素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アル「サガラ軍曹」宗介「なんだ、アル?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 21:55:20.17 ID:dbxohXflO

アル「今日も食事はカロリーメイトでしょうか?」

宗介「ああ、栄養バランス、腹持ち、携帯性、どれをとっても優秀な食べ物だ」ペリッ

宗介「ただひとつ難点を挙げるとするなら、
    水分がないと食べづらいというくらいか」パキッ

アル「私にはものを食べるという感覚がわからないので何とも言えませんが・・・」

宗介「まあ慣れてしまえばどうということはないのだがな」

アル「慣れるものなのですか」

宗介「うむ、問題ない」モグモグ

アル「粉末を微塵もこぼさないあたりに年季を感じますね」

 
 
 
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:02:35.45 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「その拳銃、ずいぶん長く使っておられるようですが、何か愛着のある一品なのでしょうか?」

宗介「いや、特にそういうわけではないが・・・使い続ける理由はある」

アル「グロック19でしたね」

宗介「うむ、グロックに関してこういう逸話がある」

宗介「とある警官が海岸をパトロール中にグロックを紛失してしまったそうだ」

宗介「数ヵ月後、そのグロックは海で発見された」

アル「錆付いて使い物ならないのでは?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:04:53.76 ID:dbxohXflO

宗介「いや、驚くべきことに簡単な分解整備だけで問題なく作動するようになったそうだ」

アル「それは素晴らしい耐腐食性ですね」

宗介「ああ、ダイヤモンドライクコーティングという表面処理技術のおかげだ。
    他の銃ではこうは行かない」

宗介「加えてグロックの拳銃はさまざまなバリエーションを展開しているが、
    その多くが主要部品を共用できるよう設計されている」

宗介「優れた信頼性、耐久性、整備性・・・
    グロックは総合的にバランスのとれた銃だと言えるだろう」

宗介「俺たちもこうありたいものだな」



アル(・・・これはワンオフ機の私に対するイヤミでしょうか?)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:09:57.89 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「その鞄にぶら下がっている人形は?」

宗介「うむ、これはボン太くんだ。千鳥がUFOキャッチャーとやらで捕獲したものをもらったのだ」

アル「それは犬・・・いえ、ネズミをデフォルメした動物なのでしょうか?」

宗介「ボン太くんだ」

アル「いえ、そういう意味ではなく」

宗介「ボン太くんはボン太くんだ」

アル「・・・了解しました。ライブラリーにはそのように登録しておきます」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:12:16.37 ID:dbxohXflO

ボン太くん「ふもっふ!」

アル「!?」


アル「・・・サガラ軍曹、今のはボン太くんの鳴き声と解釈してよろしいのでしょうか?」

宗介「うむ、問題ない」

アル「ふもっふですか」

宗介「ああ、ふもっふだ」

アル「ふもっふ」

宗介「ふもっふ」



アル(・・・ふもっふ???)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:18:24.69 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「結局、ミス・チドリのハリセンの出所は判明したのでしょうか?」

宗介「いや、不明なままだ」

宗介「警戒用の監視カメラの映像も調べてみたのだが、そのシーンに限って死角になっていてな」

アル「その映像データをこちらに送ってもらえないでしょうか」

宗介「ああ」

アル「・・・・・・・これは・・・驚くべきことが判明しました」

宗介「な、何がわかったんだ!?」

アル「映像をフレーム単位で解析してみたところ、
    わずか数フレームでハリセンが出現し、
    なおかつコンマ数秒後にはすでに軍曹殿がはたかれています」

宗介「道理で痛いわけだ」



アル(彼女が本気を出せば単独でアラストルを倒せるのでは・・・?)


18 :時系列とか細かいことは気にしないでほしい:2013/06/05(水) 22:24:36.92 ID:dbxohXflO

郷田「軍曹殿!!」

宗介「どうした、郷田?」

郷田「今度の全校集会において、新入生に対する部活動勧誘のスピーチが行われます!」

郷田「軍曹殿にスピーチの内容について助言をいただきたいのですが!」

宗介「わかった、協力しよう」

郷田「ありがとうございます、サー!!」

宗介「放課後、部室で待っていろ」

郷田「お待ちしております、サー!!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:25:25.55 ID:UGiPwWPj0

嫌な予感しかしねえwww


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:27:28.40 ID:lPB+aoCo0

新入生「ガンホー!ガンホー!ガンホー!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:29:18.96 ID:dbxohXflO

数日後、全校集会

林水「では続いて、ラグビー部のスピーチです」

郷田「・・・!!」ノッシノッシ


郷田「まず最初に言っておく・・・



貴  様  ら  は  糞  だ  !  !


爺の[ピー!]にも劣る[ピー!]な蛆虫だ!
その腐った[ピー!]な性根を鍛え直したいならラグビー部へ来い!
さすれば俺たちの[ピー!]で貴様らの[ピー!]な[ピー!]を[ピー!]して

うぉ!?何をする貴様ら!!?まだスピーチは終わってな・・・アッーーー!!」

・・・・・・

郷田「な、何がいけなかったのでしょうか、軍曹殿?」ボロ

宗介「すまない、俺にもさっぱりわからん」ズタボロ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:35:04.68 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「貴方にとって『厄介な敵』とはどのようなものでしょうか?」

宗介「ふむ、そうだな、厄介な相手は三種類に分けられる」

宗介「まずは・・・これは敵と言うよりもマインドセットの問題だ」

宗介「『手負いの獣は恐ろしい』という言葉があるだろう」

アル「追い詰められた者は何を仕出かすかわからない、故に恐ろしいということでしょうか」

宗介「半分正解だ」

アル「もう半分は何でしょう?」

宗介「敵に致命傷を負わせたとき、こう考えてしまうことだ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:39:30.98 ID:dbxohXflO

宗介「『もう反撃する力は残っていないだろう、勝ったも同然だ』とな」

アル「そういった油断、慢心が思わぬ反撃を許してしまうと」

宗介「そういうことだ」

アル「真の敵は己自身、といったところでしょうか」

宗介「ああ、まだ生きている敵を前に油断するなど三流のやることだ」

アル「肝に銘じておきます」


宗介(・・・どうでもいいがアルの肝とは何処だ?)


アル「パラジウムリアクターの冷却装置あたりですかね」

宗介「!?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:43:49.12 ID:dbxohXflO

タママ「軍曹さ~ん」

宗介「!?」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 22:50:18.38 ID:dbxohXflO

風間「相良君」

宗介「何だ、風間?」

風間「突然びくっとしたから何かあったのかと思って」

宗介「いや、TVに呼ばれた気がしただけだ」

風間「ああ、ケロロ軍曹だね、これ面白いよ」

宗介「そうか、では引き続き視聴してみよう」

・・・・・・

風間「どうだった?」

宗介「この蛙は無能だな」

宗介「個人的な嗜好を優先した非行率的な作戦」

宗介「指揮官にあるまじき部下への態度」

宗介「あまつさえ軍の予算で模型を買いあさるなど言語道断だ!」

風間「ま、まあアニメだし・・・」

宗介「俺なら真っ先にクビにしているぞ!!」

風間(相良君、なんで的外れなときに限って完璧な正論吐くんだろ・・・)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:00:42.38 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「作戦が中止になる可能性が出てきました」

宗介「・・・盗み聞きは感心しないぞ」

アル「いえ、偶然音声を拾ってしまっただけです。
    どうやら情報部がガセネタに踊らされたようですね」

マオ「ウルズ2より全機に通達、作戦は中止」

マオ「でも上が結論出すまでもう少し時間が掛かるみたいだから、
    一応ASに搭乗したまま待機しておいて」

ウルズメン『了解』

クルツ「はぁ~また待機かよ。ヒマだぜ・・・」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:03:15.65 ID:dbxohXflO

アル「軍曹殿、上層部の結論が出るまで一局、チェスでもいかがでしょう?」

宗介「またそんなものをダウンロードしていたのか」

アル「チェスは戦争を簡略化したゲームです。戦略・戦術的思考の向上につながる云々・・・」

宗介「ああ、わかったわかった。
    メモリの無駄遣いと言いたい所だが、今回は乗ってやるとしよう」

アル「ありがとうございます。では軍曹殿、先手をどうぞ」

15分後

アル「チェックメイトです」

宗介「む、むう・・・投了だ」

クルツ「おいソースケ、さっきからアルと何やってんだ?」

アル「チェスです、曹長殿」

クルツ「どっちが勝ったんだ?」

アル「私です」

クルツ「何だよソースケ、負けたのかよw百戦錬磨の軍曹様がwww」

宗介「ならばクルツ、お前もやってみるか?」ピキピキ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:05:58.10 ID:dbxohXflO

クルツ「おぉ、俺様がお手本を見せてやるぜw」

アル「お手柔らかに、曹長殿」


10分後

アル「チェックメイト」

クルツ「うぇ!?待った待った、ちょいタンマ!」

アル「教育メッセージ:曹長殿のルールでは待ったは何回まででしょうか?」

クルツ「もう一回、もう一回だけ!」

宗介「フッ・・・w」


アル(鼻で笑ってますけど貴方も負けてるんですよ、軍曹殿・・・)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:16:14.42 ID:dbxohXflO

宗介「千鳥」

かなめ「どしたの、ソースケ?」

宗介「これは?」

かなめ「ああ、これ?おっきいでしょ?この前のイベントでつい買っちゃったのよ」

宗介「1m級のボン太くん人形か」

かなめ「気に入った?」

宗介「・・・うむ」モフモフ

かなめ「それじゃ夕飯の準備しちゃうから、ゆっくりしててね」

宗介「・・・うむ」モフモフ

宗介「・・・」モフモフ

宗介「・・・」

宗介「・・・」ウトウト

宗介「・・・」Zzz


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:19:21.96 ID:dbxohXflO

・・・・・・

かなめ「ソースケー、お皿だしといてくれるー?」

かなめ「ソースケ?ソースケってばー・・・ぷふっ!?」

かなめ(ボン太くんに寄り添ったまま寝ちゃってる)

かなめ(珍しいわね、ソースケがうたた寝しちゃうなんて)

宗介「む、うー・・・っふ」

かなめ「?」

宗介「ふもっふ・・・」zzz

かなめ(寝言・・・かな?)

かなめ「ふもっふ!」

宗介「・・・ふも?」

かなめ「ふもっふふもっふ!」

宗介「ふもーふもっふ・・・」

かなめ(フフ・・・かーわい)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:21:40.29 ID:kEXofm55O

ふも!ふもふもっふ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:23:12.55 ID:dbxohXflO

かなめ「おはよ、ソースケ」

宗介「・・・すまない、どれくらい眠っていた?」

かなめ「二十分くらいかな。ボン太くんの夢見てたの?」

宗介「なぜそれを!?」

かなめ「寝言でふもっふふもっふって」

宗介「む、そうか///」


宗介「・・・・・・二十代後半と思しき女性が俺に話しかけてきた」

宗介「ボン太くん人形を抱えてふもっふとな」

かなめ「夢の話?」

宗介「ああ・・・それで俺はその女に何者だと問おうとしたのだが、どうも上手く喋れなくてな」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:25:01.45 ID:dbxohXflO

宗介「よくわからんが、なぜか懐かしい感じがした」

かなめ「それってさ、ソースケのお母さんじゃない?」

宗介「なるほど・・・俺が赤子の頃の記憶か・・・」

かなめ「懐かしいって感じたんならきっとそうだよ」

宗介「ああ、そうだな。きっとそうだ・・・そう言えば・・・」

かなめ「なに?」

宗介「誰かに夢の内容を語って聞かせるのは初めてだ」

かなめ「ふふっ、そうなんだ!」

宗介「どうした、千鳥?」

かなめ「な~んで~もない!さ、ご飯にしよ?」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:33:36.27 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「またカロリーメイトですか」

宗介「うむ、作戦の合間の栄養補給だ」

アル「カロリーメイトやレーションがないときはどうしていたのでしょうか?」

宗介「状況にもよるが、食える物は何でも食ったな」

宗介「日本に干支という概念があるだろう」

アル「はい、12匹の動物ですね」

宗介「龍と虎以外はすべて捕まえて食ったことがある」

アル「野生的ですね。しかしさすがの軍曹殿でも虎は捕まえられませんでしたか」

宗介「いや、そもそも俺は虎を見たことがないのだ」

宗介「2メートルくらいの猫なら飼っていたことがあるが・・・」


アル「軍曹殿、それはツッコミ待ちでしょうか?」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:42:07.01 ID:dbxohXflO

宗介「アル」

アル「何でしょう、サガラ軍曹」

宗介「そういえば龍も食ったことがあるぞ」

アル「失礼ながら龍は空想上の生き物では?」

宗介「一部の昆虫は油で揚げれば食えないこともなかったな」

アル「・・・なるほど、ドラゴンフライ・・・とんぼですか」

宗介「うむ、他にも土に埋まっていた何かの幼虫や・・・」

アル「アフリカなどの一部の地域では、虫の幼体は貴重な蛋白源だそうですね」

宗介「それと、あれは日本語でなんと言うんだったか・・・コックロ アル「軍曹殿!」

アル「そこから先の発言は人間の尊厳に関わります!」

アル「『それ』を食したことに関しては誰にも話さない方が賢明でしょう、とくにご学友には」

宗介「む、よくわからんがお前がそう言うならやめておこう」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:51:00.88 ID:dbxohXflO

テッサ日本旅行編にて

テッサ「サガラさぁ~ん」

宗介「何でしょう、大佐ど・・・!?」

宗介(酒臭い・・・)

クルツ「ソ~スケ~、な~に仏頂面してやがんだ~?楽しい酒の席でよぉ~」ヘベレケー

宗介「クルツ、貴様か!?大佐殿に酒を飲ませたのは!?」

クルツ「かてえこというなよ?
     日本の旅館で俺たちが動かなきゃならないことなんてそうそう起こらねえよ」

宗介「そう言う問題ではない!アルコールは・・・」

テッサ「サガラさぁ~ん」ベタベタ

宗介「あの・・・大佐殿・・・?」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:53:15.30 ID:dbxohXflO

テッサ「テレサって呼んでくれなきゃやですぅ~」ベタベタ

宗介「いえ・・・その」

テッサ「ん~サガラさんって意外と大きいんですね~」ギュー

宗介「・・・」

テッサ「それに思ってたより毛深いです~」モフモフ

クルツ「wwwww」

ボン太くん「・・・」フモー



宗介(相当酔ってらっしゃるな、俺と緊急用に持ってきていた
    ボン太くんスーツの見分けがつかないとは・・・)

マオ(かわいいw)カシャカシャ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/05(水) 23:59:10.13 ID:dbxohXflO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「酔うというのは、どのような感覚なのでしょうか?」

宗介「うむ、俺は一度・・・いや二度しか飲酒の経験がないので何とも言えんが・・・」

宗介「他人の酔った様を見る限り、視界が揺れて足元が覚束なくなるようだ」

宗介「ASで例えるなら足回りのサスペンションが破損、
    GPSの位置情報に誤差が発生しているといったところか」

アル「自ら進んでそのような状態に陥りたがるとは理解しかねますね」

宗介「まったくだ」

アル「ちなみに二日酔いをASで例えるとどのようなものでしょうか?」

宗介「パラジウムリアクターが暴走寸前でくすぶっているようなものか?」

アル「・・・アルコールとは恐ろしいものですね」

宗介「ああ、まったくだ」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:04:19.39 ID:i7dxSg1KO

宗介「・・・」ムッツリ

小野寺「来い来い!・・・かぁー駄目だ!」タンッ

風間「・・・来ないな~」タンッ

宗介「・・・」ムッツリ タンッ

クルツ「へっへ~、こりゃ俺様の一人勝ちか?」タンッ


宗介「ロンだ」


クルツ「げげぇ!?」

小野寺「え~っと1・2・3・・・跳満じゃねえか!?」

風間「すごいよ相良君!」

宗介「うむ」フンス

クルツ「嘘だろ~こんなデカイ手ぇ張ってやがったのか!?」



小風ク(あのむっつり顔のおかげでまったく役が読めない・・・)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:08:30.74 ID:i7dxSg1KO

宗介「・・・」ヒョイッ ポチャ

アル「・・・」

宗介「・・・」

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「釣れますか?」

宗介「見てわからないか?」

アル「失礼しました」

宗介「・・・」

アル「・・・」

宗介「・・・いい風だ」

アル「釣果にはつながりませんが、ね」

宗介「それもまた釣りだ」

アル「・・・」

宗介「・・・」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:12:09.95 ID:i7dxSg1KO

宗介「アル」

アル「何でしょう、サガラ軍曹」

宗介「ジャイロセンサーに変化はないか?」

アル「・・・あります。どうやらデ・ダナンが減速しているようですね」

宗介「やはりそうか。何かあったのか?」

アル「艦の周辺を鯨が遊泳しているようです」

宗介「なるほど、そのせいか」

宗介「・・・・・・ところでアル、M9のワイヤーガンの最大耐荷重は何トンだ?」

アル「ASで鯨は釣れませんよ、軍曹殿」

宗介「無理か?」

アル「ベヘモス級でなければ海に引きずりこまれます」

宗介「・・・そうか」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:17:25.77 ID:i7dxSg1KO

マオ「テッサ~」

テレサ「何ですか、メリッサ?」

マオ「こんな映像があるんだけど」ニヤニヤ


イガイトオオキインデスネサガラサーン


テレサ「え、えぇ!!?ちょ、何ですかこの映像は!!?」

テレサ「あ、アレですね!?日本でウェーバーさんに騙されてお酒飲んじゃったときの!!」

マオ「あっひゃっひゃっひゃwwwww」

テレサ「あの晩は何もなかったってメリッサ言ったじゃないですか!?
     嘘吐き!!メリッサの嘘吐き!!!」

テレサ「翌日、相良さんがよそよそしいと思ったら・・・こういうことだったんですね!?」

テレサ「あ~~も~~~~///」ボフッ ジタバタジタバタ


マオ(かwwwわwwwいwwwいwwwww)


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:22:17.54 ID:i7dxSg1KO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「新しい兵装を開発しました。これを使用すれば
    ベヘモス級のラムダドライバ障壁をも突破できる可能性があります」

宗介「何!?それはすごいな!」

アル「右マニピュレータに装着する格闘用兵装です」

アル「また、破格の破壊力と消費電力を考慮し、
    使用するには口頭によるパスワード認証が必要となります」

宗介「格闘用なのにいちいちパスワードが必要なのか」

アル「はい、これがパスワードです」

宗介「うむ・・・『俺の右手が真っ赤に燃える、勝利を掴めと』・・・アル、何だこれは!?」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:24:23.27 ID:i7dxSg1KO

アル「そんな棒読みでは起動しませんよ。もっと情熱をこめて叫んでください」

宗介「馬鹿馬鹿しい、それに何の意味があるんだ?
    ラムダドライバを起動させるわけでもないのに」

アル「・・・やはり貴方にはこの手の冗談は通じませんか」

宗介「冗談なのか!?」

アル「はい、巷では『中の人ネタ』というそうです」

宗介「中の人?・・・よくわからんがオペレータの話か?」

アル「間違ってはいませんが、間違っています」

宗介「わけがわからん・・・」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:27:54.86 ID:i7dxSg1KO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「ウィスパードは限定的ながら未来予知が可能なそうです」

アル「『奴』と対峙する際はご注意を」

宗介「未来予知か・・・そういえば千鳥にもそれらしい言動があったな」


・・・・・・


林水「相良君」

宗介「はっ!何でしょう会長閣下!」

林水「参ったことに学内で盗難事件が発生している」

林水「私としては教職員や警察に介入されて大事になる前に内密に処理したいと思っているのだが」

宗介「了解しました、それでは早速・・・」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:30:25.75 ID:i7dxSg1KO

かなめ「言っとくけどソースケ、犯人の暗殺とかは駄目よ!?」

宗介「・・・では」

かなめ「拷問も駄目」

宗介「

かなめ「当たり前だけど自白剤とか危ない薬も」

宗介「まだ何も言っていないぞ!?」


・・・・・・

宗介「と言うようなことがあってな」

アル「軍曹殿、それは予知ではなく経験と統計に基づく予測です」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:36:25.73 ID:i7dxSg1KO

宗介「ヨシキ」

ヨシキ「あ、相良さん。どうしたんですか?」

宗介「前回の件の報酬だ。光る超電磁ヨーヨーだったな」

ヨシキ「ありがとう!よし、さっそく・・・」ピュン

ヨシキ「犬の散歩から・・・ブランコ」

宗介「む?」

ヨシキ「からの・・・ループ・ザ・ループ!」ヒョンヒョンヒョンヒョン

宗介「おぉ!?」

・・・・・・

宗介「ということがあったのだ」

アル「ヨーヨーですか。ASの中近距離用兵装としては使えませんか?」

宗介「無理だな。バイラテラル角を最小にしたところで
    あの精密な手首の動きを再現できるとは思えん」

アル「遊びとは言え、一つのことを極めると言うのは凄いことなのですね」

宗介「うむ」

宗介「まあ、そもそも中近距離ならボクサーで事足りるがな」

アル(ロマンのない軍曹殿ですね・・・)


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:40:19.58 ID:i7dxSg1KO

テッサ「アル」

アル「何でしょう、大佐殿?」

テッサ「最近、熱心に何の設計をしているの?」

アル「これですか?所謂ヨーヨーです」

アル「ASの中近距離用の兵装として使えないものかと」

テッサ「へ~、どれどれ?」

テッサ「円盤の部分に巻き取り用のモーター、
     前腕部にキャッチ兼格納用のアタッチメントetc」

テッサ「なかなか良く考えられてますが、わざわざこんなの作らなくても・・・」

アル「何か問題点が?」

テッサ「ワイヤーガンの先端に重りを付ければ同じ機能を果たせるんじゃないですか?」

アル「あ」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:44:36.07 ID:i7dxSg1KO

宗介「む、これは?」

かなめ「どしたの、ソースケ?」

宗介「靴箱に不審物が」

かなめ「また!?爆破なんかしちゃ駄目よ!」

宗介「ああ、どうやら中身はまた手紙のようだな」

かなめ「『果たし状』?・・・椿君ね」

宗介「『放課後、体育館裏にて待つ。逃げるなよ!』だそうだ」

かなめ「行くの?」

宗介「・・・いや、生徒会の仕事が優先だ」

かなめ「じゃあ一声かけてあげたほうがいいんじゃない?外寒いから待たせちゃ可哀想だよ」


宗介「こちらの都合を確認せずにこんな物を送りつけるほうが悪いのだ。ほおっておく」

・・・・・・


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:49:43.02 ID:i7dxSg1KO

宗介「会長閣下」

林水「なんだね、相良君?」

宗介「暖房と加湿器を強めてもよろしいでしょうか?」

林水「構わんよ、今日は特に冷えるようだからね」

宗介「ありがとうございます」

ダッダッダッダッダッダ!!バタン!

宗介「やはり来たか」

椿「相良ぁ!いつまで待たせやがる!!」

宗介「騒ぐな、ここを何処だと思っている?」

椿「何処だろうと関係ねぇ!今日こそ決着をつけてやる!」

宗介「ただし最初から全力で来い。さっさと眼鏡をかけろ」

椿「あぁ、お前に言われるまでもない」スチャ


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:53:51.80 ID:i7dxSg1KO

椿「行くぜ!!・・・な!?眼鏡が曇って前がげふぅ!!?」ドゴォ!


宗介「・・・」グィッ ガラッ ポイッ バタン!

かなめ「・・・このための暖房と加湿器だったのね」

林水「地の利の有効活用は兵法の基本だよ」

宗介「おっしゃるとおりです、会長閣下」

かなめ「それにしても姑息って言うかなんていうか・・・」

宗介「武器は使っていないぞ」

宗介「それに俺は『ここを何処だと思っている?』
    と敵地の真っ只中であることを忠告しておいた」

林水「ふむ、罠があることを警戒してしかるべきだな」

かなめ「ああ・・・いや、もういいわ」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 00:56:20.71 ID:i7dxSg1KO

モブ「うわぁ!?テ、テロリストに占拠された!!」

モブ「誰か助けてくれ・・・神様!!」

かなめ「落ち着いてください!大丈夫ですよ、ここにそういうのやっつける専門家がいますから」

モブ「本当に!?俺たち助かるんですか?」

かなめ「もちろんです。さあ、ソースケやっちゃいな・・・」

バサッ

モブ→レイス「私だ」

かなめ「お前だったのか。全然気付かなかったぞ」

レイス「暇を持て余した」

かなめ「エージェントたちの」

かなレイ『遊び』

・・・・・・

レイス「ハッ!!?・・・夢か」

レイス(あいつが芸人芸人言うから妙な夢を見てしまったじゃないか・・・しかもネタが古い)

レイス(憂さ晴らしにウルズ7にレーザーサイトでも向けてやるか)


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:01:14.96 ID:i7dxSg1KO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「>>27の続きですが」

宗介「ああ、厄介な敵についてだな」

宗介「さっき手負いの獣の話をしたな。それに輪をかけて厄介なのが手負いのスペシャリスト」

宗介「窮地に立たされてなお冷静さを失わない精神力と技術を持つ者だ」

アル「軍曹殿やカリーニン少佐のような戦士のことですね」

宗介「うむ」フンス

宗介「自らの危機でさえ敵をおびき寄せる罠とし、裏をかくために主力兵器をも陽動にする」

宗介「こういう手合いは深追いするとあっという間に逆転されてしまうぞ」

アル「なるほど、理解しました」

アル「三種類に分けられると言っていましたが、最後の一つは?」

宗介「ふむ・・・これは少し説明が難しいのだが・・・」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:06:26.15 ID:i7dxSg1KO

飛鷲「先生」

ガウルン「なんだ?」

飛鷲「先生にとって最も手強い敵とはどのようなものでしょう?」

ガウルン「ああ、そりゃあクールにイカれた奴だ」

飛鷲「どういうことでしょう?」

ガウルン「デルタだのSASだの世の中には化け物みてえに強い野郎が居る」

ガウルン「だがな、そういう連中だって人間だ。
      高潔な戦士を気取ってたって一皮剥けば死にたくねえって本能がある」

ガウルン「そこを突いてやれば崩すのは容易いもんだ」

ガウルン「一番やべえのはな、手札の中に『自分の命』が当然のように入ってる」

ガウルン「それが最善だと判断したら平気で命を投げ出す、そういう奴だ」

ガウルン「信じられるか?カフェでのんびりコーヒーすすってるときと同じ目ぇして
      自爆スイッチを押しやがるんだぜ?」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:10:51.04 ID:i7dxSg1KO

ガウルン「こういう手合いは最後の一手が読みきれねえ、
      どこでジョーカーを切ってくるのか見当がつかねえ」


ガウルン(あの頃のカシムみてえに・・・な・・・)


飛鷲「わかりました。私もそういう戦士を目指します」

ガウルン(だってのに、あの野郎・・・)


ガウルン「チッ・・・腑抜けやがって・・・」

飛鷲「?も、申し訳ありません・・・」

ガウルン「あぁ?お前に言ったんじゃねえよ」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:15:53.19 ID:i7dxSg1KO

宗介「千鳥」

かなめ「どしたの、ソースケ?」

宗介「体調不良なのか?顔色が優れないようだが」

かなめ「ちょっと寝坊しちゃってね、朝ごはん食べるヒマなかったのよ」

宗介「カロリーメイトならあるぞ。食うか?」

かなめ「う~ん、ありがと。もらっとくわ」

宗介「そうしたほうがいい。昼食前に体育があるからな」

宗介「フルーツ味とポテ・・・」

かなめ「ポテト味はイヤ」

宗介「・・・とメイプル味もあるが」

かなめ「ポテト以外でお願い」

宗介「わかった」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:18:16.29 ID:i7dxSg1KO

prrr prrr

かなめ「もしもし、ソースケ?」

宗介「どうした、千鳥?」

かなめ「今日はうちでご飯食べてくでしょ?」

宗介「ああ、ご馳走になる」

かなめ「悪いんだけど帰りにお醤油買って来てくれない?」

宗介「了解した。他に必要なものは?」

かなめ「う~んと・・・あ、毎月買ってるあの雑誌もお願いできる?」

宗介「了解だ」

宗介(・・・よし、ついにこの時が来たか)グッ

・・・・・・


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:22:46.38 ID:i7dxSg1KO

コンビニ店員「いらっしゃいませ~」

宗介「この雑誌を・・・」

店員「390円になります」



宗介「支払いは図書券で頼む」キリッ!



店員「・・・あの~、コンビニでは図書券は使えないんですよ」

宗介「なんだと!?」

店員「大型の本屋とか、本を専門に扱ってるところでないと・・・」

宗介「そ、そうか、それは失礼した。では現金で頼む」

店員「110円のお釣りになります。ありがとうございました~」

宗介「・・・」トボトボ


店員(なんて哀愁漂う背中なの・・・)


84 :これにてネタ切れ:2013/06/06(木) 01:25:56.17 ID:i7dxSg1KO

アル「サガラ軍曹」

宗介「何だ、アル?」

アル「まもなく作戦開始時刻です」

宗介「ああ、わかっている。準備は良いか?」

アル「もちろんです」




宗介「行くぞ、相棒!!」

アル「イエス・サー!!」


おわり



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:27:48.19 ID:5fZIg2vk0


面白かった



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/06(木) 01:33:15.62 ID:xezPNtN/0

ネタができたらまた書いてくれ



ROBOT魂 [SIDE AS] アーバレスト ラムダ・ドライバROBOT魂 [SIDE AS] アーバレスト ラムダ・ドライバ


バンダイ
売り上げランキング : 10522

Amazonで詳しく見る by AZlink

フルメタル・パニック! 文庫 全23巻 完結セット (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! 文庫 全23巻 完結セット (富士見ファンタジア文庫)
賀東 招二

富士見書房
売り上げランキング : 35651

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2013/06/06 21:13 ] その他SS | TB(0) | CM(12)
フルメタSSとは珍しい
短編のノリでいいな
[ 2013/06/06 22:12 ] [ 編集 ]
フルメタ、またアニメ化してくれないかな…
[ 2013/06/06 22:48 ] [ 編集 ]
いいねぇ!珍しいフルメタSS面白かった!
もっと増えないかなー
[ 2013/06/06 22:50 ] [ 編集 ]
ググってみたら割と世界各地で食われ…イエ、ナンデモナイデス
[ 2013/06/06 23:10 ] [ 編集 ]
懐かしい
良かった
[ 2013/06/07 00:20 ] [ 編集 ]
おもしろかった!
[ 2013/06/07 00:28 ] [ 編集 ]
とりあえず、ボクサーが散弾銃ってわかったらフルメタファン
[ 2013/06/07 04:02 ] [ 編集 ]
アル可愛いよアル
フルメタSS自体貴重なんだが、誰かROBOT魂ベリアル決定でひとネタやってくれないかなw
[ 2013/06/07 10:54 ] [ 編集 ]
宗介のキャラが脳裏に完全に焼き付いてるから終始笑ってしまったw
[ 2013/06/08 09:20 ] [ 編集 ]
はじめまして。お邪魔します。一見すると、話があちこち飛んでいるように見えますが、何度か読み返してみると、なんとも言えない面白さを感じました。こういう話、また読みたいです!
[ 2013/06/25 21:09 ] [ 編集 ]
面白いなぁ…
久々にミスリルや陣代高校の連中が頭の中で騒いでくれたわ
続編を待つ
[ 2013/09/10 12:28 ] [ 編集 ]
精准医疗如何做 刘如银来分享
精准医疗又叫个性化医疗,是指以个人基因组信息为基础,结合蛋白质组,代谢组等相关内环境信息,为病人量身设计出最佳治疗方案,以期达到治疗效果最大化和副作用最小化的一门定制医疗模式。因此相较传统医疗,精准医疗具有针对性、高效性及预防性等特征。

美国医学界在2011年首次提出了“精准医学”的概念,今年1月20日,奥巴马又在美国国情咨文中提出“精准医学计划”,希望精准医学可以引领一个医学新时代。10月8日,2015全球创新论坛纽约峰会在纽约穆迪总部大楼举办。乐土投资集团CEO刘如银在峰会上介绍了他的精准医疗生态圈的想法。

刘如银介绍了乐土投资在美国的国际化实践,包括在美国的地产投资拓展,以及最新投资的医疗健康项目。乐土投资集团(CLIG)定位以硅谷的高科技投资为引擎,以科技医疗和互联网金融为两翼,链接最具价值的深科技健康项目,服务国际大健康和科技发展。

美国财政预算计划在2016年拨付给美国国立卫生研究院(NIH)、美国食品药品监督管理局(FDA)、美国国家医疗信息技术协调办公室(ONC)等机构共2.15亿美元用于资助这方面的科学研究与创新发展。

刘如银说:美国的精准医疗主要是围绕着基因组、蛋白组等方面的检测,也就是围绕分子生物学的特性,针对个体化的病理特征进行治疗。而我们所关注的不仅如此,更是系统化的,全过程、全要素、全局性的对医疗过程和临床实践进行优化。我们所指的精准医疗也是针对每一个病人的具体病情,正确选择并精确的应用适当的治疗方法。刘如银认为:精准医疗的最终目标是以最小化的医源性损害、最低化的医疗资源耗费去获得最大化的病患的效益,其前景不可限量。

精准医疗要做到个性、高效及预防的关键在于筛查和诊断,因此基因测序等检测诊断技术的发展是关键。成本的下降让基因测序商业化市场的打开成为可能,基因测序技术的成熟和商用经过了多年的发展,1980 年自动测序仪出现,2001 年完成了人类基因组框架图标志着这一技术的成熟,2007 年二代基因测序技术大幅降低测序成本,使得这一技术应用出现可能,以走在前列的Illumina 公司为例,该公司自2007 年起把当时每个基因组的测序成本费用从1000万美元降到了当下的1000 美元, 根据Illumina 公司数据,全球NGS(二代基因测序)的应用市场规模预计为200 亿美元,药品研发和临床应用是增速最快的领域,增速超过15%,肿瘤诊断和个性化用药是最有应用前景的领域,市场规模120亿美元。乐土投资与Illumina以及新一代的基因检测公司Genalyte, Centrillion都有着合作关系。

刘如银说:精准医疗作为医疗模式的革新对提高我国国民健康水平有重要意义,将在基因测序技术发展和国家政策的推动下迎来黄金发展期。精准治疗是下一个新兴朝阳行业,我们关注基因测序、肿瘤诊断及个性化用药等相关投资机会。

全球创新论坛纽约峰会由全美华人金融协会(The Chinese Finance Association, TCFA) 主办。全美华人金融协会于一九九四年在美国成立。分布在世界各地的会员来自华尔街投行、基金、监管部门、和学术界,已成为联系中美金融界最重要的桥梁之一。协会定期举行学术年会。协会本部设在纽约,并在波士顿,华盛顿,旧金山,伦敦,香港,北京和上海等金融中心设有分会。

原招商银行行长马蔚华,中信银行美国分行行长文兵,汉世纪投资管理有限公司合伙人吴皓,联合国南南合作办首席经济与投资专家杨庆宏等参加了本年度会议并发表了讲话。
[ 2015/10/30 02:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。