素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まゆり「オカリンに不意打ちで>>5するのです☆」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/30(金)23:59:39.61ID:yNmBsarf0

まゆり「びっくりするかなぁ?」


9ec294fa
 
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:00:31.43ID:FE0uSAHz0

まっちょしぃ化


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:02:00.16ID:tGznybOi0

これはビックリする


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:10:09.39ID:hWW4qKyD0

まゆり「それじゃあさっそく……フンヌゥツッ!!」

  ビキビキ……ヴヴヴ……バリバリッ!ムキッ!ブリンッ!!

            _
          σ   λ
          ~~~~ 
         / ´・ω・)   <トゥットゥルー♪
      _, ‐'´  \  / `ー、_
     / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
     { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
     'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ 
     \ヽ、   ー / ー  〉
       \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

     バアアア――z__ンッ


まゆり「これできっとオカリンもびっくりなのです!」

 ・ ・ ・

岡部「……ふむ……最近のオカルト板は過疎っていかんな……」

まゆり「ねぇオカリンオカリン♪」

岡部「ん?どうしたまゆ……うわあああああああ!!!」

驚いた岡部は思わず>>12


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:10:47.35ID:4V6zpZeF0

ワロタ


12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:11:50.66ID:FE0uSAHz0

アルパカマンに助けを求める


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:21:39.79ID:hWW4qKyD0

岡部「くっ!まゆりの姿を借りた轟鬼(デーモン)めっ!!かくなるうえは……!!」

岡部「我の召喚に答えて出でよ!!アルパカマン!!!」

ズモモモモモ…… ドーン!バリバリ!ドドーン!

           ,へ, ‐- ‐、,へ
            〉′ , 、 `〈
           ノ _, イ __ト-、 ',
            | 冫´Y `′ l
            l  '、_ '^'_,ノ  l
           ヽ`=三ニ-'  |
            │ =二ニ-  |     
             '´: : :: : : : : :` ヽ、
          、__/ : : : : : )ノ: :ヾ: : : \
.        `7: (: : : : : : : : : : : : :} :)ヽ
         {: : ト; ;ハ,リノ;Y川 } : ノ: : i|  <呼ばれて参上!
         i::小●    ● ノリル: ; j     正義の戦士アルパカマンだよ!!
          从l⊃ 、_,、_, ⊂⊃从ッ》 
        /⌒ヽ、|ヘ   ゝ._)   j /⌒i
      \ 〃::(y;)>,、 __, イァ/、__/
.        \:(y;ノ:::::::::}}::::::::(y;/::::::/
         .ルリゞ::::::((:::::::ルリゞ::::/

         バアアア――z__ンッ


鈴パカ「どこからでもかかっておいで!」

まゆり「うわぁ鈴さんかわいいねぇ~☆そんな鈴さんには>>20しちゃうのです!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:23:40.01ID:zh26UCCY0

かわいい


20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:23:48.97ID:dyB+OlVY0

肩揉み


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:32:13.18ID:hWW4qKyD0

まゆり「鈴さんにはいつもお世話になってるから肩もみしてあげるのです☆」

鈴パカ「わぁ、ありがとう!この被り物って肩がこるんだよね~」

岡部「うむ。ラボメン同士で親睦を深め合っているようで何よりだ」

まゆり「それじゃ、いっくね~♪」

鈴パカ「うん!強めに頼むよ!」

まゆり「せ~のっ!」

  メキメキッ!ミシミシ……ギギッ!メキッ!

鈴パカ「ぎゃああああああああああ!!」

まゆり「うわぁ!びっくりした!どうしたの鈴さん?まだ撫でただけだよ~?」

鈴羽「脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した脱臼した」

岡部「鈴羽ぁぁぁっ!
    くっ、おのれ、バイト戦士をもってしても御することができないとは……ならば!」

岡部「鳳凰院凶真の名において命じる!いでよ、>>30!我の半身としてその身を捧げるのだ!!」


30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:34:54.58ID:tqjHxiwC0
               _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   <  親孝行マダー !?           >
   ☆      ドムドム |_ _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         ドンドン    ♪
         =≡=          ☆
      ♪   / 〃 J('ー`)し      / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\ ノ\ノヽ.∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:35:20.82ID:FE0uSAHz0

カ…カーチャン


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:45:12.33ID:hWW4qKyD0

岡部「いでよ!コードネーム“偉大なる母”よ!!」

ズモモモモモ…… ドーン!バリバリ!ドドーン!

           ,へ, ‐- ‐、,へ
            〉′ , 、 `〈
           ノ _, イ __ト-、 ',
            | 冫´Y `′ l
            l  '、_ '^'_,ノ  l
           ヽ`=三ニ-'  |
            │ =二ニ-  |     
             '´: : :: : : : : :` ヽ、
          、__/ : : : : : )ノ: :ヾ: : : \
.        `7: (: : : : : : : : : : : : :} :)ヽ
         {: : ト; ;ハ,リノ;Y川 } : ノ: : i|  <呼ばれて参上!
         i::小●    ● ノリル: ; j     阿万音由季って言います、よろしくね!!
          从l⊃ 、_,、_, ⊂⊃从ッ》 
        /⌒ヽ、|ヘ   ゝ._)   j /⌒i
      \ 〃::(y;)>,、 __, イァ/、__/
.        \:(y;ノ:::::::::}}::::::::(y;/::::::/
         .ルリゞ::::::((:::::::ルリゞ::::/

         バアアア――z__ンッ


由季パカ「なんだかよくわからないけどがんばっちゃうよ!」

まゆり「うわぁやっぱりそっくりだねぇ~☆
     そんな由季さんにはまゆしぃから>>38をプレゼントなのです!」


38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:48:09.86ID:mA2RSfTm0

ダル


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)00:52:45.54ID:eO1izlc60

もはや橋田一家スレ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:04:15.23ID:hWW4qKyD0

まゆり「由季さんにはまゆしぃからダルくんだったものをプレゼントなのです!」

       ∬  ∬  ∬  ∬   
       _________
      /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\ -、
  ,、_,ノ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::゙,ノ   ジョウズニヤケマシター!
  `‐、_ : :: :: :: : 、 :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: |ヽ.
  r‐゙。      |       _    | `、
  |iヽ   ヽ   /、_____/ヽ ノ  ,'
 丶`┴─‐'´| /ノ       / ノ | /  /
  ヽ   (,_ノ"        `" (_ノ  ,.'
    `'-、_            _,.-'´
      `゙''`` ‐-----‐ '"´''"´

       コンガリ――z__ッッ


由希「橋田くううぅぅぅぅぅんっ!!!!」

岡部「くそっ!由季に続いてダルまでも……おのれ悪魔め!!」

ドア<ガチャッ

紅莉栖「ハロー……って、これは何の騒ぎ?」

岡部「いいところにきたな助手よ!悪魔を葬り去るため今こそ俺と二人でアレを発動するのだ!!」

紅莉栖「アレって何よ?」

岡部「もちろん“禁呪”である>>48だ!!」


48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:07:31.20ID:AwY8jzyC0

マダンテ


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:21:16.02ID:hWW4qKyD0

岡部「マダンテだ!!」

紅莉栖「ちょっと何を言ってるのか分からない訳だが」

岡部「いいから俺の左手を握れ!」 ギュッ

紅莉栖「え、ちょ、きゅ急に何よ!ままままゆりも見てるのに」

岡部「紅莉栖……俺の目を見てくれ」

紅莉栖「はぅ」

岡部「この呪文は俺と紅莉栖の心が共鳴(シンクロ)して初めて発動できるのだ。
    俺に、心を委ねてくれないか」

紅莉栖「しょ、しょうがないわね…こ、今回だけだからな……」

            _
          σ   λ
          ~~~~ 
         / ´・ω・)   <時間だ。答えを聞こう
      _, ‐'´  \  / `ー、_
     / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
     { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
     'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ 
     \ヽ、   ー / ー  〉
       \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


岡部「それでは紅莉栖……行くぞ!」 紅莉栖「うん!」

岡部&紅莉栖「「マダンテ!!」」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:23:29.56ID:hWW4qKyD0

        ,へ, ‐- ‐、,へ                              ,へ, ‐- ‐、,へ
         〉′ , 、 `〈                              〉′ , 、 `〈
        ノ _, イ __ト-、 ',                            ノ _, イ __ト-、 ',
         | 冫´Y `′ l                              | 冫´Y `′ l 
         l  '、_ '^'_,ノ  l                             l  '、_ '^'_,ノ  l
        ヽ`=三ニ-'  |  9999                       ヽ`=三ニ-'  |  9999
         │ =二ニ-  |                             │ =二ニ-  |     
          '´: : :: : : : : :` ヽ、                             '´: : :: : : : : :` ヽ、
      、__/ : : : : : )ノ: :ヾ: : : \                        、__/ : : : : : )ノ: :ヾ: : : \
.     `7: (: : : : : : : : : : : : :} :)ヽ                     `7: (: : : : : : : : : : : : :} :)ヽ
      {: : ト; ;ハ,リノ;Y川 } : ノ: : i|  < ぐあああああ!!        {: : ト; ;ハ,リノ;Y川 } : ノ: : i|  < ぐあああああ!!
      i::小●    ● ノリル: ; j                       i::小●    ● ノリル: ; j  
       从l⊃ 、_,、_, ⊂⊃从ッ》  ←鈴羽                 从l⊃ 、_,、_, ⊂⊃从ッ》  ←由季
    /⌒ヽ、|ヘ   ゝ._)   j /⌒i                      /⌒ヽ、|ヘ   ゝ._)   j /⌒i
   \ 〃::(y;)>,、 __, イァ/、__/                    \ 〃::(y;)>,、 __, イァ/、__/
.     \:(y;ノ:::::::::}}::::::::(y;/::::::/                      \:(y;ノ:::::::::}}::::::::(y;/::::::/
      .ルリゞ::::::((:::::::ルリゞ::::/                        .ルリゞ::::::((:::::::ルリゞ::::/


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:25:05.98ID:AmYPicPT0

橋田一家は全滅した


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:25:21.54ID:hWW4qKyD0

         ,へ, ‐- ‐、,へ
          〉′ , 、 `〈
         ノ _, イ __ト-、 ',
          | 冫´Y `′ l
          l  '、_ '^'_,ノ  l
         ヽ`=三ニ-'  |  9999
          │ =二ニ-  |     
           -' :::::::::::::::::::`ヽ、
          /::::::::::::::∈?Gョ::::::::\
       //::::::::::::::::,、:::::::::::::::::::::::ヽ
       〃ノヘ {-ー" 乂w、:::ヾ::::::::i、  < ぐあああああ!!
       ル 从●    ● 从::::::::::::ゞ
        ルl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ;:::::::;j}  ←出番待ち中だった
      /⌒ヽ_レ从.  ゝ._)   .从/⌒iル'
     \ / \゛>,、 __, イy''/  /
.       ソ    ヘ V /  ヘ、__>i
      <   ソ  ゛y / y     リ

              _
            σ  λ
            ~~~~   0
           (´・ω・`)
       _, ‐'´  \  / `ー、_
      / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
      { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
      'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
       \ヽ、   ー / ー  〉


岡部「なっ……む、無傷だと!?バカな!!」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:34:56.54ID:hWW4qKyD0

紅莉栖「!岡部、まゆりの身体をよく見て!!」

岡部「な……何だと!マダンテの爆風でできた傷の下に金属光沢が!」

まゆり「こんなこともあろうかと、まゆしぃはメタルう~ぱの力を取り込んでおいたのです☆」

岡部「くそっ!メタル化されてはマダンテが効かないではないか!」

紅莉栖「もうMPも無いわ……どうすれば……」

岡部「まだだ、まだ諦めんぞ!
    俺は世界を騙した狂気のマッドサイエンティスト、この程度の障壁……」

まゆり「トゥットゥルー☆」

   ゴアァァッ!!!

岡部「ぐああっ!!」

紅莉栖「きゃぁっ!」

岡部「紅莉栖!ただ一回の咆哮でこれだけの風圧を浴びるとは……もう、これまでなのか?」

紅莉栖「岡部……」

ドア<ガチャッ!

岡部「っ、誰だ!この戦場は危険だ、素人は立ち入っては……お、お前は>>56!!」


56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:38:40.97ID:k1+3ZfWZ0

疾風迅雷のナイトハルト


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:40:34.93ID:eO1izlc60

まっちょしぃvs最強のギガロマ二アックスとか、第三次大戦かよ


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:49:32.21ID:hWW4qKyD0

岡部「お、お前は疾風迅雷のナイトハルト!!」

拓巳「ふひひ、ぼ、僕が来たからには大丈b」

まゆり「えいっ☆」 ドゴォ!!

拓巳「はぷふっ」 ドギャーーン!!ゴロゴロゴロ プチッ

岡部「ナイトハルトぉぉぉっ!!!」

まゆり「まゆしぃはカオヘ未プレイだから絡み方がよく分からないのです☆」

岡部「今度こそ手詰まりか……」

 ピロロン♪

岡部「くっ、こんな時にメールか……萌郁か」 スチャッ

萌郁『岡部君、さっき阿万音さんから42型のテレビの電源入れてくれって連絡あったけど、
    これってどういう意味なの?(・o・)とりあえずテレビはつけたよ~(^-^)/』

岡部「これだ!Dメールを送ってこの自体を回避するぞ!!」

紅莉栖「文面はどうするの?」

岡部「そうだな……>>65と送るぞ!」


65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)01:53:46.82ID:eO1izlc60

まっちょしぃ化を防げ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:05:27.25ID:hWW4qKyD0

岡部「『まっちょしぃ化を防げ』と送るぞ!」

紅莉栖「防げったって、そのメール読んで過去の岡部がどうにかできるの?!」

岡部「分からん!しかし今はこれに賭けるしか無い!!」

まゆり「お話は終わったかな?だったらまゆしぃと遊ぼうよぉ~☆」

紅莉栖「ここは私が囮になるわ!岡部はDメールを!」

岡部「待て!お前に危険な真似は」

紅莉栖「いいから行け!」

岡部「くっ、すまん紅莉栖!必ず助けるからな!」 ダッ



岡部「よし、これでDメールのセットアップが完了した!」

<ちょ……ま、まゆり!そ、そこは駄目、あんっ

<トゥットゥルー☆トゥットゥルー☆

岡部「うっ……くそっ!Dメール、送信!!」 ポチッ


   ヴゥン…………


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:15:20.42ID:hWW4qKyD0

岡部「……はっ!リーディング・シュタイナーが発動した……ということは」

まゆり「オカリン、急にはぁはぁしちゃってどうしたの?大丈夫?」

岡部「! まゆり!普通の姿だ……よかった……よかった……」

まゆり「う~ん? へんなオカリン……まゆしぃはずーっとこの姿だよ?だって――」

  ギュッ!

岡部「……ま、まゆり?急に俺に抱きついてどうしたというのだ」

まゆり「だってオカリン、『俺はまゆりのありのままの姿を愛しているんだ』って言って
     まゆしぃを抱きしめてくれたでしょ?」

岡部「……あ、ああ、そうだったな……」

まゆり「まゆしぃ、オカリンに愛されちゃって幸せだから、変身なんて絶対しないのです。
     オカリンだ~い好きっ!」

岡部「あ、ああ、俺もだとも、ふ、フゥーハハ、ハ」

岡部(こ、これで、よかったんだよな……?)

紅莉栖「…………」

岡部「うわああぁぁぁ!クリスティーナッ!!い、いつからそこに!?」

紅莉栖「……『俺はまゆりのありのままを愛してる』辺りから居ましたが何か?」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:28:09.41ID:hWW4qKyD0

岡部「いや、違うんだ!これはラボメンを護るための聖戦の結果であって」

まゆり「えへへ、オカリンの胸あったか~い」 ギュッ

岡部「はぅあ!まゆりよ!"無垢なる双丘"を押し付けるな!"邪悪なる黒神龍"が目覚めてしまう!」

紅莉栖「平坦なる大地では龍も冬眠しちゃうってことですね分かります」

岡部「誰も紅莉栖が平坦だなどと言っていないだろう!!」

紅莉栖「誰が私の話って言った?へぇ~、HENTAI鳳凰院さんは私のことそう思ってたんだ……」

岡部「」

まゆり「オカリンの匂いに包まれてると、安心するなぁ……」 トロ~ン

岡部「まゆり……」

紅莉栖「見せつけてくれるじゃない……それなら」

  ビキビキ……ヴヴヴ……バリバリッ!ムキッ!ブリンッ!!

岡部「えっ? く……紅莉栖?」

紅莉栖「その素敵なひとときの記憶を永遠に記録に残すために……」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:29:12.88ID:hWW4qKyD0

          ,,,,_____,,
          ,/::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,
.      /:::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::ヽ,
     /::::::::::/ヽ:::::::::::::::::/.\:::::::::::::::::::}
     {:::::::://  \::::::/  ヽ\::::::::::::::}
     |:::::::{  ●   ∨′ ●  `}:::::::::||    前頭葉から視覚野までの皮質を
     |:::::::|              }:::::::/|    切り開いて押し花にしてあげるわ♪
     |ヽ:::ヽ     (__人__).      /:::::/::::|
     |:::\|:`ー- _____.-一i:::::/:::::::|
     |::: /` ` `: 、 ヽ; : : : / ゙ヽ--、::|_
    ,r'''''´:_ : : : : : : ´ヽ、 `: : : : :〃_: : : : :  `ヽ、
   /: :/´:  , ̄\ー┴―-.、: _/´ . . : :- 、   ヽ,
  ,/: /: :       `ヽ´   ` 、       ヽ,   :}
 /: /: : : :            `i      ヽ      ヽ; . : }
. {: /: : : : :          :}      .ヽ,       ヽ-く、
. {:{: : : : : : .          :}       :}      |: : .ヽ,
. |:{: : : : : : : .        . :/          :}:       .:}:    ヽ,
. |:ヽ; : : : : : : .      ,r-亠-、. . . . . . : : }: : : : . . .★}:    |
. ヽ:ヽ; : : : : : : : .   r´    `ヽ、: : : : /: :_: : : : :_/: :    |
  ヽ: `ヽ、: : : : :  {:     _,r----、´: : : `ーY__. . .  .}
  ヽ: : :|:`ー: : : : .  :     (_r'´ ⌒ヽ : :  :/´: ,   `'ヽ, .{
   ヽ: :|; : : : : : : . 丶、    (_,r' ̄´ ヽ、__/__/    : ): |
    ヽ:ヽ: : : : : : : .  \    `ーt´ ̄¨)       . :/: : |
     ヽ:ヽ; : : : : : : .        f´゙ ̄´      //: : : :}
      ヽ: :ヽ,_: : : : : .      ′       . ´ / : : : /
       ヽ: : : : `ーt、 : .    `ー:      , : : : / : : : /  バアアア――z__ンッ
         ヽ; : : : : |ヽ、: .            /: : : / : : /
          {: : : : : ヽ: `ー,ニ、. . . . . . . :/: : : /_:_/

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:30:29.51ID:pwlrg6iE0

まさかのwwww


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:30:54.78ID:C3w6KagnP

想定外の展開


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:32:09.00ID:hWW4qKyD0

岡部「うわああああああ!!た、助けてくれまゆり!!!」

まゆり「すぅ……すぅ……むにゃむにゃ」

岡部「寝てる場合ではないぞ!今すぐ筋肉戦士となってあのバーサーカーを止めt」

紅莉栖「岡部」 ガシッ

岡部「ひゃ、ひゃい」

紅莉栖「大丈夫よ。優しくするから、ね?」(暗黒微笑)

岡部「ぎゃあああああぁぁああぁぁぁあぁぁぁ!!!」

                                   ~DEADEND~


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:37:50.68ID:stAyf+aO0

これが……シュタインズゲートの選択だよ


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土)02:20:52.36ID:c0yuBw3M0

やっぱりまゆ氏が一番かわいいわ



シュタインズゲート ねんどろいど 椎名まゆり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)シュタインズゲート ねんどろいど 椎名まゆり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


グッドスマイルカンパニー
売り上げランキング : 3955

Amazonで詳しく見る by AZlink

STEINS;GATE Blu-ray BOXSTEINS;GATE Blu-ray BOX
宮野真守,今井麻美,花澤香菜,関智一,田村ゆかり,佐藤卓哉,浜崎博嗣

メディアファクトリー 2013-03-27
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/12/02 00:03 ] その他SS・STEINS;GATE | TB(0) | CM(7)
シュタゲとは懐かしい。面白かった。
[ 2012/12/02 02:11 ] [ 編集 ]
つまり助手はまゆりがまっちょしぃになる時既にいたわけかw
[ 2012/12/02 02:25 ] [ 編集 ]
安価なのにAAで返すとか余裕に溢れすぎだろ
しかも高クオリティ
[ 2012/12/02 04:14 ] [ 編集 ]
えっ、もう懐かしいとか言われちゃうの
[ 2012/12/02 10:55 ] [ 編集 ]
良スレ
[ 2012/12/04 23:54 ] [ 編集 ]
何故かルカだけ頭からチ○コ生やしてるように見えるのだが……
[ 2012/12/07 23:50 ] [ 編集 ]
面白い
[ 2014/05/24 03:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。