素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あかね「あおいちゃんとドッキング……む、無理ッ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:14:45.34 ID:9SXHZ/eC0

あかね「今日もわんこでぶんぶぶーん」

あかね「一億馬力でぎゅんぎゅぎゅーん」

あかね「お腹すいたなー」

あかね「今日はちょっと寝坊しちゃったからご飯食べる時間無さそうだなー……」

あかね「よっ、と!」カタン

あかね「でも、新聞配達楽しいなー」

あかね「空気も澄んでて気持ちいいしね、空腹に空気が美味しい!」

あかね「そろそろあおいちゃんの家だ」



20130119014349836.jpg
 
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:18:11.74 ID:9SXHZ/eC0

あかね「おーいあおいちゃーん」

あおい「あ、あかねちゃん、おはよう!」

あかね「おはよー、今日もいい天気だねー!」

あおい「うん!」

あかね「えへへー」

あおい「私ね、この景色が大好きなの」

あおい「透き通るような海と空、それにブルーアイランド」

あかね「私も好きだよ、何よりあおいちゃんと一緒に見るのが」

あおい「うん、こっちに療養に来て、本当によかった」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:25:26.37 ID:9SXHZ/eC0

あかね「それじゃあね、あおいちゃん……私配達の続きしなくちゃ」

あおい「あ……ごめんね、引き止めて」

あかね「ううんいいよ、あおいちゃんとお話出来て嬉しいから」

あおい「そう? ならよかった」

あかね「行ってきまーす」

あおい「頑張ってね、あかねちゃん」

あかね「はーい」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:30:19.25 ID:9SXHZ/eC0

あかね「新聞配達楽しいなー」

あかね「でも、一番楽しいのはあおいちゃんとお話できること」

あかね「新聞配達してたら、朝一番にあおいちゃんに会えるもんね」

あかね「えへへー」

あかね「よーし! 元気百倍、頑張るぞー!」

あかね「今日もわんこでぎゅんぎゅぎゅーん!」

あかね「それ!」パスッ

あかね「百億馬力でぎゅんぎゅぎゅーん!」

あかね「そりゃ!」カタッ

あかね「百発百中、これもあおいちゃんのおかげだね!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:36:31.36 ID:9SXHZ/eC0

あかね「たっだいまー」

もも「お帰り、お姉ちゃんご飯早く食べてね」

あかね「はーい」

あかね「マヨネーズマヨネーズ!」

もも「遅刻しちゃうよー?」

あかね「待ってゴハンだけでも、モグモグもぐもぐ」

あかね「ごちそうさま! 行ってきまーす!」

もも「あおいちゃんもきっと待ってるよ」

あかね「うん!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:41:43.80 ID:9SXHZ/eC0

あかね「あおいちゃーん!」

あおい「あ、あかねちゃんももちゃん」

もも「おはよう、あおいちゃん」

あおい「おはよう」

あかね「遅くなってごめんね」

あおい「大丈夫、まだ間に合うよ」

あかね「いざとなったら変身して行けばいいしね」

もも「もう、勝手に変身しちゃダメって怒られたでしょ?」

あかね「冗談だよー、冗談」

あおい「ふふっ」

あかね「あー! あおいちゃんまで」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:47:54.42 ID:9SXHZ/eC0

あかね「よーし、到着」

もも「それじゃあお姉ちゃん、また放課後ね」

あかね「うん」

あおい「私達も教室行こう、あかねちゃん」

あかね「わかばちゃんとひまわりちゃん、もう来てるかな?」

あおい「来てるんじゃないかな?」

あかね「よーし、早く教室行こう!」

あおい「わっ、あかねちゃん急に引っ張らないで!」

あかね「えへへー」

あおい「もう、あかねちゃんったら」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:52:43.58 ID:9SXHZ/eC0

あかね「おっはよう!」

わかば「おはよう、二人共!」

ひまわり「おはよう……」

あおい「ひまわりちゃん眠そうだね」

ひまわり「……まあまあ」

みずは「はい、朝礼を始めますさっさと席について」

あかね「うわぁ! ギリギリだった!」

あおい「危なかったね」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:59:34.96 ID:9SXHZ/eC0

ひまわり「勉強めんどくさい……」

あおい「そんなこと言っちゃダメだよ、ひまわりちゃん」

ひまわり「ふあぁ……まあまあ」

あかね「あはは」

わかば「みんな、授業ちゃんと聞かないと」

あおい「う、うん」

ひまわり「zzz...」

わかば「寝ちゃった……でも、可愛いッ!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:04:35.70 ID:9SXHZ/eC0

あかね「……うう、お腹空いてきちゃった」

あかね「早弁……しちゃおうかな……ダメダメ!」

あかね「いけないよね、そんなこと」

あかね「でも……」グー

あかね「ええい! 食べちゃえ!」ブチュブチュ

あかね「あ……」

教師「……一色さん」

あかね「あ……」

あおい「あかねちゃん……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:10:56.14 ID:9SXHZ/eC0

あかね「まさか、この時代にバケツ持って廊下に立たされるとは」

あおい「怒られちゃったね」

あかね「えへへー」

わかば「褒めてないわ」

ひまわり「何かあったの?」

あおい「ひまわりちゃん寝てたから知らないんだね」

わかば「可愛かったわ」

ひまわり「まあまあ……で、なんで廊下立ってたの」

あかね「早弁しようとして癖でマヨネーズをこう……」

ひまわり「……ばか?」

あかね「ひどい……!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:18:04.26 ID:9SXHZ/eC0

あかね「やっとご飯だよー」

あおい「あのときは結局食べられなかったもんね」

あかね「そうそう、ただ立たされただけ」

わかば「屋上行こう」

ひまわり「ここでいい」

あかね「外で食べるのも美味しいよ?」

ひまわり「……わかった」

あおい「わあ、ひまわりちゃんまた重箱だ」

ひまわり「これ持ち歩くの結構恥ずかしいから……」

あかね「じゃあ私が持って行ってあげるよ」

ひまわり「あ……」

あかね「ひまわりちゃんのお母さんのお弁当だー、わわわわーい!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:23:44.91 ID:9SXHZ/eC0

あおい「すごい、この前より豪華になってるね」

ひまわり「こ、この前のお弁当、みんな美味しいって言ってくれたって伝えたら」

ひまわり「ママまたすごい喜んじゃって、また作るねって……」

わかば「そうなんだ……今度のもすごく美味しそう!」

あかね「いいお母さんだね!」

ひまわり「まあまあ……///」

あかね「いただきまーす!」

ひまわり「うん、食べて」

あかね「エビフライ美味しい!」

あおい「美味しいね」

ひまわり「……///」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:28:25.27 ID:9SXHZ/eC0

わかば「あかねちゃん、エビの尻尾まで食べるんだ」

あかね「え、食べないの? 勿体ないよ?」

あおい「口の中に刺さっちゃうよね」

わかば「うん」

あかね「えー、美味しいのに」

ひまわり「……」

あかね「どうしたの、ひまわりちゃん?」

ひまわり「なんでもない」

あかね「なになにー?」

ひまわり「なんでもないから、知らない方がいい事とかもあるから」

あかね「??」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:34:10.07 ID:9SXHZ/eC0

あかね「学校終わり!」

わかば「じゃあねみんな」

ひまわり「また」

あおい「私たちはももちゃんを待とうか」

あかね「うん、そうだね」

あかね「あ……メールだ、なになに……」

あおい「どうしたの?」

あかね「もも、もう帰っちゃったんだって……特売みたい」

あおい「そうなんだ」

あかね「マヨネーズの補充頼もっと」

あおい「あはは」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:39:27.04 ID:9SXHZ/eC0

あかね「二人っきりだね」

あおい「そうだね、最近はみんなといることが多かったから」

あかね「うん」

あおい「こっちに転入して来て、沢山友達が出来て嬉しい」

あかね「私もだよ」

あおい「でもね、いっぱい友達が出来ても、一番の友達はあかねちゃんだよ」

あおい「あかねちゃんはずっと仲良しな一番の友達!」

あかね「あおいちゃん……」ズキッ

あおい「あかねちゃん?」

あかね「え? ……えへへー嬉しいな、私もだよ!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:44:46.96 ID:9SXHZ/eC0

あかね「分かれ道だ、それじゃあねあおいちゃん」

あおい「うん、あかねちゃんまたね」

あかね「うーん、今日も楽しかったなー」

あかね「でも……さっきのは何だったんだろ……」

あかね「ズキってした……」

あかね「こう、胸の奥がズキーッ! って」

あかね「変だなー、あおいちゃんと楽しくお話してたのに」

あかね「……ま、いっか」

あかね「おじいちゃん、ただいまー」

淫獣「おう、お帰りあかね」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:47:33.54 ID:9nij9LPi0

爺さん…


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:50:41.85 ID:9SXHZ/eC0

もも「ただいまー」

あかね「お帰り、もも!」

もも「はいお姉ちゃん、マヨネーズ買ってきたよ」ドサドサ

あかね「わあ! こんなに沢山、さっすがもも!」ナデナデ

もも「えへへ、でも食べ過ぎちゃダメだよ」

あかね「えー、こんなにあるのに?」

もも「一週間分です!」

あかね「……わかったよー」

淫獣「一週間分でも多すぎると思うがの」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:57:04.95 ID:9SXHZ/eC0

もも「今日のご飯は玉子焼きと庭で採れた野菜のサラダだよ」

あかね「美味しそー」

淫獣「ワシの分は……」

もも「おじいちゃん食べられないでしょ?」

淫獣「そうなんじゃが、雰囲気だけでもじゃの」

もも「お供え物みたいになるよ?」

淫獣「……ワシが悪かった」

あかね「おじいちゃんの食費分がマヨネーズに回るなんて嬉しい!」

淫獣「……」

もも「食費分は貯蓄します」

あかね「えー」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:03:03.77 ID:9SXHZ/eC0

あかね「ごちそうさまー、ももお風呂入ろ」

もも「洗い物が先でしょ」

あかね「手伝うよ」

もも「ありがとうお姉ちゃん」

あかね「ちょっと聞いてほしいことがあるんだ」

もも「何?」

あかね「お風呂で話すよ」

もも「わかった、じゃあ洗い物早く終わらせちゃおう」

あかね「よーし、ごしごしー!」

もも「でも、お皿がキュッキュッってなるまで洗わないとダメだよ?」

あかね「はーい」キュッキュッ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:08:33.04 ID:9SXHZ/eC0

あかね「お風呂だー」

もも「気持ちいいね」

あかね「さっぱりするね」

もも「それで、話ってなに?」

あかね「あ、そうだった」

もも「忘れてたの?」

あかね「えへへー、えとね、今日の帰りあおいちゃんと話ししてた時なんだけど」

もも「あおいちゃんと?」

あかね「あおいちゃんと話してたら急に、ズキってしたんだ」

もも「ズキっ?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:13:27.47 ID:9SXHZ/eC0

あかね「胸の奥がピリピリする感じ?」

もも「えー、なにそれ……病気?」

あかね「そういうのとは違うと思うんだよね」

もも「そっか……じゃあ、わかんないよ」

あかね「うーん、もももわかんないか」

もも「ごめん、お姉ちゃん」

あかね「なんなんだろ……」

あかね「わかんなーい……ブクブク」

もも「お姉ちゃん狭いー」

あかね(あおいちゃん……)

もも「明日、お母さんのお見舞いの時に聞いてみたらどうかな?」

あかね「お母さんに?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:18:39.95 ID:9SXHZ/eC0

もも「お姉ちゃん起きて―」

あかね「うーん、もうちょっとー」

もも「今日もご飯食べられないよ?」

あかね「それはやだー」

もも「最近、寝覚めが悪いね」

あかね「ちょっと考え事してて……ふああ……」

もも「大丈夫? 新聞配達行ける?」

あかね「大丈夫大丈夫」

もも「いってらっしゃい」

あかね「行ってきまーす」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:24:33.18 ID:9SXHZ/eC0

あかね「ぶんぶんぶぶーん、ぶんぶぶーん!」

あかね「今日もわんこでぶんぶぶーん」

あかね「あおいちゃんの家までぎゅんぎゅぎゅーん!」

あかね「おーい、あおいちゃーん!」

あおい「あ、あかねちゃん、おはよう!」

あかね「あっ……」ドキ

あおい「あかねちゃん?」

あかね「?」

あおい「どうしたの、あかねちゃん?」

あかね「う、ううん……なんでもないよ! おはよう!」

あおい「今日もいい天気だね」

あかね「うん……あ、私配達の続き行くね!?」

あおい「え? 行っちゃった……あかねちゃんどうしたんだろう?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:29:53.43 ID:9SXHZ/eC0

あおい「昨日二人で帰った時もなんだか変だったし……」

あおい「あかねちゃん、もしかして私に何か秘密が……」

あおい「ううん、そんなことない!」

あおい「私、あかねちゃんのこと信じてる」

あおい「ちゃんとドッキングだって、出来る……よね?」

あおい「あかねちゃん……」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:35:08.98 ID:9SXHZ/eC0

あかね「何だろ……あおいちゃんの顔を見た途端、私……」

あかね「もー! なんなのわかんないよ!」

もも「軒先で何騒いでるの?」

あかね「もも……」

もも「お姉ちゃん!?」

あかね「な、何?」

もも「顔真っ赤だよ! 熱でもあるんじゃ!?」

あかね「ね、熱!? 私が?」

もも「あ、それもそうだね、お姉ちゃんが風邪なんて引くわけないか」

あかね「酷いよーもも」

もも「じゃあ何か恥ずかしいことでもあったの?」

あかね「恥ずかしいこと? ……わかんないや、それよりごはんにしよう」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:41:19.17 ID:9SXHZ/eC0

あかね「いただきまーす!」

もも「いただきます」

淫獣「む! 大変じゃあ! アローンが来おった!」

あかね「えええ! まだ朝御飯も食べてないのに!」

淫獣「飯なんて後で食える、今は戦いに行くんじゃ!」

あかね「食べないと元気でないよ! せめてゴハンだけでも!」

淫獣「早くせんか! ももはシェルターに隠れておくんじゃ!」

もも「う、うん!」

あかね「モグモグ、まだ食べ足りないけど、ごちそうさま!」

淫獣「行くんじゃあかね! アローンを止めるんじゃ」

あかね「わかったよ! イグニッション! テクスチャーオン!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:55:15.44 ID:9SXHZ/eC0

淫獣「早速じゃが、ビビッドブルーにドッキングじゃ!」

あおい「あかねちゃん!」

あかね「あおいちゃん!?」

淫獣「何をしておるんじゃ、あかね!」

あおい「あかねちゃん? やっぱり何か変だよ」

あかね「あ……オペレーション!」

あおい「え、えと……ビビッドブルー!」

あおい「よかった、ちゃんとドッキング出来た」

あおい「んッ! あかねちゃんの記憶が流れこんで……」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:59:01.91 ID:9SXHZ/eC0

あかね(あおいちゃん……)ズキッ

あかね(ズキってした……)

あかね(こう、胸の奥がズキ―! って)

あかね(あおいちゃんと話してたら急に、ズキってしたんだ)

あかね(胸の奥がピリピリする感じ?)

あかね(あっ……)ドキ

あかね(何だろ……あおいちゃんの顔を見た途端、私……)

あおい「え?」

淫獣「ドッキング成功じゃあ!」

あおい「あかねちゃん今の……!」

あかね「出力150%!」

あおい「しゅ、出力200%!」

あかね「ビビッドインパクト!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:03:19.26 ID:9SXHZ/eC0

あおい「あかねちゃんの記憶……」

あかね「今回も倒せてよかったねみんな!」

ひまわり「まあまあ」

わかば「私達の友情があればこそだよ!」

あおい「友情……?」

ひまわり「どうしたの?」

あおい「え? な、なんでもないよ」

ひまわり「そう?」

あかね「うーん! 何だか吹っ切れちゃった!」

あおい(わからないよ……私、どうすればいいの?)

あおい(もやもやする……)

あおい(もう一度……もう一度あかねちゃんとドッキングしたら、わかるのかな?)


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:07:40.71 ID:9SXHZ/eC0

あかね「えへへー」

もも「お姉ちゃん、機嫌いいね」

淫獣「当たり前じゃ、アローンを無事倒すことが出来たのじゃからな」

あかね「それもあるけど、それだけじゃないよ」

あかね「えへへー」

もも「変なお姉ちゃん」

あかね「えへへー」

もも「はい、マヨネーズだよ」

あかね「美味しい!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:18:23.64 ID:9SXHZ/eC0

あかね「あおいちゃんの記憶」

あかね「あおいちゃんは私の事を本当に大切な友達だと思ってくれてる」

あかね「でも、それって私があおいちゃんを想う感情とは違うんだって」

あかね「はっきりわかった」

あかね「えへへー」

あかね「私、あおいちゃんのことが好きなんだ」

あかね「友達としてだけじゃなくて、もっとそれ以上に」

あかね「あおいちゃんの事が大好き」

あかね「あおいちゃんにも私の気持ち、知ってほしいな」

あかね「……あれ?」

あかね「あおいちゃんにどうやって伝えたらいいんだろう!」

あかね「友達以上だなんて、どう言ったらいいんだろう……」

あかね「そうだ! ドッキングすればいいんだ!」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:25:33.60 ID:9SXHZ/eC0

あおい「あかねちゃんももちゃん、おはよう」

あかね「あおいちゃん! えへへー、おはよう!」

もも「おはようあおいちゃん、さっきは大変だったね」

あおい「うん、何とかなってよかったね」

あかね「あおいちゃんと一緒なら大丈夫だってわかってたよ!」

あおい「あかねちゃん……うん、私も」

あかね「えへへー」

あおい「ねえあかねちゃん、聞いていい?」

あかね「何?」

あおい「私達って一番の友達だよね?」

あかね「え……」

あおい(あかねちゃん……やっぱり、それだけじゃない?)

あかね「も、もう! 変なこと言うなあ、あおいちゃんは……もちろんだよ!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:30:37.92 ID:9SXHZ/eC0

もも「ふー、なんだかんだで学校も終わったね」

あかね(今朝、なんで私嘘ついちゃったんだろ……あの時ちゃんと言えば……)

あかね(ドッキングを待つ必要なんてなかったのに)

あおい「それじゃあ帰ろっか」

もも「ごめんあおいちゃん、今日はお母さんのお見舞いに行くんだ」

あおい「あ、そうなんだ」

あかね「う、うん……ごめんね」

あおい「いいよ、お母さんによろしくね」

もも「うん」

あかね「あの、あおいちゃん……!」

あおい「な、なに?」

あかね「や、やっぱりなんでもない!」

あおい「ええ!? 気になるよ」

あかね「なんでもないから! ごめんね、あおいちゃん」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:36:48.94 ID:9SXHZ/eC0

あかね(やっぱり勇気が出ないよ……)

あかね(自分の気持ちをあおいちゃんに伝えるだけなのに、どうして?)

あかね(…………怖いの?)

あかね(そう、なのかもしれない)

あかね(私とあおいちゃんの何かが変わってしまうのが怖いのかも)

あかね(もう……私らしくないな)

あかね(前に進めないなんて……)

もも「お姉ちゃん病院着いたよ?」

あかね「え、もう?」

もも「何言ってるのお姉ちゃん」

あかね「ごめん、呆っとしてた」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:41:10.05 ID:9SXHZ/eC0

もも「お母さーん!」

ましろ「二人共、いらっしゃい」

もも「わーい!」ポスッ

ましろ「あら、甘えん坊ね」ナデナデ

もも「えへへ」

ましろ「あかねもお母さんに甘える?」

あかね「うん……お母さん」ポフッ

ましろ「どうしたの、あかね? なんだか元気がないみたいだけど」

あかね「わかっちゃう?」

ましろ「ええ、だってあかねのお母さんだもの」

あかね「お母さん……」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:45:24.04 ID:9SXHZ/eC0

あかね「えっとね……」

もも「あっ、私花瓶のお水替えてくるね」

ましろ「ありがとう、もも」

あかね「もも……ありがとう」

もも「……頑張れ、お姉ちゃん!」

あかね「もも……」

ましろ「あかね、何かあったの?」

あかね「うん……お母さんはさ……」

あかね「前に進めなくなった時って……ある?」

ましろ「前に?」

あかね「うん」

ましろ「そうね、たくさんあったわ」

あかね「お母さんも?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:50:46.36 ID:9SXHZ/eC0

ましろ「ええ、もちろん」

あかね「そうなんだ……」

ましろ「あかねは今……どうして前に進めなくなっちゃったのかしら?」

あかね「それは……たぶん、怖いから」

ましろ「怖い、か……」

あかね「お母さん?」

ましろ「前に進むことで、今が変わってしまうかもしれない」

ましろ「今が壊れてしまうかもしれない、それが怖いのね」

あかね「……うん」

ましろ「怖いから、立ち止まったままのほうがいい?」

あかね「それは……嫌だ」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 11:57:52.16 ID:9SXHZ/eC0

ましろ「そうよね、胸に閉まったままにしてもあかねの中には残っているもの」

あかね「……」

ましろ「わだかまりが残ったままで、今のままでなんていられないわ」

あかね「お母さん、どうしたらいい?」

ましろ「もうあかねの中で答えは決まっているでしょう?」

あかね「……」

ましろ「だから、私は背中を押すだけ」

あかね「あ……」

ましろ「大丈夫よ、あおいちゃんなら」

あかね「ええ!? ど、どうしてあおいちゃんの事ってわかったの!?」

ましろ「だってあかねのお母さんだもの」

あかね「すごいね、お母さんって」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:02:29.22 ID:9SXHZ/eC0

あかね「ありがとうお母さん、私頑張るよ」

ましろ「頑張れ、あかね!」

あかね「ねえお母さん」

ましろ「なあに?」

あかね「もう一つ聞いていい?」

ましろ「ええ、いいわよ」

あかね「あのね」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:07:25.90 ID:9SXHZ/eC0

もも「ただいまー」

淫獣「おうお帰り、ましろの様子はどうじゃった」

あかね「元気だったよ」

淫獣「うむ、そうか……と、どうしたあかねいい顔になったの」

もも「おじいちゃんには秘密でーす」

淫獣「なんじゃとー!」

あかね「女の子だけの秘密かな?」

淫獣「なんと!?」

あかね「早く明日にならないかな……あおいちゃん」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:15:01.29 ID:9SXHZ/eC0

あかね「寝坊しちゃったよお!」

あかね「胸のつかえが下りてぐっすり寝過ぎちゃった!」

もも「お姉ちゃんまだ起きてなかったの!?」

あかね「もも、起こしてくれてもいいでしょ!」

もも「私何回も起こしたよ!」

あかね「ええ! ご、ごめん……」

もも「ほら、そんなことより、新聞配達間に合わなくなっちゃうよ!」

あかね「そ、そうだった!」

あかね「行ってきまーす!」

あかね「はぁ、折角のあおいちゃんとの時間がなくなっちゃったよ……」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:22:19.97 ID:9SXHZ/eC0

あかね「ぎゅんぎゅぎゅーん!」

あおい「あ、あかねちゃん、今日は遅いね」

あかね「えへへー、寝坊しちゃって」

あおい「寝坊って……もしかして、考え事してて?」

あかね「ううん、考え事はもう終わったの!」

あおい「え?」

あかね「ごめんね、遅刻しちゃうからもう行くよ!」

あかね「ぶんぶぶーん!」

あおい「あかねちゃん……それって」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:28:58.25 ID:9SXHZ/eC0

あかね「ただいま、そしていただきます!」

もも「学校に行く準備しておいたからね」

あかね「ありがとう、もも」

あかね「もぐもぐ!」

淫獣「大変じゃあ! アローンがまた来おった!」

あかね「またぁ!?」

もも「朝っぱらから迷惑だよ……」

淫獣「まったくじゃの!」

あかね「もぐもぐ……美味しい!」

淫獣「落ち着いて食っとる場合か!」

あかね「わわっ、イグニッション! テクスチャーオン!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:35:51.85 ID:9SXHZ/eC0

あかね「あれ? このアローンこの前のと同じだ!」

わかば「倒しきれてなかったのね」

ひまわり「しつこいと嫌われるよ……」

あおい「でも、この間と同じならまたビビッドブルーで戦えば……」

あかね「え?」

あおい「あかねちゃん、ドッキングしよう!」

あかね「あおいちゃんとドッキング……む、無理ッ!」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:40:18.76 ID:9SXHZ/eC0

あおい「え……ど、どうして!?」

あかね「ええと……」

あおい「私あかねちゃんとドッキングしたいのに!」

あかね「で、でも……」

あおい「私ね、あかねちゃんが何を考えているか知りたい」

あおい「あかねちゃんの気持ちが知りたいの!」

あかね「あおいちゃん……」

あおい「ドッキングしたらもやもやだって、きっと……」

あかね「ダメだよ……あおいちゃんとドッキングは出来ない!」

あおい「ど、どうして!?」

あかね「聞いて欲しいことがあるの」

あおい「聞いて欲しいこと?」

あかね「あのね」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:46:56.19 ID:9SXHZ/eC0

あかね『お母さんとお父さんはどういう風に付き合い始めたの?』

ましろ『私とお父さんの馴初め?』

あかね『そ、そうとも言うね』

ましろ『何恥ずかしがってるのよ』

あかね『親の馴初め話なんて恥ずかしいに決まってるよ!』

ましろ『でも、聞きたいんでしょ?』

あかね『うん……』

ましろ『そうね……私たちの時代は、まだ示現エンジンも無かったでしょ?』

あかね『そうだね』

ましろ『だから、今ほど科学も発達してなくてね』

ましろ『携帯電話もそんなに機能が多かったわけじゃないの』

あかね『ふーん』


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:52:21.09 ID:9SXHZ/eC0

ましろ『でも、それでも便利過ぎたわ』

あかね『機能が少なかったのに?』

ましろ『ええ、だっていつでもどこでも話をすることができるのよ?』

あかね『そうだね』

ましろ『だからこそ、それってやっぱり違うって思うわ』

あかね『違う?』

ましろ『ええ、大事な想いは、機械を通してじゃなくて、直接伝えたいじゃない?』

ましろ『特に、好きって言葉は、ね?』

あかね『あ……///』

ましろ『あとは自分で考えなさい』

あかね『うん、ありがとう……お母さん』

もも『お水替えてきたよ』


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:59:01.88 ID:9SXHZ/eC0

あかね「私、あおいちゃんの事が好き」

あかね「大好き」

あおい「それって……」

あかね「ううん、あおいちゃんの思ってる好きとはたぶん違う……」

あおい「……」

あかね「だって、あおいちゃんの好きは友達の好き」

あかね「ずっと仲良しな一番の友達の好きなんだもん」

あかね「その言葉を聞いた時、私ちょっと嫌だなって思っちゃったんだ」

あかね「あおいちゃんとは友だちだけど、それ以上にはなれないんだって」

あかね「ごめん……変だよね、私」

あおい「あかねちゃん……」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:07:54.56 ID:9SXHZ/eC0

あおい「知ってたよ」

あかね「え?」

あおい「ううん、違うね……知ってたけど、わかってなかった」

あおい「私ね、前にドッキングした時、あかねちゃんの記憶が見えてからずっと考えてた」

あおい「あかねちゃんが何を考えてるのか、あかねちゃんの気持ちは何なのか……」

あおい「私のもやもやは何なのか……」

あおい「もう一度ドッキングすればはっきりわかるかもって、思ってた」

あおい「でも、あかねちゃんに直接……その答えを聞かせてもらえた」

あかね「あおいちゃん……」

あおい「私も、あかねちゃんのこと大好き」

あおい「あかねちゃんと同じ意味で、大好きだよ」

あおい「私の方こそごめんね、私の言葉で悩ませちゃって」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:09:58.59 ID:9nij9LPi0

アローン「帰っていいっすか?(´・ω・`)」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:13:51.19 ID:9SXHZ/eC0

あかね「ほんとに……私と同じ?」

あおい「嘘なんてつかないよ、付けるわけ無い」

あかね「じゃ、じゃあ……」

あおい「うん……」

あかね「あおいちゃん……」ギュ

あおい「わっ、あかねちゃん……」ギュ

あかね「嬉しい……あおいちゃん、あおいちゃん!」

あおい「あかねちゃんはずっと仲良しな、一番大切な人だよ」

あかね「あおいちゃん……ドッキングしたい」

あかね「あおいちゃんとドッキングしたいよ!」

あおい「私も……あかねちゃん!」

あかね「オペレーション!」

あおい「ビビッドブルー!」チュ


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:18:07.10 ID:9SXHZ/eC0

ビビッドブルー「ビビッドブルーオペレーション!」

あかね「行くよあおいちゃん!」

あおい「うん!」

あかね「ビビッドインパクト・セーフティ解除!」

あおい「エンジン出力120%……150%」

ビビッドブルー「臨界突破ッ! 出力200%」

ビビッドブルー「ビビッドインパクト・ファイナルオペレーション!」

淫獣「撃破じゃあ! よくやったぞ、二人共!」

あかね「あおいちゃん、行こう!」

あおい「ええ!? どこ行くの?」

淫獣「むっ、どこに行くんじゃ!?」

わかば「二人してどこ行くの!? 待って、私たちも」

ひまわり「邪魔しないの」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:22:11.67 ID:9SXHZ/eC0

あおい「ねえどこに行くの、あかねちゃん?」

あかね「……このへんだね」

あおい「ここ?」

あかね「ねえ、覚えてる?」

あおい「あ……うん、ちゃんと覚えてるよ」

あおい「あかねちゃんとのことなら何でも」

あかね「えへへー」

あおい「初めてドッキングしようとして失敗した場所」

あかね「あの時の続きをしよう、あおいちゃん」

あかね「あの時の続きから、私達を始めよう!」

あおい「うん……あかねちゃん、あの時みたいに、目をつぶって?」

あかね「ん……」

あおい「大好き」チュ


おしまい


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:24:28.18 ID:VL1ewOAq0

緑は犠牲になったのだ……


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:26:37.24 ID:sB3tZwOe0

さすが本妻
わかばはひまわり可愛がってればいいよ




ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き) [Blu-ray]ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き) [Blu-ray]
佐倉綾音,村川梨衣,大坪由佳,内田彩,内田真礼,高村和宏

アニプレックス 2013-03-27
売り上げランキング : 111

Amazonで詳しく見る by AZlink

ビビッドレッド・オペレーション(1) (電撃コミックス)ビビッドレッド・オペレーション(1) (電撃コミックス)
小梅けいと,TEAM VIVID

アスキー・メディアワークス 2013-02-27

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
ビビパンのSSだと健次郎の名称が決まって淫獣になってるなw
[ 2013/02/19 14:32 ] [ 編集 ]
×わかばはひまわり可愛がってればいいよ
○わかばはひまわり甘やかしてればいいよ
[ 2013/02/21 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。