素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

巴マミさんが幸せそうなSSを書いてください

※短編集(ほぼ未完)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:26:59.47 ID:1SPTXPqe0

お願いします




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:28:12.22 ID:mIgtrP560

マミ「もう一人じゃないっ・・・」 → ぼっち


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:29:17.41 ID:1SPTXPqe0

>>2
そういうのやめて。マミさんが幸せになるSSをお願い



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/03(木) 02:30:30.32 ID:SalSgJdR0

マミ「・・・」

マミ「・・・今日の晩御飯、何にしようかな」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/03(木) 02:31:29.46 ID:SalSgJdR0

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・けほっ」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・風邪かな」

マミ「・・・」

マミ「・・・」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:33:41.47 ID:1SPTXPqe0

>>6>>10
きっと本当にこんな感じだよ、マミさんの日常
カワイソウだよ。幸せになってほしかったのに



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/03(木) 02:34:27.17 ID:SalSgJdR0

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・」

マミ「・・・(そっか)」

マミ「・・・」

マミ「・・・(私、死んだんだ)」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:31:49.08 ID:1SPTXPqe0

なんでお前らの心はそんなに薄汚れてしまったん?
寂しがりの中学生の女の子を、せめて二次創作の中でくらい幸せにしてあげようとか思えんの?



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 02:32:07.69 ID:boDIAdnX0

まどか「今日は節分だからマミさんを丸かじりしようよ!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:32:27.54 ID:t9kt1ww70

マミ「あら…ここはどこかしら…?」

マミ「確か私は…魔女と…戦って…」

マミ「………首、痛いな…」

少女「新入りさんかい?」

マミ「!?」

少女「あはは、いらっしゃい」

マミ「あなた…誰!?ここは…ここはどこなの!?」

少女「まあまあ、そう恐い顔しなさんなって。ここは…そうさな」

少女「地獄、かな」

マミ「地獄…?」

少女「そう。魔法少女だけが堕ちる…地獄」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:39:01.41 ID:t9kt1ww70

マミ「…あなたも魔法少女だったのかしら」

少女「まーね。新入りさん、あんたも魔女に食われてくたばったクチかい?」

マミ「…その口ぶりからすると、あなたもそうなのね」

少女「あはは、そうそう。いやー、あん時は油断してさー、捕まえて止めさそうとしたら…」

マミ「やめて!」

少女「おりょ?」

マミ「そんな話…聞きたくないわ!」

少女「そっか…ごめんね。だよね、人がどう魔女に食われたかなんか聞きたくないよな」

マミ「…私は巴マミ。あなたは?」

少女「あたし?あたしはまあ…いいじゃん、名前なんてさ」

マミ「…?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:42:42.78 ID:1SPTXPqe0

できればもっと日常系の方が嬉しい


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:44:13.84 ID:mIgtrP560

>>21
注文が多いですね
これだからただ消費するだけの人間は



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:45:35.97 ID:1SPTXPqe0

>>22
だって幸せって日常の中にあるものだろ?



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:45:50.00 ID:t9kt1ww70

マミ「ところで…ここって、その…」

少女「ん?あー、そうだよ。正真正銘、紛れもない地獄。あの世。黄泉の国」

マミ「地獄に…落ちちゃったんだ」

少女「まあね。…意外に冷静だね、えっと…巴さん」

マミ「マミでいいわよ。それにしても…まさか地獄に落ちるなんてな…」

少女「魔法少女はね…地獄に堕ちるもんなんだよ」

マミ「そう…なの…?」

少女「みたいね。魔女の呪いなんだかそういうルールなんだか知らないけどさ」

マミ「…」

少女「まったく、業の深い商売だよねえ…あはは」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:51:41.18 ID:1SPTXPqe0

だからせめて二次創作の中だけでもマミさんに幸せになってもらいたい!!
整合性? そんなのいらない。夢でも嘘でも幸福にしてよ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:55:38.75 ID:t9kt1ww70

マミ「でも…」

少女「ん?」

マミ「地獄っていうわりには、案外普通なのね。私、もっと何というか…」

少女「あー、あはは、まあここはね。地獄っていってもとば口だから」

マミ「そう…じゃあ、やっぱり」

少女「…まあ、地獄だからね…怖い?」

マミ「…わからないわ」

少女「うん、正しい答えだと思うよ。…そいじゃついてきて。魔法少女地獄を案内したげる」

マミ「…地獄」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:53:05.21 ID:ZPKo+v8g0

A「ねーあいつきもくなーい?wwwwwwww」
B「いつも一人でいるよねーwwwwwwwwww」
C「ときどきニヤつきだすしマジ勘弁してほしいんですけどーwwwwww」
D「プークスクスwwwwww」

マミ「・・・」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:56:19.59 ID:1SPTXPqe0

>>29
Fuck you ぶち殺すぞ



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:56:04.39 ID:IpvY81be0

            l
   / ̄ヽ     l               お
   , o   ', 食朝 l         _     .は
   レ、ヮ __/  べご l       /  \    よ
     / ヽ  よは.l       {@  @ i    う
   _/   l ヽ うん l       } し_  /
   しl   i i  を l        > ⊃ <   今
     l   ート   l       / l    ヽ   日
 ̄ ̄¨¨~~ ‐‐‐---─|      / /l   丶 .l  も
      ___    |      / / l    } l  い
 /ニュ トーイ    l    /ユ¨‐‐- 、_  l !  い
 ヽ廿'  .`廿'    l _ /   ` ヽ__  `-{し| 天
   n  .____  l /         `ヽ }/気
  三三ニ--‐‐'  l          / //  だ
 ̄ ̄ ¨¨¨ー─‐‐--- ,,, __ ____/ /_/                  ´
      ,, _    |         ̄¨¨` ー──---
モパ  /     `、  |          _
グク /       ヽ .| モパ    /   ヽ モパ
モパ./  ●    ●l | グク   l @  @ l グク
グク l  U  し  U l | モパ   l  U  l モパ
   l u  ___ u l | グク  __/=テヽつ く グク
    >u、 _` --' _Uィ l    /キ' ~ __,,-、 ヽ
  /  0   ̄  uヽ |    l  ヘ  ゝ__ノ-' ヽ
. /   u     0  ヽ|    ~ l   ヽ-┬ '
 テ==tニト      | / て=-、─----‐‐─ヽ
/ ̄) ̄        ト'    ト= -'   <ニ>



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:57:19.60 ID:MFi/rPt6O

魔女の歯が首に食い込んだ

自覚する
自分はこれから死ぬのだ、と

(走馬灯ってこんなものなのかしら)

一秒が何時間にも引き延ばされる感覚
しかし脳裏に浮かぶのはここ数日の出来事ばかりだ

(ふふ、なんだ、私結構幸せだったじゃない)

(こんな幸せな日々の中で、あんなに嬉しい言葉の後でいけるなら)


(別に、いい、か……)





ば づ ん


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:58:30.82 ID:6vJHOnPf0

マミさんモグモグ(^ω^)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:00:36.44 ID:1SPTXPqe0

一番かはわからないがマミさんは一番可愛いし美しいし凛々しい


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:00:40.14 ID:unpJ77TO0

まどか「ね、ねえ、マミさん。一緒にお昼なんてどうかな?」

マミ「あら、それは嬉しいお誘いね。だけど、ごめんなさい。今日は少し用事があって・・・」

マミ「明日だったら、時間が取れるのだけど」

まどか「じゃ、じゃあ、マミさんさえ良かったら、明日に・・・!」

マミ「ふふ。じゃあ約束ね。明日一緒にお昼を食べましょう?」

まどか「うんっ」


マミ(やった。やったわ)
マミ(これで、ようやく便所飯なんて呼ばれないで済むのね)
マミ(ふふ、明日は女の子らしいお弁当用意しないと)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:01:35.73 ID:unpJ77TO0

マミ(今日の、お弁当・・・)

マミ(トイレで食べる真っ白なおにぎり)

マミ(だけど、今日でこんな食事も最後・・・うぅっ、ぐすっ)

マミ(やだ・・・、こんなことで泣いちゃうなんて、ぐすん)

マミ(だけど、嬉しい)

マミ(まどかちゃんたちに会えて本当によかった・・・)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:01:44.14 ID:ZlOCR7/u0

マミ「死人に口なし・・・じゃなくて首なし・・・」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:02:27.68 ID:unpJ77TO0

QB「マミが遠くにいる今だから言えるけど、実はあいつボッチなんだ」

QB「多分、今は便所でご飯食べてるんじゃないかな」

青「うわー、それはさすがに気持ち悪いなあ。ね、まどかもそう思うでしょ?」

まどか「う、うーん。そう言われると、」

マミ(これで食事も終わりっ)

マミ(この後、二人に会ったら何を話そうかな)

マミ(ふふ、こんなことでわくわくしちゃうなんて)

まどか「少し・・・、マミさんって気持ち悪いかも」

マミ「・・・(´;ω;`) 」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:03:10.15 ID:1SPTXPqe0

>>40
俺が期待してる間に何してくれちゃってんのお前?



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:07:47.43 ID:1SPTXPqe0

ふぅ。まあ、お前らはきまぐれだからな、こういう意地悪がしたくなる時もあるよな
俺は少し散歩に行って頭冷やしてくるから、その間にマミさんが最高に幸せなSSを書いといてくれよ
じゃあ頼んだぞ



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:09:52.63 ID:7j24osXv0

マミさんのステーキやわらかくておいしいよもぐもぐ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:14:53.74 ID:MFi/rPt6O

マミ「キ、キヒィ、ギギギカカカカキィィ」

さやか「な、なんでマミさん笑ってんの!?頭かじられてるのに……!」

QB「マジカルエンドルフィンだよ。この世に実在するどんな物質よりもキくゴキゲンな脳内麻薬さ」

まどか「ま、まじかるえんどるふぃん!?」

QB「意識さえ無くならなければ魔法は使えるからね。アレが出たマミは……強いよ」

マミ「ギギギギギカカカカカガガガァァァァイヒィィィィ」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:16:51.88 ID:m13aeT3B0

クレイモアみたいになっとるwwww


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:20:40.15 ID:unpJ77TO0

マミ「やっ・・・、あんっ、そんなに強く吸わないで」

ほむら「ちゅ、んっ、んんっ」

マミ「もぉ、ほむらったらおっぱいばっかり、ふふ、まるで赤ちゃんみたい」

ほむら「む・・・」

マミ「だけど、そんな可愛いほむらも大好きよ」

ほむら「・・・私も、マミが好き」

マミ「ふふ・・・(なでなで)」

ほむら「~~~~////」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:22:50.58 ID:unpJ77TO0

マミ「だけど私。まだほむらにも言ってない秘密があるの」

ほむら「?」

マミ「病んでるっていうのかな。私、誰かに食べてもらいたいって願望があるんだ」

マミ「ふふ、変だよねこんなの・・・、気持ち悪いよね」

ほむら「ううん、そんなことない。本当は知ってた・・・。」

ほむら「だから今日はマミのためにこの子を連れてきたの」

シャルロッテ「^^ノシ ヤホー」

ガブッ

マミ「エッ、エクスタシィィィィイイイイイイ!!!」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:25:32.76 ID:KMJ6YxCF0

エクスタシィにワラタ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:47:42.39 ID:jVzvUPqC0

マミ「はぁ・・・ちょっと遅くなっちゃったわね、急いで帰らな・・・くてもいいか」
マミ「どうせ帰っても一人ですもの・・・」

まどか「マミさーん、よかったら途中まで一緒に帰ってもいいですか?」

マミ「もちろんいいわよ。こんな時間まで学校に残ってるなんて忙しの?」

まどか「いえ、マミさんのこと待っていたんです」

マミ「あらあら、嬉しい事言ってくれるわね。よかったらうちのよっていかない?」
マミ「丁度おじさんから送られてきたお菓子があるの。」

まどか「えっ、いいんでうすか!」
まどか「あっ、でもあんまりおそくなるとお父さんが心配するかも・・・」

マミ「そう、それは残念ね。かなめさんの好きなクッキーもあるんだけど・・・」

まどか「う~・・・ちょ、ちょっとだけなら大丈夫かな・・・?」

マミ「ふふふ、じゃあお父さんに心配かけないように電話しておかないとね」

まどか「はい!ちょっと電話しますね」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:14:58.49 ID:jVzvUPqC0

マミ「どうぞ、かなめさん」

まどか「お邪魔します」

マミ「ふふっ」

まどか「どうかしましたか?」

マミ「気になる?」

まどか「はい、マミさんとっても嬉しそう」

マミ「なんだか妹が出来たみたいでね・・・それが嬉しくて・・・」

まどか「あ、あの・・・よかったらお姉ちゃんって呼んでも・・・」
まどか「ご、ごめんなさい!いきなり変な事言って・・・」

マミ「いいわよ、でも私も恥ずかしいから二人きりの時だけね」

まどか「じ、じゃあ・・・お、お姉ちゃん・・・」

マミ「はい」

まどか「えへへ」
マミ「ふふふ」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:19:25.11 ID:jVzvUPqC0

まどか「あっ、電話・・・ちょっと失礼します」

マミ(誰からの電話かしら・・・)
マミ(あっ、私は早くお菓子とクッキーを盛り付けて・・・後は紅茶も淹れてっと・・・ふふふ♪)

マミ「電話終わったかしら?今紅茶も淹れてるからお菓子でも食べて・・・」

まどか「ご、ごめんなさい・・・男君がいきなり私に会いたいって・・・」

マミ「・・・え?男君?誰?」

まどか「ですのでこれで失礼しますね、お姉ちゃんも早く彼氏作った方がいいですよw」

マミ「ちょ、ちょっとま・・・」
バタン

マミ「紅茶・・・二人分淹れちゃった・・・」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:21:53.96 ID:4CXcQvBt0

ぽめぇらそんなにまみさん嫌いなのかね…


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:33:01.71 ID:unpJ77TO0

溢れるマミ愛の為せるわざに決まっています


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:35:49.96 ID:unpJ77TO0

「魔法少女にならないか?」
――ぽつり、と一滴の雨粒が私の頬を打った。この街では雨ですら黒く濁っている。
外部からやってきた人間はことあるごとに魔女による汚染がどうのと騒ぎ立てるが、
この街に汚れてない部分が残っている人間なんて一人もいるはずもなく、
私とQBもまた、この街の腐りきった空気だけを吸って生きてきた屑どもの一人だった。
「その代わり、一つだけ願いを叶えてやろう」
QB、嗚呼QB、そんな口先だけの約束なんてどうでもいいわ。
私には、あなたさえ居ればそれでいいの。
あの日、あなたの逞しいマスケット銃は、子宮ごと私のハートを貫いてしまったわ。
だけど、勘違いしないで。これは呪いなの。
あの日、私たちが犯してしまった過ちを忘れないための。
「ええ、なるわ。魔法少女に」
――嗚呼、先の大戦の記憶がフラッシュバックを始める。これからここは戦場になるのだ。
ゆっくりと近づいて来る軍靴の足音は、滅びへのカウントダウンだろうか。
そんなことよりマミさんのおっぱい揉みたい一発抜いて寝るか。



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:38:02.87 ID:1SPTXPqe0

>>67
何の改変かわかんねーし最後に本音がモロだしじゃねーかよ……



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:59:53.28 ID:jVzvUPqC0

マミ「こんばんわ、こんなところで何を見てるの?」

まどか「あ、マミさんこんばんわ。星を見てたんです。」

マミ「かなめさんはロマンチックなのね」

まどか「そうですか?まぁ都会じゃあまり見えないんですけどね」

マミ「隣、いいかしら?」

まどか「はい、どうぞ」

マミ「・・・・・・お願い事は決まった?」

まどか「いえ・・・でも満天の星空を見るのもいいかなぁって・・・あはは」

マミ「その位のお願い事なら私にも叶えられるわよ」

まどか「えっ!本当ですか!?」

マミ「ふふ・・・もちろん!」
マミ「今日はもう遅いから・・・今度の休み空いてるかしら?」

まどか「はい、空いてますが・・・」

マミ「それじゃ、みきさんも誘ってお出かけしましょ」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 06:17:45.75 ID:Kur7pJqh0

このスレはシャーロットに監視されています

              . 。-‐===‐- 。.
            /:o: :o: :o: :o: :o: :o\
         /:o: :o: >‐…‐<:o: o: ヽ
       ___」o :o/        \o: o}___
       {   `Y   /|    ト、   Y´   }
        ヽ      /  |    |  ヽ      /
       }     i ∩\  |∩ i      {
         ,   八{ ∪ _\|∪ } 八   }
        {__/{:oヽ.    __   ノイ :o:}=イ
             \:o: ≧=‐=≦:o:__;/
           /::::/\::::::::\
          /::::/  。ハ::::::::::ヽ
         / :::::/    。/ ‘,::::::::::::::..
        / ::::::::/    /{   ‘,::::::::::::::::..___
  __/::::::::::::/    / \ ‘,:::::::::::::::::\:::`>‐…‐-
/:::::::/ :::::::::::::/-‐''"´      \ ,:::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::
:::⌒Y::::::::::::::::::/::::::|          ',::::::::::::::::::::::}>‐-=-‐
::::::::::\:::::::::::/ー―ヘ  /⌒\    ハ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: /    }__」     \ / ',::::::::/::::::::::::-―…
二ニ=-ー '′             └'  ‘,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        \:::::::::::::::::::::::::::::::
                          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:12:11.42 ID:obAKYzN/0

「ティロ・フィナーレ!」

一人で戦うのはこれで最後かしら。
そんなことを考えながら巨大なマジカルマスケット銃を消す。
幸せだ。
そう、幸せになるのだ。
これから、二人で―

ふと、魔女の姿を見る。
いつもならもうとっくに霧散していて良いその姿は未だそこあり、
次の瞬間にはピエロのような大きな顔が目の前で口を開けていた。

――え?


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:12:59.92 ID:obAKYzN/0

無意識だった。

何を意図していたわけでもなく、

たまたま持っていたロッピーチーズ(脂肪分ひかえめ335円)を思い切りぶん投げていた。

目の前の巨大な顔は釣られたようにチーズへ向かう。

空中に舞うそれを口で華麗にキャッチし、満面の笑みで味わう。

十分味わい飲み込んだ魔女は、再度近づいてくる。

しかしそこには殺気も敵意もなく、

もっとちょうだいと言わんばかりの愛らしい表情を向けてくるのだった。

「・・・キュゥべえ」

その頭にそっと手を伸ばし、撫でる。

「この子飼ってもいかしら?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:13:58.13 ID:obAKYzN/0

シャーロットいくせいにっき

○月○日
魔女を拾ってきた
キュゥべえが言うにはCharlotteという名前らしい
シャロと呼ぶことにした
帰りにまたチーズを買ってあげたら喜んでいるようだった
なんてかわいい生物だろう

○月?日
学校に連れて行ったらかなめさん達に怖がられたので、
試しに頼んでみたら小さい姿に戻ってくれた
チーズを両手でつかんではぐはぐ食べている
こっちもこっちでかわいい


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:14:57.13 ID:obAKYzN/0

○月△日
なんとお菓子を生み出す能力があるらしい!
これにはまだ怖がってたかなめさん達も少しは馴染めたかな?
浮いたお金でチーズをいつもより多めに買ってあげよう

○月□日
魔女狩りに連れて行ってみた
手下の多い魔女でちょっと苦戦していたところ、
なんとシャロが手下を食べ始めた
あまりおいしくはなさそうだったけど助かっちゃった
ありがとうシャロ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:15:53.38 ID:obAKYzN/0

○月☆日
あけみさんに色々言われた
魔女と手を組むなんて何を考えてるのだって
でもその間ずっとシャロが威嚇していてくれた
頼りになる子ね

○月♥日
徐々に言葉を覚えてきた
最初に発した言葉が”ちーず”
その次が”まみ”
まだチーズには勝てないかぁ
でも名前を呼ばれたときはホントに嬉しかったな
これからもよろしくね


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:16:53.04 ID:obAKYzN/0

オチはない

マミさんSSというよりシャーロットSSだけど
きっとマミさんも幸せなはず


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:18:37.38 ID:RJJBwnpQ0

友達ができたね!!
やったねまみちゃん!



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:37:29.31 ID:obAKYzN/0

マミさんモグモグ



魔法少女まどか☆マギカ 2(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)魔法少女まどか☆マギカ 2(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
TVアニメ

アニプレックス 2011-04-27
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原作:Magica Quartet,作画:ハノカゲ

芳文社 2011-02-12

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/02/04 12:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(3)
ID:obAKYzN/0のおかげで救われた
[ 2011/03/23 22:53 ] [ 編集 ]
皆、酷いよ……マミさんを散々玩具みたいに(怒)
シャロって……

「ご注文はうさぎですか?」のFANに謝りなさい(怒)。
[ 2012/07/25 02:55 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/12/23 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ