素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なずな「雪の日」

SS速報VIP

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:21:48.77 ID:Z2MY10hv0

 ひだまり荘の外では、まだ雪が降っているみたいだった。

 わたしは乃莉ちゃんの部屋のカーテンを少しだけ開けて、ひだまり荘のお庭を眺める。
 昼間からとどまることを知らずに降り続けた雪は、
 ゆの先輩の脚を半分くらいは隠せそうなほど、積もっていた。

 音絶えし、この音が雪、降る音か――だったかな。
 うろ覚えだけど、たしか、そんな俳句があったような気がする。
 なるほど。実際そういう場面に直面してみると言い得て妙で、
 雪と一緒に静寂の微粒子も積もっているような感覚を、わたしは覚えた。

乃莉「なずなー、お風呂空いたよ~」

 脱衣所から乃莉ちゃんの声が聞こえてきたので、わたしはカーテンから手を離す。
 支えを失ったそれは、
 重力に引っ張られるがままにはらりと揺れて、頼りなくぶら下がった。



541c5bd7.jpg
 
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:23:06.44 ID:Z2MY10hv0

乃莉「すぐに入れるよ。今日はラベンダーの入浴剤」

 バスタオル姿で居間まで歩いてきた乃莉ちゃんは、わたしに声をかけた。
 微妙に刺激的な格好をした乃莉ちゃんを直視できず、

なずな「うん、今入るね」

 と短く返事をして、お風呂場に向かう。

 あらかじめ用意しておいたパジャマ類を脱衣所の隅におくと、わたしはシャツのボタンを外した。


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:28:13.06 ID:Z2MY10hv0

 月に数回、わたしたちは互いの部屋でお泊まりをする。
 それは試験までの日数に比例して多くなったり、個別の課題が忙しくなるにつれて
 少なくなったりするのだけれど、だいたいは月三回くらい。

 そういうことを始めてから、もう半年以上も経っているので、
 わたしはすでに、乃莉ちゃんの部屋の些細な変化にも気づくようになっていた。

なずな「あ……乃莉ちゃん、シャンプー変えたんだ」

 シャンプーなんかがいい例かもしれない。
 わたしが乃莉ちゃんの隠れたイメチェンに気づくのは、大抵こういうときだ。

 乃莉ちゃんの変化に世界で一番早く気づくのがわたしだという事実は、
 誰に対するものでもないあやふやな優越感を、わたしの心に植え付けた。
 こんなこと乃莉ちゃんに言ったら、
 「そんなのなんの優越にならはいよ」って言われちゃいそうだけど。


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:30:21.98 ID:Z2MY10hv0

 お風呂場は、ラベンダー特有の、どこか落ち着くような香りが漂っていた。
 湯船の中は、たしかに紫色だ。

 ラベンダーというと、わたしは『時をかける少女』を思い出す。
 アニメのバージョンも好きだけど、そっちではなくて、筒井康隆の原作の方だ。

 昔から引っ込み思案のわたしは、そういう空想小説みたいなものを、よく読んで過ごしていた。
 小説の世界に思いを馳せているあいだは、
 少しだけそっちの世界の住人に近づけるような気がしていたから。

 わたしは髪の毛を洗い、それから体を洗って湯船につかる。
 片足ずつ、慎重に。両足いっぺんだと、わたしには熱くて我慢できないのだ。

 肩まで浸かって。ああ、気持ちいいなぁ。お風呂に入る瞬間は、
 人生で二番目に気持ちいい瞬間だと思う。ちなみに一番は、眠りにつく瞬間。

 全身が温まったところで、わたしは湯船から出た。

 あいにく、バスタオル姿で人前に出る勇気は持ち合わせていないため、
 脱衣所兼洗面所から出ないでパジャマの袖に腕を通す。

 脱いだ方の服を畳んで、わたしは居間へ向かった。


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:32:07.32 ID:Z2MY10hv0

 乃莉ちゃんはコンピューターをいじっているところだった。

 画面に向かってニコニコしてる。
 マイク付きのヘッドフォンを付けているから、地元の友達としゃべっているのかな。

なずな「お風呂、出たよ~……」

 控え目に言って、わたしはベッドに座る。

 ここからは乃莉ちゃんの後ろ姿がよく見えた。基本的にいつも元気な乃莉ちゃんだけど、
 地元の友達とインターネット電話をしているときは、いつにも増して楽しそう。
 笑顔も十二分咲きくらいに広がる。

 そんな笑顔を向けられる乃莉ちゃんの友達が、わたしはうらやましかった。

 うらやましい、だけじゃない。

 砂糖菓子で作った針のような感情が、わたしの心臓をちくちくと刺してきた。


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:34:52.08 ID:Z2MY10hv0

 やがて電話を終えた乃莉ちゃんが、ヘッドフォンをおき、回転椅子を回してこちらを向く。
 むこうとしては『いつの間にか座っていた』のだろうわたしを目にとめて、

乃莉「なずな~、出たんならそう言ってよ~」

 言ったんだけどな。

 わたしはそう思いつつも、

なずな「ううん。今出たところだよ」

 と嘘をついた。


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:36:18.36 ID:Z2MY10hv0

 それからしばらく、二人で他愛のない会話を続けた。
 学年共通課題が難しいね、とか、明日の天気は晴れるといいね、とか。

 そういえば、大雪の影響で電車が止まっているらしい。
 徒歩通学のわたしたちは大丈夫だったけど、電車通学の生徒は大変な思いをしているのだろう。
 このまえクリスマスパーティーに来た夏目先輩はちゃんと帰れたのかな。
 わたしは他人事のように心配した。

乃莉「そろそろ寝よっか」

 時計の長針と短針が寄り添いはじめるくらいの時刻になって、乃莉ちゃんは言った。

なずな「うん」

 わたしは部屋の電灯を消した。


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:38:16.36 ID:Z2MY10hv0

乃莉「今日はなずながそっちね」

 乃莉ちゃんは壁際に寄ったので、わたしは淵の方で寝ることになった。
 初めの頃は少し窮屈に思ったものだけれど、最近はそうも感じない。

 ゆの先輩ほどではないけど、わたしはけっこう小柄な方なのだ。
 それに、隙間に身を埋めるのには慣れている。

 布団にくるまる瞬間、ラベンダーの香りが鼻をくすぐった。
 乃莉ちゃんの匂いかな。わたしはすこしドギマギしながら枕に頭をのせる。

 乃莉ちゃんは目を閉じながら、眠そうな声で、

乃莉「おやすみ」

 わたしもそんな乃莉ちゃんを眺めながら、

なずな「……おやすみなさい」

 と返した。

 数分と経たずに、隣から、かすかな寝息が聞こえてきた。

 わたしは小さくため息をつく。外を降る雪は、それを静寂で上書きした。


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:48:10.35 ID:Z2MY10hv0

 ときおり動く乃莉ちゃんの口元をみながら、わたしは眠れないでいた。
 考えごととか、そういう小難しいことをしていたわけではないし、
 わたしの寝相が悪いせいで乃莉ちゃんに迷惑をかけることを、心配していたわけでもない。

 ここ最近ずっと、こんな調子で寝不足。その原因は、胸のあたりでわだかまっている。

 わたしはぎゅっと握った右のこぶしを胸の真ん中に押しつける。

 熱した砂糖水のようにどろどろとした得体のしれない感情が、
 わたしの胸のあたりをがんじがらめにしているみたいで、
 それは不安とも焦りとも寂しさともつかないなにかだった。

 原因がわからないから、根本治療ができない。感情がわからないから、対症療法もきかない。
 ただひたすら、胸のあたりを押さえつけて、感情の奔流を抑えつけるしかない。

 一種の発作みたいだった。

 喉のおくから声が漏れそうになって、わたしは歯を食いしばる。
 やがて体が震えてきて、空いてる左手で肩をだく。

 いい加減、乃莉ちゃんを起こしてしまいそうだったから、わたしは小さく告げた。

なずな「……トイレ、いってくるね」

 *
  *


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/16(水) 23:55:41.50 ID:Z2MY10hv0

 唐突に意識が覚醒した。

 あまりにはっきり目覚めるものだから、もしかしたら朝かな、
 と思ったけれどどうやら違ったようで、薄目を開けた先は、まだ真っ暗だった。

乃莉「なずなぁ……」

 寝ぼけたふりをして抱きつこう。わたしは思いたって、隣にいるなずなに腕を伸ばす。

 ぼふん、と気の抜けたような音。わたしの手は布団をとらえた。
 反発は、ない。布団の中身は消えていた。

乃莉「あれ?」

 ぱっちりと目を開けて確認すると、やはりそこになずなは不在――
 いや、少し前まではそこにいたみたいで、
 出来損ないのカマクラのようなアーチとなまぬるい温度が、まだ布団に残っている。

 わたしは這い出すように布団から抜けた。

 部屋中を探す。トイレにも、洗面所にも、なずなはいない。

 にわかに心がざわめき始める。わたし、何か気に障るようなことしたかな。
 考えても出てこない。わたしは玄関にむかった。

 案の定、靴が一足消えていた。

乃莉「なんでっ!?」

 わたしはコートをひっ掴んで部屋を出た。

 時刻は午前二時。くしゃみも凍りそうなほどに寒い、冬の夜。


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:03:56.95 ID:O0tRlrem0

 なずなは二階の廊下に立っていた。
 手すりに両肘をつけて、やまぶき高校の方を眺めている。わたしはなずなに近づく。

乃莉「なずな」

なずな「……? あ、乃莉ちゃん」

 心ここにあらずといった雰囲気のなずなは、
 わたしが話しかけることで、ようやくこちらの存在に気付いた。

なずな「どうしたの? もう寝てると思ってた」

乃莉「どうしたのはこっちの台詞だよ。急に布団抜け出して、部屋からも抜けて。
    こんな寒いところで、いったい何してるのさ」

 なずなはすぐには答えず、ふたたび目線をやまぶき高校の方へと向けた。

なずな「雪を見てたんだ」

乃莉「雪……?」

 なずなの目線と同じ方向へ、顔を向ける。
 なるほどたしかに、街灯に照らされた降雪はきれいかもしれない。
 白くてふわふわした塊が地面に落ちていく様は、どこか幻想的ですらある。

 でも、眠気を押してまで見に行くほどのものではない、とわたしは思う。
 それほど珍しい景色ってわけでもないし、感動は寒さ負けてしまって心の奥に引きこもる。

なずな「乃莉ちゃん」

 不意に、なずながこちらへ顔を向ける。

 なにかキラキラした粒が落ちたような気がしたが気のせいかもしれない。

乃莉「――えっ」

 一瞬だった。


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:08:30.60 ID:O0tRlrem0

 色素の薄い髪が数束、わたしの鼻先て揺れた。胸と胸が、肩と肩が、頬と頬が、押し付けられる。

 軽い衝撃。軽すぎる、衝撃。わたしは一歩後ずさって、それに耐える。

 直立した状態だと、なずなの身長はわたしの目線くらいしかない。
 当然、押し付けられた頬とかもずり落ちるわけで、
 結局なずなの顔のポジションは、わたしの肩の上に落ち着いた。

乃莉「どっどうしたのっ?」

 いかん動揺している。

 32ビートを刻み始めた心拍を悟られないように祈りながら、わたしはなずなの背に腕を回した。

なずな「……ごめんね、乃莉ちゃん。しばらく、このまま」

 言って、なずなはわたしの胸に顔を押し付けた。小さな肩が小刻みに震える。
 そうでもしないとこの子は形を失って崩れてしまういそうだったから、
 わたしは回した腕に力を込めた。

 なずなは倍の力で抱き返してくる。

乃莉「大丈夫だよ、なずな。わたしはどこにもいかないから」

なずな「……うん」

 無言の嗚咽。わたしは聞こえないふりをした。


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:12:40.46 ID:O0tRlrem0

 数秒だか数分だかが経過して、なずなが顔をあげた。

乃莉「もう、いいの?」

なずな「うん」

 それから小さな秘密を見つけたような顔をして、

なずな「乃莉ちゃんのおっぱい柔らかい」

乃莉「なっ……」

 わたしは思わず赤面。
 まさかなずなに一本とられるとは。というか心臓の音、聞かれなかっただろうな?

 あたふたするわたしがそんなに面白かったのか、なずなはくすりと笑って、それから言った。

なずな「戻ろっか」

 わたしはうなずく。

乃莉「そだね」

 短い言葉で返事して、ひだまり荘の階段を降りた。

 *
  *


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:26:45.74 ID:O0tRlrem0

 明るいところで顔を見られたくなかったから、電気も付けずにベッドへ飛び込む。
 後ろで乃莉ちゃんがなにか小言をいったけど、わたしは聞かないで布団にくるまる。

 後からもぞもぞと、乃莉ちゃんが同じ布団に入ってきた。

 あ。
 そういえば、今日は乃莉ちゃんが壁際で寝るんだっけ。

 もういいや。布団からでたくないし。

乃莉「なーずなっ」

 乃莉ちゃんが後ろから抱きついてきた。

乃莉「仕返しだー」

 とかいって、胸の辺りで手をわきわき。

乃莉「……あれ?」

 もう一度わきわき。今度は探るように、少し慎重な手つきで。
 やめて、泣きたくなってきちゃう。


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:34:43.40 ID:O0tRlrem0

なずな「ううー……」

乃莉「あはは、ごめんごめん」

 適当っぽく謝ってから、乃莉ちゃんはわたしを抱き寄せた。
 わたしの背中と乃莉ちゃんのお腹が、ぴったりとくっつく。

 首筋にかかる乃莉ちゃんの吐息が妙に心地よい。

乃莉「なーんかなずな、元気ない?」

なずな「ううん」

 もう、元気出たよ。

乃莉「そっか」

 乃莉ちゃんは特に追求しなかった。

乃莉「ま、こんな胸でよければいつでも貸すからさ、顔埋めたくなったら言ってよ」

 そんな目的で抱きついたわけじゃないんだけどな。

なずな「……うん、ありがと」

 わたしは素直にお礼を言った。

 乃莉ちゃんの腕が、わたしから離れた。


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:36:13.47 ID:O0tRlrem0

 しばらくして、部屋には静かな寝息が立ち始めた。

 わたしは寝返りを打って、隣の少女と向かい合う。

 ――大丈夫だよ、なずな。わたしはどこにもいかないから。

 さっきの言葉がよみがえって、わたしは顔の温度が少し上がるのを感じた。

 相手が熟睡していることを確認してから、わたしは言った。

「ずーっと、一緒にいようね。――おやすみ」

 静寂に上書きされることのない、言葉。その余韻を感じながら、わたしは目を閉じる。

 ひだまり荘の外では、雪はもう止んでいるみたいだった。


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:37:16.69 ID:O0tRlrem0

おわり

なんかグダグダですまぬ。乃莉なずを書きたかったけど実力が足りなかったようだ。
そして、地の文はなんかもうホントにごめんなさい。初挑戦ってことでお許しを

レポートやらなきゃ。しかし眠い


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/17(木) 00:39:53.82 ID:jEsioBiDo

おつ!



ひだまりスケッチ アンソロジーコミック (5) (まんがタイムKRコミックス)ひだまりスケッチ アンソロジーコミック (5) (まんがタイムKRコミックス)
アンソロジー

芳文社

Amazonで詳しく見る by AZlink

ひだま~ぶる×ハニカムひだま~ぶる×ハニカム
marble,micco,ZAQ,菊池達也

ランティス
売り上げランキング : 1918

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
ノリなず増えてきてる?
イイネ!
[ 2013/01/19 20:07 ] [ 編集 ]
いいね
読みやすかったとおもう
[ 2013/01/19 23:49 ] [ 編集 ]
ハニカムを見直すか
[ 2013/01/20 09:34 ] [ 編集 ]
この調子でゆのみやは勿論ヒロ沙英も増えて欲しいな
[ 2013/01/21 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。