素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恒一「最大の秘密がバレる現象?」

クラス座席表

小椋さん好きの人閲覧注意かも

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:25:42.23 ID:Hj9UC5eY0

鳴「気を付けて、もう始まってるかもしれない」

恒一「それは一体どういう――」

――キャアアアッ!!

恒一「!? 今の悲鳴……教室から!?」

鳴「やっぱり始まってしまったみたいね」



120126-0210200294.jpg
 
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:27:21.30 ID:Hj9UC5eY0

――教室

桜木「あ……あ……」ガタガタ

風見「これは……」

勅使河原「さ、桜木……お前それ……」

桜木「ちっ違うんです!! これは誤解で――」

ガララッ

恒一「大丈夫!? さっき悲鳴が聞こえたけど!」

桜木「榊原くん!? いっ今は来ちゃだめ!!」

恒一「え? ……あれ、なにこの床に散乱してる薄い本」

桜木「見ちゃだめぇえええええっ!!!!!!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:29:16.06 ID:+PL/Yi130

ぎゃあああああああああ やめてえええええええええ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:29:22.58 ID:Hj9UC5eY0

恒一「ひ、表紙で裸の男の人同士が……」

望月「あれ? この表紙の人風見くんに似てない?」

中尾「言われてみれば……それならこっちは勅使河原か?」

勅使河原「はぁ!? なんで風見と俺が!!」

風見「そ、そんな……」ガタガタガタガタ

望月「こっちは王子くんと猿野くんに見えるね……」

恒一「えっ……こ、これ僕と望月?」

柿沼(あっ、あれ私も持ってるやつだ)

桜木「お願い見ないでぇええええええええええぇええぇえっ!!!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:35:15.47 ID:Hj9UC5eY0

桜木「離れてください!! それも返して!!」ガシッ

恒一「あっ……う、うん」

桜木「うう……こんな……こんなことバレたらもう……」ブツブツ ガサガサ

恒一(とか言いながらちゃんと本を回収している)

望月(扱い方がまるで宝石を触るように繊細だ)

桜木「わっ、私今日はもう早退します!! それじゃさようなら!!」

恒一「あっ、ちょ――」


ガラッ ピシャンッ! ダダダダダ…


恒一「行ってしまった……」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:38:52.08 ID:Hj9UC5eY0

――六月某日

恒一「結局、あの後桜木さんは不登校になっちゃったね」

赤沢「仕方ないわ……教室であんな盛大にやらかしたら」

望月「まさか桜木さんが重度の腐女子だったなんて……」

赤沢「……それに聞いた話だと、ゆかりの母親もらしいわ」

恒一「えっ? 母親もって……」

赤沢「道端で転んだ表紙に、大量の原稿用紙をバラまいたそうよ……BL小説の」

恒一「びっ……」

勅使河原「BL……」

赤沢「彼女の母親、隠れBL小説家だったのよ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:40:54.22 ID:+PL/Yi130

ひっでww


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:43:50.23 ID:6Lv/7pzd0

これ本当に起こったら笑えないな


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:42:33.08 ID:Hj9UC5eY0

恒一「どうしてこんなことに……」

勅使河原「俺、あいつの脳内で風見とあんなことやこんなこと……おええええっ!!」

望月「大丈夫? ほらエチケット袋」サスサス

勅使河原「おええっ……ああ悪い……」

赤沢「……まさかゆかりが最初の犠牲者になるとはね」

恒一「犠牲者? 犠牲者ってどういうこと?」

赤沢「えっ……ちょっと勅使河原!」

勅使河原「おえっ……なんだよ赤沢?」

赤沢「あんた、まさかまだ恒一くんに説明してないの?」

勅使河原「しっ、しかたねーだろ……まさか始まっちまうなんて思わなかったしよ」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:44:36.68 ID:Hj9UC5eY0

恒一「どういうことなの赤沢さん?
    桜木さんが親子で同時にこんなのことになったのは何か理由でもあるの?」

赤沢「くっ……ごめんなさい、今はまだ説明できないの」

恒一「でも今月になったら教えてくれるって……」

勅使河原「わ、悪いサカキ……事情が変わっちまったんだ」

恒一「事情って……またはぐらかすの? それに、この間言ってた『いない者』ってどういう――」

ピリリリリリ!

恒一「あっ……電話? ごめん、少し外すね」

赤沢「……ええ」

勅使河原(助かった……)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:47:04.30 ID:Hj9UC5eY0

恒一「誰だよこんな時に……もしもし?」ピッ

沙苗『あっもしもし、ホラー少年?』

恒一「水野さん?」

沙苗『今昼休みだよね? ちょっといいかな』

恒一「まあ大丈夫ですけど……なんの用ですか?」

沙苗『この間言ってた…ザザ…見崎さ…ザッ…ことでね…』

恒一「すいませんちょっと聞き取り辛いんですが」

沙苗『あれ? いま屋上……ザザ居るんだけど…ザ…ごめんね、今エレベーターで下降りるから』

恒一「わかりました」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:50:25.29 ID:Hj9UC5eY0

沙苗『……あれ?』

恒一「どうかしたんですか?」

沙苗『あれ? う、嘘! エレベーター止まっちゃった!?』

恒一「え?」

沙苗『どどどどどうしよう恒一くん!!』

恒一「落ち着いて下さい、
    取りあえずエレベーター内に外部と連絡できるインターホンとかあるでしょ?」

沙苗『あっ、そうよ! それだわ!』

恒一「じゃあそれで病院内の人に連絡を……」

沙苗『……あれ? あれぇ? 繋がんないよぉ……』

恒一「ホントですか?」

沙苗『何度も押してるのに全然……ねえ、ねえ!? どうしよう!?』

恒一「だから落ち着いてくださいってば」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:53:25.66 ID:Hj9UC5eY0

恒一「じゃあ、僕の方から病院に連絡します。エレベーターに人が閉じ込められてるって」

沙苗『ホント!?』

恒一「それと、一応心配なんで僕も今から学校抜け出して病院に向かいますね」

沙苗『えっ? べ、別にそこまでしなくても……』

恒一「水野さんの身に万が一があったら怖いですし……」

沙苗『わ……私に? 恒一くん、それってどういう……』

恒一「もしこのまま見殺しにでもして化けて出られても嫌ですから」

沙苗『そういう理由かよ!!』ガンッ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:55:54.79 ID:Hj9UC5eY0

恒一「ふう……」ピッ

赤沢「何の電話だったの?」

恒一「ちょっとね……それと悪いんだけど、先生に今日はもう早退するって伝えてくれる?」

勅使河原「早退? 何かあったのか?」

恒一「まあ大したことじゃないから心配しなくても大丈夫だよ」

赤沢「ならいいのだけど……」

恒一「それじゃ、さっきの話の続きはまた今度聞かせてよ?」

勅使河原「……お、おう」

赤沢「……そ、そうね」

恒一「それじゃまたね」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 00:58:23.22 ID:Hj9UC5eY0

――病院エレベーター内

沙苗(はあ……もう最悪。まさかエレベーターに閉じ込められちゃうなんて)

沙苗(恒一くんが病院に連絡入れてくれたんなら、その内人が来るはずだけど)

沙苗(助けが来るまで結構時間かかるよね……それまでどうしよう)

「……ヒック、グスッ」

沙苗「あっ……」

男の子「うぇえ……怖いよママぁ……」グスグス

沙苗「だ、大丈夫よー? お姉ちゃんが傍にいるからねー?」ナデナデ

男の子「うぇええん……」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:01:25.87 ID:Hj9UC5eY0

沙苗(まさかこんな小さな男の子まで一緒に閉じ込められちゃうなんて)

男の子「うぅ……ヒック……」

沙苗(さっきは取り乱しちゃったけど、ここは私がしっかりしないとね……)

男の子「ぐすっ……」ギュッ

沙苗「!」

沙苗(や、やだ……胸に抱き着かれちゃった)

沙苗(それにしてもこの子可愛いわね……小学4年ぐらいかしら? それとも3年?)

男の子「うぇえ……」ギュゥウウウ

沙苗(やばい、どストライクかも……!!)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:02:30.90 ID:bFekej9g0

ショタコンだー!


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:04:32.76 ID:Hj9UC5eY0

沙苗(ってダメよダメよ、こんな小さい子に欲情しちゃ……)

沙苗(もしこんな小さな子に手を出したのがバレたりしたら――)

男の子「ぐすっ……お姉ちゃん、怖いよぉ」ギュッ

沙苗「!!!!!!」

男の子「うぇええん……」

沙苗「……ね、ねえ君」

男の子「ふえ?」

沙苗「それじゃあ怖くなくなるように、今からお姉さんと楽しいことしよっか?」

男の子「楽しいこと?」

沙苗「うん、とぉーっても楽しいこと……ふふっ」

沙苗「うふふふふふふふふふふふ」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:06:43.51 ID:YkWzR2eq0

恒一にゴミのような目で見られる水野さん


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:08:18.29 ID:Hj9UC5eY0

――病院エレベーター前

恒一「あのエレベーターかな……人が集まってるし」

恒一「すいませーん」

ナース「ん? どうしたの、君」

恒一「さっきエレベーターに人が閉じ込められてるって連絡した者ですけど」

ナース「あら、君が電話してくれたのね。ありがとうね、わざわざ」

恒一「いえ……それでエレベーターの方は?」

ナース「いま復旧してるところだから、そろそろ動く頃だと思うけど……」

……ガシャン

恒一「あっ」

ナース「ん?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:11:43.91 ID:Hj9UC5eY0

ウィーン…

恒一「あ、動き出したみたいですね」

ナース「そうみたいね、よかったあ……」ホッ

恒一「降りてくるのってこの階ですか?」

ナース「多分ね。それにしてもよかったわ」

チーン ウィーン…

ナース「何事もなく――て?」

男の子「あっ、お、お姉ちゃん、僕変だよぉ!」

沙苗「うふふ、いいのよぉ、もっと変になって」ジュプジュプ

ナース「……え?」

恒一「……うわぁ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:14:52.11 ID:Hj9UC5eY0

沙苗「ほらっ、ほらぁ、もっともっと気持ちよくしてあげるね♪」ジュプジュプ

男の子「ふああ……また白いおしっこでちゃうよぉ」

沙苗「いいよ、ほらっ……またお姉さんが中で受け止めてあげる!」ジュプジュプジュプ

男の子「あっ、うっ、うあああっ!!」ビュルルル

沙苗「はああんっ! あっ、あっつぅい……♪」



ナース「……ごめんなさい、ちょっと婦長呼んでくるわね」

恒一「あ、はい。……僕ももう帰ります」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:15:54.51 ID:xZYZaMUw0

まず捕まるし終わったな


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:18:36.41 ID:Hj9UC5eY0

――数日後

恒一「そうして、水野さんは見事に謹慎を喰らったとさ……」

勅使河原「うげぇ……」

望月「今度は水野くんのお姉さんが……」

恒一「まさか水野さんが重度のショタコンだなんてショックだったよ」

赤沢「と言うかよく謹慎で済んだわね」

恒一「ホントにね……」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:21:55.75 ID:Hj9UC5eY0

恒一「しかも水野くんに聞いた話だとさ」

赤沢「水野に?」

恒一「なんでも、家でしょっちゅう『恒一くんがあと三歳若かったらなー』
    『もし小学生だったら迷わず食べてたのになあ』『半袖短パン着せればもしかしてイケる?』
    とかって愚痴ってたらしいんだ」

勅使河原「……」

望月「……」

赤沢「……」

恒一「それを聞いたときはいっそ逮捕されればいいって思ったよ」

勅使河原「そ、そうだな……」

望月「うん……」

赤沢(危ないところだった……)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:23:51.44 ID:Nohi8E7Li

わろた


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:26:39.22 ID:Hj9UC5eY0

恒一「それで、ホントどういうことなの? 桜木さんといい水野さんといい」

勅使河原「えーっと……そ、そのだな」

赤沢「……いいわ、もう説明しちゃいましょう」

望月「いいの? 見崎さんに悪いんじゃあ……」

赤沢「仕方ないでしょう。もう災厄は始まったんだから、こうなったら恒一くんにも知ってもらうわ」

恒一「ホントに? よかった、漸く説明が貰えるんだね」

赤沢「それじゃ、説明するわね……この3年3組の災厄について」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:31:21.73 ID:Hj9UC5eY0




恒一「最大の秘密がバレる現象?」

赤沢「ええ。それがこの3年3組にある呪い……災厄よ」

赤沢「災厄の犠牲者になったものはその人が持つ最大の秘密が他人にバレて……
    大抵の場合、社会的に死んでしまうの」

恒一「……そんなバカみたいな話が、実際にあるの?」

勅使河原「俺もそう思いてーけどよ……」

赤沢「実際、ゆかりたちは災厄の犠牲になったわ」

恒一「うーん……」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:34:12.70 ID:Hj9UC5eY0

恒一「それじゃあいない者って言うのは? なんで見崎のことを皆無視してたの?」

勅使河原「それは……」

赤沢「それも実際に見て貰った方が早いわね……恒一くん、これ」スッ

恒一「え? なにこのノート?」

赤沢「読んでみて」

恒一「……?」ペラ

恒一「……」

恒一「……」パタン

恒一「……ぷっ、くっ……くふっ!!」

赤沢「……」

恒一「な、なにこ、れっ……!」プルプルプル

赤沢「それはね、見崎さんの黒歴史ノート」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:36:48.09 ID:1Vsbt4/dO

うぁ…


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:36:54.39 ID:4Nd8RHhK0

実際思春期に片目だけ義眼だったら誰でも中二病になっちゃうよね


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:37:30.55 ID:Hj9UC5eY0

恒一「えっ……ぷっ、くくっ……み、見崎の?」

赤沢「ええ。それは見崎鳴隠された設定集で、こっちのノートは鳴ちゃん愛のポエム集ね」

恒一「ぶふっ!!」

赤沢「ちなみに彼女が去年描いたと言う少女漫画のネームもあるけど、見る?」

恒一「っ……!! い、いい、これ以上は……!!」

勅使河原「まあ、ああなるよな」

望月「僕も最初見た時は背中がむず痒くてやばかったしね」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:43:30.06 ID:Hj9UC5eY0

恒一「ふぅー……それで、なんでこんなものを僕に?」

赤沢「この災厄を防ぐためのおまじないよ」

恒一「おまじない?」

赤沢「ええ……この災厄を防ぐにはね、あらかじめクラスの一人の秘密を全員にバラす必要があるの」

恒一「ぜ、全員に……?」

赤沢「それでクジ引きでその一人に決まったのが見崎さんだったってわけ」

勅使河原「そういうこった」

恒一「なるほど……って、ちょっと待ってよ」

赤沢「なに?」

恒一「それっていない者の説明になってなくない? 何で見崎は無視されてるのさ」

赤沢「ああ……それは」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:45:04.85 ID:6C9n5JHB0

ひでぇくじ引きがあったもんだな


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:49:01.50 ID:bA2KGgBm0

悲鳴の鳴()


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:45:45.51 ID:Hj9UC5eY0

鳴「私から頼んだのよ、いない者にしてくれって」

赤沢「きゃっ!?」

恒一「うわっ!? ……み、見崎? いつからそこに……」

赤沢「見崎さん……」

鳴「見せてしまったのね、あのノート……」

恒一「見崎、どういうこと? 自分からいない者になったって」

鳴「…………」

恒一「見崎?」

鳴「………………――でしょ」

恒一「え?」

鳴「あんなこと知られたらまともに顔合わせて喋れる筈ないでしょ!!」バンッ!


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:49:02.18 ID:Hj9UC5eY0

鳴「……」プルプル

恒一「み、見崎……」

鳴「……赤沢さん、もういいでしょ。そのノート返して」

赤沢「え、ええ……どうぞ、返すわ」スッ

鳴「……チッ」バシンッ

恒一「見崎……」

鳴「……」

恒一「えっとその……あ、余り気にしない方が」

鳴「うるさい、笑ってた癖に」

恒一「」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:52:11.37 ID:Hj9UC5eY0

鳴「それじゃ私もう帰るから。榊原くんも、理由が分かったならもう私に話しかけないでね」

スタスタスタ ガラッ ピシャンッ!

恒一「……」

勅使河原「サカキ……」

望月(気の毒に……ある意味自業自得だけど)

赤沢(これはいい展開)


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:53:50.66 ID:omMXpukl0

無能さんェ…


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:54:58.37 ID:Hj9UC5eY0

恒一「……と言うかさ」

勅使河原「ん?」

恒一「なんで赤沢さんが見崎のノートを持ってたのさ」

赤沢「対策係として、彼女の秘密をちゃんと管理する必要があったからよ」

恒一「でも今返しちゃったよね? いいのそれ?」

赤沢「………………」

赤沢「あっ」

恒一「赤沢さん……」

赤沢「ちっ、違うのよ! もう恒一くんにも教えたし必要なくなったと思って!!」

恒一(やっぱりこの子無能だな)

望月(相変わらず無能だな赤沢)

勅使河原(赤沢無能かわいい)


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:57:58.75 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「ま、まあ……これでクラス全員が見崎さんの秘密を知ったわけだし、もう現象は起きない筈よ」

恒一「ホントに?」

赤沢「ええ! 対策係が言うんだから間違いな――」


『わー! 高林が鞄の中身ぶちまけたぞ!』

『えっ? ちょっと待ってよこれ私の水着じゃない!!』

『こっち私のブラ!!』

『ち、違うんだ! これはただのフェアで……』


赤沢「……」

勅使河原「……」

望月「……」

恒一「……対策係が言うんだから、なに?」

赤沢「……な、なんでもないでぇす」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 01:59:10.71 ID:SrdtLtUOi

何がフェアなんだよwwwwwwww


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:00:32.66 ID:Klw5bYUB0

この展開はフェアじゃないね


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:05:25.18 ID:Hj9UC5eY0

――八月某日

恒一「結局あの後も現象は止まらなかったね……」

勅使河原「そうだな……」

望月「高林くんは下着・水着泥棒がバレて停学になったし」

恒一「あの後久保寺さんがマザーファッカーだってことも盛大にカミングアウトしたしね」

勅使河原「まさか近所の公園で青姦してるところを俺らに発見されるとはな……」

恒一「三十代の息子が、五十超えた母親とね……」

望月「うん……」

勅使河原「……」

恒一「……」

恒一・勅使河原・望月「おええええええええええええええ」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:06:24.45 ID:RqE+ltJT0

マザーファッカーKUBODERA


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:09:34.03 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「おええええ……お、俺あの光景絶対もう忘れらんねえ……」

望月「僕も完全にトラウマだよ……」

恒一「ううう……ガマガエルみたいな喘ぎ声が耳について離れない……」

望月「それもこれも、どっかの誰かがさっさと榊原くんに説明していれば……」チラッ

赤沢「」ビクッ

勅使河原「おえっ……ま、まあしかたねーって。
      流石に人のあんなノート晒すのは気が引けるし、なあ?」

恒一「そうだね……
    まああのノートを見たせいで、あれ以来僕も見崎にシカトされ続けてるわけだけど」

望月「それは自業自得でしょ……」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:22:32.17 ID:Hj9UC5eY0

恒一「そもそもさ……夜見山岬だっけ? この災厄の原因になった26年前の生徒」

勅使河原「ああ……誰かから聞いたのか?」

恒一「千曳って言う図書室の司書さんから」

望月「千曳さんからか……」

恒一「それで……なんなんだよあのふざけた話!!」


――

―――――

―――――――――――


千曳「――26年前の話なんだがね」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:25:53.09 ID:Hj9UC5eY0

千曳「この夜見北中学に、夜見山岬と言う生徒が居たんだ」

千曳「彼は成績が優秀で人当りもよく、クラスメイトの人望も熱い人気の生徒だった」

千曳「それが……ある日のことだった」

千曳「あの日はいつも快晴で、雲一つ無い良い天気だったよ」

千曳「無論、彼もいつも通りに登校してきた」

千曳「そして、それが起こってしまったんだ――」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:28:16.78 ID:Hj9UC5eY0
――

―――――

―――――――――――


恒一「なんだよ! 転んだ表紙に鞄に入れてたエロ本をぶちまけったって! 漫画かッ!!」

勅使河原「ま、まあまあ……」

恒一「っつーかなんでエロ本をクラスメイトに見られたぐらいで自殺するわけ!?」

望月「落ち着いて榊原くん……」

恒一「そもそも学校にロリやら緊縛SMやら
    スカトロやら獣姦やらリョナやらのエロ本大量に持ってくるなよ!!」

勅使河原「ちょっ、声でかいって!」

恒一「それで3年3組を呪うとか完全に八つ当たりじゃないか!!」

恒一「お蔭でこんな現象が起きて僕は見崎にシカトされるし!!」

望月(結局そこに行きつくのかよ)


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:32:54.23 ID:Hj9UC5eY0

一「ふーっ、ふーっ……」

勅使河原「でもクラスメイトに性癖バレるってかなりのことだぜ……」

望月「それが元はクラスの人気者ともあれば、下落っぷりはやばいだろうしね」

恒一「ふーっ、ふーっ……そうだね、ごめん取り乱して」

勅使河原「気にすんなって……それよりさ、明日暇か?」

恒一「明日? 別に用事は無いけど……」

勅使河原「それじゃあさ、イノヤって言う喫茶店分かるか?」

恒一「うん、知ってるよ。前に町を見回ってる時に見たことあるから」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:37:15.68 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「なら悪いんだけどよ、明日そこに来てくれねーか? 望月が話あるんだって」

恒一「望月が?」

望月「うん。ちょっと災厄のことで」

恒一「ここじゃダメなの?」

望月「ちょっと、余り大勢に知られるのは……」

恒一「ふーん……まあいいや。それじゃ明日、その喫茶店にいけばいいんだよね?」

勅使河原「おう、ついでにむの……赤沢も呼んどくから」

恒一「え? 災厄のことなんでしょ? それ呼ぶ意味あるの?」

望月「しーっ! 体面だけは整えてあげようって言う優しさだから」



赤沢「……グスッ」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:42:34.46 ID:Hj9UC5eY0

――翌日・喫茶店イノヤ

カランコローン

恒一「えっと……」キョロキョロ

赤沢「恒一くん、こっちよ」

恒一「あ、赤沢さん。なんだ結局来たんだ」

赤沢「っ……!! え、ええ! だって対策係だしー!?」

恒一「あ、すいません僕紅茶でお願いします」

赤沢「ちょっと! 無視しないでよ!!」ガタッ


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:44:51.60 ID:Hj9UC5eY0

カランコローン

勅使河原「おーっす」

望月「ごめん遅くなっちゃって」

恒一「あっ、勅使河原たちも来たね」

赤沢「ちょっ、まだ私ロクにフラグ立ててないんだけど!?」

勅使河原「赤沢隣座るぜ」ガタッ

望月「隣失礼するね榊原くん」ガタッ

赤沢「えっ、ちょっ」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:49:01.97 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「さっきからことごとく私のフラグが潰されてる気が――」

恒一「それで望月、話って?」

望月「えっと、実はね……」

望月姉「それは私が直接話すわ」

赤沢「ねえ! ちょっと聞いてるの!」

恒一「あなたは?」

勅使河原「望月の姉貴さんだよ」

望月姉「いつも優矢くんがお世話になってるわね」

恒一「あ、いえいえこちらこそ」

赤沢「おい無視すんなやぁああああっ!!」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:53:48.45 ID:Hj9UC5eY0




恒一「……つまり、その松永さんって言う人が」

勅使河原「災厄を止める手がかりを知ってるかもってことだな」

望月「でも居場所がわからないんだよね……」

恒一「……いや待てよ。15年前の生徒なら、もしかしたら同級生だった怜子さんが知ってるかも」

勅使河原「マジか!?」

恒一「うん、ちょっと怜子さんに訊いてみるよ」

望月「頼むね榊原くん」

恒一「任せといて」


赤沢「……グスッ……私の出番……フラグ……」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:57:37.62 ID:Hj9UC5eY0

――夜見のたそがれの、うつろなる蒼き瞳の。

恒一「……と言うわけで、
    今度勅使河原や赤沢さんたちと一緒に松永さんに会いに行くことになったんだ」

鳴「……」

恒一「それで、見崎も一緒にどうかなって思ったんだけど――」

鳴「ねえ、話しかけないでって言ったよね?」

恒一「」

鳴「なんで家にまで押しかけてきたの? そもそも何で私の家の場所知ってるの?」

恒一「え、えっとそれは……」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 02:58:31.52 ID:xZYZaMUw0

嫌われすぎだろww


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:00:28.76 ID:Hj9UC5eY0

鳴「もしかして榊原くんってストーカーなの? 変態なの?」

恒一「違う! 変態じゃない!」

鳴「じゃあなんで私の家の場所知ってるのよ」

恒一「そ、それは……そう! 連絡網を見たから!」

鳴「へえ……実は私、五月の頃榊原くんが私のこと尾行してたの知ってるんだけど」

恒一「」

鳴「と言うわけでごめんなさい、その松永って人のところには一緒に行けないわ」

恒一「」

鳴「それにその日は家族で出かける予定だから。わかったらさっさと帰って」

恒一「……はい」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:03:31.15 ID:Hj9UC5eY0

――当日

恒一「……」ズーン

勅使河原「ま、まあ元気出せって! な?」

望月「そうだよ、まだきっとチャンスはあるって」

恒一「うん……ありがとう二人とも」

勅使河原「おう! 諦めなきゃその内見崎だって――」


ブロロロロ…


望月「あれ? なにあの車?」

恒一「……? こっち来るね」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:05:02.63 ID:Hj9UC5eY0

ブロロロロ…キキーッ ガチャッ

赤沢「おはよう」ファサッ

恒一「……」

勅使河原「……」

望月「……」

赤沢「……なによ、ちょっと何か言いなさいよ」

恒一「え、いや……なんで?」

赤沢「は?」

恒一「なんで赤沢さんが来てるの?」

赤沢「はぁ!?」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:06:03.52 ID:zzUqEZpcO

嫌われすぎワロタ


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:10:27.88 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「私は対策係よ!? 
    災厄を回避する方法があるかもしれないって言うなら来るしかないじゃない!!」

恒一「いやいやいや……」

赤沢「いやいやってなによ!!」

恒一「ないないない」

勅使河原「まあ確かに無いわな」

望月「うん、無い」

赤沢「だから何が無いのよ!!」

恒一「役に立たないって意味だよ」

赤沢「」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:12:52.45 ID:Hj9UC5eY0

ガチャッ

中尾「おえっぷ……」

杉浦「大丈夫? 顔色、悪い」

勅使河原「お? 杉浦たちもいんのか?」

赤沢「え? ……ああ、言ったら来たいって言うから」

恒一「なに勝手に言いふらしてるのさ。遊びに行くんじゃないんだよ?」

赤沢「えっ……だ、だって……」

恒一「やっぱり赤沢さんって真面目っぽさが足りないよね。ホントに対策する気あるの?」

赤沢「……あるもん」

恒一「ホントに? なら水着持ってきてたりしないよね?
    あわよくば海で泳ごうとか考えてないよね?」

赤沢「うっ……か、考えてないわよ!!」

恒一「ならその鞄からはみ出てる水着はなに?」

赤沢「」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:16:15.06 ID:Hj9UC5eY0

恒一「そもそも赤沢さんはさ……」

赤沢「グスッ……」

望月「まあまあそのぐらいにして、来ちゃったもんは仕方ないよ」

勅使河原「じ、実は俺らも水着とか持ってきちゃってるし! 遊び気分は赤沢だけじゃねーって!」

恒一「対策係が真面目じゃないのがまずいって言ってるんだけど……
    まあいいや、望月たちが言うなら」

赤沢「うえっ……ヒック……無能でごめんなさい……」

恒一「それじゃ僕たちは怜子さんの車乗るから、赤沢さんたちは追走してくるようにね」

赤沢「はいぃ……わかりまじたぁ……ヒック」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:17:34.79 ID:QC/bPxZhi

榊原…もう許してやれよ


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:18:23.44 ID:MM5zydUz0

鳴ちゃんに許してもらえるまで許さないだろ・・・


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:20:53.61 ID:Hj9UC5eY0

――ホテル前

怜子「松永くん、急な来客で今出てるって」

恒一「それじゃあ今は話を聞けないってことですか」

怜子「そうなるわね……仕方ない、それまで時間潰してましょうか」

勅使河原「それじゃー海行こうぜ! 海!」

恒一「まあ仕方ないか……夜見山の外なら気軽に遊べるしね」

勅使河原「よーし! そうと決まれば早速行くぞ! 夏の海! 俺の海!」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:24:48.58 ID:Hj9UC5eY0

――海辺

勅使河原「ひゃっほー!」バシャーン

望月「わー!」バシャーン



恒一「綺麗な海だなあ……」

赤沢「ね、ねえ恒一くん……私たちも泳ぎに」モジモジ

恒一「僕準備体操してから行くから赤沢さん先行っていいよ」

赤沢「」

恒一「ほらさっさと……ってあれ?」

赤沢「え?」

恒一「あそこにいるのは……」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:26:30.48 ID:Hj9UC5eY0




鳴「……」

鳴「……」イジイジ

鳴「ヒトデ……スターフィッシュ……」

鳴「スター……ふふ、かっこいい名前――」

恒一「見崎?」

鳴「!!!!!」ビクゥッ

恒一「やっぱり見崎だ」

鳴「……は? 榊原くん?」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:28:44.78 ID:Hj9UC5eY0

鳴「なんでここにいるの?」

恒一「えっと、実は――」

鳴「もしかしてまたストーカー? 私の後をつけてここまで来たの?」

恒一「違うって! 松永さんの働いてるホテルが偶々この近くだったんだよ!!」

鳴「あっそ……で? 私になんの用なの?」

恒一「うっ……い、いや、見崎を見かけたから声を掛けようと思って」

鳴「見つけた……? どこから?」

恒一「えっと……あそこらへんから」

鳴「……かなり遠くない?」

恒一「えっ、そう?」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:31:22.09 ID:uJsMs9Iq0

魔眼の持ち主か
鳴ちゃん歓喜



165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:31:55.43 ID:Hj9UC5eY0

鳴(一体どんな視力よ……)

恒一「えっとさ、それで見崎……今一人だよね?」

鳴「……そうだけど」

恒一「なら僕たちと一緒に遊ばない?」

鳴「……は?」

恒一「勅使河原や望月、杉浦さんに中尾くん……ついでに赤沢さんもいるからさ」

鳴「……なんで?」

恒一「え?」

鳴「なんで私があなた達と遊ばないといけないの?」

恒一「そ、それは……」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:37:03.25 ID:Hj9UC5eY0

鳴「そもそも話しかけないでって言ってるのに、なんで話しかけてくるの?」

恒一「それは……」

鳴「何度も何度も……なに? 榊原くんは私が嫌がることをして喜んでるわけ?」

恒一「違うよ! 決してそんなんじゃないって!」

鳴「ならなんで?」

恒一「そ、それは……」

鳴「……」

恒一「……み、見崎と」

鳴「……私と、なに?」

恒一「見崎と……仲良くなりたいから」

鳴「は?」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:40:22.45 ID:Hj9UC5eY0

鳴「私と? なんで?」

恒一「なんでって……」

鳴「私のノート見た時、必死に笑いをこらえてた癖によくもぬけぬけと……」

恒一「そっ、それは本当に悪かったと思ってる! 謝るから!!」

鳴「謝って済んだら警察はいらないのよ」

恒一「うっ……」

鳴「じゃあそういうわけだから。私別荘に戻るね」

恒一「……待って見崎!!」

鳴「……なに? まだ何かあるの?」

恒一「見崎に見て貰いたいものがある!!」

鳴「……見て貰いたいもの?」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:44:14.14 ID:Hj9UC5eY0

恒一「これ……見て欲しい」

鳴「ノート? ……て言うかこれどこに持ってたの?」

恒一「いいから見てみて」

鳴「……わかったわよ」ペラ

鳴「……」

鳴「……!!」

鳴「こ、これは……」

恒一「うん……」

鳴「榊原くん……」

恒一「僕の……自作小説です」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:46:44.78 ID:Hj9UC5eY0

鳴「酷い文章……なんて幼稚な展開」ペラ

鳴「まるで小学生が書いた作文のようね」ペラ

恒一「うっ……」

鳴「しかも何か主人公の設定が榊原くんに似てるような……」ペラ

恒一「……う、うん」

鳴「……」ペラ

恒一「……それはホラー物だけど、実は家には厨二バトル物や官能小説もあるんだ」

鳴「そう……で、なんでこれを私に見せたの?」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:47:15.47 ID:xZYZaMUw0

漢やな…


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:48:24.14 ID:omMXpukl0

鳴ちゃんと同じ属性か…


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:49:59.67 ID:+xqdKfgYO

てか何で持ってきてるんだよwww


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:50:21.52 ID:Hj9UC5eY0

恒一「こんなので償いになるとは思ってないけど……」

鳴「……」

恒一「あのノートのことで見崎のことを傷つけたことを、ちゃんと謝りたいんだ」

鳴「……だから自分の秘密も、ってこと?」

恒一「うん……」

鳴「……」

恒一「……本当にごめん見崎!! 人のこと言えないのに、見崎のこと笑ったりして!!」

鳴「……」

恒一「別に仲良くしてくれなくてもいい! せめて……せめて普通に話すだけでもしてほしいんだ!」

鳴「……」


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 03:53:18.81 ID:Hj9UC5eY0

恒一「お願いだ見崎……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……わかった」

恒一「!!」

鳴「ここまでしてくれたんだし、もういいよ……ゆるしてあげる」

恒一「ほ、ホントに!?」

鳴「うん」

恒一「よかったあ……ありがとう、ホントに」

鳴「ううん……あ、でも」

恒一「えっ?」


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:00:06.19 ID:Hj9UC5eY0

鳴「他にもあるって言ったよね? 自作小説」

恒一「? う、うん。言ったけど」

鳴「夜見山に戻ったらそっちの方も見せてくれる?」

恒一「えっ……」

鳴「私は設定集に加えてポエムや漫画まで見られたんだもの。不公平でしょ?」

恒一「……そ、そうですね」

鳴「じゃあそういうことで、約束ね」

恒一「うん……」

鳴「(……いいネタになりそうなものを見つけた)」ボソッ

恒一「……今何か言った?」

鳴「ううん、何も」


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:04:30.52 ID:Hj9UC5eY0

恒一「まあいいや……それじゃ皆のところ行こうか」

鳴「わかった」

恒一「スイカとかも用意してあるからさ、一緒に食べ――」


勅使河原「おーい!! サカキー!!」


恒一「……勅使河原? どうしたの、そんなに急いで走ってきて」

勅使河原「はぁ、はぁ……じ、実は……ってあれ? なんで見崎が?」

恒一「あ。えっとこれは……」

勅使河原「い、いや、今はいいわ。それより中尾が大変なんだよ!!」

恒一「中尾くんが?」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:07:55.12 ID:Hj9UC5eY0




赤沢「この!! この!! 変態が!!」バキッ バキッ

杉浦「死ねっ!! 死ねっ!!」ボギッ ドガッ

中尾「ま、まっでぐべっ!!? ちょ、死ぬ死ぬ死ぬ!!!!」



恒一「……これは一体どうしたの?」

勅使河原「実は中尾の奴が女子トイレに侵入して……」

恒一「女子トイレに?」

鳴「うわぁ……」


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:13:09.80 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「しかもあいつ、プラスチックパックに赤沢のうんこ回収しようとしてたらしくて……」

恒一「うわ……」

鳴「引くわぁ……」

勅使河原「そこをさっき丁度来た松永さんに見つかってさ」

恒一「なるほど……ってあれ?」

鳴「どうしたの?」

恒一「いや、松永さんって男だよね? なんで女子トイレに……」

勅使河原「……あっち」クイッ

恒一「あっち?」



怜子「このっ!! ド変態が!! あんたはホント何年経っても変わらないわね!!」ベキッ ボキッ

松永「いででででで!! 待って! お願いだから股間を重点的に狙うのはやめて!!!」


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:14:39.16 ID:QC/bPxZhi

フェアリー高林を超える逸材だな


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:16:37.18 ID:Hj9UC5eY0

恒一「うわぁ……あれは痛い」

勅使河原「股間がキュッとなるな」

鳴「……?」


怜子「このっ! このっ!」

松永「違う! 違うんだ!!」

怜子「何が違うのよこの変態!!」

松永「教室に!! 教室に隠したんだ!!」

怜子「はあ!?」

松永「教室に隠したんだー!! 災厄を止める手がかりをー!!」

怜子「意味わかんないこと言ってごまかしてんじゃないわよ!!!」

松永「ぎゃああああああああっ!!!!!! 玉無しになるぅうううううううううう!!!!!!!」


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:20:09.69 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「……おい、今の聞いたか?」

恒一「うん、バッチリ」

勅使河原「どう思う?」

恒一「ちょっとさすがに無理があると思う」

勅使河原「そういうのは今はよせって……
      今松永さんが言ってたのって、災厄を止める手がかりのことだよな?」

恒一「まあそうみたいだけど……」

勅使河原「教室って言ってたよな……教室になんかあんのか?」

恒一「うーん……戻ったら調べてみようか」

勅使河原「そうだな」


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 04:24:11.80 ID:Hj9UC5eY0

恒一「それじゃ今は災厄のことは忘れて海で遊ぼうか」

勅使河原「えっ、い、いいのかよあれほっといて!?」

恒一「いいっていいって、今はそれよりも見崎と遊ぶ方が大事だから」

勅使河原「ええー……て言うかさ、ここは夜見山の外なのになんであいつら秘密がバレちまったんだ?」

恒一「さあ? こんなのは秘密の内に入らないってことじゃないの?」

勅使河原「マジかよ……」

恒一「まあそんなのはもうどうでもいいって。さあ見崎! なにして遊ぼうか!」

鳴「わたし、砂のお城作りたい。タージマハルみたいなやつ」

恒一「わかった! 世界遺産並に立派な奴作ろうね!」


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:14:56.20 ID:Hj9UC5eY0

――数日後

恒一「いやーこの間の海は楽しかったね」

勅使河原「だな」

望月「中尾くんは酷いことになっちゃったけどね……」

恒一「千曳さんが言うには夜見山を出る前にパックを用意した時点で災厄に引き込まれたとかなんとか」

勅使河原「まあなんにしろ暫くあいつは学校に戻ってこれねえだろうな……」

恒一「今回ばかりは赤沢さんにも同情したよ」

望月(帰るまでずっと見崎さんと遊びほうけてたくせによく言う……)


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:18:26.63 ID:Hj9UC5eY0

恒一「それじゃ、約束通り旧3年3組の教室に手がかり探しに行こうか」

勅使河原「そうだな」

望月「そうだね……あ、その前に美術室寄っていい?」

恒一「美術室? どうして?」

望月「ちょっと忘れ物が……」

勅使河原「まあどうせ同じ旧校舎だしいいだろ。さっさと行こうぜ」


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:20:26.07 ID:Hj9UC5eY0

――美術室

ガラッ

勅使河原「ここが美術部の部室かー」

恒一「結構きれいなんだね」

望月「ちょっと待ってて、すぐ探してくる――って、あれ?」

恒一「どうしたの望月……って、あ」

鳴「……榊原くん?」


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:24:40.67 ID:Hj9UC5eY0

恒一「見崎? なんで美術部の部室に……」

鳴「私美術部なんだけど、知らなかった?」

恒一「そうなの?」

望月「うん、見崎さんも一応美術部員だよ……幽霊だけど」

恒一「ふーん……なんで休みの日に部室に?」

鳴「家にいても暇だから……3人はどうして?」

恒一「ちょっと旧校舎に探し物しに来たんだよ」

鳴「探し物?」


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:26:48.74 ID:Hj9UC5eY0

恒一「ちょっと災厄のことに関してね」

勅使河原「おいおい、言って大丈夫なのかよ」

恒一「大丈夫でしょ、そんな死ぬわけでもあるまいし」

望月「それもそうだけど……」

鳴「ふーん、なんだか面白そうね。私もついていっていい?」

勅使河原「え?」

望月「え?」

恒一「え? 見崎も?」

鳴「だめ?」

恒一「いや、別に構わないけど……」

鳴「じゃあ決まりね」


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:30:14.15 ID:Hj9UC5eY0

――旧3年3組教室

恒一「そうして見崎まで手がかり捜索に加わったとさ」

勅使河原「なんのナレーションだよ……」

望月「それにしても埃っぽいね」

恒一「まあ何年も使われてないみたいだしね……それじゃ、僕はこっちの方を探すよ」

望月「じゃあ僕は黒板付近で」

勅使河原「んじゃー俺はこっちだな」

鳴「私は……」

恒一「見崎、こっちで一緒に探そう」

鳴「あ……うん」コクリ


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:32:01.02 ID:Hj9UC5eY0

恒一「これは……違う。これも」ガサゴソ

勅使河原「みっかんねーなー……お、けん玉」ゴソゴソ

望月「そっち何かあったー?」ガサゴソ

恒一「なにも……見崎の方は?」ガサゴソ

鳴「私もなにも」

恒一「……なんで頭に花飾りつけてるの?」

鳴「ちょっとね……どう? 可愛い?」

恒一「めっちゃ可愛い」(遊んでないで手伝ってよ)

勅使河原「おいサカキ、逆だ逆」


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:34:19.10 ID:Hj9UC5eY0

――数十分後

恒一「あらかた探し尽くしたけど……」

望月「結局何も見つからなかったね」

勅使河原「だなあ……うへえ、全身埃まみれだ」

鳴「お風呂入りたい……」

恒一「うーん……あと探して無い所と言うと」

鳴「あそこは? あの用具入れ」

勅使河原「確かまだ見てなかったな……よし、調べてみるか」


274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:40:48.58 ID:Hj9UC5eY0

恒一「うーん……」ガサゴソ

勅使河原「何かあったかー?」

恒一「待って……あ、天板に何か張り付けられてる」ベリベリ

恒一「……よし! 取れたよ」

鳴「何があったの?」

恒一「えっと……なんだこれ? ガムテープでぐるぐる巻きにされてる」

望月「何か書いてあるね?
    ……『将来このクラスで理不尽に秘密をバラされるであろう後輩たちへ……』?」

勅使河原「おっしゃ! 当たりだな! 早速中身見てみようぜ」

恒一「うん、そうだね」ビリビリ


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:46:06.59 ID:Hj9UC5eY0

ビリビリビリ…ビリッ

恒一「……カセットテープか」

勅使河原「誰かテープレコーダー持ってたりは……しねーよな?」

恒一「僕は持ってないよ。見崎は?」

鳴「持ってない」フルフル

望月「……あれ、ちょっと待って。それ貸してくれる?」

恒一「えっ? うん、どうぞ」

望月「ありがと……うわぁ、やっぱりだ」

恒一「どうしたの?」

望月「これテープの部分が切れちゃってるみたい。これじゃ再生できないよ」

恒一「ええ!?」


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:50:03.79 ID:Hj9UC5eY0

望月「多分ガムテープ剥がすときに切れちゃったんじゃないかな」

勅使河原「マジか!? どうすんだよおい!」

望月「落ち着いて。……このぐらいなら多分直せるから」

恒一「ホントに?」

望月「うん、ただちょっと時間がかかると思う」

恒一「そっか……悪いんだけど、お願いしてもいいかな?」

望月「できる限り頑張るよ」

勅使河原「ふー……一時はどうなることかと思ったぜ」

望月「それじゃあ、直したら今度の合宿の日に持っていくよ」

恒一「合宿……ああ、そんなものもあったな」


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:54:03.83 ID:Hj9UC5eY0

鳴「合宿って?」

恒一「ああ、この間三神先生がホームルームでお知らせをしたんだよ。
    3年3組でクラス合宿をするって」

鳴「合宿? どこに?」

恒一「えーっと……咲谷記念館だっけ?」

勅使河原「だな。それでその近くにある夜見山神社にお参りに行くんだとさ」

鳴「ふーん……お参り、ね」

恒一「うん。……災厄を抑えるために神社にお参りなんて、ホントに意味あるのかな」

勅使河原「わかんねーけどよ……今は藁にも縋るしかないんじゃね?」

望月「皆、自分の秘密がバラされるのはいやだもんね」

恒一「秘密、かあ……」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:59:29.21 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「それじゃあ望月、カセットテープのこと頼んだぜ」

望月「うん。任せといて」

恒一「それじゃあ今日はもう帰ろうか」

鳴「そうね、もうくたくた」

望月「じゃあまたね」

勅使河原「おう、また合宿でなー」

恒一「うん。……行こうか、見崎」

鳴「うん」


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:03:13.62 ID:Hj9UC5eY0

――合宿当日

恒一「……思ったよりも人が来たみたいだね、合宿」

勅使河原「だな。てっきりもっと少ないと思ってたぜ」

望月「……逆に考えるとさ」

恒一「ん? なに?」

望月「今日の合宿に来たのって、バレたらまずい秘密を抱えた人だらけってことじゃないの?」

恒一「……」

勅使河原「……」


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:04:13.54 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「……そ、それよりもさ! 聞いたか? 綾野の話」

恒一「綾野さんの話? あの子がどうかしたの?」

勅使河原「いやー……なんでも、父親の仕事先での横領がバレたらしくてな」

恒一「横領……?」

勅使河原「それで地方に飛ばされて一家揃って引っ越しだとよ」

望月「うわぁ……す、すごい気の毒と言うか」

恒一「出番もクソもあったもんじゃないね、それ」

勅使河原「おそらくこれも災厄の一環なんだろうな」


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:05:23.82 ID:hK6P/seu0

リアルにやばいものが増えてきたな


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:12:29.66 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「小椋の奴も何か様子おかしかったしなー……何かあったのかね?」

望月「さあ……」

恒一「……あ、そうだ。それより望月、ちゃんとカセットテープ持ってきてくれた?」

望月「あ、うん。ちゃんと持ってきたよ、レコーダーも一緒に」

勅使河原「よっし! グッジョブだ望月! そんじゃあ後でサカキの部屋に集合な!」

恒一「僕の部屋? まあいいけど……」

勅使河原「じゃ、また後でな。とりあえず今は合宿を楽しもうぜ!」

望月「そうだね。あ、僕カメラ持ってきたから皆で写真撮ろうよ」

勅使河原「おっ準備いいな! よーしそれじゃあ他の奴らも呼んで――」






308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:15:14.32 ID:Hj9UC5eY0





勅使河原「……それじゃ、再生するぞ?」

望月「うん」

恒一「どうぞ」

鳴「早く早く」ワクワク

勅使河原「……」

勅使河原「(……なあ、何で見崎までいるんだ?)」ヒソヒソ

望月「(見崎さんもテープ聞きたいって言ったらしくて、
     榊原くんがナチュラルに連れてきたんだよ……)」ヒソヒソ

恒一「? 早く再生しないの?」

勅使河原「あっ……お、おう! 再生するって! 急かすなよ!」


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:16:50.51 ID:Hj9UC5eY0

カチッ…ジーキュルキュルキュル…

恒一「……」

勅使河原「……」

望月「……」ゴクリ

鳴「……」ワクワク


『……ええと、おれの……俺の名前は松永克己』


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:21:35.25 ID:Hj9UC5eY0

『これは俺の罪……そして秘密の告白だ』

『同じように3年3組の減少に苦しんでるであろう……』

『……未来の後輩のために、アドバイスとしてこのテープを残そうと思う』



恒一「……どうやら、松永さんが残したテープで間違いないようだね」

勅使河原「だな」

鳴(罪の告白……いいフレーズね)カリカリ

望月「……」(なにメモしてるんだろうこの子)


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:26:22.23 ID:Hj9UC5eY0

『――――そして神社の清掃が終わっていざ帰ろう、ってなった時にそれが起こったんだ』

『まず始めに犠牲者になったのは浜口って言う生徒だ』

『あいつ、バカな奴でさ』

『用意周到に神社まで鞄を持ってきたんだよ』

『そしたら浜口のやつ、転んだ拍子に鞄の中身ぶちまけて』

『……鞄の中身から、出てきたんだよ。大量の巨大クモが』

『後から聞いた話だと、そのクモは輸入禁止の危険種だったらしい』



勅使河原「なんで合宿にクモなんて連れてきてんだよ!?」

恒一「ちょっとこのテープの内容が既に意味わからなくなってきたの僕だけ?」


318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:31:12.02 ID:Hj9UC5eY0

『無論、その場はパニックになってさ』

『皆クモから逃げようとして合宿所まで猛ダッシュだ』

『そして次の犠牲者は星川って言う女子生徒でな』

『相当焦ってたのか、走ってる最中に盛大にずっこけて』

『そしたらポーンって何かが宙を舞って……後ろに居た俺の頭に、それが乗っかったんだ』

『なんとな……その星川って言う女子』



恒一「……」

勅使河原「……」

望月「……」

鳴「……」ドキドキ



『……ヅラだったんだよ』


321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:32:11.03 ID:ORfcuKU70

oh・・・


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:36:23.87 ID:Hj9UC5eY0

恒一「っ……! っ……!!」プルプルプル

勅使河原「ぶふっ……くっ、くふっ!!」

望月「ぷっ……こっ、コントかよっ……!!」ブルブルブル

鳴「お気の毒に……」


『後から聞いた話だとどうもストレス性の脱毛症だったらしい』

『まあつまるところ、こんなお参りなんて何の効果も無かったわけなんだ』

『そして肝心なのはこのあとだ』


恒一「くっ……て、て言うかさ、これ浜口って人と星川って言う人、完全にとばっちりだよね」

勅使河原「だなっ……ま、まさか本人も音声として秘密が残されてるなんて思ってねーだろうな……」

望月「はぁー……はぁー……ぶふっ!!」


326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:40:59.62 ID:Hj9UC5eY0

『合宿所近くの森の中で』

『××って言う生徒と……少し喧嘩になっちまったんだ』

『最初はただの言い争いだったんだけど、段々エスカレートしてさ』

『数分経たずに掴み合いの喧嘩になったんだ』

『それで……それで』

恒一「……」

勅使河原「……」

『それで……あいつのシャツを引っ張った拍子にボタンが飛んで』

『そして見えちまったんだ……あいつのシャツの下の……』

望月「……」

鳴「……」

『ブラジャーが……』


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:44:29.66 ID:Hj9UC5eY0

『あいつ……××の奴、女装癖があったんだよ』

恒一「うわぁ……」

勅使河原「これは……」

『そいつはそれを見られた途端大泣きしてさ、しかもオネエ言葉まで使いだして』

『酷いわ! 誰にも知られてないアタシの秘密だったのに! とか言い出してさ』

『……俺、怖くなってその場を後にして逃げたんだ』

鳴「そりゃ逃げるわね……」

望月(女装か……)


329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:45:31.79 ID:bA2KGgBm0

尋常じゃないね


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:46:06.15 ID:ACUvx2Kc0

おや?望月のようすが・・・・・・


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:48:58.18 ID:Hj9UC5eY0

『その夜は怖くて眠れなかった』

『俺は一人のクラスメイトの秘密を知ってしまったんだ』

『もしかしたら××の奴が俺に報復に来るかもしれない』

『秘密を知る俺を夜這いしにくるかもしれない……そう思うと、全然眠れなかった』


勅使河原「なんで夜這いしにくると思ったんだよ……」

恒一「普通そこ消しにくるかもしれないとかじゃないの?」


『そして翌朝、俺他のクラスメイトに聞いたんだよ』

『××の奴、どうしたって?』

『そしたらな……皆口を揃えて言うんだよ。そんな奴は知らないって』


334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:53:12.70 ID:Hj9UC5eY0

『……それから数日後、夜見山に戻ってから』

『俺、××のこと調べたんだ……そしたらな』

『あいつ……実は何年も前に、少年院に収容されてたんだ』


勅使河原「!?」

恒一「どういうこと……?」


『なんでも当時、夜見山市内で世間を騒がせてた露出狂だったらしくてさ』

『ブラジャー一丁でしばしば深夜を徘徊してたらしい』

『何度も補導されて、結局更生のためにと少年院に送られたんだと』


336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:58:06.28 ID:Hj9UC5eY0

『つまりな、本来なら少年院にいた筈の××が何故か夜見北中学の3年3組の生徒になってたんだ』

『おそらくは災厄のせい……きっと現象によって、皆の記憶や記録が改竄されてたんだろう』

『そして卒業する頃にはその改竄は修正され、
  皆知らない奴がが紛れ込んでいたなんて全く気付かない』


鳴「……」

恒一「記憶の改竄……」


『……そして、もうわかるだろ? 災厄を止める方法』

『クラスに紛れ込んだ……既に社会的に死んでいる人間』

『そいつの秘密を暴くんだ』

『社会的に死んだ人間を……もう一度、死に還せ』


337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 13:58:50.15 ID:hK6P/seu0

大暴露大会だな


340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 14:01:12.11 ID:Hj9UC5eY0

ジー…カチッ


恒一「……」

鳴「……」

望月「……」

勅使河原「……な、何か凄い話聞いちまったな」

恒一「そうだね……」

望月「……それで、どうするの?」

恒一「……どうするって?」

望月「……誰が3年3組に紛れ込んだ人間だと思う?」


344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 14:06:11.69 ID:Hj9UC5eY0

恒一「うーん……見当もつかないなあ」

鳴「松永さんのケースは偶然だったみたいだしね」

勅使河原「だなー……クラスの奴に
      『お前の秘密を教えろ!』なんて言ってもキレられるだけだろうし」

望月「だよね……はあ、結局余り役に立たない情報だったね」

恒一「そうだねー……」

勅使河原「はー……まあ落ち込んでても仕方ねえか。気を取り直して何かしようぜ」

望月「あ、それなら僕トランプ持ってきたよ」

勅使河原「おっ、いいね! 準備いいじゃん」

恒一「それじゃ夕飯まで暇つぶしてよっか。トランプで何する?」

鳴「私大富豪やりたい」

恒一「じゃあ大富豪ね。異論は認めない」

勅使河原「はいはい……」





赤沢『……』


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 14:09:54.05 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「……なるほどね、いいことを聞いたわ」

赤沢「ふふふ……今までよくも散々馬鹿にしてきてくれたわね」

赤沢「ここで私が災厄を止めてしまえば、対策係としての威厳も復活」

赤沢「そうすればきっと恒一くんだって私のことを見直して……」

赤沢「……」

赤沢「……うふ、うふふ、ふふふふふふふふ」

赤沢「そうと決まったらこうしちゃいられないわ! 早速対策を考えないと!」

赤沢「多佳子ー! ちょっと一緒に考えて欲しいことがあるんだけどー!」ダダダダダ…


373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:22:16.72 ID:Hj9UC5eY0

――食堂

カチャカチャ…カチャ…

勅使河原「このエビフライうめーな」

望月「そうだね」

鳴「……」ジー

恒一「……見崎、僕のエビ一ついる?」

鳴「ホントにっ?」ガタッ

恒一「そんながっつかないでも普通にあげるってば」ヒョイ



赤沢「……」ジー


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:24:05.30 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「先生、ちょっといいですか」ガタッ

三神「え? どうしたのかしら赤沢さん」

赤沢「この際だから言っておきたいことがあるんです」

三神「言っておきたいこと?」



恒一「なんだろう言っておきたいことって」ヒソヒソ

勅使河原「取りあえず碌なことじゃない予感だけはするな」ヒソヒソ

鳴(エビフライ美味しい)モグモグ


378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:25:51.69 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「五月から度重なる不幸があって」

赤沢「ゆかりを始めとしたクラスメイト数人、その親族……そして先生まで」

赤沢「何人も災厄の犠牲に遭い、社会的にお亡くなりになってしまった」

赤沢「まず対策係としていくつかの不手際があったことをお詫びします」


「ホントだよ……」

「もっと対策係がちゃんとしてれば」

「仕方ないよ、赤沢さん無能だし」

「まあ無能なら仕方ないか」


赤沢「……」プルプルプルプル

三神「あ、赤沢さん? 取りあえず続けてくれる?」


381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:30:38.04 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「……でも、私には一つ気になることがあるんです」

三神「気になること?」

赤沢「ええ……見崎さん」

鳴「……」モグモグ

赤沢「……見崎さん?」

鳴「……」パクパク

赤沢「見崎さん!!」

鳴「……」ムシャムシャ

恒一「見崎、赤沢さんが呼んでるよ」

鳴「え、なに?」

赤沢「……」


382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:31:24.02 ID:BokikDCs0

めいちゃん…


383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:34:57.30 ID:Hj9UC5eY0

鳴「なに? 赤沢さん」

赤沢「……あなた、私たちに隠し事してない?」

鳴「隠し事?」

恒一「はあ?」

赤沢「ええ。もしかして、まだ秘密を隠し持ってたりしてないかしら?」

鳴「……秘密を?」

恒一「赤沢さん何言ってんの? もしかして見崎のこと疑ってるわけ?」ガタッ

赤沢「ひっ!」ビクッ

勅使河原「おい落ち着けサカキ」

望月「とりあえず最後まで聞いてあげようよ」

恒一「チッ……」ストン

赤沢「……」ドキドキドキドキ


384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:36:10.82 ID:YkWzR2eq0

恒一って真顔でマジギレしそうで怖い


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:40:22.38 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「そ、それで……もしもまだ秘密があったと言うなら、
    おまじないは不完全なものになっていたと言うことになるわ」

鳴「……」

赤沢「どうなの? もしまだ秘密を隠していたとなれば……今回の災厄の責任の一端は――」

恒一「おいいい加減にしろよ無能」ガタッ

赤沢「ひいっ!?」ビクゥッ

恒一「なんなの? 自分の無能を見崎のせいにでもするつもりなの?」

赤沢「え……ち、違うの! そういうわけじゃなくて……」

勅使河原「やめろよ! こんなこと意味ねーって!」

望月「そうだよ! 榊原くんも落ち着いて――」



ガシャーン!!


392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:42:34.60 ID:Hj9UC5eY0

恒一「!?」

赤沢「なに!?」ビクッ

和久井「う、うぐぅううっ……!!」

風見「和久井くん!? どうしたの急に苦しみだして!」

和久井「うぅううっ……!! うぅう……!!」

千曳「一体どうしたと言うんだね?」

三神「千曳先生! 生徒が急に苦しみだして……」

和久井「ぐうううっ!!」


396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:45:11.16 ID:Hj9UC5eY0

千曳「和久井くん? どうしたんだい?」

和久井「ぐう……くっ……り……!!」

千曳「栗?」

和久井「くす、りぃ……クスリを……!!」

千曳「薬? この生徒は何か持病を?」

三神「いえ、特にそういうのは聞いてませんが……」

和久井「クスリぃ……クスリぃ……!!」

千曳「取りあえず私が車で病院まで連れて行きましょう」


398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:45:39.07 ID:MwS7e+7a0

千曳「栗?」
で吹いちまったわ



399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:45:39.29 ID:ACUvx2Kc0

ヤク中かよwwwwwwwwwwwwwwww


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:48:57.39 ID:Hj9UC5eY0

ブロロロロ…

勅使河原「和久井の奴、一体どうしちまったんだろうな……」

望月「泡吹いて白目向いて手足も痙攣してて尋常じゃなかったね」

恒一「……」

三神「……皆さん! 和久井くんのことが心配なのはわかりますが、外は雨です。
    今は屋内に戻ってください」

勅使河原「……部屋戻るか」

望月「そうだね」

恒一「うん……ん?」

鳴「……」

恒一「どうしたの見崎? なんで袖何か掴んで」


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:52:12.83 ID:Hj9UC5eY0

鳴「……榊原くん、さっきはありがと」

恒一「さっき?」

鳴「私のこと庇ってくれたでしょ?」

恒一「……ああ、いいよ気にしないで。僕は当然のことを言ったまでだし」

鳴「それでも、ありがとう。庇ってもらえてうれしかった」

恒一「……そ、そう。どういたしまして」

鳴「……それとね」

恒一「それと?」

鳴「後で私の部屋に来てくれない?」

恒一「え?」

鳴「二人だけで話があるの。私の部屋、一人部屋だから」

恒一「」


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:52:57.33 ID:ACUvx2Kc0

恒一(いよっしゃああああああああああああああああああああああああああああああ)


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:58:09.21 ID:bFekej9g0

見崎「残りのノート見せろよ」


412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:58:31.26 ID:Hj9UC5eY0

――赤沢・杉浦の部屋

赤沢「ちょっとどういうことよ! 
    多佳子の言う通りにしたのに恒一くんに凄い怒られたんだけど!?」

杉浦「いや、私はそういう可能性もあるってことを言っただけで……」

赤沢「お蔭でまた恒一くんの印象悪くなっちゃったじゃない!!」

杉浦「……て言うか、そもそもあんな大勢の前で問いただす方がおかしいでしょ」

赤沢「えっ?」

杉浦「せめて聞き出すなら呼び出して二人きりの時とかにしなさいよ。
    あんな大勢の前でカミングアウトするわけないでしょ、普通に考えて」

赤沢「うっ……い、言われてみれば」

杉浦「どうせ榊原くんの前でいい所見せようと思ったんだろうけど、完全に逆効果だから」

赤沢「ううぅうぅ……」


419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:02:11.68 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「まあ、泉美が無能なのは昔からだけど……今回は特に酷いわね」

赤沢「うぅう……どうせ私は無能ですよ……」

杉浦「……」

赤沢「もう駄目だ……私はどうせ一生このまま無能の謗りを受けながら生きるんだ……」

杉浦「……」

赤沢「うー……うー……」

杉浦「……はあ、仕方ないわね」

赤沢「……うえ?」

杉浦「次の策考えるわよ」

赤沢「次の策?」


421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:04:48.62 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「榊原くんに見直してほしいんでしょ?」

赤沢「……うん」

杉浦「なら、次こそ頑張ればきっと見直してくれるわよ」

赤沢「……ホントに?」

杉浦「えーホントホント」

赤沢「……絶対に?」

杉浦「絶対絶対」

赤沢「……ホントのホントのホントに――」

杉浦「あーもうしつけぇな!! やるのかやらないのかハッキリしろよ!!」

赤沢「やりますぅっ!?」ビクッ

杉浦「それならまずは準備!! 
    取りあえず三神先生のところに言って館内アナウンス使わせて貰う様言って!!」

赤沢「は、はいっ!!」


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:05:41.82 ID:JC26J1mW0

問題は杉浦さんも有能では無いことだ


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:06:37.29 ID:Hj9UC5eY0

――鳴の部屋

コンコン

恒一「見崎、いる?」

鳴『いるよ。鍵開いてるから入って』

恒一「う、うん……失礼します」ガチャッ

鳴「いらっしゃい、榊原くん」

恒一「……お、お邪魔します」


426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:11:07.07 ID:Hj9UC5eY0

恒一(やべぇ……まさか見崎に部屋に誘われるなんて)

鳴「適当に座ってくれる?」

恒一(二人っきりで話したいって、つまりそういうことだよね? ね? ね?)

鳴「……榊原くん?」

恒一(どうしよう……も、もしこのまま致すことになってしまったら……)

鳴「榊原くん」

恒一(ついに童貞卒業か……しまった、こんなことならゴム買っとくんだった)

鳴「ねえちょっと聞いてるの」グイッ

恒一「!? あっ、な、なに!?」


428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:13:29.56 ID:Hj9UC5eY0

鳴「ちゃんと聞いて……大事な話だから」

恒一「っ! ……う、うん」

鳴「……榊原くん」

恒一「なっ……ごほん。なに? 見崎」

鳴「榊原くん、あのね……私」

恒一「うん」

鳴「私……」

恒一「……」

鳴「私……実は、隠し事があるの」

恒一「……えっ?」


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:16:30.35 ID:Hj9UC5eY0

恒一「隠し事?」

鳴「うん……実はね、さっき赤沢さんが言ったこと、あながち間違いじゃないの」

恒一「えっ?」

鳴「私、あのノート以外にも一つだけ、皆に隠してた秘密があるの」

恒一「……秘密?」

鳴「うん……」

恒一「秘密って、どんな?」

鳴「……軽蔑しないで聞いてくれる?」

恒一「……うん」


436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:22:05.39 ID:Hj9UC5eY0

鳴「私にはね、従姉妹がいるの。藤岡未咲って言う名前の」

恒一「従姉妹?」

鳴「その従姉妹は……少し長い話になるから大分省略するけど、
   実は血の繋がった双子の姉妹で、私は見崎家に養子に出されたのなの」

恒一「双子……」

鳴「うん。その未咲はね、つい最近腎臓の病気に掛かってしまって入院してたの」

恒一「そうなんだ……」

鳴「……それで、榊原くん」

恒一「なに?」

鳴「私たちが初めて病院で会った時のこと覚えてる?」

恒一「ああ、覚えてるよ」

鳴「……あれが起こったのは、私が榊原くんに会う直前のことだったわ」


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:24:46.44 ID:Hj9UC5eY0
――

――――――

――――――――――――


鳴『こんばんわ未咲。身体の調子はどう?』

未咲『あっ、鳴! 大分楽だよ、お医者さんももう動いても大丈夫だって』

鳴『そう、よかったね。これお見舞いの品』

未咲『わあ……私が欲しかったお人形さんだ! ありがとう鳴!』

鳴『礼なら作ったお母さんに言ってあげて』

未咲『うん! 今度霧果さんに会ったら伝えとく!』


442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:27:53.29 ID:Hj9UC5eY0

未咲『それでね、鳴……約束覚えてるよね?』

鳴『もちろん。一緒に遊園地に行く約束でしょ』

未咲『うん! 退院したらまた一緒に観覧車に乗ろうね』

鳴『ええ』

未咲『うん……』

鳴『……』

未咲『……ねえ、鳴』

鳴『なに?』

未咲『もうちょっとこっち、来てくれる?』


445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:29:13.54 ID:DL7JnrQXO

キマシタワー


447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:30:48.73 ID:xZYZaMUw0

近親+百合か、禁断すぎるな


448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:30:54.70 ID:Hj9UC5eY0

鳴『? うん、こう?』

未咲『うん……そのまま、手握ってくれないかな』

鳴『手……? ……わかった』ギュッ

未咲『あっ……えへへ、鳴の手って温かいね』

鳴『未咲の手が冷たすぎるのよ』

未咲『かなあ?』

鳴『……まあ、体調がよくなればすぐ温かくなるわ』

未咲『うん……』

鳴『……?』

未咲『……』

鳴『……未咲?』


450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:32:51.78 ID:Hj9UC5eY0

未咲『……ごめんなさい、鳴』

鳴『え?』

未咲『わ、私……やっぱりもう我慢できないかも』

鳴『我慢?』

未咲『鳴……もうちょっとこっちに寄って?』

鳴『……? う、うん……』

未咲『えへへ……じゃあ、鳴――いただきます』

鳴『は? きゃっ――!?』


454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:36:09.35 ID:Hj9UC5eY0
――――――――――――

――――――

――


鳴「その時は偶々通りかかったナースが止めてくれたけど」

鳴「もし誰も止めに入っていなかったらきっと……
   私は実の姉妹によって純潔を散らされていたと思うわ」

恒一「……え、えっと」

鳴「つまりね、私のもう一つの秘密は」

鳴「ガチレズ近親相姦趣味の双子の姉妹を持っていたことなのよ」

恒一「」


457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:40:01.75 ID:Hj9UC5eY0

鳴「……」

恒一「……えっと、その後その従姉妹の……藤岡さんはどうなったの?」

鳴「あれ以来私も会ってないけど……お母さんの話だと、
   病み上がりに無理に体を動かしたせいで体調が悪化して退院延期になったそうよ」

恒一「そう……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一(やばい……すごいコメントし辛い)


461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:42:46.41 ID:0rNoDtLo0

本当に恐ろしい現象だな


463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:44:06.06 ID:4Ppp730v0

恒一「そう……(興味津々)」


464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:44:09.30 ID:Hj9UC5eY0

鳴「……ごめんね、聞いてもらって」

恒一「いや、僕は大丈夫だけど……どうして僕にこんな話を?」

鳴「……榊原くんには知っておいてもらいたかったから」

恒一「え?」

鳴「海から帰ったあと、色々見せて貰ったでしょ? 榊原くんの秘密」

恒一「ああ……うん、そうだね」

鳴「色々な小説を書いたノートに、恥ずかしい落書きだらけの自由帳」

恒一「……」

鳴「中一の頃に描いたぼくがかんがえた最強の主人公とか、
   中二の頃に考えた最高にかっこいいポーズとか」

恒一「……」

鳴「あとちょっとマニアックなエロ本とかAVとか」

恒一「ちょっともうそこらへんでいいんじゃないかな」


469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:46:20.05 ID:C0ps/prA0

エロ本とAVも見せたのかよwww


470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:46:54.45 ID:Hj9UC5eY0

鳴「榊原くんのことだけ知って、私はって言うのはフェアじゃないと思ったから」

恒一「だからこの秘密を僕に……?」

鳴「……ええ」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……見崎」

鳴「……なに?」

恒一「実は僕も……一つだけ、見崎に秘密にしていることがあるんだ?」

鳴「えっ?」


474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:48:31.97 ID:Hj9UC5eY0

恒一「見崎!」ガシッ

鳴「! ……な、なに?」

恒一「見崎、僕は……」

鳴「……?」

恒一「僕は、見崎のことが――」


バンッ!!


恒一・鳴「!?」ビクッ

勅使河原「サカキぃ! 俺やっちまったかもしんねえ!!」


479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:50:01.99 ID:8raUmxST0

風見とアーッ!


480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:50:10.48 ID:j95oMEmb0

望月「なーにィ!?やっちまったな!」


481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:50:30.58 ID:Hj9UC5eY0

恒一「勅使河原……」

鳴「……」

勅使河原「……あ、あれ? なんだこの空気?」

恒一「……チッ、空気読めよカス」

勅使河原「え?」

恒一「それでどうしたのさ、いきなり部屋に入ってきて」

勅使河原「あ……え、えっと、実はさっき風見と口喧嘩になってさ!」

恒一「風見くんと?」


493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:54:08.12 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「あっ……ああ……や、やっぱり覚えてるよな。風見のこと」

恒一「? そりゃもちろん、クラスメイトなんだし」

勅使河原「ああ……やっぱり俺、取り返しのつかないこと……」

恒一「だから一体なにやらかしたのさ」

勅使河原「俺……俺さ」

勅使河原「もしかしたら風見の奴がクラスに紛れ込んだ人間なんじゃないかと思ってさ、
      色々問いただしたんだよ」

恒一「問いただした?」

勅使河原「……俺と風見が幼馴染なの知ってるだろ?
      だから小さい頃の秘密とか色々知ってるんだよ」


498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:57:07.59 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「小三の頃におねしょしたこととか」

勅使河原「小五の頃に女子のリコーダーを舐めてたこととか」

勅使河原「中一の頃に好きな女子の椅子に擦りつけてオナニーしてたこととか」

勅使河原「中二の頃にホモの男子に告白されて危うく掘られかけたこととか」

恒一「……」

鳴「……」

勅使河原「どれかがあいつの最大の秘密なんじゃないかと思って、問いただしたんだよ……そしたら」

恒一「……そしたら?」

勅使河原「あいつ泣き叫びながら逃げ出して……ああ俺やっちまったなって」

恒一(そりゃそうなるだろ)


505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:00:18.14 ID:Hj9UC5eY0

鳴「風見くん、気の毒に……」

恒一「それで風見くんは今どうしてるの?」

勅使河原「わかんねえ……俺、俺あいつに謝らねえと」

恒一「そうだね、それがいいよ」

勅使河原「それでサカキ、一緒に風見を探してくれねーか? 一人で謝りに行くのこわくって……」

恒一「マジヘタレだなお前」(仕方ないなあ、友人の頼みだし一緒に行ってあげるよ)

鳴「榊原くん。逆、逆」


509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:03:12.35 ID:Hj9UC5eY0

恒一「ついでに望月も巻き込……望月にも頼もうか」

勅使河原「ああ、あいつなら今部屋に――」


ピンポンパンポーン!


恒一「!?」

勅使河原「なっ、なんだ!?」

鳴「館内アナウンス……?」


『……えー、こちら対策係の杉浦です』


511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:06:50.49 ID:Hj9UC5eY0

『今からお聞かせするテープは、十五年前の3年3組の生徒が残したものです』

『旧3年3組の教室から発見してくれた生徒を脅して奪っ……ゴホン、生徒が快く提供してくれました』


恒一「えっ……!? て、テープって!」

勅使河原「望月の奴! もしかしてテープを!」

鳴「……」


『今からお聞かせする内容は、紛れもない真実です』

『ではよーくお聞きください……』カチッ


517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:13:11.38 ID:Hj9UC5eY0





『社会的に死んだ人間を……もう一度、死に還せ――カチッ』

『……お分かり頂けたでしょうか。つまり、この3年3組に紛れ込んだもう一人』

『その一人の秘密を暴けば、もう災厄に怯えることはなくなると言うことです』


恒一「……」

勅使河原「お、おい……なんかまずいんじゃねぇの、これ……」


『……そして、おそらく』

『この合宿に参加した人間……つまり、相当の秘密を持ったあなたたちの中に』

『社会的に死ぬレベルの秘密を持った「もう一人」が紛れ込んでいる可能性が高いと思われます』


518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:17:03.60 ID:Hj9UC5eY0

『と言うわけで皆さん』

『現在対策係では皆さんの恥ずかしい秘密、人には言えないヤバい秘密を募集しております』

『心当たりのある人はどしどし二階アナウンス室に来てくださいね』


勅使河原「ど、どうなってんだこりゃあ……」

恒一「まさか、ここにいる生徒で秘密の暴き合いでもさせるつもり……?」


『ちなみにこれは余談ですが』


519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:19:27.96 ID:Hj9UC5eY0

『私は以前、ミサキと呼ばれていた女子生徒と同じ小学校でした』

『しかしそのミサキさんは眼帯を付けておらず、義眼でもありませんでした』


恒一「なっ……!?」

勅使河原「はあ!? ど、どういうことだよ!」

鳴「……!!」


『どういうことなんでしょうね? 
  聞いた話では、このクラスの見崎さんは幼い頃に片目を失ったそうですが』

『……この情報をどう扱うかは皆さん次第です』

『では以上、対策係の杉浦多佳子でした――ブツッ』


523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:25:32.01 ID:Hj9UC5eY0

――アナウンス室

杉浦「……よし、これでいいわね」

赤沢「ね、ねえ多佳子……大丈夫なのこれ?」

杉浦「なにが?」

赤沢「こんな潰し合いのような真似……」

杉浦「仕方ないわよ、こうでもしないと『もう一人』が秘密を話すわけないもの」

赤沢「でも……」

杉浦「大丈夫よ、手柄は全部泉美にあげるから。
    それに、もしこれで見崎さんが『もう一人』だったらあの子は消えて……
    榊原くんはあなたのものよ?」

赤沢「っ……!」

杉浦「だから今は私の言う通りに……っと」

ドンッ ドンッ

『辻井だ! 開けてくれ! 俺、あいつの秘密を知ってるんだ!』

杉浦「ふん、早速来たみたいね」


526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:27:18.27 ID:Hj9UC5eY0

――廊下

勅使河原「ど、どういうことなんだよ!?」

恒一「違う! 見崎は違うよ!」

鳴「……」

勅使河原「で、でも今杉浦の奴が……」

恒一「見崎はもうその秘密を僕に打ち明けた!」

勅使河原「なっ……」

恒一「なら秘密を打ち明けた時点で災厄は終わるはずだ!」

勅使河原「……ほ、ホントなのか? 見崎?」

鳴「……ええ。さっきの杉浦さんが言っていた話……
   それに関係する秘密については、ついさっき榊原くんに教えたわ」


528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:29:46.47 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「……わかった。信じるぞ、お前らのこと」

恒一「……! ありがとう、勅使河原……」

勅使河原「……でもよ、他の奴らはやばいんじゃねーか?」

恒一「他の人?」

勅使河原「さっきのアナウンス、完全にありゃ扇動するつもり満々だったろ……だからさ」

勅使河原「もしかしたら、勘違いした奴らがこっちに――」



「みさきめぇえええええええい!!」


恒一「!?」

鳴「!?」

勅使河原「うおっ!?」


530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:33:11.83 ID:Hj9UC5eY0

小椋「ここに居たのね……」

勅使河原「おっ……小椋!?」

恒一「小椋さん? なんで……」

小椋「……」

勅使河原「……その手に持ったの、カミソリか? なんでそんなもの――」

小椋「……そいつなんでしょ!!」

勅使河原「っ!?」ビクッ

小椋「そいつ……見崎鳴が、今年の紛れ込んだ一人なんでしょ!!」

恒一「はあ!?」

鳴「っ……!」


533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:36:59.48 ID:Hj9UC5eY0

恒一「違う! 見崎は――」

小椋「うるさい! そいつがもう一人なのよ! そいつの秘密さえ暴けば災厄は止まる!!」ブンッ

恒一「あぶなっ……!」

勅使河原「おっ、おい小椋! 落ち着けって!」

小椋「このまま切られたくなかったら言いなさい! あなたの秘密!」

鳴「……!」


535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:38:32.25 ID:Hj9UC5eY0

小椋「言いなさい……!!」

鳴「……わ、私……」

恒一「見崎! 言う必要はない!」

鳴「でっでも……」

小椋「……!! 言えっ!!」

勅使河原「落ち着けって小椋! 取りあえず話し合おう! な!?」

小椋「うるさいうるさいうるさぁあああい!!
    このまま、このまま災厄が止まらなかったら、私は……!!」



――ピンポンパンポーン


536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:40:26.00 ID:Hj9UC5eY0

恒一「!?」

鳴「また、館内アナウンス……」


『えー、ただいま匿名の情報を頂きました』

『最初の秘密は夜見北中学3年3組、小椋由美さんの秘密です』


小椋「!?」

恒一「えっ、小椋さん?」


538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:42:29.34 ID:omMXpukl0

この感じで暴露されてくのか…


542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:45:44.20 ID:Hj9UC5eY0

『小椋さんにはお兄さんがいるそうですね。しかも引きこもりだとか』


小椋「……! あ、あああ……」

恒一「ちょっと、まさか館内アナウンスで暴露するつもりなの!?」

勅使河原「いやいやいや流石に酷過ぎるだろこれ!! 誰か止めろよ!?」


『この話自体は情報提供者が主婦のネットワークを持つ母親から聞いたものだそうですが』

『先日、小椋さんがお兄さんの部屋に行ったときのことです』


小椋「やっ、やめて! やめてよぉ!」


547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:50:46.33 ID:Hj9UC5eY0

『その日は珍しくお兄さんが部屋を留守にしていて、小椋さんはその隙を見計らって部屋に侵入し』

『部屋の中のものを物色していたところ……見つけてしまったそうです』


恒一「見つけた?」

鳴「一体何を……」

小椋「やめてぇええっ!! お願いだからぁ!!」


『お兄さんの机の引き出しから……』


恒一「……」

勅使河原「……」ゴクリ

小椋「やめて! それ以上は――」



『……小椋さんの使用済み体操着と水着を』


552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:54:26.08 ID:Hj9UC5eY0

『しかもその体操着と水着にはイカ臭を撒き散らす、白くべたつくなにかも付着していたとか』


恒一「うわぁ……」

勅使河原「ひでぇ……」

小椋「いやああああっ!!」


『つまり、小椋さんのお兄さんは
  妹の体操着と水着で興奮する変態シスコン野郎だったと言うわけですね』


恒一「そうだったのか……」

勅使河原「マジかよ……」

小椋「うえぇええええん!! 兄貴の秘密がぁあああっ!!」

鳴(……ちょっと他人事と思えないかも……)



『ですが、話はここで終わりません』


555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:56:52.46 ID:Hj9UC5eY0

恒一「えっ」

勅使河原「おん?」

小椋「っ!! だ、ダメ!! それ以上はホントにだめ!!」


『その体操着と水着を発見した小椋さんは、あろうことか』


小椋「やめっ、やめでえええええっ!! お願いだからああああっ!!」


『それら衣服の臭いを嗅ぎながらその場でオナニーを始めたそうです』


恒一「!?」

鳴「!?」

勅使河原「おなっ……」


559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 18:58:40.24 ID:9x42hfdh0

こりゃ家庭崩壊してるな


571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 19:02:42.16 ID:Hj9UC5eY0

『つまり小椋さんは実の兄の精液の臭いで興奮しちゃうブラコンだったということですね』


恒一「……」

勅使河原「……」

鳴「……」

小椋「うえぇえええぇ……もうやめでぇ……」グスグス


『その後、その場面を母親に見つかり、小椋さんは見事にこんな恥ずかしい秘密を持ったわけです』

『以上で終わりです。ご清聴ありがとうございました――ブツッ』


恒一「……」

勅使河原「……」

鳴「……」

小椋「うぅううう……もう生きていけなぁい……」


589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 19:07:20.16 ID:Hj9UC5eY0




勅使河原「……とりあえず、小椋の奴は部屋で休ませてきたぞ」

恒一「うん……」

鳴「……」

勅使河原「しかしこれ……本気でやばいぞ」

恒一「そうだね、このままじゃ他の人の秘密まで……」

鳴「アナウンス室に行って止めるべきね」

恒一「うん、すぐに向かお――」


「――待って!」


595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 19:10:23.84 ID:Hj9UC5eY0

望月「はあっ……はあっ……」

勅使河原「望月? どうしたんだお前、そんな息切らして……」

望月「はあっ……た、大変なんだよ! 今風見くんが一階の廊下で!」

勅使河原「風見が!?」

望月「僕、杉浦さんに脅されてあのテープを聞かせたんだけど……
    それを風見くんも聞いてたらしくて」

恒一「それで? 風見くんがどうしたの?」

望月「とっ、とにかく来て! 早く止めないと他の人たちが……」

恒一「でも、アナウンス室にも行かないと……」


596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 19:10:38.75 ID:iQoWUMzIO

これはいい学級崩壊


598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 19:11:16.60 ID:9x42hfdh0

さぁ、暴露大会がはじまるぞー!!


601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 19:13:20.42 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「……わかった、風見の方には俺が行く!」

恒一「勅使河原が?」

勅使河原「おう、あいつは俺がなんとかしないとな……きっと、俺のせいだし」

恒一「勅使河原……」

鳴「……」

勅使河原「だからお前らはアナウンス室に行ってくれ。風見の方は俺に任せろ」

恒一「……わかった、気を付けてね」

勅使河原「そっちもな」

望月「き、決まったなら早く行こう! 急がないと!」

勅使河原「おう! じゃあサカキに見崎、また後でな!」ダッ


751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:00:07.44 ID:Hj9UC5eY0

―― 一階廊下

風見「さあ言え! お前の秘密はなんだ!!」

前島「やっ、やめろ風見! 落ち着け!」

風見「うるさい! もうこっちからやらないと自分がやられるんだ――」


勅使河原「よせ!! 風見!!」

風見「っ!! ……勅使河原か」

勅使河原「なっ、お前それ……」

望月「ほ、包丁……?」

風見「……さっきはよくもやってくれたね、勅使河原」


755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:03:55.33 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「風見お前なにしてんだよ!」

風見「見てわかるだろ? みんなの秘密を聞き出してるのさ」

勅使河原「秘密を!?」

風見「ああ……知ってたか勅使河原? そこにいる二人」クイッ

勅使河原「二人?」

松井「グスッ……」

金木「亜紀……もう大丈夫だから……」ギュッ

松井「杏ちゃあん……」ギュッ

勅使河原「……この二人がどうかしたのかよ?」

風見「さっき脅して、無理矢理聞き出したんだよ。
    この二人、なんと同性愛者のカップルだったのさ!」

松井・金木「」ビクッ

風見「驚きだよね、まさかクラスに百合カップルがいたなんて」

勅使河原(いやそれ知ってた)

望月(普通見てたら分かるだろ)


758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:05:05.91 ID:jRAJYZGSi

周知の事実じゃねーかwwwww


762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:07:05.61 ID:8U7c1i+G0

風見空回りwwwwww


764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:09:00.15 ID:Hj9UC5eY0

風見「……そうだ勅使河原、あの転校生はどこ?」

勅使河原「転校生? サカキのことか?」

風見「そうだ。きっとあいつがクラスに紛れ込んだもう一人なんだよ!!」

勅使河原「はあ? お前何言って……」

風見「だって考えてもみなよ。四月までは現象は起きてなかったのに、
    あいつが転校してきた途端に起こるようになった……」

風見「つまり、あいつがこのクラスに紛れ込んだもう一人なんだよ!!」

勅使河原「いやあのな……」

風見「それに、あいつさえいなければ僕はゆかりのあんな秘密を知る必要はなかったんだ!!」

勅使河原「ゆかり?」

望月「ほら勅使河原くん、桜木さんの……」

勅使河原「桜木? ……あーあーあー」

風見「なにを納得してんだ!!」


766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:11:36.22 ID:MwS7e+7a0

ゆかりと柿沼の熱い友情が


767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:12:37.18 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「え、えーとな風見……お前の気持ちはよくわかるぞ?」

風見「は?」

勅使河原「まさか好きな女子に脳内で××されたり××されたり」

風見「なっ!?」

勅使河原「××を××された状態で××××をされたり」

風見「!?」

勅使河原「××に××××責めをされて、そのまま××××の状態で××××を挿入された挙句」

風見「……」

勅使河原「局所を××××され複数の男たちに××××××
      されていたと知ったとありゃあ、そりゃー大層ショックだろう」

風見「……」プルプルプルプル

勅使河原「でもな! だからって他の人の秘密を暴いていいってことには――」

風見「ころぉおおおおおおおおおおおっす!!!!!」ブンッ

勅使河原「うおっあぶね!?」


768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:12:42.17 ID:gJwSyamW0

やっぱり風見×勅使川原は鉄板だね


770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:15:40.40 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「ちょっ、なんで怒るんだよ!?」

風見「うるさいうるさいうるさぁあああああい!!
    勅使河原、お前はさっきの分も含めて絶対に殺してやる!!」ブンッ

勅使河原「うわっぶね!? た、助けてくれ望月!!」

望月「いやこれは流石にフォローのしようが……ちょっとこっちこないでよ!!」

風見「うおおおおおおおお!!!!」

勅使河原「うわあっ!?」

望月「わああああ!!!?」

風見「死ねぇええええっ――え?」


ガインッ


773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:18:02.56 ID:Hj9UC5eY0

風見「あっ、ぐ……」ドシャッ

前島「ふー……」

勅使河原「……ま、前島?」

望月「その鉄パイプ……」

前島「大丈夫かお前ら? 悪いな、隙を作ってもらって」

勅使河原「へ?」

前島「風見の気を引いててくれたんだろ? お蔭でこっちも武器を取れたぜ、ありがとな」

勅使河原「あっ、え、えーっと……お、おう! どういたしまして!」

望月「こいつ……」


776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:21:01.02 ID:Hj9UC5eY0

風見「」チーン

勅使河原「……風見の奴生きてんのか?」ツンツン

前島「安心しろ、峰打ちだ。命に別状はないぜ」

勅使河原「へー……さすが剣道部」

望月「っつーか鉄パイプに峰もクソもなくない?」

勅使河原「まあそこは言いっこなしってことで……おん? なんだこれ?」ヒョイ

望月「なに? なにかあっ……た?」

勅使河原「風見の懐から何か出てきたみたいだな」ゴソゴソ

前島「これは……」

勅使河原「……さ、桜木の写真?」


778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:23:54.75 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「何枚ある……って言うかどこにこんな隠し持ってたんだよ」

望月「と言うかこれ、アングル的に完全に盗撮だよね」

前島「おいおいおいおい、これ自室の写真じゃねーのか……?」

勅使河原「こっちには水泳の時のも……」

望月「これは……うわっ!? 着替え中の写真だ!!」バッ

勅使河原「なにぃ!?」

前島「おい俺にも見せろ!!」

望月「だっ、だめだよ!! 桜木さんに悪いって!!」

勅使河原「少しだけ! ちらっとだけだから!!」



金木「男って不潔ね」イチャイチャ

松井「ねー」チュッチュ


780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:24:50.31 ID:jRAJYZGSi

風見なんで持ってきたんだよwww


784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:26:29.09 ID:BokikDCs0

自分の知らないところでバレたら嫌だろ…


785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:27:53.08 ID:r7Na+IwN0

好きな人の写真だから肌身離さず持ってたんだろ
気持ちは少しわかる



783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:26:26.65 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「と、とにかく……多分これが風見の秘密だったんだろうな」

前島「だな……まさか風見の奴が桜木のストーカーだったとは」

勅使河原(まあなんとなく知ってたけど)

望月(うん、知ってた)


「――そこの人たち!」


勅使河原「ん? あっ……あんたは――」


786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:28:43.93 ID:Hj9UC5eY0

――アナウンス室前

恒一「はあ、はあ……」

鳴「ふう、ふー……」

恒一「やっとアナウンス室についたね……」

鳴「そうね……」

恒一「……到着するまでで、何人も秘密が暴露されたね」

鳴「……そうね」

恒一「まさか川堀くんがホモだったり」

鳴「……」

恒一「有田さんが好きな男子のリコーダーでアナニーしてたり」

鳴「……」

恒一「ここの管理人の沼田夫妻が脱税で屋根裏に大金を隠してたなんてね」

鳴「これは誰に説明してるの?」


787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:29:16.00 ID:PfMm5U/E0

安定の松子


791 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:32:12.12 ID:Hj9UC5eY0

鳴「いいからさっさとアナウンス室に入って杉浦さんを止めましょう」

恒一「そうだね……失礼しまーす」ガチャッ

鳴(軽い……)


赤沢「えっ……こ、恒一くん!? それに見崎鳴……」

鳴「……え?」

恒一「……は? 赤沢さん?」

杉浦「……ん。やーっぱり来たか」


792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:35:24.13 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「な、なんでここに……」

恒一「赤沢さんこそ……え? もしかして赤沢さんも杉浦さんに加担してたの?」

赤沢「!?」ビクッ

恒一「えっ、マジで……? 赤沢さん、まさかそこまでする人だったなんて……
    人畜無害な無能だと思ってたのに」

赤沢「むのっ……ち、違うのよ! これは対策であって悪意は……」

恒一「いやいや、こんなことしでかして悪意もクソもないよ!
    小椋さんたちは心にもう取り返しのつかない傷を負ったんだよ!?」

赤沢「それは……」

恒一「……そもそもさ、こんな館内アナウンスをする必要なんてないよね?」

赤沢「え?」


795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:37:43.79 ID:Hj9UC5eY0

恒一「秘密を暴くのは、本人の目の前でその秘密を指摘すればいいだけだ……
    実際、テープでは松永さんがそうしてた」

赤沢「……?」

恒一「もし災厄を止めようってつもりなら、1対1で会って直接言えば済む話でしょ?」

赤沢「……??」

恒一「わざわざこんな放送してまで全員に知らせる必要なかったんだよ!!」

赤沢「……??? えっ、ど、どういうこと?」

恒一「おい誰かこの無能に説明しろ」


804 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:42:21.74 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「ね、ねえ多佳子。どういうことなの?」

杉浦「んー? ……つまりね、私と泉美はする必要のないことをして、
    皆からバッシングされる立場になったって意味よ」

赤沢「へ?」

杉浦「ごめんね泉美? 私の提案のせいで、私と和泉はクラスから孤立しちゃったね」

赤沢「えっ……た、多佳子」

恒一「……? どういうこと?」

鳴「……」

杉浦「……」


807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:43:13.35 ID:jRAJYZGSi

杉浦…まさか…


808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:44:54.66 ID:Hj9UC5eY0

恒一「杉浦さん……もしかして、自分の立場が悪くなるのをわかっててこんなことをしでかしたの?」

赤沢「ええ!?」

杉浦「……」

恒一「どういうことなんだよ杉浦さん!」

赤沢「えっ……た、多佳子……?」

杉浦「……」

恒一「……」

赤沢「多佳子……」

杉浦「……」

杉浦「…………くふっ」

杉浦「くっ、くふっ……ぷっ、あはははははははははは!!」


812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:48:13.42 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「あっははははは! あはっ、ははは!」

恒一「……!?」

赤沢「た、多佳子……?」

杉浦「あはっ、はーっ、はあっ……くふっ、そうよ? わかっててやったのよ?」

赤沢「え……?」

杉浦「これが終わったあと、対策係である私と泉美が
    総スカンを喰らうことぐらいわからないはずないでしょう?」

恒一「っ! やっぱり……!!」

赤沢「どっ、どういうことなのよ!? なんでこんなこと……」

杉浦「……なんで? それはね、あなたのためなのよ……泉美?」

赤沢「え? わ、私のため……?」


815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:50:52.93 ID:i0ue+rXO0

杉浦はやっぱりマジキチか・・・


817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:53:04.47 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「泉美にはね……私以外の人間はいらないの」

赤沢「え?」

杉浦「幼い頃から、バカな泉美を影で操って無能のレッテルを貼らせるのには苦労したわ」

赤沢「え」

杉浦「他の人間が泉美に好意を向けないよう、頑張って操作してきた」

杉浦「泉美が何かしでかそうとするたび、それを妨害して失敗させた」

杉浦「容姿に惹かれて近寄る男子は、根こそぎ根を奪ってやったわ」

恒一「う、うわぁ……」

赤沢「た、多佳子……そんな……どうして……」

杉浦「どうしてぇ? ……そんなの決まってるじゃない」

杉浦「泉美には私だけいればいい……それが泉美にとって一番なのよ!!」バンッ

赤沢「ひっ!?」ビクッ


822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:56:30.78 ID:Hj9UC5eY0

シーン…


杉浦「……」

赤沢「多佳子……」

恒一「……」

鳴「……」

杉浦「……それをさあ、今年の五月に」

赤沢「五月?」

杉浦「五月に転校してきた『そいつ』に、今まで私のだった泉美が取られるなんて」

恒一「え? ぼ、ぼく?」

杉浦「ぽっと出のあんたが……泉美のことを奪ってんじゃないわよぉおおおおおおっ!!」ガバッ

恒一「うわあっ!?」


824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:57:34.76 ID:omMXpukl0

夜見山岬→ロリ・SM・スカ

未咲→近親レズ
鳴(対策)→厨二・黒歴史
桜木→腐女子
水野姉→ショタコン
高林→下着・水着ドロ
久保寺→マザーファッカー
恒一(鳴にのみ暴露)→厨二・黒歴史
中尾→女子トイレ侵入・スカ
綾野家→父親の横領
小椋兄→変態シスコン
小椋→ブラコン
金木→百合
松井→ユリ
風見→桜木ストーカー
川堀→ホモ
有田→リコーダーでアナニー
沼田夫妻→脱税
杉浦→ヤンデレ・レズ



827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:59:22.72 ID:jH3f/CXa0

>>824
このクラスヤバ過ぎだろ……



828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:59:32.76 ID:1Vsbt4/dO

>>824
三組の何が呪われてるってこんなメンツが集まる事が最大の呪いだな



829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 22:59:42.37 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「あんたなんかに!! あんたなんかに!!」

恒一「ちょっやめっ……ぐ、ぐるじ……!!」

鳴「なっ……や、やめ――」

赤沢「やめて多佳子!! そんなことしたら恒一くんが!」

杉浦「うるさい!!」ドンッ

赤沢「きゃっ!?」

鳴「いたっ!?」←巻き添え

杉浦「泉美、アンタはそこで見てるといいわ――大好きな恒一くんが殺されるところを」

赤沢「なっ……!」


838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:02:48.19 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「死ねっ……!! この租チン野郎がッ……!!」グググググ

恒一「うぐっ……そ、租チンじゃねぇ……げほっ!!」

杉浦「このまま首絞めて、あの世に送ってやるわ……!!」グググググ

恒一「うぐぅ……はな、ぜっ……!!」

杉浦「死ねぇえええっ……!!」

恒一「あっ、がっ……がはっ!!」



恒一(や、ばい……力が)

恒一(力がはいらな、い……)

恒一(意識が……)

恒一(……み)

恒一(みさ――)



「やめろぉおおおおおっ!!!!!!」


841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:05:47.05 ID:Hj9UC5eY0

ドンッ

杉浦「ぎゃっ!?」

恒一「っ……!?」

ガッシャン! 

恒一「がっ、がはっ……げほごほっ!!」

赤沢「大丈夫恒一くん!?」

恒一「かはっ、はーっ……はあっ、あ、赤沢、さ……?」

赤沢「見崎鳴! 恒一くんのことを見てて!」

鳴「あ……う、うん!」

赤沢「私は、あっちを……」


杉浦「……痛いじゃない、泉美ぃ」


843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:09:06.49 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「多佳子……」

杉浦「なんで邪魔するのよ? 私は……あんたのためにやってるって言うのに」

赤沢「多佳子……お願い、もうやめて」

杉浦「私はずっと、ずーっと……出会った時からあんたのために……」

杉浦「私の全部をあんたのために使ってきたのに……なのに……」ブツブツ

赤沢「……」

杉浦「……なのに……なのにさあ!!」バンッ

赤沢「っ!!」

杉浦「わかったわよ!!
    私の思い通りにならないって言うなら――――もう泉美はいらない!!!!」ダンッ

赤沢「きゃっ!?」


846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:11:20.07 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「いぃいいいずぅうううみぃぃいぃいいい!!」ガバッ

赤沢「くっ……!」

恒一「赤沢さん!」

赤沢「だめ! こっちに来ないで!」

恒一「っ!」ビクッ

赤沢「この子は……この子は、私がなんとかしないと……!!」

恒一「あ、赤沢さん……」

鳴「……」

赤沢「私のせいで、この子は……」ググッ…

杉浦「泉美!! 泉美ぃいいいっ!!」


854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:15:02.97 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「泉美ぃっ……!!」

赤沢「くっ……!!」

杉浦「このおっ……!!」

赤沢「くうっ……お、お願い多佳子! もうやめて!」

杉浦「もう止まれないのよ!! 秘密を知られて、なのに拒絶されて!!」

赤沢「っ……!!」

杉浦「もう私に生きる意味はないの!! それならいっそ、あんたを殺して私も……!!」

赤沢「……!!」

杉浦「二人で死ぬのよ!! 二人一緒にあの世に――」

赤沢「この……大馬鹿やろぉおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!」バギィッ

杉浦「ぴぎっ!?」


855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:16:49.14 ID:Hj9UC5eY0

杉浦「あ、あうう……は、鼻が……」

恒一「うわあ……」

鳴「ヘッドバッドがモロに顔面に……」

赤沢「ふーっ、ふーっ」

杉浦「あ、鼻血が……」ポタポタ

赤沢「……多佳子!!」

杉浦「……な、なに?」

赤沢「このバカ!! 私がいつあんたのことを拒絶したっていうのよ!!」

杉浦「……ふえ?」

恒一「えっ」

鳴「えっ」


866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:19:49.04 ID:+Q5nRqbw0

えっ(驚愕)


868 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:22:07.49 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「あんたが私のこと大好き!? そんなの何年も前から知ってたわよ!!」

杉浦「えっ……」

赤沢「気付かないとでも思ってたの?
    私がいつも多佳子に守られてたことぐらい……ずっと知ってた!!」

杉浦「い、泉美……」

赤沢「いつも傍にいてくれて……私が泣いてる時も助けてくれて」

杉浦「……」

赤沢「例えあんたがどんなに最低で、こんな人のことを傷つけることをしたとしても」

杉浦「泉美……」

赤沢「あんたはね……私の、私の大事な……」

杉浦「いず――」

赤沢「――――親友なのよ!!」

杉浦「……えっ?」

恒一(あちゃーやっぱりか)

鳴(親友宣言いただきました)


871 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:23:58.22 ID:qYS+8FfE0

やっぱり無能さんだな


879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:24:53.02 ID:+oAaGNhci

( ; ; )


880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:24:56.99 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「だからこんなことはもうやめて!!」

杉浦「……」

赤沢「あんたの望むことなら可能な限りなんだってする!!」

杉浦「……」

赤沢「だからお願い、今は矛を収めて――」

杉浦「あ、いや、うん。わかったもういいや」

赤沢「え?」

杉浦「ごめん……なんか、もう、いいやホント」

赤沢「え? え?」

杉浦「何かホント疲れた……今はちょっと寝させてくださいお願いします」

赤沢「え? え? 多佳子?」

杉浦「私ホント今までなにしてたんだろ……」トボトボ

赤沢「多佳子? ちょっとどこいくの?」


883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:27:26.88 ID:Hj9UC5eY0

ガチャッ バタン

恒一「……」

鳴「……」

赤沢「……え?」

恒一「これは、杉浦さん……」

鳴「流石に同情するわね……」

赤沢「え? え? どういうことなの?」

恒一「やっぱり赤沢さんは無能だよねってことだよ」

鳴「そうね」

赤沢「ええええええ!? なんでそんな――」

ピリリリリリ!

恒一「あ、電話だ」

鳴「誰からかしら」

赤沢「ちょっと! 無視しないでよ!!」


885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:32:00.46 ID:Hj9UC5eY0

ピッ

『あ、サカキか!?』

恒一「勅使河原? うん、僕だけど……どうしたの?」

『サカキ! 今どこにいる!?』

恒一「え? 今アナウンス室だけど……」

『そっか……じゃあ今から合流できるか?
  俺達、三神先生や望月たちと一緒ロビーにいるからさ』

恒一「わかった……そっちの方はもう大丈夫なの?」

『おうバッチリだぜ! そっちももう終わったんだよな?』

恒一「まあ一応はね……」

『そっか……わかった、じゃあまた後でな!』

恒一「うん、また後で」

――ピッ


887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:35:54.33 ID:Hj9UC5eY0

鳴「勅使河原くん、なんだって?」

恒一「今から合流しようってさ。あっちの方ももう終わったみたい」

鳴「そう……」

恒一「それじゃ早く行こう。三神先生たちも一緒に待ってるらしいから」

鳴「……三神先生も?」

恒一「うん、それに望月もいるって」

鳴「そう……」

恒一「……? まあいいや、とにかく急ご――」

赤沢「ちょっと待ってよ!」ガシッ

恒一「うわっ!?」


888 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:38:05.02 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「私を置いて行こうとしないでよ!」

恒一「赤沢さん……」

赤沢「また私だけ除け者にして……私だって一応対策係なんだから!」

恒一「……」

赤沢「今度こそ、絶対もう一人を見つけ出してみせる! だから私も一緒に――」

恒一「赤沢さん」

赤沢「なによ!?」

恒一「すごく言いづらいんだけどさ……それ」ピッ

赤沢「それ? それってなにが――」


胸パッド「」


赤沢「……え?」


891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:39:55.17 ID:oCywGUMK0

秘密が


892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:40:00.01 ID:OMVRdc6e0

ないもの


895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:41:03.68 ID:Hj9UC5eY0

赤沢「……え? ふえ?」

恒一「さっき赤沢さんが杉浦さんともみくちゃになってる拍子に、ね」

赤沢「ふえええええええええええええ!?」

恒一「いや、まさか赤沢さんが偽乳だとは思わなかった」

赤沢「えっ、ちがっ、これっ、これは違うの!!」

恒一「安心して、誰にも言わないから」

赤沢「違うのおおおおおおおおお!! これは、これは違くてぇ!!」

恒一「それじゃ僕ら先行くから、赤沢さんからちゃんと詰め直してから来ていいよ」タッ

赤沢「うえっ、うっ、うわあああああああああああっ!!!?!?!?!?」


ガチャッ バタン


898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:44:01.05 ID:Hj9UC5eY0

――廊下

恒一「まさか赤沢さんの秘密があんなだったとはね……」

鳴「ええ……」(気の毒に……)

恒一「まあ、取りあえずこれで一段落だよね?」

鳴「……そうね、騒ぎも収まったし」

恒一「はー、なんかどっと疲れたよ……」

鳴「そうね……」

恒一「後で食堂で何か貰えないかな、小腹空いたし」

鳴「……」

恒一「……見崎?」

鳴「……」

恒一「見崎? どうかしたの?」


902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:45:03.59 ID:Hj9UC5eY0

鳴「……榊原くん」

恒一「なに?」

鳴「落ち着いて聞いてくれる?」

恒一「……? なにを?」

鳴「私ね……」

恒一「?」

鳴「私……死者、分かったかも」

恒一「……え?」


908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:47:31.26 ID:Hj9UC5eY0

恒一「わかったって……」

鳴「正確には思い出した、かな……」

恒一「思い出した?」

鳴「……さっき、杉浦さんが恒一くんにのしかかったでしょ?」

恒一「う、うん」

鳴「あれと似た光景……私、以前見たことがある」

恒一「えっ?」

鳴「……榊原くん」

恒一「……な、なに?」

鳴「榊原くん……クラスにまぎれこんだ一人はね」

恒一「……うん」

鳴「もう一人は――」


910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:49:26.18 ID:Hj9UC5eY0

――ロビー

勅使河原「……あっ! おーいサカキ!」

望月「榊原くん!」

恒一「……」スタスタ

鳴「……」スタスタ

勅使河原「大丈夫だったか? 怪我とかは無いみてーだけど」

望月「心配したよ……見崎さんも大丈夫?」

恒一「……あ、ああ、僕は大丈夫」

鳴「私も平気。ありがとね、心配してくれて」


「――榊原くん!」


911 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:51:27.56 ID:Hj9UC5eY0

恒一「あっ……」

三神「大丈夫だった!? 怪我とかは……」

恒一「だ、大丈夫です……」

三神「そう、よかった。あなたの身に何かあったらと思うと……」

恒一「……」

三神「……? 榊原くん?」

恒一「……」

三神「どうしたの榊原くん? 俯いちゃって」

恒一「……三神先生……いえ、怜子さん」

三神「え?」

恒一「少しお話があります」


912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:53:11.82 ID:Hj9UC5eY0

三神「お話?」

恒一「ええ……」

勅使河原「サカキ? なんだよ話って」

望月「な、なんか怖い顔してるけどどうしたの?」

恒一「……」

三神「なんなの榊原くん、お話って」

恒一「……怜子さん」

三神「なに?」

恒一「怜子さんが――今年のもう一人ですね?」


913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:55:05.88 ID:Hj9UC5eY0

三神「え……?」

勅使河原「なっ……サカキ!?」

望月「なに言ってるの榊原くん!!」

恒一「……」

三神「……さ、榊原くん? どういうことなの、もう一人って」

恒一「……」

勅使河原「おいどういうことなんだよ!」

望月「ちゃんと説明してよ!」


「――待って」


914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:57:47.73 ID:Hj9UC5eY0

鳴「説明は私がする」

勅使河原「見崎……」

三神「見崎さん……?」

鳴「私、思い出したんです……一年半前のこと」

望月「一年半前?」

勅使河原「ど、どういうことだ……?」

鳴「一年半前、私……」

三神「……」

恒一「……」

鳴「見たんです、三神先生――三神怜子さんが、榊原くんのことをレイプしてるところ」

三神「……え?」


915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:58:21.59 ID:nHsHMJ/d0

ガタッ

  
918 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 23:58:46.54 ID:oCywGUMK0




922 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:00:25.73 ID:jRAJYZGSi

恒一は傷物だったんや…


923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:01:04.26 ID:1TikddYg0

鳴「場所は、学校の近くの茂み」

鳴「私はその日、散歩してる時にそこを通りがかったの」

鳴「すると茂みの方から何かくぐもるような声と、悲鳴に似た何かを聞いた」

鳴「猫でもいるのかな、ってそーっと覗いてみた私が見たのは……」

三神「……」

恒一「……」

鳴「妙齢の女性が私と同い年ぐらいの男の子に跨って、激しく腰を振ってる光景だった」


927 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:02:01.24 ID:JI5P+TmR0

実際叔母が未成年の甥を強姦したのがばれたら刑に服されるの?


930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:02:40.37 ID:l7ZRsgdRi

>>927
当たり前やろ



931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:02:51.84 ID:Hj9UC5eY0

勅使河原「そ、それって……」

望月「え……? う、うそ、そんな三神先生が……」

鳴「……」

望月「う、うそだよね榊原くん! 三神先生がそんなことするわけ――」

恒一「……事実だよ」

望月「なっ……」

恒一「見崎に言われて、僕も思い出した……一年半前、祖父母の家に遊びに来たときのこと――」


937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:06:16.54 ID:1TikddYg0

怜子『ほら、ほらっ……どう? 恒一くん、叔母さんのナカは?』

恒一『あっ、ぐうっ……や、やめて……』

怜子『ああんっ♪ きもちいっ……ねえ恒一くんも気持ちいいでしょ? ねえ、恒一くん』

恒一『やめて……やめてよぉ、怜子おばさん……』

怜子『うふふ、いいわよその顔……泣きそうな顔♪
    ねえ、怖い? それとも気持ちいいの? ねえっ、ねえ!』

恒一『ああっ! やめ、やめでぇ……もういやだぁ……』

怜子『ほら恒一くんも腰振って……あはっ、そうよ♪
    もっと獣みたいに貪り合いましょう? ほら、ほらあっ!』

恒一『うああああっ!!』


938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:06:43.34 ID:JI5P+TmR0

最高だな‥‥


939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:07:49.13 ID:jRAJYZGSi

これぶっちゃけトラウマだよな


943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:09:03.29 ID:1TikddYg0
―――――――――――

――――――

――


恒一「……」

鳴「その後は、私が携帯で警察を呼んで……三神先生は逮捕された筈だった」

勅使河原「……」

鳴「本来なら三神先生は刑務所か、もしくは榊原くんの近くではない遠い所にいたはず」

望月「……」

鳴「でも今年、現象が起きて……」

三神「……」

鳴「私と榊原くんの記憶が改竄されたうえで、
   三神先生――あなたがこのクラスのもう一人として紛れ込んだんです」


947 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:11:49.30 ID:1TikddYg0

勅使河原「ま、マジかよ……」

望月「そんな……そんな……」

三神「……」

恒一「……怜子さん」

三神「……なにかしら?」

恒一「どうなんですか?」

三神「……どう、って言うのは?」

恒一「怜子さんは……」

三神「……」

恒一「怜子さんは、本当に僕のことを……」

三神「……そうね」


怜子「私は……恒一くんのことを愛しているわ」


949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:14:00.50 ID:1TikddYg0

恒一「っ……!」

鳴「やっぱり……」

怜子「最初は、可愛い甥だと思ってたんだけどね……」

望月「み、三神先生……」

怜子「幼い頃から見守っているうちに、私の中に……妙な感情が芽生え始めた」

怜子「それがいけないことだとは勿論わかってたけど」

怜子「そう……そうね、私も今思い出した」

怜子「一年前のあの日……私は溢れる感情を抑え切れず……恒一くんを襲ったわ」

恒一「……」


952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:17:27.35 ID:1TikddYg0

怜子「ふふっ……まさか、私がこのクラスのもう一人だったなんてね」

恒一「……れいこ、さんっ……!」

怜子「ごめんね……怖い思いさせちゃったわよね、あの時」

恒一「っ……!」

怜子「謝って済むとは思ってないけど……本当にごめんね」

恒一「怜子さん……!」

怜子「……いいのよ、もう」

恒一「っ!」

怜子「身勝手な話だけど……また、あなたの顔が見れてよかった」

恒一「――っ!! 怜子さん! 僕はッ――」

怜子「……バイバイ、恒一くん」

恒一「あっ……」


955 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:20:24.79 ID:1TikddYg0

恒一「消え、た……」

鳴「……」

勅使河原「……あ、あれ? 俺たちなんでこんなところでなにしてたんだ?」

望月「今、榊原くんが誰かと話してたような……」

恒一「……」

勅使河原「サカキ?」

恒一「……」

勅使河原「どうしたんだお前……泣いてるのか?」

恒一「……」

勅使河原「サカキ……?」

恒一「……うっ」

恒一「うああぁあっ……あああぁああっ!!」

勅使河原「いいっ!?」


956 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:22:40.56 ID:1TikddYg0

勅使河原「ちょっ、な、なんで泣いてんだよ!?」

恒一「ううぅうっ……怜子ざん……! うあぁあっ……」

勅使河原「お、おい見崎! これどういうことだ!? なんでサカキの奴突然泣き出して……」

鳴「……そっとしておいてあげて」

勅使河原「は?」

鳴「今は……今だけは、好きなだけ泣いていい」

恒一「うううっ……うあああっ……」

恒一「れい、こ、さん……ううぅ……怜子さん……」

恒一「怜子さん……おかっ」

恒一「おかあ……お母さん―――――」


958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:24:15.43 ID:DJynT1WZ0

恒一「思い出したら…おえええええええええええっ」


959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:24:27.87 ID:l7ZRsgdRi

オカンは関係ないだろwwwww


960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:24:36.48 ID:1TikddYg0

――一週間後・学校

カン カン カン

ガチャッ……

恒一「……」

鳴「……こんなところにいたのね」

恒一「……見崎か」

鳴「まだ夏休みなのに、なんで学校の屋上なんかにいるの?」

恒一「……見崎こそ、なんでいるのさ」

鳴「私は……どうだっていいでしょ」

恒一「なんだよそれ」


961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:25:49.27 ID:1TikddYg0

ビュオオオオ…

恒一「……」

鳴「……風、強いね」

恒一「うん……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……見崎、僕さ」

鳴「……なに?」

恒一「僕……怜子さんのことなんだけど」

鳴「怜子さんのこと?」


962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:28:13.85 ID:1TikddYg0

恒一「僕、生まれた時に母親を失くしてるって前に言ったよね?」

鳴「そうね……そんな話も聞いたかも」

恒一「それで、写真で見る母と怜子さんが……そっくりだったんだよ」

鳴「……そう」

恒一「それでいつしか、怜子さんのことを……母親代わりみたいに見てたんだ」

鳴「……」

恒一「だから、だから一年半前……」

鳴「……」

恒一「怜子さんに襲われたとき、僕は……」

鳴「榊原くん……」


963 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:29:56.29 ID:1TikddYg0

恒一「……ごめん、変な話して」

鳴「ううん、気にしてない」

恒一「……僕、今度」

鳴「うん」

恒一「今度、怜子さんに会いに行こうと思うんだ」

鳴「え?」

恒一「今はまだ服役中らしいから、面会って形になるけど……もう一度、会ってみたいんだよ」

鳴「……そう」

恒一「……」

鳴「いいんじゃないかな、それで気持ちの整理がつくなら」

恒一「……うん」


966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:32:06.21 ID:rJWL6yjs0

夏休み明けが真の地獄だな


965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:31:40.85 ID:1TikddYg0

ビュウウウウウウウッ…

恒一「……風、強いね」

鳴「そうね」

恒一「……そろそろ中にもどろっか」

鳴「うん……あ、ちょっと待って」

恒一「……? どうしたの」

鳴「その前に一つだけ」

恒一「?」

鳴「榊原くん、少ししゃがんでくれる?」

恒一「……? こう?」

鳴「うん。それでじっとしててね」

恒一「? うん――――」


チュッ


967 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:32:21.85 ID:l7ZRsgdRi

!?


969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:32:59.31 ID:1TikddYg0

恒一「えっ……」

鳴「……」

恒一「……み、見崎? 今のって――」

鳴「秘密だよ」

恒一「え?」

鳴「これは私と榊原くんだけの秘密だから」

恒一「えっ……」


970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:34:23.65 ID:1TikddYg0

鳴「それじゃ、早く中にいこ」

恒一「ま、待ってよ見崎! 今のって……」

鳴「勘違いしないでね。単に榊原くんを慰めるためだけのものだから」

恒一「えっ、ええぇ……」

鳴「ほら、早く」

恒一「……」

鳴「榊原くん」

恒一「……はあ、わかったよ」


971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:34:33.01 ID:8O2LuBZZ0

いつフラグ立ってた


974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:39:02.82 ID:Kmb4PwNL0

秘密の共有は基本フラグの一つ


977 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:42:12.73 ID:1TikddYg0

「……見崎、あのさ」

「なあに?」

「いつか、東京で美術館巡りしようよ」

「美術館巡り」

「僕、大学は美術系にしようと思ってて……見崎も確か美術系志望でしょ?」

「……何で知ってるの?」

「え、えーとそれは……」

「……」


978 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:42:16.47 ID:1TikddYg0

「……いいよ、行こう」

「えっ?」

「その内ね。私が東京に行ったとき」

「あっ……う、うん!」

「私たちだけの、秘密の約束だからね」

「……うん」



「――僕たちだけの、秘密だ」





終わり


990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:43:34.61 ID:JI5P+TmR0

赤沢さんェ‥‥  乙 怜子さんENDかと思ったけど どうやってもならない設定だな


993 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/15(日) 00:43:58.45 ID:kO6YQ+sG0

面白かった




Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-04-27
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by AZlink

Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-05-25
売り上げランキング : 712

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/04/16 00:00 ] AnotherSS | TB(0) | CM(18)
正直、恒一君が羨ましいぜwww
[ 2012/04/16 01:30 ] [ 編集 ]
なんつー災厄だw
[ 2012/04/16 02:15 ] [ 編集 ]
怜子さんに襲われるとかどんなご褒美だw
それとさり気なくデモンズソウルネタを混ぜるなw
[ 2012/04/16 02:47 ] [ 編集 ]
おれも怜子さんに襲われたいんだが
[ 2012/04/16 03:51 ] [ 編集 ]
ドウシテ?ドウシテ レイチャン
↑これが余計切なく聞こえる…
[ 2012/04/16 04:19 ] [ 編集 ]
一番酷いのは兄妹でオカズにしあってた事を主婦ネットワークに乗せた小椋マザー
[ 2012/04/16 05:40 ] [ 編集 ]
でも怜子さんを通報したのは見崎なんだよな…
恒一はその辺は許せるのか?
[ 2012/04/16 08:21 ] [ 編集 ]
久々にSSらしいSSを読んだ気がする
[ 2012/04/16 17:37 ] [ 編集 ]
小椋さんが妹なら仕方ないな
[ 2012/04/17 00:14 ] [ 編集 ]
水野さんもマザーファッカーも余裕で社会的に終わるだろw
赤沢杉浦に萌えた
目覚めそうです
[ 2012/04/17 03:28 ] [ 編集 ]
怜子さんの件、不覚にも泣いてしまった。
[ 2012/04/17 12:04 ] [ 編集 ]
小椋さんに精液あげたいよお
[ 2012/04/17 23:07 ] [ 編集 ]
アカザーさんの秘密が、一番被害が少ない……っていうか、社会的に○なずに済むと思う。
[ 2012/04/23 10:51 ] [ 編集 ]
14歳かそこらで29?くらいの最高に美人な叔母と・・・


アリだな
[ 2012/05/21 13:27 ] [ 編集 ]
小椋ママンは信頼できるママ仲間だけに打ち明けたんだろうがそれを広められちゃったんだろうな…。
[ 2012/05/23 03:22 ] [ 編集 ]
てかさ現象の時に自分の秘密とかを話しとけば大丈夫だったんじゃねぇのか?
[ 2013/04/21 16:29 ] [ 編集 ]
秘密が暴露されるのが嫌だから対策してんのに自分から暴露してどうするんだよ
[ 2013/07/06 05:53 ] [ 編集 ]
恒一「僕だけの怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さんあぁmy sweet怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さん怜子さんなんでもっと犯してくれないのねぇどーして怜ちゃんどーして怜子さん」

怜子「」
[ 2015/04/05 04:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。