素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

まどか「マミさん……1人でお昼ご飯食べてる…」(短編集)

※ほぼ未完

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日)02:14:44.43 ID:VxCuB3Mx0
                 _____
               /////////|、_
              ////r  ̄ ̄ ̄  `ヽ、
           ,、_//|l>/         |  \
       ,.r ´ ̄  {l、 ll,/    i / ,   ,ィi、  トゝ
      レ´`>' r,‐ >|    // / ,.ノ/ } | | `
        /  ゝ-<|  .| l/ .| ./ ,/ /,--l/l |
        /  ,.イ / ,}  | {. ,rV´    ,.--、レl|
        レ´__|_/ノ__A ヽ l{  ,--      }
         |     `ヽ l|ヽ  ,,,   `  ,{       短編集よ
         ヾニ>、ヽ >,<,} ヽ、 _  ‐' /ヽ
         r――--<} / ヽー―- -/ ヾ_,.//
         {ニニ-、  Y  / `ー―‐'ヽ、>-{--,-
             } /  | , .---、    ヽ }-'_____,r--、
            / {   レ'   ヽ    Y {::} l{:::::::}}、
            (__ ヽ、_ l      `ヽ、  ,} >-ゝ=='ノ
              ̄   ヽ   /   ゝノ-'/´\\:>
 
 
 
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 23:40:57.24 ID:VbWMH5It0

やめろ


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 23:54:52.42 ID:5dxjeFyP0

まどかが一緒に食ってやれよ・・・


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 02:26:33.66 ID:z3GkNY4R0

夢も希望もありゃしないわ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 04:47:29.07 ID:o6B45kn7O

マミさんが一人飯食おうとしてるところを見て一緒に飯食おうって誘うか誘わないか悩んでるまどかを遠くから観察しているほむらちゃん可愛い


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 04:54:22.64 ID:P/dnvfKjO

QB「君の願いはなんだい?」

マミ「友達がほしいわ」

QB「私の力を越える願いは叶えられない」

マミ「・・・」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 02:36:17.40 ID:H9yhtIvVP

シャルロッテ「マミ、隣良いか?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 04:59:43.69 ID:GYoa4rXV0

まどか「あの、マミさんお一人ですか? 良かったら、お昼ご一緒に……」

マミ「い、いえ……実は人を待ってるの。ごめんなさいね」

QB「マミ、君のお弁当ぐちゃぐちゃじゃないか。一体どうしたんだい?」

マミ「け、今朝来る時に少し転んでしまったの。その時の衝撃ね」

さやか「あの、さっき庭で見つけたんですけど、これマミさんの上靴ですよね……?」

マミ「そ、そうね、ありがとう。 きっと、魔女退治のときに落としたんだわ」

ほむら「巴マミ、あなたはもしかしていじめられているのかしら?」

マミ「……いじめっ子の発想ね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 05:14:01.39 ID:o6B45kn7O

実際問題マミさんはクラスで親しい友達とか居なさそうだよな
マミさんはかなり真面目に魔法少女ってやつをやってたわけだし
本気で魔女探しを毎日やってたら友達と休日に遊んだり、放課後友達と買い物したりなんてやってる暇無いだろうし
まどかやさやかが仲間にならなかったら精神的に押し潰されてたかもしれないな



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 05:48:28.48 ID:6TVfj7XR0

まどか「マミさーん、よかったら私達と一緒にお昼ご飯食べませんか?」

マミ「あら、いいの?お友達の邪魔にならない?」

まどか「邪魔だなんてとんでもないですよ。それに今日はさやかちゃんと二人だけでしたから。」

マミ「もう一人の子はいいの?」

まどか「今日はおやすみなんです」

さやか「おーい、あっ、マミさんも一緒だったんですね」

マミ「こんにちわ、みきさん」

さやか「マミさんはいつも一人でご飯食べてるんですか?」

まどか「ちょ、さやかちゃん・・・」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 05:52:53.29 ID:6TVfj7XR0

マミ「ふふ、いいのよ・・・私学校に親しい友達いないから・・・」

さやか「そ、そうですか・・・・・・」(空気が重い・・・)

まどか「だ、だったらこれからも私達と一緒にご飯食べませんか!そして皆で手作りのお弁当とか交換しあたりして・・・えっと・・・」

マミ「いいの?」

まどか「はい!」

さやか「当たり前じゃないですか!」

マミ「ありがとう、じゃあ明日はとびっきりのご馳走作ってこなきゃね」

さやか「私も負けませんよー!」

まどか「私もパパに教えてもらおっと」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:06:25.17 ID:6TVfj7XR0



まどか「そういえばさ、明日って私達職業体験じゃない?」

さやか「そうだよ、それがどうかしたの?」

まどか「マミさんとお昼どうしよう・・・」

さやか「あ・・・やば・・・携帯は!」

まどか「知らない・・・・・・」

さやか「・・・・・・ま、まぁ何とかなるんじゃないかな・・・ははは・・・」

まどか「そ、そうだよね!だってマミさんだもんね!」



マミ「ふふふ、明日は楽しいお昼ご飯になりそうだわ」



お昼休み

マミ「お弁当・・・ちょっと作りすぎちゃったな・・・重箱3つもどうしよう・・・・・・」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:15:08.57 ID:vZE2wvO30

oi
おい
やめろ



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:18:20.99 ID:6TVfj7XR0

女生徒A「巴さん、そんなにお弁当箱持ってどこいくの?」

マミ「えっと・・・実は今日下級生とお弁当食べる約束してたの・・・でも職業体験らしくて・・・」

女生徒B「へ~そうなんだ・・・ねぇ、一つ食べてみていい?」

マミ「えぇ、いいわよ」

女生徒B「うわっ!これめっちゃ美味いよ!」

女生徒A「え~、私も食べたーい!」

男生徒A「俺も俺もー!」

女生徒A「本当だ、すごく美味しいー」

男生徒B「料理も上手でかわいいマミさんみたいな子が俺の彼女になってくれたらな~」

女生徒B「あんたとじゃ釣り合わないっての!」

一同「ハハハッ」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:20:19.93 ID:6TVfj7XR0

女生徒A「ありがとう、すっごく美味しかったよ!」

男生徒B「購買代も浮いたし、サンキューな」

男生徒A「そろそろ次の授業始まるぞー」

女生徒B「そんじゃ、ありがとね」



マミ「私・・・一口も食べれなかった・・・」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:27:31.80 ID:roysGo8CO

ここからエスカレートしていくのか


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:28:59.47 ID:QfOevKjbP

マミさん・・・
でも続き読みたい・・・



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 06:29:26.10 ID:6TVfj7XR0

マミ「はぁ~、お腹減った・・・・」

まどか「マミさーん!」

マミ「鹿目さん、みきさん・・・」

まどか「今日はごめんなさい!」

さやか「その・・・職業体験だってこと忘れてて・・・ごめんなさい!」

マミ「いいのよ、別に・・・私もうっかりしてたわ・・・」

さやか「そのお詫びと言ってはなんですが・・・これ!」

マミ「これは・・・?」

まだか「私達ケーキ屋さんに行ってたんです。それでケーキもらったので・・・」

マミ「そう、それじゃあそれで許してあげる。二人とも今から時間ある?」

まどか「はい・・・」

さやか「ありますが・・・」

マミ「よかった・・・それじゃ今から私の家でお茶会しましょう。もちろん断るなんて許さないわよ」

まどか&さやか「はい!」


終わり


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 07:22:11.04 ID:naF7s3q/0

不幸なまみさんはいなかったんだな
よかった×2

1乙



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 14:28:33.05 ID:2l7cGRmy0

まどか「マミさん…一人でお昼ごはん食べてる…」

モグモグ モグモグ

まどか「一緒にお昼食べようって誘おうと思ってたけどこれじゃ…」

モグモグ モグモグ

まどか「うう、なんか誘いづらい雰囲気だよぉ」

???「あなた、そこで何をしているの?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 14:29:39.91 ID:2l7cGRmy0

まどか「!」

まどか「……ほむらちゃん?」

ほむら「さっきから3年の教室の前でお弁当を持ってモジモジと・・・・・・あなたは何をしているのかしら?」

まどか「あのね、マミさんをお昼ごはんに誘おうと思ってたんだけど」

ほむら「巴マミを?」

モグモグ モグモグ

まどか「マミさんもうご飯食べ始めちゃってるからどうしようかなって・・・でも今からでも誘ったほうがいいのかな」

ほむら「誘うなら早くした方がいいわ・・・・・・もう少しでお弁当を食べ終わってしまうもの」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 14:32:16.06 ID:2l7cGRmy0

モグモグ モグ・・・ パタッ

まどか「ああ、マミさん食べ終わっちゃった・・・・・・」

ほむら「まどか・・・・・・巴マミはお弁当を食べ終えてしまったけど、私はまだ一口も自分のお弁当に口を付けてないわ」

まどか「え?それって・・・・・・」

ほむら「あなたさえ良ければ、私はあなたと一緒にお昼を食べたいのだけど・・・・・・良いかしら」

まどか「駄目な訳ないよ!ほむらちゃん、一緒にお弁当食べよ!」





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 14:57:01.09 ID:cCpnipWzO

>>59
評価してやる



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 15:21:55.55 ID:Wbc5DM/f0

>>59
ほむらちゃんマジ泥棒猫



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 16:59:24.37 ID:6TVfj7XR0

まどか「マミさん・・・そのケーキ3つ目ですが・・・」

マミ「あら、もしかしてこのケーキ食べたかった?」

まどか「いえ・・・私はもうお腹いっぱいなので・・・」



帰り道

まどか「マミさん絶対にケーキ食べすぎだよ!」

さやか「お腹すいてたんじゃないの?」

まどか「でも重箱3つ分のお弁当箱も空になってたんだよ!」

さやか「そう言われてみれば・・・」

まどか「私太ったマミさんなんて見たくないよ!お願いさやかちゃん、協力して!」


マミさん宅

マミ「いくらお昼食べていなかったからといって少し食べすぎちゃったかしら」
マミ「今日位夜ご飯はサプリメントだけにしておこっと」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 17:00:13.93 ID:6TVfj7XR0

お昼休み

マミ「やっと一緒にお昼ご飯食べれるわね。」
マミ「お弁当作るのに時間かかっちゃって朝ご飯食べ損ねたからお腹ぺこぺこだわ」

まどか「それはいい心がけですね」」ニコッ

マミ「そう?」

さやか「このお弁当は没収しま~す」

マミ「へっ?ちょっとどういうこと?」

まどか「だってマミさん昨日重箱3つ分のお弁当を食べた上にケーキ5つも食べたじゃないですか!」

マミ「あ、あのお弁当箱は違うのよ!」

まどか「何が違うんですか?まさかお弁当を持っていったはいいけど美味しすぎて他の人たちに食べられてしまい自分は食べれなかったんですか?」

さやか「まっさかー。マミさんに限ってそんな間抜けな話あるわけないじゃん」

マミ「そ、そうよ鹿目さん!私も本当はダイエットでもしようかなぁって考えてたのよ!昨日の夜から何も食べてないんだから!」

まどか「そうだったんですか!流石マミさんですね!それじゃ食べよっかさやかちゃん」

さやか「そうだね、まどか。はい、あ~ん」

まどか「あ~ん」パクッ

マミ「・・・・・・・・・」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 17:03:56.09 ID:XKg/oLzgO

おいマミさんをいじめるな


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 17:06:59.65 ID:3SuPDVFb0

マミさんはすっかり不幸キャラが定着してしまったなwww


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 17:14:23.96 ID:3AIS+gMmO

でもお前ら、もしマミさんのような美少女でスタイル抜群の女の子が一人寂しく飯食ってても、声かけられないだろ?
いや、むしろ皆と一緒に無視するだろ?



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:21:17.46 ID:6TVfj7XR0

まどか「さやかちゃんの卵焼き美味しかったぁ」

さやか「まどかのきんぴらごぼうもすっごく美味しかったよ!」

マミ「・・・・・・・・・」

まどか「マミさんの鯖のみそに煮も美味しかったですよ」

さやか「昨日から漬けてたんですか?」

マミ「えぇ・・・まぁ・・・」

まどか「あの・・・もし迷惑でなければ今日私達をマミさんのお家に泊めてもらってもいいですか?」

マミ「・・・・・・・・・急にどうしたの?」

さやか「私達もマミさんのダイエットに協力したいんです!マミさんの為にとっておきのヘルシー料理を作ってあげたくて・・・」えへへ・・・

マミ(この子達は私のために・・・なんて可愛らしい子達なの!)
マミ「迷惑だなんてとんでもないわ!何日でも泊まっていきなさい!」

ほむら「私も泊まるわ」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:22:40.70 ID:3SuPDVFb0

まさかのほむほむwww


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:23:32.07 ID:6TVfj7XR0

まどか「ほ、ほむらちゃん!」

マミ「あら、あなはた呼んでいないわよ」

さやか「なんで転校生も来るんだよ。どうせ私達の邪魔をしようっていうんだろ」

ほむら「安心して、あなた達の邪魔はしないわ」

さやか「そっ、なら別にいいけどさ」

まどか「ほむらちゃんも居れば百人力だよ!」

ほむら「それじゃ、午後4時に公園に集合ね。買い物とか色々あるでしょ?」

まどか「うん、わかった」

さやか「マミさん家にお泊り楽しみだなぁ~」

マミ(へっ?私無視された?)


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:24:27.33 ID:BUVeqAg1O

ほむほむ!
ほむほむ!



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:52:52.84 ID:6TVfj7XR0

公園

マミ「3時30分・・・ちょっと早く来すぎちゃったかしら・・・あら・・・」

ほむら「・・・・・・・・・」

マミ「早いのね暁見さん、そんなにあの子達との買い物が楽しみなのかしら?」

ほむら「あなたも30分も前に来てるじゃない。鹿目まどかと美樹さやかを自分の家に連れ込んで何をするつもり?」

マミ「あの子達は私の為に自分からお泊りに来てくれたのよ。もしかして嫉妬しているの?」

ほむら「何をしようとしているか分からないけど巴マミ、あなたの好きにはさせないわ」


さやか「お待たせ~」

まどか「すいません、待ちましたか?」

ほむら「それじゃ、行きましょう」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:54:37.21 ID:6TVfj7XR0

マミさんの部屋

ほむら「ここが巴マミの部屋・・・」

さやか「よ~し、作るぞ~!」

マミ「あの、本当に私は何もしなくていいの?」

まどか「マミさんはそこで休んでいてください。今日はマミさんの為に作るんですから!」

マミ「あらあら、何だか悪いわね。それじゃ、よろしくね」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 18:55:42.52 ID:6TVfj7XR0

さやか「よし、出来た!」

マミ「あの・・・これは・・・」

さやか「昼ご飯の時に言ってたヘルシー料理ですよ」

まどか「緑色がいっぱいで綺麗ですねー」

さやか「あっ、転校生の方が肉ちょっと大きくない?交換してよ」

まどか「ちょっ、さやかちゃん・・・」

ほむら「別に構わないわ。お肉はあまり好きじゃないし」

マミ「あの私もお肉の方が・・・」

さやか「それじゃ、いただきまーす!」

まどか「いただきまーす」

ほむら「頂きます」

マミ「い、いただいます・・・」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 20:05:34.14 ID:6TVfj7XR0

まどか「マミさん、さっきからあまりお箸が進んでないように見えるんですが・・・」

さやか「もしかしてお口に合いませんでしたか?」

マミ(いけない!せっかく私の為に作ってくれたのに!)
マミ「美味しかったに決まってるじゃない!たまには野菜だけってのもいいわよねぇ」

まどか「マミさんってベジタリアンだったんですね!じゃあ私のピーマンもあげます!」

さやか「私のニンジンもどうぞー」

ほむら「私もタマネギをあげる」

マミ「あ、ありがとう・・・」
マミ(子供かよ!)


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 20:06:21.54 ID:cKspjZ6OO

不幸なマミさんかわいいよ…


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 20:11:28.96 ID:bCEp3TeO0

タマネギ嫌いなほむほむかわいいよ


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 20:41:58.12 ID:6TVfj7XR0

マミ「お風呂沸いたわよー、先に入ってきなさい」

まどか「いいんですか?」

マミ「いいのよ、今日ご飯作ってくれたお礼。二人づつ入ってね」

ほむら「鹿目まどか、一緒に入りましょう」

さやか「ちょい待ち!なんであんたがまどかと一緒にお風呂入るのさ!まどかは私と一緒に入るよね!」

まどか「え、えっと・・・私は・・・」

マミ「駄目よ喧嘩しちゃ。争うんなら私が鹿目さんと一緒に・・・」

まどか「そうだ!3人で一緒に入りましょう!さっきお風呂場覗いてみたんですけど3人なら詰めればはいれますよね!」

ほむら「仕方ないわね」

さやか「まどかがそれでいいなら・・・」

マミ「・・・・・・・・・シャンプーなくなりそうだから詰め替えてくるわね」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 21:58:13.60 ID:cKspjZ6OO

マミマミ


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 00:12:10.57 ID:P3k/MSkUP

『マミマミ』

[名詞]
マミさんのフランクな愛称。マミさん、マミマミのどちらかで呼ばれることが多い
「あ、マミだぁ?さんを付けろよデコ助野郎!」

[動詞]-する
マミさんを愛でる行為の総称。具体的にどんな行為を指すかは各個人の自主性に任されるところではあるが、
ペロペロ、ちゅっちゅ、おっぱいふかふか、髪の毛びよんびよん、或いはその他成人向スレ推奨な内容であっても
オブラートに包んでマミさんの優雅な気品を損なわずに表現できる便利な語

[形容詞]-しい
マミさんが放つ神々しいまでのオーラの表現
可憐な容姿とは裏腹にアクロバティックかつ豪快な戦法、えっちぃスタイルなのに清楚、
包容力がありながら寂しがり屋さん等の相反する要素を数多く持つ奇跡的なバランスを一言で表す言葉



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 22:00:08.18 ID:6TVfj7XR0

マミ「寝る準備出来たわよー」

さやか「あの・・・なんで一つだけ寝袋なんですか?」

マミ「ごめんね、お布団二つしかなかったのよ」

さやか「ふ~ん」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 22:04:17.13 ID:Z1lJXiib0

これはマミさん以外が同じ布団フラグ


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 22:06:20.23 ID:6TVfj7XR0

さやか「結局まどかがマミさんと一緒にベッドに寝る事になったんだ」

ほむら「・・・・・・・・・」

まどか「えへへ・・・」

さやか「いいな~、私もマミさんと一緒に寝たいですよ~」

マミ「まぁまぁ、また今度お泊まり会しましょうね」

ほむら「もう電気消すわよ」

まどか「おやすみなさい」

さやか「おやすみなさーい」

ほむら「おやすみ」

マミ「おやすみなさい」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/13(日) 22:13:00.25 ID:6TVfj7XR0

まどか「グーグー」ドカッ

マミ「いたっ」

まどか「もう食べられないよ・・・むにゃむにゃ・・・」

マミ「アンッ・・・そんなに胸揉まないで・・・」

まどか グググッ

マミ「いたたっ、髪引っ張るのやめて・・・」
マミ(鹿目さんったら寝ぞう悪すぎ!)



チュンチュン

さやか「おはようございます・・・あれ?何でマミさん寝袋で寝てるんですか?」

マミ「たまには寝袋もいいかなぁって」

さやか「ふ~ん」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 00:06:51.50 ID:/BoFZOOn0

さやか「それじゃ、マミさん。お世話になりました。」

マミ「えぇ、こちらこそお料理作ってもらってありがとね」

まどか「じゃあ明日の予定なんですが・・・」

マミ「も、もうダイエットは終わりにしましょう!なんかすっごい痩せた気分だわぁ」

まどか「そうですか?じゃあ明後日はやっとマミさんとお昼ご飯食べれますね!」

マミ「えぇ、楽しみにしているわ」

さやか「それじゃあまた学校で」

まどか「さよなら、マミさん」

マミ「気を付けて帰るのよ・・・」


マミ「さて・・・暁見さんはいつまで寝てるのかしら・・・?」

ほむら「Zz・・・Zz・・・」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 00:08:13.40 ID:/BoFZOOn0

ほむら「ん~、よく寝たわ」

マミ「寝すぎよ、もうお昼じゃない」

ほむら「巴マミ・・・・・・鹿目まどか達は?」

マミ「もうとっくに帰ったわよ、はいこれ」

ほむら「・・・これは?」

マミ「あなたのお昼ご飯よ。一人で食べるわけにはいかないでしょ」

ほむら「・・・・・・頂きます」



ほむら「お礼だけは言っておくわ、ありがとう」

マミ「どういたしまして」

ほむら「それじゃ・・・」パタン


マミ「さてと・・・お肉でも買いにいこうかしら」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 00:20:21.43 ID:/BoFZOOn0

スーパー

マミ(あら、あれは鹿目さんと美樹さん・・・)

まどか「あっ、この豚肉今日安くなってる~」

さやか「じゃあ私はこっちの高い牛肉をゲット~」

まどか「肉料理作ったらマミさん喜んでくれるかな?」

さやか「喜んでくれるに決まってるじゃん!だってまどかの料理だもん」


マミ「お肉は明日の楽しみに取っておいて今日はお魚にしようかしら」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 00:55:58.31 ID:/a4z1mLOO

不幸な予感が止まらない


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 02:38:23.18 ID:A3hO+VpN0

あんこちゃんはまだかね?


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 02:54:33.95 ID:/BoFZOOn0

まどか「わぁ~雪がいっぱい積もったねぇ」

マミ「そうだ、みんなで雪だるまつくりましょう」

さやか「よ~しでっかいの作るぞー」

まどか「あっ、待ってよさやかちゃん」

マミ「ふふ、私もはりきって大きいの作っちゃうんだから」



さやか「出~来たっと」

まどか「じゃあ私のちっちゃいから私の乗せるね」

マミ「私も出来たわよー」

さやか「マミさんのでかっ!あ・・・でももうまどかの乗せちゃいました・・・」

まどか「え、えっと・・・そうだ!マミさんの玉の上に私達のを乗せれば・・・」

マミ「い、いいのよ別に・・・そんなに大きいのもてないでしょ?玉が3つの雪だるまも変だし・・・」

まどか「でも・・・・・・」

マミ「終わりにしましょう、もう壊しちゃうから」
マミ「この・・・・・・この・・・・・・この・・・・・・」
     グシャ     グ゙シャ    グシャ
マミ「ふぅ~、雪だるま作り楽しかったわね~」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 08:18:37.47 ID:R85mqlcfO

お前らマミさん嫌いなの?
かわいいからいじめたい的なアレなの?

前者なら表でろ



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 08:36:09.98 ID:f3kQAlVv0

>>152
君にはいじめられてるように見えてるみたいだけど
ずっと独りだったマミさんに可愛い後輩ができただけでも
ものすごく幸せなことだと思うんだなあ
たとえ思うように事が運ばなかったとしてもね



160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 13:33:34.03 ID:5VurwCzj0

マミ「あら。かなめさん」

まどか「こんにちは、マミさん。あの、どうして一人で昼ごはんを……」

マミ「それはね」

まどか「はい」

マミ「私はいずれ死ぬからよ」

まどか「え?」

マミ「魔法少女に夢見るあなたには、できれば伝えずにいたかったのだけれど」
マミ「魔法少女はね、死ぬの。今までにも何人も死んだわ。友達だった子もいた。仲の悪い子もいた」
マミ「みんな死んだわ。魔女に殺されたの」

まどか「……」

マミ「私もいずれ死ぬわ。だからもう誰とも仲良くしないの。好きな人がいなくなると、悲しいでしょ」

まどか「私はっ!」 ぽろぽろっ
まどか「……私は、ずっとマミさんの側にいます! だから、死ぬなんて言わないでください」 ぽふっ

マミ「ごめんなさいね。そういうつもりじゃなかったのだけれど。ただ、覚えておいて欲しいの。そういうものだって」 なでなでっ

まどか「わかり、ました。……あの、マミさん。これからは一緒にお昼食べませんか? あの、もしよかったらでいんです、けど」 もじもじっ

マミ「そうね。そうしましょうか。…………ありがとう、かなめさん」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 13:56:42.81 ID:/BoFZOOn0

まどか「マミさん・・・・・・一人でご飯食べてる・・・あれ、誰かきた」


マミ「もう遅いわよ、俺君。女の子を待たせるなんてマナー違反なんだから」

俺「ごめんごめん、先生にプリント配っとけって言われてさ」

マミ「言い訳は聞きません。罰としてからあげ1個募集しま~す」

俺「えぇ、そりゃないよマミさん」

マミ「その替わり私の卵焼きあげるわよ、はいあ~ん」

俺「あ~ん」パクッ
俺「マミさんの卵焼きはいつ食べても日本一、いや世界一だね」

マミ「当然でしょ、私の愛情がたっぷりつまってるんだから」


モブA「もういつ見てもあの二人はラブラブね」

モブB「見てるこっちまで胸やけしちゃうわ」


まどか「こんなの絶対おかしいよ!」



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 14:54:36.33 ID:/BoFZOOn0

女生徒A「はいこれ、友チョコだよ」

女生徒B「わぁ、ありがとー」

男生徒A「お前チョコ何個くらいもらったんだ?」

男生徒B「5個だよ、お前は?」

男生徒A「マジかよ、俺彼女からの1個だけだわ」

ワイワイガヤガヤ


マミ「・・・・・・・・・1時間目は数学ね・・・」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 14:27:22.45 ID:A3hO+VpN0

マミさんなら頼めば義理チョコはくれるはず……!!


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 18:39:53.37 ID:/BoFZOOn0

まどか「マミさん……1人でお昼ご飯食べてる…」

さやか「今がチャンスだよ!」

まどか「マミさーん!」

マミ「あら、二人ともこんにちわ。どうかしたの?」

さやか「今日はバレンタインデーなのでチョコ作ってきました」

まどか「これはマミさんの分です」

マミ「鹿目さん、美樹さん・・・ふふ、ありがとう。バレンタインにチョコなんて貰ったの初めてだからとっても嬉しいわ」

さやか「よかったね、まどか。マミさんに喜んでもらえて」

まどか「うん!」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 18:40:34.81 ID:/BoFZOOn0

マミ「それじゃ、私はホワイトデーのお返しをしないとね」

さやか「いいですよ、そんな気を使ってもらわなくて」

まどか「私達はそんなつもりじゃ・・・」

マミ「な~に?私からのお返しは受け取れないって言うの?」

まどか「そ、そんなことありませんよ!」

マミ「それじゃ、決まりね。腕によりをかけたお返しを作るから期待しててね」

さやか「やったー!」

まどか「ちょ!さやかちゃん・・・」

マミ「うふふ」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 19:43:04.51 ID:6mPH+nRnO

マミさんよかったね 俺もマミさんにチョコあげるよ マミマミ


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/14(月) 21:44:24.13 ID:UG6tce/d0

>>177
ホワイトデーを待たずしてあんなことになるなんて…



192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 00:46:19.29 ID:zQIrkPSD0

まどか「マミさんっていつもパンですよね。お弁当作らないんですか? お料理できそうなのに」

マミ「そうね。お料理は得意だけれど、あまり作らないわね」

まどか「どうしてですか?」

マミ「食べてくれる人がいないと、お料理って楽しくないものよ」

まどか「あ……ごめんなさい」

マミ「くすっ、かなめさんは優しいわね。いいのよ、全然気にしてないわ」

まどか「でも」

マミ「私がいいって言ったらいいのよ。そういえば、かなめさんのお弁当は自分で作ってるのかしら?」

まどか「あははー……パパのです。お料理って苦手で」

マミ「ダメよ。女の子はお料理くらいできないと」

まどか「はーい。あ、それじゃ今度、マミさんに教えてもらえませんか?」

マミ「それは楽しそうね。かなめさんならすぐに上達するわよ」

まどか「そんな、私なんて全然」

マミ「大丈夫。一からしっかり教えてあげるわよ」


マミさん可愛い


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 00:50:52.05 ID:zQIrkPSD0

マミさんにお姉さんぶられたい……


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 00:57:38.81 ID:ALvtwATA0


        |\           /|
        |\\       // r-――--、
       :  ,> `´ ̄`´ .r'´        } `ヽ
.       V          /    ,      ヘ    ヽ
.       i{ ●      /    /    イ / |    ヽ
       八    、_,_, /,|    /|_____/ / /___,|_ ,    .|
.       / 个 . _  .(=|    | | /  |,/   レ|   |
     /  ∥ =只 ..レ、 ヽ | V         | / /
     i  /   ´ `   ヽ ヽ{ ー‐    ー‐.// /
      ゙、 ヘ.___,ヘ__,ノYヽヽ     '    /,.ノ
      |=.|.| | ´╂`.| |..|.=\ ヽ、_  ー  _,.イ
      | | | |,・╂>.|,| |_ヽ__トL -- '_´,l=/
       ; ,|//.・╋> ;ヽL___` ‐-- ̄
     /´,`ヾ、∥, /`ヽ、
    /  /   | `´冫 丶. \
  /  /    |  /   .丶  ゝ
  \ /⌒へ、 | 丶,ィ´⌒冫 ノ
    ` ` .|  |ソ__,ノ  |-_〆、  ノノ
       |――|ー|――|
       .| l l l:l| . | l .| l:;
       |l l l l.| .| l .; ;.'
       冫; ; ;! |. l : 〈
       // l l| !l l l i!
       ! l .l l|  i l l l i,.
       /\/| |\/:i



196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 00:58:46.74 ID:M1yp8+3J0

>>195
絶対に許さない



197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 01:08:50.86 ID:jHyAd1on0

女子トイレ

マミ「そうだ・・・ここで食べれば・・・」

マミ「もう何も、怖くない!」



199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 01:18:44.20 ID:UUYThUym0

清掃用具入れ

マミ「そうだ・・・ここで食べれば・・・」

マミ「もう何も、怖くない!」



198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 01:14:19.19 ID:j8QDpd5M0

そんなの絶対おかしいよ


200 :マミっぱい。マミっぱい。マミっぱい。:2011/02/15(火) 01:43:27.49 ID:zQIrkPSD0

マミ「さて、それじゃお料理体験コース、第一弾。張り切っていってみましょうか」

まどか「はい!」

マミ「まずは野菜を切ってみてくれるかしら」

まどか「えと、包丁を持って……えい!」 ダンッ

マミ「かなめさん、それは違うわ!」

まどか「え、でも、ママはいつもこうやって……」

マミ「刃物を使う時は細心の注意が必要よ。危ないことしてるって意識は忘れないでおいて欲しいわ」

まどか「ごめんなさい」 しゅん

マミ「落ち込まないの。ほら、手を貸して」

まどか「あっ」

マミ「こうやって左手の指を軽く曲げて」

まどか(背中にマミさんの胸が当たって。すごく、柔らかい……私にも分けて欲しいなぁ」

マミ「どうかしたの?」

まどか「い、いえ! なんでもないです!」

マミ「?」


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/15(火) 02:01:11.16 ID:arguoieU0

どうした続けろ


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 02:49:43.21 ID:l+jytgdc0

マミ「ティロ・フィナーレ!」 どーんっ

さやか「さすがマミさん!」 まどか「すごいです!」

マミ「日も暮れてきたわね。早く帰りましょう」

さやか「あ、私、寄る所があるから。じゃあね、まどか、マミさん!」

まどか「ばいばいっ」 マミ「またね、美樹さん」

マミ「……ん」 ふらっ

まどか「あ、マミさんっ」 がしっ

マミ「ごめんなさい。少し、疲れたみたい。最近は使い魔との戦いが続いていたから」

まどか「やっぱり、魔法少女って大変なんですね。マミさんみたいに強い人でも疲れるなんて」


286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 02:54:31.73 ID:l+jytgdc0

マミ「……かなめさんが思うほど強くなんてないわよ、私」

まどか「そんなことないです! 誰かのために戦えるマミさんは、すごく、すごく強い人です!」

マミ「違うわ……無理してカッコつけてるだけで、本当は怖いのよ。見て、手、震えてるでしょ?」

まどか「あっ」

マミ「いつもこうなの、戦った後は。怖くて震えが止まらないの。酷い時は一晩中ずっとこのまま」

まどか「……」

マミ「憧れるほどのものじゃないわよ、私」

まどか「……いいえ。マミさんは、やっぱりすごいです」
まどか「私だったら、怖くて戦えないです」
まどか「なのに、マミさんは怖くても誰かを助けるために戦ってて」
まどか「それって多分、何も怖くない人よりもすごいと思います」


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 03:02:09.35 ID:l+jytgdc0

マミ「まいったなぁ、まだまだちゃんと先輩ぶってないといけないのになぁ。……やっぱり私、ダメな子だ」

まどか「マミさん……」

マミ「ありがとう。かなめさんのおかげで楽になったわ」

まどか「でも、まだ少し顔色が」

マミ「心配しすぎよ。ほーら、早く帰らないと暗くなっちゃうわよ」
マミ「かなめさん、可愛いんだから。変な人に狙われたら大変よ」

まどか「ダメですっ! おうちまで一緒に付いて行きます!」

マミ「……もう、仕方ないわね。すぐに帰るのよ?」

まどか「はいっ」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 03:17:49.18 ID:l+jytgdc0

まどか「おじゃましまーす」

マミ「どうぞ」 パチッ
マミ「カーテン閉めなくちゃ」

まどか(おうちに帰っても誰もいないのって、変な感じ)
まどか「マミさんは、一人でいて寂しいって感じたり、しますか?」

マミ「……時々ね。でも魔法少女になるって、そういうことよ」
マミ「恋したり遊んだりする暇なんてないし、独りぼっちで泣いてばかり」

まどか「マミさんはもう独りぼっちなんかじゃないです!」

マミ「……っ、そうね、そうなんだよね」
マミ「本当に、これから私と一緒に戦ってくれるの? 側にいてくれるの?」 ぎゅっ

まどか「はい。私なんかで良かったら」


289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 03:32:13.98 ID:o+e8+SxXO

マミさんは人生がティロフィナーレ可愛い


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 03:42:33.59 ID:l+jytgdc0

マミ「……ほんと、まいったなぁ」 うるっ

まどか「マミさん……」

マミ「ふふっ。それじゃ、日曜日までに願い事を考えおくこと」

まどか「えぇっ!」

マミ「じゃあ、こうしましょう」
マミ「今度会う時までに願い事が決まらなかったら、キュゥべえにご馳走とケーキを頼みましょう!」

まどか「け、ケーキ?!」

マミ「そう。最高に大きくて贅沢なお祝いのケーキ」
マミ「それで、みんなでパーティーするの」
マミ「私とかなめさんの魔法少女コンビ結成記念よ」 どやっ

まどか「私、ケーキで魔法少女に?」

マミ「いやならちゃんと自分で考えるっ」

まどか「はい……」

マミ「気をつけて帰るのよ」

(心が軽い。こんな幸せな気持ち、初めて)
(これなら久しぶりにゆっくり眠れそう)
(だって私、もうひとりぼっちじゃないもの……)


以上、幸せそうなマミさんが見たいがために作ったセリフ丸写し劇でした


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 04:36:27.41 ID:H79ZQAGT0

               \もう何も怖くない/
                     ○
                      く|7
                   ┌'弋
                       ,亅  |
                 // \|
                //    \    へ
               //.        \ ///
              くx  ◎       // \
                \      // /  .\
                 \   // /  /  \
                  ヽ// /  /  /  \
                  //        /  / \
                 く/\          /  / \
                     \          /  / \
                      \            /  / \
                        \       /  /  /  \
                         \           /  / \
                           \            /    \



305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 11:03:22.83 ID:0qJnRXDF0

ごちそうとケーキ、ってのは、くっだらない願いで契約させといて、

後々まどかが魔法少女の現実と直面したときより絶望させてやろうという、

無垢なまどかに対する妬みという深層心理から出た案だとおもう。



306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 11:36:39.92 ID:FppqqgiqO

腹黒マミさんもいいがピュアなマミさんも良いと思うの


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 11:55:06.57 ID:U1nbOZ4d0

願いが小さければ小さいほど死ぬリスクは下がる
強欲な魔法少女は救われないんだよ



388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 01:56:58.99 ID:Qfct4ag90

本屋

マミ「美樹さん?」

さやか「マ、マミさん!」

マミ「こんにちわ。奇遇ね、こんなところで合うなんて」

さやか「き、奇遇ですね!あ、あはははは・・・・・・」

マミ「あら?今何を隠したの?」

さやか「な、何でもありませんよ!」バサッ 「あっ・・・・・・」

マミ「チョコレートの作り方の本・・・」

さやか「いや、この・・・これは・・・」

マミ「そうよねぇ、もうすぐバレンタインデーだもんねぇ。誰にあげるの?この前鹿目さんが言ってた上条君って子?」

さやか「それは・・・その・・・はい・・・///」



389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 01:59:15.86 ID:Qfct4ag90

マミ「ふふっ、思わぬ場所で場所で美樹さんの女の子らしい一面を見ちゃったわねぇ」

さやか「あ、あのこのことは・・・・・・」

マミ「大丈夫よ、誰にも言ったりしないから。そうだ!もしよかったら私がチョコの作り方を教えてあげましょうか?」

さやか「えっ、いいんですか?」

マミ「勿論よ。こんな場所で会ったのも何かの縁。一緒に作りましょう」

さやか「はい!」


さやか「ところでマミさんは渡す相手って居るんですか?」



さやパン^^



563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 17:12:08.59 ID:RI37P3SOO

マミ「今日は魔女も退治したし…はなまるハンバーグ!ぱちぱち~」←拍手

マミ「いっただっきまーす!」

カチャ…カチャ…もぐ…

マミ「~~っ!今日も美味しい!」

もぐ…もぐもぐ

TV『ドドスコドドスコ、ドドスコスコスコ』

マミ「ふふ、可笑しい…」

TV『アハハハ…』

マミ「………………ぐすっ」


564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 17:22:46.05 ID:H2tST+s90

杏子「食うかい?」

マミ「……うん」



568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 18:14:46.52 ID:v3Yr+Jih0

マミ(今日もこれで学校が終わりね。さっさと帰って夕飯の準備でもしながらドラマの再放送でも見ようかしら)

女子1「巴さん、私これからどうしても外せない用事があるの。掃除代わってもらっていい?」

マミ(用事があるなら仕方ないわね)
マミ「えぇ、いいわよ」

女子1「ありがとう、巴さん!じゃ、男君帰ろっか」

男子1「おう、早くしないと映画始まるぞ」

女子1「あっ、待ってよー」

マミ「・・・・・・・・・」

女子2「ごめーん、私も用事あるから後はよろしくね」
女子2「早く帰ってドラマの再放送見ないと」

マミ「えっ、ちょっと待・・・・・・」

男子2「俺も今日は風邪気味でさー、帰るわ」

男子3「じゃ、俺も」

女子3「トイレ掃除もよろしくね、巴さん」


マミ「今夜はコンビニ弁当ね」


572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 19:24:07.18 ID:oJUJbOSh0

>>568
そこですかさず俺が手伝いに入るんだよ



573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 19:28:20.65 ID:v3Yr+Jih0

>>572「じゃ、俺が手伝ってやるから早く終わらせようぜ」

マミ「>>572さん・・・じゃあ後はよろしくお願いします」
マミ「ふふっ、今日の夕飯はカレーにしようかしら」

>>572「・・・・・・・・・」



574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 19:29:30.56 ID:oJUJbOSh0

くっそぉぉぉぉくっそぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおお!!!!

でもマミさんの役に立てるなら光栄です!マミさんマミマミ^^



642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 04:04:17.38 ID:q5h2F8dX0

ある日の放課後

女子A「あーやっと授業終わったー。ねえこの後どうする?」

女子B「誰か誘ってゲーセンでも行かない? ダンレボと太鼓に新曲が追加されたらしいよ?」

女子A「いいねー。じゃあC子でも誘う?」

女子B「アイツは今日ピアノだからもう帰っちゃったよ」

女子A「なーんだ。じゃあ他に誰か……」


マミ(放課後にみんなで遊びに行く、か……)

マミ(ああいうのって憧れちゃうわね…… なんだか青春を満喫してるって感じ)

マミ(対してこっちは今日も1人で魔女探し……)

マミ(私もみんなと一緒にショッピングとか、カラオケとかしてみたいな……)


643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 04:05:58.44 ID:q5h2F8dX0

女子A「ねえねえ巴さん、この後ヒマ? もしよかったら一緒にゲーセン行かない?」

マミ「えっ!?」

マミ(まさか私が放課後の青春タイムに誘われるなんて……)

マミ(これは願ってもないことだわ! 魔女探しなんてやってる場合じゃないわね!)

マミ「え、ええ。喜んd

女子B「バカだねー。巴さんみたいな綺麗な人がゲーセンなんて行くワケないじゃん」

女子A「あ、それもそうだねー。ごめんね巴さん、今のは聞かなかったことにして?」

マミ「え……」

女子A「他に誘えそうな人もいないし、2人だけで行こっか」

女子B「そうだね。じゃあ巴さん、バイバイ」

マミ「さ、さようなら……」


マミ「……さて、と。魔女探ししなきゃ……」


644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 04:13:05.70 ID:g0MjSwmP0

ぼっち…


528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:21:07.22 ID:BdNdYLkH0

              |  三
              |  三
              (^o^):y==--
              ( ) 三   体が軽い・・・
              < | 三

       ◇     ◇
        \(^o^)/ こんな幸せな気持ちで
         (  )   戦うなんてはじめて・・・
        /  \

  (^o^)  もう
   ( ゝ)  何も恐くない
   < \
 ┌─┐



529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:24:19.01 ID:JgRTqWWQ0

こんな気持ちで闘うの初めて!体が軽い!

.   ○
   ,|ゝ    もう、何も怖くない――!
.  ,⊥,\
 / /  ̄ ̄



548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 13:11:59.40 ID:iN8+smm70

                  _,,_           
               _,. <:::::::;_} __
            ,,..::":::::::::;>"     ` `  、
       、 _   /::::::::;>"       ヽ    \
.      > `ー´¬>"           }  ヽ  ,、
.     /,     ::}:::: /  i     /  j /ヽ  !  !ヽ、         _____
     . '´  j {{`ヽ!::::: |  |  | /!  / /  ⌒jト  | }}       _/;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;`ヽ
   _ノ   j: |.  \,ij/,}}j  l   斗j七//   yfトv '        /;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;ヽ、
    /jノ! {:: ::.:.,.〈 ̄(;} j!::. .:':,  |' j>    'ヒソ j;ノ 、v- =ニ..._γ;;;;;;>ー=ニo、;;;;;o;;;;∧    
   '   {人 ::/|/ ヽ'jハj(\:. .:\{ィv_;リ     、''i^ヽ, { : : : : : : : :> : : : : : : : : : : <;;;;;;;;;;;;ヽ  
     '   ヽ{ ' j" ̄  ̄ミ::ヽ廴 _\'''     , ノ:::>' { :.:.:.:.:.: : : :./」 : : : /\ : : : : : : : : : > 、   
             ≦こ;;≧、::::{ \::::{、    ` _/:::/ Y´〉 .:.:.:.:.: : :/ /;;ト. : /   、 ∨ : : : : : : : : : : : 〉
          l´  ̄`ヽ:::ヽ:jヽ ||`ー ̄,,`7/(::::::::<、 ィ .:.: : : : : ,' じ'’∨  /;;;} V. : : : : : : : : :/
             `ー- 、.::ヽ´ ||::ヽ、_ ::::||// ヽ;/イ'V{ : : : : : : :{::::   .    じ'’  } : : : : : : :/
            {   >:;八 jj ``>-i」へ、〈  /ハ∧: : : :.:.:.入   .    :::: ,.ィ : : : : : : /
                |//  vj <_ , イ|ji |\_>y" j:  }`ー=ニ´γ≧=ー-o=チ:::ヾ : : : : : /
      ,ィ .::>‐イ"´    ヽ    //|| j  〈     ヽ |::///ゝ:::o::;;;;;:::::::o::::::ィΛ : :/∧
      ( :::(   ヽ,..::::::::>/:  〈/ :jjレi ..::::〉::..   ハ彡//;;イ ̄。7 ̄`冖ト,、{/7////∧__
       ヽミ_,  }-ー-{、::::::.........:::ノj、::..:::::::ヽ:::.,>‐i   /;;;/ 。/      i;;;;;;;\//////∧///\
             {  ̄ ~`ト..ー..-.个|!:>ー:⌒}-┐-r、_ ,.イ_/\    ト、;;;;;;;;;;`<////∧////\
            | / ̄  ̄ ̄ ̄/´    イ  | { __      r-、 /::::\;;;;;;;;;;;;`<////\///}
            }:..  - ― " ´ ............:::::::::{___ム、 ¨ ___`ゝ... ___i  /:::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;,</////
            \::::::::::::::::::::        ノ    ̄       `'´ ̄ ̄ ̄ ̄ `<;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´




魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木 碧,斎藤千和,新房昭之

アニプレックス 2011-03-30
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原作:Magica Quartet,作画:ハノカゲ

芳文社

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/02/27 00:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ