素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恒一「見崎って中二病だよね」鳴「何それ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:10:19.09ID:ThUG5qNZ0

恒一「中二病知らない?」

鳴「聞いた事ぐらいはあるけど…意味までは」

恒一「例えば…屋上で鳴って漢字どう書くのって聞いたじゃない? あの時の答え言ってみてよ」

鳴「…? 悲鳴の鳴で、共鳴の鳴」

恒一「それが中二病だよ」

鳴「?」

 
 
lib485769.jpg
 
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:11:22.53ID:hZlr0sI50

直死の魔眼


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:12:22.91ID:wcgNdpgv0
      ヽ、,jトttツf( ノ         /  /:::::.::::::: .:::::::::: .::/:::::::. .:::: ::.::::. :.     ゚.
     \、,,)r゙''"''ー弋辷_,,..ィ     ′  .::::::::::::::::::::::::イ:::ィハ:::i:::::.:::::: jl:::i!::. ::.     。
  =、..,,,ニ;ヲ_     ヾ彡r''"   /    '::::::::::::::::::::ハ斗:l-‐|::l!::::::i::: }=::ト!:: ::::     :.
   ``ミミ,   i'⌒!   ミミ=  /    .:::::::::::::::::::::|_,ィf≠ミ ヾ:|:::/!::.} l|゙|:: /:::: .    :.
  = -三t   f゙'ー'l   ,三`  /     /:::::::::::::::::::i≠ yr=ミ:、  |:/ |:/i | }::/|::::: .:     }
    ,シ彡、 lト  l!  ,:ミ''   /     , :::::::::::::::::::圦` {_ヒri}゙_,..=.ノ'i ゝ:..j/_ノ:;::..::i     |
    / ^'''7  ├''ヾ!  . 〃    ′::::::::::::::::::::::ド、_ /   ′ `゚ ‐- ./イ:::::/  .   |
   /    l   ト、 \ .∥     |:::::::::::::::::::::::::入イ   {ニニニィ   /ノイ/  :i    |
    〃ミ ,r''f!  l! ヽ.  . !     |::i!::::::::::::::::::::::::込_ ∨    } _/.イ::/   .:::|  : |
  ノ ,   ,イ,: l! , ,j! ., ト、 ∥     ヾハ::::::::::::::::::::::::::::\  ゙こ三/  イ:::/ ../ ..:::ノ ; .: /
   / ィ,/ :'     ':. l ヽ.∥       l| ∨:::::::::.::::::::::.:;::::::≧ .__  イ::::::ノ ..:/ . :::/ .:/:/
  / :: ,ll        ゙': ゙i,. ヾ、   ノ   ヽ \::::::..:::、:::乂ノィ‐ ..__  __.!:/ ..:::/ .::::/,ノ'/′
 /  /ll         '゙ !  ` ̄    / ̄¨゙ート! ≧廴__  ,ィY ∠ イ:::/イ::r ´/
   /' ヽ.          リ      /   ヽ   i:i:i:i:i:\  /:}:::A ∧"\!ーゝ
  /  ヽ        /      /     i   |:i:i:i:i:i./\/ lイ:.ヘ/. \_
  /  r'゙i!     .,_, /      ム      ∨  !i:i:i:i:i:! v゙  |、マ   /ミi:i:、_


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:15:41.10ID:ThUG5qNZ0

恒一「この前もほら」

――回想――

鳴「…」ウーン

恒一(何唸ってるんだ?)チラッ

鳴「…『いないもの』、『居ない者』、『存在せぬ――これは違うか…」カキカキ

恒一「?」

鳴「…! 『イナモイモノ』、これね…」ウフフ

恒一「…」

――現在――

恒一「あれは中二病の症状だよ」

鳴「…///」カー


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:22:51.43ID:ThUG5qNZ0

鳴「あ、あれは、授業が暇だったから…」

恒一「漢字でも別の漢字に別の読み仮名ってのでもなく片仮名って所が拘りなんだね」

鳴「やめて」

恒一「でも最近はドイツ語のでも興味出て来たのか? 見崎の机から『ドイツ語辞典』なるものが――」

鳴「見たの? 見たの?」グイグイ

恒一「見崎、まずは英語から覚えよう? b動詞も分からないのに非常用単語なんて覚えても意味無いよ」

鳴「…その憐れむような目は止めて」

恒一「それが中二の言い回しだよ」

鳴「!?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:30:42.57ID:ThUG5qNZ0

恒一「『憐れむ』なんて普通の中学生の会話じゃ使わないよ? そもそも『憐れ』って漢字書ける?」

鳴「………………これ?」カキカキ

恒一「それは隣」

鳴「こ、こう?」

恒一「それ麒麟の麟…そういうのは知ってるんだね」

鳴「麒麟好きなの」

恒一「それ動物のキリンじゃないよね?」

鳴「麒麟は麒麟でしょ?」

恒一「…見崎。動物園でキリンの檻には『麒麟』って漢字で書いてないでしょ?」

鳴「…知らない」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:34:21.32ID:hZlr0sI50

呪い眼死人形屋
この環境じゃ中二になっても仕方ないから(震え声)



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:36:53.10ID:ThUG5qNZ0

恒一「普段授業中何してる?」

鳴「ぼーっとしてる」

恒一「だから成績が――じゃなくて、ただぼーっとしてるだけじゃないだろ?」

鳴「…空を眺めたり、雲の数を数えたり」

恒一「それも中二です」

鳴「そうなの?」

恒一「例えば…良く晴れた日、見崎は原っぱに来ました。
    周りには何も無くて、見崎は何も持っていません」

鳴「うん」コクコク

恒一「何する?」

鳴「…」

恒一「横になって空を見上げて黄昏る。
    さらに心の中で『まるで落ちて来そうな空…』と呟く。そうだろ?」

鳴「な、何で分かるの?」

恒一「それが中二ってものだからさ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:43:34.87ID:ThUG5qNZ0

恒一「好きな銃のメーカーは?」

鳴「S&W」

恒一「ナイフは?」

鳴「スパイダルコ」

恒一「…見崎、普通は銃のメーカー何て知らない。有名所だからってサラッと出て来ない。
    でも出て来ちゃう。そう、中二病ならね」

鳴「…映画で知ったの。それだけ」

恒一「まだ言い訳をするの?」

鳴「しつこい」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:49:49.87ID:ThUG5qNZ0

恒一「僕は知ってるよ。
    見崎が一時期ミリタリー物に嵌って月刊Gunとか月刊knifeとかを立ち読みしてた事を」

鳴「な、何で知ってるの?」

恒一「そして買ったそれらは本棚の二段目の右から三番目と四番目に仕舞われている。
    結局買って一回二回パラ読みしただけだって事も知ってる」

鳴「榊原君? ねぇ、何で知ってるの?」

恒一「見崎、こんどはネットで見るだけで済ませよう? お金が勿体ないよ」

鳴「ちょっと」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)13:57:38.21ID:ThUG5qNZ0

恒一「仕方ない…比較対象を呼ぼう。綾野さーん?」

綾野「ほーい。こういっちゃん何か用?」

鳴(誤魔化された…)

恒一「今から二人に質問をするから正直に答えてくれる?」

綾野「はいはーい」

鳴「…」

恒一「じゃあ…授業中にテロリストが教室に侵入して来ました。どうする?」

綾野「えー。そんなのあるわけないじゃん」

恒一「いや例えだから…」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)14:13:03.94ID:ThUG5qNZ0

綾野「えっと…逃げる!」

恒一「成程。見崎は?」

鳴「…相手の人数・武装を確認する」

恒一「それから?」

鳴「相手の声明文が出るまでは大人しくしてる。
   恐らく彼らは私達を人質として利用する筈だから簡単には殺されない」

恒一「成程」

鳴「こんな田舎の学校を襲うなんて合理的じゃない。きっと小さな組織ね。
   武装は良くて小銃とナイフ、手榴弾ぐらいかな。
   …RPGもあり得るけど、簡単に撃ったりはしないと思う」

恒一「…」

鳴「私の持ってる物で武器になりそうなのは…この鉛筆ぐらいかしら」

綾野「め、めーちゃん?」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)14:18:24.97ID:ApBZJra40

こいつは重症ですわ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:02:34.05ID:8DTL/hf30

かわええ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)14:24:15.90ID:ThUG5qNZ0

鳴「まずは気を伺う。『国境無き世界』も何れは痺れを切らして動く・まずは――
   そう、目立つ赤沢さん辺りが狙われる」

綾野「こ、こういっちゃん? こっきょーなんとかって何?」コソコソ

恒一「多分ゲームの何かだと思うけど…」コソコソ

鳴「『へへっ、ガキの癖に良いカラダしてるじゃねぇか。
    おい、この中でコイツの裸が見たい奴は居るか?』巨漢の男が言うわ」

赤沢(おい私を巻き込むな)

鳴「そこで中尾君――勅使河原君でもいけど、が勇ましくも立ちあがって抗議するの」

中尾・勅使河原(うんうん)

鳴「ま、すぐ射殺されちゃうんだけど」

中尾・勅使河原「おい!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)14:45:45.69ID:ThUG5qNZ0

鳴「そこで騒ぎ出すクラス。飛び交う怒慟。そこで榊原君が意を決して立ち向かうの」

綾野「おー! 流石はこういっちゃん」

鳴「『見崎に手を出すな!』そう言って一人に掴みかかる榊原君。無茶するよね」

赤沢(え? 私は?)

鳴「奮闘の甲斐あって何人かは倒すんだけど、
   リーダー格のシステマに為す術も無く倒される榊原君。そこで私が――」

恒一「も、もういいよ、うん」

鳴「え? 今から私が…」

恒一「銃口に鉛筆刺して使えなくするとか、撃鉄に指挟んで不発にするとか言うんだろ?」

鳴「凄い。何で分かったの?」

恒一「中二病は皆そう言うんだ。それ無理だから」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)14:52:23.68ID:ThUG5qNZ0

鳴「でもセガールは…」

恒一「セガールやメイトリクスが出来ても見崎には無理だから」

鳴「やってみなきゃわからない」ムッ

恒一「一生やらないからね?」

鳴「もう…それで? 今の質問で何か分かったの?」

恒一「重症患者が見つかったよ…」

鳴「?」

恒一「『何の?』って顔止めて腹立つ」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)14:58:30.09ID:ThUG5qNZ0

綾野「ねーこういっちゃん。私は私は?」

恒一「え? あ、可愛い答えだったよ」

綾野「そう? えへへ…///」

鳴「…私は?」

恒一「病院行こう。割りと真面目に」

鳴「…」ムスッ

恒一「じゃあ次…小椋さーん?」

小椋「へ? 何?」

恒一「かくかくしかじか」

小椋「心理テストみたいなの? いいいよ」

鳴「真理テスト…」ボソッ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:06:28.66ID:ThUG5qNZ0

恒一「じゃあ質問。二人は修学旅行のバスに乗っています。
    目的地まではあと二時間程です。さて、この後の展開は?」

小椋「修学旅行かー…」

鳴「…」

恒一「直観でいいよ」

小椋「うーん…皆でカラオケ?」

鳴「催涙ガスで眠らされて孤島に連れて行かれる。
   それで千曳先生が『皆さんには殺し合いをしてもらうよぉ』って――」

恒一「オーケー分かったもういいよマジで」

鳴「――それで殺戮マシーンと化した高林君が」

恒一「怒るよ」

鳴「…」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:10:28.46ID:ThUG5qNZ0

小椋「これで何が分かったの?」

恒一「小椋さんはカラオケ好き?」

小椋「好きだけど…それ心理テスト関係ないじゃん」クスッ

恒一「あはは」

小椋「…こ、今度一緒に行く?」

恒一「いいの? 楽しみにしとくね」

小椋「う、うんっ!」

鳴「小椋さん何歌うの?」

小椋「えっと、普通にスピッツとか? 見崎は?」

鳴「エルレ」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:14:08.67ID:siCSC+uX0

エルレでわろた


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:15:25.38ID:ThUG5qNZ0

恒一「今度は比較的見崎に近い人を呼んでみよう。柿沼さーん? ちょといい?」

柿沼「はい?」

恒一「かくかくしかじか」

柿沼「へぇ、いいよ。それにしても見崎さんてやっぱりそうなんだ…」

鳴「?」

恒一「じゃあ質問ね。二人ともこの紙に小説を書いてみて? 軽く触りだけでいいから」

柿沼「私漫画畑の人なんだけど…」カリカリ

鳴「…」ガリガリガリガリ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:24:33.74ID:ThUG5qNZ0

――20分後――

柿沼「出来たよ」

鳴「私も。力作」

恒一「お疲れ様。見ていい?」

柿沼「へ、変な所あったら言ってね?」

鳴「力作」

恒一「じゃあ柿沼さんのから…」ペラッ

時は中世ヨーロッパ。貴族であるコーイチ・S・ローズは
親友のテッシーと奴隷のモッチーに囲まれ退屈だが平和な日々を過ごしていた。
だがとある月夜の晩、
闇を切り裂き現れた怪人・ナカーオにかどわかされ淫靡で甘美な夜の世界へと――

恒一「…あの、僕と中尾が、とても言葉では言い表わしたくない行為に及んでるんだけど」

柿沼「あ、そこ一番力入れたの。挿絵も即興で…」ゴソゴソ

恒一「い、いい! 大丈夫! 要らない! 凄い臨場感だよ!」

柿沼「そ、そう? えへ…///」テレテレ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:32:54.82ID:8DTL/hf30

ワロタ


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:38:01.84ID:ThUG5qNZ0

恒一「さて…見崎のだけど…」ズシッ

鳴「榊原君にはちょっと難しいかもね」フフン

恒一(何で20分そこらでコロコロ並みの厚さの本が…)ペラッ

ここは戦乱に湧く夜見北大陸。
大陸ではアカザワ帝国とミサキ皇国の仁義無き戦争が勃発していた。
物量にモノを云わせ進軍するアカザワ軍は無辜の民を虐殺し、村々を焼き、刻々と皇国領へ進行。
遂に王宮に攻め入られたミサキ皇国666代皇王メイは
逃亡の先で一人の騎士コーイチと出会うのだが…?

恒一(…うん、予想はしてた。――ってアレ? あらすじだけ? 他は…)ペラッ

鳴「どう?」ワクワク

恒一「…見崎、これ小説ちゃう。設定書きなぐっただけや」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:38:45.61ID:r4bSpw3C0

>恒一「…見崎、これ小説ちゃう。設定書きなぐっただけや」
あるあるあるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:39:06.74ID:8DTL/hf30

アカザワ帝国wwww


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:43:20.48ID:ThUG5qNZ0

鳴「設定から物語を読み解くの。FSSだって年表で済ませてるじゃない」

柿沼「あれはああいう漫画だから…」

恒一「とりあえず柿沼さんの勝ち」

柿沼「へ? や、やったー」

鳴「…」ムムム

恒一「頬膨らませてもダメ」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:02:25.84ID:ThUG5qNZ0

恒一「じゃあ次は…多々良さーん?」

多々良「は、はい!」ガタッ

恒一「かくかく(ry」

多々良「はい! 何でも聞いてください!」

鳴「ばっちこい」

恒一「将来の夢は?」

多々良「夢ですか? 音楽の道に進めたらいいなって思ってます。
     あ、でも看護師さんとかも憧れるかも…。あとは、その…」チラッ

恒一「?」

多々良「お、お嫁さん…とか…///」モジモジ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:04:26.67ID:ThUG5qNZ0

恒一「夢が一杯で素敵だね」

多々良「…それだけですか?」

恒一「え?」

多々良「な、何でもないです…」プイッ

恒一「で、見崎は?」

鳴「匿名係長」

恒一「…」

鳴「昼は普通の係長。その正体は――」

恒一「うん。うん。いい夢だね」ナデナデ

鳴「でしょ?」

恒一「うん。結構リアルな夢でびっくりしたよ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:15:00.31ID:ThUG5qNZ0

恒一「こんなものかな…」

鳴「これで何か分かったの?」

恒一「むしろ分からないの?」

鳴「…私は良い奥さんになれる? 高槻美沙が理想」

恒一「ごめん僕忍術使えないしサラリーマンもパス」

鳴「…私、榊原君の奥さんになるなんて言ってないよ?」

恒一「へ? …あ…///」

鳴「…別にいいけど」ボソッ


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:21:35.65ID:ThUG5qNZ0

恒一「と、とにかく! 僕は見崎に中二病を自覚させて、早期治療に望みたいんだ!」

鳴「…それ治さないとダメなの?」

恒一「このままだと、近い将来枕に顔を埋めてゴロゴロバタバタする羽目になる…!」

鳴(…それそんなに心配する事?)

恒一「想像してみてよ。過去の恥ずかしい行動を一々思い出す度に
    枕に顔をゴロゴロバタバタしている自分を。
    そしてそれを同級生の殆どが知っているという地獄を」

鳴「…それは気を付ければいいだけじゃない」

恒一「甘いよ! こういうのは自覚無しに突然襲って来るんだ! 例えばこの前だって――」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:29:48.62ID:ThUG5qNZ0

恒一(あれ? 見崎寝てる…)

鳴「Zzz…ふふふ…」ムニャムニャ

恒一(何か良い夢でも見てるのかな)

鳴「――諸君、派手に行こう…Zzz…」ムニャ

恒一「」


恒一「あれ他の人に聞かれたら抱腹モノだったよ? 諸君って誰?」

鳴「…」

恒一「他にも――」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:36:05.51ID:ThUG5qNZ0

恒一「お弁当食べる?」

鳴「いいの? じゃあちょっと…」アーン

恒一「はい」ヒョイ

鳴「ん…」モグモグ

恒一「美味しいかな? 今日はちょっと違う素材使ってみたんだけど」

鳴「…捕獲レベル96って所ね」ボソッ

恒一「え?」

鳴「美味しい。もっと」アーン

恒一「あ…うん…」


恒一「むしろ小二病だよ? 耳を疑ったよ」

鳴「…言ったっけ?」

恒一「まだあるよ。体育の時も――」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:46:55.87ID:ThUG5qNZ0

鳴「はぁ…はぁ…」フラフラ

恒一「だ、大丈夫? 暑いの苦手なんだから無理しちゃ駄目だよ」

鳴「へ、平気…」グイッ

恒一「?」

鳴「あと少し、あと少しでスピードの向こう側に行けるの…私の疾走を止めないで」フラフラ

恒一「ちょっ、見崎!?」


恒一「結局あの後倒れて僕が背負って家まで送ったんだよね?」

鳴「ありがとう」

恒一「(まぁご褒美だったわけですけど)美術の時も…」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)16:59:22.71ID:ThUG5qNZ0

怜子「これは何?」

鳴「? 果物です」

怜子「…何で果物に羽が生えてるの? しかも画面全体を埋め尽くす程に巨大な」

鳴「その子には最後に翼を付けてあげたかったんです」

怜子「模写だって言ったわよね? ね?」

恒一(家帰ったら僕がグチグチ言われるパターンだコレ)


恒一「まず羽とか翼とか止めよう? ウイングゼロじゃないんだから」

鳴「…はい」

恒一「あとは――」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:10:51.72ID:ThUG5qNZ0

怜子「あれ? 何してるの?」

勅使河原「なーんか見崎の中二病を治すらしいっすよ?」

怜子「あー…恒一君も辛いのかなー」

望月「そりゃ好きな子があれじゃ――」

怜子「昔の自分を思い出して」

勅使河原「ん?」

望月「ん?」

鳴「ん?」

恒一「おいやめろ」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:16:25.34ID:ThUG5qNZ0

怜子(しまった…つい口が滑って…)

鳴「先生、詳しく教えてください」ズイッ

勅使河原「俺も聞きたいっす!」

望月「ぼ、僕も…」

オレモー ワタシモー フェアニイコウヨ

恒一「おい、おい。本当止めようよ。虐めだよコレ」アセアセ

怜子「うーん…」

恒一「怜子さん悩む必要無いですよ。全部冗談だったと言ってくださいお願いします」

鳴「榊原君、うるさい」

恒一「…」ダラダラ


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:22:05.15ID:ZGpKUJh9O

恒一…。


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:32:41.08ID:ThUG5qNZ0

怜子「いいじゃない恒一君、もう終わった事でしょ?」

恒一「いやいや…いやいやいや」

怜子「恒一君が東京の進学校に通ってたのは皆知ってるわよね?」

生徒達「知ってまーす」

怜子「恒一君、勉強の疲れとか家事のストレスが溜まってたみたいで…
    ちょっと一時期変なテンションになってた頃があったの。
    フリスクを大げさに服用したり、大音量で洋楽を聴いたり…」

恒一「あの…もうその辺で…」アワアワ

怜子「それで…その、こっちに来る前に気胸になったじゃない? あれも、その…
    不良ぶってお父さんの煙草を吸った瞬間肺が破れちゃって…」オヨヨ

恒一「」

怜子「しかも入院する時『この程度の邪気で…』とか呟いてたらしくて…」

恒一「」

怜子「お父さんにも相当お説教されて元に戻ったんだけど…一応休養も兼ねてこっちに来たの」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:39:02.64ID:ThUG5qNZ0

多々良(榊原君にそんな過去が…)

綾野(頭良いと悩みも多いんだろうなー)

小椋(カラオケー♪)

赤沢(『大丈夫よ恒一君。私はどんな恒一君でも受け入れるわ』
    『あ、赤沢さん…君は天使だ。結婚しよう』…よし、完璧な対策ね)

マーシャーネーヨ ハンセイシテルナラベツニネー

恒一(もうやだ帰りたい…)シクシク

鳴「…榊原君」チョンチョン

恒一「…見崎」グスッ


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:51:04.13ID:ThUG5qNZ0

鳴「榊原君は一時期の病を通り越して、マトモに戻れた。なら気にする事無いと思う」

恒一「…」

怜子「そうよ、気にしないで。それに恒一君はもう一人じゃない。そうでしょ?」

恒一「…僕は、ここにいてもいいんですか?」

鳴「うん。一緒だよ、榊原君」

恒一「僕はここに居ていい。中二病何て気にせず、ここに居ていいんだ!」

鳴「おめでとう」パチパチ

怜子「おめでとう」パチパチ

赤沢「おめでとう」パチパチ

小椋・綾野「おめでとう」パチパチ

多々良「おめでとうございます」パチパチ

オメデトー オメデトー オメー

恒一「――ありがとう」ニコッ


叔母に、ありがとう
父に、さようなら
そして全ての中二病に、おめでおう


おわり


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)17:51:43.52ID:qytXN6PR0

なぜ投げた


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)18:08:01.71ID:KeWLWd190

鳴も重症だったが恒一も色々(ストーカーとか)危ない


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金)15:04:15.91ID:ExO+A/wB0

まず眼帯が厨二



Another コンプリートBlu-ray BOXAnother コンプリートBlu-ray BOX
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,市来光弘,水島 努

角川書店 2013-03-29
売り上げランキング : 357

Amazonで詳しく見る by AZlink

Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
高森奈津美,阿部 敦,前野智昭,米澤 円,野中 藍,水島 努

角川書店
売り上げランキング : 33995

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/11/17 12:00 ] AnotherSS | TB(0) | CM(14)
エルレは中二病じゃなくてただの厨房だろ
そこはサンホラかamazarashiにするべき
[ 2012/11/17 12:28 ] [ 編集 ]

鳴ちゃんは六花に先駆けてたからな、その発想はあった
[ 2012/11/17 13:14 ] [ 編集 ]
※1
まだめーちゃんには救いがあるってことじゃないか?
サンホラあたりまで行っちゃうと重症なんてもんじゃないが
[ 2012/11/17 14:39 ] [ 編集 ]
鳴ちゃん可愛い
>>66で語るに落ちてる浩一もな
久々のアナザーSSいいな
そして安定の赤沢さん
[ 2012/11/17 17:17 ] [ 編集 ]
だれか柿沼さんも治療してあげようよ…

というか、最近、鳴ちゃん成分が足りない。
六花ちゃんで多少は解消されたけど、眼帯キャラはもっと増えるべき
[ 2012/11/17 22:45 ] [ 編集 ]
つ式波
[ 2012/11/17 23:35 ] [ 編集 ]
おめでおうってwwwwww
anotherのSS久しぶりやなwwwww
面白かったけど最後の誤字で台無しやwwwwwwwwww
[ 2012/11/18 01:26 ] [ 編集 ]
諸君、派手にいこうでワロタwww輝美ドールかよwwwwww
[ 2012/11/18 05:47 ] [ 編集 ]
厨二を知ってる榊原も昔が本当でしたw
[ 2012/11/28 10:44 ] [ 編集 ]
最後は、エヴァ!
[ 2013/08/24 16:27 ] [ 編集 ]
スミス&ウェッソン社wwwww
[ 2013/09/15 13:14 ] [ 編集 ]
厨二病ねぇ…( ̄。 ̄;)
まあ、悪くはないぞ(-ω-;)
[ 2013/11/13 21:21 ] [ 編集 ]
エルレとかおっさんになった今でも好きなんだけど
[ 2014/05/10 23:56 ] [ 編集 ]
…それにしても、何で、「中二病」っていうのだろうか?寧ろ、小学生位の子の方が、言いそうな事、言ってる気がするけど…俺も、実は、中二病らしいが、治療法、あるのか?
[ 2014/05/16 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。