素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

唯「やっぱお酒はおいしいね~」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:09:48.01 ID:9VghQ8yRP

憂「お姉ちゃん!駄目だよお酒なんて飲んじゃ!」

唯「大丈夫だよ~。お父さんたち旅行でいないからばれないよ」

憂「そんな問題じゃないよ!」

唯「え~?じゃあどういうことなの?今までだってバレてないし・・・」

憂「え?それじゃあ今までもこうやって飲んでたの?」

唯「そうだよ^^ お酒飲むととっても楽しいんだよ。憂も飲んでみる?」

憂「もう、駄目だったら!あ、こんな強いお酒飲んで・・・」

唯「ウィスキーなんて普通だよ。たった40度しかないんだから。ほら、こっちのウォッカは88度あるんだよ。すごいよね!」

憂「なんでも未成年は飲んじゃだめなの!」

唯「憂は堅苦しいなぁ。平気だよ、もう高校3年なんだよ。18歳だよ。大人だよ~。女の子は16歳から結婚できるんだからね!」

憂(どうしよう・・・)





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:10:58.56 ID:9VghQ8yRP

唯「まあ、憂には大人の味は分からないかな~?ウィスキーにもいろいろ種類があって、こっちのスコッチとこのバーボンは原材料と製法が違くてて、ほらこの七面鳥の絵かわいいよ!」

憂「ねぇ、今日はもう寝ようよ!」

唯「えぇ~、これで最後の一杯・・・」

憂(一息で飲んじゃった・・・)

唯「は~、たまりませんな~」

唯「じゃあそろそろ寝ようかな」

憂「そうだよ、明日も学校あるんだし」

唯「は~ぃ^^」

唯「そうだ。この事はお父さんには内緒だからね!お姉ちゃんとの約束だよ^^」

憂「え、うん・・・」

唯「あとグラス片付けとね!」

憂(まさかお姉ちゃんが飲酒してるなんて・・・・・・)


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:11:50.34 ID:9VghQ8yRP



律「今日は珍しく決まってたな!」

澪「珍しくって・・・まあ、いつもは律が飛ばしすぎなんだろ」

唯「お菓子食べようよ!お菓子!」

紬「今日はモンブランケーキ~」

澪「唯はお菓子ばかっりだな・・・」

唯「いらないの?じゃあ澪ちゃんの分も~らい^^」

澪「だめだめ!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:12:42.28 ID:9VghQ8yRP

梓「でも、最近の唯先輩のギター、だいぶ上手くないですか?」

唯「なにー!今まで下手だったってこと!?」

梓「そ、そういうわけじゃなくて・・・近頃はノリがいいというか、テンポがいいというか・・・」

律「あ、それ私も感じた!」

紬「そうね、一緒にやってて楽しい気分になれるわね~」

唯「えへへ、そんなに誉めなくても^^」

梓「でも、この調子だったらこんどの学祭のライブ絶対成功しますよ!」

唯「あずにゃん先輩のシゴキのお陰っす!」

梓「な、何言ってるんですか!」

唯「澪ちゃんの栗もらった!」

澪「あ、私の!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:13:51.14 ID:9VghQ8yRP



唯「憂のご飯いつも美味しいね~。一杯やりたくなっちゃうね^^」

憂「だ、だめだからね!」

唯「冗談だよ、もぅ^^」

憂(本当に冗談なのかな・・・)

唯「さてっと部屋勉強するかな^^」

憂「うん、頑張ってね」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:16:44.92 ID:9VghQ8yRP

唯「大人の味の勉強だし^^憂がいるとゆっくりできないから、今日は部屋で飲もっと。
  やっぱりお酒いいね。今日も部活行く前にビール一杯飲んだだけなのに、
  みんなギターが上手くなったって誉めてくれた。これから毎日飲んでから行こうかな。
  練習しなくても上手くなれるなんて楽チンでいいな。お父さんお酒飲みだから、
  たくさんストックあって選ぶのに大変だよ。
  なんか緑色の綺麗なお酒あったら気になってたのがあったから持ってきたよ。
  アブシンテ?変な名前だけど美味しそう。
  アルコール度数70度もあるんだぁ。
  ちょっと強いかな?でも試して見ないと分からないよね^^うわっ、すごい味だよ!
  お父さんこんなの飲んでるんだ。
  でも一口じゃ分からないものがあるよね。
  甘い感じがするし。実は慣れてくるとおいしいかも?」

唯「これはこれでありかもね。こういう味でも嫌いじゃないかな。もしかして私通なのかも^^
  お酒の違いが分かる女!かっこいい!なんかギター弾きたくなってきちゃった!」


憂「勉強するって言ってたのにギター弾いてる。昨日のあれはたまたまだったんだよね、お姉ちゃん」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:18:31.58 ID:9VghQ8yRP



唯「やっと放課後だ~」

律「唯、音楽室行こうぜ」

唯「あ、先行ってて~」

律「何か用あんのか?」

唯「うん。すぐ行くから」

律「なんだトイレか?」

唯「そんなとこ~」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:19:21.54 ID:9VghQ8yRP



唯「さすがに学校の中で飲むにはトイレくらいしかないかな。
 本当は屋上なんかで気持ちよく飲みたいけど普段は開いてないし。
 ウィスキー瓶はちっちゃくて持ち運びやすいのがあるから助かるよ。
 なんか次元大介みたい。学校で飲む酒はやっぱ違いますなぁ。
 トイレの個室じゃあんまり気分でないけどね^^」

和「この声は唯?なにしてるの?電話?」

唯「わ、なな、なんでもないよ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:20:25.17 ID:9VghQ8yRP



唯「いつもの校舎が歪んで見える~^^たのしい」

唯「キミを見てるといつもハートDOKIDOKI揺れる思いはマシュマロみたいにふわふわ♪」

さわ子「?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:21:29.36 ID:9VghQ8yRP



唯「りっちゃん隊員!ただいま到着しました!」

律「お、先にお茶しよっぜ~」

唯「ラジャ!」

梓「唯先輩、なんかテンション高いですね・・・」

澪「いつもこんな感じじゃないか?」

唯「あずにゃ~ん」

紬「なんか顔も赤いし」

澪「また風邪引いたとかやめてくれよな」

唯「唯隊員はアル・・・みかんパワーで元気です!^^」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:23:19.22 ID:9VghQ8yRP



律「おっつかれ~じゃあまた明日な!」

唯「あずにゃん一緒に帰ろう」

梓「はい」

唯「だいぶ遅くなっちゃったね」

梓「だいぶ練習しましからね。唯先輩のギターすごかったです」

唯「いや~それほどでも~^^」

梓「私もですけど、みんな唯先輩にギターに負けないように頑張ってるんだと思います」

唯「お、なんか軽音楽部みたい」

梓「軽音楽部ですから!」

唯「自販機でジュース買ってく?おごってあげよう^^」

梓「あ、はい。ありがとうございます」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:26:41.98 ID:9VghQ8yRP

唯「何がいいかな?」

梓「それじゃあオレンジジュースで」

唯「はい。じゃあ私はこっちの・・・と」

梓「え?それって・・・?」

唯「何?ジュースだよ?」

梓「ビールじゃないですか?」

唯「何言ってるの^^ジュースだよ。
  いや~、部活で汗流したあとのジュースは美味しいねぇ、ドライだねぇ。
  あずにゃんもそう思うでしょ?」

梓「ええ、まあ……」

唯「明日から休みだからあずにゃんと会えなくて寂しいな~、寂しいな~」

梓「来週になれば会えるじゃないですか」

唯「え~」

梓(唯先輩なんでビールなんて買って飲んだんだろう。
   見間違い?本当にジュース?そんなことないし。

   何気なく買ってた。わからない・・・)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:28:37.89 ID:9VghQ8yRP



憂「梓ちゃんからメールだ。なにかな?
  ”最近、唯先輩に変ったことない?”変ったこと・・・たしかにあるけど。
  でもそれが梓ちゃんの言ってることなのか分からないし。
  返信してみよう「”なんで?”
  お姉ちゃんがお酒飲んでとことと関係あるのかな・・・不安」

憂「返事きた。”実は、唯先輩が今日の帰りにビールを買って飲んでたんだけど、
  どういうことなのか私にはわからなくて・・・”
  あ、やっぱり。まさかお姉ちゃんが外で、しかも梓ちゃんの前でそんなことするなんて。
  どうしたのお姉ちゃん。まさか今も?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:30:11.73 ID:9VghQ8yRP

唯「麦焼酎に芋焼酎に、しそ焼酎。たくさんあるな~。
  こんだけ種類作れるって人間ってすごいな~。すごいな~。
  みんなおいしいし。本当はご飯の時に飲めるといいけどな~」

憂「お姉ちゃん、入っていい?あ、またお酒飲んでる!」

唯「うい~、部屋入るときはノックしないとダメでしょ!」

憂「お姉ちゃん、外でもビール買って飲んだんでしょ!」

唯「なんでそりを……」

憂「梓ちゃんからメール来たよ!そんなお酒ばっかり飲んでたら体がおかしくなっちゃうよ!」

唯「大丈夫だよ……ビールなんてジュースみたいなもんだし^^」

憂「そういう問題じゃないから!お父さんに言うからね?」

唯「うーいー。いつからそんなお姉ちゃんを困らす子になっちゃったの?」

憂「だって、お姉ちゃんが……」

唯「憂がそんなこと言うんだったら絶交だからね!」

憂「で、でも・・・」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:31:03.64 ID:9VghQ8yRP

唯「へーんーじーはっ!」

憂「は、はいっ」

唯「憂はいい子だねぇ。あずにゃんにもなんでもないよってメール返しとくんだよ^^」

憂「うん・・・」

唯「お姉ちゃんは忙しいから邪魔しないでね?^^」

憂「う、ごめんなさい」

憂(やっぱり、お姉ちゃんには逆らえないよ・・・どうすればいいんだろう。
  和ちゃんに相談しよう・・・)

唯「やっぱ2万超える焼酎はんまい!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:31:55.41 ID:9VghQ8yRP

10

和「え?唯がお酒を飲んで困ってる?」

憂「うん・・・私心配で・・・」

和「何それ?冗談?」

憂「冗談じゃないよ」

和「でも本当だったら両親に言うしかないじゃない」

憂「そしたら、お姉ちゃんが絶交だって・・・」

和「でも仕方ないでしょ?」

憂「だって絶交だって・・・」

和「まさか唯がねぇ・・・・・・」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:33:09.61 ID:9VghQ8yRP

11

律「じゃあ、みんな作詞してきたか~?発表会するぞ」

澪「これどうかな?」

律「どれどれ。“甘い匂いのするお菓子の森で小鳥さんとおしゃべり”・・・」

紬「澪さんらしい曲ね」

澪「そうかなぁ」

唯「はい!私歌います!」

澪「そうか?別にいいけど・・・」

律「じゃあ合わせてみようぜ」

唯「甘い匂いのするお菓子の森で小鳥さんとおしゃべり・・・♪」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:34:38.58 ID:9VghQ8yRP

唯「甘い匂いのするお菓子の森で小鳥さんとおしゃべり・・・」

唯「甘い匂いのするお菓子の森で小鳥さんとおしゃべり・・・くく」

唯「甘い匂いの、ププ、するお菓子の森で小鳥さんと、くくく、おしゃべり・・・」

唯「あはははははははははは、甘い匂い、ふはははははは、
  お菓子の森ははははっはあははっはは

  ははあはははははははははははははっははっは」

澪「ゆ、唯?」

唯「はははははははははっはっはあっははは、澪ちゃん最高だよ!
  最高だよぉぉ!これ最高に面白いよぉ!ははははは!
  こんなに面白いギャグないよ!ははははははっはあ!
  は、恥ずかしいよ!これ!私じゃ絶対考えれないよっ!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:35:50.74 ID:9VghQ8yRP

唯「私の曲の方がいいから!聞いて!キミがいないと何もできないよ・・・
  キミのごはんがたべたいよ!ほら!いいでしょ!?
  もしキミが帰ってきたらぼりっきりの笑顔で抱きつくよ・・! はははは、いいよね!いいよね!」

律「唯どうしたんだ?」

唯「キミがいないと謝れないよっ!キミの声が聞きたいよっ!キミの笑顔が見れれば!ほらいつもより多く腕を回してるよ!」

律「おい、やめろよっ!」

紬「っ・・・!」 

唯「なん」

律「何?」

唯「うーん・・・」

唯「気持ち悪くなったら帰るね……」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:36:53.25 ID:9VghQ8yRP

12

唯「飲みすぎかな。吐いても水っぽいのしかでてないし。気持ち悪い。
  ちょっと飲みすぎたかも。それとも歌いすぎたかな」

梓「唯先輩!大丈夫ですか?」

唯「あれ~、あずにゃん。なんでここにいるの?」

梓「なんでって、先輩が心配で来たんですよ。お酒臭い・・・やっぱり飲んでるんですね?」

唯「あずにゃんかわいい~」

梓「ちょっと辞めてくださいっ」

唯「キスしようよ、キス」


唯「叩かれた~><」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:38:31.85 ID:9VghQ8yRP

13

憂「お姉ちゃん、学校遅れるよ!」

唯「先学校行ってて~」

憂「なにかあるの?(まさかお酒飲むつもりじゃ・・・)」

唯「すぐ行くから行ってて~」

憂「本当に?学校にちゃんと来てね?」

唯「は~い」

憂(大丈夫かな。心配。そうだ和ちゃんに連絡して・・・)




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:39:23.67 ID:9VghQ8yRP

14

律「唯、今日学校休みか・・・」

紬「何があったのかしら?昨日はちょっとおかしかったよね」

澪「和もいないみたいだぞ」

紬「やっぱ風邪だったのかしら~」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:40:15.48 ID:9VghQ8yRP

15

純「あれ?憂休みなの?」

梓「さあ?」
  (いい予感しないな。昨日の唯先輩を見ると酷かったからな。
   もしかして、それで憂も休んでるのかも)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:42:04.96 ID:9VghQ8yRP

16

唯「憂は疑り深いというかなにやら。
  今日は平沢唯記念日だから休みなのに学校といわれてもね^^
  今日は一日中のみまくろうかな。
  あ、このワイン私の小さいころからあるやつじゃない?
  お父さん、飲まず嫌いなのかなぁ?
  だったら私が飲んでもいいよね!
  1910・・・100年前のだけど賞味期限とか大丈夫かな?」

唯「んまい!100年たっても全然いけるね!
  こっちにはブランデーもあるし。甘くておいし~。
  今日はのりのりに乗ってきたライブしよっと!」

唯「どうしようオートマティックに決められてる~♪」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:43:00.89 ID:9VghQ8yRP

憂「やっぱり、部屋に居るんだ」

和「これはひどいわね・・・」

憂「お姉ちゃん!どうしたの!」

唯「時間割じゃおっつかない~♪」

憂「やっぱりお酒飲んでるみたい」

和「唯、ドアあけなさい!」

唯「お行儀悪かったらソーリー♪」

憂「お姉ちゃん開けて!」

唯「・・・・・・」

憂「静かになった!?」

和「まさか倒れてるのかしら」

憂「そんな!」

和「救急車呼ぶわよ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:44:44.18 ID:9VghQ8yRP

17

憂「それで、アルコール依存症治療の為に入院したんだ・・・」

梓「そうなんだ・・・」

憂「私がもっと早く止めていたらよかったのに・・・
  お父さん、お酒のストック全部処分したんだ・・・」

梓「憂が悪いわけじゃないよ。それで唯先輩はいつ退院できるの?」

憂「早くて3ヶ月後だって」

梓「それじゃあ学校どうするの?」

憂「いま休学してるんだけど・・・たぶん留年することになっちゃうと思う」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:45:36.71 ID:9VghQ8yRP

梓「そっか・・・私たちと同じ学年になるんだね」

憂「うん」

梓「留年かぁ・・・」

憂「ねえ、梓ちゃん。お姉ちゃんが同じクラスになっても仲良くしてくれる?」

梓「・・・当たり前でしょ。唯先輩と二人でけいおん部支えてくんだから!」

憂「よかった!そしたら私も軽音部に入部するんだ!あ~あ、早く退院するといいなぁ」

梓「そうだね・・・」


 おわり


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:47:55.66 ID:dxs1yqEs0

アルコールって怖いね

って教育アニメだな



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:50:15.98 ID:9VghQ8yRP

もまえらも迷惑かかるような酒の飲み方するなよ!
おじさんと約束しよう。な!



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 02:50:21.79 ID:qOboJOPqP

飲み過ぎダメ、ゼッタイ。



関連記事
[ 2010/10/03 14:09 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ