素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

櫻子「安価で夏休みの思い出を作ってみたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:37:40.71 ID:D8dd8wmN0

【大室家 居間】

櫻子「ねーちゃーん、助けてー。たいくつだよー」グデー

撫子「んー、ひま子と遊べば? 時間的にまだ家にいるんじゃない?」

櫻子「向日葵と遊ぶと、もれなく宿題やらされるからなぁ……」

撫子「ほっとくとあんた、夏休み最終日まで宿題やんないからね。
    面倒見てくれるひま子に感謝しなよ? マジで」

櫻子「ぐぬぬ。い、今は宿題関係ないじゃん!」キィッ

撫子「あー、はいはい。じゃあプールにでも行けば?」

櫻子「それもいいけど、なんていうのかな? こう、後で『楽しい夏休みだったなあ』
    みたいに思い出せるような何かをやりたいっていうか」

櫻子「ねーちゃんは、いい感じの思い出作りたいとか思ったりしない?」

撫子「夏休みの思い出作り、ねぇ……」

撫子「……」

撫子「まあ、悪くないかもね」

櫻子「なんか変な間が無かった? ていうか顔赤くなってない?」

撫子「き、気にしないでいいから」

撫子「じゃあ思い出になるかはともかく、>>5でもやってみたら?」



100-0915d.jpg
 
5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:45:41.00 ID:kYdqDnEK0

痔の治療


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:55:45.61 ID:D8dd8wmN0

撫子「じゃあ思い出になるかはともかく、痔の治療でもやってみたら?」

櫻子「なんでよっ!? いやたしかにいろいろ忘れられない記憶になるだろうけどさ……」

櫻子「そもそも痔じゃないし!」

撫子「あんたこの前お尻さすって変な歩き方してたからてっきり痔かと」

櫻子「あれは向日葵からかったら思いっきりミドルキック食らっただけだよ!」

撫子「あ、そう? じゃ水虫の治療とかいいんじゃない?」

櫻子「ねーちゃん……、真面目に考えてくれるきないだろ」

撫子「だってめんどくさいし。それにちょっと用事できちゃった」

櫻子「うっそだー。さっきまで暇そうだったくせに」

撫子「あんたに言われたとおり、夏休みの思い出作ろうかと思って。じゃね」

櫻子「あ、自分だけずるいぞ! 逃げるなー」

櫻子「……逃げられた。くそー。しょうがない誰かに相談するか……」

櫻子「誰がいいかなー。>>10がいいかな?」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:58:10.86 ID:w+5RJCJ20

\アッカリーン/


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:11:42.99 ID:D8dd8wmN0

櫻子「誰がいいかなー。あかりちゃんがいいかな?」

櫻子「出てくれるといいけど」ピッ

あかり『あ、櫻子ちゃん。おはよう、……でいいのかな?』

櫻子「10時だしいいんじゃない? おはよあかりちゃん」

あかり『櫻子ちゃんがかけてきてくれるなんてめずらしいねぇ。ちょっと嬉しいな。
     なんかご用時かな?』

櫻子「うん、ただの相談なんだけどさー。夏休みってけっこう暇じゃん?
    せっかくだからさ、何か思い出になるようなことしたいなって」

あかり『あ、いいねぇ、楽しそうだよぉ。何するの? あかりも混ぜてくれるのかな?』

櫻子「いや、それをあかりちゃんに考えてもらおうかと思って」

あかり『えっ! あかりに丸投げ!?』

櫻子「うん、あかりちゃんて何かと頼りになるからさぁ。
    いいアイディア教えてくれると思って」

あかり『頼りに、なる……? え、ほんとに? えへへ、嬉しいなぁ。
     ってそんなこと言われても浮かばないよぅ!』

櫻子「あかりちゃんなら大丈夫だって! お願いっ!」

あかり『えぇー……。じゃ、じゃあ>>17とか?』


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:15:15.73 ID:IzXL85rv0

海に行こう


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:21:15.62 ID:OqtUVyaE0

一年生組で海とかよさげやな


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:22:03.82 ID:5FAP9/+n0

おっぱいの格差社会やね


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:27:14.18 ID:D8dd8wmN0

あかり『えぇー……。じゃ、じゃあ海に行く、とか?』

櫻子「海かぁ。去年も行ったけど楽しかったもんね!」

あかり『うん! みんな揃って行けてあかりほんとに楽しかったよぉ』

櫻子「よっし、じゃあ海に行くことにしよっか! あかりちゃん予定は?」

あかり『うん。しばらくは空いてるから大丈夫だよぉ』

櫻子「行くメンバーはどうしよっか。学校のみんなでいい?」

あかり『うん! あかり、ごらく部のみんなにスケジュール確認しておくね』

櫻子「じゃ私は生徒会のみんなのスケジュール聞くか」

あかり『それじゃまた連絡するね!』

櫻子「うん、またね~」ピッ

櫻子「よっし、楽しくなってきたぞー。さてみんなに連絡連絡っと」

………
……


あかりが確認取れたメンバー >>24
櫻子が確認取れたメンバー >>26


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:27:59.79 ID:FGSsiiKK0

ちーな


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:28:39.62 ID:iJzJncgh0

ひまわり


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:35:37.82 ID:w+5RJCJ20

わぁい一年生組


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:42:36.89 ID:D8dd8wmN0

【列車の中 海水浴当日】

ガタンゴトン
あかり「京子ちゃんたちもいっしょに行けたらよかったのにねぇ」

ちなつ「ほんとだよ。結衣先輩といっしょに泳ぎたかったのにー」

ちなつ(そして着替えとか水着とか見たかったのに……!)

向日葵「しかたないですわ。先輩方は先輩方でちょっとした旅行に行くってことですから」

櫻子「いいなー、私もどっか旅行行きたい!」

向日葵「今回の海水浴もそれなりの遠出ですから、我慢なさいな」

櫻子「ま、それもそうなんだけどー」

向日葵「ほら、お弁当作ってきましたから、機嫌直して食べましょう」

櫻子「やったー! その卵焼き予約ー!」

向日葵「たくさんありますから、そんなにがっつかないの」

あかり「さすが向日葵ちゃん、すごいねぇ」

ちなつ「向日葵ちゃんに料理教えてもらおうかな」

櫻子「うまっ! あ、それも予約ね!」モグシ

向日葵「こらっ、行儀悪いですわよ!」
ギャーギャー


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:46:17.87 ID:D8dd8wmN0

【海水浴場】

櫻子「わー、着いた着いた! ってあっつ! 砂あっつ!!」

向日葵「ビーチサンダル履きなさいよ……」

ちなつ「あはは、櫻子ちゃん、急ぎすぎだよー」

あかり「でも人少ないねぇ。ラッキーなのかな?」

向日葵「かもしれませんわね。まだくらげが出る時期じゃありませんし」

櫻子「ねーねー、>>40しようよ!」


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:48:13.60 ID:KtYsIu5b0

スイカ割りならぬおっぱい割り


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:51:11.37 ID:z8AvFNj50

案の定櫻子じゃねーか


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:51:33.13 ID:q36knt4U0

割れるほどのおっぱい持ってるのは…


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:01:47.88 ID:o5TxrjkK0

櫻子「ねーねー、スイカ割りならぬおっぱい割りしようよ!」

櫻子「な! 向日葵!!」ニヤニヤ

向日葵「……」ジー

櫻子「な、なんだよ!? 私の胸元見て!///」

向日葵「……いえ、私の視界に『おっぱい』と呼べるような代物が無いようですからおかしいな、と」

向日葵「たしか『おっぱい割り』とやらをするんですわよね?」

櫻子「うぐっ!」

ちなつ「私たちは向日葵ちゃんの視界に入ってないよね?」ボソボソ

あかり「う、うん。きっとセーフだよぉ」ボソボソ

ちなあか「あはは……」

向日葵「ほら、始めましょう? 割るおっぱいはどこですの?」キョロキョロ

櫻子「……す、すみませんでしたーっ!」ゲザ

ちなつ「冷静に対処されちゃったから、変に追い詰められちゃったのね……」

櫻子「と言うわけで気を取り直してスイカ割りだ! 最初は私からね!!」

向日葵「立ち直りの早い子ですわね……」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:09:57.00 ID:o5TxrjkK0

櫻子「おら回せー! ぐるんぐるん回せー!!」

ちなつ「おっけー! チーナにまかせて!!」

櫻子「あはははは、楽しー! ちなつちゃんもっともっとー!」グルングルン

あかり「ちょ! ちなつちゃん、やりすぎじゃ……!」

向日葵「周囲には人もいませんし、大丈夫でしょう。
     気分が悪くなってもいい薬といったところですし」

櫻子「うおおおおおぅ! せ、世界が回ってる! これはこれで楽しいっ!!」

あかり「そうだね、楽しそうだしいっか」アハハ

ちなつ「もっと右右ー! ちが、そっちじゃないって!」

あかり「そう、そっちにまっすぐだよぉ! ……あ、曲がりまくってるよぉ」

向日葵「これは期待できませんわね……」

櫻子「な、なな、なんだとぉぉぉ……!」フラフラ

櫻子「うぷ……、こ、こんなのは気合だ! おりゃぁぁぁぁっ!!」

スイカは割れたか!? それとも……?

>>57


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:13:55.23 ID:oXxUJPfK0

ちなつの頭が割れて重体に


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:14:30.23 ID:Yo8kVSlA0

oh…


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:16:20.94 ID:gKJ5Pnp50

やめろ


やめろ



70 :安価下は可能な限り回避したい:2012/08/11(土) 00:25:41.29 ID:o5TxrjkK0

ゴッ
櫻子「手ごたえありっ! や、やった!?」フラ

向日葵「きゃああああああああ!!!」

あかり「ち、ちなつちゃん! ちなつちゃぁぁぁん!!」

櫻子「……? な、なに? どうしたの? もう目隠しとってもいいよね?」スッ

櫻子「……え?」

櫻子「……ど、どうしてちなつちゃんが、ち、血塗れに……? え?」

櫻子「も、もしかして、私が? ……私が、やったの?」ガクガク

あかり「ちなつちゃん、しっかりして! あかりだよ? わかるっ!?」

向日葵「あ、赤座さん、たしかこういう時は揺らしてはいけなかったはず……」

あかり「そ、そうなの? ちなつちゃん、返事してよぉ……」グス

櫻子「ひ、向日葵……、なにがあったの? あ、あの私……」ブルブル

向日葵「今それどころではありませんの! おとなしくしてなさい!!」ピッ

櫻子「!!」ビクッ

向日葵「もしもし、救急ですか!? カクカクシカジカで……」

ピーポーピーポー


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:26:50.79 ID:v+86pcUWI

うわぁ……


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:27:13.89 ID:VMGBG94U0

夏休みの思い出が…


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:38:02.24 ID:o5TxrjkK0

【近隣の病院 夕方】

櫻子「……」

向日葵「吉川さんが手術室に入って数時間……、」

あかり「だ、だいじょうぶだよね? ちなつちゃんだいじょうぶだよね!?」ポロポロ

向日葵「……ええ。きっと大丈夫ですわよ。信じて待ちましょう」ナデ

櫻子(……私が、ちなつちゃんを、あんな目に合わせちゃったんだ)

櫻子(日頃から向日葵やねーちゃん、花子に調子に乗りすぎるのやめるように注意されてたのに……)

櫻子(もう何も考えないで好き勝手やったりしません! 人のもの勝手に食べたりもしません!
    注意されたら素直に聞きます! だから、だから神様お願いです!)

櫻子(ちなつちゃんを助けて……!!)

櫻子「……」グス

向日葵「あ! 手術中のランプが……」

ウィーン
あかり「先生! ちなつちゃんは……、ちなつちゃんは大丈夫なんですか!?」

櫻子(……ちなつちゃん!!)

執刀医「>>93


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:40:04.05 ID:OcsFcED10

最善を尽くした結果、何とか傷は縫合できました
後遺症の有無などは、目覚めるのを待たないとなんとも……



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:52:39.36 ID:o5TxrjkK0

執刀医「最善を尽くした結果、何とか傷は縫合できました。
     後遺症の有無などは、目覚めるのを待たないとなんとも……」

あかり「そ、そんな……!」

向日葵「赤座さん……、落ち着いて。少なくとも吉川さんの命は助かったということですわ」

あかり「う、うん。そうだよね! ちなつちゃん助かったんだよね!」

看護婦「親御さんが来られたようね。あとは親御さんにまかせて、あなた達は帰りなさい。
     待っている間に警察の事情聴取は終わっているんでしょ?」

あかり「で、でも……!」

向日葵「ここはおとなしく帰りましょう。吉川さんのご両親には後日あらためてお話しないと」

向日葵「ほら、櫻子も」

櫻子「……」

向日葵「櫻子!」

櫻子「……!」ビクッ

向日葵「しっかりなさい……、ね?」ポン

櫻子「……うん」

それからちなつちゃんは数日たって目が覚めた。
後遺症は……>>117


117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:53:53.38 ID:6cpQKLS00

失明


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:55:01.34 ID:mnFByafs0

これはいい鬱ゆり…





139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:07:34.67 ID:h2ngyN4fO

鬱すぎるわ……


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:09:16.31 ID:o5TxrjkK0

ちなつちゃんの後遺症は……、失明、だった。

あの後、ちなつちゃんのご両親に謝りに行った。
ののしられる覚悟も、殴られる覚悟もして行ったのに、
ちなつちゃんのご両親は、一言も責めることなく私を許してくれた。

でも、それは私が想像していたどんなことよりも、つらく感じられて。
思い切りののしってほしかった、殴りつけて欲しかった。

……だって、私がしたことはそれくらい酷いことだったから。


ちなつちゃんには……、まだ、会えて無い。


【櫻子の部屋】

櫻子「……うぅ」グス

櫻子「ちなつちゃん……」グスグス

櫻子(……会って、会って謝らなくちゃ)

櫻子(……でも、怖い)

櫻子(……自分がこんな卑怯で弱虫だと思わなかった)

櫻子「うぅぅぅぅ……」ポロポロ

コンコン
入ってきたのは? >>144


144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:10:06.70 ID:h2ngyN4fO

ちなつ


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:26:33.44 ID:o5TxrjkK0

櫻子「だ、誰? 勝手に入ってこないでよ……」グス

櫻子「え?」

ちなつ「こんにちは、櫻子ちゃん」

櫻子「な、なんで? なんでちなつちゃんが?
    まだ入院してなくちゃいけないんじゃ……」

ちなつ「だって櫻子ちゃん、全然お見舞いに来てくれないんだもん。
     だからお姉ちゃんにお願いして連れて来てもらっちゃった」エヘヘ

櫻子「あ! ……ごめん」

ちなつ「そんな落ち込まないでよもう。せっかく来たんだからおもてなししてよね!」

櫻子「だ、だって私のせいで、ちなつちゃんが酷いことに……」

ちなつ「怪我した本人の私が前向きになってるのに、櫻子ちゃんがそんなじゃ
     私また落ち込んじゃうかもしれないなあ」

櫻子「ちなつちゃん……」

ちなつ「えへへ、聞いて? おとといも昨日も結衣先輩がお見舞いに来てくれてね、
     ぎゅって手を握ってくれて。
     怪我するのもけっこう悪くないかなー、なんて思ったりもしてるんだ」

ちなつ「だから、だからね? ……そんなに責任感じないで?」ウル

ちなつ「あ……。 ご、ごめ……、また来るね」ポロポロ


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:27:29.60 ID:VMGBG94U0

辛ぇ…


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:40:34.57 ID:o5TxrjkK0

【廊下】

ちなつ「うぅ……」ポロポロ

ともこ「ちなつ……」ナデ

撫子「すみません……、うちの妹のために。
    本当なら引きずってでも連れて行かなきゃ行けないのに……」

撫子「ちなつちゃん……。無理させちゃって、本当にごめんね」

ちなつ「む、無理なんてしてませんてば。
     ただ、私の怪我のせいでみんながバラバラにになるのは嫌だなって」

ちなつ「櫻子ちゃんが暗い顔したままなんて嫌だなって……」

ちなつ「だから、まずは私が、私が元気にならないと! ……うぅ」グス

ちなつ「な、泣いちゃったこと、ナイショですからね!」グス

撫子「ちなつちゃん……」


【櫻子の部屋】

櫻子(聞こえてるよ……)

櫻子(一番大変なのはちなつちゃんなのに……)

櫻子(……バカだ私)

櫻子(今までみんなからバカバカ言われたけど、ホントにバカだった)

櫻子「明日お見舞いに行こう!」グシ


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:57:32.73 ID:o5TxrjkK0

【病院ロビー 翌日】

櫻子(うぅ……、緊張する。誰かに着いてきてもらえばよかった)

櫻子(え、えっと……、ちなつちゃんの病室は何階だっけ)ガサゴソ

ともこ「あっ!」

櫻子「ひっ!」ビクゥ

ともこ「ご、ごめんなさい、驚かせちゃったわね。あなた櫻子ちゃん、よね?」

櫻子「は、はい。あ、……もしかして、ちなつちゃんのお姉さん?」

ともこ「あら、よくわかったわね。 初めまして櫻子ちゃん、姉のともこです」

櫻子「大室櫻子です、よろしくお願いします……」

ともこ「よろしくね。ふふ、ちなつもきっと喜ぶわ」

ともこさんとぽつぽつと話しながら、病室に向かった。
私の質問に、嫌な顔をせずこころよく答えてくれる。

櫻子「あ、あの、こういうこと聞いていいのかわからないんですけど……」

ともこ「なに?」

櫻子「ちなつちゃんの……、その、目は」

ともこ「……うん。気になるわよね。
     お医者様が言うにはね、>>204


204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:58:30.77 ID:SwnJfBGW0

ビームが出るようになった


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:00:06.65 ID:KstMSk580

超展開


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:00:33.81 ID:tclhbGZh0

ワロタ


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:22:58.83 ID:o5TxrjkK0

ともこ「……うん。気になるわよね。お医者様が言うにはね、
    ビームが出るようになったんですって」

櫻子「」

ともこ「そうね……、分かりやすい例えを出しましょうか」

ともこ「X-MENのリーダー、サイクは知ってるわよね?
    まさにその能力、オプティックブラストと同じような状態になっちゃってるのよ」

櫻子「よ、よくわからなんですけど……」

ともこ「あら? おかしいわね、すごいわかりやすい例えだと思ったんだけど。
    櫻子ちゃん、当たり前のこと聞いちゃうけど怒らないでね?」

ともこ「X-MENって知ってるわよね?」

櫻子「い、いえ……」

ともこ「そ、そんな……。これがジェネレーションギャップというものなの……」ガク

櫻子「あの……、冗談はおいといて、ちなつちゃんの目は……?」

ともこ「だから、目からビームが出るようになっちゃったの!」

櫻子「えぇー……」

ともこ「ちなつに実際見せてもらえば分かってもらえるはずよ!」

病室で櫻子が見たものは……! >>240


240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:23:35.63 ID:ol2HmZvi0

ベッドで首を吊って死んでいるちなつ


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:27:18.35 ID:dBevNj200

どうしてこうなった


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:30:00.90 ID:BZHDYt7+0

>>1「ビ、ビームだと!? ビーム…ビーム…ビーム……」カタカタ

>>1「これでどうだ!」ターン

>ベッドで首吊って死んでるちなつ

>>1「」



266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:37:17.42 ID:o5TxrjkK0

【ちなつの病室】

コンコン
ともこ「ちなつー? 櫻子ちゃんが来てくれたわよー」ガチャ

櫻子「こ、こんにちは……、ちなつちゃん」モジモジ

ともこ「ち、ちなつ……!?」

櫻子「え……? ち、ちなつちゃんが、首を、吊っ……。え?」

ともこ「さ、櫻子ちゃん手伝って! ちなつを降ろさなきゃ!」

櫻子「は、はい!」

ドサッ

櫻子「と、ともこさん、ちなつちゃんは!?」

ともこ「し、心臓が、止まってる……」ガクガク

櫻子「え!? な、なんで……?」

櫻子「昨日はあんなに……、私を励ましてくれるくらいあんなに元気だったのに」

櫻子「とつぜん、じ、自殺、なんて……」グス

ともこ「ちなつ……。ちなつぅぅぅぅ……!」ポロポロ

ガチャ
>>270「泣くのはまだ早い……」


270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:38:04.40 ID:6cpQKLS00

ちなつ


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:39:01.77 ID:0BCMRScq0

なん…だと…


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:40:06.77 ID:2th9q7pX0

ミラクルん「いつから私をチーナだと錯覚していた…?」


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:52:01.31 ID:o5TxrjkK0

ちなつ「泣くのはまだ早い……、わよ?」ガチャ

櫻子「ちなつちゃん!? ど、どういうことなの?」

ともこ「ちなつ! 生きてたのね……!?」ウルウル

ちなつ「おねえちゃん、その死体をよく見てみて?」

ともこ「死体をよく見る? ……あ!」

櫻子「ど、どうしたんですかっ?」

ともこ「やっぱりちなつだわ!」

ちなつ「いやいやいやお姉ちゃん、ほらアゴのところ」

ともこ「……? あ、ほんと、めくれそう! ここをめくればいいのね! えいっ!」ベリッ

ともこ「……か、看護婦さん?」

ちなつ「かわいそうに……。私の身代わりになってしまったのね」

櫻子「ど、どういうことなのちなつちゃん!?」

ちなつ「私ね、ついさっき誰かにさらわれたの。能力で撃退できたけどね」

ちなつ「私をさらった後で、身代わりの死体を用意して、社会から私が死んだことにする。
     ってことでいいのかしら?」

ちなつ「ねえ? そこにこそこそ隠れている>>294


294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:53:11.18 ID:OcsFcED10

撫子さん


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:55:24.77 ID:07UdY0ujO

確かに撫子さんは闇の世界にももう一つの顔を持っていそうな雰囲気がある


304 :もう何書いてるんだかわかんない:2012/08/11(土) 03:10:18.68 ID:o5TxrjkK0

ちなつ「ねえ? そこにこそこそ隠れている撫子さん」

櫻子「え!? 撫子ねーちゃん?」

撫子「ばれちゃったか……。さすが能力に目覚めただけはあるね」

櫻子「な、なんでねーちゃんがここにいるんだよ」

ちなつ「さがって櫻子ちゃん。この私の首吊りは撫子さんがやったことよ」

櫻子「う、嘘だよ。私が心配でお見舞いについてきただけだって。ね? そうだよね?」

撫子「ふふ、やっぱりあんたは物分りが悪いねぇ。
    でもそのままでいて欲しい気もするんだよね」

櫻子「ね、ねーちゃん、なに言ってんの?」

撫子「あんたは家に帰ってな。……っ!」

ビシュウウウウウウ

ちなつ「……今のはわざと外したの。このまま私を放っておいて?」シュウウウ

櫻子「ほ、ほんとにちなつちゃんの目からビームが出た……」ガクブル

櫻子「や、やめてよねーちゃん! なんでこんなこと……」

撫子「……あんたのためなんだよ」


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:21:43.39 ID:m4mWWzA00

このチーナ絶対目見えてるだろ


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:27:45.81 ID:o5TxrjkK0

櫻子「ど、どういうこと? 私のためって、意味がわかんないよ!」

撫子「あんたは知らなくていい……。ただ、あんたのためになることなのは間違いないよ。
    だから私を信じて帰るんだ」

櫻子「い、嫌だ!」

ちなつ「ここは危険よ、私と撫子さんがぶつかり合ったら、櫻子ちゃんはただじゃすまないわ。
     だからお願い。お姉ちゃんと一緒にここから逃げて」

櫻子「嫌なんだもん! ちなつちゃんを危ない目に合わせるなんて、絶対嫌なんだもん!!」

櫻子「私のせいで死にかけた上に、今度は私のためなんて理由でねーちゃんに襲われて……」

櫻子「ちなつちゃんを危ない目に合わせた分、私がちなつちゃんを守るんだもん!!」

ちなつ「櫻子ちゃん……」

櫻子「か、覚悟しなよ、ねーちゃん! おりゃああああ!」

ガン!

撫子「!?」

ともこ「だ、だめよちなつちゃん。お姉さんに椅子で殴りかかるなんて……。うぅ」

櫻子「と、ともこさん!? そ、そんな……」

ともこ(意識が……。でも、何か、何か力のようなものがわいてくる。
     この力は……>>313


313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:28:49.76 ID:m4mWWzA00

気のせいだった


315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:30:49.64 ID:l25iG3xr0

モウナンナンダヨモウ!


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:44:35.37 ID:o5TxrjkK0

ともこ(意識が……。でも、何か、何か力のようなものがわいてくる。
     この力は……、気のせい、かも)

ともこ(って、えぇー……。うぅ、あ、赤座さぁん)

撫子「ふぅ……、気絶したか」

ちなつ(ん? なんでホッとしてるの? お姉ちゃんはただの一般人なのに)

櫻子「き、気絶かぁ、よかった。ってよくないよね! ごめんねともこさん!!」

ちなつ(どういうことかさっぱりわからないけど、カマをかけてみよっかな)

ちなつ「今お姉ちゃんが気絶してホッとしたでしょ?」

撫子「……」

ちなつ「櫻子ちゃんに殴られたお姉ちゃん、櫻子ちゃんに殴られた私、
     そして『櫻子ちゃんのため』っていう言葉……」

ちなつ「これの意味するところは……、もう明白でしょ?
     白状したほうが賢明じゃない?」

ちなつ(一応櫻子ちゃんつながりでそれっぽいの並べたけど……、無理だよねー)

撫子「……まさか、能力だけじゃなく、頭の回転まで向上していたとは」ガク

ちなつ(えっ、マジで? 自白してくれるの!? うわ、超ラッキー!!)

撫子「ちなつちゃんの推察したとおり、一連の行動は、全て櫻子を守るための行動なんだ」


320 :もうなんでもいいから意地でも終わらせる:2012/08/11(土) 03:58:09.10 ID:o5TxrjkK0

櫻子「私を……、守る?」

撫子「そう。あんたもうすうす気付いていると思うけど、あんたも能力の持ち主なんだよ」

ちなつ(えーっ! 櫻子ちゃんもなの!?)

櫻子「う、うっそだー。そんなすごい力なんて実感したことないよ?」

撫子「さっきともこさんが気絶する寸前、力のようなものが増幅しただろう?」

ちなつ「……たしかに、ほんの少しだけだけど」

櫻子「そうなのっ?」

撫子「あれは能力の目覚めの予兆なんだ。気絶してくれたおかげでおさまったようだけど」

撫子「さすがのあんたももう分かっただろう? あんたの能力は……」

ちなつ「殴った相手の能力を覚醒させる、能力……」

櫻子「えぇー!」

撫子「こんなにすごい能力は無い。櫻子の能力がバレたら世界各国の研究機関が櫻子を狙うだろう」

ちなつ「だから発現した能力を医者に見られてしまった私を擬似的に死亡させた」

撫子「そう。ちなみにその死体は霊安室から借りてきて細工させてもらった。
    バチあたりだけど、しかたがなかったんだよ」

撫子「しかし、目からビームなんてね……。そりゃ私たちが察知する前に見られちゃうよねぇ」


324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:10:11.42 ID:o5TxrjkK0

撫子「……で、どうする? ガチでやりあう?」

ちなつ「……」

ちなつ「私も。……私も手伝わせてください」

櫻子「ち、ちなつちゃん?」

櫻子「だ、ダメだよちなつちゃん! ねーちゃんに協力するってことは、
    死んじゃったことにされちゃうんだよ?」

櫻子「ちなつちゃんの今までの生活が無くなっちゃうんだよ?
    あかりちゃんたちにも会えなくなっちゃうんだよ?
    ちなつちゃんの大好きな船見先輩にも、もう……、会えなくなっちゃう」グス

ちなつ「いいの、もう。……どっちみち私が能力者だってことはバレちゃってるわけだし。
     私自身が狙われるのはきっと時間の問題」

ちなつ「それにね、嬉しかったの」

櫻子「え、なにが?」

ちなつ「櫻子ちゃんが、私を守ってくれるって言ってくれたの」

櫻子「あ……」

ちなつ「櫻子ちゃん、あかりちゃん派だからさぁ、いつもちょっとだけ寂しかったんだよねぇ」

ちなつ「ほんとにちょっとだけだけど。 ね」ニコ


329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:23:22.99 ID:o5TxrjkK0

ちなつ「で、どうせ今までどおりってのは無理だとしたら、
     櫻子ちゃんを守る側にいたほういがいいに決まってるじゃない?」

櫻子「ちなつちゃん……、ごめんね。私のせいで、ちなつちゃんの人生がめちゃめちゃに」グス

ちなつ「もう! 湿っぽいのは嫌いなの!!」

櫻子「ご、ごめん」

ちなつ「もう決まっちゃったことなら、くよくよしないで笑っていたいじゃない。ね?」ニコ

櫻子「……」グシ

櫻子「うん!」ニコ

ちなつ「それに、私が櫻子ちゃんを守るばっかりじゃないんだからね?」

櫻子「え?」

ちなつ「私を危ない目に合わせた分、私を守ってくれるんでしょ?」

ちなつ「私が櫻子ちゃんを守った分、櫻子ちゃんは私を守ってくれる」

ちなつ「守り守られ……、ふふ、けっこう素敵な関係じゃない? 私たち」

櫻子「……うん、いいかも!」

櫻子「よし! 私、ずっとちなつちゃんのこと守る!」

ちなつ「ふふ。仕方が無いから、ずっとそばにいてあげる」


334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:45:11.24 ID:o5TxrjkK0

………
……


この夏休みは、思い出の夏休み。
絶対に忘れることのできない夏休み。
二人がパートナーになったきっかけの夏休み。

私のせいで、大変なことに巻き込んじゃってゴメンね。
でももう謝ったりしないよ。
ちなつちゃん、そういうの嫌いだもんね。

だからそのかわり、ちなつちゃんを全力で守るよ。
危険からだけじゃない。
寂しさや、悲しさ、人恋しさ……。
その全部から守るんだから!

だから、ずっといっしょにいてね、ちなつちゃん。


……
………

ちなつ「ほら早く早く! スイカ割りするんだから!!」

櫻子「ほんとにやるのー?」

ちなつ「なに心配してんの。何か問題ある?」

櫻子「……えへへ。ない」


335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:45:34.13 ID:o5TxrjkK0

ちなつ「でしょ?」

櫻子「うん!」

さくちな「私たちならだいじょぶ! だもんね!」




おわり


336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:46:15.36 ID:oEe2/PWS0

>>1乙


よく完走させたよ…



340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:48:58.68 ID:0BW8Tfb00


本当に乙



350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 05:13:58.46 ID:/BBVsP3a0

ALSOKちなつ



ゆるゆり (4)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)ゆるゆり (4)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
なもり

一迅社

Amazonで詳しく見る by AZlink

ゆるゆりのうたシリーズ♪05 きらいじゃないもん(歌:大室櫻子/CV:加藤英美里)ゆるゆりのうたシリーズ♪05 きらいじゃないもん(歌:大室櫻子/CV:加藤英美里)
大室櫻子(CV:加藤英美里)

ポニーキャニオン
売り上げランキング : 9842

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/08/15 12:00 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(10)
となると、向日葵はいったいどんな能力を…
[ 2012/08/15 13:06 ] [ 編集 ]
超展開すぎる
[ 2012/08/15 19:29 ] [ 編集 ]
安価スレってなんでもやっていいというわけじゃないと思うんだ
安価は絶対とかいう奴はおかしい
作者は絶対が正しい
[ 2012/08/15 20:11 ] [ 編集 ]
現実的な欝展開→ハッピーエンドの展開が見たかったな・・・
[ 2012/08/15 22:14 ] [ 編集 ]
※1
櫻子はよく向日葵のおっぱいをはたいているだろう?
つまり、そういうことだ!
[ 2012/08/15 22:18 ] [ 編集 ]
※1
櫻子はよく向日葵の胸をはたいているだろう?
つまり、そういうことだ!
[ 2012/08/15 22:19 ] [ 編集 ]
まさかサイクロプスネタになるとはw ちーなは失明してるからサイクロプスの弱点も関係無いなww
[ 2012/08/15 22:38 ] [ 編集 ]
すべての元凶である>>57には話があるから体育館裏に一人で来るように
[ 2012/08/16 01:13 ] [ 編集 ]
作者が安価に身を任せるってつもりで安価スレに安価立ててるんだから、安価は絶対で良いだろwww
[ 2012/08/22 01:05 ] [ 編集 ]
というか、安価スレは無茶苦茶な安価を以下に処理するかも醍醐味な訳ですしねぇ
とりあえず、面白かったぜぇ
[ 2012/09/29 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。