:RagE+MyT0

唯『そう、憂がそんな事を…』

唯「…私は…憂と仲直りしたいよね?」

唯『ええ、できる事なら…』

唯「よかった!」

唯『ですが…私の我侭で彼女を傷つけてしまって』

唯「ねえ、私 私は憂の事好き?」

唯『…はい…

  大好きですよ』

唯「だったら大丈夫!きっと許してくれるよ~」

唯『…そうですか…!』

唯「そうだ! 一緒に料理すれば良いよ、きっと喜ぶよ~」

唯『…やってみます!』


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:50:11.77 ID:RagE+MyT0

唯『なんだか不思議ですね…』

唯「そうだねぇ、鏡の世界なんて不思議な事もあるよね~」

唯『いえ、そうじゃなく あなたが』

唯「えっ、私?」

唯『ええ、あなたと話していると何だか癒されると言うか…』

唯『皆から愛されるのもわかる気がします』

唯『同じ私なのに…』シュン

唯「…」


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 06:56:41.47 ID:RagE+MyT0

唯「ねえ、私」

唯『はい…?』

唯「あなたの事、皆心配してたよ!」

唯『えっ』

唯「派手な澪ちゃんも控えめなりっちゃんも、

  怖いムギちゃんも変なあずにゃんも、

  子供っぽい和ちゃんも、厳しいさわちゃんも

  それに憂も!」

唯『!』

唯「あなたにもちゃんといるよ!

  あなたの事が好きで、あなたを待っててくれる人たちが!」


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:00:32.61 ID:RagE+MyT0

唯『…そうでしたか…皆、心配してくれてたんですね…』

唯「…うん!皆!」

唯『…』

唯「…だから、大丈夫!」

唯『…はい!』

唯「えへへ~…」ニヘラー

唯『…私、元の世界に帰ります』


唯『 皆が 待ってますから…! 』


唯「!」

唯「うん!私も皆の所に帰るよ!お別れだね!」


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:06:08.57 ID:RagE+MyT0

唯『…鏡の世界の私』

唯「鏡の世界はそっちだよー」

唯『あなたから見ればそうでしたね』

唯「なにー?」




唯『ありがとう』 ニコッ


鏡 パァア


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:12:39.12 ID:RagE+MyT0

ぶしつ!


……

…ゆ…


……

…ゆい


…ゆい!ゆい!…


澪「唯!起きろー、唯!」


唯「ふぇ」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:18:09.56 ID:RagE+MyT0

唯「澪ちゃん…!」

律「お、起きたな」

唯「りっちゃん…!」

澪「目冷めたか?」

唯「うん!」

紬「大丈夫、唯ちゃん?怪我してない?」

唯「うん、平気だよ ムギちゃん!」

梓「えっと…間違いなくこっちの世界の唯先輩ですよね?」

唯「そうだよー、あっずにゃーん!」 ダキッ

梓「にゃあ!」ヨロッ

律「おっと、いきなりか」

澪「この様子なら、大丈夫そうだな…」

紬「よかったー!」


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:25:39.58 ID:RagE+MyT0

唯「こっちには鏡の世界の私が来てたんだよね」

律「そうだぞー、なかなか面白い奴だったな」

紬「不器用だったけど、クールでカッコイイ感じで」

澪「凄く練習熱心だったよな」

梓「そこは唯先輩も見習って欲しいです!」

唯「ちぇー」

律「ま、何はともあれ 無事に戻ってきてくれて良かったよ」

唯「ごめんねー 心配かけてー」


唯(たった1日だったけど いろいろあったなぁ…)

唯「あ、そうだ!」

唯「皆、演奏しようよ!」


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:30:15.32 ID:RagE+MyT0

律「なんだー? 梓に見習えって言われてやる気になったのか?」

唯「それもあるけど」

唯「向こうで皆の演奏聞いてからずっと皆で演奏するのが楽しみだったの!」

梓「唯先輩…」

澪「そっか…」

紬「うふふ」

律「よぉし!じゃあ一発いっとくかー!!」

唯「おぉー!!」

紬「おぉー!!」


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:36:12.59 ID:RagE+MyT0

澪「!」

澪「ちょっと待て!唯、ギター!」

梓「左利きです!」

唯「え? あー!そう言えば鏡の中で交換したままだ!!」

律「あー、もう何やってんだー!」

唯「ご、ごめん!!」

唯「私、鏡の世界に戻って取ってくる!」 ダッ

澪「おい、唯!」

梓「帰ってきて早速Uターンですか…」


唯 クルッ

鏡 キラキラ

唯(振り向いた先の鏡に写る自分の顔は…)

唯(なんとなく笑ってるような気がしました)

鏡 ニコッ

おしまいっ!


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:42:26.74 ID:RagE+MyT0

!けまお


澪『唯!起きろー、唯!』

唯『む…』

律『あ、起きたのかな…』

澪『目冷めたか?』

唯『ええ、起きてますよ』

紬『全く…騒がせてくれる… これだから凡人は』

唯『…面目ない』

梓『唯先輩!おはようございます☆あなたのあずにゃんですにゃん♪』

唯『はぁ…おはよう』

梓『このまるで何もかもどうでもよさそうな投げやりな返事!まさしくこっちの唯先輩!』

澪『いつもの調子だな…』

律『よかった…』


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:46:04.50 ID:RagE+MyT0

唯『こちらには鏡の世界の私が来てたそうですが…』

澪『なかなか面白い奴だったな』

律『明るくて可愛い子だったよね』

紬『天然と言うか、阿呆と言うか』

梓『あれは計算ですよ、きっとそうに違いないです!あずにゃん見切ってました!』 キリッ


唯『そうですか』


梓《そ、それだけ!?!? か、鏡の中とは言え自分の事言われてるのに!酷い朴念仁ですぅ》


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 07:54:00.49 ID:RagE+MyT0

澪『さて、唯も帰ってきたし 練習するか』

唯『? 珍しいですね、澪』

律『みんなね、唯ちゃんが帰ってくるの待ってたんだよ』

唯『そっか…そうでしたね』

梓『そうですよ、唯先輩がいてくれれば邪魔なベースがいらなくなりますしぃ!☆』

澪『おい』

紬『今は雑音だとしても、私達にはお前のギターが必要だ』

唯『…』

唯『みんな…ありがとう』 ニコッ

澪律梓紬『…!』


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:06:11.25 ID:RagE+MyT0

律『唯ちゃんが笑った!?』

澪『鏡の世界のほうの唯じゃないか!?』

梓『天変地異の前触れですよぅ!』

唯《普段の私はどれだけ笑ってないんでしょう…》

紬『早くしろ唯 皆準備終わってるぞ』

唯『あ、はい 今… あっ』

律『ギターが…』

澪『右利きじゃないか』

唯『そう言えば鏡の中で交換して…』


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:12:27.55 ID:RagE+MyT0

澪『あーあ、唯やってしまったな!』

梓『ご愁傷様なのですぅ♪』

唯『えっ?』


紬『…』ゴゴゴゴ

唯『あ』

唯『いえ あの これは…』

紬『お仕置きだな』 ニヤリ

唯『…い、いい笑顔ですね…』

紬『言い残すことはそれだけか?』

唯『う…あ…』

唯『アーッ!!!!』


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:18:18.47 ID:RagE+MyT0

ぶしつ!


しかじか

唯「と言うわけで鏡の中はこんな感じでした!」

澪「…変態じゃないか…なんでそんな恥ずかしい事に…」

律「鏡の世界の唯がずっと私のおデコを気にしてた理由がわかった気がするよ」

紬「向こうの私はスパルタなのね…!」

梓「なんか私すっごく嫌なキャラじゃないですか…?」


律「でも何か面白そうだな!!」

唯「でしょでしょ!」

律「私も行ってみよっかなー!」

律「特にハレンチな澪はこの目で確認してカメラに収めておきたい」 キリッ

澪「りつー!!」ドカッ

律「いてっ」

澪「ぜっっったいに駄目だからな!」


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:25:09.34 ID:RagE+MyT0

紬「私は向こうのりっちゃんが見てみたいわぁ」 キラキラ

梓「うーん 前髪下ろしてしおらしい律先輩ですか、想像できませんね」

唯「とっても、かわいかったよー!」

律「なっ! それは私が可愛くないって言ってるのか」

唯「ち、違うよー そうだ!りっちゃんも前髪下ろしてみなよー」

律「ダメだダメ! カチューシャは!私のトレードマークですから!」


澪(前髪を下ろしてしおらしい律…)

澪(見てみたい!)ウズウズ ユラユラ クネクネ

唯(澪ちゃんが 妙な動きを…っ!)


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:31:48.48 ID:RagE+MyT0

律「鏡の向こうのムギはスパルタなんだよな」

紬「うふふ」

唯「こっちは優しいムギちゃんでよかったよー!」

紬「あらあら」

唯「ムギちゃーん!」ダキ

紬「唯ちゃーん」 ヨシヨシ

紬「…!」 ピコーン!

紬「唯ちゃん!」

唯「?」

紬「お仕置きよ!」 キリッ

唯「え、エー!!」 ビクッ

律「な…なんだそのノリ…」


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:36:05.64 ID:RagE+MyT0

律「それで梓は…」

梓「なんですか…」

澪「…」

紬「…」

律「ノーコメントで…」

梓「な、なんですか!それ!」 ガタッ

梓「確かにあんまり触れられたくはないですけど…」 

唯「どっちのあずにゃんもかわいかったよ!」

梓「なっ」

梓「うぅ…釈然としません…」


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:42:15.73 ID:RagE+MyT0

!つしぶ


唯『前が見えません…』 ジンジン

律『大丈夫…?唯ちゃん』

唯『ええ、まあ なんとか…

  ですが紬…心なしか手加減していたような…』

律『紬ちゃんが?』 《紬ちゃんなりに優しくなったって事かな…?》

唯『それより、律』

律『え、何かな…?』

唯『さっきから気になっていたのですが 何故前髪を上げているのですか?』

律『ああ、これはね…』

律『えへへ…』 ニヘラ

唯『?』

律 チラッ

澪《何やら視線を感じる…!》 ビクッ


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:48:12.39 ID:RagE+MyT0

唯の家!


唯「ただいまー!」

憂「おかえり!!お姉ちゃん!!」

唯「えへへー ただいまー」 ニヘラ

憂「? 今日は早かったんだね」

唯「うん、皆に頼んで早く帰らせて貰ったんだー」

憂「えっ? どうして?」

唯「憂と一緒に過ごしたかったから!」 ブイッ

憂「お姉ちゃん…!」 ジーン

唯「ふふん!」フンスッ


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 08:55:05.42 ID:RagE+MyT0

憂「そうだ、昨日は鏡の世界のお姉ちゃんが来てたんだよ」

唯「あ、そっか どんな感じだった?」

憂「えっとね、家事もいろいろ手伝ってくれて…料理は美味しかったけど…」


回想!


唯『夕食は私に任せてください』

唯『毎日作ってますし、それに妹の面倒は姉が見るものですから』 キリッ

憂「えっとそれじゃあ、悪いですけどお願いします」 ペコッ



唯『完成しました… それと すみませんが憂 絆創膏は…』 ボロボロ

憂「お姉ちゃん!?凄い傷だらけだよ!?」 アセアセ


回想終了!


憂「うーん…」(しっかりしてそうで結構危なっかしかったかな…絆創膏だらけになってたし)

唯「?」


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 09:00:18.56 ID:RagE+MyT0

唯「憂ー、今日の晩御飯はー?」

憂「まだ出来てないんだー、すぐ作るからちょっと待っててね」

唯「じゃあ一緒につくろうよー」

憂「え、でも…お姉ちゃん…大丈夫?」

唯「むっ、大丈夫だよー!」

憂「本当に?」

唯「うっ…たぶん」

憂「たぶん?」

唯「…も、もー大丈夫だってー」

憂「ふふっ じゃあ、お願いしちゃおっかなぁ」


唯「任せといてよ!」

唯「私は憂のお姉ちゃんだからね!」 フンスッ


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 09:06:14.48 ID:RagE+MyT0

!家の唯


唯『ただいま』

唯《って言っても返事は…》

憂『…おかえり』

唯『!』

唯『今なんて…』

憂『おかえりって言ったの!二回言わせないで!』 

唯『…』パァア

唯『うん…ただいま!』 ニコッ

憂『!』


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 09:12:26.40 ID:RagE+MyT0

憂《今笑った!? まさかまた私を馬鹿にして…》 ムゥ

憂《っていけないいけない!そうじゃないでしょ憂!》

憂《ちゃんと言わないと…》

憂『お姉ちゃん』

唯『?』

憂『今までごめんね、酷い事言ったりして…』

唯『…憂…そんな…』

唯『私こそ…ごめんなさい』

憂『! お姉ちゃんは悪くないよ!』

唯『ううん』


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 09:18:13.33 ID:RagE+MyT0

唯『元はと言えば私の我侭のせいだから…』

憂『お姉ちゃん…』

唯『だから、ごめんね』

憂『うっ ぐすっ お姉ちゃん!』 ウルウル

唯『よしよし』 ナデナデ

唯『これからは憂の事も頼りにしてるから…』

憂『うん…! うん!』

唯『…晩御飯』

憂『?』

唯『一緒に作ろっか』ニコッ

憂『うん!』


!っいましお


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 13:23:56.43 ID:1tdCzybsO

いなもばとこてぎすつお
たしで様れ疲おにトンホ

面白かった!




関連記事
[ 2010/09/23 22:39 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(1)
逆書きは名前だけで挫折した…
それにしても最高に面白かったー!
もっと読みたいね。
両方の皆が世界が一緒になるなんてのも面白いかも
[ 2014/10/10 14:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ