素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴィータ「・・・仲間とかよりもっと大事なんだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:06:59.91 ID:YKOYQ+7w0

なのは「あれ、ヴィータちゃんも後片付け?」

ヴィータ「なのは・・・」

なのは「仕事の方のは終わったけど、部屋の私物が大変だよ」

ヴィータ「ああ、こっちもそんな感じだ」

なのは「そっか、お互い頑張って片付けないとね」

ヴィータ「あ、なのは」

なのは「ん?」

ヴィータ「この後は部隊に戻るのか?」

なのは「んーん、報告だけして上がりかな」

なのは「辞令は下りてるけど教練自体はまだ先になりそうなんだよね」

ヴィータ「だ、だったら食事でもして帰らないか?」

なのは「うん、いいね」

 
 
 
3 : ◆1BrjSSUSHI : 2013/01/08(火) 21:10:12.69 ID:YKOYQ+7w0

今日、なのはに会えるとは思わなかった

機動六課が解散して少し経つ
みんな新たな希望に燃えて次の部隊に旅立って行ったけど
あたしの気分は少し沈んでた
しばらくなのはに会えなくなるからだ

だから
なのはの顔を見れたのは単純に嬉しかった


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:12:53.36 ID:YKOYQ+7w0

あたしは、はやての事が何より大事だ
そして
別の意味でなのはが大事だった

初めて自覚したのは、忘れもしないあの時
あたしの目の前で墜ちて行ったあの時だ
守れなかった
あたしは半狂乱になった

だって
墜ちたのはただの仲間じゃないって分かっちゃったから


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:16:26.40 ID:YKOYQ+7w0

はやてと共にある
それだけで十分なはずだった
それが
守護騎士の自分がこんな望みを抱いちまうなんて

後にシャマルは言った
あたし達が魔導のプログラムじゃなくなってるかもしれないって
そんな事が影響してるのかもしれないけど
あたしには分からない
こんな感情は初めてだったんだ


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:18:05.40 ID:YKOYQ+7w0

機動六課の仕事は大変だったけど充実してた
はやてと共に居られるのはもちろん
なのはの副官として働く事が出来たから

あたしは普段の態度に気持ちが出ちまわないように
必死に平静を装っていた


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:20:50.77 ID:YKOYQ+7w0

フェイト・テスタロッサに嫉妬した事もある
二人の間には深い繋がりが感じられた
あたしの気持ちが弾かれるような
そんな気分を何度も味わった

もし
なのはに支えが必要だとしたら
あいつこそ相応しいんだろう
頭では分かってた

だけど


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:23:00.43 ID:YKOYQ+7w0

なのは「ヴィータちゃん終わった?」

ヴィータ「ああ、片付いた」

なのは「ちょうど良かった、じゃあ行こっか」

ヴィータ「そういえばヴィヴィオはいいのか?」

なのは「今日はシスターシャッハの所でお泊まりなの」

なのは「教会の学校通うのに慣れないとってね」

ヴィータ「そ、そうなのか」

ドクン
心臓が跳ねた
別に何がどうなる訳でもないのに


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:25:53.20 ID:YKOYQ+7w0

食事中に何を喋ったか良く覚えてない
あたしは、なのはの笑顔に目を奪われてた
顔が赤くなってないか不安だった
バッカじゃないのか、あたし
何をこんなに意識してるんだか

でも
普段通りの受け答えは出来てたと思う
なのはのこの言葉を聞くまでは

なのは「あ、そうだ」

なのは「明日の朝が早くなければ泊まってく?」

ヴィータ「・・・あ、うん」

この時の自分がどういう顔をしてたか
あまり想像したくない


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:27:52.46 ID:YKOYQ+7w0

なのは「ごめんね、少し散らかってるけど」

ヴィータ「いや、うちらの所はもっとひどいから」

なのは「あはは、そっか」

なのは「その辺に座ってて、お茶入れるね」

ヴィータ「わかった」

落ち着かない
ただ家に二人で居るだけなのに
こんなに気持ちが乱れてる
ちょっと家まで来たの、後悔かもしれない

なのは「お待たせ」

ヴィータ「わぁ!」

なのは「どうしたの?ヴィータちゃん」

ヴィータ「なな、なんでもない」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:30:10.46 ID:YKOYQ+7w0

なのは「まだ六課が解散して少ししか経ってないけど」

なのは「みんな元気でやってるかな」

ヴィータ「教官としては心配か?」

なのは「教えられる事は教えたつもりだったんだけどね」

なのは「今になってみるとあれもこれも教えてないなーって」

ヴィータ「あいつらなら大丈夫だと思うけどな」

なのは「うん、そうだよね」

なのは「ところでヴィータちゃんのケガは大丈夫なの?」

まずは他人の心配なんだな
こいつらしいけどさ


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:32:50.75 ID:YKOYQ+7w0

ヴィータ「あたしの体はもう問題ないな」

ヴィータ「なのはの方こそ大変だったじゃないか」

なのは「わたしはケガも大した事なかったし大丈夫、大丈夫♪」

ヴィータ「・・・誰より辛い思いしたくせに」

なのは「え?」

ヴィータ「あたしの前くらい強がんなよ」

何だあたし
何でケンカ腰になってんだ?
やっぱりおかしい、気持ちがたかぶってる
もう抑えないと
でも

ヴィータ「もうお前の墜ちるとこなんて見たくねーんだ」

ヴィータ「あんまり無理すんじゃねーよ」

なのは「・・・ヴィータちゃん」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:37:03.98 ID:YKOYQ+7w0

なのは「あの時は心配かけてごめんね」

あれ
何で、そうじゃない
そうじゃないんだ
そんな事言わせたいんじゃない
何であたしはこんな不器用なんだろ
嫌になる
器用なやつが羨ましい

ちきしょう


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:40:01.85 ID:YKOYQ+7w0

ヴィータ「悪い・・・そんな事言うつもりはなかった」

なのは「いいよ、心配掛けたのは本当だし」

なのは「何より一番近くであんな姿・・・見せちゃったし」

違う
謝るのは、なのはじゃない
謝らなきゃいけないのはあたしなんだ
なのに
何でなのはにこんな顔させてんだ


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:43:23.61 ID:YKOYQ+7w0

ヴィータ「違う、あたしが謝りたかったんだ!」

なのは「ヴィータちゃん?」

ヴィータ「なのはが墜ちて行く所を見て怖かったんだ!」

ヴィータ「守れなくて・・・このままお前が居なったらと思ったら」

ヴィータ「あたし、あたしは・・・」

頬が熱かった
手に何かの雫が落ちるのを感じた
これは何だろう

ああ、そっか
泣いてるのかあたし
情けない
こんな感情的になっちゃって


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:46:13.03 ID:YKOYQ+7w0

なのは「ありがとう、そんな風に思ってくれてたんだね」

なのは「やっぱりヴィータちゃんは大事な仲間だよ」

ヴィータ「・・・仲間」

なのは「だからやっぱり謝るのはあたしの方」

なのは「そんな思いをさせちゃったんだもん」

仲間・・・か
そりゃそうだよな
なのはは大事な仲間で、全然異論はない
でも
あたしはそれでいいのか?

いいに決まってる
気持ちを打ち明けるなんてダメだ
壊れちまう
今の関係が壊れちまう

壊しちゃダメ・・・なのに


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:48:59.22 ID:YKOYQ+7w0

ヴィータ「・・・仲間とかよりもっと大事なんだよ」

なのは「ヴィータちゃん?」

ヴィータ「分かれよ!」

最悪だ
これじゃただの子供じゃねぇか
止めたい
けど
もう止められる訳がなかった


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:54:52.15 ID:YKOYQ+7w0


なのは「どういう事?」





ヴィータ「お前が好きって事に決まってんだろ!」

言っちまった
あたしはきつく目を閉じた
もう
なのはの顔をまともに見られない

終わっちゃった
はは


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 21:59:54.18 ID:YKOYQ+7w0

なのは「・・・そっか」

そして長い沈黙
耐えられない
ここから逃げ出したい
もう恥ずかしいとか関係ない

でも
体は言う事を聞いてくれなかった


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:04:35.22 ID:YKOYQ+7w0

なのは「ヴィータちゃん」

こいつの事だ
聞かなかった振りとか、なかった事にするのかな
それも辛いけど
もうまともに話してもらえないとか
そんなのよりはまだましか

いや
それに対してどうやって接して行けってんだ
顔見て話すなんて出来っこない
バカだ、あたし

だけど
なのはの口から出て来た言葉は、全然予想と違ってた


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:09:11.27 ID:YKOYQ+7w0

なのは「ヴィータちゃんの覚悟が知りたいな」

ヴィータ「は?」

なのは「どんな事があっても、わたしを守ってくれるのかな」

なのは「好きでいてくれるのかな」

ヴィータ「あ、当たり前だろ!」

なのは「そう、じゃあ着いて来て」

なのはは奥の部屋にあたしを案内した
魅入られたようにあたしは着いて行った
だって
他にどんな選択肢があるっていうんだ


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:11:54.08 ID:YKOYQ+7w0

そう
あたしは魅入られてたんだ
あの時あたしは、なのはの事をこう呼んだ

悪魔と

この言葉は決して蔑みで浴びせた言葉じゃない
怖かった
その意志に、強さに虜になるのが怖かったんだ
思えばこの時
もうあたしの心は囚われていたんだ

この白い魔導師に


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:15:01.64 ID:YKOYQ+7w0

なのはは無言で扉を開いた
部屋は真っ暗だった

少し目が慣れると、そこは寝室で
しかも
ベッドの上に誰かがいるって分かった


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:20:24.63 ID:YKOYQ+7w0

あたしは目を疑った
ベッドに横たわるのは、白くしなやかな肢体

その持ち主は
フェイト・テスタロッサだった

フェイト「お客さん・・・だね」

なのは「うん」

フェイト「でも、ちょっとヤキモチかな」

なのは「フェイトちゃん、ダメぇ?」

フェイト「もう、わたしがなのはに逆らえないの知ってるくせに」

なのはがベッドに腰かけるとフェイトはゆっくり体を起こし
そして
深いキスをした

頭の中が真っ白になった


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:24:49.04 ID:YKOYQ+7w0

目の前になのはとフェイトがいる
だけど
それは、あたしの知ってる二人じゃなかった

気が付くと、なのはがあたしを呼んでた
今まで見た事ない蠱惑的な表情で

なのは「おいでよ、ヴィータちゃん」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:28:43.99 ID:YKOYQ+7w0

あたしの頭は痺れたみたいに働かない
それでも操られたように足は進んでった
だってそうだろ
目の前に求め続けてた白い魔導師がいる
しかも
服を脱ぎ捨て、下着姿になって
あたしに微笑み掛けてるんだ

ふらふらと夢遊病者のように歩いたあたしは
そのまま、なのはの胸に顔を埋めた

あたしは全身を愛され
堕ちて行った
深い深い、甘美な闇の底へと


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 22:31:05.12 ID:YKOYQ+7w0

そして時は過ぎて行った
相変わらずあたしの心は囚われたままだ
しかも
白と黒、二人の魔導師に

もう逃げられないと分かってた
もう逃げたくないとも分かってた

なのは「今度は、はやてちゃんを呼んでみようか」

なのはがクスっと笑った


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 22:34:04.43 ID:YKOYQ+7w0

ごめん、はやて
多分あたしは断る事が出来ない
いや
絶対に断れないだろう

でも安心して
今度はやてが陥る闇は、前の闇とは違う
絶望しか産まなかった闇の書の闇とは

そう
違うとこがあるんだ





それは
今度の闇は絶対に抜け出せないという事だ


END


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:34:57.09 ID:eu9t4KwD0

俺は黒なのはいいと思った



56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/08(火) 22:35:45.64 ID:HM82QmrBO


もっと微に入り細に入り書いてくれてもええんやで




figma 魔法少女リリカルなのはStrikerS ヴィータ 騎士服ver.figma 魔法少女リリカルなのはStrikerS ヴィータ 騎士服ver.


Max Factory
売り上げランキング : 11877

Amazonで詳しく見る by AZlink

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]
高町なのは:田村ゆかり,フェイト・テスタロッサ:水樹奈々,八神はやて:植田佳奈,草川啓造

キングレコード
売り上げランキング : 308

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
フェイトちゃん攻略済みワロタ
[ 2013/05/01 00:07 ] [ 編集 ]
みんなで…は安易といわれることもあるが
やはりみんなで幸せになれるなら良いのではないでしょうか、いや!良い!!
ディ・モールトベネ!
[ 2013/05/01 00:52 ] [ 編集 ]
ちょっとシグナムさんも呼んできますね
[ 2013/05/01 05:27 ] [ 編集 ]
ユーノに春は来ないのか
[ 2013/05/01 11:41 ] [ 編集 ]
堕ちるところをもっと具体的に読んでみたいのよ
[ 2013/05/01 13:18 ] [ 編集 ]
ヴィータ…
[ 2013/05/02 04:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。