素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絵里「帰らなきゃ…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 18:33:56.45 ID:DkLu9IjR0

絵里「…ふぅ」

絵里「生徒会の仕事も楽じゃないわね」

絵里「でも、これで大体は片付いたわね」

絵里「…よいしょっと」

ガラッ



希「ん?えりちどないしたん?カバンなんか持って」

絵里「…希、見て分からないの?」

希「…ハッ!ま、まさか…」

絵里「……」コクン

希「アカン、アカンでえりち!まだそんな時間やない!」

絵里「…そうね、でも」






絵里「私は、帰らなきゃいけないの」



14253b14.jpg
 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 18:34:39.52 ID:83wgjNE60

おうチカ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 18:34:39.94 ID:vy/iePLF0

かしこい!


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 18:37:53.57 ID:DkLu9IjR0

絵里「じゃあね、希」

希「えりち、待っ…」

ガララッ、バンッ


希「あぁ、大変なことになってしもた…」

希「えりちの一ヶ月に一回は必ず起ってしまう、
   『スタイリッシュ☆エリチカおうち帰る』が発動してしまったんや」

希「今まではウチ一人やったから止めることができひんかった」

希「カードもそのまま帰らせろて告げてたし…」



希「……」

希「でも、今は違う」

希「ウチは、もう一人やない」

希「μ'sのみんながおる」

希「ウチを入れて…」スッ…

希「9人や!」ピポパ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 18:44:18.82 ID:DkLu9IjR0

絵里「…うん、追ってこないわね」

絵里「ま、あの希の事だわ。策の一つでもあるはず…」



ドタドタドタ



凛「絵里ちゃん、そこまでだにゃー!」

絵里「凛、どうしたの?私急いでるんだけど…」

凛「ふっふっふ…凛は希ちゃんから聞いたんだにゃー。絵里ちゃん、今から帰るんだってね?」

絵里「…だとしたら?」

凛「まだ学校は終わってないよ!だからここは通さないニャー」

凛「どうしても通りたいっていうのなら…」

凛「凛を倒してから行くんだにゃー!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 18:53:30.34 ID:DkLu9IjR0

絵里「…ふふっ。なるほどね」

絵里「μ'sのみんなの力を合わせて、私を止めようと考えたのね」

絵里「…でも」


スッ


絵里「相手が悪かったわね、凛」

凛「!?」

絵里「私が何も用意しないでおうちに帰るとでも思って?」

凛「ど、どういうこと?」

絵里「さぁ?何かしらね?」

絵里「いいわ、遊んであげる、来なさい」

凛「先手必勝!行くにゃー!」ニャー!!


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:02:06.57 ID:DkLu9IjR0

絵里「遅い」

凛「えっ?いつの間に凛の背中に…!」

絵里「ていっ」アシカケッ!!

凛「にゃあ!」


バタンッ!!


凛「うぅ…痛いにゃー」

絵里「凛、これを見なさい…」

凛「えっ?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:06:50.11 ID:DkLu9IjR0

カポッ


凛「はっ!こ、これはラーメンの匂い!……お腹へったにゃ……」

絵里「ふふっ…凛、これが欲しい?」

凛「ほ、欲しいにゃ…」

絵里「そう…じゃあ、目を閉じて、口を開けて」

凛「は、はい…」ドキドキ…

絵里「いい子ね…じゃあ、ご褒美よ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:10:40.72 ID:DkLu9IjR0

ガポッ!!



凛「んぐっ!?んんんんんんー!?」ジタバタ

絵里「あら、間違えて魚を入れてしまったわ」

絵里「でももったいないから、全部食べてね」ガボッ!!

凛「ンゴブッ!!んごおおおおおお!」ガクガクガク

絵里「ごめんね凛、嫌いな魚、口に詰め込んじゃって」

凛「し、しかも、生、ざか、にゃ…」バタリ




絵里「安心して、今度美味しいラーメン屋さん、連れてってあげるから」

絵里「おやすみなさい。凛」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:20:29.50 ID:DkLu9IjR0

絵里「…さて、これで残り7人ね」

絵里「次は誰が来るのかしら…?」



ことり「絵里ちゃん!」チュン!

絵里「ことり…?」

ことり「希ちゃんから聞いたよ!絵里ちゃん、まだ家に帰っちゃダメ!」

絵里「貴女も私の邪魔する気?」

ことり「違うの!ただ…」

ことり「私は、μ'sのみんなと一緒に入れることが嬉しいから…」

ことり「穂乃果ちゃんや海未ちゃんと同じで…絵理ちゃんにもここにいて欲しいの!」

ことり「だから、まだ帰らないで」

ことり「一緒に練習してから帰ろ。…ね?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:32:20.07 ID:DkLu9IjR0

絵里「ことり…ありがとう。貴女がそんな風に思ってくれてとても嬉しい」

ことり「絵里ちゃん…」ピヨォ…

絵里「でも、今日だけはダメなの」

ことり「ど、どうして…」

絵里「確かに私もμ'sのみんなも、みんなと練習するも大好きよ」

絵里「悲しい時も、辛い時も、一緒に頑張って乗り越えてきたこの仲間たちが…」

ことり「じ、じゃあなんで…」

絵里「それはね…」











絵里「今日はもうやる気なくなった。だからエリチカ、お家に帰る」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:40:25.68 ID:DkLu9IjR0

絵里「じゃあね、ことり」スタスタ…

ことり「ま、待って絵里ちゃ」

絵里「スピリチュアルパワー!」バッ!!


ボンッ


(・8・)「チュン」


絵里「…ごめんなさい、ことり」

絵里「後で希に戻してもらいなさい」







絵里「…あと、6人ね」

絵里「さて、次は誰かしらね」

絵里「…ん?」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:53:28.14 ID:DkLu9IjR0

絵里「スクールアイドル特典DVDBOX…これ、にこの私物じゃない。何でこんなところに…」


「隙ありっ!!」ブォン!



絵里「…これはどういう事かしら?にこ」

にこ「ふふん、さすが優等生ね。教科書を粗末に扱うなんてできっこない」

にこ「でも、その真面目ぶりが裏目に出たようね!まんまとにこの作戦にはまったのよ!」

にこ「こうやってDVDでアンタの集中を奪って、教科書を受け止めらせることで手を封印させ…」

にこ「その隙に網を投げて拘束しちゃう!」

にこ「こんなにすごい作戦考えちゃうなんて…にこ、自分の頭の良さが怖くなっちゃ~う!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 19:58:13.51 ID:DkLu9IjR0

絵里「…流石ね、にこ」

にこ「ふふん!今更にこの凄さに気付いたって遅いわよ!さぁ観念して」

絵里「でも、肝心の網はどうしたのかしら?」





にこ「…え?」

絵里「私、まだ網にかかってないわよ?どこにあるの?」

にこ「…あ」

絵里「……」

にこ「……」

絵里「…流石ね、にこ」

にこ「に…にっこにっこにー☆」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:02:36.56 ID:DkLu9IjR0

絵里「さて、どうしてくれようかしら?」ワキワキ

にこ「ひっ!ち、ちょっと!にこに何する気!?」

絵里「えっ?別に大したことじゃないわよ?」

絵里「ただ、希がいつもにこをわしわしMAXしてたから…」

絵里「…私も、ね?ちょっと試してみようかしらと思って…」

にこ「」



絵里「さぁ、覚悟は出来たかしら?にこ」ワキッ!ワキッ!ワキワキッ!

にこ「や、やだぁ~絵里ちゃんったら顔がこわーい☆もっと笑顔で、ほら!にっこにっ」

絵里「秘技!KKEワシワシMAX!」ワシワシワシワシクリッワシワシワシッ!!!

にこ「ぎゃあああああああああああああああああああっ!!!!!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:11:13.22 ID:DkLu9IjR0


にこ「…ヒック、に、にこ…もうお嫁にいけない…」ビクンッ!!ビクンッ!!

えり「そう。なら真姫にもらってもらいなさい」



バタッ!!






絵里「これであと5人…もう少しね」

絵里「でも、まだ手ごわい相手が何人か残ってるわね」

絵里「早くお家帰りたいのに…」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:14:40.48 ID:o8w8wesu0

エリチー楽しそうだな


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:18:50.98 ID:DkLu9IjR0

ガラッ!!



絵里「ここは、一年生の教室よね。ということは…」





花陽「え、えりちゃん!」

絵里「花陽…どうしたのかしら?私急いでるんだけど…」

花陽「え、えっと…私も希ちゃんから聞いたんだけど…」

絵里「…そう、やっぱりね」

花陽「じ、じゃあやっぱり…!イ゛エ゛ニ゛ガエ゛ッチ゛ャ゛ウ゛ノ゛ォ゛!?」

絵里「うん」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:24:12.64 ID:80zHOnflP

で、出たァ!
おうちに帰る!!からのイ゙エ゙ニ゙ガエ゙ッヂャヴノ゙ォ!?の最強コンボ!



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:30:13.60 ID:DkLu9IjR0

絵里「…花陽」

花陽「…なら、花陽は絵里ちゃんをここから出しちゃいけない」

花陽「まだ、お昼ご飯も食べてないのに…
    美味しいご飯、いっぱい炊けたんだよ?」ホカホカ

花陽「絵里ちゃん。花陽と一緒にごはん食べよ?」

花陽「そしたら、また気が変わるかもしれないから…」

絵里「…どうして炊きたての白米があるのか、この際不問にしてあげるわ」

絵里「でも、私は今すぐお家に帰らなきゃいけないの」

絵里「だからごめんなさい。私、花陽と一緒にお昼は食べられないわ」

花陽「そ、そんなぁ…」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:39:25.77 ID:DkLu9IjR0

花陽「…ううん、花陽諦めない」

花陽「だって、絵里ちゃんは花陽の憧れで…目標だから」

花陽「もっともっといっぱい練習して、少しでも近づきたいから…!」

花陽「だからっ!」

絵里「そういえば花陽、これ持ってきたんだけど欲しいかしら?
    商店街の福引で当たったお米券なんだけど…」

花陽「絵里ちゃん!向こうの教室に真姫ちゃんが潜んでるから、
    遠回りして靴箱を目指したほうがいいかもっ!」

絵里「ありがとう花陽。今度花陽が炊いたご飯、食べさせてね?」

花陽「うんっ!たくさん用意してるからねっ!」






絵里「残り4人…いえ、あの教室を無視したら3人ね」

絵里「もうすぐ、もうすぐよエリーチカ…」

絵里「この先を行けば、靴箱までもうちょっと…」

絵里「なんとしてでも…帰ってみせるわ!」

絵里「だってエリチカには…帰るお家があるからっ!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:45:31.63 ID:DkLu9IjR0

真姫「…もうすぐね」

真姫「覚悟しなさいエリー。
    この真姫ちゃんにかかればあなたの愚行なんて一発で止めてあげるんだから」

真姫「教室に入ってきた時に…エリーの負けは確定よ!」



・・・・・・・・・・・・・・・・(・8・)


真姫「……」

真姫「な、何で来ないのよっ!?イミワカンナイッ!」











絵里「やった!やっと靴箱までたどり着けたわ!」

絵里「後は靴を履き替えてー。校門を出たらー」ウキウキ

絵里「帰れるっ!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:54:55.85 ID:DkLu9IjR0

絵里「さぁ、この渡り廊下を一気に…」


ヒュン!!



絵里「っ!!」バッ

???「おや、今のを避けるなんて…流石ですね、絵里」









絵里「その声…海未ね」

海未「はい、私です」

絵里「穏やかじゃないわね、校内に弓を持ち歩くなんて…」

海未「それ程本気だとしたら?」

絵里「…ハラショーね」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:05:55.00 ID:DkLu9IjR0

ヒュンヒュン!!



絵里「っく!」バッ

海未「あぁ、ひとつだけ訂正しておきます」

海未「これは、弓矢なんかじゃありません」ヒュン

絵里「へぇ、じゃあ、なんだって、いうのかしらっ!?」シュン!!



海未「…これは、私の日々の妄想が限界を超え、具現化した存在」

海未「そしてそれを、私が最も扱いやすい武器として構造を練り、
    弓矢のような形の武器になりました」

海未「そう、それこそが」

海未「ラブアローシュート‐MkⅡです」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 20:59:39.75 ID:GPEEWUrZP

どこから突っ込めばいいのやら


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:10:23.45 ID:GPEEWUrZP

ほぼ弓矢やないかい


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:17:14.30 ID:DkLu9IjR0

絵里「…ハラショー」

海未「そう、これを見たものはそうやって唖然とすることしかできないでしょう」

海未「しかし!この矢に当たればそうも言ってられませんよ!」

海未「当たれば自分の欲望を解放し、ただ本能のままに動いてしまう…」

海未「そうなれば、絵里はもう帰宅するなどという行動をとることはできません!」

絵里「…そう、それが海未の考えってわけね」

海未「少しおしゃべりが過ぎてしまいましたね。…では、終わりとしましょうか」




海未「絵里、覚悟っ!!」ヒュン!!





絵里「…なるほどね、そうやって自分の中の我溜を開放していたのね」

絵里「でも」サッ

絵里「まだ、足りないわ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:23:15.82 ID:DkLu9IjR0

チャキ…



海未「……え?」





絵里「海未、貴女の敗因は二つあるわ」

絵里「まず1つ目、弓なんてリーチの中途半端で次の装填に時間がかかる武器を選んだこと」

絵里「そしてもう一つは…」


ガチャ


絵里「ラブアローシュートを使えるのが、海未だけじゃないということよ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:24:02.25 ID:1zvjdul20

な、なんだってー


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:32:40.90 ID:aRbz/+DQ0

弓矢相手に銃とか…
さすが賢い汚いエリーチカやでぇ…



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:30:37.77 ID:DkLu9IjR0

海未「そ、そんな…。何故、銃なんか…」

絵里「ロシア人を舐めちゃいけないわ。
    あっちに行ったらそこら中の人たちが持ってるわよ」

絵里「でも、残念ね」

絵里「海未はもう少し頭の回転が速い子だと思ってたから…」

海未「…はっ!ま、まさかそれは」



バァン!!!



海未「ぐっ!し、しまっ…」


ドサッ・・・



絵里「そう、これが私のラヴ・アローシュート」

絵里「Colt Government KKEモデルよ」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:33:04.13 ID:DkLu9IjR0

絵里「…さて、靴も履き替えたことだし、」



アナタノハートヲウチヌク!ラブアローシュート☆
キャーソノダサンナニシテルノ‐!?
アイジョウソソイダイッポンノヤ!ラブアロー



絵里「じゃあね海未、きっと貴女、明日から人気者よ」

絵里「…って、聞こえてないわね」

絵里「さて、と」

絵里「帰るわよ」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:42:22.71 ID:DkLu9IjR0

ザアァ・・・




絵里「この学校、ニ年半通ってきたけど…やっぱりこの瞬間が一番気持ちがいいわ」

絵里「…この桜並木を抜けたら、校門はすぐそこね」

絵里「…さて、最後はどんな事をして私を止めてくれるのかしら」










絵里「…ねぇ?穂乃果」


穂乃果「……」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:35:21.20 ID:1zvjdul20

それでも穂乃果なら、穂乃果ならきっとなんとかしてくれる


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:46:31.96 ID:na4U4vy50

穂乃果なら一緒に帰ってくれる


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:53:26.43 ID:DkLu9IjR0

穂乃果「…どうして最後が穂乃果だって分かったの?」

絵里「あら、じゃあやっぱり希は司令塔なのね。あの子らしいわ」

穂乃果「…うん、そうだよ」

絵里「でも残念ね。みんな私を止めることは出来なかったわ」

絵里「最も、最初から私を止めることなんてできやしないのだけれど」

絵里「たとえ、μ's全員でかかってきても…ね」

穂乃果「…そっか。みんな、絵里ちゃんにやられちゃったんだね」

絵里「あら。そんな物騒な言い方はよくないわよ」

絵里「私はただ帰りたかっただけ…お家にね」

穂乃果「……」




絵里「さて、そろそろそこをどいてくれるかしら?穂乃果」

絵里「それとも…私を止める気?」

穂乃果「……」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 21:59:02.49 ID:DkLu9IjR0

穂乃果「もう、言葉はいらないよね」

穂乃果「みんな色んな事をして、絵里ちゃんを止めようとした…」

穂乃果「でも、全部ダメだった。絵里ちゃんには無駄足だった」

穂乃果「だったら、もうこれしかない」

絵里「…それは?」




穂乃果「穂乃果との勝負は…」

穂乃果「これだよっ!!」ギュッ!


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:04:40.51 ID:DkLu9IjR0

絵里「…拳を出して、私に突きつけた。ということは」

穂乃果「じゃんけん勝負」

穂乃果「勝負は一回。負けたほうが相手の言うことを聞く…」

穂乃果「これが私との…勝負っ!」




絵里「…ふふっ。穂乃果らしい単純な勝負ね」

絵里「でも」


ギュッ…


絵里「だからこそ、面白いわ」

穂乃果「さぁ勝負だよ!絵里ちゃん!」

穂乃果「勝っても負けても、恨みっこなし!」

絵里「もちろん!全力で来なさい!穂乃果ぁ!」

穂乃果「じゃーん!」

絵里「けーん!」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:05:12.80 ID:DkLu9IjR0
 






                 「「ポンッ!!!」」






64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:15:16.48 ID:DkLu9IjR0


ピリリリリリ…



ピッ



絵里「…希?」

絵里「…もしもし」

希「あ、えりち。今どこにおる?」

絵里「私?私なら今…」









絵里「校門を出て、通学路を歩いてる所よ」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:24:21.03 ID:DkLu9IjR0

希「あちゃー、やっぱダメやったかー」

絵里「希…貴女わかってたのでしょ?」

希「んー?なんのことー?」

絵里「とぼけたって無駄よ」

絵里「私が月一のこの日に、帰らないわけないじゃない」

希「えー?」

絵里「もう…μ'sのみんなには後でちゃんと説明するから、何もしないでよね」

希「ええやん。こういうのも結構面白かったんちゃう?」

絵里「まったくもう…」

希「なはは。じゃあウチまだ授業あるけん切るね」

絵里「うん。じゃあね」

希「ほなー」ピッ


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:26:47.12 ID:DkLu9IjR0

絵里「もう、希ったら面白いこと考えると歯止めが効かないんだから…」

絵里「でも…」




[絢瀬家]




絵里「や、っと。帰って来れた…」

絵里「あぁ…し・あ・わ・せ」キュン

絵里「……」

絵里「でも、もしまたみんなが私の帰りを邪魔してくるって言うのなら…」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:28:48.10 ID:DkLu9IjR0

ガチャ・・・



絵里「その時は、また相手になってあげる。まぁ、負けるつもりはないけど」

絵里「だって、私には…」







「帰る家が、あるから」






バタンッ



‐エリチカ、帰還っ!‐


~おわり~


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:32:27.43 ID:BtU5rTypO

かしこい!


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 22:33:14.90 ID:80zHOnflP

かわいい!



ラブライブ! (Love Live! School Idol Project)  6 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 6 (初回限定版) [Blu-ray]
新田恵海,南條愛乃,内田彩,京極尚彦

バンダイビジュアル 2013-08-28
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る by AZlink

ラブライブ! コミックアンソロジー (電撃コミックスEX)ラブライブ! コミックアンソロジー (電撃コミックスEX)
音乃夏,清瀬赤目,公野櫻子,室田雄平

アスキー・メディアワークス

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2013/08/28 16:28 ] ラブライブ!SS | TB(0) | CM(17)
かしこくない!
[ 2013/08/28 17:45 ] [ 編集 ]
何か理由があるのか…?と思ったらやっぱりただの帰宅じゃねーかwwwwww
[ 2013/08/28 18:04 ] [ 編集 ]
海未ちゃんそのうち固有結界とか使えるようになってそうだな…
[ 2013/08/28 18:08 ] [ 編集 ]
お家に帰る…たったそれだけの事なのに、えらく大事になっちゃうところがすごい!>>1さん、あなたが一番、賢い!のかな…?
[ 2013/08/28 18:17 ] [ 編集 ]
無駄にカッコいいなエリーチカ
このエリーチカは間違いなく賢くはないがwww
[ 2013/08/28 19:03 ] [ 編集 ]
かしこいとかかわいいとか関係なくて
これってただのサボr
[ 2013/08/28 21:35 ] [ 編集 ]
だが待って欲しい
μ'sの他メンバーが全員自由に動けて、かつ、これだけの時間が経っているなら
普段の帰宅時間となんら変わらない時間が経過しているのではないだろうか
[ 2013/08/28 21:47 ] [ 編集 ]
月一で生理なのよ
[ 2013/08/28 21:49 ] [ 編集 ]
〜けん
は関西弁じゃないやろ

のんたん、エセ方言何種類持ってるんだ…!
[ 2013/08/28 21:50 ] [ 編集 ]
のぞみんのエセ関西弁は語尾の〜やもしくは〜よが抜けてるのが何より違和感ある
[ 2013/08/28 23:30 ] [ 編集 ]
真姫ちゃん…
[ 2013/08/29 00:12 ] [ 編集 ]
ことりちゃんを元に戻してあげて
[ 2013/08/29 00:38 ] [ 編集 ]
ラブアローシュートに当たると自分の欲望をさらけ出すのなら、あそこでエリチカに当たっても「帰りたい」って気持ちは変わらなかったんじゃない?
[ 2013/08/29 01:13 ] [ 編集 ]
ハらショー
[ 2013/08/29 01:20 ] [ 編集 ]
この海未ちゃんってただのアーチャ…



ウミチャー!
[ 2013/08/29 07:00 ] [ 編集 ]
「帰る家が、あるから」 に謎の感動

L.A.S.って奥が深いですねぇ
[ 2013/09/01 07:24 ] [ 編集 ]
それでおうちの中にのんたんが待ってるんですねわかります
[ 2015/04/23 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。