素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恒一「クラスの女の子達に告白してその反応を見てみたい」

クラス座席表

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:33:25.12 ID:4HHFPB/p0

恒一「やっぱり好きでもない男子から告白されても迷惑って思われるだけかな?」

恒一「それとも告白されたら恋愛感情が無くても嬉しいって思うのだろうか?」

恒一「もしかしたら僕のことが好きだって女の子も…って転校してきたばかりでそれはないか」

恒一「……」

恒一「とりあえず望月で試してみようかな」

恒一「望月を屋上に呼び出そう」



1326212851367.jpg
 
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:34:12.64 ID:vN3GhCQu0

いきなりホモ展開です


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:36:10.32 ID:4HHFPB/p0

恒一「望月、いきなり呼び出してごめんね?部活中だったでしょ?」

望月「ううん。全然大丈夫だよ」

望月「ちょうど一息入れようかなって思ってところだから」

恒一「そっか、それなら良かった」

望月「それよりもどうしたの?改まって屋上に呼び出したりなんかして?」

望月「クラスじゃ言えない用事?」

恒一「うん…出来れば二人っきりの場所でこの想いを伝えたかったんだ」

望月「?」

恒一「僕…望月のことが好きなんだ!」

望月「……」

望月「えぇっ!?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:41:09.13 ID:4HHFPB/p0

望月「えっ?好きって…えぇっ!?」

恒一「……」

恒一「なるほど」

恒一「やっぱり恋愛感情の無い相手から突然告白されても戸惑っちゃうだけなんだな」

恒一「女の子みたいな顔をしてる望月がこういう反応をするんだ」

恒一「きっと、他の女の子たちだったらもっと慌ててしまうんじゃないだろうか?」

望月「あ、あっ!そ、そっか!」

望月「と、友達として好きってことなんだね!」

恒一「いや一人の男性として望月のことが好きなんだ」

望月「~っ!?」

望月「そ、そんな…ダメだよ…僕達男の子同士だよ…」

望月「で、でも…榊原くんだったら…別に良いかな…」ゴニョゴニョ…

恒一「……」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:42:08.69 ID:iXAUfANK0

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後は榊原×勅使川原ですねわかります



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:43:43.15 ID:yQG4nO6aO

>>9
柿沼乙



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:42:24.48 ID:4HHFPB/p0

恒一「…と冗談はここまでにしておいて」

望月「…えっ?」

恒一「ありがとう、望月。良いデータが取れたよ」

恒一「部活頑張ってね。それじゃあ」スタスタ…

望月「……」

望月「…えっ?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:45:20.73 ID:4HHFPB/p0

恒一「さて、望月は男友達だったから笑って冗談で済ませることも出来たけど…」

恒一「実際、女の子に冗談の告白をしようとなると少々気が引けてしまう…」

恒一「……」

恒一「いや」

恒一「綾野さんのあの天真爛漫なノリなら、
    たとえ真面目な告白をしたとしても冗談で済ませられるぞ!」

恒一「綾野さんを呼び出そう」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:48:18.83 ID:4HHFPB/p0

恒一「綾野さん、ごめんね。突然呼び出したりして」

綾野「ううん!全然大丈夫だよー♪」

綾野「それよりもなにー?女の子を突然屋上に呼び出したりなんかしてー?」

綾野「もしかして、愛の告白でもされちゃうのかなー?」

恒一「……」

綾野「えへへっ♪なーんて…」

恒一「そっか…綾野さん…僕の気持ち気づいてたんだ…」

綾野「……」

綾野「…えっ?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:51:32.23 ID:4HHFPB/p0

綾野「こ…こういっちゃん…?」

恒一「初めて話した時からさ、なんて元気で明るい子なんだろうって思ってた…」

恒一「これからこんな子と毎日を一緒に過ごせるなんて凄く楽しいんだろうなって…」

綾野「……」

綾野「(えっ?えっ!?こ、これって…)」

恒一「今、思えばさ初めて話した時から僕は…)」

綾野「(まさか、ホントに…!?)」

恒一「綾野さんのことが好きだったのかもしれない…」

綾野「(愛の告白ー!?)」ドッキーン


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:56:35.84 ID:4HHFPB/p0

恒一「僕はもう…この気持ちを隠すことは出来ないよ…」

綾野「……」ゴクリ…

恒一「好きだ、綾野さん」

綾野「~っ!!!」

綾野「(ほ、ホントに告白されたー!!)」

綾野「(そっかぁ…///そうだったんだぁ…///)」

綾野「(こういっちゃんも、私のことが…///)」

綾野「え、えへへ…///」

恒一「……」

恒一「(顔を真っ赤にして、はにかんでいる)」

恒一「(これは素直に僕の告白に対して喜んでくれているということだろうか)」

恒一「(やっぱり女の子は好きでもない男の子からでも告白されたら嬉しいものなんだな)」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 19:59:57.53 ID:4HHFPB/p0

綾野「うわぁー///どうしよー///顔、熱いよぉー///」

恒一「(告白を素直に喜んでくれて、はにかむ綾野さん)」

恒一「(とっても可愛いな)」

恒一「……」

綾野「あ、あっ!ご、ごめんね、こういっちゃん!」

綾野「わ、私ったら浮かれちゃって返事もせずに…」

恒一「いや、大丈夫だよ」

綾野「そ、それでね!告白の返事なんだけど、もちろん…!」

恒一「わざわざ、こんな冗談に付き合ってもらってありがとね」

綾野「おっけー…」

綾野「……」

綾野「…えっ?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 20:04:25.03 ID:CNzEhXYC0

このこういっちゃんは刺されてもいい


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 22:23:21.48 ID:LmmwvbgvO

榊原「僕も流石にドキドキしちゃったよ」
綾野「え…えっ?」

榊原「ありがとう、参考になったよ」

ガシッ

榊原「へ?」

綾野「待ってよ、こういっちゃん……
    どういうこと……? こういっちゃんは私が好きなんだよね……?」

榊原「ううん、違うよ。」

綾野「う、嘘」ウルウル

榊原「僕はただ綾野さんのリアクションを見たかっただけだよ」

綾野「…」グスッ

榊原「!?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 22:36:22.72 ID:LmmwvbgvO

綾野「……酷いよ、こういっちゃん…」グスッ

榊原「あ、綾野さん…」

榊原(まさかネタバラシで泣くだなんて……計算にいれてなかった…)

綾野「……こういっちゃんは私のことが嫌いだからこんなことするんだ…」グスッ

榊原「そ、そんなことないよ!
    ほら、嫌いだったらリアクションが見たいとか思わないでしょ?」アセアセ

綾野「……ほんと?」ウルウル

榊原「うん、本当だよ」

綾野「……なら」

榊原「?」

綾野「……私のこと、好きって言ってくれる?」ウルウル

榊原「」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 22:46:05.33 ID:LmmwvbgvO

榊原「え、えーと…」

綾野「……やっぱり嫌いなんだ…」グスッ

榊原「ち、違うって!」

綾野「……なら」

榊原「あー、もう分かったよ!」

綾野「……こういっちゃん」ウルウル

榊原「ぼ、僕は綾野さんが好きだ!」///

榊原(僕、何言ってんだろう……)

綾野「こういっちゃん!」ダキッ

ムニュ

榊原「うっ、あ、綾野さん?」///


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 22:53:40.62 ID:LmmwvbgvO

綾野「わ、私も…」ギュー

榊原「あ、綾野さん…」ドキドキ

綾野「こういっちゃんが好きっ!」///

榊原「…うぅ」///

榊原(まさか、逆に告白されるだなんて)

綾野「両想い、だね…」///

榊原「…」

榊原(……別に僕はそれほど…)

綾野「これからもよろしくね?」/// ニコッ

榊原(……もう諦めよう)


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 22:55:34.55 ID:3qraX/Z7O

綾野ちゃんクラスの美少女に好かれてこの反応……
やはり世の中イケメンか……



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:00:45.88 ID:LmmwvbgvO

翌日


榊原「ふぅ…まさかあんな事になるなんて…」

榊原「次からは気をつけないと…」

綾野「こういっちゃんー♪」ダキッ

榊原「あ、綾野さん……近いよ」

綾野「えへへー」///

小椋「やめなよ、彩……こういっちゃん、こういっちゃん、ばっかり……榊原君に迷惑だよ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:06:35.86 ID:LmmwvbgvO

綾野「えー? そんなことないよ、ねー?こういっちゃん♪」ギュー

榊原「……」

小椋「もう…」

榊原(小椋さん、か……良いかも知れないな)

綾野「? こういっちゃん? どうかした?」

榊原「あ、ううん、何でもないよ」

榊原(よし、次は小椋さんに告白してみよう!)


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:15:08.77 ID:LmmwvbgvO

休み時間

榊原(…よし、行くか)

榊原「小椋さん、ちょっと良いかな?」

小椋「え? な、何」

小椋(さ、榊原君に話しかけられた…)///

綾野「どうしたのー、こういっちゃん?」

榊原(やはり綾野さんも来るか……)

榊原「ちょっとね、聞きたいことがあってさ」

小椋「き、聞きたいこと?」///

綾野「えー、なんで由美に…」シュン


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:21:51.19 ID:LmmwvbgvO

榊原(……よし、ここは)

榊原「…実はさ」ボソボソ

綾野「…何?」

榊原「勅使河原が小椋さんに告白するんだよ……
    それで屋上に連れてきてくれって頼まれちゃってさ…」ボソボソ

綾野「……何だ、そんなことかー…もう」ホッ

榊原(ごめん、勅使河原…)

小椋「?」

榊原「小椋さん、ちょっと屋上に来てくれる?」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:30:31.81 ID:LmmwvbgvO

小椋「う、うん」

小椋(屋上って、もしかして…)///

小椋(まさか、ね……)///


屋上


榊原「ごめんね、こんなところまで連れてきちゃって」

小椋「いいよ、全然。そ、それで話って何?」

榊原「う、うん、実はさ…」

小椋(何だろう……やっぱり彩についての相談とかかな……)

榊原「僕、小椋さんが好きなんだ」

小椋「そうだよね……やっぱり彩のことが、って」

小椋「え?」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:38:58.59 ID:LmmwvbgvO

小椋「い、今なんて」

榊原「僕は小椋さんが好きなんだ」

小椋「え…」///

小椋(う、嘘……私、榊原君に告白されてる!?……ちょっと待って)

小椋「あ、あぁ、分かった、友達として、だよね?」

榊原「違うよ、異性としてに決まってるじゃないか」

小椋「」///

小椋「で、でも、私たちそんなに接点もないし……会話も彩がいるときだけしかしてなかったよ?」

榊原「それはその……恥ずかしくて話しかけられなかったんだ」テレッ


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:47:32.59 ID:LmmwvbgvO

小椋「…ほんとに?」///

榊原「うん…本当だよ…」

榊原(小椋さん、顔が真っ赤だよ……もしかして告白されたことないのかな……)

小椋「うぅ」///

小椋(初めての告白が榊原君からだなんて……嬉しくてもう何が何だか…)


榊原「ごめん、迷惑だった?」

小椋「…ううん、そんなことないよ」///

榊原(……良い、良いよ、その反応…小椋さんは面白いなぁ…)


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 23:55:41.31 ID:LmmwvbgvO

榊原「……良かったら返事を聞かせてくれないかな」

小椋「……う、うん」

小椋(……私ついに榊原君と……)

小椋「わ、私…」///


榊原「ふふっ」

小椋「…榊原君?」

榊原「……面白いなぁ、小椋さんは…我慢できないよっ…ふふふっ」

小椋「…?」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:03:07.48 ID:ENYreIVtO

榊原「…真剣な顔しちゃって可愛いなぁ……ふふっ」

小椋「か、可愛っ…」///

小椋「ってそうじゃなくて!」

小椋「……なんで笑ってるの?」

榊原「ごめん、嘘なんだ」

小椋「…え?」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:08:16.73 ID:ENYreIVtO

小椋「う、嘘って何が?」

榊原「何って、今の告白だよ。ただの冗談だったんだけど」

小椋「…」

榊原「思いのほか、良いリアクションするんだね、小椋さん」

小椋「…」

榊原「小椋さん?」

小椋「嘘」

榊原「え?」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:19:08.80 ID:ENYreIVtO

小椋「嘘だよね…?」ガシッ

榊原「い、いや……だから冗談……」

小椋「嘘、だよね?」ミシミシ

榊原「…っ」

榊原(か、肩が痛い…)

榊原「お、落ち着きなよ、小椋さん!」

小椋「嘘だと言って…」

榊原「い、いや…それは」

小椋「ね?」ニコッ


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:25:51.77 ID:ENYreIVtO

榊原「……」

小椋「で、どうなの、榊原君?」

榊原「……ごめん、嘘です」

小椋「もう、榊原君はお茶目だなぁ…」///

榊原「…ははっ」

榊原(もう駄目だ)

小椋「榊原君は私のこと好きだよね?」///

榊原「……うん」

小椋「私も大好きだよ…」///

榊原(…どうしよう)


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:26:32.25 ID:8IPeyw8N0

これは恒一死んだな


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:29:22.93 ID:/rNArgY70

たぶんあの顔だったんだろうなあ


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:34:49.29 ID:ENYreIVtO

また翌日


屋上


榊原「はぁ…やばいよ」

榊原(教室にいたら綾野さんと小椋さんにずっと話しかけられるから落ち着けない…)

榊原(トイレって言って抜け出してきたけど……戻るのが嫌だなぁ……)

榊原(でもこんなことでは諦めないぞ……今度こそは気をつけて告白しよう)

見崎「どうしたの榊原君」

榊原「あ、見崎」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:43:59.32 ID:ENYreIVtO

榊原「何で、ここに?」

見崎「別に。何となく」

榊原「何だ、僕を探しに来たとかじゃないの?」

見崎「違う、榊原君自意識過剰」

榊原「ははっ」

榊原(何か、見崎と話すの久しぶりな気がするなぁ……)

榊原(……そうだ、見崎に告白するのはどうだろう)

榊原(見崎と僕の仲なら冗談で済むだろうし)

榊原(よし、告白しよう!)


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:50:51.83 ID:ENYreIVtO

榊原「ねぇ、見崎」

見崎「なに」

榊原「見崎はさ、僕のことどう思ってる?」

見崎「え…」

榊原「やっぱり、答えにくいかな」

見崎「…そんなこと聞いてどうするの」

榊原「いや、聞きたかっただけ。ちなみに僕は見崎のこと好きだよ?」

見崎「!?」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 00:57:29.99 ID:ENYreIVtO

見崎「今なんて」

榊原「……」

榊原(見崎のあんなに驚いた顔初めて見たよ……やっぱり見崎でも告白されたら反応するんだね)

榊原「ははっ、なんてね」

榊原(今回はこれくらいに…)

見崎「今なんて」

榊原「え?」

見崎「もう一回言って」

榊原「ど、どうしたの、見崎?」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:04:47.79 ID:ENYreIVtO

見崎「好きって、言ったよね?」

榊原「え?だから冗談……」

見崎「言ったよね」

榊原「……」

榊原(……見崎の目が怖い)

見崎「榊原君は私が好きなんだよね?」

榊原「い、いや……」

見崎「ね」ジー

榊原「…………」

榊原「……うん」

見崎「……私も好き」/// ギュー

榊原「……ありがとう」

榊原(あれ、どうしてこんな事に)


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:13:26.26 ID:ENYreIVtO

またまた翌日


自宅


榊原「どうしよう……」

榊原(昨日は散々だった……やたらと見崎、綾野さん、小椋さんが話しかけてくるし……
    授業中もずっと視線を感じっぱなしだった……)

榊原「とりあえず学校休んだし、安心だよね」

榊原(明日になったら、みんなも落ち着いてるだろう)


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:18:06.00 ID:ENYreIVtO

ピンポーン

榊原「」ビクッ

榊原「誰だろ……」

榊原(今は僕しかいないし、僕が出ないと…)

ピンポーン

榊原「…はいはい」

ガチャッ


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:21:10.47 ID:xdz5rNg3O

みんな伏せろ!


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:25:35.48 ID:ENYreIVtO

榊原「あ」


赤沢「大丈夫、恒一君? お見舞いに来たわよ」

榊原「……なんだ、赤沢さんか」ホッ

赤沢「な、なんだって何よ! せっかく来てあげたのに失礼じゃない!」

榊原「あ、いや、赤沢さんで安心したよ」

赤沢「あ、安心?」テレッ

榊原「うん」

榊原(見崎達だったら、と思うと…)


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:33:26.13 ID:ENYreIVtO

赤沢「そ、それより大丈夫なの? 体調は」

榊原「あ、うん。もうすっかり良くなったよ」

榊原(元々元気だったけど)

赤沢「そう、なら良かったわ」

榊原「ありがとう、心配してくれて」ニコッ

赤沢「ま、まぁ、対策係なんだから当然よ!」///

榊原(対策係関係あるの?)


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:39:17.04 ID:ENYreIVtO

榊原(……あれ? というかこの状況……)

榊原(誰もいない僕の部屋で2人っきり……
    僕が学校を休んだら、赤沢さんはお見舞いに来てくれた……)





榊原(これは告白のチャンスじゃないかな?)

榊原(面白いリアクションが期待できそうだし…やってみよう!)


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:44:26.04 ID:Xwn9DM1x0

懲りないなwwwww


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:44:43.21 ID:O3W6xQi40

この恒一は罰されてしかるべき・・・


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:45:40.04 ID:ENYreIVtO

赤沢「…どうしたの、恒一君? ボーっとして」

榊原「いや、なんでもないよ…」

赤沢「そう……」

榊原「……」

赤沢「……」

榊原「……」

赤沢「……」

赤沢(き、気まずい……なんで黙ってるのかしら……)

赤沢「あ、あぁ、もうこんな時間ね! そろそろ帰るわ!」

赤沢(し、仕方ないわよね……2人きりの時間は惜しいけど……この気まずさには耐えられないし…)

ガシッ

赤沢「!?」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 01:53:53.92 ID:ENYreIVtO

榊原「待ってよ、赤沢さん」

赤沢「ど、どうしたの恒一君?」///

榊原「いや、そのさ……」

赤沢「?」

榊原「もう少し一緒にいて欲しいなと思って」テレッ

赤沢「」///

赤沢(恒一君に求められてるなんて……素晴らしいわね……)

榊原「……」ギュ

赤沢「ぁ、あの…」

赤沢「そんなに強く握られると少し恥ずかしいわ……」///


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:02:22.05 ID:ENYreIVtO

榊原「……」ジー

榊原(楽しいなぁ……いつもムスッとしてる赤沢さんがこんな表情を見せるなんて…)

赤沢「こ、恒一君?」

赤沢「あんまり見つめないで…その…恥ずかしいから…」///

榊原「あぁ、ごめん」テレッ

赤沢「…」///

榊原「……あのさ、1つ聞いていい?」

赤沢「な、なに」

榊原「赤沢さんってさ……好きな人いる?」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:13:39.38 ID:ENYreIVtO

赤沢「え!? そ、それは…」

榊原「ははっ、その様子だといるみたいだね」

赤沢「」///

榊原「……僕もいるんだ、好きな人」ボソ

赤沢「え…」

榊原「誰か、知りたい?」

赤沢「……」

赤沢「……」コクリ

榊原「…赤沢さんだよ」ギュッ

赤沢「!?」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:20:54.32 ID:ENYreIVtO

赤沢「こ、恒一君…」///

榊原「……」

榊原(ふふふ、これだよ、これ……いい反応だったよ、赤沢さん)

赤沢「わ、私も……」



榊原「なんて…そんなわけないよね」ニコッ

赤沢「え?」

榊原「はははっ、ごめんね赤沢さん……全部冗談だよ、冗談」

赤沢「冗…談……?」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:26:45.58 ID:ENYreIVtO

榊原「うん、そう冗談。僕に好きな人はいないよ」

赤沢「そんな……」

赤沢「こ、恒一君は私が好きなんじゃ……!」

榊原「うーん……赤沢さんは嫌いじゃないけど、そこまでだよ」

赤沢「……」

榊原「あれ?どうしたの、赤沢さ…」


バシッ


榊原「へぶっ!?」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:27:27.05 ID:sgzoUo5s0

アカザーさんは強い子


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:34:37.13 ID:ENYreIVtO

榊原「あ、赤沢さん…?」ヒリヒリ

赤沢「……絶対に許さないから」

榊原「ひっ」ビクッ

赤沢「何が冗談よ…私の気持ち踏みにじって楽しいの!?」

バシッ

榊原「ぶふっ」

赤沢「恒一君には私の気持ちは分からないんでしょうね!」

バシッ

榊原「へぶっ」

赤沢「私の気持ちの重さを思い知りなさいっ!」

榊原「ま、待って、赤沢さん! あ、謝るから! 何でもするから!」

赤沢「」ピクッ


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:40:15.92 ID:ENYreIVtO

赤沢「……何でも…?」

榊原「……あ」

赤沢「今、何でもって言ったわよね!?」

榊原「い、いやそれは…」

バシッ

赤沢「言ったわよね?」

榊原「はい、言いました」ヒリヒリ

赤沢「じゃ、じゃあ…」

榊原「……」

榊原(嫌な予感しかしないんだけど)

赤沢「わ、私と付き合いなさいよ」///

榊原「」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:40:41.90 ID:eBrwt3D/O

あーあ


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:41:02.73 ID:O3W6xQi40

抜群の対策力


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:44:21.91 ID:ENYreIVtO

榊原「そ、それはちょっと…」

バシッ

赤沢「ね?」

榊原「うん、これからよろしく」ヒリヒリ

榊原(…もう、いいかな…)

赤沢「ふふっ、明日からが楽しみだわ♪」///

榊原(大丈夫かな…僕)


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:50:25.87 ID:ENYreIVtO

そして翌日


赤沢「♪」ギュー

榊原「はぁ……嫌だなぁ……」ボソ

榊原(もう教室入る前から嫌な予感しかしない……赤沢さんはしっかり抱きついてるし……)

榊原「仕方ない、か…」ボソ

榊原(覚悟を決めて行くしかない)


ガラッ


榊原「……」

赤沢「♪」ギュー


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 02:57:52.98 ID:ENYreIVtO

ザワッ

榊原(やっぱりざわつくなぁ…)

オイオイ ナンデアカザワガ サカキズルイゾ ヒューヒュー マカセロー ナカイイネー ネー オイ サカキバラ バクハツシロー

榊原(でも、それより……)



見崎「…」

小椋「…」

綾野「…」



榊原(あの3人だよね……)


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:05:30.85 ID:ENYreIVtO

赤沢「どうしたの、恒一君?」ギュー

榊原「…みんなが…ね」

榊原「…いや、なんでもないよ」

榊原(どうなっちゃうんだろう…)

赤沢「?」

榊原「……」



綾野「こういっちゃん?」

榊原「」ビクッ

綾野「こういっちゃんは私が好きなんだよね?……なのに何でそんな無能と一緒にいるのかなぁー?」

榊原「…」

赤沢「ちょっと! 誰が無能よ!」


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:11:53.26 ID:ENYreIVtO

綾野「黙って」

赤沢「」ビクッ


綾野「それにこういっちゃん最近由美ともよく話すようになったよね? なんでかなー?」

榊原「…」

小椋「榊原君が私を好きだから。だよね榊原君?」

綾野「由美には聞いてないんだけど」

小椋「話しかけないで、私は榊原君と話してるの」

綾野「……」

小椋「……」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:19:07.21 ID:ENYreIVtO

ナンダナンダ フンイキワルイゾー ドウセサカキバラノセイ モメゴトハマカセロー


綾野「ねぇ、こういっちゃんは私が好きだよねー?」ガシッ

小椋「私だよね? 榊原君」ガシッ

榊原「……い、いや…あの」

バシッ

見崎「……榊原君が困ってる。離れて」

綾野「どいてよ」

小椋「邪魔」

見崎「邪魔はあなた達」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:30:14.90 ID:ENYreIVtO

榊原「ち、ちょっと落ち着こうよ、みんな」アセアセ

見崎「私は落ち着いてる。落ち着きがないのは2人だけ」

綾野「何、自分が上とでも言いたいの? でも残念、こういっちゃんが好きなのは私だから」

小椋「調子に乗らないで、彩」


榊原(もう、駄目だ…)


綾野「うるさいっ! こういっちゃんは私のものだ!」

シュッ

小椋「きゃっ…」

榊原(な、ナイフ……)

榊原「綾野さん、駄目だよ、そんなことしたら!」ガシッ


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:37:19.60 ID:ENYreIVtO

綾野「離して」

榊原「だ、駄目だよ…」ガシッ

綾野「離してよっ」ブンッ

榊原「あ、危な…」


ザクッ


綾野「……え?」

榊原「あ、あれ…」フラッ

小椋「榊原君っ!」


ドサ


キャー サカキー サカキバラ オイシッカリシロ ダレカ センセーヨベー マカセロー


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:44:02.93 ID:ENYreIVtO
―…


榊原「う、うぅん………あれ…?」

赤沢「こ、恒一君!? 良かった、目が覚めたのね…」グスッ

榊原「ここは……?」

赤沢「あ、安心して、ここは病院だから…」

榊原「……あぁ、そうか僕…」

榊原「他のみんなは?」

赤沢「3人とも警察よ」

榊原「…え?」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:45:29.72 ID:qGew9tj2O

ですよねー


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:49:05.70 ID:FLVjrk2P0

恒一のせいで…


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:51:52.64 ID:ENYreIVtO

赤沢「仕方ないわ……
    恒一君が刺された原因はあの3人にあるわけだし……学校もとうぶんは来なれないわよ……」

榊原「……そっか」

赤沢「休学扱いになるらしいわ…」

榊原「……」

赤沢「恒一君?」





榊原(助かったぁぁぁぁぁぁぁ!僕は助かったんだ! これで安心して学校に通えるよ!)

赤沢「どうしたの? 妙に笑顔だけど」

榊原「ううん、なんでもない」ニヤ


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:58:17.91 ID:ENYreIVtO

榊原「そういえば、僕は学校どうなるの?」

赤沢「恒一君もしばらく休学扱いね。でも心配しなくて大丈夫よ」

榊原「…?」

赤沢「わ、私が毎日お見舞いにきてあげるから」///

榊原「あ、うん」

榊原「ノートのコピーとか頼むよ」

赤沢「任せて!何たって私は対策係なんだから!」

榊原(だから、関係ないよね対策係)


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 04:15:10.87 ID:ENYreIVtO

ppppppppp

榊原「ん、僕の携帯だ」

榊原「ごめん、赤沢さんとってくれるかな」

赤沢「はい」スッ

榊原「ありがとう…ん? 見たことない番号だな…」

p

榊原「はい、もしもし?」





『………………………絶対許さないから』










197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 04:27:03.00 ID:mCKxviYB0

KOEEEEEEEEEEE


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 04:19:42.05 ID:FLVjrk2P0



まぁ、仕方ない感じ



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/13(金) 03:54:02.39 ID:cjh6Bc4z0

主人公が誠化する現象
VIPで何年も前から続く呪い




Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-05-25
売り上げランキング : 675

Amazonで詳しく見る by AZlink

TVアニメ Another キャラソンアルバム(DVD付)TVアニメ Another キャラソンアルバム(DVD付)
未定

ランティス 2012-06-13
売り上げランキング : 2897

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/04/15 00:06 ] AnotherSS | TB(0) | CM(9)
この恒一はナイスボートされろ
[ 2012/04/15 01:03 ] [ 編集 ]
最後誰だ?
[ 2012/04/15 01:45 ] [ 編集 ]
こういっちゃん刺されろ
[ 2012/04/15 02:38 ] [ 編集 ]
これは地獄に落ちるべきw
[ 2012/04/15 03:33 ] [ 編集 ]
望月と勅使河原のナイフで串刺しにされろされろされろされろされろされろされろされろされろ
[ 2012/04/15 08:56 ] [ 編集 ]
クズ女だよ
[ 2012/04/15 09:39 ] [ 編集 ]
望月『………………………絶対許さないから』
[ 2012/04/15 19:13 ] [ 編集 ]
うらやましけい
[ 2012/04/26 13:04 ] [ 編集 ]
はぁん望月可愛いよぉ…
[ 2012/05/25 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。