素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤沢「見崎さんをコーヒーメーカーで殴ってたら動かなくなった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 21:49:33.85 ID:obnvGMVo0

見崎「」

赤沢「私の入れたコーヒーにミルクなんて混ぜようとするから」

赤沢「ついカッとなって……」

赤沢「ど、どうしよう」

赤沢「……」

見崎「」

赤沢「見崎さんが本当に死んでるのかも分からないし」

赤沢「とりあえず>>5をしてみる事にしてみましょう……」



nlDRt.jpg
 



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 21:51:37.36 ID:PdzHsUthi

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 21:54:20.30 ID:obnvGMVo0

赤沢「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」

見崎「」

赤沢「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」

見崎「」

赤沢「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」

見崎「」

赤沢「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」

赤沢「……」

見崎「」

赤沢「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」

赤沢「やっぱり邪神の掛け声でも蘇生しないの……?」

赤沢「仕方ない……>>12よ」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 21:57:30.61 ID:Q5sO5gQ60

腹パン


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:01:13.78 ID:obnvGMVo0

赤沢「強く! 抉るように!」ガッ

見崎「」

赤沢「思いよ! 君に届け!」ガッ

見崎「」

赤沢「だめ、やっぱり反応がないわ……。
    死んだふりをしているなら痛みを与えれば目を覚ますと思ったんだけど」

赤沢「やっぱり見崎さんは……」

赤沢「」

赤沢「ううん、そんなはずないわ! 諦めちゃダメよ泉美!」

赤沢「気を取り直して>>24よ」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:02:37.18 ID:vZp/4SX90

右目を抉る


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:03:38.14 ID:+j+164VZ0

このスレ怖い


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:07:25.87 ID:obnvGMVo0

赤沢「見崎さんの右目を抉って見崎さんの出方を見るわ」

赤沢「いいの見崎さん? 本当に抉るわよ?」

見崎「」

赤沢「無能だからって目を抉ることぐらい簡単にできるのよ? ホントにやるわよ?」

見崎「」

赤沢「……」

赤沢「そう、あなたがそこまで強情張りなら、覚悟しなさい……!」

…クリン

赤沢「うっ……おえっ! やだ、血が……!」

見崎「」

赤沢「そ、そんな見崎さん、本当に死んでるなんて.……」

赤沢「……>>36をしましょう」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:09:17.43 ID:VJb+Oi9Y0

蟹光線


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:17:09.32 ID:obnvGMVo0

赤沢「わかったわ!!」

見崎「」

赤沢「まさか、この私がしてしまった事」

赤沢「それは妖怪・カニ光線の仕業だったのね!!」

赤沢「カニ光線の特徴、それは」

赤沢「真の姿がオヤジ姿のカニの化け物!」

赤沢「私を洗脳し、見崎さんに酷い事をさせて邪魔ものを消していく!」

赤沢「普通に考えればコーヒーにミルクを入れられただけで殺すなんておかしいもの!」

赤沢「いいわ、妖怪・カニ光線、あなたがそのつもりなら、私だって考えがある」

赤沢「あなたを見つけて懲らしめてやる!!」

赤沢「まずはカニ光線が化けている人を探さなくちゃ」

赤沢「>>48が怪しいわね」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:21:26.91 ID:Otx21W0E0

副担任


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:27:28.34 ID:obnvGMVo0

赤沢「あなたがカニ光線ですね!?」

怜子「? 何の事よ赤沢さん」

赤沢「とぼけないでください! ネタはあがってるんですよ! 三神先生!!」

赤沢「あなたはマイスイートダーリン恒一きゅんと甥と叔母の関係です」

赤沢「そしてその血縁関係から
    どうしても恒一きゅんと背徳的な行為に踏み切れなかったあなたは!」

赤沢「私と恒一きゅんの仲に嫉妬した」

赤沢「そうして私に殺人を犯させることで強制的に排除しようとした!」

赤沢「ついでに邪魔者の見崎さんも始末して一石二鳥」

赤沢「違いますか!?」

怜子「ごめん意味分からない」

怜子「そもそも血縁とか私と恒一くんの仲には関係ないし」ハッ

赤沢「」

赤沢「くそぅ、そっちがその気なら、こっちにだって考えがあります!」

赤沢「>>57です!」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:29:21.81 ID:8DNEZKO60

夜寝てる恒一君の部屋に忍び込んでジュポジュポしてる怜子さんの映像


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:32:22.06 ID:obnvGMVo0

怜子「そ、それは!?」

赤沢「ええ」ニヤ

赤沢「夜寝てる恒一君の部屋に忍び込んでジュポジュポしてる怜子さんの映像です!」

コウイチクンスゴイヨォォ

赤沢「うぅ……恒一きゅんが他の女とやってる映像なんて……」

怜子「やだ///」

怜子「後でダビングお願い!」キャピ

赤沢「」

赤沢「いいんですか? そんな態度で?」

怜子「?」

赤沢「私はこれを」

赤沢「教育委員会に送りつけます!!」

怜子「」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:37:00.68 ID:r2Huuw1+0

社会的に殺すなんて……!


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:37:26.15 ID:obnvGMVo0

怜子「な、な……」

赤沢「いいんですか? これがもし教育委員会に流れでもしたら……」

怜子「……」

赤沢「教え子であり、また実の甥である恒一くんを無理やり夜這いしている証拠映像」

赤沢「表沙汰になったら、教育の現場はおろか、マスコミだって静観するわけがないですよね」

赤沢「また恒一くんも心に深い傷を負ってしまう。
    実の叔母にこんな事されていたなんて知ったら、もう二度と会えなくなるかも」

怜子「……」プルプル

怜子「……何が目的よ!!」プルプル

赤沢「……」

赤沢「この映像を表に出さない条件、それは……」

赤沢「>>69です」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:42:29.42 ID:8DNEZKO60

私も夜這いさせること


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:44:52.76 ID:ui3k2FCX0

趣旨がずれてね?


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:45:49.16 ID:Otx21W0E0

鳴「……」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:46:29.04 ID:obnvGMVo0

恒一「」スヤスヤ

赤沢「ふふ、良く寝ていますね」

怜子「……恒一くんは一度寝たら簡単に起きない体質だから」

赤沢「へえ、そうれは好都合」

怜子「……」

赤沢「そんな顔しないでくださいよ。別にあなたの取り分がなくなるわけじゃないですから」

赤沢「ま……」

赤沢「そりゃ、恒一きゅんから出る量は限られてますけどね」ズル

怜子「……」

赤沢「わあ、立派!」

赤沢「これならクラスの男子が恒一くんの事を影で種馬っていうのも分かる気がしますよ」クス


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:53:26.50 ID:obnvGMVo0

赤沢「ああ、なるほど、ここまで反り返るんですか!」ピーン

赤沢「ほら、見てくださいよ三神先生! 千曳先生みたいに言えば”尋常じゃないね”ですよ!!」

怜子「ええ、そうね」

怜子「……」

怜子(私にだって考えがあるわ)

赤沢「あ、ピクピク動いてる~!」

怜子(こんな大人の色気のイロハもないガキに好き勝手やらせるものですか)

赤沢「へえ、不思議ー!」

怜子(……私の策)

怜子(そう、それは……)

怜子(>>84よ)


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 22:57:00.86 ID:cTsJvX1D0

赤沢さんに腹パン


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:02:55.00 ID:obnvGMVo0

怜子(知ってる赤沢さん?)

赤沢「泉美、ご開帳~!」

怜子(人が完全に油断する時ってどんな時か)

赤沢「どうしよっか? ゴム要る恒一くん……って寝てるんだっけ」テヘ

怜子(例えば、トイレの時)

赤沢「じゃあ早速下の口で食べちゃいますよーっと」

怜子(例えば、食事の時)

赤沢「あれ、上手く入らないなぁ? 濡らしてないからなか? 私のはべっちょりなのにね」

怜子(そして)

赤沢「私は恒一くんの専用対策係!」

怜子(例えば)

赤沢「恒一くんの2Lペットボトルは私が対策しますってね!」

怜子(セックスをしている時!)ガッ

赤沢「! ええぇ……三神、先生……何を……?」ガク

怜子「……」ニヤ


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:05:05.60 ID:obnvGMVo0

怜子「起きなさい赤沢さん」

赤沢「うっ……、? ここは……!」

赤沢「私が見崎さんを殺した場所っ!」

怜子「そうよ、そしてこれが」ドサ

見崎「」

赤沢「うっ……見崎さん、あんなに腐敗して」

赤沢「でも、この場所は私しか知らないはず」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:08:59.50 ID:obnvGMVo0

怜子「あなたが察しが悪くて困るわ。何であなたが対策係になれたのかしら?」ハア

赤沢「!?」

怜子「この場所を知ってる人はあなた以外にももう一人いたでしょ?」

赤沢「……」

赤沢「じゃあやっぱりあなたが……カニ光線だったのね? 私を操って見崎さんを殺させた!!」

怜子「……」

怜子「そのカニ光線っていうのが何者かは知らないけど、大まかな部分はあっているわ」

赤沢「何で、そんな酷い事を……」

怜子「何でですって!?」キッ

怜子「決まってるわ!」

怜子「あなた達が>>97だったからよ!」


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:11:21.33 ID:rs/nZ6hii

若い


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:14:22.50 ID:np19+ZbM0

ちくしょう怜子さんだって若いだろ!


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:19:57.80 ID:b/eOF/Cl0

れいこさんじゅっさい!


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:19:44.92 ID:obnvGMVo0

怜子「あなた達が若かったからよ!」

赤沢「そ、それだけの理由で……?」

怜子「それだけって言うけどね。年々年を重ねていき肌にどんどん張りがなくなっていく気持ち」

怜子「女子中学生のあなた達に分かる?」

赤沢「そ、そんな……」

怜子「おまけに恒一くんの本棚にだって、
    ちょっと前まではは人妻ものとか熟女ものが溢れているのに」

怜子「今じゃツンデレ系の若い子やロリ系の薄い本がぎっしり……!」

怜子「私のパンストだって、ちょっと前までは
    恒一くんのおかず用に多めに買っておいて、それで丁度いいくらいだったのに」

怜子「……今じゃタンスに入らないから机の引き出しにも入れてるのよ」

赤沢「そ、そんなの完全な逆恨みです!」

怜子「……」

怜子「ふふ、あなたはじっくり可愛がってあげるからね……」

赤沢「……」ゾク


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:26:38.19 ID:obnvGMVo0

怜子「まずはアイロンでそのハリのある肌を焼こうかしら」

赤沢「……っ!」

怜子「それともそのキレイな髪をチェーンソーで振り回してあげようかなー?」

赤沢「……いやっ!」ポロポロ

怜子「その胸、邪魔よね? まずそこから切り落とそうかしら」

赤沢「やめて、誰か!」ポロポロ

怜子「ふふ、分かってるでしょ? こんな場所、普通誰も来ないってことぐらい」

赤沢「助けて! お願い! 誰か!!」ポロポロ

怜子「……うるさいわね、その口縫ってあげようかしら。
    元々私美術とか家庭科とかが得意で、器用だったのよね」

赤沢「う、ううぅ、恒一くん……恒一くん」ジョワワワワ

怜子「……」

怜子「あら、あらあらあらあらあら。床に粗相しちゃダメじゃない……?
    分かった、そんないけないおしっこの穴には特別に一番最初にメッしてあげます!」

怜子「その穴にマチ針って何本入るのかしら? ね」

赤沢「あ、ああ……」

>>110「やめるんだ!!」


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:28:25.68 ID:TLMmmB9ZP

中尾


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:34:32.72 ID:wJSWpraZ0

わー・・・


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:34:56.45 ID:obnvGMVo0

中尾「そんな事は間違っている!!」

赤沢「な、かお?」

怜子「……! 何でここが!」

中尾「俺は3組の男子対策係であるとともに、赤沢ソムリエの一級所持者だぜ?」

中尾「俺くらいになれば赤沢特有の糖分高めの尿の匂いから場所を察知する事なんざ簡単だぜ!」

中尾「赤沢の事は俺にまかせろーってな」

怜子「そ、そう……」

赤沢「……」

中尾「へへっ」

怜子「それで、中尾くんは何しに来たの? 事と次第じゃただで帰すわけにわ……」

中尾「おおっと、勘違いしないでくれって! 俺はただ見学とアドバイザーとしてきたんだ!」

赤沢「!?」

中尾「赤沢ソムリエの俺でも赤沢を料理されるところは見たことがない」

中尾「つまりこれはまたとないチャンスなんだぜ!」

怜子「……そう、なの」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:35:28.69 ID:ymgocuw30

えっ?えっ?


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:40:51.21 ID:obnvGMVo0

怜子「じゃあ、まっ、そこで大人しく正座でもして見てなさい」

中尾「やめるんだ!」

赤沢「中尾……」

怜子「!? あんたやっぱり私の邪魔を……いいわ、スライスにしてあげる」ギリ

中尾「おいおい、勘違いしないでくれ! 俺は別に赤沢をいたぶる事に文句があるわけじゃね!」

中尾「ただ」

中尾「尿道にマチ針をブチ込むのはいただけねえって話さ」

怜子「……!?」

赤沢「あんた、何をバカな事を……」

中尾「考えても見ろ、そんなリョナ的光景。
    三神先生もそんな光景見ちまったら自分で用足すときいちいち思い出しちまうだろ?」

中尾「それに赤沢にはもっとふさわしいやり方があるってもんさ」

怜子「じゃあ、中尾くん。あなたは赤沢さんをどうして責めようとイメージしてるの?」

中尾「言っておくが、赤沢と出会った時から心に決めてあるシチュエーションがあるのさ。
    これは赤沢ソムリエ第一級を手にしたときも変わってねえ」

中尾「>>137さ」


137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:43:25.69 ID:rs/nZ6hii

目の前でミルク入りの珈琲をのませる


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:45:29.33 ID:b/eOF/Cl0

なんて酷いことしやがるんだ…


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:46:40.69 ID:GrtBrN0S0

やった相手を殺すほど嫌いな行為だから赤沢さんにとっては鬼畜


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:51:09.54 ID:obnvGMVo0

赤沢「何て、酷い事を……」ギリ

怜子「目の前でミルク入りの珈琲を飲ませる……?」

中尾「飲むのは先生でいい。俺は別の事で忙しくなるしな」

怜子「……? 分かったわ。確かに彼女のコーヒー好きは病的だものね」

怜子「今回私が見崎さんを始末させるために、見崎さんに
    ”赤沢さんの入れるコーヒーは苦いからミルクを持っていきなさい”
    と吹き込んだ事がそもそものはじまりだしね」

中尾「ああ、赤沢は目の前でミルクを入れられ……
    いや、コーヒーをブラックで飲まないやつは問答無用に殺しにかかるんだ」

中尾「あれは、そう、発作さ」

怜子「でも今回の彼女は縛られて身動きが取れない」

中尾「舌を噛み切らないように猿轡をしなきゃな」ヨイショ

赤沢「あんた達は鬼よ悪魔よ!! 鬼畜! 鬼畜!!……ふごっ」

中尾「ほら、これでムダ口叩けないだろー?」ニヤニヤ

赤沢「ふご!……っ」

怜子「コーヒーは?」

中尾「大丈夫、用意してある」

怜子「……ずいぶんと用意周到ね」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 23:58:03.30 ID:obnvGMVo0

中尾「赤沢ソムリエの有級者は、所持くらいは常識さ」キリ

怜子「こ、これは」

中尾「ハワイコナ・エクストラ・ファンシーさ」ニタニタ

怜子「……そ、そう」

赤沢「―――!」

中尾「これに来る途中のスーパーで買ってきたミルクを足して……」ドバドバ

赤沢「!?」

怜子「うわぁ、そこまで入れたらもうコーヒーと呼べるのかも疑問ね」

赤沢「」

中尾「見ろよ先生、赤沢、泣いてるぜ……?」

怜子「ええ、小刻みに震えてるわね」

赤沢「―――」

中尾「次は>>156でもしてやろうか」


156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:00:32.42 ID:bLmDcjOz0

それを飲ませる


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:01:08.39 ID:mpLob2gV0

ごうもんだな


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:06:39.29 ID:/OjYfYs50

赤沢「!!!」ビクゥ

怜子「うーん、やっぱりミルク入れすぎねえ」ゴクゴク

中尾「ほら、猿轡をとってやるよ! そして……」

中尾「この散々汚水だの、穢れた飲み物だの、
    罵ってきたミルク入りのハワイコナ・エクストラ・ファンシーを飲め!!」

赤沢(く、くやしい!)ゴクゴク

赤沢(普通なら飲むのも慎重になる
    ハワイコナ・エクストラ・ファンシーをこんな事にして……!)ゴクゴク

赤沢(温度もミルクとすっかり合わさってぬるいじゃない……)ゴクゴク

赤沢(こんなんじゃ中尾とキスした方がまだマシじゃない……!)ゴクゴク

赤沢(絶対に……許さない!)ゴウゴク

赤沢(許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない)ゲープ


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:08:25.57 ID:Fm5KnULh0

ゲープワロタ


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:09:07.35 ID:h+FJR/V40

ゲップしてんじゃねえよwwww


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:12:51.34 ID:/OjYfYs50

赤沢「はっ……! はっ……!」オエッ オエエエ

中尾「はは、無様だなぁ赤沢!!」

中尾「クラスじゃ散々威張り散らしているお前が今じゃ」

中尾「ミルク入りのハワイコナ・エクストラ・ファンシーを一気飲みするなんて!!」

中尾「クラスの奴らに見せ付けてやりたいぜ……」

怜子「そろそろいい? 私そろそろそのキレイな顔を血でメイクしたいんだけど」

中尾「ああ、もう大丈夫っス! 後はおまかせー!」

赤沢「……」ギロ

怜子「そう」

怜子「なら」

怜子「その顔の皮膚全部取っ払っちゃいましょうか」ニコ

赤沢(絶対復讐してやる!)

赤沢(何か良い案! 思いつけ私! なんのために有能に生まれてきたんだっ!?)

赤沢「……! 思いついた」

赤沢(……>>174なら!)


174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:15:10.44 ID:BB72wAqWO

土下座


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:17:06.65 ID:RaLM2Piz0

正攻法だな


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:23:00.10 ID:ms/Rev7E0

正しいっちゃ正しい


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:23:02.90 ID:/OjYfYs50

赤沢(……もう、情に訴えかけるしかない……)

赤沢「……」

赤沢「お、お願いします……助けて、助けてください……」ボロボロ

中尾「おいおい、もしかして土下座のつもりか!? 手足縛られてまるで芋虫みたいだぞぉ!?」

怜子「ふざけてるわね」

赤沢(悔しい、悔しい、悔しいよぅ、恒一きゅん……)

赤沢(ハワイコナ・エクストラ・ファンシーをあんな目にあわせて)

赤沢(そんな奴らに頭を下げるなんて)

赤沢「悔しいよぉ」ボロボロ

中尾「ヘイヘイ、メス豚らしく腰振ったらどうだい!?
    そんな体勢でも少しは可愛くみえそうだぞ!?」

中尾「やり方によっては助けてやんなくても――」

グサ

中尾「……え? 三神先生? 何……を? こんなに血が……え?」

怜子「言ったはずよ? この子の命を握ってるのはあんたじゃなくて、私なの。
    だって赤沢さん、こんなに若いのよ?」

怜子「万が一にも助けるはずがないじゃない?」ニヤ


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:29:25.44 ID:/OjYfYs50

中尾「」

赤沢「ひぃ……!」

怜子「さ、赤沢さん。お遊びはここまでにてここからは先生と楽しいことをしましょ?」

怜子「大丈夫。先生、理科は苦手でもカエルの解剖は得意だったから」

赤沢「やめて……」

恒一「やめてください! 怜子さん!」

怜子「!? え、何でここに……?
    ついに恒一くんの成分が足りなくなって幻覚まで見始めたの、私?」

赤沢「!? 恒一くん?」

恒一「っ! 見崎……、中尾くんまで……」

怜子「あ、ちちちちちがうの恒一くん。こいつらは、その何というか……生徒不失格というか」

恒一「ちょっと黙っていてください……」ギロ

怜子「」

赤沢「恒一、くん! 恒一くん!」

恒一「赤沢さん……もう大丈夫」

恒一「>>197だから」


197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:32:21.35 ID:Pcj2uO63i

俺もミルク入れる派


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:35:09.78 ID:RaLM2Piz0

あちゃー恒一もグルだったかー


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:40:30.54 ID:/OjYfYs50

赤沢「」

赤沢「も、もう一回言って?」

恒一「そう」

恒一「僕もミルクを入れる派なんだよ」

赤沢「」

恒一「君は知らないだけかもしれないけれど」

恒一「僕はもちろん霧果さんや勅使河原、綾野さんや小椋さんのお兄さん、水野くんや早苗さん、
    杉浦さんやわっくん、刑事の大場さんやその小学4年の娘さんまでもが
    コーヒーにミルクを入れる派なんだ」

赤沢「そ、そんな。それじゃ私は」

恒一「大丈夫」

恒一「心配いらない」

赤沢「?! どうして?」

恒一「赤沢さんは適応できたんだよ」

赤沢「どういう……意味?」

怜子「恒一くん、どいて! そいつを殺さなきゃ……! なっ!」

恒一「っ! 残念ながら怜子さんは適応できなかったみたいだね……」


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:45:50.28 ID:/OjYfYs50

怜子「」

赤沢「説明して! 一体何が起こっているの」

恒一「この夜見山には3組の現象とは別にもう一つ大きな現象を抱えているんだ」

赤沢「な、何、それ!? 対策係の私でさえも聞いたことが……」

恒一「ミルク入りのコーヒーを飲んで適応できる人間とできない人間がいる」

恒一「現象はミルク入りのコーヒーを飲んで適応できない人間を次々と殺していく現象なんだ」

赤沢「!?」

恒一「僕は元々、ミルクを入れる派だったから大丈夫だったけど……怜子さんや、見崎は」

赤沢「見崎さんも……」ハッ



怜子「今回私が見崎さんを始末させるために、
    見崎さんに”赤沢さんの入れるコーヒーは苦いからミルクを持っていきなさい”
    と吹き込んだ事がそもそものはじまりだしね」



赤沢「見崎さん、今回が初めてのミルク入りコーヒーだったの……?」

恒一「君もそうだけど、……怜子さんもね」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:50:16.02 ID:/OjYfYs50

恒一「中尾くんはおそらく、それを飲む勇気がなかったんだ」

恒一「だから怜子さんに意図的に勧めて……くっ」

見崎「」

中尾「」

怜子「」

赤沢「じゃあ、私は見崎さんを殺してないって事?」

恒一「ああ、死体損壊で何かあるかもしれないけれど、見崎は現象によって死んでしまった……」

赤沢「……悲しい話」

恒一「ああ……そうだね」

恒一「この世にはブラックしか飲めない人もいるのに、そんなのってつらすぎるよ」

赤沢「ええ、さっきまでの私はブラックだけの女だったけれど、今は大丈夫。
    もしかしたら飲まず嫌いだったのかも」

恒一「そうだね……。中尾くんも飲んでみたら死なずにすんだのかもしれないしね」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:53:37.79 ID:/OjYfYs50

恒一「コーヒーにミルクを混ぜる勇気!」

赤沢「ハワイコナ・エクストラ・ファンシーを台無しにしてしまうことを恐れない勇気!」

恒一「見崎たちの分まで、コーヒーを飲みに行こう!」

赤沢「ええ! 今ならカフェ・ラッテすら飲めそうな勢いよ!!」

恒一「よーし! イノヤまで競争だ!!」ダッ

赤沢「ええ、負けないわよ!」ダッ

見崎「」

中尾「」

怜子「」


おわり


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 01:04:59.45 ID:HN/y7jy+0

死体から目をそらす勇気!


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/01(火) 00:56:08.68 ID:a77SWcjWi

まさかのハッピーエンド



Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-05-25
売り上げランキング : 334

Amazonで詳しく見る by AZlink

anamnesisanamnesis
Annabel

ランティス
売り上げランキング : 2549

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/05/02 00:00 ] AnotherSS | TB(1) | CM(11)
羽ばたかないのか…
[ 2012/05/02 00:54 ] [ 編集 ]
もうこれが原作で良いよ
[ 2012/05/02 02:07 ] [ 編集 ]
寝ている間に初体験を済ましておきながら自覚のない恒一君がかわいそう
[ 2012/05/02 02:36 ] [ 編集 ]
俺もミルク入れる派
[ 2012/05/02 03:06 ] [ 編集 ]
結局鳴ちゃんは放置か…
[ 2012/05/02 12:39 ] [ 編集 ]
何気に目をえぐってるトコがドイヒー
[ 2012/05/02 16:50 ] [ 編集 ]
目を反らす勇気吹いたw
[ 2012/05/02 18:49 ] [ 編集 ]
ミツルギみたいな終わり方しやがって
[ 2012/05/05 23:23 ] [ 編集 ]
俺は、砂糖3g、入れて、混ぜずに飲み、底、三センチくらい残す派…
[ 2014/06/11 02:05 ] [ 編集 ]
俺は、グラニュー糖3g入れて混ぜずに飲み、底、三センチくらい残す派…
[ 2014/06/11 02:07 ] [ 編集 ]
コーヒー好きが、コーヒーメーカーで、人を殴るとか、有り得ないんですけど…
[ 2014/08/10 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【赤沢「見崎さんをコーヒーメーカーで殴ってたら動かなくなった」】
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/30(月) 21:49:33.85 ID:obnvGMVo0見崎「」 赤沢「私の入れたコーヒーにミルクなんて混ぜようとするから」 赤沢
[2012/05/02 09:29] まとめwoネタ速neo
プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。