素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

綾野「こういっちゃんと子作りしないと死ぬ病気にかかった」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:17:14.26 ID:fPKmurVL0

小椋「えっ?」

綾野「どうしよう……」

小椋「いやいやいや……えっ?」

綾野「このままじゃ私死んじゃうよぉ……」

小椋「いやいやいやいやちょっと待って」

綾野「なに?」

小椋「彩、あんた今なんて言ったの?」

綾野「だからこういっちゃんと子作りしないと死んじゃうって……」

小椋「ごめん意味がわからない」



1330965966515.jpg
 
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:20:35.42 ID:fPKmurVL0

小椋「彩、あんた頭大丈夫?」

綾野「どういう意味?」

小椋「いやだって……ねえ? そんな子作りしないと死ぬ病気なんてあるわけないでしょ」

綾野「でもお医者さんがそう言ったんだもん」

小椋「それ多分やぶ医者よ」

綾野「稀によく見る奇病だって言ってた」

小椋「稀によく見るってどういう表現よ……」

綾野「どーしよぉ! ねえ! 私まだ死にたくない!」

小椋「とりあえず落ち着け!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:22:46.36 ID:fPKmurVL0

小椋「と言うかなんでそんな話をあたしにするのよ」

綾野「こんなこと相談できるの、由美しかいないし……」

小椋「えー……あたしはあんたの中でどういうポジションなのよ」

綾野「えっ? 一番の親友だけど……」

小椋「えっ」

綾野「へ?」

小椋「…………そ、そうっすか」

綾野「? どうしたの由美、顔赤いけど」

小椋「何でもないからほっとけ」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:25:17.85 ID:fPKmurVL0

小椋「えーっと……それでなんだっけ、榊原くんと……こ、子作りしないと死ぬ病気だっけ?」

綾野「うん」

小椋「俄かには信じられないけど……仮にそれが本当だったとして」

綾野「うん」

小椋「それであんたはどうすんのよ?」

綾野「うん?」

小椋「榊原くんにそのこと伝えるの?」

綾野「えっ……ええええええ!? むむむムリムリムリ!! 絶対ムリ!!」

小椋「でもそうしないとあんた死んじゃうんでしょ?」

綾野「そっそうだけど!! こんなことこういっちゃんに言えないよ!!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:30:21.07 ID:fPKmurVL0

小椋「じゃああんた死ぬしかないじゃない」

綾野「うっ……そ、それもヤダぁ……」

小椋「なら榊原くんに事情を伝えて、なんとか頼み込むしかないんじゃないの?」

綾野「うぅううぅ……でもぉ」

小椋「……」

綾野「そ、そもそもこういっちゃんが私なんかと子作りしてくれるかわかんないし……」

小椋「……」

綾野「それに仮に子作りしてもこういっちゃんに迷惑かかっちゃうし……」

小椋「……」

綾野「やっぱり無理だよ……私はもう死ぬしか道が――」

小椋「あーもううじうじうじうじ面倒くさいなあ!!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:40:12.80 ID:fPKmurVL0

小椋「あんたそんなキャラじゃなかったでしょ!?
    いつもの鬱陶しい程の元気っぷりはどこにいったのよ!」

綾野「うぅ……うぇえん」

小椋「泣くなよ!」

綾野「うぅ……でもぉ……」

小椋「あーもう面倒くさいなあ……わかったわよ!」

綾野「ふぇ?」

小椋「あたしが何とかしてあげるわ!」

綾野「なんとかするって?」

小椋「どうにかして榊原くんと……あ、アレ、ができるように手伝ってやるって言ってんのよ!」

綾野「え……えええええ!?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:45:12.26 ID:fPKmurVL0

綾野「ゆ、由美が!? どうやって?」

小椋「……まあ、それは今から考えるけど」

綾野「ええー……」

小椋「なによその顔!
    あんたがしっかりしないからあたしがでしゃばる羽目になってんでしょうが!」

綾野「そ、それは……」

小椋「それに……親友が困ってんだから、助けないわけにはいかないでしょ!」

綾野「えっ」

小椋「あっ……」

綾野「……ゆ、由美……」

小椋「……」

綾野「ゆみぃいいいいいい!!」ダキッ

小椋「わああっ!? 抱き着くな暑苦しい!!」

綾野「うぇえええええん!! ありがどうゆみぃいいいい!!」

小椋「だから泣くなってば!!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:50:17.53 ID:fPKmurVL0

小椋「制服が涙と鼻水だらけに……」

綾野「ご、ごめん。つい嬉しくって」

小椋「はあ……いいわよ、気にしなくて」

綾野「うん……ありがとね、由美」

小椋「はいはいどーいたしまして。……それじゃ、早速何か方法を考えましょ」

綾野「方法?」

小椋「あんた自分のことなのに何で忘れてんのよ……榊原くんと子作りする方法よ」

綾野「あっ……そ、そうだった」

小椋「こいつ……」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 17:56:29.10 ID:fPKmurVL0

小椋「一番手っ取り早い方法があんたから病気の話を伝えることなんだけど」

綾野「うっ……そ、それはちょっと」

小椋「はあ……あんたって、いざとなると急にヘタレになるわよね」

綾野「うぅ……面目ない」

小椋「しょうがないわね。あんた、榊原くんの携帯か家の番号しってる?」

綾野「? 知ってるけど、何で?」

小椋「あたしから話伝えてあげるわよ。彩の病気のこと」

綾野「え……うええええええ!? だだだダメダメダメ! 絶対ダメ!」

小椋「はあ?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:07:44.41 ID:fPKmurVL0

綾野「恥ずかしいからダメ! 絶対にダメ!」

小椋「恥ずかしいって……自分の命掛かってんでしょ?」

綾野「そ、そうだけど、でもぉ……!」

小椋「このまま何もせずに死ぬのと、榊原くんとセックスして助かるのとどっちがいいのよ?」

綾野「そりゃ勿論後者だよ!!」

小椋「うわ、即答かよ……」

綾野「あっ……」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:08:34.88 ID:fPKmurVL0

小椋「まあそれなら話が早いわね。ほーらさっさと腹括れ、番号教えろ」

綾野「ううぅ……」

小椋「は・や・く」

綾野「わかったよー! もー! このメモ帳に番号乗ってるよ!」ブンッ

小椋「わっと……ちょっと投げてよこさないでよ」

綾野「うええええええん! 由美のバカー!」

小椋「はいはいバカで悪かったわね。えーと、この近くに公衆電話あったかしら……」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:12:00.50 ID:fPKmurVL0

――三十分後

小椋「取りあえず電話で彩の家まで来るよう呼び出したけど……」

綾野「うぅ……」

小椋「いい加減覚悟決めなさいって」

綾野「でもぉ……」

小椋「大丈夫大丈夫、榊原くんは人がいいから頼みごと断ったりしないわよ」

綾野「そういう問題じゃないの!」

小椋「どういう問題よ――ん?」


ピンポーン


綾野「!!」ビクッ

小椋「あ、来たみたいね」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:16:04.20 ID:fPKmurVL0

ガチャッ

恒一「あっ……どうも、こんにちは」

小椋「いらっしゃい。悪いわね、急に呼び出したりして」

恒一「別に気にしてないよ。小椋さんたちに呼ばれるなんて珍しいとは思ったけどね」

小椋「ごめんね、ちょっと話がね……」

恒一「話?」

小椋「まあそれについては後にしましょう。彩も部屋でまってるから」

恒一「? うん、わかった」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:18:42.97 ID:fPKmurVL0

ガチャッ

恒一「お邪魔しまーす」

綾野「っ!! う、うわあああっ!!」

恒一「えっ!? なに!?」

綾野「ほ、ホントにきちゃったあああ! ホントにこういっちゃん来ちゃったよぉおお!」

恒一「え? ど、どういうこと綾野さん?」

綾野「うわぁああん! 無理だって! 絶対無理だって!」

恒一「あ、綾野さん? 大丈夫?」

綾野「無理無理無理――あだっ!?」バシッ

小椋「少し落ち着け」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:23:14.56 ID:fPKmurVL0

綾野「いったぁああい……」

小椋「ごめんね榊原くん。ちょっと彩のやつ、いま色々といっぱいいっぱいで」

恒一「? う、うん……大丈夫、気にしてないよ」

小椋「ありがと。それじゃ適当に座ってくれる?」

恒一「うん」

綾野「うー……」

小椋「ほら彩、あんたもうずくまってないで体起こしなさい」グイッ

綾野「あうっ」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:29:54.79 ID:fPKmurVL0

小椋「ったく……それじゃ榊原くん、早速で悪いけど本題に入るわね」

恒一「うん、いいよ」

小椋「えっと……実は、彩が――」

綾野「ゆ、由美ぃ! やっぱりよそうよぉ!」

小椋「あーもういいから! あんたは私に任せて大人しくしてなさい!」

綾野「うぅううぅ……」

小椋「ごめんね。それで……今からする話、笑ったり引いたりしないで聞いてくれる?」

恒一「……? わ、わかった」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:30:44.38 ID:fPKmurVL0

小椋「実はね……」

恒一「うん」

小椋「実は……」

恒一「……うん」ゴクリ

小椋「彩が榊原くんと子作りしないと死ぬ病気に掛かっちゃったの」

恒一「………………うん?」

綾野「あうぅうう……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:34:23.05 ID:fPKmurVL0

恒一「……ご、ごめん、ちょっと今うまく聞き取れなかったかも。もう一度言ってくれる?」

小椋「だから、彩が榊原くんと子作りしないと死ぬ病気にかかったのよ」

恒一「……え、ええと? なに、子作り? 綾野さんが僕と?」

小椋「そうよ」

恒一「こ、子作りってあれだよね……こ、こうおしべとめしべがアレするやつだよね?」

小椋「その通りよ。ね、彩?」

綾野「は、はい……その通りでございます……」

恒一「……」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:50:56.69 ID:fPKmurVL0

小椋「そういうわけで榊原くん。申し訳ないんだけど、彩のこと助けてくれない?」

恒一「えっ……」

小椋「このままじゃこの子死んじゃうらしいから……ほら彩、あんたからもお願いしなさい」

綾野「う、うん……こういっちゃん」

恒一「……な、なに?」

綾野「私、死にたくないの……」

恒一「えっ」

綾野「うぅ……お、お願いこういっちゃん! 私と、こっ、こ、こっ……!」

恒一「えっ、ちょ、ちょっと待って!」

綾野「子作りしてっ!!」

恒一「待ってってば!」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:54:23.26 ID:fPKmurVL0

綾野「い、言えたよ由美ぃ! 私ちゃんとお願いできた!」

小椋「はいはいよくやったわね、偉い偉い」

綾野「やったー! やったよー!」

恒一「だからちょっと待ってってば!」

綾野「やったー……えっ? な、なに?」

恒一「いや、あのさ……」

綾野「?」

恒一「……じ、冗談だよね?」

綾野「冗談?」

恒一「いや、だから……僕と子作りしないと死ぬって、冗談だよね?」

綾野「えっ」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 18:57:40.08 ID:fPKmurVL0

恒一「ま、全くもう……冗談きついよ二人とも」

綾野「えっ、えっ」

恒一「二人してこんなバレバレの嘘ついて」

綾野「えっ……」

恒一「もしかして話ってこれのことだったの?
    酷いなあ、流石に僕もこんな嘘には引っかからないって」

綾野「うっ……嘘じゃないよ!? ホントの話だよ!」

恒一「いや、だから騙されないってば」

綾野「だから騙してないのー!!」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:01:30.28 ID:fPKmurVL0

綾野「ゆ、由美ぃ! どうしよう!」

小椋「あー……まあそりゃそうなるわよね」

綾野「ええ!?」

小椋「正直私だって未だに半信半疑だし」

綾野「えええええ!? そうだったの!?」

小椋「あんたの話じゃなかったら、きっと一蹴してたわよ」

綾野「そ、そんなぁ……」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:04:30.64 ID:fPKmurVL0

恒一「えーと……それじゃ僕、もう帰ってもいいかな?」

綾野「ええ!?」

恒一「もうそろそろ夕方だしさ、今日うちおばあちゃんがいないから僕がご飯作らないと……」

綾野「ままま待って! もう少し待って!」

恒一「えっ?」

綾野「あと十分だけ! ちょっと作戦会議するから!」

恒一「作戦会議?」

綾野「待っててね! 一生のお願いだから!!」

恒一「? う、うん、わかった」

綾野「絶対だからね! ……由美ー!!」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:09:52.59 ID:fPKmurVL0

綾野「どうしよう! これどうすればいいの!?」

小椋「いや、ここからはもうあたしの出る幕じゃ……」

綾野「待ってよぉ! 一緒にどうすればいいのか考えてよ!」

小椋「うーん……」

綾野「ねえねえ! どうすればいいの!? どうしたら信じて貰えるの!?」

小椋「あー……そうねえ、何か証拠みたいの見せればいいんじゃない?」

綾野「し、証拠って言っても……」

小椋「ええと……そうだ、診断書とかないの?」

綾野「診断書?」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:14:23.28 ID:fPKmurVL0

綾野「ええっと……」

小椋「病院で何かそういうの貰わなかったの?」

綾野「うーん……」

小椋「まあ、こんな嘘臭い病気に診断書つくとは思えないけど――」

綾野「……あ! 思い出した!」

小椋「えっ?」

綾野「貰った! 貰ったよ診断書!」

小椋「えっ」

綾野「確か机に閉まってた筈……ちょ、ちょっと待ってて!」

小椋「えっ……マジ?」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:52:19.30 ID:fPKmurVL0

綾野「あったー! ほらこれ診断書だよ!」

小椋「ま、マジであったんだ……ちょっと読ませて」

綾野「うん、どうぞ!」

小椋「えーっと……なに? 突発性セックス中毒症(仮称)?
    一番好きな人と性交渉を行わないと精神に負担がって……」

綾野「ね! ホントだったでしょ?」

小椋「うわー、マジだ……実は彩が榊原くんとヤりたくて嘘言い出したんだと思ってたんだけど」

綾野「ええ!? なにそれ!? 私そんなエッチな子じゃないよ!!」

小椋「いや、それは知ってたけどさー……」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:55:52.12 ID:3KH+ohJD0

>一番好きな人と性交渉を行わないと

ほう……



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:54:55.10 ID:fPKmurVL0

小椋「まあ、とりあえずこれを見せれば信じて貰えるんじゃない?」

綾野「ホントに!?」

小椋「うん、ホントホント」

綾野「わかった! それじゃこういっちゃんにこれ見せてくるね!」

小椋「ええ、そうしなさ……ん? あれ、ちょっと待って。これ隅の方に小さく何か書いて――」

綾野「こういっちゃーん! ちょっとこれ見て!」パシッ

小椋「あっ!? ち、ちょっと待ちなさい!」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 19:59:09.79 ID:fPKmurVL0

綾野「ほらこういっちゃん、これ!」

恒一「え? なにこれ?」

綾野「診断書! 病院でもらったの!」

恒一「えっ……診断書?」

綾野「うん!」

恒一「ち、ちょっと貸してくれる?」

綾野「いいよー! はいどーぞ」

恒一「ありがとう。えーっと……」

綾野「……」

恒一「……え、ええー……? これ、本当に……?」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:02:37.66 ID:fPKmurVL0

恒一「偽物の診断書……には見えないけど」

綾野「だから本当だって言ってるじゃん!」

恒一「本当にこんな病気が……って、あれ? ちょっと待って?」

綾野「へ?」

恒一「いや、ここ……病気の概要のとこにさ」

綾野「ん?」

恒一「一番好きな人とってあるんだけど」

綾野「うん」

恒一「え、あの……あ、綾野さんの一番好きな人って……」

綾野「……うん?」

恒一「……ぼ、僕、なの?」

綾野「……………………あっ」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:03:25.91 ID:iIpDfSe60

かわいすぎる


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:04:59.58 ID:fPKmurVL0

綾野「わああああ! 待って! 待って! 今の無し!」

恒一「えっ、ちょっ」

綾野「ち、違うの! いや違わないんだけど!
    これはちょっと抜けてたと言うかなんというかそのー!」

恒一「あ、あの……」

綾野「うっうわああああああ! 私のバカー!
    これ完全にバレバレじゃん! バレてんじゃん! いやー!!」

恒一「あの」

綾野「わー! わー! わー――いたいっ!!」バキッ

小椋「落ち着け」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:08:52.46 ID:fPKmurVL0

綾野「ま、またぶったぁ……」

小椋「ごめんね榊原くん。ちょっとその診断書、もう一回見せてくれる?」

恒一「う、うん。どうぞ」

小椋「ありがと……」

綾野「うぅ……痛い……」

小椋「……やっぱり。ちょっと彩、こっち」チョイチョイ

綾野「いたいよぉ……ふえ? どうしたの由美?」

小椋「ちょっとここ見てみなさい」

綾野「へ? なに、診断書の隅に何か……」

小椋「……」

綾野「……え?」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:12:41.88 ID:fPKmurVL0

『尚わかっているとは思うけど、この診断書の内容は嘘です。
  そんな病気は存在しません by彩の伯母』


綾野「……ふえ?」

小椋「そういえばあんたの伯母さんって夕見ヶ丘病院に勤めてたわね……」

綾野「……え? え?」

小椋「そういえば昔からあの人ってイタズラ好きだったわよね」

綾野「えっ、えっ、ちょっと待って」

小椋「まあこんなのに騙される方も騙される方だけど」

綾野「えっ、待って。待ってちょっと待って」

小椋「ご愁傷様ね、彩」

綾野「ええええええええ!? ちょっと待ってぇええええええええ!!!!!」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:22:08.13 ID:n/kftzlaO

好きってバレちゃったね


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:18:02.33 ID:fPKmurVL0

綾野「伯母さあああああん!? ちょっとどういうことおおおっ!!」

小椋「そういえばこれ診断日丁度4月1日ね……なるほどそういうことか」

綾野「うわあああん!! バカー!! 伯母さんのバカー!!」

小椋「っつーか今6月じゃん。何であんたこんな話二か月も溜めてたのよ」

綾野「だってええええええ!! 誰にも言えなかったしぃいいいい!!」

小椋「せめて親にぐらいは言いなさいよ……あーだから誰もネタバレしなかったのね」

綾野「うぇえええええん!!」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:23:16.35 ID:fPKmurVL0

恒一「あ、あのー……」

綾野「うぇえええ……バカぁ……伯母さんのバカー……」

恒一「ね、ねえ。綾野さんどうしたの? 何かあったの?」

小椋「まあ何というか、この子が抜けてたと言うか……」

恒一「抜けてた?」

小椋「あー……実はね――いやちょっと待って」

恒一「え?」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:25:42.42 ID:fPKmurVL0

小椋「……」

恒一「小椋さん? どうしたの?」

小椋「……榊原くん。さっき診断書見て、彩の病気のこと信じてくれた?」

恒一「え? う、うん……それはまあ」

小椋「ふーん……そっかそっか。隅のアレは読んでなかったのね」

恒一「隅のアレ?」

小椋「いやいやこっちの話だから気にしないで」

恒一「?」

小椋「……うん、よしこれで行こう」

恒一「え?」

小椋「榊原くんよく聞いてね。実は彩が――」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:38:39.75 ID:fPKmurVL0

綾野「ううー……どうしよぉ……こういっちゃんになんて言い訳すれば……」

小椋「おーい、彩ー」

綾野「あっ、由美ぃ! お願い、一緒にこういっちゃんに謝って――」

小椋「それじゃあたしもう帰るから」

綾野「へっ?」

小椋「ちゃんと言っといてあげたから、後は自分でうまくやりなさいよ」

綾野「えっ、え? 由美?」

小椋「それじゃ上手く言ったら電話頂戴ねー」

綾野「ええええええ!? どういうこと由美ぃいいいい!?」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:41:43.54 ID:fPKmurVL0

小椋「じゃーねー」

綾野「待っ――」


ガチャッ バタン


綾野「て…………う、うそぉ……本当に行っちゃった」

恒一「……」

綾野「うう……ゆ、由美のバカぁ! 人でなしー!」

恒一「あのー……」

綾野「ペチャパイ! 貧乳! 由美なんて一生Aカップのままになればいいんだー!!」

恒一「ちょっと、綾野さん!」

綾野「ひゃいっ!?」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:45:45.54 ID:fPKmurVL0

綾野「あっ……こ、こういっちゃん」

恒一「えーっと……」

綾野「え、えーっと……」

恒一「……綾野さん、さっき小椋さんから聞いたよ」

綾野「っ!!」

恒一「綾野さんの病気のことなんだけどさ」

綾野「あっ……う、うう……ご、ごめんなさい。実は病気は……」

恒一「余命が明日までなんだよね?」

綾野「嘘――って、えっ?」

恒一「明日の朝までがタイムリミットなんでしょ?」

綾野「えっ?」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:51:15.39 ID:fPKmurVL0

恒一「だから今日中にその……こ、子作りしないと死んじゃうんだよね?」

綾野「えっ……え?」

恒一「だ、だからさ! 綾野さんが好きな人が僕だって言うなら、その」

綾野「ち、ちょっと待って!」

恒一「あっ綾野さんを助けるためなら、僕……」

綾野「まっ待ってよこういっちゃん! その話由美から聞いたの!?」

恒一「? う、うん。そうだけど」

綾野「え、ええー……どういうこと? 由美ったらどういうつも――」


ピピピピピ!


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:53:21.90 ID:fPKmurVL0

綾野「あれ? 電話? リビングの方……」


ピピピピピ!


綾野「こんな時に誰から……ご、ごめんこういっちゃん! ちょっと待ってて、電話出てくるから!」

恒一「う、うん。わかった」

綾野「ごめんね! すぐ終わらしてくるから!」


ガチャッ バタン


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:54:58.96 ID:fPKmurVL0

ガチャッ

綾野「もしもし?」

『あ、もしもし彩?』

綾野「お母さん? どうしたの、まだ仕事中じゃ……」

『聞いたわよ彩!』

綾野「え?」

『今家に彼氏さんが来てるんでしょ?』

綾野「……へ?」

『さっき由美ちゃんから私の携帯に連絡があってね』

綾野「え? え?」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:58:46.84 ID:fPKmurVL0

『私は今日は会社の方に泊まりこんでいくから』

綾野「え? え? え?」

『お父さんの方にもうまく言い訳して明日まで帰らせないでおくから』

綾野「ち、ちょっと待って? お母さん?」

『それともしもの時はアレ、お父さんの書斎の引き出しに入ってるから使いなさい』

綾野「アレってなに? お母さん何言ってるの?」

『それじゃ彩! しっかりやるのよ!』

綾野「ちょっと待ってえええ!!?」


ブツッ ツー ツー ツー


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:57:22.75 ID:iIpDfSe60

親も協力的とかもう結婚するしかない


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:57:50.20 ID:3KH+ohJD0

小椋さんマジ有能


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:00:52.05 ID:fPKmurVL0

ガチャッ


恒一「あ、おかえりなさい」

綾野「……」

恒一「何の電話だったの?」

綾野「っ! な、何でもない! 何でもないから!」

恒一「?」

綾野「う、うぅうう……」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:06:55.43 ID:fPKmurVL0

綾野(由美、どういうつもりなの……? こういっちゃんやお母さんに嘘吐いて)

綾野(……)

綾野(…………も、もしかして)

綾野(もしかして、あの嘘の病気の通りに私とこういっちゃんをこ……
    こ、こ、子作りをさせるために、こんなことを?)

綾野「……うぅううう……」

綾野(ゆ、由美のバカ……!! すごい余計なお世話だよ!!)

綾野「うぅうう~……!!」ジタバタ

恒一「綾野さん? どうしたの大丈夫?」

綾野「大丈夫ぅ~……」ジタバタ

恒一「とてもそうは見えないんだけど……」


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:11:58.04 ID:fPKmurVL0

恒一「も……もしかして病気の発作か何か?」

綾野「ふえ?」

恒一「綾野さん、今苦しいの?」

綾野「えっ……ま、まあ苦しい状況と言えばそうだけど」

恒一「っ! な、なら早くしないと!!」

綾野「ふえっ!?」

恒一「え、えっと、その……あっ綾野さん!」

綾野「えっ、ま、待って」

恒一「時間がないんでしょ? な、なら……」

綾野「え、あ、いやあの」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:15:25.24 ID:fPKmurVL0

恒一「僕、こういうの初めてだからうまくできないかもだけど……」

綾野「えっ……ま、待って、ちょっと――」

恒一「――綾野さん!」

綾野「はいっ!?」

恒一「……よ」

綾野「よ?」

恒一「……よ、よろしくお願いします」

綾野「……こ、こちらこそ、お願いします……?」


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:46:02.81 ID:fPKmurVL0

――三十分後


ガチャッ


綾野「……し、シャワー浴びてきたよ」

恒一「う、うん」

綾野「……」

恒一「……」

綾野「……」

恒一「……え、えっと、じゃあベッドの方に……」

綾野「っ! う、うんっ……」


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:52:58.13 ID:fPKmurVL0

綾野(どうしよう……結局流れでこんなことに……)

綾野(こ、こういっちゃんとって言うのはそりゃ嬉しいけど……こんな騙すような真似……)

恒一「……綾野さん?」

綾野「!!」ビクッ

恒一「大丈夫? 少し顔色悪いけど」

綾野「っ……な、なんでもないよ! 気にしないで!」

恒一「……」

綾野(うぅ……やっぱ顔にも出てたみたい……)

恒一(綾野さん……やっぱり病気のせいで……)


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 21:56:20.16 ID:fPKmurVL0

恒一(早く綾野さんを楽にしてあげないと……)

綾野「うぅ……」

恒一「そ、それじゃ綾野さん! 早速始めよっか」

綾野「っ! ……う、うん」

恒一「えっと、それじゃあ……」

綾野「……」

恒一「……」

綾野「……」

恒一「……ど、どうすればいいんだろう?」

綾野「えっ?」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:00:23.18 ID:fPKmurVL0

恒一「いや、さっきも言ったように僕こういうこと初めてだから、勝手がわからないと言うか……」

綾野「え、えっと……」

綾野(ええええ……!? わ、私だってわからないよ! 処女だもん!)

恒一「うーん……」

綾野(ど、どうしよう……こんなことなら雑誌とか読んで勉強しておけばよかった……)

恒一「えっと……ま、まずは服を脱がせばいいのかな?」

綾野「!? ぬっ脱がす!?」

恒一「いや、服を着たままじゃできないかと思って……」

綾野「あっ……う、うん、そうだね! はっ裸じゃないとダメだよね!」


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:04:24.32 ID:fPKmurVL0

恒一「そ、それじゃ脱がすね?」

綾野「うん……ど、どーぞ」

恒一「……」スッ

綾野「っ……!」ピクッ

恒一「……ブラウスのボタン、外すよ」プチ

綾野「う、うん……」

恒一「……」プチプチ

綾野「……」

恒一「……」プチッ プチ

綾野(……こ、こういっちゃんが……私の服を……)

恒一「……」プチッ…

綾野(あっ……し、下着、見えちゃう……)


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:07:47.76 ID:fPKmurVL0

恒一「っ……!」

綾野「あ、あう……」

恒一「……え、えっと……」

綾野「うぅ……」

恒一「か、可愛い下着、だね?」

綾野「っ!! ……あ、ありが、とう」カァアアア

恒一「……う、ううん。どういたしまして」

綾野「うん……」

綾野(し、下着……褒められちゃった……さっき取り換えておいてよかったぁ)


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:10:35.93 ID:fPKmurVL0

パサッ…


恒一「……!」

綾野「はうぅ……」

綾野(私、今こういっちゃんの前で下着だけに……)

恒一「……」

綾野(な、なんか凄く見られてる気が……)

恒一「……」ゴクッ

綾野(うぅ……は、恥ずかしいぃ……)


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:15:15.58 ID:fPKmurVL0

恒一「……それじゃ、綾野さん」

綾野「っ!!」ビクッ

恒一「……い、いいかな? 始めても」

綾野「へ? は、始める?」

恒一「その……か、身体とか、触ってもいい?」

綾野「えっ……あ、う、うん! い、い、いいよ!」

恒一「それじゃ……」

綾野「っ……! あ、ま、待って!」

恒一「え?」

綾野「そっその前に……一つ、お願いが……」

恒一「お願い?」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:19:25.49 ID:fPKmurVL0

綾野「その……」

恒一「……?」

綾野「…………き、キス」ボソッ

恒一「え? 今なんて……」

綾野「っ……き、キス!!」

恒一「!?」ビクッ

綾野「き、キス……してくれると嬉しい、かも……」

恒一「えっ……き、キス……?」

綾野「う、うん……」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:24:33.63 ID:fPKmurVL0

恒一「綾野さん、キスって――」

綾野「っ……! こ、こういっちゃんが嫌なら別にいい、けど……」

恒一「えっ? いや、そんな嫌な訳ないよ!」

綾野「っ!!」ビクッ

恒一「あっ……」

綾野「……ほ、ホントに?」

恒一「……う、うん」

綾野「じゃあ……」

恒一「……うん」

綾野「……」

恒一「……綾野さん、目瞑ってくれる?」

綾野「っ……う、うんっ!」


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:25:53.86 ID:fPKmurVL0

綾野「……!」ドキドキドキ

恒一「……」

綾野「……!!」ドキドキドキドキドキ

恒一「……」スッ

綾野「んっ……!」


――チュッ


綾野「ふあっ……!?」ビクッ


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:25:58.37 ID:3KH+ohJD0

ふぅ……


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:27:42.66 ID:fPKmurVL0

綾野(な、なに今の……? 今、唇が触れた途端……)

綾野(あっ、頭がふわって……眩暈みたいのが……)

恒一「……綾野さん、大丈夫?」

綾野「っ……う、うん、へいき」

恒一「そう……ならよかった」

綾野「……ね、ねえこういっちゃん」

恒一「ん? なあに?」

綾野「も、もう一回」

恒一「え?」

綾野「もう一回、キス、欲しい」


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:30:51.46 ID:fPKmurVL0

恒一「もう一回?」

綾野「だ、ダメ……?」

恒一「いや……うん、いいよ」

綾野「! あ、ありがとっ」

恒一「ううん。それじゃ、もう一回するね?」

綾野「う、うん……」

恒一「綾野さん、少し顔上げて?」

綾野「うん……」スッ

恒一「……んっ」

綾野「っ! んんっ……!」


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:36:13.97 ID:fPKmurVL0

恒一「ちゅ……ちゅ」

綾野「んっ、あっ……」

綾野(すご……な、なにこれ? 唇が触れ合う度に、頭がぽわーって……)

恒一「ちゅっ……」

綾野「んっ……!」

綾野(や、やだ、これ……私、こんなの……)

恒一「ちゅぱっ……ね、ねえ綾野さん」

綾野「ふえ?」

恒一「少し、口開けてくれる?」

綾野「口? ……こう?」

恒一「うん……じゃあ、ちょっとごめんね」

綾野「んっ……んぐっ!?」


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:40:04.02 ID:fPKmurVL0

綾野(な、なに!? 口の中に何か温かいのが……!)

恒一「んっ……れろっ」

綾野(こ、こういっちゃんの、舌……? こういっちゃんの舌が、私の口の中に……)

恒一「れろ……ちゅ、ちゅぱっ……れろっ」

綾野「んっ、んあっ、やっ……!」

綾野(し、舌が歯をなぞって……くすぐったい……)

恒一「ちゅ……んっ、れろ……じゅるっ」

綾野「んああっ……んあ、らっ、らめっ」

綾野(つ、つば……こういっちゃんが私のつば、飲んじゃってるよぉ……)


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:44:34.57 ID:fPKmurVL0

恒一「れろっ……ちゅ、ぷはっ。ね、ねえ綾野さん」

綾野「んあ……な、なに?」

恒一「綾野さんも舌、絡めてみてくれる?」

綾野「わ……わたしも?」

恒一「うん、僕がやってるみたいに」

綾野「……わ、わかった。やってみる」

恒一「うん。それじゃ、もう一回するね?」

綾野「う、うん」

恒一「んっ……」

綾野「あっ、や……」

恒一「じゅる……れろ、ちゅ」

綾野「あっ、んあっ……!!」


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:48:13.59 ID:fPKmurVL0

恒一「はぁ……れろっ、ちゅ、れろ」

綾野「んっ、んぐっ……んんっ、んあっ、れろ」

恒一「んむっ……そ、そうそう、その調子」

綾野「う、うんっ……れろ、ちゅ」

綾野(……す、すごい)

恒一「んっ……れろ、ちゅ、ぺろ」

綾野(私とこういっちゃんの舌が絡まって、涎がだらだら垂れて)

綾野「あっ、んあっ、はあっ……れろ、じゅる、ちゅっ」

綾野(なんか……すごくエロい、かも)

綾野(頭、ぼーっとする……)


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:52:21.44 ID:fPKmurVL0

恒一「――ぷはっ……はぁ、はぁ……」

綾野「はっ、はぁっ……はぁっ……」

恒一「……あ、綾野さん? 大丈夫?」

綾野「う、うん……らいじょーぶ……」

恒一「……ホントに?」

綾野「うんっ……へ、へーき、だから……続けて」

恒一「……う、うん。わかった、続けるね」

綾野「うん……」


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 22:57:01.98 ID:fPKmurVL0

恒一「それじゃ……ブラジャー、とってもいい?」

綾野「っ……! う、うん、いいよ」

恒一「じゃあ……」スッ

綾野「んっ……」

恒一「えっと……こ、こうかな?」グイ

綾野「っ!」ビクッ

恒一「ご、ごめん! えっと……こ、こう?」グイグイ

綾野「あっ……だ、ダメだよ無理に引っ張っちゃ!」

恒一「あっ、ご、ごめん!」

綾野「えっとね……ここを、こういう風にして外すの」

恒一「ええと……こう?」プチッ

綾野「そうそう」


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:01:36.01 ID:fPKmurVL0

ポロンッ


綾野「あっ……」

恒一「……こ、これが綾野さんの……」

綾野「あっ、ちょ、ちょっと……」

恒一「……」ジー

綾野「こういっちゃん?」

恒一「……」ジーーー

綾野「ね、ねえ、こういっちゃん」

恒一「……えっ? な、なに?」

綾野「余りまじまじと見られると、その……恥ずかしいと言うか、何というか……」

恒一「あっ……ご、ごめん!」


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:06:03.15 ID:fPKmurVL0

恒一「ごめんね。その、女の人の胸を見るのって初めてだったからさ、つい……」

綾野「う、ううん! 大丈夫だよ、怒ってないから!」

恒一「あ……ありがとう、綾野さん」

綾野「べっ、別にお礼言われることじゃ……」

恒一「ええと……それじゃ、下の方も脱がしていい?」

綾野「へっ?」

恒一「いや、その……ぱ、パンツの方も……」

綾野「へ……あ、う、うんっ! そうだよね! そりゃブラジャーの次はパンツだよね!」

恒一「? う、うん、そうだね?」

綾野「それじゃーどうぞ! し、下の方も……ぬ、脱がして、い、いいよ」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:09:08.18 ID:iIpDfSe60

女の子だけ脱がせるのってどうなの恒一さん


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:10:14.05 ID:jPa+Ycyc0

フェアじゃないよね


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:10:23.84 ID:fPKmurVL0

スルッ…


綾野「んっ……!」

恒一「……」スルスル

綾野「っ……!」

綾野(や、やだ……こういっちゃんの指が太ももに当たって、くすぐった――)

綾野「ひゃんっ!?」

恒一「あっ……ご、ごめん。大丈夫?」

綾野「……だ、大丈夫だよ!」

恒一「そう……」

綾野(うぅう……変な声でたぁ……)


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:12:58.44 ID:fPKmurVL0

パサッ…


綾野「あっ……」

恒一「っ……こ、これが……」

綾野「やっ、ちょっ……」

綾野(わ、私いま真っ裸だよぉ……こういっちゃんの前で……)

綾野(恥ずかしい……は、恥ずかし過ぎて頭沸騰しそう……)

恒一「……」ジー

綾野(な、なんかまたマジマジと見てるし――って、あれ?)

恒一「……」ギンギン

綾野(あ、あれ? こういっちゃんのズボン、あれ、大きくなってるのって……)


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:15:59.54 ID:fPKmurVL0

綾野「……こ、こういっちゃん?」

恒一「っ!! な、なに?」

綾野「あの……そ、それ」

恒一「え?」

綾野「その……ず、ズボンの中」

恒一「え……あっ! ち、ちがっ! これはそのっ!」

綾野「こういっちゃん?」

恒一「あの、これは……」

綾野「こういっちゃん、もしかして……わ、私の裸で、興奮してる?」

恒一「っ……!」


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:18:59.91 ID:fPKmurVL0

恒一「……う、うん。ごめん、綾野さんの裸見てたら僕……」

綾野「そ、そーなんだ……」

綾野(こういっちゃんが、私なんかの裸で)

綾野(お、おっ、おち……あ、アレをあんなに大きくして……)

綾野(……)

綾野「……ね、ねえ、それ苦しそうだよね?」

恒一「えっ?」

綾野「こういっちゃんも……服、ぬ、脱いだ方がいいと思うんだけど」

恒一「えっ……」

綾野「ほ、ほら! 私だって全部脱いだんだし、今度は私が脱がしてあげる!」

恒一「えっ、ち、ちょっと待って!」


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:21:22.98 ID:fPKmurVL0

綾野「さっ先にシャツの方脱がしちゃうね!」プチプツ

恒一「あっ、ちょ……あ、綾野さん」

綾野「だいじょーぶ! 私がやってあげるから……こ、こういっちゃんはじっとしてて?」

恒一「っ……!」

綾野「ね?」

恒一「……う、うん」

綾野「うんっ! それじゃ、すぐに脱がしてあげるね」プチプチ

恒一「あっ……」

綾野「……」プチプチ

恒一「……」


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:25:19.67 ID:fPKmurVL0

パサッ…


綾野「わー……こういっちゃん、細いと思ってたけど結構筋肉あるんだね」

恒一「そ、そうかな?」

綾野「うん。私、こういう逞しいの、結構好きだったり……」

恒一「えっ?」

綾野「あっいや、な、なんでもないよ! そ、それじゃ、ズボンの方もするね」

恒一「え!? い、いや待って、ズボンは自分で――」

綾野「い、いーから! 私も自分がして貰ったみたいにしてあげたいの!」

恒一「え、ええー……」

綾野「ほら、じっとしててね」カチャカチャ


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:28:55.90 ID:fPKmurVL0

カチャカチャ…ズルッ


綾野「っ! わ、わー……す、すごっ」

恒一「あ、あの……」

綾野(トランクスがテント張ったみたいになっちゃってる……)

綾野(お、男の人のってこんな大きくなっちゃうものなの?)

恒一「あ、綾野さんっ……」

綾野「っ! ご、ごめん! 今下着も脱がしちゃうね!」

恒一「えっ? い、いや、そんなつもりで呼んだんじゃ――」

綾野「よ、よいしょっ、と!」グイッ

恒一「あっ、ちょっと!」


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:35:53.32 ID:fPKmurVL0

ボロンッ


綾野「きゃっ!?」

恒一「っ!」ビクッ

綾野「…………わ、わあー……」

綾野「こ、これが男の人の……」ジー…

綾野(な、なんか思ったよりも大きい……)

綾野(形とか色とかすごいグロいけど……ち、ちょっと可愛い、かも?)

綾野(こういうのグロ可愛いって言うのかな……)

恒一「あ、あの、綾野さん?」

綾野「ふえ? な、なに?」

恒一「み、見過ぎ……見過ぎだって」

綾野「あっ……そ、そうだね。ごめんごめん」


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:41:31.84 ID:fPKmurVL0

綾野「……」

恒一「……」

綾野「……え、えっとさ」

恒一「? どうしたの?」

綾野「……あの、こ、これがさ」

恒一「これ?」

綾野「これ……このおっきいのが、わ、私の中に入るんだよね?」

恒一「えっ? お、おっきいって……」

綾野「この……こ、こういっちゃんの……アレ」

恒一「っ……う、うん。そうだね」

綾野「そ、そっかー……そ、そうだよね、そうなんだよね……」


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:45:00.45 ID:fPKmurVL0

綾野(こういっちゃんのが、わ、私の中に……)

綾野(私がこういっちゃんと……)

恒一「……そ、それじゃ、そろそろやろうか」

綾野「へっ?」

恒一「もう結構時間も経ってるし、病気の方もやばいかもしれないでしょ?」

綾野「病気? ……あっ」

恒一「だからほら、少し急いだ方が……」

綾野「っ……そ、そうだね」

恒一「えっと、それじゃ横になって……」

綾野「……」

恒一「? 綾野さん?」


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:49:42.23 ID:fPKmurVL0

綾野「……ご、ごめん、こういっちゃん」

恒一「え?」

綾野「や、やっぱりダメだよこんなの!」

恒一「ダメ? ダメってなにが……」

綾野「私、こ、こんなこういっちゃんを騙すような真似して、こんなの……!」

恒一「……? 騙すような真似ってどういうこと?」

綾野「っ……!」


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:50:55.21 ID:fPKmurVL0

綾野「っ……ごめんなさい、こういっちゃん」

恒一「……? あ、綾野さん……?」

綾野「ごめっ……ごめんなさっ……うっ、うぇええ」

恒一「!?」

綾野「ごめんなさいぃ……や、やっぱり私、
    こんなの、こんな風にこういっちゃんと繋がるの……うぇえええん!」

恒一「あ、綾野さん!? どうしたの突然泣き出して!」

綾野「うぇええええええええん!! ごめんなざいぃいいいい!!」

恒一「ち、ちょっと! 綾野さん落ち着いて!」

綾野「うぇええええええん!!」

恒一「綾野さんー!?」


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:51:24.13 ID:iIpDfSe60

いい子すぎたんや


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:54:02.27 ID:fPKmurVL0





恒一「え、えっとつまり……」

綾野「グスッ……」

恒一「綾野さんの病気の話は、伯母さんの嘘だったってこと?」

綾野「ヒック……うん、そう」

恒一「しかも小椋さんがそれに便乗して僕に余命一日も無いって嘘を教えて」

綾野「……グスッ」

恒一「そして流されるまま綾野さんも……と」

綾野「その通りですぅ……うぅ」


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:57:13.65 ID:fPKmurVL0

綾野「ごめっ、ごめんねこういっちゃん……私が最初に言えればよかったのに……」

恒一「いや、その……」

綾野「私最低だよ……こんな嘘吐いてまで、こういっちゃんと……」

恒一「……」

綾野「ごめ……うっ、うぇえ……ごめんなさ……」グスグス

恒一「……」

綾野「ごめんなさい……ごめんなさ――」

恒一「……綾野さん」

綾野さん「……ふえっ?」

恒一「顔、少しこっちに向けてくれる?」

綾野「え? か、顔? なんで――」


――チュッ


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:58:33.18 ID:+0BCYFTj0

恒一さんイケメン過ぎるやろぉ……


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:59:31.90 ID:uBS2tL0+0

濡れた


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 23:59:37.99 ID:fPKmurVL0

綾野「……」

恒一「……」

綾野「……えっ?」

恒一「……綾野さん」

綾野「えっ? えっ? こ、こういっちゃん? いま、い、今、私に……」

恒一「綾野さんっ!」

綾野「はいっ!」ビクッ

恒一「えっと……」

綾野「……」

恒一「……あ、綾野さん、僕はさ」

綾野「な、なに?」

恒一「僕は……す、好きじゃない女の子とキスしたりなんてしないよ?」

綾野「……ふえ?」


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:00:15.11 ID:iIpDfSe60

恒一さん抱いて


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:01:04.73 ID:aocH6C9H0

イケメンすぎて惚れた


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:04:56.72 ID:FSSoQFHa0

恒一「あのニセの診断書……一番好きな人って書いてあったよね?」

綾野「うっ、うん……」

恒一「それを見たときさ、実は嬉しかったんだ」

綾野「!? う、嬉し……?」

恒一「綾野さんが僕のことを好きなんだって分かった時……すごい嬉しかった」

綾野「っ……こ、こういっちゃん、それって……」

恒一「……」

綾野「それって、も、もしかして……」

恒一「……」

綾野「……」

恒一「…………僕も」

綾野「……うん」

恒一「僕も綾野さんのこと……す、好きだよ」


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:09:49.51 ID:FSSoQFHa0

綾野「っ……! ほ、本当に?」

恒一「うん」

綾野「ほ、本当に私のこと……好き、なの?」

恒一「うん、好きだよ」

綾野「……ほ、本当の本当に?」

恒一「うん、本当の本当に」

綾野「ほ、本当の本当の本当に?」

恒一「本当の本当の本当に」

綾野「ほっ、本当、に……」

恒一「……」

綾野「ホントに……わ、私のこと……」ポロポロ

恒一「……うん」ギュッ

綾野「ほ、本当に……私のこと……す、すきっ……」ポロポロ

恒一「うん……本当に、好きだよ。綾野さんのことが」


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:13:25.94 ID:FSSoQFHa0

綾野「う、うえっ……ご、ごめ……」

恒一「うん」

綾野「私、私いま、すっごい嬉しいのに……な、涙がぁ……」

恒一「うん……そうだね」

綾野「グスッ……ごめ、ごめんね、こういっちゃん」

恒一「大丈夫だよ」

綾野「……あり、がとう……私も」

恒一「うん」

綾野「私も――こういっちゃんのこと、大好き」


325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:25:04.12 ID:FSSoQFHa0

――小椋宅


プルルルル……ガチャッ


小椋「もしもし?」

『あ、由美!?』

小椋「その声……彩? どうしたのよこんな夜中に」

『どうしたじゃないよ! 電話しろって言ったのは自分のくせに!』

小椋「あー……そういえばそんなことも言ったわね」

『ひっどーい! 自分で行ったくせに忘れるとか!』

小椋「はいはいごめんなさい」


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:27:57.83 ID:FSSoQFHa0

小椋「それで、どうだったの?」

『え? どうって?』

小椋「電話してきたってことは、上手いこと行ったってことでしょ?」

『あっ……え、えーとそれはですね』

小椋「あー良いわよ要点だけで。生々しい表現とか聞きたくないし」

『な、生々しい表現ってなに!? 私別にそんなこと――』

小椋「……そんなこと?」

『……そ、そんなこと……』

小椋「だから、そんなこと、なんなのよ?」

『…………ま、まあ、そんなこと、あったけど』

小椋「おおー……マジか」


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:30:21.81 ID:FSSoQFHa0

『あーもう恥ずかしいなあ! なんてこと言わせるの!!』

小椋「勝手に言ったのはそっちじゃない」

『うるさいうるさい! 由美のバカ! ひんぬー!』

小椋「………………ああん?」

『ひっ!? ご、ごめんなさい! 由美様は素晴らしいお胸の持ち主です!!』

小椋「それはそれでバカにされてる気がするんだけど……?」

『あうぅ……ご、ごめん』

小椋「ったく……」


333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:32:01.05 ID:FSSoQFHa0

小椋「それじゃ、いい報告も聞けたことだしそろそろ切るわね」

『あっ、うん。ごめんねこんな時間に』

小椋「いいわよ。それじゃまた学校で、ね?」

『うん! また学校で!』

小椋「……あ、そうだそれと」

『ん?』

小椋「……おめでとう、彩」

『……!! うんっ!』


『――――ありがとう、由美!』





おわれ


338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:33:04.09 ID:UJE57Sv10

エロなくても綾野さんかわいいでお腹いっぱいになれた乙!


342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/23(月) 00:33:32.39 ID:aocH6C9H0

乙!
イチャイチャ素晴らしい!




Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店
売り上げランキング : 2070

Amazonで詳しく見る by AZlink

TVアニメ Another キャラソンアルバム(DVD付)TVアニメ Another キャラソンアルバム(DVD付)
未定

ランティス 2012-06-13
売り上げランキング : 2432

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/04/23 12:00 ] AnotherSS | TB(0) | CM(11)
綾野ちゃんが主役だとエロSSなのにさわやかスケベなお話になってしまうから不思議
[ 2012/04/23 13:34 ] [ 編集 ]
小椋「綾野で恒一君かあ…私も勅使河原あたり食っとくか」
[ 2012/04/23 13:39 ] [ 編集 ]
↑いいかげんにしろ 俺の小椋さんがそんなこと言うわけないだろ
[ 2012/04/23 19:56 ] [ 編集 ]
胸キュンとニヤニヤニタニタが止まらんですたい
[ 2012/04/23 20:43 ] [ 編集 ]
青春ですなぁ
[ 2012/04/23 21:15 ] [ 編集 ]
SPECIALな名無しさん
小椋さんこそ至高であることがここに証明された
[ 2012/04/23 21:36 ] [ 編集 ]
小椋さんも混ぜた、3Pルートはまだですか?
[ 2012/04/23 22:52 ] [ 編集 ]
綾野さんと一緒にAV見たSSの続きみたいわ
[ 2012/04/23 23:16 ] [ 編集 ]
こういっちゃん初めてとか嘘だろ
[ 2012/04/24 00:36 ] [ 編集 ]
majiまじ馬鹿馬鹿しいわマジ
[ 2012/04/24 14:08 ] [ 編集 ]
これ途中までしか見られなかったんだよ
ハッピーだわ
[ 2012/04/24 17:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。