素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

森夏「なによっ!!クリスマスとか興味ないしっ!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)13:39:28.66 ID:aENOaw8g0

森夏「暇…」

森夏「パーティとか企画すればよかったわね…」

森夏「富樫君と小鳥遊さんは今頃楽しんでるんだろうな…」

森夏「別にうらやましくないわよっ!!」ドンッ

森夏「そういえば…学祭時期にカップル大量生産されてたわね…」

森夏「その頃あたしは…中二病の台本を書いていたっけ…」

森夏「なによっ!!」ドンッ

森夏「べ、別にうらやましくないわよっ!!」ドンッ



eec07e3c_convert_20121225184858.jpg
 
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)13:53:03.34 ID:aENOaw8g0

森夏「そうだ!!くみん先輩に電話してみましょう!!」

森夏「・・・・・・・・・・・・・・・・」

森夏「・・・・・・・・・・・・・・・・」

森夏「あー、あの人寝てる…。うん、寝てるわ…」

森夏「そういえば…一色しつこくアタックしてたわよね…」ハッ!

森夏「絶対に寝てるわ…。一色とかありえないしっ…」ブンブン

森夏「寝ているならしかたないわよね…」

森夏「私も寝ようかしら…」スースー

森夏「って!!寝れるわけあるかっ!!」ドンッ

森夏「…暇…」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)14:14:59.15 ID:aENOaw8g0

森夏「っていうかおかしくない!!」ドンッ

森夏「私って!!かわいい娘ちゃん選手権1位のはずでしょっ!!」

森夏「4位の小鳥遊さんに彼氏できて!!1位の私がなんでできないのよっ!!」

森夏「ちょっと…。集合写真持って来よう…」テクテク


森夏「えーと、2位と3位はもう彼氏いるわよね…」

森夏「他は…。コイツもいるわね…後は…コイツも別のクラスの…
                   あっコイツもいるわね…。あとは…」

森夏「けっこういるわね…。あー法華津もいるのよね…」

森夏「あっ!!そっか!!高嶺の華的なイメージね」

森夏「それは…なかなか手を出せないわよね…」

森夏「って!!手を出せよ!!こんないい女がいるのに!!」

森夏「キャラ作り込みすぎたかしら…」

森夏「ちょっと天然ぐらいがちょうどいいのかしら…」

森夏「あー、それはうちの先生みたくなるからやめよう…」

森夏「ああいう人って間違いなく結婚いき遅れると思うわ…」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)14:31:07.58 ID:aENOaw8g0

森夏「ちょっと外に出てこようかしら…」

森夏「やっぱやめよう…。誰かに見つかったらなんて思われるか…。それに声をかけられたら…」

森夏「アレっ!!丹生谷さーん。何やってるの!?あっ!!彼氏待ってるから、ごめんねー」

森夏「って!!うっさいわよっ」ドンッ

森夏母「森夏ー。さっきからどーしたのー!?」

森夏「ごめーん!!今、大掃除してるー!!」ハッ!

森夏「別にそんなの気にしなくていいんじゃないかしら…」

森夏「っていうか。そういうの気にするの…。浅くない?あたし…」

森夏「そういうのよりもっと為になること考えようかしら…」

森夏「高校に入学してからを…ちょっと復習しようかしら…」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)14:37:14.69 ID:hW0pqaJY0

中学時代を復習すればいいと思いまつ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)14:53:56.91 ID:aENOaw8g0

森夏「とりあえず…。選手権一位の時まで悪くなかったはずよね…」

森夏「あー、あれだわ…。犯人捜しをしたの…。男子にとってマイナスだったかしら…」

森夏「ちょっと調子乗りすぎたわね…」

森夏「って!!一色のせいじゃない!!」ドンッ

森夏「よく考えたら…あたしは当たり前のことしただけじゃないのよっ!!」ドンッドン

森夏「それ以外は…」

森夏「クソ中坊よぉぉぉぉ!!いっつもあたしを怒らせて…」ドンッ!

森夏「そうよ…男子の中では丹生谷=怒りっぽい奴になったのよ…」

森夏「あー、でも別に嫌いなわけじゃないのよ…そうよ…」

森夏「あーっ。あたしって人のせいにしすぎ…。なんて浅いの…」ズーン

森夏「そりゃあ、彼氏できないわよね…」

森夏「ハハハ…寂シイ…」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)15:11:04.53 ID:aENOaw8g0

森夏「去年は占いやって過ごしたっけ…」

森夏「その前も…占いしてたわね…」

森夏「とりあえず…占いでもしてみようかしら…」

森夏「もっと虚しくなるから辞めよう…」

携帯「ヴぁー、ヴぁー」

森夏「あっ電話だ…くみん先輩!!」

くみん『もしもし~モリサマちゃん~?どうしたの~??』

森夏「ちょっと暇だったから、何してるかなって思って電話したんだけど…」

くみん『えっと~』

『何話してるんですか!?先輩!!』

森夏「えっ!?もしかして…アンタ、誰かと一緒!?」

くみん『そうだよ~。一色君と一緒だよ~』

森夏「」

くみん『どうしたの~。モリサマちゃん~!?』

森夏「アハハハ…。邪魔しちゃってごめんね…。ホントにゴメン…
                  特に用事ないから…。それじゃあ…」プチッ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)15:12:03.55 ID:b7Rmf07T0

一色許さん


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)15:20:56.30 ID:aENOaw8g0

一色「丹生谷!?いったいどんな要件で電話きたんですか??」

くみん「う~ん。特に用事ないって~」

一色「なんじゃそりゃ、アイツもよくわからん奴だなー」

くみん「もしかしたら~。さびしいのかも~」

一色「それはないですよー。先輩」

くみん「そうかな~」

一色「そうですよ。先輩。まー要件ないならそれでいいんじゃないですかね」

くみん「……」

一色「それよりイルミネーション楽しみましょうよっ!!先輩!!」

くみん「……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)15:34:45.93 ID:aENOaw8g0

モリサマー「一色誠に呪いの裁きを…!!」カーン

モリサマー「一色誠に呪いの裁きを…」カーン

モリサマー「骨の髄まで焼き尽くすがよい」カーン

モリサマー「ウフフフフ、これで一色は…」

モリサマー「ふんっクリスマスは所詮、愚民共の余興よ…」

モリサマー「私が結界をはらなければ…サタン共が降りてくるというのに…」

モリサマー「せいぜい楽しみなさい…愚民共よ」

モリサマー「ウフフフフフ。ウフフフフ」

モリサマー「さて、私はそろそろ決戦の用意でもしようかしら…」

モリサマー「七つ道具の封印を解くわよ!!」

モリサマー「マビノギオン…水晶…水晶髑髏…蝋人形に………」

モリサマー「ウフフフフフ…。ウフフフフ…」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)15:46:40.20 ID:aENOaw8g0

モリサマー「すべての愛の力を今ここに!!」

モリサマー「私の声に応えなさい…天界のもの達よ」

モリサマー「モリサマーの名により今!!」

ガッチャ

森夏母「アンタ!!さっきからうるさいと思ってたら
           また、こんなもの掘り起こしてきて!!」

モリサマー「出ましたわね!?サタンめ!!冥界の世界に還してあげるわ!!」

森夏母「アンタいい加減にしなさいっ!!」ゴツンっ

森夏「あれっ!!あ、あたしはいったい…」

ママサマー「出ましたわね!?サタンめ!!冥界の世界に還してあげるわ!!」キラーン

森夏「恥ずかしいからやめてーーー!!!」バタバタ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:01:59.89 ID:r7+tUSdQ0

中学時代
親は一体どんな気持ちでいたんだろう・・・



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:08:36.59 ID:Oy9uxPPe0

>>50
クリスマスなのにここにいるおまえを見る目と同じだよ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:12:30.62 ID:aENOaw8g0

森夏母「それよりアンタに電話よ」

森夏「えっ誰かしら…携帯に電話すればいいのに…」テクテク

森夏「はいっ。森夏ですけど…」

七瀬『もしもーし。九十九です!?』

森夏「えっ!!先生どうしたんですか!?」

七瀬『先生失恋しちゃってー…。
    今ークラスの女の子集めてー。クリスマス残念会やろうと思ってるんだけどー』

森夏「へー…。そうなんですか!!」パァ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:13:50.07 ID:aENOaw8g0

七瀬『それでですねー。
    丹生谷さんにも是非出席をしてもらおうと思いましてー電話しちゃいましたー』

森夏「もしかして…。先生酔ってます!?」

七瀬『飲まないと失恋は乗り越えられないものなのよ』シクシク

森夏「あたし…未成年なんですけど…」

七瀬『まーそんなこと言わずに…今日は無礼講ってことでー』

森夏「っていうか…。うちのクラスの女子全員にかけてるんですか??」

七瀬『いいえー。彼氏がいなさそうな娘から電話してますっ!!』

森夏「あーそうなんですか」イライラ

七瀬『いちおう聞きますけどー。丹生谷さんはー、彼氏いませんよね!?』

森夏「いるわよっ!?彼氏ぐらい!?」フンッ

七瀬『えーそれじゃあ、残念会参加してくれないんですか!?』シクシク

森夏「すいません!!彼氏と予定あるので!!」プチッ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:14:02.85 ID:00dUykV80

これは・・・


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:15:47.73 ID:GhOQTooK0

モリサマ……


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)16:24:01.31 ID:aENOaw8g0

七瀬「あれー、もしもしー。丹生谷さん??」ゴクゴク

森夏『ブー ブー ブー』

七瀬「そんなブーブー怒らなくてもいいじゃないですかー」ゴクゴク

森夏『ブー ブー ブー』

七瀬「いえねー。丹生谷さんって私に似てるからー」

七瀬「絶対に彼氏いないと思うんですよー」ゴクゴク

森夏『ブー ブー ブー』

七瀬「そんなブーブー言ってもねー。だって事実ですから」ソクシク

七瀬「色々持ってても…男運だけないのよね」ヒック

森夏『ブー ブー ブー』

七瀬「丹生谷さんもやっぱりそう思う!!」ヒックヒック

七瀬「男なんて…」シクシク

七瀬「先生はすごく悔しいです!!!」ゴクゴク

森夏『ブー ブー ブー』

七瀬「女同士の方が気楽いいわよね!?
        ブーブーいいながら丹生谷さんは聞いてくれるし…」シクシク


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:11:07.69 ID:aENOaw8g0

森夏「………」ゴロン

森夏「何やってんだろ…私…」グスン

森夏「どうせ…彼氏とかいないわよっ…」トンッ

森夏「やっぱり残念会に出ようかしら…」タッタッタ

ピポパ

森夏「・・・・・・・・・・・」

      『つーつーつーつー』

森夏「話中…。他の学生と電話しているのかしら…」

森夏「なんでイライラしちゃったのかしら…」

森夏「先生だって、みんなの為に企画してあげたのに…」

森夏「こんなんだから彼氏の一人や二人できないのよっ」ドンッ

森夏「それに誰もパーティに誘ってくれないのよ…」

森夏「誰か…。誰か誘ってくれないかな…」

森夏「はっでもっ…。私には家族がいる!!」パァ


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:18:49.07 ID:aENOaw8g0

森夏「そうよっ!!家族みんなで過ごせばいいのよっ!!」

森夏「あっ母さん!!」

森夏「あれ…いない…。あっ置き手紙…」


森夏へ

父さんのサプライズで

二人で一緒にお食事に行ってきます

森夏はもう高校生だから一人でも大丈夫よね。

もしかしたら、お泊りかも~☆

               母より

森夏「こんのぉっ糞ババぁぁぁーーーー」バリバリ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:32:05.88 ID:aENOaw8g0

森夏「…ウッ………」シクシク

森夏「一人ぼっち…。寂しいよぉ」シクシク

森夏「彼氏なんていらないから…。誰かと一緒にいたいよ…」ポロポロ

森夏「怒ってばっかりいたからかな…」ポロポロ

森夏「あたしって嫌われものなのかな…」

森夏「中二病卒業して…」フルフル

森夏「みんなに好かれるようにいっぱい努力したのにな…」

森夏「結局、去年と同じ一人ボッチのクリスマスよっ…」ポロっ

森夏「人に好かれようと努力した結果がこれよっ……」ポロポロ

携帯「ヴァー ヴァー ヴァー」

森夏「…中坊から??」

凸守メール「これを見るデッス!!」

森夏「なんだろ…動画ファイル付いているわね…」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:42:31.39 ID:aENOaw8g0

動画

凸守「メリークリスマスデッス!!」

執事「おめでとうございます!!お嬢様!!」 「おめでとうございます!!お嬢様!!」

メイド「おめでとうございます!!お嬢様!!」「おめでとうございます!!お嬢様!!」


凸守「大きなケーキデッス!!たくさんのプレゼントデッス!!」

凸守「フッフッフッフ…これが凸守の実力デッス!!」

凸守「凸守はクリスマス大好きデス!!」

凸守「偽モリサマーはひ・と・りでクリスマスを過ごしてないデスか??」

凸守「偽モリサマーはさびしい奴デス!!」

凸守「凸守を見習うデス!!」

凸守「凸守はクリスマスパーティーの続きがあるデス!!バイバイデスっ」





森夏「いいなぁ…」グスンッ

森夏「ウッ……」ポロポロ…


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:45:58.77 ID:qePR3iOe0

うっぜぇぇぇぇwwwww


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:57:13.00 ID:aENOaw8g0

凸守「おっ…。返信デッス!!」

森夏メール『うらやましいな』

凸守「あれっ??いつもの勢いがないデッス!!」

凸守「はっもしかして何かあったデスか??」

凸守メール「どうしたデス!!いつもの勢いはどうしたデス??」

凸守「あれっ…早いデスっ」

森夏『今一人だかららさみしくて』

凸守「なんデスとーーーー!!」

凸守「凸守は悪いことをしてしまったかも…デス…」

凸守メール『ホントにごめんデス!!』

凸守「………なかなか返信が来ないデスっ!!」

凸守「怒ってるデス…」

凸守「あっ…。きたデス…。動画があるデス…」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)17:59:43.51 ID:CJ/a23uN0

凸ええ子や


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:05:55.53 ID:J+oW1rSgO

この二人で性なる夜を過ごしてはどうだろう(提案)


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:07:13.57 ID:aENOaw8g0

動画

森夏「ウフフフフ…。これが私の状態よっ」テクテク

森夏「家の中はだーれもいません…」テクテク

森夏「誰もいません…」テクテク

森夏「誰も…」テクテク

森夏「さびしいです…」

森夏「あっ…一人じゃなかったー」ケラケラ

森夏「見てみて…。これが蝋人形の……」ケラケラ

森夏「でー、こっちが水晶髑髏の…」ケラケラ

森夏「みーんな、あたしの友達よっ!!」

森夏「メリークリスマス。丹生ちゃん。メリークリスマス!!、森夏」

森夏「ほらほら、みんな私を祝ってくれるの…。ウフフフ」ケラケラ



凸守「………」

凸守「やばいデス…」ガクガクガク


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:20:06.14 ID:aENOaw8g0

森夏「ふー、これでちょっとは懲りたかしら…」フフフ

森夏「まー楽しかったわね…」フフフ

森夏「こういうことやっちゃうから…嫌われちゃうのよね…」

森夏「あー、でもイラっと来ちゃったし…」

森夏「私も餓鬼ね…」ゴロン

森夏「とりあえず黒歴史を片付けようかしら…」ゴソゴソ

森夏「こんなのよく持ってたわね…処理しないと…」

森夏「あっ!!でも、これら結構高かったんだっけ…もったいないわね」

携帯「ヴァー ヴァー ヴァー」

森夏「あれっ…小鳥遊さんから…。珍しいわね」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:43:01.78 ID:aENOaw8g0

森夏「はい、もしもし」

六花『大丈夫か!丹生谷!!』

森夏「はい?大丈夫よ?どうしたの?」

六花『騙されない…。貴方はもう丹生谷じゃない!!』

森夏「はっ??何言ってるのよ!?」

六花『丹生谷の暗黒面め…。もうここまで浸食してたか…』

六花『あうっ…』

勇太『あっもしもし…』

森夏「あっ富樫君」

勇太『ほらっ全然大丈夫じゃねーか』

森夏「どういうこと??」

勇太『なんかな…。六花に凸守から電話かかってきてな…』

森夏「」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:43:48.40 ID:aENOaw8g0

勇太『丹生谷が大変なことに!!って急に騒ぎはじめてな…』

森夏「そう…それは悪いことしたわね…」

勇太『そっか…。まあ、凸守への反撃もほどほどにな』

森夏「ホントにごめんなさい…」

勇太『うん、まあ分かればいいんだ…。ほらっ…
            今日は一応…クリスマスだからさ…』

森夏「はい…」シュン

勇太『ムードに水をさされとさ…。あとは分かるだろ…』

森夏「はい、わかります…」

勇太『丹生谷なら分かってくれると思ったよ。じゃっ』ブチッ


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:44:26.19 ID:t+3riCSJP

これはキツイ


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:49:29.01 ID:NZN1GuIi0

性夜ですか?


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)18:52:41.28 ID:aENOaw8g0

六花「あうっ!!勇太!!丹生谷は!?」

勇太「大丈夫だ!!暗黒面は俺が払っておいた!!」

六花「ホントに??」

勇太「ホントさ…。そういうわけで丹生谷は大丈夫だ!!」

六花「なんか…寂しそうな声してた…」

勇太「気のせいだよ!!丹生谷も凸守も気にするな」

六花「でも…」

勇太「大丈夫だって!!それよりさー。今日さー。
              お前の家泊まってもいいかな…」

六花「……」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:08:18.81 ID:0Y87Uhfh0

この勇太はイケメンじゃない


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:08:32.07 ID:aENOaw8g0

森夏「………」マッサオ

森夏「もう、自分が何していいかわからないわ…」

森夏「…………」

森夏「ホントに恋人同士ってクリスマス過ごしているのね…」

森夏「…………都市伝説と思ってた………」

森夏「そういえば…去年とか一昨年とか…クリスマスに何買ってもらったっけ…」

森夏「あー水晶とか…蝋人形か…水晶髑髏…ティアラ…魔導石…これらの中二アイテムじゃん…」

森夏「やっぱりこれら片付けないで今日は一日眺めてようかしら…」

森夏「ホントに話かけてくれそう…」ゴクリ

森夏「そうだ!!これを紙で包んでいこう…」カサカサカサ

カサカサカサ カサカサカサ カサカサカサ

森夏「うふふふ…プレゼントがいっぱい…」

森夏「っち!!」イライライラ

森夏「何よっ!!富樫の奴!!彼女いるからって調子乗りやがって!!
                   誰がサポートしたと思ってんのよっ!!」

森夏「ちくしょぉぉぉおぉぉぉぉおおぉおぉおおぉ!!!!」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:21:26.77 ID:aENOaw8g0

森夏「なんか虚しさより…怒りが強くなってきたわね…」

森夏「コンビニでケーキ買ってきて、一人パーティしてやろう!!」

森夏「あー!!してやるわよ!!」テクテク

森夏「もう羞恥心とかどうでもいいわよ!!」

コンビニ

森夏「けっこう色々売ってるわね…」テクテク

森夏「ジュースも一応買っとこ…」テクテク

森夏「おっラッキー!!ホールケーキ、ラスト一個じゃない…」テクテク

森夏「あとは…待つだけね…」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:24:25.83 ID:aENOaw8g0

女「あれー!!男君~。ホールケーキがないよー」

男「マジで!!クリスマスだから一個ぐらい残ってるだろっ!!」

男「あれっ…マジねーし…」

女「男君アレッ…」

男・女 ジーーーー……

森夏「…っチ」

森夏「何見てんのよっ!!何か文句あるわけっ!!」ギロッ

男・女「ないですっ」

森夏「ならよしっ…」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:28:48.64 ID:FUxyOZxR0

なける


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:34:08.58 ID:aENOaw8g0



森夏「ふふふふ…アハハハハハ!!」

森夏「何がないですっよ」

森夏「ホントにクリスマスのカップルは自分たちが偉いと思ってるのかしら」

森夏「ばかばかしいわね」

森夏「あーお酒買っとけばよかったわね。未成年だけど」

森夏「何で一人でへこんでたんだろう…」

森夏「バカバカしいわね」

森夏「クリスマスだけ発情しまくってバカみたいっ」

森夏「不潔よっ」

森夏「不潔よ…」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:47:26.91 ID:aENOaw8g0

森夏「普通にパーティーしたいな…誰かと一緒に…」

森夏「やっぱり一人っきりはさびしいよぉ……」

森夏「早くこのケーキ食べて寝ちゃおう!!…」

森夏「そうよ!!こんなにケーキあるんだから…」

森夏「一人でお腹いっぱい食べちゃうんだから…」

森夏「…………」ウルウル

森夏「お腹を満たせばきっと幸せよ…そうよ…」ウルウル

森夏「なんか悲しい気持ちだけど…。
       涙…でないな…。今日は泣きすぎちゃったかな…」

森夏「すぐに普通の日常になるわよね…」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:52:53.09 ID:QeAL5z+d0

一緒にすごしてあげたい


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)19:55:59.21 ID:aENOaw8g0

森夏「………」パクパク

森夏「…………………」

森夏「………」ゴクゴクゴク

森夏「…………………」

森夏「………」ムシャムシャ

森夏「…………………」

森夏「…………………」ゴクゴク

森夏「…………………」

森夏「…………………」パクパク

森夏「…………………」シュン


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:01:08.03 ID:aENOaw8g0

森夏「………」パクパク

森夏「…………………」

森夏「………」ゴクゴクゴク

森夏「…………………」

森夏「………」ムシャムシャ

森夏「……………っ!!!!」

携帯「ヴァー ヴァー ヴァー」

森夏「……誰…??」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:23:41.20 ID:aENOaw8g0

森夏「あっ…くみん先輩…」

くみん『やっほ~。モリサマちゃん~こんばんわ~』

森夏「どうしたんですか??先輩は一色と…」

くみん『一色君は~どこかいっちゃった~』

森夏「えっ!!大丈夫なの!?」

くみん『大丈夫よ~』

くみん『あれっ…。凸ちゃん!?こんなところで何してるの??』

凸守「なんですとーっ!!えーとこれはデスね…。ちょっと色々ありまして…」

くみん「ここは寒いから凸ちゃんも一緒に行こう~」

凸守「しかたがないデス!!。一緒に行ってやるデッス!!」

森夏「えっ中坊も一緒にいるの?てゆーか、今どこにいるの??」

くみん「うーんとね~たぶん、モリサマちゃんの家の前だよ~」

ピンポーン ピンポーン


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:31:29.68 ID:aENOaw8g0

ダッ!ダッ!ダッ!タ!

森夏゙「ちょっと何いきなり来てるのよっ」

くみん「え~。お邪魔でした~」

凸守「ありがたく思うデッス!!」

森夏「お邪魔じゃないけど…ってアンタは調子のりすぎ!!」コツン

森夏「って!!アンタすごく冷たいじゃない!!早く入りなさいよっ!!」

くみん「凸ちゃんはずっとモリサマちゃんの家の前で待機してたんだよ~」

森夏「ホント…。アンタは馬鹿なんだからっ…」ポロッ

凸守「おやおやー。うれしさのあまり泣いてるデッス!!」

くみん「あらあら~」

森夏「泣いてなんていないわよっ!!」フキフキ


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:37:34.84 ID:aENOaw8g0

凸守「まだ、ゲストは来るデース」

六花「……」

森夏「って、小鳥遊さんじゃない!!」

六花「勇太がー!!勇太がー!!」ポロポロ

森夏「どうしたの!!小鳥遊さん」

六花「あうっ…」

森夏「…とりあえず…中に入りましょう!!
        ケーキやジュースを用意しといたからっ」ドヤッ


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:48:27.37 ID:aENOaw8g0

森夏「さっ…。小鳥遊さん。ここなら何があったかゆくり話せるわ…」

凸守「マスター!!話してやるデス!!」ムシャムシャ

六花「勇太が…暗黒面に落ちた…」ウルウル

森夏「えっ…どういうこと!?」

六花「今日の勇太は全然違った…いつもよりベタベタ触るようになった」パクパク

六花「いつもよりも息があらくて、すごく怖かった…」ゴクゴク

六花「そして、何度も私の家に泊まりたいとせがんだ…」ブルブル

六花「勇太の目は野生の目をしていた…」パクパク

六花「勇太が怖くなったから、私はトイレにいくと言ってここに逃げて来た」

くみん「それはこいわね~」パクパク

凸守「暗黒面は伝染するデス!!」ムシャムシャ

森夏「あのバカっ」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:01:05.69 ID:aENOaw8g0

その頃…
勇太「六花ーーー!!六花ーーー!!どこに行っちまったんだよ…」

一色「あれー、富樫じゃねーか」

勇太「お前こそどうして!?」

一色「いや~。くみん先輩とはぐれちゃって…」

勇太「逃げられたな…」

一色「お前だって小鳥遊さんどうしたんだよ!!」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:03:28.53 ID:aENOaw8g0

勇太「それはだな…」

一色「いろいろ焦りすぎて、家に泊めてくれとか連呼したんじゃないのかよ」

勇太「………」マッサオ

一色「こいつは図星だ―!!」

勇太「ち、ちがう!!俺は…」アセアセ

一色「今度、小鳥遊さんに確認しちまうぞ!!」

勇太「うっ…。あせりすぎたんだよっ…」ガクッ

一色「素直でよろしい」ナデナデ

勇太「うわーっキモチわるっ」

カップル「あれって…」 「まあ、そういう恋愛もあるよな…」
   「ホモ??」「あれ絶対そうだよ…」 「うらやましい…」


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:12:31.45 ID:aENOaw8g0

森夏「そういうわけだから…二・三日待てば暗黒面じゃなくなると思うわ」

六花「ホントか…。だが、勇太はとてつもない魔力を発していた」

凸守「大丈夫デスっ!!マスターの為にサーヴァントである私が、命がけで戦うデス!!」

森夏「戦わなくていいからっ」

六花「不安だ…。あんな勇太見たことなかった…」

森夏「うーん。何かお守りでも…ハッ」ピカーン

森夏「ちょっと待ってて…」タッタッタ


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:22:20.66 ID:aENOaw8g0

森夏「実は…クリスマスプレゼント用意したの!?好きなの取ってっていいわよっ」

凸守「おおっ!!偽モリサマーやるデス!!」ガサガサ

くみん「おもしろそ~」ガサガサ

六花「恩に切る」ガサガサ

凸守「これデースっ!!」バサバサ

凸守「これって!!水晶髑髏デス」ブルブル

凸守「気味が悪いけど…カッコイイデッス」

六花「蝋人形…。フフフ悪くない魔力が高まる…」

くみん「わ~。水晶だ~」

森夏「どれも力の強いお守りだから使ってあげてねっ」

森夏「これできっと富樫君も大丈夫よ。小鳥遊さん…」

六花「丹生谷がそういうなら…きっとそう…」

森夏(ふーいくつか処分できたわねっ。喜んで貰えたし、いいわよね。捨てるよりは)


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:31:38.84 ID:aENOaw8g0

凸守「偽モリサマー!!残ったの全部もらっていいデスか!?」

森夏「えっ別にいいけど…」

凸守「このアイテム、モリサマーの七つ道具そっくりデス!!
                  さすが偽モリサマーデス!!?」

森夏「あははは。褒めてるのかしら…」(まぁ…。捨てるよりは…)

六花「ホントに似ている…」

携帯「ヴァー ヴァー ヴァー」

六花「あっ…勇太からだ…」ブルブル

凸守「危ないデス!!暗黒面に落ちたDFMに逆探知されるデスっ…」

森夏「されるかっ!!」コツン

ピンポーン ピンポーン

凸守「来たデスっ!!新アイテムのちから見せてやるデス!!」

六花「っひ」ブルブル

森夏「ってホントに!!」

くみん「スー スー スー」


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:41:49.07 ID:eIAbx5JB0

くみん先輩ww


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:43:17.23 ID:aENOaw8g0

タッタッタ

森夏「えーと、すいませんどちらんですか??」

ピンポーンピンポーン

凸守「下がるデス!!。気を抜くと肉の芽を入れられるデス!!!」

森夏「そ、それは怖いわね…。すいませーん。どちらさんですか??」

凸守「スキありデスッ!!」ガラガラ

凸守「わ~~!!酒臭いデスっ!!」

森夏「って先生!!!!」

七瀬「電話だけじゃさみしーから来ちゃったー」ヒック

森夏「うわっさけくさっ…。ちょっと手伝ってくれる??」ズルズル

凸守「了解デスっ!!」ズルズル

七瀬「それじゃー!!残念会の二次会はじめよー」ヒック

森夏「やけに素直ね…そんなにプレゼントうれしかったの???」

凸守「そ、そんなことないデスっ!!」アワアワ


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)21:57:30.04 ID:aENOaw8g0

七瀬「いい!!三人ともよく聞いて男ってのは………」

六花「なるほど…」凸守「さすが大人の女デス!!」

森夏「先生それは言い過ぎですよ」

携帯「ヴァー ヴァー ヴァー」

六花「勇太からメールだ…」

勇太メール『今日の俺はどうかしてた。ホントにごめんな。
                   いつでもいいから返信ください。』

六花「……」カチカチ

七瀬「って!!小鳥遊さん!!男は信用してはいけないと
         さっきあれほどいったじゃないですか!!だいたい…」

森夏「まぁまぁ、先生落ち着いて…。六花ちゃん…メールしちゃって…」

六花「うんっ」コクリ カチカチ

くみん「スースー…。お酒くさい…むにゃむにゃ…」

森夏(クリスマスは一人で過ごすよりみんなで過ごす方が楽しいわねっ)ニコッ


…終わり…
   

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)22:03:24.93 ID:jIzX3JBN0

乙デス


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:34:07.77 ID:AfCHgwAw0

モリサマでも楽しいクリスマスがやってくるのにおまえらときたら


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月)20:35:17.99 ID:uI9yTA11O

>>159
モリサマにやってこない方がおかしいし……




中二病でも恋がしたい!  (2) [Blu-ray]中二病でも恋がしたい! (2) [Blu-ray]
福山潤,内田真礼,赤﨑千夏,浅倉杏美,上坂すみれ,石原立也

ポニーキャニオン 2013-01-16
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る by AZlink

TVアニメ 中二病でも恋がしたい ボーカルミニアルバム 暗黒虹彩楽典TVアニメ 中二病でも恋がしたい ボーカルミニアルバム 暗黒虹彩楽典
TVサントラ,ZAQ,小鳥遊六花(内田真礼),丹生谷森夏(赤崎千夏),五月七日くみん(浅倉杏美),凸守早苗(上坂すみれ)

ランティス 2012-12-26
売り上げランキング : 98

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。