素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カレン「ヤキモチを焼くアリスは可愛いデス」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 15:43:28.86 ID:9N7iYfqh0

カレン「(アリスはいつも可愛いデス)」

   「(しかし、ヤキモチを焼くアリスといったら・・・)」

   「(それはもう、天使のような可愛さデース♪)」

   「(だからシノにちょっかいを出してアリスを妬かせるのはやめられませんネ)」

   「オハヨーゴジャイマース」

こけし「おはようございます」

アリス「おはよー!」

カレン「えへへ、シノ」チュ

こけし「あ、あらあら」

カレン「シノ!?」



Capture20130720-205022.jpg
 
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 15:48:22.36 ID:9N7iYfqh0

アリス「カレン!人前でキスなんかしちゃダメだよ!」

カレン「まあまあ、いいではないですカ
     あいさつ代わりですぜ」

アリス「日本ではそういうのを人前でやっちゃダメなの!」

こけし「まあまあ、落ち着いてください
     アリスにもしてあげますね・・・///」チュ

アリス「ふえぇっ!?////」

カレン「(良かったデスネー♪)」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 15:50:34.99 ID:9N7iYfqh0

カレン「シノ、今日は手をつなぎましょうヨ)」

アリス「!?」

シノ「いいですよー」

カレン「えへへ、シノの手あったかいデース
     手をつなぐのはいいですよネ、アリス?」

アリス「い・・・いい・・・よ」ギギギ

カレン「(いい感じに妬いてマス♪)」

シノ「(アリス・・・?)」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 15:53:23.35 ID:9N7iYfqh0

アリス「ぐぬぬ・・・」ギギギ

シノ「カレンの金髪は今日もきれいですねー」

カレン「そうですカー?」

シノ「ちょっと触らせてください」

カレン「どーぞどーぞ」

シノ「わあぁ・・・」キュンキュン

アリス「うぐぐぐぐ・・・」ギギギ

カレン「(アリス可愛いデース♪)」キュンキュン


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 15:55:39.62 ID:9N7iYfqh0

アリス「ねえシノ」

シノ「なんでしょう?」

アリス「あ、あの・・・
     わ、私とも、手、つながない?」

シノ「はい、よろこんで!
    ・・・あ、でも」

アリス「どうしたの?」

シノ「荷物が離せないので・・・今はちょっと」

アリス「」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 15:58:01.58 ID:9N7iYfqh0

シノ「~♪」

アリス「・・・」モヤモヤ

カレン「シノはいいにおいがしますね」

シノ「カレンこそ、上品な香りがしますよ~」クンクン

アリス「(クンクンしてる・・・!)
     こ、こらシノ!犬じゃないんだからっ!」

シノ「アリスも嗅いでみてください、いい香りですよ♪」

アリス「ぐぬぬ・・・」ギギギ

カレン「(妬いてマス、妬いてマス♪)」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:00:40.41 ID:9N7iYfqh0

綾「・・・ねえ陽子」

陽子「何?」

綾「今日のアリス、なんだか暗くない?」

陽子「え?別にそんなこと・・・」

アリス「ギギギ」モンモン

陽子「・・・暗いな」

綾「でしょ?何かあったのかしら・・・」

陽子「アリスのことだから、シノ絡みじゃないか?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:05:17.58 ID:9N7iYfqh0

アリス「ねえシノ」

シノ「はい、なんですか?」

アリス「教科書の20ページにある、ここの問・・・」

カレン「(今が狙い時デース!)
     ハーイ、シノ!」

シノ「あら、カレン」ニッコリ

「どうしたんですかー?」

アリス「・・・ッ」ウルッ

「(な、泣かない!泣いてないもん!)」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:07:13.24 ID:9N7iYfqh0

アリス「(シノ・・・シノ・・・)」

   「(だめ!授業に集中しないと!)」

   「(・・・シノ)」

   「(少し前まで、こんなことなかったのに)」

   「(シノったら最近、カレンのことばっかり)」

   「(私のこと、どう思ってるんだろう・・・)」

烏丸「・・・あら?
   (アリスさん、元気なさそう・・・)」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:10:31.61 ID:9N7iYfqh0

キーンコーン

シノ「お腹空きましたー」

アリス「シノッ!お弁当食べようね!」サッ

綾「(すばやい)

シノ「はーい」

カレン「シノー!アリスー!一緒に食べるデス!」

アリス「(またカレン・・・)」

「(だめ・・・友達に嫉妬だなんて・・・!)」

シノ「(アリス・・・?)」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:13:58.86 ID:9N7iYfqh0

カレン「(アリスのヤキモチをもっと見たいデース!)」

   「(嫉妬の炎に薪をくべましょう!)」

   「(なんて、私も難しい日本語使えるようになりましたネ・・・)」

   「シノ、あーん」

アリス「ッ!?」

シノ「あーん・・・んー、おいしいです♪」

アリス「(わ、私の手作りのお弁当なのに・・・!)
     そ、そんな・・・」

カレン「どうかしましたカ?」

アリス「う、ううん!なんでもないよ!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:17:25.86 ID:9N7iYfqh0

カレン「あーん」

シノ「ぱく」

カレン「あーん」

シノ「ぱく」

アリス「し、シノ!口の周りにご飯粒ついてるよ!私がとってあg」

カレン「じゃあ、私がとってあげマース」ペロ

アリス「~~~~~~~~~~~~~!?」

シノ「あ、ありがとうございますー」

アリス「・・・ッ」ジワ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:21:54.27 ID:9N7iYfqh0

アリス「(シノ・・・私のシノ・・・)」

   「(誰にも渡さないはずだったのに)」

   「(そうだよね・・・カレンの方が綺麗だし、スタイルもいいし)」

   「(私なんかよりカレンの方がシノにふさわしいんだ)」

   「(シノだって、カレンといる時の方が幸せそうだし)」

   「(私なんて、どうせ・・・)」ウルッ

   「(シノはもう、私のことなんて・・・!)」ウルウル


シノ「(アリス・・・?)」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:23:04.17 ID:uIP7tOJQ0

アリスちゃんは放っとくとヤンデレになるよな


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:27:14.67 ID:9N7iYfqh0

カレン「シノ?どうしたデス?」

シノ「あ、いえいえ、なんでもないです」

カレン「そうデスカ
     では、続きをしましょう!あーん」

シノ「ぱく」

カレン「あーん」

シノ「ぱく」

カレン「えへへ、なんだか私たち夫婦みたいですネ」

シノ「そうですねー」

アリス「・・・」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:30:03.38 ID:9N7iYfqh0

カレン「私が夫で、シノがお嫁さんですネ」

シノ「あらやだ、照れますねー」

カレン「シノ、大好きデス」

シノ「私もです、カレン」


私  も  で  す  、  カ  レ  ン


アリス「・・・ッ!!」ダッ

シノ「あ、あら?アリス!?」

カレン「(しまったデース!!限度を超えてしまいマシタ!!)
     し、シノ。私はちょっとトイレへ行ってくるデス)」

シノ「あ、はい
   (アリス・・・)」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:33:31.70 ID:9N7iYfqh0

カレン「(出来心とはいえ、アリスを怒らせてしまいマシタ)」

   「(すぐやめるつもりが、いつの間にか長引いてしまったようデス・・・)」

   「(責任は私がとらないと・・・)」

   「ごめんなさいデス、アリス・・・」

   「私がヤキモチなんて妬かせようとするから・・・!」


カレン、後悔の念を抱きつつ校内を走る。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:38:47.21 ID:9N7iYfqh0

アリス「ぐすっ・・・シノ・・・うぅ・・・」

   「(シノに会いたくて日本語勉強して)」

   「(シノに会いたくて日本まで来て)」

   「(全部シノのためだったのに・・・)」

   「(私なんかじゃ、シノに気に入ってもらえない・・・)」

   「私、今まで何のために・・・」ジワッ

   「うぅっ・・・!」ボロボロ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:41:46.21 ID:9N7iYfqh0

カレン「アリス・・・どこデース?」

シノ・・・シノ・・・グスン・・・

カレン「おや」

   「このトイレからアリスの声がするデース」

   「このままではアリスがヤンデレ化してしまいマス」

   「ヤンデレは時にテロをも起こし、神にも戦を仕掛けると聞きマシタ」

   「ここは私が責任を取ってアリスのヤンデレ化をストップシマス!」

   「とりあえず思いを伝えることデス」

   「アリスー!」

アリス「・・・カレン?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:46:09.50 ID:9N7iYfqh0

カレン「オタノミモース!」

アリス「ど、どうしたのカレン」

カレン「アリス・・・ごめんなさいデス」ドゲザ

アリス「ええぇ!?大和田!?
     あ、あの・・・どうして謝るの?」

カレン「実はデスネ・・・」

カレン、自分のしてきたことを話す。

アリス「そ、そうだったんだ
    (そう思うと、なんだか恥ずかしいな・・・//)」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:51:47.14 ID:9N7iYfqh0

カレン「それでデスネ
     シノの近くにいて分かったことがあるのデス」

アリス「分かったこと?」

カレン「イエス。それは・・・
     シノがアリスのことを一番好きだということデス」

アリス「ほぇ!?」

「ほ、ほんとに・・・?」

カレン「もちろんデース!
     間違いなく、シノはアリスラブですヨ!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:56:36.32 ID:9N7iYfqh0

アリス「そ、それはどういう」

カレン「詳しく話すとデスネ
     シノは、私と話していてもアリスをチラ見していマス」

アリス「////」

カレン「話題も、アリスが中心デス」

アリス「////」

カレン「あと、シノは私と手をつないでもあーんしても反応ナシですガ
     アリスにキスした時だけはほっぺた赤かったですヨ」

アリス「~~~////」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 16:58:57.71 ID:9N7iYfqh0

カレン「アリスは、シノのこと好きデスカ?」

アリス「え?・・・そ、それは
     ・・・だ、大好きだよ!////」

カレン「oh!相思相愛デース」

アリス「ふえぇ!?////」

カレン「最近覚えた御名御璽デース」ドヤァ

アリス「カレン、それを言うなら四字熟語だよ
     御名御璽は畏れ多くも帝より賜るものだよ」

カレン「そ、そうでしたカ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:01:36.38 ID:9N7iYfqh0

アリス「(そ、相思相愛・・・//)」ポワワ

カレン「アリス。時は来たれりデス
     今日の夜、思い切ってシノに告白するデース!」

アリス「こ、こくはく・・・!!
     で、ででででもシノと私は女の子同士だし」

カレン「アリスの愛は国境を越えマシタ
     なら、性別も越しちゃいましょうヨ!(うまいこと言ったデス)」

アリス「な、なるほど・・・」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:05:11.27 ID:9N7iYfqh0

夕方

カレン「それじゃ、また明日デース
     (アリス、頑張れデス)」

アリス「じゃあねー」

シノ「また明日ー」

アリス「・・・ゴクリ
     ね、ねえシノ」

シノ「はい、なんでしょう」

アリス「あの・・・importantな話があるの」
    (英語出ちゃったあああああくぁwせdrftgyふじこlp;)

シノ「?」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:07:02.29 ID:9N7iYfqh0

アリス「オホン。大事な話があるの」

シノ「大事な・・・?」

アリス「うん
     あのね・・・私・・・、シノのこと・・・
     好きなの」

シノ「はい、私もでs」

アリス「そ、そういう好きじゃなくて!
     もっとこう・・・その」

シノ「分かってますよ」

アリス「・・・え?」

シノ「普通の好きじゃなくて・・・」ギュ

   「こういうのでしょう?」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:20:07.34 ID:9N7iYfqh0

アリス「し、シノ・・・////」

シノ「アリス・・・私からも大事な話があります」

アリス「は、はいっ」

シノ「私、アリスのこともカレンのことも好きです」

  「でも・・・好きの種類が違うんです」

  「カレンのことは金髪少女として、友達として好きです」

  「その代わり、アリスのことは」

  「・・・アリスとして好きです」

  「アリスだから好きなんです」

  「金髪とか、友達とか、そういうものではなく」

  「アリスだから・・・」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:23:46.26 ID:9N7iYfqh0

アリス「ししししシノののの////」

シノ「もう、照れすぎですよアリス
    告白してきたのはアリスの方でしょう?」

アリス「そそそそうだけどぉ・・・」

シノ「まあ何はともあれ、これで私たち今日から
    ・・・一歩踏み込んだ関係になりましたね」

アリス「ふ・・・踏み込んだ・・・?」

シノ「俗に言う、その・・・恋人、でしょうか
    もう、言わせないで下さいよ恥ずかしい////」

アリス「」

シノ「アリス!?しっかり!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:27:59.73 ID:9N7iYfqh0

大宮家

アリス「あーん」

シノ「ぱく」

アリス「あーん」

シノ「ぱく」

勇「・・・ねえ二人とも
   なんだか、昨日より仲良くなってない?」

シノ「そ、そんなことないですよ!」

アリス「ま、前と変わらないよ!」

勇「ふーん(こりゃ付き合い始めたな)
  (今夜が初夜かな・・・)」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:28:52.03 ID:vPCY2uqX0

なん…だと…?


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:29:31.82 ID:QQ3TrnbL0

さすが勇姉ですわ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:29:41.83 ID:9N7iYfqh0

翌日

カレン「オハヨウゴジャイマース」

シノ「おはようございます」

アリス「おはようカレン!」

カレン「(シノとアリス・・・恋人つなぎしてマス)
    (どうやら告白はうまくいったようデスネ)」

シノ「カレン?どうしたのですか?」

カレン「あっ、いえいえ!なんでもないデース!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:31:35.67 ID:9N7iYfqh0

カレン「(アリスは幸せそうな顔をしてマス)」

   「(シノも幸せそうデス)」

   「(それはとってもいいことデス・・・なのに)」

   「(なんだか・・・寂しいデス)」

   「(アリスは、もうシノのものデスネ)」

   「シノには勝てないデース」

シノ「???」

アリス「(シノがまたカレンのことばっかり見てるよぅ・・・)」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:33:44.36 ID:9N7iYfqh0

アリス「シノ!」

シノ「どうしました?」

アリス「またそうやってカレンのことばっかり・・・」ゲキオコ

シノ「そんなことありませんよ?」ギュ

アリス「あっ」

カレン「oh!」

シノ「ほら、私はこうしてアリスを一番大切にしているではありませんか
    登校中のハグなんてめったにしないんですよ///」

アリス「シノ・・・////」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 17:36:44.78 ID:9N7iYfqh0

アリス「私のシノがくれた初めてのプレゼント」

  「それは登校中ハグでした」

  「それは、甘くてクリーミーで、」

  「私は特別な存在なのだと感じました」

  「今では、私のお嫁さん」

  「シノにあげるプレゼントは、勿論ペロチュー」

  「なぜなら、彼女もまた、特別な存在だからです」


シノ「アリス・・・ちゅ」


アリス「ん・・・シノぉ・・・ちゅぱ」

シノ「んん・・・ちゅるっ・・・」

勇「(やってるやってる)」


おわり


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/02(土) 18:02:12.80 ID:H2PhW15T0

乙乙



きんいろモザイク Vol.2 [Blu-ray]きんいろモザイク Vol.2 [Blu-ray]
西明日香,田中真奈美,種田梨沙,内山夕実,東山奈央,天衝

メディアファクトリー
売り上げランキング : 181

Amazonで詳しく見る by AZlink

きんいろモザイク (4) (まんがタイムKRコミックス)きんいろモザイク (4) (まんがタイムKRコミックス)
原 悠衣

芳文社

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
いくら可愛くても、やり過ぎたらダメだろう!
[ 2013/11/08 18:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。