素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

響「翼さん、私と未来の愛の巣に遊びに来ませんか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:24:28.56 ID:Btx/0nMh0

翼「……すまない立花、もう一度言ってくれるか?」

響「ですから、私と未来の部屋に遊びに来ませんか」

翼(私の聞き間違いか……?)

翼「非番とはいえ遊びなど……防人には不要だ」

響「ええー、たまの休みくらい羽を伸ばしましょうよ」

翼「だからとてッ! 安寧など不要、TSURUGIに必要な物はIKUSABAだけと知れッ!」

響「でも、折角の休暇じゃないですか、師匠だって休みを楽しめって言ってましたし」

翼「叔父上が? そう……そこまでお膳立てされては無碍にするわけにもいかないわね」

翼「不承不承ながら、了承しましょう」

響「やったあー!」



20120226144408316.jpg
 
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:28:06.69 ID:Btx/0nMh0

響「じゃあ未来に連絡して来ますね」

翼「あ、ああ……」

響「あっ、そうだ! パジャマの用意をしてくださいね、パジャマパーティーしますから」

翼「パジャマ……だとッ!?」

響「泊まっていってください!」

響「もしもし未来? 翼さん大丈夫だって」

翼「ま、まて立花!」

響「うん、あいし……って、なんですか翼さん?」

翼「パジャマと言われても、私はTSURUGI、この身に纏うは鞘袋……」

響「何言ってるか全然わかりません!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:33:52.96 ID:Btx/0nMh0

翼「その……碌な寝巻を持っていないんだ」

響「ええ!? ステージではあんなに素敵な衣装を着てるじゃないですか!」

翼「あれは緒川さんに当日になって渡されてるだけで」

響「そう……なんですか」

翼「私は戦うことしか知らないのよ……」

響「翼さん……」

翼「……いや、少しはマシなものもあったと思うわ、探すのに時間がかかりそうだけれど」

響「ああー……」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:38:43.15 ID:Btx/0nMh0

響「それじゃあ私は準備がありますから、お先に失礼しますね」

翼「準備?」

響「翼さんを迎える準備に決まってるじゃないですか」

翼(いったい何をするつもり?)

翼「……そう、私は寝巻を見つけ次第あなたたちの部屋に向かう事にするわ」

響「はい! 待ってますから、必ず来てくださいね!」

翼「ああ」

翼「……とは言ったものの本当に見つかるのか?」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:44:02.94 ID:Btx/0nMh0

翼「くッ…何処だ? 何処に消えたッ? 人様にも見せられる私の寝巻ッ!?」

翼「ここか? いや、ここ……? 私の鞘袋いったいどこに霧散した!?」


――数時間後


翼「……あった! はっ、部屋が更に散らかってしまった」

翼「緒川さんには後で謝っておこう……」

翼「それはそうと防人語は常人には到底扱えるものではない」

翼「各々で脳内補完することをお勧めする、SAKIMORIからの提案だ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:48:29.82 ID:Btx/0nMh0

翼「すっかり遅くなってしまったな……」

翼「ここか、インターホンを……っと」

ピンポーン

翼「……ん? 居ないのか?」

響「つ、つつ翼さん!?」

翼「立花、どうした慌てて?」

響「い、いえっ何でもないです、それにしても翼さん遅かったですね!」

翼「少し手間取ってしまってな……中には入れてくれないのか?」

響「ちょちょ、ちょ~っと待ってくださいね!」

翼「お、おいどうした立花! ……立ちん坊か」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:52:49.54 ID:Btx/0nMh0

響「未来! もう大丈夫?」

未来「うん、ちゃんと換気と消臭もしたしティッシュも奥にやったよ」

響「そっか、じゃあ翼さんを部屋に上げられるね」

未来「うん……待って響」

響「どうしたの?」

未来「服、乱れてる」

響「あっ、本当だ」

未来「私も気付かなくて悪かったけど、ダメじゃない」

響「ごめん未来」

未来「ん……よし、もう大丈夫……ん、ちゅ」

響「ん……って玄関までなのにいってらっしゃいのキスはいらないでしょ?」

未来「いらなかった?」

響「必要でしたごめんなさい」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:57:36.55 ID:OnkzseJT0

既に…


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 07:57:27.53 ID:Btx/0nMh0

響「おまたせしました~」

翼「待たせたのは私も同じだ、夕刻まで待たせてすまなかった」

響「あっははー」

響(あんまり待ったから未来と一回シたなんて言えないなあ)

響「さあ上がってください」

翼「お邪魔する」

響(しかも二回戦入ったばっかりだったなんてもってのほかだよね)

未来「翼さんいらっしゃい」

翼「小日向、今日はお招き感謝する」

未来「いえいえ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:01:49.88 ID:Btx/0nMh0

翼「ここが二人の部屋か」

響「恥ずかしいからあんまり見ないでくださいよー」

翼「ああ、ん……TATAMIじゃないか!」

響(……ああッ!? シミが!)

翼「いい部屋ねッ!」

響(未来!)

未来「ありがとうございます、さっ、ここに座ってください」

翼「座布団とは益々趣きのある部屋だ」

響(ナイスッ未来!)

未来(危なかったね、響)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:06:11.55 ID:Btx/0nMh0

未来「クリスも来られればよかったのに」

翼「そうね」

響「二課で調整があるとかで無理だったんだあ」

未来「残念ね」

響「でもクリスちゃんこう言ってたよ」

クリス『もしノイズが出ても一切合切あたしに任せな、もとより一人で十分なんだよ!』

響「って」

翼「雪音らしいな」

未来「素直にゆっくり休めって言えばいいのに、クリスってば」

響「あはは」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:10:22.69 ID:Btx/0nMh0

翼「それで、今日はどうして?」

響「実は未来からの提案だったんです」

翼「小日向の?」

未来「はい、翼さん二課のお仕事や歌手活動で普通の遊びをしたことないって聞いて」

翼「確かにそうだが……」

未来「だから、私たちが昔遊んだ玩具で遊んでみないかなって思って」

翼「……」

響「だめ、ですか?」

翼「いや、ありがとう嬉しく思う」

未来「やったッ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:13:20.72 ID:Btx/0nMh0

響「物置から引っ張り出してきました!」

翼「これは?」

未来「トランプに黒ひげ危機、それからジェンガですね」

翼「なるほど」

響「いやぁ苦労しましたよ、探すの!」

未来「すぐに見つけてきたでしょ?」

響「あ、あはは……」

響(未来とイチャイチャしたくて急いだんだけどな)

未来「どうしたの? ひび……あっ///」

翼「? これはどうやって遊ぶものなの?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:18:10.34 ID:Btx/0nMh0

響「ジェンガ、早速やってみますか?」

未来「これはですね、こうやって塔になってる棒を抜いて積み上げていくんです」

翼「塔を積み上げる、か……私は塔を崩すほうが得意なのだが」

響「ですよねー」

未来「準備出来ましたよ」

翼「これでは月を穿てそうにないな……」

響「安心しました?」

翼「崩すのは容易い、そういうことだな」

未来「なんか違う……」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:20:26.57 ID:Btx/0nMh0

・・・
・・・・・
・・・・・・・

未来「……」コツコツ

響「集中してるね、未来」

未来「……/// あっ、ちょっと響!」

響「ふっふっふ~」

未来「もうっ、倒れなかったから良かったけど反則!」

響「ごめんごめん」

翼「次は私だな、ッ!」トスッ

響「すごい! 迷いもなければ塔も微動だにしない」

翼「塔が高くなるというのは何度やっても妙な気持ちになるわね」

未来(カ・ディンギルが酷いトラウマになってるみたい)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:23:14.40 ID:Btx/0nMh0

未来(ねえ響)

響「どうしたの?」

翼「ハァッ!」

未来(翼さんなんだか辛そうだから、このへんで切り上げましょう)

響(そうかな?)

翼「蜂の巣だな、まるで千ノ落涙……ふふ」

響「ッ!? つ、次は私ですね! ととと……うわぁ!」

翼「大丈夫かッ、立花!」

響「あいったたたッ! 私、呪われてるかも……」

未来「響はおっちょこちょいなんだから」

響「ジェンガ崩れちゃったよ……」

翼「……」

未来(翼さん、なんだか悔しそう)


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:26:19.28 ID:Btx/0nMh0

未来「切りが良いし、そろそろ夕ごはんにしようか」

翼「ん、もうそんな時間か」

響「翼さん白熱してましたもんね」

翼「どこかに食べに行く?」

未来「待ってください、今日は用意しているものがあるんです」

翼「?」

響「ふふ~ん、これです!」

翼「これは?」

未来「ふらわーのお好み焼きのタネです、特別に持ち帰らせて貰いました」

翼「これが例のふらわー……それは僥倖ッ!」

響「早速焼きましょう!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:31:13.66 ID:Btx/0nMh0

翼「上手く焼けるものだな」

未来「沢山通ってますから」

響「私だって伊達に人の三倍食べてないです」

翼「立花も、いいタイミングでひっくり返すものだ」

未来「うん、美味しそうに焼けてる」

響「えへへ」

未来「ヨシヨシ」ナデナデ

響「未来ぅ……」

未来「響」

響「未来」

翼「私もひっくり返してみていいかしら?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:34:47.31 ID:Btx/0nMh0

未来「それで、ご飯にザバーっとかけちゃったんです」

翼「食事の話とはいえ随分と胸焼けがする話ね」

未来「絶対おかしいですよね」

響「ええ!? そんなこと無いよ!」

翼「立花は少しおかしい」

響「あんなに美味しいのに……」

響(あと翼さんにおかしいって言われるとは思わなかった)

未来「やっぱり響が変だったじゃない」

響「そうなのかなあ……」

未来「でも……そんな響も大好き」

響「未来……」

翼「ふらわーの店主はソースも付けてくれたのね、香ばしくていい匂い」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:37:24.88 ID:Btx/0nMh0

未来「順に焼けてきましたね」

翼「ああ、焦げ目が食欲をそそるな」

響「あ、翼さんは飲み物何がいいですか?」

翼「飲み物か、緑茶で頼む」

響「はーい」

未来「あ、響……私がするのに」

響「いいの、未来はお好み焼き焼いてて、未来はいつものでいいでしょ?」

未来「……うん」

響「……持ってきましたよ、翼さんあったかいもの、どうぞ」

翼「あったかいもの、どうも」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:41:34.18 ID:Btx/0nMh0

翼「絶品であった」

響「でしょう?」

未来「お粗末さまです」

翼「次は是非とも店で食べたいな」

未来「その時はクリスも一緒に四人で行きましょう」

響「そうだね」

翼「雪音か、今日は残念だったな」

響「仕方ないですよ、仕事ですし」

翼「ああ……」


クリス「ぶああぁっくしょおぉい!!!」

弦十郎「どうしたクリス君、風邪でも引いたか?」

クリス「な、なんでもねえよ!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:45:30.24 ID:Btx/0nMh0

響「翼さん、腹ごなしにトランプしませんか?」

翼「腹ごなしでトランプ?」

響「はい、いい運動になる遊びもあるんですよ」

未来「翼さん、遊んであげてください、私じゃ相手にならなくて」

翼「相手に? 一体何をするの?」

響「スピードです!」

翼「スピード?」

未来「ルールはカクカクシカジカで……」

翼「なるほど、手札を先に無くせば勝ちと」

未来「響が装者になってからというもの、もう速くて速くて」

翼「いいだろう、相手にとって不足なし!」

響「久々に本気が出せそうです!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:50:06.36 ID:Btx/0nMh0

響「はい! はい! はい!」

未来「ひよこの選別みたい……」

翼「……ッ!……ッ!……ッ!」

未来「す、すごい! これが適合者同士の戦場ッ……!」

未来「じゃあ私は洗い物してくるね」

響「あ、うん未来ありがとう」

未来「いいのよ、私は響のお嫁さんなんだから」

響「ええ!? 私も未来のお嫁さんになりたいよ!」

翼「立花! よそ見している暇があるのか? 逆羅刹ッ!」

響「え? な、無くなっている翼さんのカードがッ!?」

翼「精確無慈悲なSAKIMORIの一閃、一瞬足りとも油断しないことだ」

響「ふあーい」

未来「先にお湯張っておこう」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:53:12.30 ID:OnkzseJT0

ひびみくのイチャイチャを気にも留めないSAKIMORI


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:55:46.74 ID:Btx/0nMh0

響「ふう……かなり汗かいちゃいましたね」

翼「いい勝負だったわね」

響「あっははー、結局一回しか勝てませんでした」

翼「いや、私に一度でも土をつけたのだって、大したものよ」

響「えへへ、そうですか?」

翼「ああ」

響「どうした、カードを出さないのかって言われた時は生きた心地がしませんでしたよ」

翼「その後の爆発的な追い上げには目を見張るものがあったわよ」

響「そう言ってもらえると嬉しいです! 未来、洗い物終わった?」

未来「もう少し待って」

響「早く一緒にお風呂入ろうよ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 08:58:31.21 ID:Btx/0nMh0

響「翼さんも一緒に入りますか?」

翼「……遠慮しておこう」

響「ええー、どうしてですか?」

翼「……くッ!」

響「?」

翼「そもそも! 湯浴みくらい一人で済ませればいい」

響「?」

翼「なぜ信じられないものを見るような目で見られているんだ……」

未来「響、おまたせ」

響「未来とお風呂だ! やったッ!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:01:07.18 ID:Btx/0nMh0

響「未来、服脱がせてあげる」

未来「お願い」

響「未来の服のボタンを一つ外す度に、未来の匂いが強くなるよ」

未来「響だって、抱きしめてくるから汗の匂いでいっぱい」

響「あ、汗臭かった?」

未来「ううん、いい匂い……響だなって感じがして」

響「ええー、私っていつも汗臭いかな……?」

未来「元気だなってこと!
    それに、毎夜この匂いで包まれてるんだもの、好きになっちゃうよ」

響「もう、未来ったら……ぎゅ~ってしちゃう!」

未来「ん……気持ちいい」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:03:24.02 ID:1O9CDOUS0

もうなんで翼さんを呼んだのかわからないレベル


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:04:00.64 ID:Btx/0nMh0

響「ふい~、湯船が温かい」

未来「ふふ、響の体、隅々まで洗っちゃった」

響「私だって、未来の体を堪能したもん」

未来「背中に感じてたんだ……響のえっち」

響「えっちって……み、未来だってわかってて体押し付けてきたんでしょ!?」

未来「そんなこと言って、本当はもっと気持ちいいことして欲しいくせに」

響「そ、それは……」

未来「響の艷歌、聞かせて欲しいな」

響「だ、だめだよ」

未来「どうして?」

響「どうしてって部屋には翼さんがッ」

未来「昼間誘ってきたのは響でしょ?」

響「それは……」

未来「遅くなりそうだからっておねだりして来て、今度はダメ?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:07:19.21 ID:Btx/0nMh0

響「あう……」

未来「それに、途中だったのにこれ以上焦らされるなんて、我慢できるわけない」

響「未来……」

未来「そうでしょ? 私も、響も」

響「未来……」

未来「響……どうしてほしい?」

響「キス……から」

未来「ん、ちゅ……ちゅちゅっ、ちゅぷ……」

響「ふにゃ……ちゅっ……音、響いて……聞こえちゃ……」

未来「大丈夫、お風呂の外になんて届かないから」


翼「筒抜けなわけだが」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:10:38.86 ID:Btx/0nMh0

未来「響、舌出して」

響「ほ、ほう?」

未来「うん、はむっ……ちゅぱっ、ちゅっちゅ……はぁ」

響「んんぅ……ちゅぷぷっ……れろ、あむ……あむ……っ」

未来「ふふ、可愛い……もっとほしいって顔してる」

響「未来ぅ……私の全部、未来に持って行かれそう」

未来「残念でした、もうとっくに響の全部は貰ってるんだから」

響「未来っ! んちゅ、ちゅうっ! 私だって未来の全部、貰ってるよ!」ギュ


翼「まさか二人別々に入ったことが無いのか?」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:13:27.30 ID:Btx/0nMh0

未来「響……あったかい」

響「未来の方が温かいよ、未来は私にとってひだまりみたいにポカポカした場所なんだ」

未来「それって、火照っちゃうってこと?」

響「も、もう! 真面目に言ってるのに!」

未来「ごめんごめん、ちゃんとわかってるから」

響「未来……」

未来「だからこうして、私は響の隣にいて、それはこれからもずっと続いて」

響「うん」

未来「その延長線上にこぉんなえっちなこともあるの」コリッ

響「ひぅんっ!?」

未来「同時に耳も喰んじゃうわ」

響「耳ぃっ! 私よわ……いっ、から……ひゃ!」フニャ


翼「この寮の防音性はどうなっているんだ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:17:47.43 ID:Btx/0nMh0

未来「大好きよ、響」クニクニ

響「んっ、んっ……んぁ!」

未来「そうやって私にだけ見せてくれる乱れた響も大好き」クニッ

響「んぁああっ! そんなっ、好きって言いながら……んぅ! するの反っ、則……!」

未来「もっと聞かせて、響の艶声」ツププ

響「あっ、んぁっ! やめてとめてやめてとめてっ……中っ、擦られたら……!」

未来「イッていいよ響、見てるのは私だけなんだから、ね?」クチュクチュ

響「未来っ、未来未来未来未来未来~ッ! んんんぅ!」

未来「響……」

響「ん……んっ……は、はぁ……んぅ……」

未来「……大好き」

響「私も……ん」チュ


翼「なんのつもりの当て擦りッ!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:19:56.22 ID:zI7VyhG4P

ミクミクミクミクミクミク~!
わろた



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:19:05.26 ID:9xuLWtj90

なんだこれwwwwwwwwwwwww


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:20:37.75 ID:Btx/0nMh0

・・・
・・・・・
・・・・・・・

響「はあ~、気持よかった」

翼(それはどっちの意味でだ?)

未来「すっごく温まったね」

翼(それもどっちの意味でだ?)

響「翼さんもあったかいものどうぞ」

翼「あ、ああ……」

翼「ふぅ……立花は私も一緒にと誘ったけど、どうするつもりだったの」

翼「それにしても、この湯船で……いや、心頭滅却すれば火もまた涼し」

翼「SAKIMORIのTURUGIに煩悩など存在しない」

翼「……奏」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:23:53.83 ID:Btx/0nMh0

翼「まかりならないわね」

響「あ、翼さん」

翼「いいお湯だったわ」

未来「それはよかったです」

翼「……ふぅ」

響「?」

翼「……ん? それは?」

未来「黒ひげですよ」

響「翼さんが入ってる内に用意しておきました」

翼「黒ひげ危機一発、とやらか面白い」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:26:41.55 ID:Btx/0nMh0

響「えーっと、確かルールは……」

未来「黒ひげが飛び出せば勝ちと負け両方ルールがあるのよね」

響「剣を刺して助けるのが本当なんだったっけ?」

未来「うん、そうらしいけど」

翼「TSURUGIを突き立てて救える命か」

未来「やっぱり黒ひげが飛び出したほうが負けってことで」

響「その方が自然だね」

翼「ん、決まったのか?」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:29:31.00 ID:Btx/0nMh0

響「キィエエエエエエエッ!!」

未来「変な声ださない」

ぽんッ

響「あっ」

翼「一太刀でとはな」

響「私、呪われてるかも」

未来「メゲないメゲない、もう一度やりましょう?」

響「うん、でも最初はもう嫌かな」

未来「じゃあ私からね……よし」

翼「次は私だ……はぁ!」

スポーン!

響「マジっすか!?」

翼「なん……だと……ッ!」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:32:29.39 ID:Btx/0nMh0

翼「くッ……!」

翼(私はまた、何も守れないのか)

翼「もう一度だ! 立花ッ!」

響「は、はいッ!」

翼「てええええええいッ!」

未来「……」プスッ

響「キィエエエエエエエッ!!」

翼「てえええええええいッ!!」

未来「……」プスッ

響「キィエエエエエエエッ!!」

未来(なにこれ……)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:36:13.10 ID:Btx/0nMh0

響(どこに刺そうか迷ってる未来も可愛い……)

翼「呆けない(黒ひげが)死ぬわよッ!」

響「は、はい! もう刺す穴もないけど……えいッ……セーフ!」

翼「これで最後の一太刀……この盤面、次の一手を決めあぐねるわね」

翼「TSURUGIを刺す場所を選び択ぶ、ただそれだけなのに……だが」

未来「翼さん?」

翼「もう何も失うのもかと決めたのだッ!」

響「翼さん、一体何を!?」

翼「風鳴翼がTSURUGIを振るうはIKUSABAばかりで無いと知れ!」

翼「Imyuteus amenohabakiri tron」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:38:26.82 ID:Btx/0nMh0

あおい「高エネルギー反応を確認ッ!」

弦十郎「解析を急げッ!」

クリス「ノイズかッ!?」

あおい「いえ、違います……これは!?」

弦十郎「天羽々斬……だとぉッ!?」





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:39:19.43 ID:NkVBkfal0

ここで終わりかよwwww




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:48:13.31 ID:Btx/0nMh0

翼のパジャマ
ツヴァイウィングの歌手活動における最初の収入で奏が翼にプレゼントしたもの
奏を失ったあの事件から無意識の内に避けるようになっていた


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:55:25.49 ID:Btx/0nMh0

寮の防音性
リディアン音楽院の破格の学費の弊害である
悪用するものも多いが同時に適合者選抜にも使われている


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 10:00:46.62 ID:Btx/0nMh0

響達の玩具
二人が恋人になる以前から二人で遊んでいた玩具
青春の一幕ひとまくが詰まっている
最近では大人のオモチャがスペースを圧迫するようになってきたが止めるものはいない


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 10:19:07.42 ID:av/gE1EgO

戻ってきたら用語解説も書かれててワロタ


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 09:44:54.95 ID:zI7VyhG4P



アフターはよ




戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]
悠木碧,水樹奈々,高垣彩陽,井口裕香,藤本さとる,上松範康,金子彰史,サテライト,小野勝巳

キングレコード 2013-10-02
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る by AZlink

戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
風鳴翼(水樹奈々)

キングレコード
売り上げランキング : 330

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
百合特有のSS
そして、それ以上の防人さんが防人し過ぎてて笑うw
[ 2013/09/10 00:21 ] [ 編集 ]
次はクリスちゃんを呼ぼう
[ 2013/09/10 04:51 ] [ 編集 ]
ひびみくは実際恋人未満婦婦以上なので何も問題はないことですね?
[ 2013/09/10 05:45 ] [ 編集 ]
SAKIMORIさんが何故居るのか謎でしかたなかった
[ 2013/09/11 02:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。