素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花陽「絵里ちゃんは格好いいなぁ…」にこ「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:22:29.64 ID:P7Z2WVd40

花陽「絵里ちゃんは、かわいくてかしこくてそれにスタイルも良くて格好いいよね」

花陽「希ちゃんは不思議な力強さがあって包容力もすごくて」

にこ「…」ドキドキ

花陽「海未ちゃんはキリッてしてしっかりしてるし詩も書けて」

にこ「ん?」

花陽「ことりちゃんはみんなに優しくて衣装作りも上手くて」

花陽「それに穂乃果ちゃん! 穂乃果ちゃんはみんなを引っ張ってくれるリーダーで…」

花陽「μ'sの先輩たちはみんな素敵な人ばっかりだから、私は幸せだなぁ…」

にこ「ちょっと待ちなさいよ誰か忘れてんでしょ誰か」



6be8c1a0.jpg
 
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:29:18.95 ID:P7Z2WVd40

にこ「μ'sの中にあと一人大先輩がいたわよね? ほら、笑顔が可愛い~」

花陽「でもね、にこちゃんはあんまり先輩って感じはしないの」

にこ「」

にこ「ふふ、ふふふ…、舐められたもんね。この矢澤にこ様が…」

花陽「にこちゃんは…って、ええっ!? 別に舐めてるとかそんなんじゃないよぉ~」

花陽「その…近い距離でいてくれるから、先輩とかじゃなくてお姉ちゃんみたいに感じちゃって」

にこ「…///」ポッ

にこ「ふ、ふん! だからって私が舐められてることに変わりはないわ」

にこ「いいわ。見せてあげるわよ…このニコニーの本当の実力を」

にこ「パイセンの威厳ってやつをね!」

花陽「えぇ…?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:30:20.04 ID:Q4CnxoE40

パイがないからただのセン


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:36:13.10 ID:P7Z2WVd40

にこ「というわけで勝負よ、穂乃果」ビシッ

穂乃果「うん? なんの?」

にこ「どちらがより先輩の威厳を持っているか、それを比べるの」

穂乃果「よく分かんないけどにこちゃんの方が先輩でしょ? 私2年生だし」

にこ「そんなことで測れるもんじゃないのよ…。とにかく勝負!」

穂乃果「うーん、まあにこちゃんがそこまで言うならいいけど」

花陽「わわ…なんだか大変なことになってきちゃった」


花陽「ところで、どうして穂乃果ちゃんを勝負の相手に選んだの?」

にこ(穂乃果が一番パイセン力が弱そうだからとは言えない)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:43:43.22 ID:P7Z2WVd40

穂乃果「それで? どんな勝負をするの?」

にこ「ふふ。決まってんでしょ…憧れの先輩に求められるモノといえば当然―――」


にこ「『頭脳』よ!」


花陽「えっ…!? あのにこちゃんが頭脳勝負を持ちかけた!?」

穂乃果「えー? 穂乃果頭悪いからテストで勝負なんてやだよー」

にこ「文句は受け付けないわ。
    あんた後輩から『ここの問題の解き方教えて下さい』とか言われたらどーすんのよ」

にこ「頭の良さはそれそのものがパイセン力の指標となるわ。さあ、勝負よ穂乃果!」

穂乃果「えぇ~?」

にこ「この問題集を明日までに解いてきなさい。より上手く後輩に解説できた方が勝ちよ」

花陽(穂乃果ちゃんになら頭の良さで勝てると思ったんだろうなぁ…)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:50:45.42 ID:P7Z2WVd40

次の日

にこ(ふふ…。昨日の問題集は結構レベルが高いやつだから穂乃果に解けるハズがない)

にこ(それに比べて私は参考書も読んで徹夜で作った解説用ノートまである)

にこ(さあ、この大先輩の頭脳の前にひれ伏すと良いわ、穂乃果!)

穂乃果「にこちゃ~ん、昨日の問題難しすぎだよ~」

にこ「そう? でもあれって高1の範囲なのよね」

穂乃果「そんなこと言ったって難しいものは難しいよー。おかげで全然解けなかったんだから」

にこ「ほう」ニヤリ

にこ(勝った!)

穂乃果「だからね。解き方は昨日、海未ちゃんに教えてもらったんだ~」

海未「はい」

にこ「え」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:58:21.29 ID:P7Z2WVd40

にこ「は…? 何よそれ」

穂乃果「海未ちゃんの教え方ってすっごく上手なんだよ。だから私もしっかり理解できちゃった」

海未「かなり骨が折れましたけどね…」

にこ「いや、でもそれは」

花陽「にこちゃん、これって問題を解けるかで競うんじゃなくて解説できるかを競うんだよね?」

にこ「…」


穂乃果「ここがこうで、こうなってね…。こうすればいいんだよ」

花陽「なるほど…」

にこ「あ、私の解答間違ってるわ…」

海未「にこはこの部分で間違ってしまったようですね。それ以前に、ここをこうしておけば…」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:08:26.61 ID:P7Z2WVd40

花陽「穂乃果ちゃんの勝ちです」

穂乃果「うん! 海未ちゃんありがとー」

にこ「…」フルフル

にこ「こんなの認めないわ…こんなのだって卑怯じゃない」

海未「勝負の内容を聞く限り、
    1つ年上のニコの方が明らかに有利じゃないですか。その時点で卑怯も何も」

海未「第一にこは解き方を間違っていたでしょう。これはマズいことですよ」

海未「間違った解き方を先輩に教わるなど、
    後輩から見たらたまったものではないですからね」

にこ「…」ショボーン

花陽「にこちゃん…」

にこ(まさか頭脳戦で穂乃果に負けるなんて)

にこ(こんなんじゃパイセンとしての威厳が…!)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:18:08.34 ID:P7Z2WVd40

にこ「次の勝負の相手は希にするわ」

花陽「どうして希ちゃんなの?」

にこ「決まってんじゃない。希って結構ポンコツなのよ」

花陽「えっ」

にこ「同学年の私からすればあれは全然パイセンらしくないわね。もうただの年上ってだけ」

にこ「つまり、希は先輩オーラ皆無」フフン

花陽「にこちゃんは勝てると思った相手としか勝負しないの?」

にこ「え゙っ!? い、いやそういうわけじゃないんだけど…」

花陽「…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:28:48.49 ID:P7Z2WVd40

希「ウチと決闘しようなんていい度胸してるやん」ゴゴゴゴゴ

にこ「希にすごまれても全然怖くないわね」ニココココココ

花陽「…」

にこ「決闘はあくまでパイセン力を競うもの。今度の内容は―――」


にこ「『包容力』よ!」


花陽「えっ!?」

希「ほほーう」

花陽(希ちゃん相手に包容力で勝負するのぉ!? にこちゃん、何か作戦でもあるのかな…?)

にこ「…」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:38:29.94 ID:P7Z2WVd40

にこ「勝負の内容は、後輩の無理を聞いてあげること。
    先輩として優しく接してあげられるかを競うわ」

希「なるほど。生徒会副会長のウチにピッタリやね」

花陽「大丈夫なの?」

にこ「もちろんよ。私が素晴らしい先輩であることを証明してあげるわ」

にこ「で、無理難題を言ってくる後輩はこちらに用意しています」スッ

凛「今日は何言っても怒られないって本当かにゃー?」

真姫「一体どうしてくれようかしらね」

花陽「凛ちゃんに真姫ちゃん!」

希「なるほど、2人ともなかなかのじゃじゃ馬やからね」

真姫「誰がじゃじゃ馬よ」

凛「凛が馬なら希ちゃんは何なの? ゴリラ?」

希「」イラッ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:48:35.50 ID:P7Z2WVd40

希「凛ちゃん…?」ゴゴゴゴゴゴゴ

花陽「うわぁ…」

凛「ひぃっ!? きょ、今日は何言っても許されるって聞いたけど本当にいいのかにゃー!?」

にこ「そうよ希。このくらいのことで怒るなんて大人げないわよ」

希「くっ…!」

にこ「ほらほら、笑顔で返すくらいの余裕を見せなさいよ。にこにこにー♪」

真姫「ニコちゃんはちょっと寒くないかしら」

にこ「」ザクッ

にこ「ふ、ふふ…。そ、そそそそれでも笑顔なのがこの私、矢澤にこよ」

にこ「後輩の一言に怒ったりしない! いつでも笑顔、あなたのハートににこにこにー♪」

凛「ぷっ」

にこ「あああああああああああ! ああーーああああーあああーああーあーあ!」イライラ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:58:15.09 ID:P7Z2WVd40

にこ「落ちついたわわね。さ、とりあえずみんなでコンビニにでも行きましょ」

希「なあ凛ちゃん、ウチ『先輩』として、なんか奢ってあげるで~」

凛「え! 本当!? 希ちゃん優しいにゃ~」

にこ「!」

にこ「ま、真姫ちゃんもほら、このにこ先輩が何でも買ってあげるわよ」

花陽「…」

真姫「私はパス。だって暑いし」

にこ「え…」

真姫「あ、どーせ行くなら一緒にエビアン買ってきてくれる?」

にこ「…」フルフル

にこ(耐えるのよ…耐えるのよ私。後輩にパシらされるくらい全然いいじゃない)

にこ(あの頃の…孤独な私に比べれば)


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 20:08:32.89 ID:P7Z2WVd40

2年前

にこ『え…? みんなどうして!? アイドル研究会やめるってどうしてなの!?』

にこ『そんな! でも、このくらいやらないとトップアイドルなんて目指せないし…』

にこ『じゃあ…私が悪いってことなの…?』


にこ(あれから1年以上、私は一人だった。苦しかった、辛かった)

にこ(だから私はそんな想いをさせないよう後輩には優しくするの。
    後輩の我儘くらい、可愛いものよ…)


希「凛ちゃん、好きなもん持ってきてええで」

凛「じゃあ凛はこの、具多のハンバーグ麺にするにゃー」ヒョイッ

希「それでええん? 売れ残って50円引きになってるようなやつやけど」

凛「うん。希ちゃんが買ってくれるって言わなきゃ手を出そうとは思わないようなものだし」

凛「マズかったら希ちゃんに全部あげるから問題なしだにゃー♪」

希「」ブチッ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 20:18:41.93 ID:P7Z2WVd40

にこ「はい、真姫ちゃん」

真姫「遅い。水一本買ってくるのにどんだけ時間かかってんのよ」

にこ「ごめんね、すぐそこのコンビニにはいろはすとクリスタルガイザーしか置いてなかったから」

真姫「え…、それで他のコンビニにまで行ってたの?」

にこ「そうよ。だって真姫ちゃんにはいつも喉を良い状態にしてて欲しいから」ビシッ

真姫「…」

真姫「そ、そう…。そこまで言うなら許してあげるわよ」クルクル

真姫「でも―――」


花陽「これってさ、先輩としてはおかしいんじゃないかな」

花陽「本当の先輩って、後輩をちゃんと叱ってあげられる人だと思う」

花陽「包容力も必要だとは思うけど、それで後輩が我儘なままじゃダメだよね…」

にこ「あ…」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 20:28:55.57 ID:P7Z2WVd40

にこ「でも…でもっ! 昔の私はみんなにやる気を押しつけて!」

にこ「それでみんなやめちゃったから…私が我儘だったからいけなかった」

にこ「だから私は後輩が入ってきたらその子たちの我儘は聞いてあげなきゃって思ってたの!」

にこ「包容力は必要でしょ!?」

真姫「…でも、そうやってにこちゃんが全部受け止めてたら…辛いでしょ?」

真姫「包容力も確かに必要、それは間違いないけど無理はしなくていいのよ」

花陽「私たちが我儘を言ってニコちゃんが悲しむのは…私たちだって嫌だよ」

花陽「だから私たちが失礼なことを言ったらニコちゃんは怒っていいの」

花陽「私たちは…私は、にこちゃんから離れたりしないよ」ギュッ…

にこ「マキちゃん…はなよ…」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 20:38:11.44 ID:vZOdNjNi0

( ;∀;)イイハナシダナー


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 20:38:15.34 ID:P7Z2WVd40

にこ「私はまだまだね…。穂乃果に頭脳で負けて、先輩として大事なことも忘れてた」

にこ「包容力だってまだまだ足りてないわよね」

花陽「にこちゃん…」


凛「希ちゃぁぁん…もう許して~」

希「それは無理な話やな。悪いことばっかり言う凛ちゃんにはお仕置きのワシワシMAXや!」

凛「きゃあああああああ!」


にこ「この勝負は私の負け。それどころか私のパイセン力は全然だって分かった」

にこ「…」

にこ「私、本当に駄目な先輩よね…」

花陽「え…」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 20:48:33.18 ID:P7Z2WVd40

絵里「それで、今度は私と勝負するってことなのかしら?」

にこ「そんなワケないじゃない…。校内一『先輩』らしいあんたに勝負なんて挑まないわよ」

絵里「あら? それは賢明な判断ね」

にこ「絵里のところに来たのは他に理由があるからよ」


ことり「そっかぁ…。それでにこちゃんはまた悩み始めたんだね」

花陽「うん…。本当はこうなるハズじゃなかったんだけど」

花陽「私は、にこちゃんに先輩後輩じゃなくてもっと近くにいる存在として見て欲しかったの…」


にこ「絵里、一体どうやったらあんたみたいに格好良くなれるの?」

にこ「私も絵里みたいに格好いい先輩になりたい」

にこ「私は、花陽に頼れる格好いい先輩として見て欲しいのよ…」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:03:03.13 ID:P7Z2WVd40

絵里「つまり花陽をふり向かせるために格好いい先輩になろうっていうことなのね」

絵里「へぇ…」ニヤニヤ

にこ「な、何よその反応は。私が花陽を好きだったらなんかおかしいの?」カアアアアア

絵里「いや? 別にそんなんじゃないのよ。ただ」

絵里「花陽の方はどう思ってるのかしらねーって思って」


花陽「本当は告白するつもりだったんだけどなぜか変な道に逸れちゃって…」

ことり「そうだねぇ。にこちゃんは一応先輩だし年下の前では格好良くしたいんだよ」

ことり「そういう意味ではかよちゃんの告白は逆効果だったかもね」

花陽「うん…。嫌われちゃったかなぁ…?」

ことり「ふふ。きっとそれはないと思うよ」

ことり「だからかよちゃん、次の告白のときはね―――」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:18:04.44 ID:P7Z2WVd40

花陽「あ…」

にこ「花陽…。お、おはよう」

花陽「うん…。おはよう、にこちゃん」

凛「にこちゃんおはようだにゃー。ねぇねぇ、今日の放課後みんなでラーメン食べに行かない?」

花陽「…」

にこ「…ごめん。私はちょっと忙しいからパスするわ」

花陽「え…」

凛「えー?」

絵里「おはよう、みんな」

にこ「絵里! おはよう、昨日の件なんだけど…」スッ

凛「ありゃ、にこちゃんたち向こうに行っちゃったにゃ」

花陽「にこちゃん…?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:33:13.75 ID:P7Z2WVd40

穂乃果「あれ? 絵里ちゃんとにこちゃんは今日お休み?」

希「どうやろ。さっき二人で生徒会室に入ってったし何かの手続きかもしれんなぁ」

ことり「にこちゃんと絵里ちゃんが?」

凛「今日の朝も二人でコソコソ話してたにゃー」

海未「そういえば、昼食も二人でとっていましたね」

真姫「合同体育の時間もずっと一緒にいたみたいね」

希「おおっと、これはもしかしてそういうことなん? えりちとにこっちが急接近しとるん?」

凛「実は私もそうなんじゃないかと思ってるにゃー」

花陽「え…」トクン


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:49:07.50 ID:P7Z2WVd40

花陽(どうしよう…。にこちゃんは絵里ちゃんのことが、好き…?)

花陽(でもそれはそうかも…。絵里ちゃんは格好いいし当然だよね…)

花陽(私はことりちゃんみたいに可愛くないし海未ちゃんみたいに格好いいわけでもない)

花陽(穂乃果ちゃんみたいに積極的でもない。にこちゃんに好かれるわけないよ…)

花陽「私はにこちゃんにとってただの後輩なんだよ…―――」


にこ「―――そんなことないわよ、花陽」

花陽「え…?」

にこ「私にとって、花陽はただの後輩なんかじゃないわ。もっと大切な存在」

にこ「だから…ね。えっと…その」キュッ…

花陽「あ…」


にこ「花陽、私はあなたのことが好きなの!」チュッ…


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:03:35.46 ID:P7Z2WVd40

絵里『うーん。私も格好いい先輩が何かって分かってるわけじゃないしねぇ』

にこ『でも…! なんかあるでしょ!?』

絵里『そうねぇ…。強いて言うなら』

絵里『後輩が泣いている時に、そっとチュウとかしてあげるのが格好いい先輩じゃないかしら?』


にこ「ほら、そんなに泣かないの」

花陽「え…ええええええっ!? い、今…キス…」


ことり『かよちゃん、次ににこちゃんに告白するときはいっそ攻めていこう!』

ことり『にこちゃんは格好いい先輩を目指してるんでしょ? だったらきっと』

ことり『可愛い後輩にキスされて、甘えられたらたまらないんじゃないかな?』


にこ「そ、その…いきなりキスしたのは謝るわ。ごめん…でも、私は本気で……むぐっ!?」

花陽「ん…っ。うん…、私もね。にこちゃんのこと、大好きだよ…!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:18:11.35 ID:P7Z2WVd40

にこ「お、おおおおおおおお!?」ドキドキ

花陽「にこちゃん、昨日は先輩らしくないみたいなこと言ってごめんね」

にこ「い、いいのよ…。実際私は先輩としては全然ダメだものね」

花陽「ち、違うよ! 私はそんな意味で…」

にこ「だからこれからはもっと頑張る。
    先輩としてだけでなく、花陽の恋人として恥ずかしくない女になる」

花陽「に、にこちゃん!? こ、恋人って…///」

にこ「もちろん、花陽の傍でね」

花陽「にこ、ちゃん…///」

にこ「もう…またそんな泣きそうな顔して。ほら、笑いなさいよ」

にこ「にっこにっこにー♪」

花陽「…ふふ。にこにこにー♪」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:33:19.66 ID:P7Z2WVd40

にこ「…ふふ」

花陽「…えへへ。やっぱりにこちゃんは笑顔が一番だね」

花陽「私がにこちゃんを好きになったのは、笑顔のにこちゃんを見てると私も笑顔になれるからなの」

にこ「そう? それならもう花陽の前ではずっと笑顔でいなきゃね」

にこ「にこにこにー♪」

花陽「にこにこにー♪」


凛「…」ボーゼン

真姫「いや、にこにこにーじゃないわよあんたたち」

絵里「二人とも廊下で何をやってるのよ…。みんな見てるわよ?」

にこ「え゙っ」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:48:24.77 ID:P7Z2WVd40

花陽(ある日の放課後、1年生の廊下で起きた告白劇は学院中に広まりました)

花陽(見ていた人は少なかったので私もにこちゃんも反省文で済みましたが…
    噂が広まるのは早いものです)


穂乃果「いやー、この前のあれは本当にすごかったもんね!」

真姫「あれの影響で学院のいたるところで先輩後輩カップルが成立してるらしいわね」

ことり「さっきも海未ちゃんが1年生の子に告白されてたしね」

海未「最近そんなことばかりですよ…。嬉しいことではあると思うんですが」

真姫「エリーも連日告白されてるのよね…。私は逆に先輩から告白されたわ…」

穂乃果「私も、絵里ちゃんに告白してみよっかなー」

海未「えっ」

ことり「希ちゃんと凛ちゃんも付き合い始めたしね」

真姫「えっ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:04:30.05 ID:P7Z2WVd40

にこ「はぁ。反省文で済んだとはいえ、あの件はやっぱ内申に響きそうだわ」

花陽「わわ…。大学受験大丈夫そうなの?」

にこ「AO推薦ダメになりそうだしキツいわ…。私立に通うお金もないしどうしようかしら」

にこ「あ、いっそのこと留年すれば花陽ともう1年やれるじゃない。いっそ2年やってもいいわね」

花陽「えぇ~っ!? だ、ダメだよそんなの」

にこ「冗談よ。花陽の恋人として、留年なんて恥ずかしい真似できないわよ」

花陽「にこちゃん…///」

にこ「ま、ちょっと時間はかかるかもしれないけど、
    ずーっと花陽を守れるような大人になってみせるわ」

にこ「だから花陽は、私の後についてきなさい」

花陽「うん!」


完ですよー


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:53:33.55 ID:bRi7Ev+LP

まさか学園内ですら行き遅れる人がμ‘sのメンバーに居るなんてそんなこと無いよねハハッ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:20:47.27 ID:28ag9m9h0

悲しすぎワロタwwwwww


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:23:43.49 ID:UtC2wq2T0

マイナーカプの宿命



ラブライブ!   (Love Live! School Idol Project) 3 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
新田恵海,南條愛乃,内田彩,京極尚彦

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 127

Amazonで詳しく見る by AZlink

ラブライブ! (Love Live! School Idol Project)  5 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 5 (初回限定版) [Blu-ray]
新田恵海,南條愛乃,内田彩,京極尚彦

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 93

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2013/08/11 00:32 ] ラブライブ!SS | TB(0) | CM(2)
にこちゃんレベルの成績でAO突破できる国公立なんて都内にあんのかい
[ 2013/08/11 05:10 ] [ 編集 ]
にこぱなもよいものですね。
[ 2013/08/11 13:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。