素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

恒一「赤沢さんと付き合いたい?」 中尾「おう!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 19:59:30.86 ID:ljK7FAcD0

【教室】


恒一「中尾くんって赤沢さんの事好きだったの?」

中尾「あ、ああ! だから頼む、力を貸してくれ榊原!」

恒一「うーん、協力するのはいいけど、僕もそういうのは良く分かんないよ」

中尾「都会っ子なら詳しいんじゃないのか?」

恒一「そんな事ないって……。まぁ、とりあえず……食事とかに誘えば良いんじゃないかな」

中尾「な、なるほど。よし、じゃあ行ってくる!」





中尾「赤沢さん!」

赤沢「ん? どうしたの?」

中尾「えっと、その……」



20120315130544_original.jpg
 
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:01:24.44 ID:ljK7FAcD0


榊原(頑張れ中尾くん!)コソコソ

勅使河原「何こそこそしてんだ、サカキ?」ヒョコ

榊原「わっ、ちょ、隠れて隠れて!」グイッ

勅使河原「おわっ、いったい何だ……ってあれは赤沢に中尾?」

榊原「実は……カクカクシカジカ」

勅使河原「はぁ!? んな抜け駆けは許さねえぞ中尾のやつ!!」ガタッ

榊原「うわっ、待って待って! 何でそうなるの!?」ガシッ

勅使河原「そ、そりゃお前……」

榊原「……もしかしてお前も?」

勅使河原「お、おう」

榊原(何だか面倒な事になってきたな)

榊原「と、とにかく! 今は中尾くんが頑張ってるんだから、邪魔するのは良くないって!」

勅使河原「ぐっ、仕方ねえな……」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:03:38.27 ID:ljK7FAcD0

中尾「良かったら今度の日曜日、一緒にご飯でも食べに行かない!?」

赤沢「いいわよ」

中尾「え……ほ、ホントに!?」

赤沢「えぇ。喜んで」ニコ


勅使河原「ッ!?」ガタッ

恒一「うわっ、ちょ、バレるって!!」

勅使河原「何だよ、どういう事だよ!! おいヤバイだろこれ!!!」

恒一「な、何がヤバイんだよ?」

勅使河原「赤沢乗り気じゃねえか! このままだとマジであいつらいい感じに……」

恒一「いや、それなら成功じゃないか」

勅使河原「俺からしたら成功しちゃダメなんだよ!!!」

恒一(あ、そういえば勅使河原も赤沢さんの事好きなんだっけ……。
    それだと僕はどうすればいいんだろ?)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:06:05.72 ID:ljK7FAcD0

赤沢「でも、アンタからそんな事言ってくれるなんて、ちょっと感心したわ」

中尾「い、いやぁ……」テレテレ

赤沢「それで、他には誰が来るの?」

中尾「えっ」

赤沢「えっ?」

勅使河原「えっ」

恒一「えっ」

中尾「……ってお前ら!!」

恒一「ご、ごめん、勅使河原が出てきちゃって……」

勅使河原「赤沢、他のメンツは今のところ俺とサカキだぜ!」

赤沢「ッ!!! え、えー、勅使河原も来るの?
     まぁいいわ……じゃあ私は由美と彩誘っていいかしら?」

勅使河原「おう、もちろん! 演劇部仲間か!」

中尾「お、おい!?」

恒一「あのー、勅使河原?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:07:27.12 ID:ljK7FAcD0

赤沢「やっぱりクラスの仲を深めるためには学校以外でも交流が必要よね!」ニコ

中尾「……あー、そ、そうだな!」





中尾「お前何してくれてんだよ!」

勅使河原「へっ、抜け駆けは許さないぜ!」

恒一「中尾くん、なんか勅使河原も赤沢さんの事が好きみたいなんだ」

中尾「なんだと!?」

勅使河原「というわけで、正々堂々いこうぜ」ニヤ

中尾「ぐぅ……!!」ギリギリ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:08:18.23 ID:ljK7FAcD0





赤沢「由美、彩。次の日曜空いてる?」

小椋「うん、大丈夫だよ」

綾野「なになに、カラオケでも行っちゃうー?」

赤沢「クラスメイトとの交流会を開こうと思っているの」

小椋「クラスメイト? 誰が来るの?」

赤沢「恒一くんと中尾と勅使河原よ」

小椋・綾野「「!!!」」

赤沢「二人とも来てくれると助かるんだけど……」

綾野「行く!!!」

小椋「私も!!!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:09:06.82 ID:7cTfbKGDi

勅使河原モテモテだなー(棒)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:09:21.10 ID:ljK7FAcD0

赤沢「そ、そう。ありがとう」

綾野(ぶっちゃけ交流会ってより、合コンだってのは分かってる。でも――――)

小椋(榊原くんが来るんだから行くしかないでしょう……!!!)

赤沢(二人の食い付きが思いの外良くて助かったわ。あぁ、恒一きゅん…………!!!)

三人「「ふふふふふふふふふふふふ」」





勅使河原「よし、次のアプローチは俺の番だな!!」

中尾「はぁ!?」

恒一「まぁまぁ中尾くん。で、何するつもりなの?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:11:12.62 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「好みのタイプを聞いてくる!! 中尾だってこれは知りたいだろ?」

中尾「た、確かに……」ゴクリ

恒一「僕もちょっと興味あるかも」

勅使河原「いっ!? お前も赤沢の事好きなの!?」

恒一「違うよ。そうじゃなくても、あの赤沢さんの好みって気になるよ」





勅使河原「あ、赤沢!」

赤沢「……なに?」シラッ


恒一「うわぁ、なんか物凄く冷めた目だね赤沢さん」

中尾「勅使河原のことは嫌ってるからな。その分俺の方が優位に立ってるって事だ!」ニヤ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:13:58.09 ID:ljK7FAcD0

恒一「でも、分かんないよ?
    初めは仲悪かったけど、いつの間にか……っていうのは王道パターンだし」

中尾「言われてみれば確かに……」

恒一「むしろ出番自体が少ない中尾くんの方が厳しいんじゃない?」

中尾「…………」ズーン


勅使河原「えっとだな、その、赤沢の好きな男のタイプとかってどんなの?」

赤沢「はぁ? 何でアンタがそんな事聞いてくんのよ」

勅使河原「た、大した意味はねえって! ただ気になってさ!」アセアセ

赤沢「ふーん。そうねえ……」チラッ


恒一「わっ、今ちょっと目があった! 盗み聞きしてるのバレたかな?」ダラダラ

中尾「赤沢さんはそういうの鋭いからな。でも、それならハッキリ言ってくるんじゃないか?」

恒一「そ、それもそうだね。はー、何か嫌な汗出ちゃったよ」ホッ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:15:40.40 ID:ljK7FAcD0


赤沢「優しくて、気遣いができて、普段は頼りなさげでも、
    いざとなったら頼りになる人かしらね。あとミステリアスな人もいいわ」

勅使河原「なるほど……見た目はどんなのがいいんだ?」メモメモ

赤沢「男らしいっていうよりは、少し中性的な方がいいわね」

勅使河原「水野よりは望月って感じか?」

赤沢「そうね」





勅使河原「てなわけだ」

中尾「中性的……俺ダメじゃねえか…………」ガクッ

勅使河原「はは、確かにな! 目もこえーし!」

恒一「大丈夫だって。とらドラの主人公も目付き怖いけど、モテてたよ。
    勅使河原の方は顔の方はいいから、髪型とか変えればそれっぽくなるんじゃない?」

勅使河原「よし、じゃあ望月みたいにしてみるか」ガシガシ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:18:19.43 ID:ljK7FAcD0

中尾「けど、赤沢さんは好みを言う時、中身についての方が多かった!
     つまり外見より性格重視なんじゃねえか!?」

勅使河原「一理あるな」

恒一「赤沢さんはしっかりしてるから、ほとんどの男子が元から頼りなさげに見えてるかもしれない。
    つまり、その上で何か頼りになるところを見せれば……」

中尾「よし、それなら俺に考えがある!」





杉浦「そうそう、それで――――」

赤沢「ふふ、何よそれー!」

小椋「あー、でもでも――――」

中尾(よし、赤沢さんは会話に夢中だ。あとはコイツを――――)スッ

芋虫「」ウニュウニュ

中尾(赤沢さんも女の子だ。ナマコに対するあの反応を見ても、
    こういう系統の虫は苦手に違いない! そこで――――)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:20:08.58 ID:ljK7FAcD0

―――――――
――――

赤沢『きゃああああああああああ!! 何よこの虫ぃぃ!!!』

中尾『大丈夫、赤沢さん!! ほら!!!』ポイッ

赤沢『あ、ありがとう……。頼りになるわね、中尾///』

――――
―――――――


中尾「ぐふ、ぐふふふふふふ」ニタァ

周り((き、気持ち悪い…………))

中尾(そうと決まれば……行け!!)ポイッ


ボトッ!!!


赤沢「ん……? い、いやあああああああああああああああ!!!!!」ガタッ!!


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:23:07.07 ID:ljK7FAcD0

小椋「きゃあああああ!!! な、何この芋虫ぃぃ!!!」

中尾(チャンスだ!!!)

中尾「だいじょ――――」

杉浦「騒ぎ過ぎ」ポイッ

中尾「あ」

小椋「た、多佳子ー!!」ギュッ

赤沢「ありがとう!! ホントにありがとう!!! さすが多佳子!!!」

杉浦「虫一匹で大袈裟すぎるって……」

中尾「」ガクッ





恒一「なるほどね。前の休み時間になんか騒がしかったのはそのせいか」

勅使河原「はっはっは! 残念だったな!」

中尾「く、くそ……絶対いけると思ってたのに……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:25:05.54 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「詰めが甘いんだよ。じゃあ俺がいっちょ手本でも見せてやるよ!」ニッ

恒一「勅使河原も何か策があるの?」

勅使河原「おう! これは自信あるぜ!」





水野「……なぁ、本気でやる気か?」

川堀「俺、女の子は守備範囲外なんだが」

勅使河原「頼むって! 上手くいったら飯おごるからさ!!」


赤沢「…………」スタスタ


勅使河原「き、来た!!! じゃあ上手くやれよ!!!」ササッ

水野「はぁ、分かった分かった」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:27:16.57 ID:ljK7FAcD0

バッ

赤沢「……?」

水野「よぉ、お嬢さん。カワイイねー!!」

川堀「今から俺らとお茶しない!?」

勅使河原(アイツらをヤンキーの格好に変装させて赤沢に迫らせて、俺が助ける!
       完璧すぎる作戦だぜ!)コソコソ


―――――――
――――

赤沢『ちょ、ちょっと何よアンタ達……』ビクッ

水野『いいからいいから!』

川堀『早く来いって!』ガシッ

赤沢『い、いや! 離して!!』

勅使河原『何やってんだお前ら!!』

赤沢『勅使河原……!?』


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:29:06.28 ID:ljK7FAcD0

水野『あぁ!? 何だテメェは!!』

川堀『邪魔する気かコラァァ!!!』

勅使河原『いいぜ……テメェらが何でも思い通りにできると思ってんなら』


勅使河原『その幻想をぶち殺す!!』ブン!!


水野『ひでぶ!?』ボコォ!!

川堀『あべしっ!!!』バキィ!!

勅使河原『大丈夫か?』

赤沢『どうして……私、アンタにはいつも嫌味言ったり…………』

勅使河原『どうしてって……』


勅使河原『誰かを助けるのに理由がいるかい?』ドヤァ


赤沢『勅使河原……///』

――――
―――――――

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:32:10.71 ID:ljK7FAcD0


勅使河原「ぐへへへへへへへへへ」ニタァ

水野「ほら、早く行こうぜ!!」グイッ

赤沢「ちょ、ちょっと……っ!」

勅使河原(今だ!!!)


赤沢「――何ふざけてんのよアンタら」バシッ


勅使河原「えっ」

水野「えっ」

川堀「えっ」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:34:42.18 ID:ljK7FAcD0

赤沢「台詞棒読みすぎ。キョロキョロ周り気にしすぎ。金髪カツラずれてる。
    ていうか学校の休み時間にお茶誘うってどうなのよ。せめて放課後の帰り道とかでしょ」

川堀「す、すみません……」

赤沢「まったく、水野も川堀も演劇部に転部したいわけ? それなら一応は歓迎するけど?」

水野「正体までバレてんの!?」

千曳「ん、どうしたんだい、その格好は」

赤沢「あ、千曳先生。実は――――カクカクシカジカ」

千曳「なるほど、尋常じゃないね。今からみっちり演技指導する必要があるようだ」ガシッ

水野「えっ、ちょ、先生!?」

千曳「さぁ行こうか」ズルズル

川堀「指導……悪くないな」ブツブツ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:35:44.40 ID:5uHQOkox0

掘り……


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:36:07.45 ID:ljK7FAcD0





勅使河原「―――って感じに失敗した」ガクッ

中尾「…………」

恒一「……バカだろ」

勅使河原「う、うっせえよ! 俺だって真面目に考えたんだ!」

恒一「…………」

恒一「……ていうかバカだろ」

勅使河原「二回言うな!!」

中尾「なんかお前はライバルとして警戒しなくてもいい気がしてきた」ハァ

勅使河原「ぐっ……お前だって思いっきり失敗したくせに…………」

中尾「ふっ、俺にはもう新たな策があるぞ」ニヤ

勅使河原「な、なにっ!?」

中尾「次は『優しくて、気遣いができる』という所を攻める!!」グッ

恒一(……上手くいく気がしないのは何故だろう)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:39:00.53 ID:ljK7FAcD0

【職員室】

中尾「先生、先生」ヒソヒソ

三神「どうしたの? もうすぐ授業始まるわよ」

中尾「実は少しお願いが――――カクカクシカジカ」

三神「……あのね、そんな事できるわけが」

中尾「ここに榊原の学校生活の写真集があります」スッ

三神「乗ったわ」ガシッ

中尾「交渉成立ですね」ニヤ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:42:37.06 ID:ljK7FAcD0

【教室】

三神「それでは授業を始めます。
    まずは前回の復習で問題を一つ解いてみましょう。黒板に図を書きますね」

カッ、カッ、カッ

恒一「……え?」

勅使河原「は???」

王子「(ねぇ、あの図って何?)」ヒソヒソ

杉浦「(私に聞かないでよ。あんなのやった事ないわよ)」

勅使河原「(高林、お前なら分かんじゃねえの? 高校の範囲まである程度できるんだろ?)」

高林「(わ、分かんないよ。
     ていうか、あれたぶん高校レベルでもない気が……フェアじゃないよ)」

望月「(わざとできないレベルの問題を出して、
     みんなを困らせる。素敵です、三神先生!!)」ビクンビクン

中尾「…………」ニヤ

三神「では、このような一次元の井戸型ポテンシャルに一つの電子を閉じ込めたとします。
    この時の波動関数とエネルギー固有値を求めてください」ニコ


www_dotup_org2945334.jpg


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:44:06.66 ID:ogQUh5vP0

日本語でおk


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:44:51.37 ID:ljK7FAcD0

赤沢「あ、あの、先生」スッ

三神「はい赤沢さん。何か質問ですか?」

赤沢「いえ、その、確か前の授業では二元一次方程式をやっていたと思うのですが……」

三神「はい、それを応用した問題です」ニコ

中尾以外((ウソつけえええええええええええ))

三神「それでは赤沢さん。前に出て解いてもらえる?」

赤沢「えっ……」

中尾(よし、ここで……)


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:46:22.57 ID:ljK7FAcD0
―――――――
――――

赤沢(ど、どうしよう、分からない……)オロオロ

中尾『赤沢さん、赤沢さん』ヒソヒソ

赤沢『え、中尾……?』

中尾『これをそのまま書けば大丈夫だから』スッ

赤沢『ほ、本当なの?』

中尾『あぁ、俺を信じて』

赤沢『うん……分かった』

カッ、カッ、カッ

三神『うん、正解よ! よく出来ました』ニコ

全員『おおおおおおおおおお!!!』


赤沢『中尾……ありがとう。あんな問題できるなんてすごいわね///』

中尾『赤沢さんの役に立てて良かったよ』ニコ

――――
―――――――

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:49:11.03 ID:ljK7FAcD0


中尾「ふひひひひひひひひひひひひ」ニタァ

渡辺(中尾くんが壊れた……)

赤沢「え、えっと……」オロオロ

中尾(よし、今だ!)

中尾「(赤沢さん、赤沢さん)」ヒソヒソ

赤沢「(な、何?)」

中尾「(これをそのまま書けば大丈夫だから)」スッ

赤沢「(……何よこの暗号は! ふざけてんの!?)」

中尾「(え!? い、いやこれで合ってるって!)」

赤沢「(もういいわよ、自分で考える!)」

中尾「」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:50:41.95 ID:5uHQOkox0

無脳……


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:51:42.68 ID:4Vkxpl0Vi

さすが無能の赤沢さんやでぇ…


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:54:09.62 ID:ljK7FAcD0

赤沢「…………」

三神「赤沢さん? どうしました?」

赤沢「……うぅ」

赤沢(意地張っちゃったけど、やっぱり分かりそうもない……。
    ここは素直に分からないって言うしか…………)


恒一「先生、僕が解いてもいいですか?」スッ


赤沢「えっ!?」

三神「こ、こうい……榊原くん? 解けるの?」

恒一「はい、たぶん」スタスタ

カッ、カッ、カッ

恒一(えっと、まず一次元のシュレーディンガー方程式を用いて…………
    境界条件は…………後は規格化して…………)カキカキ

恒一「……先生、エネルギー固有値はプランク定数を用いて表記したほうがいいですか?」


シュレーディンガー方程式
www_dotup_org2945388.png

波動関数
www_dotup_org2945396.png

エネルギー固有値
www_dotup_org2945404.png


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:56:33.67 ID:5uHQOkox0

この薔薇さんは俺でも惚れるわ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:00:29.09 ID:ogQUh5vP0

日本語でおk


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 20:58:39.76 ID:ljK7FAcD0

三神「」ポカーン

恒一「三神先生?」

三神「あっ、ごめんなさい! そのままでいいわよ! うん、正解!!」

「「うおおおおおおおおおおおおおお!!!」」

女子((カッコイイ……///))キュン

勅使河原「すっげえええ!!! 何でできんだよサカキ!」

恒一「昔父さんに習ったことがあったんだよ。…………それにしても三神先生?」

三神「は、はい?」

恒一「これ量子力学ですよね? 全然前回の復習とかじゃないと思うんですけど……」

三神「……間違えちゃった」テヘペロ

望月「」ブッ!!


ガシャーン!!


「うわあああ、望月が鼻血出してぶっ倒れたぞ!!」

「早く保健室運べー!!!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:01:50.38 ID:ljK7FAcD0

バタバタ……

中尾(く、くそ……榊原のやつ…………)グヌヌ

中尾(そうだ、赤沢さんは……)チラッ

赤沢「…………恒一きゅん///」ポー

中尾「」





中尾「――――って事だったんだよ! お前のせいで失敗したじゃねえか!」

恒一「なるほど、そういう事だったんだ……
    ていうか、何で三神先生もそんなのに協力したのかな…………」ハァ

中尾「いっ!? あー、いや、何でかなー」ギクッ

勅使河原「つーか、赤沢の性格的に、
      あんな訳分かんねえものを理解もしねえでそのまま書くわけねえだろ」

中尾「……い、言われてみてば

勅使河原「ったく、分かってねえな。気遣いができるってのは
      さり気なくアピールするんだよ。ちょっと見てろよ」スタスタ

恒一「嫌な予感しかしない」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:03:34.62 ID:ljK7FAcD0





勅使河原「赤沢、髪にゴミがついてんぞ」サッサッ

赤沢「えっ? あー、ありがと」

勅使河原「リボンも少し曲がってるな」クイクイ

赤沢「……そう」

勅使河原「おっ、制服の襟も少し……」スッ

赤沢「きゃあ!!! ど、どこ触ってんのよ変態!!!」バシン!!

勅使河原「いってえ!! 何だよ、襟が曲がってるから直してやろうとしてんのに!」

赤沢「アンタは私の母親か!! もういいから、どっか行きなさいよ!!」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:04:21.26 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「な、何だよ、お前やたらイライラしてねえか?」

赤沢「うっさい!!」

勅使河原「何がそんなに気に入らねえんだって…………はっ!!」ピコーン

赤沢「今度は何?」イライラ

勅使河原「そっか、ごめんな気付いてやれなくて。お前――――」


勅使河原「今、生理なのか」


バキッ!!!!! ドゴォ!!! グチャ!!!


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:07:01.43 ID:ljK7FAcD0





勅使河原「…………」ボロボロ

恒一「大丈夫? 生きてる?」

中尾「派手にやられたな」

勅使河原「次は……ミステリアスな所を攻めるぜ……」ゼェゼェ

恒一「いや、今のその顔はミステリーっていうかホラーだよ」

中尾「つか順番的には次は俺だろ!」

勅使河原「頼む!! このままだと赤沢に口利いてもらえないんだよ!!」

恒一「完全に自業自得だけどね……」

中尾「はぁ、仕方ねえなぁ。なんか策はあんのかよ?」

勅使河原「おう! 俺は元々ミステリアスな男なんだぜ!」

恒一「それはない」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:09:23.67 ID:ljK7FAcD0





勅使河原「えっと……赤沢?」オソルオソル

赤沢「なに?」ギロ

勅使河原「悪かったって、どうすれば許してくれるんだよ?」

赤沢「とりあえず、今すぐ私の視界から消えて」

勅使河原「うぐ……」

勅使河原(負けるな! ここはミステリアスに……)

勅使河原「なぁ、赤沢。さっきの俺の発言なんだけどさ……」

赤沢「何よ? 言い訳?」


勅使河原「つい言ってしまったんだ……円環の理に導かれて…………」ドヤァ


赤沢「…………」

勅使河原「…………」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:11:15.41 ID:m3DcyrC70

円環の理に導かれて…てっしー消滅か


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:11:22.79 ID:5uHQOkox0

桜木「どういうことだおい……!」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:12:44.16 ID:ljK7FAcD0

赤沢「……は?」

勅使河原「え?」

勅使河原(今のはダメだったのか!?)

赤沢「言いたいことはそれだけ? しかも意味不明だし」

勅使河原「い、いやいや! まだあってな……」

赤沢「もうしつこい! アンタは今までだって何回私を怒らせてきたと思ってんのよ!」


勅使河原「お前は今まで食ってきたパンの枚数を覚えているのか?」ジョジョダチ


ドカッ!!! ボキッ!!!


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:16:14.31 ID:ljK7FAcD0




勅使河原「」ピクピク

恒一「これは再起不能だね」ツンツン

中尾「無茶しやがって……」

恒一「まぁ自業自得だから仕方ないよ。アレはどう見てもケンカ売ってたし」

中尾「よし、じゃあ次は俺がいくか。勅使河原とは違う所を見せなきゃな!」

恒一「何か策はあるの?」

中尾「いや、まだ……。ミステリアスってのは難しいな……」


見崎「話は聞かせてもらった。私に任せて」


恒一「うわっ、ビックリした!!!」

中尾「み、見崎? まさか今までの会話……」

見崎「全部聞いてた。中尾くんと勅使河原くんが赤沢さんの事が好きなのは知ってる」

中尾「お、おいおいおい!!! じゃあ他の奴らにもバレてんじゃ……!!」キョロキョロ


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:18:17.31 ID:ljK7FAcD0

見崎「大丈夫、私は榊原くんをストーキングしてたら偶然知っただけだから、
    他の人は気付いていないはず」

中尾「そっか、良かった」ホッ

恒一「いやいやいや、僕は全然良くないんだけど。え、なに、ストーキング?」

見崎「それより、ミステリアスといったら私でしょう。完璧な作戦があるわ」

中尾「本当か!?」

恒一「ねえ、ちょっと待ってよ。それよりさっき言ってたストーキングがどうのこうのって――――」

見崎「まず携帯電話を使って、このセリフを読み上げるの。それで――――」

恒一「おい」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:20:00.08 ID:M4K/b/n/0

さすが見崎さんやでぇ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:20:33.95 ID:ljK7FAcD0





赤沢「そうそう、それで勅使河原の奴が――――」ムカムカ

中尾「そりゃ酷いなー」

中尾(よし、ここら辺で……)

中尾「あっ、ごめん赤沢さん。電話だ」スッ

赤沢「えっ? あぁ、うん、構わないわよ」

中尾「……俺だ」

赤沢「え??」

赤沢(電話でいきなり『俺だ』で始めるってどうなの……?)

中尾「何? くっ、まさか機関の工作がそこまで進んでいるとは……っ!!!」ギリッ

赤沢(機関? え?)

中尾「……あぁ、分かってる。この世界のためだ、多少の犠牲も止むを得ないさ」フッ

赤沢「……うわぁ」

中尾「あぁ、そっちも死ぬなよ。エル・プサイ・コングルゥ」ピッ


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:21:52.47 ID:Od+iZVWl0

鳴ちゃん酷い…


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:27:18.27 ID:ljK7FAcD0

中尾「ごめんごめん、赤沢さん」ニコ

赤沢「…………え、えぇ! 別に気にしてないわよ!」

中尾(動揺してる!! 俺のミステリアスな部分を見たからか!! よし、それならこのまま……)

中尾「ぐっ、ぐううううああああああああ!!!」ガクッ

赤沢「な、中尾!? どうしたの!?」

中尾「ぐううう、俺の右目が……疼く…………!!!」プルプル

赤沢「えっ、あ、あー、大丈夫……?」

中尾「収まれ……魔眼リーディング・シュタイナー!!」

赤沢「…………」

中尾「……あれ?」

赤沢「…………あはは、大丈夫?」

中尾「…………うん」

赤沢「…………」

中尾「…………」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:30:51.35 ID:ljK7FAcD0





中尾「おい見崎!! なんかメチャクチャ微妙な雰囲気になったぞ!!」

見崎「おかしい。あそこはギアスで攻めるべきだったのか。
    いや、それかデウス・エクス・マキナを……」ブツブツ

恒一「ミステリアスっていうか、ただ単にわけがわからないよ。
    それより、さっきのストーキングの話なんだけど――」

見崎「――何も知らないのね。サ・カ・キ・バ・ラくん」ニコ

恒一「…………」

見崎「…………」

恒一「いやいやいや!! まさかそれで誤魔化せるとは思ってないよね!?」

見崎「……ちっ」

勅使河原「まぁまぁ、サカキ。見崎も悪気があってそんな事したわけじゃねえって」

中尾「勅使河原復活したのか。まっ、とにかくストーキングくらい許してやれよ。
    実はお前もやった事あったりするんじゃねえの?」ニヤ

恒一「ッ!!」ギクッ

勅使河原「おいその反応……マジ?」

見崎「榊原くん?」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:33:15.53 ID:ljK7FAcD0

恒一「ち、違うんだ! 僕は最初はいないものなんて知らなかったから、ちょっと気になって……!
     別に見崎の事をストーキングするつもりは……!!」アセアセ

見崎「榊原くん」

恒一「ごめん、見崎! 本当にそういうつもりはなくて……!!」

見崎「榊原くんなら……いいよ? むしろ嬉しいかもしれない」ニコ

恒一「……え、それって」

見崎「///」

勅使河原「あー、アチーアチー!!」パタパタ

中尾「見せつけてくれんのもいいが、
    俺らの次の作戦も考えてくれよ。何とかして赤沢さんに振り向いてもらえるように……」


綾野「へぇ~、何か面白い話してるね~」ニヤニヤ

小椋「ごめん、聞いちゃった」


中尾「」

勅使河原「おい中尾おおおおおお!!!」

恒一「あー、二人共。できればこれは赤沢さんには内緒に……」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:35:15.85 ID:ljK7FAcD0

綾野「こういっちゃんも泉美の事好きなの?」

見崎「…………」ムッ

恒一「えっ、いや、僕はそういう気持ちはないよ」

小椋「……そっかそっか! 安心して、泉美には絶対に言わないから!」

中尾「助かる……」

綾野「むしろ、あたし達も協力したげるよ!」ニコ

勅使河原「本当か!?」

小椋「えぇ、もちろん!」

綾野(泉美がこの二人のどっちかとくっついてくれれば……)

小椋(榊原くんを巡るライバルが一人いなくなる!!)


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:36:40.87 ID:ljK7FAcD0

綾野「それじゃ、さっそく次の日曜にアクション起こそう!」

勅使河原「今度の合コンの事か!」

見崎「合コン……?」ピクッ

小椋「うん、その時に泉美と仲良くなれるようにしてあげる!」

中尾「おぉ、頼もしいな!」

見崎「ねぇ、榊原くん。合コンってどういう事?」クイクイ

恒一「あー、なんか成り行きで……。まぁでも僕も中尾くん達には協力してあげたいし……」

見崎「……榊原くん、お願いがあるの」

恒一「お願い?」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:40:55.82 ID:ljK7FAcD0

【日曜日・イノヤ】



勅使河原「ついにこの日がやってきた!」

中尾「赤沢さん赤沢さん赤沢さん…………」

恒一「…………」ボー

勅使河原「ん、どうしたんだよサカキ。
      あっ、もしかしてお前楽しみすぎてろくに寝れなかったんだろ?」ニヤ

中尾「お前もか榊原。まぁそれでも俺はこれから赤沢さんに会えると思うだけで全然平気だけどな」

恒一「いや、うん、まぁ……」

恒一(今日まで見崎の家に軟禁されてた何て言えない……)

勅使河原「――――おっ、赤沢達来たみたいだぜ!」

中尾「赤沢さんの私服……!!」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:42:03.82 ID:ljK7FAcD0

赤沢「あら、もう男子は揃ってるみたいね……ん?」

小椋「……あれは」

綾野「…………」

赤沢(座ってる順番は奥から恒一くん、中尾、勅使河原。つまり――――)

((急がないと向かいの席がとれない!!))

小椋「!!」スタスタ

赤沢「あっ、ちょっと! 待ちなさいよ!」タッタッタ

綾野「走るなんて卑怯だよ!」タッタッタ

小椋「ふん!!」ガシッ

赤沢「なっ、掴まないでよ!」

綾野「由美も行かせないよ!!」ガシッ

小椋「くっ……!」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:45:39.84 ID:ljK7FAcD0


中尾「……何してんだあれ?」

勅使河原「さぁ……」

恒一「ほら、三人とも。あんまりやると、お店にも迷惑だからさ」

赤沢「うっ、そ、そうね」

小椋「じゃあ私が奥の席に……」スタスタ

綾野「何ちゃっかり自分だけ得しようとしてんの!」ガシッ

恒一「えーと、そんなに奥の席がいいなら、僕も代わってあげるから……」

三人「「それじゃ意味ないの!!!」」

恒一「え、ご、ごめん」

赤沢「仕方ないわね。私に考えがあるわ」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:48:17.41 ID:ljK7FAcD0





中尾(こ、この席順は――――!)

勅使河原(おっしゃあ!! 赤沢の隣だ!!)グッ

恒一(なんか赤沢さんがこっち睨んでる気がするのは何でだろう……)

【席順】

中尾 赤沢 勅使河原
小椋 恒一 綾野

赤沢(くっ、じゃんけんで負けたのが痛かったわね……!)

小椋(ホントは榊原くんの隣は私が独占したかったけど、ここは我慢するしかないわ)

綾野(少なくとも一番危険な泉美を離せただけ良しね)
102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:51:38.04 ID:ljK7FAcD0


恒一「え、えーと、じゃあとりあえず何か頼もうか?」

勅使河原「ドリンクバーでいいんじゃね?」

赤沢「そんなのあるわけないでしょ。ばっかじゃないの」

勅使河原「まだ怒ってんのかよ……」ガクッ

赤沢「子供じゃあるまいし、そんな引きずったりしてないわよ。
    あと近い。100メートルは離れなさいよ」

勅使河原「俺、店の外に出るだろそれ!!」

恒一「あはは、赤沢さんと勅使河原って結構お似合いだよね」ニコ

勅使河原「!!」

赤沢「えっ!?」

小椋(チャンス!)

小椋「あー、分かる分かる! ケンカするほど仲が良いってやつよね!」

綾野「何だかんだこういう二人がくっついたりするのよねー」ニヤニヤ

中尾「な、何言ってんだよお前ら!」

勅使河原(これは俺に協力してくれてるのか……! ホントに良い友達持ったぜ!)


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:54:49.60 ID:uf4WOK2/0

テッシ―…


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 21:56:29.69 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「ま、まぁ本当はそこまで仲悪いってわけじゃない……よな?」チラッ

赤沢「……ねぇ、恒一くん」

勅使河原「無視かよ!!」

恒一「ん、どうしたの赤沢さん」

赤沢「私と恒一くんはお似合いじゃないからしら?」ニコ

恒一「……え?」

綾野・小椋「「ッ!!」」

中尾「そんな事はねえって!!」

赤沢「私は恒一くんに聞いてるの」

恒一「ぼ、僕……か。うーん、どうだろうねー」アセアセ

恒一(これはどう答えればいいんだろう……)チラッ

綾野「…………!!」ブンブン!!

恒一(なんか首振りまくってる……よし)

恒一「え、えっと、僕は赤沢さんには合わないんじゃないかなー、なんて」ハハ


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:00:13.93 ID:ljK7FAcD0

赤沢「……どうして?」

恒一「ほら、赤沢さんってすごくしっかりしてるしさ、
    やっぱり相手の方も頼れる男らしい人がいいんじゃないかな。
    僕なんかより、中尾くんとか勅使河原の方がずっと頼りになるよ」

勅使河原(サカキ……お前ってやつは……!!)

中尾(感謝するぜ……!!)

赤沢「…………」シュン

小椋(泉美には悪いけど、これが女の勝負よ……!)

綾野(どんな手を使ってでも、こういっちゃんは渡さない!)

恒一「というわけで、赤沢さんには僕なんかよりももっと良い人が……」


赤沢「――分かった」


中尾・勅使河原「「!!」」

中尾(今の『分かった』っていうのは、俺達の事も考えてくれるという事か!?)

勅使河原(よ、よし!! 今まで色々やっちまったけど、これでやっとスタートラインに……)


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:04:17.74 ID:ljK7FAcD0

赤沢「こんな回りくどいのは、やっぱり私の性に合わないわ。ハッキリ言う事にする」

恒一以外「「!!!!!」」

恒一「ハッキリ……?」

綾野(こ、これってもしかして……!)

小椋(まさかこんなみんな居る所で!? いや、でも泉美なら無いとは言えない!!)

中尾(も、もしかして告白か!?
    さっきの榊原の言葉で俺への気持ちに気付いたとかで……!!!)ドキドキ

勅使河原(おいおいおい!! こんな所で言われても心の準備ってやつが……!!)テレテレ

赤沢「あ、あのね。私、実は――――///」カァァ

恒一(顔真っ赤だ……一体何を言うつもりなんだろう)

中尾・勅使河原「…………!!」ゴクリ

赤沢「こ、こうい――」


♪~♪~


赤沢「……え?? な、何よこの曲」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:05:17.01 ID:uf4WOK2/0

イノヤェ……


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:07:51.92 ID:XIT+zjCa0

小椋「か…体が勝手に!」ブリッジ


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:11:49.94 ID:ljK7FAcD0


小椋「…………」ガタッ

恒一「お、小椋さん? どうしたの、いきなり踊りだして――」


                     __
                 ,,,<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7ー.... __
.              /////|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     ̄`ヽ
            //////,∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト ___,   '.
           //////////|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7     ト─イl
   グキッ!!     f。///////厂 ̄ ̄ ヽ:.:.:.:.:/       V//∧
     ,. -.-... |/|///////      |_::/       ヽ//∧
    /: : : :`:x|}イ/⌒ヽ//      _            '//∧
    ,: : : : : \j/  /Y))ー──´_二j           V/∧ー- 、
   从: : : : \(  {|{   ̄` ...  ̄               ヒ:///<__
     `ー≧く乂__`テー _ `ーュ_              |////////)
                 `ー-ー<>           


綾野「ゆ、由美ぃぃいいいいいいいいい!!!」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:13:27.25 ID:ljK7FAcD0





赤沢「……まったく、何やってんのよあんた」ハァ

小椋「あ、あはは、ごめんごめん。あの曲聞くと踊りたくなっちゃうのよね~」チラッ

智香「…………」グッ

小椋(合図したらあの曲流すように、前もって智香さんに頼んでおいたのよね)ドヤァ

恒一「でもすごい音したよ? 本当に大丈夫?」スッ

小椋「ひゃん!!!」ビクン

小椋(榊原くんに首筋を……な、撫で、なでででで///)

恒一「ご、ごめん!! 痛かった!?」

小椋「あっ、ううん、ビックリしただけ///」

綾野(由美のやつ、自分の身を犠牲にしてまで……! なんて執念!!)

赤沢(羨ましい羨ましい羨ましい)


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:18:04.51 ID:ljK7FAcD0

恒一(な、何かまた微妙な雰囲気に……。とりあえず、綾野さん達の台本通りに……)

恒一「そ、そうだ! これからどっか遊びに行こうよ!」

中尾「おっ、いいな!!」

小椋「それなら遊園地行こうよ!」

赤沢「……何か話がトントン拍子に進み過ぎじゃない?」

勅使河原「そ、そうか? 気にしすぎだろ!!」ギクッ

綾野「でも泉美も行きたいでしょ!? ねっ!!」

赤沢「え、そ、そうね……」チラッ

恒一「?」

赤沢「た、たまにはいいわね///」

綾野「よし、決まりー!!」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:21:04.43 ID:ljK7FAcD0

【遊園地】


赤沢「遊園地なんて久しぶりね」

恒一「赤沢さんはあんまり来たりしないの?」

赤沢「えぇ、小学生の頃に来て以来かしらね」

中尾「赤沢さんはあまり遊園地好きじゃないんだ」

赤沢「ううん、そんな事はないわよ。ただ機会がなかったっていうだけ」

勅使河原(という事はデートコースに遊園地はあり……と)メモメモ

綾野「こういっちゃんは東京の遊園地とか行かないの?
    あ、向こうの方だとディズニーランドになるのかな?」

恒一「うーん、僕もあんまり行ったりしないかな。
     友達は家族でディズニーランドとか行ったことある人は多かったよ。
   でもうちは父親もほとんど海外だしね」

勅使河原「とか何とか言いながら、実は向こうの彼女とかと行ったことあるんじゃねえの?」ニヤニヤ

女子「「!!!」」

恒一「はは、ないない。彼女とかできたことないよ」

中尾「本当か? 意外だな」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:22:34.93 ID:ljK7FAcD0

赤沢(勅使河原のやつ、たまにはいい仕事するじゃない)

小椋(良かった~。つまり、榊原くんと付き合えれば私が最初で最後の恋人!!)

綾野(よし、今日は頑張ってアピールしないと!)


綾野「それじゃ、早速何か乗ってみようか!」

小椋「んー、でもどれも待ち時間がすごいね……。あっ、お化け屋敷はすぐ入れそうだよ!」

赤沢「えっ……」

綾野「あれ、もしかして泉美、お化け屋敷苦手だったり?」ニヤニヤ

中尾・勅使河原「「!!!!!」」

恒一「へぇ~、ちょっと意外かも」

赤沢「そ、そんな事ないわよ!!」ギクッ

小椋「焦ってるところがまた怪しいわね~。よし、じゃあペアでも作ろうか!」

赤沢「え、ペア?」

綾野「うん、せっかく男女で同じ人数なんだし、ペアで行ったほうが面白いじゃん!!」

中尾「そうだな!!」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:31:04.63 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「俺、ちょうど割り箸で作ったクジ持ってきてるぜ!」

赤沢「……やけに準備よくない?」

勅使河原「た、たまたまだって!」ギクゥ

綾野「まぁまぁ、とにかくサクッと引いちゃおうよ!」

赤沢(クジは3本。1本ずつに男子の名前が書いてあるのね……確率は3分の1!)

赤沢「じゃあ、私がクジ持つから、二人共引いて。三人で引くよりは効率的でしょ」スッ

小椋「…………」ニヤ


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:34:11.92 ID:ljK7FAcD0

【お化け屋敷】

赤沢(……はぁ。まぁそこまで上手くいくとは思ってないけどさ)

中尾「おぉ、中々雰囲気あるね!」

赤沢「こんなの、基本は子供騙しよ。さっさと進んじゃうわよ」スタスタ

中尾「そ、そうだね」アセアセ

中尾(綾野達には手くらい繋げとかって言われたが……)チラッ

赤沢「うっ……く、暗いわね……」ビクビク

中尾(か、かわいい……!! よし、今だ!!)

ギュッ


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:36:28.80 ID:ljK7FAcD0

赤沢「ッ!!!」ビクッ

中尾「……え?」


赤沢「きゃあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


ダダダダダダダダダ!!!!!

中尾「ちょ、赤沢さん!? ……行っちまった」

中尾(でも……手柔らかかったな……ぐふふ)

中尾「って早く探さねえと!」ダダッ


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:37:53.03 ID:ljK7FAcD0

恒一「なんか赤沢さんらしき悲鳴が聞こえてきた気がするんだけど……」

小椋「泉美はこういうの苦手っぽいからねー」アハハ

恒一「はは、例の災厄もこっち系だと思うけど、それは大丈夫なんだね」

小椋「そこら辺は別腹って感じなんじゃない? 榊原くんはホラー系好きなんだよね?」

恒一「うん、でもこういうのはどうしても人の手によるものっていう先入観が出ちゃうから、
    あんまり怖くはならないんだよね」

小椋「榊原くん、お化け役の人にピクリとも驚かないからねー。私が怖がってばっか」

恒一「女の子らしくていいと思うよ」ハハ

小椋(ふふ、ぶっちゃけ私もこういうの全然平気なんだけど、
    今なら怖がったふりしてたくさん抱きつけるしね!)

ダダダダダダダダダ!!!!!

恒一「……ん? なんかすごい足音が」

ドカッ!!!

恒一「うわっ!?」ヨロッ

小椋「だ、大丈夫、榊原くん!?」

恒一「う、うん。何かぶつかってきて……」

赤沢「うっ……うぅ…………ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ブルブル


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:40:46.15 ID:ljK7FAcD0

恒一「……赤沢さん?」

赤沢「え、こ、恒一くん?」ウルッ

恒一「ッ!!!」ドキッ

恒一(あ、赤沢さんの涙目上目遣いって珍しいけど、かわいいな……)

小椋「……む」

恒一「え、えっと、大丈夫? ほら、立てるかな?」スッ

赤沢「うん……」ギュッ

グイッ

恒一「一緒に居た中尾くんは?」

赤沢「わ、分かんない。私、やみくもに走ってたから……」

恒一「そっか……まぁ中尾くんなら一人でも大丈夫かな。
    とりあえず僕達と一緒にここから出ようか?」パッ

赤沢「あ……」

恒一「ん? どうしたの?」

赤沢「あの、その……できれば、手を繋いでてほしい、かな。落ち着くし」モジモジ

恒一「あー、うん、もちろんいいよ」ニコ


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:44:41.15 ID:ljK7FAcD0

ギュッ

赤沢「///」

恒一「じゃあ、行こっか」


小椋「うぅ……」ブルブル


恒一「お、小椋さん? どうしたの?」

小椋「わ、私も怖くなっちゃって……」ウルウル

恒一「えっ、でもさっきまでは――」

小椋「さ、さっきの首なしライダーが怖くなってきちゃったの! 時間差で!」

恒一「そ、そう……」

恒一(時間差で怖がるって珍しいな……)


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 22:49:28.44 ID:ljK7FAcD0

小椋「だから、その、私も手……」チラッ

恒一「あー、うん。いいよ」ニコ

ギュッ

小椋「///」

恒一(まるで子供を連れる父親の気分だなぁ)


【お化け屋敷外】


綾野「あああああ!! 何でそんな状況になってんの!?」

勅使河原「あ、赤沢!?」

恒一「えっと、まぁ、色々あって。ほら二人共、もう大丈夫だよね?」

小椋「う、うん///」

赤沢「ありがとう///」

綾野「むぅ、クジは順番だし、仕方ないか……」ブツブツ

赤沢「順番? 何のこと?」

綾野「えっ、いやいや! 何でもないよ~」ギクッ


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:01:53.17 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「(おいサカキ! お前何だかんだ言ってやっぱ赤沢の事……!!)」コソコソ

恒一「(違うって! アクシデントだよ!)」

小椋「あれ、でも中尾は?」

綾野「泉美は知らないの?」

赤沢「ううん。私、中尾置いて走って行っちゃったから……」

恒一「あっ、今出てきたみたいだよ」


中尾「…………」ズーン

勅使河原「ど、どうした?」

中尾「赤沢さん探してたら、他の客に化物だと思われて叫ばれまくった……」ズーン

綾野「ぷっ、た、確かにあの暗闇でその目元とかは怖いかも……」プルプル

赤沢「ご、ごめんね中尾」

中尾「いや、いいよ。うん」

中尾(赤沢さんの手の感触の代償だと思えばこのくらい……)


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:04:11.08 ID:ljK7FAcD0

【ジェットコースター乗り場】

綾野「やっぱ遊園地って言ったらこれだよね!」

恒一「はは、綾野さんはこういうの好きそうだよね」

綾野「おっ、分かってんじゃんこういっちゃん!」

赤沢(くっ、またクジで恒一くんの隣を取れなかった……)

小椋(まっ、お化け屋敷では存分に堪能したしね)

中尾「おっ、次みたいだぞー」

勅使河原(来たぜ……ついに来たぜ俺の時代が!!)グッ

席順
恒一    綾野
勅使河原 赤沢
中尾    小椋


ウィーン……


勅使河原「おぉ、結構高くまで上がっていくんだな。赤沢はこういうのもダメな感じ?」

赤沢「ふん、残念だったわね。こういうのは大丈夫よ」ニヤ


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:08:51.59 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「んな事しねえって!」

赤沢「どーだか」ツーン

勅使河原(……手を握るくらいはいいよな?)スッ

サッ

勅使河原「あ」

赤沢「やっぱ何かしようとしてたじゃない」ジト

勅使河原「手くらいいいじゃねえかよー」ガクッ

赤沢「い・や。あ、でもそうね……」ウーン

勅使河原「ん?」

赤沢「――よし、じゃあただ乗るのも面白くないし、勝負しましょうか?」ニヤ

勅使河原「勝負?」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:10:23.86 ID:ljK7FAcD0

赤沢「このジェットコースターには大きな坂が二つあるでしょ。
    その二つで少しも叫ばなかったら、手くらいは繋いであげるわ」

勅使河原「よっしゃあ!! その坂って今登ってるのと、アレでいいんだよな!?」スッ

赤沢「そうそう」

勅使河原「よし、約束だかんな!!」

赤沢「はいはい、せいぜい頑張りなさいよ」



綾野「うんうん、いいねいいね、この上がってく時のワクワク感がたまんないんだよね!」

恒一「あぁ、うん、何となく分かるよ」ニコ

綾野「あれ? もしかしてこういっちゃんもこういうのは平気な感じ?」

恒一「そうだね。得意ってわけでもないけど」

綾野(むぅ、苦手だったらそれを口実に手を繋ぐこともできたんだけどなー。まぁいいや!)

綾野「えいっ!」

ギュッ


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:14:07.47 ID:ljK7FAcD0

恒一「へ?」

綾野「えへへ、ジェットコースターってこういうノリじゃない?」ニコ

恒一「そ、そうかな……? まぁいいけど」ドキッ

綾野「……あ、こういっちゃん、今ちょっとドキッとしたでしょ?」ニヤ

恒一「そ、そんな事ないよ!」ギクッ

綾野「ふーん? あ、でもね――――」


綾野「――――あたしはすっごくドキドキしてるよ?」ニコ


恒一「え……?」


ガクン、ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!


綾野「きゃああああああああああああああ!!!!!」

恒一「う、うわっ!」

恒一(思ってたより速っ……!!!)


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:15:13.20 ID:ljK7FAcD0


勅使河原「ぐっ!!!」

勅使河原(い、意外とはえーじゃねえか……!! けどこんくらいで叫んでたまるか!!)

赤沢(へぇ、結構頑張ってるじゃない)

ビュォォォオオオオオオオ!!!!!

勅使河原(よし、トンネルを抜けた次の坂! それを耐えれば……!!)ギリッ

「ちょ、ちょっと中尾!? 大丈夫!?」

「う、うっぷ……」

勅使河原「……ん? 何か後ろが騒が」

中尾「うおおおおええええええええええええええええ!!!!!」ゲロッ

ビチャァァァァァァ!!!

勅使河原「うぎゃあああああああああああああああああああああああ!!!!!」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:18:03.87 ID:m3DcyrC70

うぎゃあああああああああああああ


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:19:59.49 ID:ljK7FAcD0

【広場】

中尾「……うっぷ」ゲッソリ

勅使河原「…………」

赤沢「……ふう、匂いはだいぶマシになってきたけど、服はやっぱりダメね」フキフキ

勅使河原(赤沢に拭いてもらってるのは嬉しい……けど代償でかすぎだろこれ…………)

タッタッタ……

恒一「ほら、着替え買ってきたよ。ここに売ってるやつだからキャラ物だけど」

綾野「あと薬も! 意外とあるもんだねー」

赤沢「ありがとう、二人共」

小椋「もう、やけに口数少ないと思ったら。ホントびっくりしたわよ」

中尾「……ふう」

赤沢「ちょっと良くなってきた? 横になれればいいけど、堅いベンチだし……」

恒一「それなら、膝枕すればいいんじゃない?」

綾野「おっ!! こういっちゃんナイスアイデア!!」

小椋「そうね、それがいいよ!」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:24:35.37 ID:ljK7FAcD0

勅使河原「は、はぁ!? 中尾得しすぎだろそれ!!!」

赤沢「仕方ないじゃない。病人なんだし」

勅使河原「ま、マジで……?」

赤沢「えぇ、だから勅使河原、頼んだわよ」

勅使河原「……え?」





勅使河原「…………」

中尾「…………」

「ねぇねぇ、あそこお兄ちゃん同士で膝枕してるー!!」

「ほら、指差しちゃダメよ。すっごく仲良しなのよ」

「アッー!っていうんだよね?」

「どこでそんな言葉覚えたの!?」

勅使河原「…………」

中尾「…………」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:27:13.42 ID:M4K/b/n/0

アッー!


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:27:29.32 ID:XIT+zjCa0

柿沼「」ガタッ


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:29:41.87 ID:ljK7FAcD0

【お店】

恒一「んー」

赤沢「あら、お家の人に何か買って帰るの?」

恒一「あー、いや、見崎に何買えばいいのかなって……」

綾野「えっ!?」

小椋「見崎鳴……やっぱりあの子がラスボスね……!!」ギリッ

赤沢「み、見崎さんにはお人形なんかでいいんじゃないかしら?」ニコ

綾野(泉美、笑ってるけど凄く動揺してる)

恒一「僕も人形でいいかなって思ったんだけど、
    ここにあるようなのって見崎が好きな感じのやつとはちょっと違う気がするんだよね」

赤沢「ず、随分良く知ってるのねー」プルプル

恒一「はは、一時期はずっと一緒に居たからね。ほら、いないもの同士で」

赤沢「うっ、あの時はごめんなさい……」

恒一「全然気にしてないって。見崎もそこは分かってるよ」

小椋(榊原くんと仲良くなれるなら正直私がいないものでも良かった……)


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:32:46.21 ID:ljK7FAcD0

綾野「ね、ねぇ、こういっちゃん。見崎さんの人形の趣味とかも知ってるってことはもしかして、
    家にも行ったことがあるとか……?」

恒一「えっ、えっと……」ギクッ

赤沢(今ギクッてしてた……っていう事は……)ズーン

小椋(しかも榊原くんはそれを隠したがってる。つまり何かやましい事が……)

恒一(あそこに軟禁されたりしたとか言ったら、面倒な事になりそうだな……)

恒一「……何回か行ったことはあるよ。お母さんにも何度か会ってるし」

綾野「お、お義母さん!?」

赤沢「うそ……」ペタン

小椋「もう……そこまで…………」グスッ

恒一「え、あ、違うよ!? 見崎のお母さんって事ね!?」

小椋「え?」

綾野「そ、そっかそっか! もう、紛らわしいよこういっちゃん!」ホッ

恒一(普通中学生がお義母さんなんて言うかな……)


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:42:43.51 ID:ljK7FAcD0

赤沢「――――ねぇ、恒一くん」

恒一「な、なに?」

赤沢「恒一くんは見崎さんの事が……好きなの?」

恒一「え……」

綾野・小椋「「…………」」ゴクリ

赤沢「…………」ジー

恒一(な、何か絶対に答えなきゃいけないって雰囲気になってる……)

恒一「一応聞いておくけど、その好きっていうのは……」

赤沢「もちろんloveの方よ」

恒一「…………あー、その、正直見崎をそういう風に見た事なかった、かな」

小椋「そ、そうなんだ」ホッ

綾野(よし、まだあたしにもチャンスが……!)


恒一「でも、何ていうかな。側に居ると落ち着く、
    というか、居ないと何か物足りないというか……そんな感じはあるかな」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:43:56.84 ID:ljK7FAcD0

綾野・小椋「orz」ガクッ

恒一「ふ、二人共?」

赤沢「恒一くん……たぶん、いや絶対それって好」ズーン

ガシッ!!

赤沢「もごっ!?」

綾野「(何言おうとしてんの泉美!!)」ヒソヒソ

赤沢「(だって、恒一くん明らかに見崎さんの事が……)」ショボン

小椋「(大丈夫! 榊原くんはまだ自分の気持ちに気付いてないのよ?)」ヒソヒソ

赤沢「(え……?)」

綾野「(だから、これからあたし達がアタックしていけば、まだ分からないって事だよ!
     もしかしたら振り向かせられるかもしれない!)」

小椋「(自分の事を好きでいてくれる子が気になってくるなんて良くあることだし!)」

赤沢「(……そ、そうね)」ゴクッ

恒一「えっと、どうしたの……? 赤沢さん、何か言おうとしてたみたいだけど……」

赤沢「な、何でもないわ!!」アセアセ


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:47:56.02 ID:ljK7FAcD0

恒一「……? それならいいんだけど」

綾野「それよりこういっちゃんは見崎さんへ買うものは決まったの?」

恒一「うん、このライオンのぬいぐるみにするよ。
    もしかしたらこれで、こういうのも好きになるかもしれないし」ニコ

三人((恒一くんからのプレゼント……いいなぁ…………))





中尾「…………」

勅使河原「…………」

ザワザワ……

赤沢「明らかに見られまくってるわね。あの二人」

小椋「そりゃ、男二人で膝枕って……」

綾野「……うん。ちょっとキツイかも」

赤沢「何か話しかけるのも気が引けるわ。こっからは私達だけで周りましょうか」

恒一「赤沢さん、さすがにそれは酷い」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:49:18.34 ID:JWJ57rM90

遊園地
 男二人で
  膝枕
5・7・5



163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:53:16.14 ID:ljK7FAcD0

【観覧車前】


綾野「うーん!! たくさん遊んだね!!」

赤沢「えぇ、ここまで遊んだのは久しぶりね。いつの間にかもう夕方だし」ニコ

恒一「もうアトラクションはあらかた乗り終えたし、後は観覧車だけだね」

赤沢(結局一度も恒一くんとペアになれなかったわね)

小椋「(ちょっと、二人共!
     せっかくのチャンスなんだから、もっと泉美にアピールしないと!!)」ヒソヒソ

中尾「……はは」ズーン

勅使河原「アッー、だってよ……」ズーン

綾野(こりゃ予想以上に精神的ダメージが大きいっぽい……)

小椋「(でも次は観覧車だよ! 一番のアピールチャンスだって!)」

中尾・勅使河原「…………」


中尾「…………そうだな、終わりくらいはきっちり決めないとな」キリッ

勅使河原「中尾、お前には譲らないぜ」


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:55:29.75 ID:ljK7FAcD0

綾野「よっし、その調子! じゃあ最後はフェアにジャンケンで決めよう!」

高林「呼んだ?」

中尾「よし、やるぞ勅使河原!!」

勅使河原「男には負けらんねえ時があるんだ!!!」

小椋「彩、私達もジャンケンよ!!」

綾野「……ふふ、これが最後で最大の勝負ね」

小椋「絶対に負けない……!!!」

恒一(勅使河原と中尾くんはともかく、何で女子の方も真剣になってるんだろう……)

赤沢「こそこそ何やってるの?」ヒョコ

恒一「わっ!! な、何でもないよ!!」ビクッ

赤沢「ふーん」ジトー


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:57:33.51 ID:ljK7FAcD0

中尾「なん……だと…………」

勅使河原「勝った……!!! 人生の勝負に俺は勝ったんだああああああ!!!!!」グッ

小椋「きたああああああああああ!!!」

綾野「うぅ、何でグーなんか出したのよあたしの右手ぇ…………」

恒一「ちょ、そんな騒いだら赤沢さんにバレちゃうって!」

赤沢「さっきから何やってんのよ。ほら、クジ引きなさいって。さっさとペア決めるわよ」

小椋(……計画通り)ニヤァ

綾野(これは、誰かが男子の名前が書かれた3つの割り箸を持って、女子に引かせるというもの……)

小椋(泉美はその性格から、クジを持って引かせる役をやりたがる。
    わざわざ男子に持たせて、女子三人で引くよりも効率的だしね)

綾野(そしてクジを作ったのがてっしーっていうのも、
    あたし達は細工をしていないっていう先入観を持たせる)

小椋(確かに細工したのは勅使河原。でも私達はその細工について知ってて、
    どのクジが誰のものなのかハッキリと見分けることができる)

綾野(つまり、誰を泉美とペアにするかも、
    誰がこういっちゃんとペアになるかも、全部思い通りってわけよ!)


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/05(土) 23:58:43.13 ID:ljK7FAcD0

小椋「よっし、じゃあ私から!」スッ

小椋(待っててね、榊原くん!!)

綾野「じゃあ次はあたし」スッ

綾野(まぁ負けは負けだし、しょうがないかぁ)

小椋「…………」

綾野「ん、どうしたの由美? そんな、まるで自分が死者だと知ったみたいな顔して」

小椋「……て」

恒一「手?」


小椋「勅使河原のクジなの……これ…………」


勅使河原「はっ!?」


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/06(日) 00:05:25.02 ID:5tpHhPJ10

中尾「(え……でも、どういう事だよそれ?)」ヒソヒソ

綾野「(由美、ちゃんと恒一くんのクジ引いたの?)」

小椋「引いたに決まってるじゃない! 何でわざわざ勅使河原のを!」

勅使河原「な、なんかその言い方もアレだな。まぁでも俺も赤沢となるはずだったのに……」

恒一「……赤沢さん?」


赤沢「――――ふふ」ニヤ


「「!!!!!」」

小椋「い、泉美。あんたのペアの相手は……?」

赤沢「気になる? ほら」スッ

小椋「ぐっ……!!!」

勅使河原「!!!」


恒一「え……僕?」


175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:09:22.06 ID:PJYOlWP90

有能だと・・・?


179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:12:29.17 ID:5tpHhPJ10

小椋「こ、これは罠よ!!! 私が榊原くんとペアじゃないなんておかしいじゃない!!
    それが罠であるという証拠!!!」ビシッ

中尾「……いや、それは色々とおかしくないか?」

赤沢「ふふ、アンタ達がクジに細工してるなんていう事は分かってたのよ。
    いや、それは勅使河原ね。アンタ達はグルってだけで」

綾野「えっ!?」

小椋「細工に気付いてた、ですって……?」

赤沢「まぁ途中からだけどね。最初はまんまと騙されたわ。
    でも、そっからは逆にこの細工を利用してやろうと思った」ニヤ

小椋「細工を利用…………ま、まさか…………」

赤沢「えぇ、細工も含めて本物そっくりの偽物を作ったの。
    恒一くんと勅使河原の名前の部分だけ変えてね」

中尾「さ、さすが赤沢さん……!!」

小椋「何感心してんのよ!!」

勅使河原「けど、そんなものいつの間に……」

赤沢「隙を見つけてちょっとずつね。幸い、勅使河原の細工もショボイものだったし、
    ジェバンニじゃなくても割と簡単にできたわ」

綾野「あっちゃー、人選ミスだったか」

勅使河原「うぐ……」

恒一(ていうかわざわざクジの偽物作んなくても、
    名前のとこだけ塗りつぶしたりして変えちゃえば良かったんじゃ……)


182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:17:27.39 ID:5tpHhPJ10

綾野「あれ、でも待って待って。
    泉美は、あたし達が今回誰を泉美とペアにしようとしたのかは分からなかったよね?」

小椋「……そうよ。泉美は勅使河原と榊原くんのクジを逆にした。
    でも、もし私達が中尾を泉美のペアにしようとしてたら、
    泉美にはそのまま中尾のクジが手元に残るじゃない!」

綾野「ていうか、3人の名前をバラバラにしても、
    こういっちゃん以外のどっちを赤沢さんのペアにしようとするか分かんないから、
    結局、確実にこういっちゃんと一緒になれるわけでもないよね。
    それなら、自分がクジを引いて恒一くんを当てたほうが……」

赤沢「最後になって私が自分で引くって言ったら、アンタ達警戒するでしょ。
    私はこの観覧車だけをずっと狙ってたの」

綾野・小椋「「!!」」

赤沢「普通にやったら3分の1だけど、これなら確実に2分の1。
    恒一くんを狙った人は確実に外れるからね。
    2分の1の確率で恒一くんと観覧車に乗れるなら、私はその可能性にかける。
    細工に気付いた時点でそれを言わずに、あえて泳がせたのもそれが理由よ」

小椋「泉美、あんたそこまで……」

綾野「え、えっと……ごめんね? ちょっと悪ふざけのつもりでさー」アハハ

赤沢「イノヤのコーヒーで手を打ってあげるわ」

綾野・小椋「「はい、ごめんなさい……」」

赤沢「あと勅使河原は1ヶ月トイレ掃除。中尾は1ヶ月日直ね」

勅使河原・中尾「「いいいいいいいいい!?」」


183 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:19:45.74 ID:5tpHhPJ10

恒一「ぼ、僕は……?」ドキドキ

赤沢「恒一くんは私と一緒に観覧車に乗ってくれればチャラ」ニコ

勅使河原「フェアじゃねえ!!!」

高林「フェアじゃないよ!!!」

赤沢「うっさい、トイレ掃除2ヶ月にするわよ」ギロ

勅使河原「な、何でもないです……」

恒一「えっと、本当にそれだけで許してくれるの?」

赤沢「もちろん。早く乗りましょ?」

綾野「うぅ、ここは認めるしかないね……」

小椋「何か嫌な予感がする……」


184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:20:09.52 ID:P0bImFqH0

おいおいどんだけ有能なんだよ…


185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:20:37.01 ID:Xu53xEth0

中尾が消え…た…?


187 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:24:35.54 ID:5tpHhPJ10

【観覧車】

赤沢「こうやって高いところから夕日の染まる夜見山を見るのもいいわね」

恒一「赤沢さんって、意外とロマンチスト?」

赤沢「意外とって何よ。女の子はこういうのが好きなものなの」

恒一「アカザワサンラシイネ」

赤沢「何で棒読みなのよ!!」

恒一「はは、ごめんごめん。
    前に赤沢さんにこういう時はウソでもこう言った方がいいって言われたからさ」

赤沢「ウソって言っちゃったら意味ないじゃない。もう……」ハァ

恒一「……そういえば赤沢さんは、何で僕と一緒に観覧車乗りたかったの?」

赤沢「えっ!? あ、いや、その……そう! 何かああいう悪ふざけされると、
    意地でも逆らってみたくなるじゃない!!」アタフタ

恒一「あー、赤沢さんらしいかも」ハハ

赤沢「……バカ」

恒一「へ?」

赤沢「私が、って事よ」ハァ


189 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:26:41.51 ID:5tpHhPJ10

恒一「?? えーと、そうだ観覧車といえば、見崎は乗りたくないって言ってたんだよね。
    こんなに景色も綺麗なのに。
    見崎も結構ロマンチストだと思うんだけどなー。いや、ちょっと方向が違うのかな……?」

赤沢「ふーん、恒一くんってよく見崎さんの話するわよね」ジト

恒一「え、そうかな?」

赤沢「…………」

恒一「…………赤沢さん?」

赤沢(……まだ恒一くんは自分の気持ちに気付いていない。
    今告白すれば、私の方に振り向いてくれるかもしれない。 そうすれば、
    見崎さんの事が好きだっていう気持ちもいつの間にか無くなって私だけを…………)

恒一(き、気まずい……なんか赤沢さんはじっとこっち見てるし…………)

赤沢「――――ねぇ、恒一くん」

恒一「な、なに?」

赤沢「…………」

恒一「…………」ゴクッ


194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:30:24.61 ID:5tpHhPJ10


赤沢「……ごめん、何でもないわ」


恒一「え?」

赤沢「呼んでみただけよ」ニコ

恒一「そ、そう……」

赤沢(やっぱり、それはちょっとズルイわね。でも――――)

赤沢「恒一くん、隣行ってもいい?」

恒一「隣? うん、いいけど何で……」

赤沢「いいからいいから♪」

赤沢(一緒に居た時間はまだ短いかもしれないけど……
    これから、ゆっくりでいいから、見崎さん以上に私を好きにさせてみせる!)


196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:31:45.84 ID:M6O4FHg90

赤沢さんは中々フェアだね


201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:33:54.59 ID:5tpHhPJ10





赤沢「……もうてっぺんね」

恒一「う、うん……夜見山が全部見渡せるね…………」

恒一(な、何で赤沢さんは僕の肩に頭を乗せてるんだろう……
    ていうか全体的に寄りかかってきてる…………)ドキドキ

赤沢「やっぱり、こうしてると落ち着く」

恒一「……もしかして例の親戚のお兄さんを思い出す、とか?」

赤沢「……ううん。恒一くんだから、よ」

恒一「そう、なんだ」

赤沢「うん」

恒一「…………」

赤沢「…………」


203 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:40:43.43 ID:5tpHhPJ10





綾野・小椋「「ちょっと泉美!!!!!」」

赤沢「なによ、大声出して」

勅使河原「な、なな何でサカキとあんなくっついてたんだよ!!」

赤沢「見てたの?」

中尾「そ、そりゃ、降りる寸前まであの状態なら嫌でも……」

恒一「い、いや、でも違うよ!? 何ていうか、そういうのじゃないからね!?」

勅使河原「本当だろうな……?」

中尾「正直に言えば楽になるぞ……?」

恒一「本当だって! ていうか二人共顔が怖い!」

恒一(だからもっと早く離れておこうって言ったのに……)チラッ

赤沢「…………」ニヤ

恒一(もしかして赤沢さん、わざとみんなに見せつけようとしたんじゃ……。
    やっぱり今日の仕返しなのかな……)ハァ


205 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:45:40.85 ID:5tpHhPJ10

綾野「……泉美、なんか色々と吹っ切れたみたいだね」

赤沢「えぇ。見崎さんに勝つためにも、これまで以上に積極的にいくつもりよ。
    あんた達の相手なんてしてられないわ」ニヤ

小椋「くっ、上ばかり見てたらいつか足元すくわれるよ!」

赤沢「ふふ、心の片隅にでも覚えておいてあげるわ」

恒一「何の話?」

赤沢「秘密♪」

中尾「…………」

勅使河原「…………」


206 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:46:47.41 ID:5tpHhPJ10

【帰り道】

恒一「結局帰りは男3人だね」

勅使河原「…………」

中尾「…………」

恒一「なんかテンション低過ぎない?
    確かにもう赤沢さんとは別れちゃったけど、今日で結構仲良くなれたんじゃない?」

中尾「……それは、そうだな。そこはお前にも綾野達にも感謝してる」

勅使河原「でもな……」

恒一「ど、どうしたの?」

勅使河原「俺さ、一つ気付いたことがあるんだ」

中尾「奇遇だな、俺もだ」

恒一「え、なに?」


中尾・勅使河原「「赤沢(さん)ってお前の事が好きなんじゃねえの?」」




おわれ


210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:48:12.71 ID:P0bImFqH0

乙 うほ


215 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/06(日) 00:52:14.66 ID:MFQJUPwK0

究極の噛ませ犬……




Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店 2012-05-25
売り上げランキング : 446

Amazonで詳しく見る by AZlink

anamnesisanamnesis
Annabel

ランティス
売り上げランキング : 5122

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/05/06 03:33 ] AnotherSS | TB(0) | CM(14)
榊原クンだから仕方ない
イケメンで性格良好で頭脳明晰、行動力もあり弱点はやや病弱なことくらい…
こんなチートに勝とうと思うほうが無理だわw
[ 2012/05/06 04:51 ] [ 編集 ]
三神先生というか、怜子さんの「てへぺろ」で萌えつきたわ。
可愛過ぎる);´Д`)
[ 2012/05/06 04:52 ] [ 編集 ]
これは続きが見たい

アカザーさんに好かれてると知ったサカキくんと、
そうとは知らないアカザーさんで実に甘酸っぱいラブコメが見られるはず……!
[ 2012/05/06 10:28 ] [ 編集 ]
やっぱりアカザーさんは可愛いなー
ここで終わるのがもったいないくらい
[ 2012/05/06 11:49 ] [ 編集 ]
てっしーは黙ってればイケメン
つーか三神先生のてへぺろとか反則だぜ・・・
[ 2012/05/06 12:21 ] [ 編集 ]
またハーレムかよ
[ 2012/05/06 13:56 ] [ 編集 ]
フェア林、安定の有田に続き安定の川堀が定着してきたな
[ 2012/05/06 14:17 ] [ 編集 ]
三神先生のテヘペロ画像はよ!はよ!ぶっかけたい!
恒一きゅん、中尾、勅使河原は男の友情(キリッ
[ 2012/05/06 23:16 ] [ 編集 ]
僕はおぐおぐと仲良くなりたい

あと川掘りww
[ 2012/05/07 01:08 ] [ 編集 ]
病弱なところは寧ろ魅力だろ
[ 2012/05/08 23:45 ] [ 編集 ]
ゾンマフェルトの井戸
[ 2012/05/14 02:02 ] [ 編集 ]
しかし当の榊原くんは徹頭徹尾見崎のことばっか話してて見崎も見崎で榊原デレで押すタイプだと
この中で表現されている以上この3人はどう転んでも…
[ 2012/07/02 23:23 ] [ 編集 ]
厨二病女じゃ望月にすら勝てないよ...
他のヒロイン達が生存しているならね
[ 2012/07/06 16:14 ] [ 編集 ]
高林が時折登場www
[ 2013/11/19 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ