素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まどか「ねぇ、ほむらちゃんってストーカーなの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 06:51:37.27 ID:1gp0DO23O

ほむら「えっ?」




 
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 07:41:08.76 ID:cf1nwlkP0

ほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 10:03:09.28 ID:XxZQf0YDO

ほむら「ストーカーじゃないよ守護者だよ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 12:06:16.70 ID:YXhUOnfQO

ほむら「…違う、とだけ言っておくわ…」

まどか「…でも、いつも私達の周りにいるよね…こんなの…おかしいよ…」

ほむら「…」

まどか「…い…」

ほむら「え?」

まどか「…気持ち…悪いよ…」

ほむら「っ!ち、違うの…私は…ただ…あなたが…」

まどか「…怖い…よ…」ジワッ

ほむら「~~~っ!!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 18:18:48.62 ID:hnbYLAyh0

ま「マミさん・・・助けて・・・あの人、ストーカーなの」
マ「まあ。ちょっとそこの貴方、私のまどかに付き纏わないでくれるかしら?」
ほ「ほむっ!?」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 21:52:53.99 ID:YXhUOnfQO

まどか「…ごめん…」ダッ

ほむら「…ま、まって…」

まどか「つ、付いて来ないで!」

ほむら「…あ…ぁ…」

ほむら「…」

キュゥべえ「やぁ」

ほむら「…」

キュゥべえ「フラれちゃったね」

ほむら「…っ」キッ

キュゥべえ「やだなぁ、そんな目で見ないでよ」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:02:24.18 ID:YXhUOnfQO

ほむら「あなた…彼女に何か…したの?」

キュゥべえ「?何を言ってるのか分からないよ」

ほむら「あの子は…鹿目まどかは…あんな風に他人を毛嫌いしたりしない」

キュゥべえ「それが僕のせいだって言うのかい?全く、訳が分からないよ」

ほむら「…っ!」ギリ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:05:28.68 ID:s5cMXlZK0

これはもう重症のストーカー


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:09:49.62 ID:YXhUOnfQO

キュゥべえ「それに、君がまどかに纏りついていたのは事実だろう?」

ほむら「…少し…黙って…」

キュゥべえ「なら嫌われても仕方ないんじゃないかな?自業自得ってやつさ」

ほむら「黙って!!」

ザンッ

ほむら「はぁっ…はぁっ…」

キュゥべえ「…無駄だって知っているだろう?代わりは、いくらでもいるんだよ、暁美ほむら」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:19:35.23 ID:YXhUOnfQO

ほむら「私の目の前から…消えて…今すぐ…」

キュゥべえ「君達は都合が悪くなるといつもそうだ…責任転嫁して逃げ出す」

キュゥべえ「…まぁ今日は退くとするよ、これ以上殺されても僕としても少し迷惑だからね」スッ

ほむら「…」

ほむら「…っく…まど…かぁ…」ポロポロ








キュゥべえ(ふふん、意外と脆いね、暁美ほむら)


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:30:29.74 ID:q3ctwuny0

   / ̄ ̄\ ←HMR
 /   _ノ  \                         ____
 |    /゚ヽ/゚ヽ                        /      \  ←MDK
 |     (__人__) アナタガシンダラカナシムヒトガイルッt    /ノ  \   u. \
  |     |'|`⌒´ノ ドウシテソレニキヅカナイノ!!!      /(●)  (●)    \
.  |.    U    }                   ...|   (__人__)    u.   | なんだこいつ・・・マジやべぇ。 
.  ヽ        }                      \ u.` ⌒´      / 完全に逝ってるわ・・・・。
   ヽ     ノ                       ノ           \
   /    く
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \                          ____
 |    /゚ヽ/゚ヽ                         /      \    
 |     (__人__) マドカマドカァアア!!        / u ノ  \ \
  |     |'|`⌒´ノ                     /   (● )  (● )\
.  |.    U    }                    |       (__人__)   | そんじゃさやか探しに行くから・・・・。
.  ヽ        }                      \ u     ` ⌒´  /   (人間こうはなりたくねぇよな)
   ヽ     ノ                       ノ           \
   /    く


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:36:09.82 ID:YXhUOnfQO

―数日前―

まどか「ねぇ、キュゥべえ」

キュゥべえ「どうしたんだい、まどか?」

まどか「あの…魔法少女…ほむらちゃんのことなんだけど…」

キュゥべえ「暁美ほむら?」

まどか「うん…その…さやかちゃんもほむらちゃんも、仲良く出来ないかなって…」

キュゥべえ「…難しいと思うな、僕は」

まどか「そんなこと…だって、ほむらちゃん…助けてくれたよ…」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 22:53:33.07 ID:YXhUOnfQO

キュゥべえ「…無理じゃないかな、やっぱり」

まどか「な、なんで…決め付けるの…?」

キュゥべえ「…確かに君を助けたのは事実かもしれない、けれどなんで暁美ほむらが近くにいたのかな?」

まどか「…え…?…わかん…ないよ…」

キュゥべえ「それだけじゃない、美樹さやかと佐倉杏子が接触した時や他にも色々な場面で『彼女』は都合良くやってきているんだよ」

まどか「それって…どういう…意味…」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 23:00:04.79 ID:YXhUOnfQO

キュゥべえ「偶然、近くにいたにしては出来過ぎているよ」

まどか「…わかんない…キュゥべえが何を言いたいのか…わかんないよ…」

キュゥべえ「多分だけどね、まどか…君は見張られているんだよ、暁美ほむらに」

まどか「!!」

キュゥべえ「こういうの、ストーカーって言うんだよね、知ってるよ」

まどか「や…いやぁ…」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 23:00:46.09 ID:iSMlO3JS0

QBてめえ・・・


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 23:14:25.22 ID:YXhUOnfQO

まどか「…嘘…嘘だよ…ほむらちゃんが…そんな…」

キュゥべえ「残念だけどまどか、僕から言えるのは多分これが本当だということだけだよ」

まどか「…な…んで…」

キュゥべえ「まどか、君はそんな子と仲良くできるかい?」

まどか「…」フルフル

キュゥべえ「…だったら、仲良くなんて出来ないよ」

まどか「…」

キュゥべえ「それに、気をつけた方がいい、今もどこかでまどかを見てるかもしれない」

まどか「ひっ…」ゾクッ


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/28(月) 23:40:42.37 ID:i4sbxHOp0

こうして不安をあおって隙を突いて契約しようって魂胆だろ
汚いなQBさすがきたない



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 00:15:37.75 ID:ULAvolSBO

最初はまどかとほむほむは一つのジュースをラブリーストローで飲み合う中だったんだろうなまどかが抱きついたらまどかに顔見せないようにへぶん状態な顔をほむほむはしてたんだろうなまどかがほむほむの家に行ったら急いで部屋中に貼ってあるまどかのポスターを片付けたんだろうなほむほむがまどかの家に行ったらほむほむがまどかのパパをお義父さんとか言い出したんだろうなまどかとお昼食べる時さやかが邪魔だからほむほむが能力使い時間止めて屋上から放り投げてたんだろうなマミさんのお茶会にまどかが誘われたら何やかんやと訳の分からない言い訳してほむほむも着いてきたんだろうなほむほむは魔女との戦いでは危ないからという理由でずっとまどかに抱きついて何の役にもたたなかったんだろうなほむほむは杏子が現れてもまどかしか眼中になかったからループして始めて名前を知ったんだろうな こんな幸せなカップルをQBはぶち壊したのか なんて奴だ


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 02:03:18.70 ID:zKBD2euA0

わけがわからないよ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 06:15:57.84 ID:rUqTDgmXO

まどか「そんな…ほむらちゃんがストーカーなんて…」

きゅうべぇ「!」

きゅうべぇ「まどか!背中!!」

まどか「えっ?背中がどうしたの!?」

きゅうべぇ「ちょっと待って、僕が取ってあげるよ」

まどか「なに?なんなのきゅうべぇ?」

きゅうべぇ「これは…」

きゅうべぇ「まどか、君の背中にこんな物が…」

まどか「これは…盗聴器!!」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 06:22:22.79 ID:rUqTDgmXO

まどか「こんなの…一体…誰が…?」

きゅうべぇ「暁美ほむらだね」

まどか「えぇ!?ほむらちゃんが!?」

きゅうべぇ「君もおかしいとは思わないのかい?君の居場所を知っているかのように現れる暁美ほむらを」

まどか「…」

まどか「たしかに…でも…」

きゅうべぇ「まどかは優しいからクラスメイトを疑いたくないのかもしれないけど…」

きゅうべぇ「くんくん…」

きゅうべぇ「この盗聴器からは暁美ほむらの匂いがするよ」

きゅうべぇ「僕は人間の数十倍鼻がきくんだ」

まどか「そんな…やっぱりほむらちゃん…」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 06:33:47.53 ID:rUqTDgmXO

まどか「でも…なんでほむらちゃんが私なんかを…盗聴するの…?」

きゅうべぇ「それは僕にもわからない」

きゅうべぇ「でもまどかが魔法少女になれば暁美ほむらのストーキングなんでイチコロだよ!」

まどか「そ、そうなの…?」

きゅうべぇ「そうさ!まどかに秘められた力は暁美ほむらを大きく凌駕する」

きゅうべぇ「それに決して急かすわけじゃないが、これ以上暁美ほむらのストーキングが悪質になる前に魔法少女になったほうがいいよ」

まどか「そうかな…」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 06:46:10.47 ID:rUqTDgmXO

きゅうべぇ「そうだよ!だから早めに僕と契約を…」

まどか「でも!」

まどか「やっぱり…ぐす…ほむらちゃんを疑えないよ…くすん…」

きゅうべぇ「…」

まどか「だって…助けてくれたんだよ?ほむらちゃんは私を助けてくれたの…」

きゅうべぇ「…」

きゅうべぇ「じゃあどうするんだい?しばらく様子をみるのかい?」

まどか「様子を…見る……そうだね…そうしようかな?」

きゅうべぇ「でもね、まどか」

きゅうべぇ「ストーカー被害者って大抵そうやって警察に言われて様子を見てる間に殺されてるよね?」

まどか「!?」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 06:55:27.05 ID:rUqTDgmXO

まどか「殺さ…れ…」ガクガク

きゅうべぇ「まどか、驚かせるつもりも怖がらせるつもりも無いのだけれど」

きゅうべぇ「それがストーカー被害の現実だよ」

まどか「そんな…ほむらちゃんが…私を…殺す…?」

きゅうべぇ「まぁ殺すまでにいかないかもしれない」

きゅうべぇ「でもねまどか、現実に犯されネットに画像を流されたりもあるんだよ」

まどか「ひどいっ!」

きゅうべぇ「僕には暁美ほむらを止める力は無い」

きゅうべぇ「でも君が魔法少女になりたいと願うなら魔法少女になる手助けは出来るんだよ」

きゅうべぇ「後は君次第だよ」

きゅうべぇ「魔法少女になって暁美ほむらのストーキングから身を守るか」

きゅうべぇ「暁美ほむらに犯され、ネットに動画をばらまかれ、見たこともない奴らにまで恥ずかしい所を晒すのか」

きゅうべぇ「決めるのは君なんだ」

まどか「…」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 07:39:52.03 ID:J2h9ZPrL0

きゅうべえええええええええええええええええええ!


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 12:27:28.94 ID:iJnsq1Sv0
                                ○
              /\        ,へ、     O
            /::::|\\___//い   o
               /:::::::| ,ゝ::::::::::::::::::::::::\| |
            /::::::::::|/::/三三三三三ヽ::ヽ    と思うほむほむであった
          /:::::::::::::::::::|::::i::::::::::::::::::/|:::::ヽ:::::\
           i:::::::::::::::::::::|::丁厂|:::::::/「T:::::::ヽ:::::::i
            |:::::::::::|:::::::::|ヽ|八 |::::/ iハ::::从::ト、:|
            |:::::::::::|:::::::::「「  ̄「レ' 「 ̄「/::::/ iノ
 (⌒ヽ.     |:::::::::::|:::::::::圦 丿  丶ノ |/
  ヽ:::::l    人:::::::::|:::::::::|///      //ヽ =3 ホムッ
   |::::| )) /:::::::::::::::|:::::::::|≧ェ _ V_ . イ|
 (( |::::|   /:::::::::::::::::|从::::!:::::├┬ュ:::::::::|::|:|
   |::::|   / :::::::::::::::::::::/ヽ|ヽ  ̄A ̄フ\!::::|
   ゝ::ヽ /:::::::::::::::::::::::く  ハ/ ∨ /::::|


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 13:05:54.03 ID:ULAvolSBO

まどかが全能になったら自分から行為に及ぶ事が出来なくなるから必死に止めるほむほむ


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:01:59.80 ID:gdZOIDDN0

まど「正直に話して。ほむらちゃん私の事見張ってるの?」

ほむ「……そんなことはないわ」

まみ「なんだか怪しい間があったわね」

魔さや「あれ、まみさん生きてたんですか?」

まみ「…?何の事?というかあなた誰かしら」

まど「さやかちゃんですよ」

まみ「あらあら、ちょっと見ない間になんだか見慣れない感じになったわね」

魔さや「そうですか?まみさんもなんだか背が低くなりましたね」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:02:18.78 ID:MUqdZKl60

ほむまどが押されてるけどまどほむだろ常識的に考えて。
まどかの天然攻めなんだよ。
まどかがほむほむを意図せず困らせて
ほむほむがたじろいでるのが至高。



156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:25:09.20 ID:gdZOIDDN0

QB「誰だって真実を知りたいよね。納得のいく説明をしなよ暁美ほむら」

ほむ「…何であなたまで居るの」

QB「まどか、魔法少女になれば相手のウソを見抜くのだって朝飯前さ。だからボクと契約しなよ」

ほむ「その必要は無いわ。でも無関係の人達のいる前では説明できない」

QB「気をつけなよまどか。彼女と2人きりになんてなったら、何されるかわからないよ。
  もちろん魔法少女になれば、ちょっとやそっとの危険なんて問題にならないけどね」

ほむ「あなたは黙ってなさい!」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:34:44.10 ID:gdZOIDDN0

まみ「あなたはまどかを魔法少女にしたくないらしいけど、それは無理だと思うわ」

ほむら「そんなことは…」

まみ「だって考えてもみなさいよ。1クールの半分終わっても、主人公が最初と同じように悩んでるだけじゃない」

魔さや「(まみさんってこんなに辛辣だったっけ…)」

まみ「このまま何の見せ場もなく最終話まで引っ張るなんていうのは、ありえないと思うわ」

まど「何だかすごくひどいことを言われた気がします…」

まみ「紅茶もう一杯もらえるかしら」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:42:49.22 ID:ULAvolSBO

メインなのに四分の一しか出れなかったマミさんの怒りは底知れない


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:52:24.70 ID:gdZOIDDN0

ほむ「…ッとにかく!とにかく魔法少女の契約だけは駄目!絶対!」

QB「どうするかは本人が決めることだよ。まどか、キミはどうしたいんだい?」
QB「このままずるずると流されて物語を終えてもいいのかい?さあ、願いをいいなよ」

まど「私は…」

あん「(おい、とめなくていいのかよ!)」

魔さや「(何で私が?)」

あん「(オマエ今ストーリー展開の中心に居て目立ってる所だろ)」
あん「(コイツが魔法少女になったら、一気にやられ役に転落だぞ!)」

魔さや「(!!)」


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 21:05:26.92 ID:gdZOIDDN0

魔さや「待った、まどか!」

まど「きゅ、急に大声出さないでよ。どうしたの、さやかちゃん」

魔さや「あ、いや、魔法少女の契約の重大さについてはもう学んだでしょ。だから、慎重に決めたほうがいいんじゃないかなー、なんて…」

まど「そっか、そうだよね。さやかちゃんがそう言うなら…」

あん「(コイツが優柔不断なヤツで助かったな)」

QB「…チッ」

ほむ「……」 ギロッ

QB「きゅっぷい」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 21:22:24.99 ID:gdZOIDDN0

まみ「魔法少女になるかならないかはともかく、彼女がストーカーなのかどうかはハッキリさせておいたほうがいいんじゃないかしら」

ほむ「くっ…(真実を明かすわけにはいかない…けどどう言い逃れれば…!?)」

あん「そういえばそんな話だったな」

まど「ほむらちゃん…私は誰も疑いたくはないんだよ。だから本当のことを言ってよ」

ほむ「私は…その、ストーカーじゃないの!えーと…単にまどかともっと仲良くなりたかっただけなのよ!」

さや「(えー…)」

まど「そ、そうなの?じゃあ、まあ、安心だね!」

さや「(え!?)」

あん「(コイツが騙されやすいヤツで助かったな)」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 21:39:13.59 ID:gdZOIDDN0

ほむ「そうなのよ!だから、私の事避けないで。私の言うこともちゃんと聞いて」

まど「え…あの、私さやかちゃん探しに行くね」

さや「ここにいますけど」

ほむ「そんな…。私よりあんな顔面パイプオルガンの方が良いっていうの!?」

さや「おい」

ほむ「待って、まどか。行かないでまどかぁぁぁぁ!」

まみ「あらあら」

さや「(何この扱い。ハハ…その気になれば痛みなんて…)」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 21:52:13.62 ID:gdZOIDDN0

あん「おい、アイツ出ていったぞ」

まみ「しつこい女は嫌われるゾ☆」

ほむ「あなたやキュゥべえが何か吹き込んだんでしょ!まどかはあんな風に人を拒絶したりしない!」

さや「(私より病的な人がいる…)」

QB「やっぱりストーカーじゃないか。考え方がストーカーそのものだよ」

ほむ「いつだってそうよ。胸のおおきい女は信用できないわ!」

まみ「あらあら、女の嫉妬は醜いわよ」


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 21:53:39.24 ID:ULAvolSBO

ほむほむってまどかより小さいもんな


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 22:10:59.84 ID:gdZOIDDN0

ほむ「はあ…はあ…。…ちょっと取り乱したわ。」

さや「(ちょっと?)」

ほむ「とにかく、私はストーカーじゃないし、まどかとは相思相愛なの」

QB「まあそういうことにしておけば?どっちにせよキミの願いは何も叶いそうにないけどね」
QB「まどかとの仲も、魔法少女にしないってのもさ。世の中なんでも思い通りにいかないよね」

さや「世の中なんでも…ああ…私の人生って何だったんだろう」

まみ「元気だして、さやかちゃん。あなたとっても目立ってるじゃない」

あん「それって励ましてるのか?」

まみ「当たり前よ。物語の登場人物にとって、途中退場ほど悔いの残るものはないわ」


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 22:26:06.01 ID:gdZOIDDN0

まみ「大体なによあれ、私の出番があれだけじゃあ納得いかないわ」
まみ「二人を導いていく先輩ポジションじゃなかったの?」
まみ「いかにもなパワーアップイベントの直後に出番終了だなんて、そんなの絶対おかしいわ」

さや「まみさん、落ち着いて」

まみ「あなたももっとしっかりしなさいよ!結局最初の3メンバーの中で健在なのはまどかちゃんだけで、おまけにまだ魔法少女にもなってないじゃない」

さや「」

あん「りんご食うか?さやか」

ほむ「私のまどかを悪く言うのは許さないわ!!」

QB「(ニンゲンって面白!)」


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 22:55:00.73 ID:KR1PvEBAO

まど「えぇっ、ほんとう!?」

さや「うん! 人差し指だけなんだけど、ちょっと動いたんだって!」

ほむ「……」

ひと「良かったですわ~!
これはもう、さやかさんの愛のパワーに違いありませんわね!」

さや「はぁッッ!? なななな、何言ってんのよひとみ……」

まど「あはは、さやかちゃん顔真っ赤~。か~わいい♪」

さや「ま、まどかまで! もう~!」

ほむ「……」

QB「……3m後ろの電柱の陰からストーキングなんて」

ほむ「ほわぁッ!? ……な、何の用、インキュベータ」

QB「それはこっちのセリフだよ暁美ほむら。
彼女たちに何か用があるなら、普通に話し掛ければいいじゃないか」

ほむ「べべ別に、まどかに用なんて無いわ」

QB「まどかと言った覚えはないけど」

ほむ「ほむッ!?」


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 22:55:30.67 ID:KR1PvEBAO

こんなハートフルを誰か


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 23:35:46.39 ID:gdZOIDDN0

まど「ほむらちゃんあのね、私前からほむらちゃんのことが…」

ほむ「!?」

まど「好きだったの!友達としてじゃなくて、もっとそれ以上のものなの。ほむらちゃんは、そういうのイヤかな…」

ほむ「そんなことは無いわ!まどか、私もあなたのことが大好きよ!」

まど「ありがとうほむらちゃん!これからもよろしくね」 ダキッ

ほむ「ほむぅぅぅぅ!」


ほむ「ハッ!ドリームか……」



>>61は何回見ても笑える


魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原作:Magica Quartet,作画:ハノカゲ

芳文社 2011-03-12

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木 碧,斎藤千和,新房昭之

アニプレックス 2011-03-30
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/03/03 18:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(3)
>>61やばいなwww
外見での印象抜きで見たら確かに変態wwww
[ 2011/10/13 15:14 ] [ 編集 ]
まあ実際は魔法少女というもののリスクを散々知ってるはずだし、夢のこともあるから引くことはないだろ。
「そんなことよりさやかちゃん」とは
思ってたろうけど。
[ 2015/11/21 21:39 ] [ 編集 ]
結局このSSなんなの?
[ 2017/01/23 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。