素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ことり「『穂乃果ちゃんのパンツ食べたい』っと……」カタカタ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:31:35.54 ID:hWX8NTqW0

食べたいよお……


41Hmv6E2db.jpg
 
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:33:56.44 ID:hWX8NTqW0


ことり「……」


2:名無しに変わりまして(ry
糞定期

3:名無しに変わりまして(ry
糞スレ立てんな死ね


ことり「そんなこと言われても食べたいし……」

ことり「はぁ……どうすれば穂乃果ちゃんのパンツ食べられるんだろう……」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:40:36.84 ID:hWX8NTqW0

ことり「そうだ!穂乃果ちゃん家に忍び込めば」

ことり「あっ、でも家におばさん居るよね……雪穂ちゃんも居るかもしれないし」

ことり「見つかったら穂乃果ちゃんに嫌われちゃうよね……」








ことり「じゃあ部室で……って学校でもパンツは脱がないし……」

ことり「うーん……やっぱり夏まで待つしかないのかなぁ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:45:03.17 ID:hWX8NTqW0

ー3:13ー

ことり「ってもうこんな時間!?早く寝なきゃ……」


ー次の日 教室ー

ことり「はぁ……」

ことり (穂乃果ちゃんのパンツ食べたい……)

海未「おはようございます、ことり」

ことり「あ、おはよう海未ちゃん」

海未「どうかしましたか?」

ことり「えっ?」

海未「元気がないようですが……何か悩み事でも?」

ことり「う、ううん。そんなことないよ!大丈夫大丈夫!」

海未「?それならいいのですが……」

ことり (こんなことバレたらμ'sに居られないどころか穂乃果ちゃんに嫌われちゃう……)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:52:12.34 ID:hWX8NTqW0

ガララッ

穂乃果「おっはよー!海未ちゃん!ことりちゃん!」

海未「おはようございます」

ことり「おはよう、穂乃果ちゃん(穂乃果ちゃん今日もかわいいなぁ)」

海未「また寝坊ですか?」

穂乃果「あはは……ちょっと夜更かししちゃって」

海未「まったく……授業中寝ないでくださいね?」

穂乃果「えー、ちょっとくらいいいじゃん!」

海未「だめです」

穂乃果「海未ちゃんのけちー」

海未「授業は真面目に受けてください」

穂乃果「はーい……」

ことり (穂乃果ちゃん楽しそう……)


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:55:30.80 ID:hWX8NTqW0

海未「というわけで、ことりも見張っててくださいね?」

ことり (ことりも海未ちゃんみたいにお説教すれば……)

海未「ことり?聞いてますか?」

ことり「えっ?あ、ごめん。聞いてなかった」

海未「ことりも今日はぼーっとしてますね。やはり悩みでも」

ことり「あはは、ちょっと夜更かししちゃって」

海未「ことりもですか……」

穂乃果「ことりちゃんも?じゃあ穂乃果と一緒にお昼寝しよーよ!」

ことり「(お、お昼寝!?)だ、だめだよ穂乃果ちゃんそんなこと……」

海未「ことりの言う通りです。寝るならお昼休みまで我慢してください」

穂乃果「ことりちゃんは穂乃果の味方だと思ったのにー……」

ことり「!……で、でも、お昼寝はだめだよ」

穂乃果「はーい……ふわぁ」

ことり (ことりが穂乃果ちゃんの味方……えへへへ)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 11:59:55.20 ID:hWX8NTqW0

海未「さぁ、もう授業が始まりますよ。準備してください」

穂乃果「はいはい」

海未「はいは一回!」

穂乃果「はーい」

海未「まったく……」

ことり (とか言ってるけど、海未ちゃんも楽しそうだなぁ。
     穂乃果ちゃんにお説教するのって、もしかしたら楽しいのかも……)






穂乃果「ん……」ウトウト

ことり (お説教のチャンス?かな?)


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:04:32.09 ID:hWX8NTqW0

ことり「穂乃果ちゃん」ユサユサ

穂乃果「ッ!な、なにかな?ことりちゃん」

ことり「穂乃果ちゃん、今寝てたでしょ?」

穂乃果「ね、寝てないよ?」

ことり「嘘ついちゃだめだよ?ことり見てたんだから」

穂乃果「う……ご、ごめんなさい」

ことり「うん♪いいよ。ことりも眠いけど、一緒に頑張ろうね?」

穂乃果「うん!頑張ろ!」

<高坂ー!うるさいぞー!

穂乃果「あっ、ごめんなさい」

\ハハハハハハハハハハハハ/





ことり (……楽しかったけど、何か違うような?
     まぁ穂乃果ちゃんとお話しできたしいいかな♪)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:08:50.90 ID:hWX8NTqW0

ー昼休みー

海未「一回も寝ませんでしたね」

穂乃果「うん!ことりちゃんに助けてもらったしね!」

海未「おや、つまり一回寝てたと……?」

穂乃果「ち、違うよ!寝かけてただけだよ!」

海未「本当ですか?」

穂乃果「ホントにホントだよ!」

海未「……ふふ、わかってますよ。では、お昼寝してもいいですよ」

穂乃果「やったあ!どこにしよっかなー」

ことり (……これって、もしかしてチャンス?)

海未「屋上はどうですか?今日は暖かいですし、風も気持ちいいと思いますよ」

穂乃果「うーん。でも屋上は他にも人居るしなぁ……」

ことり「じゃあさ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ん?」

ことり「保健室でお昼寝しない?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:13:31.03 ID:hWX8NTqW0

穂乃果「え?いいの?」

海未「しかし保健室を勝手に使っては」

ことり「大丈夫!今日はことりが当番だから」

穂乃果「そうなんだ!じゃあ寝てて大丈夫なんだね?」

ことり「うん♪海未ちゃんもお昼寝する?」

海未「うーん、私は……そうですね。遠慮しておきます」

ことり「そっか。じゃあ保健室行ってくるね」

海未「はい。穂乃果のこと、お願いしますね?」

穂乃果「もう海未ちゃん!穂乃果のお母さんじゃないんだからさー」

海未「でも、起こしてもらわなければいつまででも寝ているでしょう?」

穂乃果「むむむ……」

海未「というわけで、起こしてあげてくださいね?」

ことり「言われなくてもそのつもりだよ。じゃあ穂乃果ちゃん、行こっか」

穂乃果「うん!お昼寝お昼寝ー!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:19:33.97 ID:hWX8NTqW0

ー保健室ー

ガララッ

穂乃果「あれ?誰もいないよ?」

ことり「うん、今日保健室の先生出張だから」

穂乃果「へーえ。なのに保健室は開けてるの?」

ことり「保健委員でも、応急処置くらいはできるからね」

穂乃果「いつもやってくれてるもんね」

ことり「うん。じゃあ、穂乃果ちゃんこっちのベッドね」

穂乃果「わかった!……ってあれ?ことりちゃんも寝るの?」

ことり「うん。ちょっと寝不足だからね」

穂乃果「大丈夫なの?ことりちゃん寝ちゃって」

ことり「昼休みに来る人なんてほとんどいないから大丈夫!」

穂乃果「そうなんだー……じゃあ一緒に寝よ!」

ことり「うん♪」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:24:12.81 ID:hWX8NTqW0

ことり「それじゃ、おやすみ」

穂乃果「え?こっち来ないの?」

ことり「えっ?」

穂乃果「一緒に寝よって言ったじゃん。ベッド広いし大丈夫だよ?」

ことり「え……で、でも」

穂乃果「あ……ごめんね。無理言っちゃって。一人で寝た方が広く使えるもんね」

ことり「む、無理なんかじゃないよ!一緒に寝よ?」

穂乃果「え?いいの?」

ことり「うん!穂乃果ちゃんがいいなら……」

穂乃果「えへへ、やったあ!じゃあこっちにおいでよ」

ことり「う、うん(穂乃果ちゃんと添い寝穂乃果ちゃんと添い寝穂乃果ちゃんと添い寝)」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:30:51.52 ID:hWX8NTqW0

穂乃果「ん」スンスン

ことり「!」ビクッ

ことり「ど、どうしたの?(お風呂ちゃんと入ったよね……?臭くないよね?)」

穂乃果「ことりちゃんいい匂いするねー……シャンプー何使ってるの?」スンスン

ことり「え?い、いい匂いする?」

穂乃果「うん、すっごくいい匂い。どこの?」

ことり「えっと、このシャンプーはね(穂乃果ちゃんにいい匂いって……えへへへ)」

穂乃果「?ことりちゃん?どうしたのニヤニヤして」

ことり「っ!に、にやにやしてないよ!」

穂乃果「ふーん?」

ことり「それで、このシャンプーはね」

穂乃果「うんうん」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:36:55.88 ID:hWX8NTqW0

ことり「っていうシャンプーなんだ♪」

穂乃果「へー!今度穂乃果も使ってみよ!」

ことり「ちょっと高いけどね」

穂乃果「あー、やっぱり?でもこれでことりちゃんみたいに髪の毛サラサラになるね」

ことり「穂乃果ちゃんの髪の毛、十分サラサラだと思うよ?(調べたし)」

穂乃果「んー、でも。ことりちゃんが使ってるって聞くと使ってみたくなるんだよね」

ことり「そ、そうかな?」

穂乃果「うん、ことりちゃんなら間違いない!って思ってるからね」

ことり「あはは……ありがとう」

穂乃果「今度、他のオススメも教えてね?」

ことり「うん、いいよ」

穂乃果「じゃあそろそろ眠くなってきたし……おやすみー」

ことり「うん、おやすみ♪」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:41:10.41 ID:MAwz7npc0

保健室で同じベッドに女の子2人が寝てるのを見られたら・・・


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:43:00.72 ID:oULlxLvP0

>>40
耐えられませんね



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:44:09.64 ID:hWX8NTqW0

穂乃果「すぅ……すぅ……」

ことり (寝れるわけないよぉ……だって穂乃果ちゃんの可愛い寝顔がすぐ目の前に)

ことり (今ならパンツ脱がせてもバレないかな?
     鍵もかけたし、穂乃果ちゃんが寝てる間にやっちゃえば……)

大天使コトリエル 『だめだよことり!穂乃果ちゃんの信頼を失ったら』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『寝相でパンツ取っちゃった☆ってことにすれば解決だね!』

大天使コトリエル『でももしバレたら……』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『その時は襲っちゃえばいいちゅん(・8・)』

大天使コトリエル『あなたは最低です!』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『それは海未ちゃんのセリフだよ』

ことり (うー……どうしよう……)


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:51:19.73 ID:hWX8NTqW0

穂乃果「んー……」

ことり「っ!」ビクッ

穂乃果「…………」

ことり (お、起きちゃった……?)

穂乃果「……すぅ」

ことり (ほっ)

穂乃果「えへへへ……ことりちゃあん……ふへへへ」

ことり「!(い、今……ことりのこと……)」

大天使コトリエル『こんな天使を汚すわけにはいかないよ!ことりも寝よ?』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『いやいや、これはどう見ても誘ってるちゅん(・8・)』

大天使コトリエル『もー!それしか頭にないの?』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『穂乃果ちゃんとヤれればなんでもいいちゅん』

大天使コトリエル『最低だよ……』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『ヤれればよかろうちゅん』


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:52:05.59 ID:KuF4PK8QP

よかろうちゅん


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:52:56.67 ID:V9cgFY8u0

ほうほう


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:54:20.35 ID:oULlxLvP0

ちゅんちゅん


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:56:25.30 ID:hWX8NTqW0

ことり (待って、落ち着いて考えて……レム睡眠だよレム睡眠!)

ことり (周期は90分!つまり真ん中の45分近くの時にやればまず起きない……!)

ことり (ってやる前提で進めちゃだめだよぉ!ことりは……ことりは……)

大天使コトリエル『そうだよことり!ちょっとずつちょっとずつ仲良くなれば』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『でも穂乃果ちゃん、海未ちゃんといい感じじゃない?』

大天使コトリエル『あっ』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『あっ』

ことり (あっ)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 12:56:57.91 ID:V9cgFY8u0

あっ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:00:57.18 ID:hWX8NTqW0

大天使コトリエル『おおお落ち着いてことり!あれはあくまでも友達』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『でもちょっとずつ仲良くなるのも友達だよね?』

大天使コトリエル『……』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『それにその方法なら今有利なのは海未ちゃんだよね?』

大天使コトリエル『…………』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『だったらここで行動起こして急接近した方がいいんじゃない?』

大天使コトリエル『………………』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『反論は?』

大天使コトリエル『……………………』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『無言は肯定、だね』

ことり (決まっちゃった……)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:02:03.08 ID:wWZ8CGO70

アカン


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:10:53.56 ID:hWX8NTqW0

ことり (でも待って、45分も経ったら授業始まっちゃうよ……やっぱりやめ)

悪魔でもぴゅわぴゅわ『授業なんてサボっちゃえばいいちゅん(・8・)』

大天使コトリエル『そ、それはちょっと』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『敗北者は黙ってろちゅん(・8・)』

大天使コトリエル『…………………………』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『穂乃果ちゃんをたった一回の授業をサボるだけで
            手に入れることができるんだよ?もちろんサボるよね?』

ことり (……)

ことり (うんっ!)

悪魔でもぴゅわぴゅわ『大天使はもういないちゅん。やりたい放題ちゅん』


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:15:15.80 ID:hWX8NTqW0

ことり (あと20分くらい……眠たくなっちゃうし、お布団から出よ)

グッ

ことり「?」

穂乃果「すぅ……すぅ……」

ことり (ほ、ほほほ穂乃果ちゃんがことりの裾を!!!!!????)

悪魔でもぴゅわぴゅわ『ことり……勝つのはお前ちゅん』

ことり (離しちゃうのも嫌だし、お布団の中に居よっと)


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:20:18.50 ID:hWX8NTqW0

キーンコーンカーンコーン♪

海未 (もう予鈴……もしかしたらまだ寝ているのでしょうか。
    いや、ことりが起こしてくれているはずです。そんなことは……)

海未 (しかし、心配ですね。見に行きましょう)



ことり (予鈴なっちゃった……ここから先は、もう後戻りできない……!)



グッ

海未「?(開かない……?ノックしてみますか)」



コンコン

ことり「!(だ、誰だろう……)」



コンコン コンコン

海未 (反応がありませんね……呼んでみますか)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:24:45.53 ID:hWX8NTqW0

海未「穂乃果ー!ことりー!居るんでしょう!?起きてください!」


ことり「ッ!?(ほ、穂乃果ちゃん起きちゃうよ……)」


海未 (こうなったら実力行使です!)

海未「穂乃果ー!ことりー!」ガンガンガン


ことり (そ、そんなにうるさくされたら……)チラッ

穂乃果「ん……むぅ……」

ことり (お願い……!起きないで……!)


海未 (居ないんでしょうか……電話をしてみますか、もしかしたらもう教室に居るかも)


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:28:09.65 ID:V9cgFY8u0

海未ちゃんの穂乃果危険センサーハンパない


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:32:50.63 ID:hWX8NTqW0

ブーッ、ブーッ、ブーッ

ことり「!?(ほ、穂乃果ちゃんの携帯が……)」


海未「……(出ませんね。やはり別のところでまだ寝ている?ことりにかけてみますか)」


ブーッ、ブーッ、ブーッ

ことり「!(こ、今度はことりの方に……電源切らなきゃ!)」


海未 (……何か聞こえる?ような)

海未 (あれ、おかしいですね。穂乃果よりコール時間が短い……気のせいでしょうか)


ことり (き、気づいてない……よね?)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:38:55.81 ID:hWX8NTqW0

キーンコーンカーンコーン♪

海未 (本鈴がなってしまいました……一度戻りましょう)

タッタッタッタッタッ


ことり (……行ったかな?とりあえず、穂乃果ちゃんも起きてないしよかったぁ……)

大天使コトリエル『今のが踏みとどまれる最後のチャンスだったのに……』

悪魔でもぴゅわぴゅわ『悪魔でも~ぴゅ~わぴゅわ』

ことり (あと10分……10分後に、穂乃果ちゃんの……)


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:45:08.75 ID:hWX8NTqW0

ー10分後ー

ことり (穂乃果ちゃんが寝てから多分40分……!
     今から……穂乃果ちゃんのパンツを……!)

穂乃果「すぅ……すぅ……」

ことり (穂乃果ちゃん……ごめんね?いただきます)


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:47:06.95 ID:V9iXCriV0

実  食


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:52:55.60 ID:hWX8NTqW0

まず穂乃果ちゃんに掛かっている布団を剥がした。
次に、何にも覆われていない脚に手を伸ばして、さすってみた。

スリスリ

穂乃果「すぅ……すぅ……」

深い眠りについているからか、穂乃果ちゃんは反応を示さなかった。
穂乃果ちゃんの脚は、とってもすべすべしてて気持ち良かった。

そして、ついにメイン。
穂乃果ちゃんのスカートを軽く捲り上げた。
夢にまで見た穂乃果ちゃんのパンツがそこにはあった。

ことり「穂乃果ちゃんの……パンツ……!」

思わず声に出してしまう。動悸が激しくなるのを感じた。

ことりは、穂乃果ちゃんのパンツに手を伸ばした。
そしてその途中、とんでもないことを思いついた。
いや、思いついちゃったって言った方がいいのかな。


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:59:04.86 ID:hWX8NTqW0

ことり (脱がなさいで直接食べれば穂乃果ちゃんのあそこも食べられる……?)

それはまさに悪魔のような発想だった。
でも、思いついたからにはやらずにはいられなかった。

ことり (ほ、穂乃果ちゃんの……あ、ああ、あそこを……!)

全身が震えるのがわかった。
越えてはいけない一線だということもわかってた、でも。

悪魔でもぴゅわぴゅわ『それならパンツ食べるのもアウトじゃないかな?』

我ながら正論だと思った。だから……

ことり (ごめんね穂乃果ちゃん……穂乃果ちゃんの初めて?は、ことりが……)

ゆっくりと穂乃果ちゃんのあそこに顔を近づける……









穂乃果「ことりちゃん?」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:09:30.29 ID:oULlxLvP0

badend


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:11:03.71 ID:hWX8NTqW0

ことり「え……穂乃果ちゃん?」

穂乃果「な、何してるの……?」

ことり「あ、う、えっと……」

穂乃果「……あ、そうだ。今何時?」

ことり「え?えっと……○時△分かな」

穂乃果「もう授業始まってじゃん!急ごう!」ガバッ

ことり「う、うん」

ことり (どういうことなの……?)


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:16:39.19 ID:hWX8NTqW0

ー教室ー

ガララッ

穂乃果「すみませーん!遅れました!」

<遅いぞー!早く席つけ

ことり「す、すみません……」


ガタッ

海未「穂乃果、どこに居たんですか?心配したんですよ?」

穂乃果「保健室だよ」

海未「でもさっき行った時閉まってましたよ?」

穂乃果「……なんでだろうね?ことりちゃん」

ことり「う、うん。そうだね……」

海未「……とりあえず、授業に集中してください」

穂乃果「はーい」

ことり(なんなんだろう……穂乃果ちゃんのこの態度……)

海未「……」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:21:43.62 ID:hWX8NTqW0

ー放課後ー

穂乃果「くぅー!やっと終わったぁ……早く練習行こ?」

海未「すみません穂乃果、先に行ってもらっていいですか?」

穂乃果「うん、いいよ」

ことり「じゃあことりも……」

海未「ああ、ことり。ちょっと話があるので残ってください」

ことり「!……わかった」

穂乃果「……じゃあ穂乃果、先行ってるね」ダッ









ことり「……」

海未「人が居なくなるまで、少し待ちましょう」

ことり「うん……」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:27:19.91 ID:hWX8NTqW0

海未「……さて、ことり。話というのは何か、わかっていますか?」

ことり「うん……」

海未「先程の穂乃果の態度、どこかぎこちないところがありました。
    それに、若干ことりを避けているようにも感じます。保健室で何かあったのですか?」

ことり「実はね……」













ことり「ことり、穂乃果ちゃんのことが好きなの」

海未「……」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:31:55.87 ID:hWX8NTqW0

ことり「それでその、ベッドで寝てる穂乃果ちゃんを見てたら、その」

海未「嘘」

ことり「!」

海未「ですよね?本当のことを言ってください」

ことり (誤魔化せない……よね)

ことり「ごめんね、実は……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーー


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:35:42.39 ID:hWX8NTqW0

海未「……最低、ですね」

ことり「ごめんなさい……」

海未「考えてもみてください。
    親友だと思っていた人物に突然襲われたら、あなたはどう思いますか?」

ことり「ことりはべつに」

海未「私でも?」

ことり「まぁ……うん。いいかな」

海未「はぁ……ことり、私はあなたの神経が心配です」

ことり「ごめんなさい」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:42:34.86 ID:hWX8NTqW0

海未「まあ、ことりの考えはさておき、問題は穂乃果です。
    穂乃果は、ことりに対してどことなくぎこちないです。
    ……穂乃果は、今回の件をどう思ってると思いますか?」

ことり「……傷付いてるかもしれないし、ショックだったかもしれない。
     ことりのことなんて、もう嫌いになっちゃったかもしれない……」

海未「確かにそうかもしれません。それに対して、ことりはどうしたいんですか?」

ことり「ことりは……」

ことり「ことりは、穂乃果ちゃんと仲直りしたい。
     このまま穂乃果ちゃんと微妙な関係のままじゃ、ことり、生きていけないよ……」

海未「反省してますか?」

ことり「うん……」

海未「二度としないと誓えますか?」

ことり「うん」

海未「穂乃果と二人きりでも、同じことが言えますか?」

ことり「うん!」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:43:47.55 ID:GZYQcJe80

海未ちゃんがすげーまともだ


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:47:49.96 ID:hWX8NTqW0

海未「……わかりました」

ことり「!」

海未「では、練習が終わったら穂乃果を教室に呼びます。
    あとはことりが、自分でなんとかするんですよ?」

ことり「海未ちゃん!……ありがとう」

海未「私も、二人が仲違いしたままなのは嫌ですから。では、練習に行きましょう」

ことり「うん!」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:53:15.69 ID:hWX8NTqW0

ー屋上ー

ガチャ

海未「すみません、遅れました」

にこ「遅いわよー二人とも。二人でちゃっちゃと準備運動してきなさい」

ことり「はい!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーー

絵里「はい!一旦五分休憩!」

凛「疲れたにゃー……」

真姫「何よ、もうへばったの?」

凛「む、まだまだ凛は行けるよっ!」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 14:56:39.06 ID:hWX8NTqW0

にこ「でも、しっかり休んどきなさいよー」

凛「はーい」

絵里「穂乃果はいつにも増して元気ね」

穂乃果「へっへっへっ。今日の穂乃果は秘策を使ったからね!」

花陽「秘策?」

希「秘策って何したの?」

穂乃果「ひみつー!でも希ちゃんならわかるかも」

希「……あー。でも、授業はちゃんと受けんとあかんよ?」

穂乃果「わかってるって!」



海未「ことり、大丈夫ですか?顔色が悪いですよ?」

ことり「あはは……ごめんね、ちょっと寝不足で……」

海未「……はぁ。あまり無理はしないように」

ことり「ありがと」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:03:26.25 ID:hWX8NTqW0

絵里「はい!今日の練習は終わりよ!
    日が落ちるのが遅くなってきたけど、まだ暗いから寄り道しないように!解散!」

凛「ラーメン食べいこー」

花陽「いいね!どこにする?」

真姫「またラーメン?もうちょっとさっぱりしたのがいいんだけど」

にこ「じゃあ真姫ちゃんは野菜炒めでも食べてなさいよ。お腹減ったー」

絵里「……人の話を聞く気はあるのかしら」

希「まあまあ、みんな疲れてるみたいやしいいやん?あ、焼肉食べ行く?」

絵里「いいわね~……ってそんなわけないでしょう。家にもごはんあるんだから」

希「じゃ、うちも帰ろっと」

海未「穂乃果」

穂乃果「ん?」

海未「少し、話があるので教室に来てもらっていいですか?」

穂乃果「うん、いいよ」



ことり「……」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:09:32.28 ID:hWX8NTqW0

ー教室ー

ガララッ

穂乃果「海未ちゃー…………ことりちゃん」

ことり「穂乃果ちゃん」

穂乃果「海未ちゃんに呼ばれたんだけど……海未ちゃんは?」

ことり「ううん、ことりが海未ちゃんに穂乃果ちゃんを呼んでもらったの」

穂乃果「……何か用でもあるの?」

ことり「っ!……うん。穂乃果ちゃんに、保健室でのこと、謝りたくて」

穂乃果「ことりちゃん」

ことり「?」

穂乃果「保健室で、穂乃果とことりちゃんは何もなかった。そうだよね?」

ことり「!……そ、それは」

穂乃果「穂乃果も、ことりちゃんも、ただ寝てただけ。そうなんだよね?」

ことり「……(穂乃果ちゃんは、なかったことにしようとしてるんだ)」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:16:20.46 ID:hWX8NTqW0

穂乃果「さっ、お話はこれで終わり!マック行こマック!お腹空いたなー」

ことり「待って!」

穂乃果「……何?ことりちゃん」

ことり「あのね……ことりは、保健室で……」

穂乃果「やめて」

ことり「……ことりは、保健室で穂乃果ちゃんに」

穂乃果「やめてって言ってるよねッ!!」

ことり「!」ビクッ

ことり「ほ、穂乃果ちゃん……」

穂乃果「……ことりちゃん。冷たいこと言っていい?」

ことり「……うん」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:26:05.38 ID:hWX8NTqW0

穂乃果「穂乃果はね、忘れたいの。なかったことにしたいの。
     ことりちゃんに、あんなことを……されそうになったなんて覚えてたくないよ」

ことり「でもっ……」

穂乃果「ことりちゃんは、今から謝ろうとしてくれたんだよね?」

ことり「……うん」

穂乃果「でもね、穂乃果は忘れたいんだ。
     だからことりちゃんが謝って、それを許しちゃったらさ……」

穂乃果「本当に起こったことになっちゃう。そんなのやだよ……穂乃果はっ……!」

ことり「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「ぐすっ……なんで……なんでこんなことしちゃったのっ……ことりちゃん!」

ことり「それはっ……」

ことり (言っていいの?この状況で、穂乃果ちゃんが好きだからなんて。
     言う資格あるの?今の、穂乃果ちゃんを傷付けたことりに……)


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:37:20.20 ID:hWX8NTqW0

ことり「……ごめん」

穂乃果「ことりちゃん。もう、いいよ」

ことり「……ごめんね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「いいって。明日からまた、穂乃果と、ことりちゃんは友達のまま」

穂乃果「何も昨日までと変わらないんだよ。友達のまま……穂乃果と居よ?」

ことり「……うん」

穂乃果「それじゃあ、穂乃果帰るね。また明日」

ことり「うん……また明日」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:42:35.49 ID:hWX8NTqW0

ー次の日 教室ー

ことり「……」

ガララッ

ことり「!」

海未「おはようございます、ことり」

ことり「おはよう、海未ちゃん」

海未「どうでしたか?」

ことり「えっとね、仲直りできたよ」

海未「そうですか、それはよかったです」

ことり「うん……」

海未「……元気がないようですが、もしかして今日も寝不足ですか?」

ことり「う、ううん。そんなことないよ!大丈夫大丈夫!」

海未「それならいいのですが……」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:50:11.90 ID:hWX8NTqW0

ガララッ

穂乃果「おっはよー!海未ちゃん!ことりちゃん!」

海未「おはようございます」

ことり「おはよう、穂乃果ちゃん」

海未「今日は早いですね」

穂乃果「うん!昨日はぐっすり寝たからね!」

海未「それなら安心ですね」

穂乃果「うんっ!今日もがんばろー!」

ことり (穂乃果ちゃん、本当に何も変わってない……)



その日は、まるで昨日なんてなかったかのように過ぎて行った。
次の日も、その次の日も、ことりと穂乃果ちゃんは友達のままだった。

ことり (これからずっと……ことりと穂乃果ちゃんは友達のままなのかな)

そんなことも、いつの間にか思わなくなっていった。
さようなら、穂乃果ちゃん。おはよう、穂乃果ちゃん。


おわり


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:50:53.99 ID:nNHOhZSJ0

悲しい


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:53:06.74 ID:dWNLQ3fOP

悲しいちゅん


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 15:56:42.64 ID:D2sA2Ork0


ことり「きゃあああああああ!!」ガバッ


ことり「夢か・・・」




ラブライブ! School idol diary ~南ことり~ラブライブ! School idol diary ~南ことり~
公野櫻子,室田雄平,音乃夏,清瀬赤目

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 15570

Amazonで詳しく見る by AZlink

Love marginalLove marginal
南ことり(内田彩),小泉花陽(久保ユリカ)from μ’s~ Printemps~高坂穂乃果(新田恵海),高坂穂乃果(新田恵海),南ことり(内田彩),絢瀬絵里(南條愛乃),小泉花陽(久保ユリカ),園田海未(三森すずこ),星空凛(飯田里穂),西木野真姫(Pile),畑亜貴,藤末樹,山口朗彦

ランティス
売り上げランキング : 2856

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2014/02/26 12:00 ] ラブライブ!SS | TB(0) | CM(2)
これは本来の園田
そして安定の穂乃果ノンケ
[ 2014/02/26 12:23 ] [ 編集 ]
パンツ?それ、食べ物なんですか?今度、食べてみようか…なんて言うはずない!いくら好きでも、パンツとナ○○ンはちょっと…
[ 2014/02/27 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。