素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マミ「ティロ・フィナーレ零」

マミ「絶望ティロ・フィナーレ」の続き
※10話未見の人注意

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 21:47:02.73 ID:P3kZRohL0

さやか「……」

QB「調子はどうだい?さやか」

さやか「QB……」

QB「君なら昨日のことでさすがに頭を冷やしていると思ってね」

QB「少しは理解できたかい?自分の運命が」

「……黙れ」

QB「え?」

――――スパッ

QB「」

「……」

さやか「はっ…私、何を……QB!?」

QB「……」

さやか「まさかこれ、もう一人の私……SAYAKAがやったの?」

さやか「うぅ……あああああああああああああああああ!!!!」




 
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 21:53:37.59 ID:xPQPVghn0

あんこちゃんはやくさやかちゃんとコネクトを結んでくれええええええええ!!


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 21:52:08.19 ID:P3kZRohL0

まどか「QB、見つかりませんね…」

マミ「そうね……今日のところはこれまでにしましょうか」

マミ「まどかさん、よかったらウチに寄っていく?」

まどか「いいんですか?」

マミ「ええ、どうせ誰もいないし」

まどか「じゃ、…じゃあお邪魔しちゃいます!」

マミ「…手、握ってもいいかしら?」

まどか「え?」

マミ「ダメ…?」

まどか「そ、そんな!嬉しいです!!」

ぎゅっ

マミ「…まどかさんの温もりが伝わってくるわ」

まどか「…///」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:00:55.25 ID:P3kZRohL0

マミ宅

マミ「どうぞ、アールグレイよ」

まどか「ありがとうございます」

マミ「……」

まどか「どうしたんですか?」

マミ「ううん…まどかさんの顔が見れて嬉しいなって思って」

まどか「へ?」

マミ「本当はね…ディヴァリアーレ・プロジェクトのことを知ったとき、私怖かったの」

まどか「そ、それはそうですよ。自分の身体がゾンビみたいにされたって知ったら…」

マミ「そうじゃないの。私が怖かったのは……」

マミ「私の身体のことを知られたら、まどかさんに嫌われるんじゃないかって…それが何より怖かったの」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:07:29.91 ID:P3kZRohL0

まどか「マミさん……」

マミ「…ごめんなさい、変なこと言って」

まどか「いえ、そんなことないです」

まどか「こういうことを言うのもあれなんですけど…マミさんの本音が聞けてちょっと嬉しいなって」

マミ「え?」

まどか「だってマミさん、いつもカッコよくて素敵なのに、私の前だとなんていうか…可愛く見えて」

マミ「……」

まどか「あ…ご、ごめんなさい!失礼しました!」

マミ「……ううん、そう言ってもらえて嬉しいわ、まどかさん」

まどか「そ、そうですか…?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:11:58.95 ID:P3kZRohL0

マミ「まどかさん…貴女が私のコネクトで本当によかった」

まどか「私も…良かったと思っています」

マミ「…一つお願いしてもいい?」

まどか「なんですか?」

マミ「私に…勇気をちょうだい」

まどか「勇気…?」

マミ「ええ」

まどか「……分かりました。お母さんには今日友達の家に泊まるって言っておきます」

マミ「ありがとう、まどかさん」

まどか「マミさん…ti amo (ティ アーモ)」

マミ「ti amo (ティ アーモ)…まどかさん」







ほむら「……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:18:59.69 ID:P3kZRohL0

ほむら「……」

ほむら(まどか…あなたが幸せに暮らしているのならそれでいいの)

ほむら(それでいいけど……)

ほむら「……」

ほむら(とにかく、ワルプルギスの夜までに情報を集めないと)

ほむら(ソウル・オブ・エナジー、ディヴァリアーレ・プロジェクト、機関…闇から生まれし者)

ほむら(全てが今までのイレギュラーな出来事)

ほむら(そして何より…巴マミの様子が明らかにおかしい)

ほむら(今までなら自分の身体のことを知ったら乱心してもおかしくなかったのに…)

ほむら(この時間軸は一体……)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:21:49.08 ID:9iceEPbW0

ほむら「……ti amo (ティ アーモ)、まどか」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:22:47.17 ID:P3kZRohL0

翌日

仁美「さやかさん、腕の具合はどうですか?」

さやか「うん…大丈夫」

まどか(魔痕、まだ痛む?)

さやか(……)

まどか(さやかちゃん?)

仁美「あら?あれは……」





上條「……」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:28:43.11 ID:P3kZRohL0

さやか「!!」

仁美「上條君、退院なさったんですの?」

さやか「……」

さやか(なんで…私に連絡きてないのに……)

まどか「よかったね、さやかちゃん」

さやか「……」

まどか「さやかちゃん、声かけなくていいの?」

さやか「くっ…!?」

さやか「魔痕がっ…!!」

まどか「さやかちゃん!?」

さやか「きょ…恭介……」

仁美「……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:37:39.79 ID:P3kZRohL0

放課後

さやか「……話ってなに?」

仁美「前からさやかさんに秘密にしてきたことがありますの」

さやか「……」

仁美「私、上條恭介くんのことをずっとお慕いもうしていたんですの」

さやか「っ…!?」

仁美「今日はそのことをお話しておきたくて…」

さやか「……ノーマル(魔法少女ではない者)のくせに」

仁美「え?」

さやか「……なんでもないわ」

仁美「さやかさんは上條くんと幼馴染ですわよね?」

仁美「私、抜け駆けはしません。一日待ちますわ」

仁美「私は明日、上条君に告白をします」

さやか「……」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:48:12.31 ID:P3kZRohL0

路地裏

さやか「ぜあああああああっ!!!

バシュッ!!ズサッ!!

使い魔「きー!」

さやか「魔壊暗黒剣、ブラッディソード」

さやか「ブラッディチャージ…」

さやか「ブオンッ……ガシャンッ」

さやか「チャージ完了……」

使い魔「!!」

さやか「必殺……『ダークネス・ダンス』」

シュバッ!!バリバリバリバリ!!!
スバババババババッ!!
ガキィン!!
ズガンッ!!!ズバッ!!
ヒュンッ……チャキィン

さやか「消えろ…塵一つ残さず」

ドカーーーーーーンッ!!!!


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:54:09.25 ID:fjc3ZXNVP

>さやか「ブオンッ……ガシャンッ」

効果音wwwwwwwwwwwww



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:49:31.04 ID:q73mlVEf0

もう完全に暗黒魔壊騎士になってるじゃねえか


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:49:42.50 ID:xPQPVghn0

あんこちゃんに頭おかしいって言われてるだけのことはある


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:53:57.95 ID:P3kZRohL0

さやか「……」

さやか(勝った…なのにこの気持ちはなに?)

さやか(嬉しくない…なんかモヤモヤする……)

杏子「いやー、お見事だねー」

さやか「あんた…」

杏子「でもさー、使い魔相手にそこまでする必要なくない?」

杏子「グリーフシード持ってないじゃん」

さやか「……」

杏子「あっ、おい!どこ行くんだよ!」

さやか「お前には関係ない…」

杏子「まぁまぁ待てって」

杏子「実はさ、なんて言うか私も……その…」

杏子「マミやお前みたいに必殺技を考えてみたんだ」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:56:41.42 ID:2GjK8bLo0

あんこちゃんダメ!そっちに行っちゃダメーーーーー!!!


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:57:02.22 ID:SOtGAMrK0

うわあああああああん俺のあんこがあああああああああああああ


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 22:59:33.31 ID:P3kZRohL0

さやか「……」

杏子「いやぁ、最初はあんまり乗り気じゃなかったんだけど…少しはお前のことも理解しておこうかなって思って」

杏子「それにあれだな、叫びながら闘うってのも悪くないかもしれないしな」

さやか「……」

杏子「で、でさ…そのことについて私と話でも」

さやか「興味ないわ」

杏子「あっ、おい!」

さやか「魔痕もないくせに…気安く必殺技なんか使おうとしてんじゃないわよ」

杏子「っ…」

さやか「そこをどいて、私は魔女を追わなくちゃいけないの」

さやか「それとも…あんたが私の相手する?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:05:11.66 ID:fjc3ZXNVP

杏子「魔痕があればいいんだな」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:06:18.93 ID:9iceEPbW0

あんこ「くっ……魔痕が」キュッキュッ


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:08:37.08 ID:P3kZRohL0

杏子「お前…」

さやか「さようなら」

杏子「ま、待てよ!お前今日は様子が変だぞ!?」

杏子「いやいつも変だけど…今日はずっと変だ」

さやか「……」

杏子「なぁ、それって闇の何とかってやつが原因なのか?」

さやか「あんたには関係ないって言ってるでしょ…」

杏子「そうかもしれねえけど…」

さやか「どいて。あなたと過ごす時間なんてこの世にないの」

杏子「っ…」

さやか「私の前に…二度と現れるな」

杏子「……」

杏子「なんだよ…話ぐらい聞いてくれてもいいじゃんか……」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:16:11.53 ID:P3kZRohL0

杏子「ちぇっ…次の作戦はどうしよか」

ほむら「佐倉杏子…」

杏子「っ…!?」

ほむら「……」

杏子「と、突然現れるんじゃねーよ!!」

ほむら「美樹さやかはどうしたの?」

杏子「はぁ?お前もあいつのことが気になるのか?」

ほむら「……」

杏子「よく分かんねえけど…なんか雰囲気暗いんだよ」

杏子「殺気立ってるっていうか…」

ほむら「……」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:21:28.20 ID:P3kZRohL0

杏子「なぁ、お前なにかアイデアはないか?あいつの頭治す方法」

ほむら「さぁ、知らないわ」

杏子「なんだよ…」

ほむら(けど…このまま放っておけば、またよく分からないうちに魔女化する恐れがある)

ほむら(そしていつものパターンね…)

ほむら「佐倉杏子、あなたは美樹さやかのことを助けたいの?」

杏子「……まぁ、結果的にそうなるかな」

ほむら「いいわ、私も美樹さやかの頭を治す方法を考えてあげる」

杏子「本当か!?」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:22:08.39 ID:xPQPVghn0

コネクトか……!


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:22:23.70 ID:ijgqH39z0

頭治すwww


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:28:57.63 ID:P3kZRohL0

杏子「以外と良い奴だな、お前」

ほむら「そうでもないわ」

杏子「とりあえずマミが言うには、新しいコネクトが必要だなんだとさ」

ほむら「コネクト…絆」

杏子「おっ、なんだお前も知ってるのか」

ほむら「ええ、魔法少女なら知ってて当然よ」

杏子「マジかよ…あたしは昨日まで知らなかったのに」

ほむら「それで、美樹さやかの新しいコネクトだけど」

杏子「ああ、それがさ…」

ほむら「なにか良い案があるの?」

杏子「私が…さやかの新しいコネクトになるとかどうかな?」

ほむら「いいわよ、好きにして」

杏子「あ…うん」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:30:01.30 ID:2GjK8bLo0

ぶっちゃけどうでもいいってことですねほむほむw


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:31:39.48 ID:TlXo2ggAO

>ほむら「ええ、魔法少女なら知ってて当然よ」

おいwwwwwww



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:33:10.91 ID:RFFFoRW8O

>>99
髪ファサァってやりながら得意げに話してそう



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:30:23.35 ID:q73mlVEf0

なんかもうこっちが恥ずかしくなる


絆…コネクト!



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:41:12.38 ID:P3kZRohL0

ほむら「けど、コネクトはお互いの心が通じ合わないと発生しない」

ほむら「あなた、美樹さやかと心を通じ合わせているの?」

杏子「それが問題なんだよな…」

杏子「私の方は歩み寄ってやろうかなと思ってはいるんだけどさ…肝心のアイツがな」

杏子「まったく、どうしたらいいもんか……」

ほむら「諦めたらダメよ」

杏子「え?」

ほむら「美樹さやかのことが好きなら、諦めないで何度でも近づきなさい」

杏子「いっ…いいいいきなり何言ってんだお前!?」

ほむら「別に…とにかく事を起こすのなら急いだ方がいいわ」

ほむら「このままでは美樹さやかは…」

杏子「闇に飲まれる、ってか…?」

ほむら「……まぁ、最終的にはそうなるわ」

杏子「ちっ……あ~ぁ、手間のかかるやつだなぁ」

杏子「…まっ、しょうがねえか」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:45:11.33 ID:mrOnrivn0

ほむほむwww


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:54:44.35 ID:P3kZRohL0

マミ「……」

MAMI『今日はあの娘はいないの?』

マミ「MAMI…」

MAMI『ふっ…なに恐れている』

マミ「私は…」

MAMI『そんなに怖いか…闘うことが』

マミ「っ…」

MAMI『闘って死ねば…あの娘とは二度と会えなくなるから、か』

マミ「……」

MAMI『マミ…私は嬉しいわ。貴女は愛を知って弱くなった』

MAMI『今の貴女なら、いつでも身体を狙える』

マミ「私を甘く見ないことね」

MAMI『ふっ…強がるな、本当は弱いくせに』

MAMI『せいぜい、気を抜かないことね』

マミ「……」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:55:59.75 ID:RFFFoRW8O

独り言じゃなくて本当にMAMIさんがいるんじゃないかと思えてきた


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/12(土) 23:59:14.34 ID:mrOnrivn0

内なるMAMIを屈服させて制御できる様になれば
いつでもMAMI化することが可能か



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:00:27.40 ID:qPyP5SvH0

さやか「魔女は…どこに…」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか…どうしてここに」

まどか「マミさんに、さやかちゃんのフォローを頼まれて」

さやか「マミさんに…?」

まどか「うんっ」

さやか「そういえば…マミさんは?」

まどか「今日は調子悪いんだって」

さやか「え?」

まどか「仕方ないよ、女の子は月に一度そういう日があるんだし」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:04:04.55 ID:02ecfviI0

ここまで魔女やら魔法少女やら言っといて不調の理由は女の子の日っすかwww


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:05:06.63 ID:qPyP5SvH0

さやか「そっか…」

まどか「ねぇさやかちゃん、あんまり無茶しちゃだめだよ?」

さやか「分かってるよ…」

まどか「マミさんも言っていた。闇から生まれし者は油断できないって」

まどか「だから、なるべく…」

さやか「…いないわよ」

まどか「え?」

さやか「闇から生まれし者なんて…私の心の中にはいない」

さやか「だって…恭介が私のコネクトなんだもん……」

さやか「恭介がいるかぎる…私には闇から生まれし者なんかに……」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:07:42.92 ID:+zVPOY4eO

SAYAKAフラグビンビンですねwww


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:11:30.26 ID:qPyP5SvH0

まどか「さ、さやかちゃん…?」

さやか「でもね…本当は怖いの……」

さやか「恭介って…私のこと好きなのかな」

さやか「好きになってくれるのかな」

まどか「……」

さやか「このままじゃ…仁美に恭介を取られちゃう……」

さやか「でも私…何もできない」

さやか「だって私の腕…魔痕があるんだもん。真っ黒なんだもん」

さやか「こんな身体…恭介に見せられないよ」ポロポロ

まどか「さやかちゃん…」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:14:56.93 ID:kQqSawVm0

>さやか「だって私の腕…魔痕があるんだもん。真っ黒なんだもん」

そっちかwwwwwwwwwwwwww



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:15:38.94 ID:4vT7NoZ80

魔痕消せよwwwwwwwwwwww


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:15:40.17 ID:02ecfviI0

あんこちゃんに消毒用アルコールで拭いてもらえよwww


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:18:50.34 ID:xMQfeWsTP

>>134
SAYAKAが目覚めるからマジでやめろ



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:18:55.71 ID:qPyP5SvH0

マミ「はぁ…今日は女の子の日とか嘘ついちゃった」

マミ「けど、まどかさんにはMAMIと関わらせたくないし……」

マミ「……あら?」

杏子「あっ!」

ほむら「……」

マミ「あなた達…ここで何を」

ほむら「もうすぐこの近くに、魔女が現れる」

マミ「…なるほどね。それで待ち伏せをしてるってわけなの?」

杏子「いや…まぁそうなんだけど」

マミ「?」

ほむら「佐倉杏子は美樹さやかを救おうとしているの」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:28:03.02 ID:qPyP5SvH0

杏子「おまっ…マミには言うなよ!!」

マミ「どういうことなの?」

ほむら「作戦はこうよ」

ほむら「魔女が現れたところに美樹さやかがたどり着く」

ほむら「美樹さやかは弱い。当然魔女に苦戦する」

ほむら「そこに佐倉杏子が助けに入る」

ほむら「魔女を二人で協力して見事討伐、そして二人の間にコネクトが生まれる」

ほむら「作戦成功」

マミ「なるほどね…」

杏子「う、うるせえ…こっち見んな」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:32:13.95 ID:VDiugKHRO

> ほむら「美樹さやかは弱い。当然魔女に苦戦する」

さやかェ…



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:38:23.43 ID:qPyP5SvH0

マミ「だからここで時間が来るまで待っているわけなのね」

杏子「なんだよ…文句あるのか?」

マミ「いいえ。それなら私も手を出さないようにするわ」

ほむら「助かるわ」

マミ「でも、まさか貴女が本気でさやかさんを救いたいと思うなんて…」

杏子「うるせーな、暇つぶしだ」

                   デス・クリムゾン          クリムゾン・マザー
マミ「貴女のことは今日から〝真紅の死神〟じゃなくて、〝真紅の聖母〟って呼ばないとね」

杏子「私は佐倉杏子だって言ってんだろ」

ほむら「…!」

ほむら「魔女が来たわよ」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:39:31.07 ID:xMQfeWsTP

いい加減真紅から離れろwww


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:42:12.71 ID:+DDrYkU20

クリマザちゃん!


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:47:02.04 ID:qPyP5SvH0

結界内

さやか「邪ぁぁあああああああっ!!!!」

ズバズバズバズバズバズバッ!!!バッシュッ!!
グサッ!!バキィッ!!

魔女「っ!?」

さやか「うあああああああっ!!!」

まどか「さ、さやかちゃん……」

さやか「死を…邪魔なものには死をぉぉおお!!!」

さやか「『デス・コンツェルト』」

ヒュンッ…ズバアアアアアアアアアアアアアッ!!!

さやか「あっ…ははははははは!!!」

さやか「勝ったー!!勝ったよ恭介ー!!!」

さやか「あはははははははははは!!!!」

まどか「さ、さやかちゃん……」



杏子「……」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:51:05.04 ID:yZuW1Dnx0

勝っちゃったよwww


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:50:24.91 ID:g9E/Z7m30

だんだんさやかのセンスが洗練されてきてる気がするなwwwww


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 00:53:26.54 ID:qPyP5SvH0

杏子「おい…勝っちゃったぞあいつ」

ほむら「どうやらそのようね」

杏子「なに冷静になってんだよ!?作戦失敗したじゃんか!!」

ほむら「なら魔女に勝てた美樹さやかを褒めてあげればいい。喜ぶかもしれない」

杏子「ほ、ほめるってどうやって…」

マミ「あの状態……マズいわ!!」

杏子「え?」





まどか「さやかちゃん…」

さやか「……」

まどか「ねぇさやかちゃん…どうしちゃったの?」

まどか「今日のさやかちゃん怖いよ……」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:00:10.37 ID:qPyP5SvH0

さやか「怖い…私が?」

まどか「こんな闘い方ないよ…見てられないよ…」

さやか「じゃあ見なきゃいいじゃない」

まどか「!?」

さやか「勝手について来たのはアンタでしょ?」

まどか「私は……」

さやか「自分は闘わないくせに…私の闘い方に口出ししないでよ」

まどか「さ、さやかちゃん…」

マミ「さやかさん!」

まどか「マミさん!!」

さやか「……」

マミ「貴女、その眼…!!」

杏子「お、おい…どうなってんだ」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:03:35.96 ID:E39iybgK0

カラコンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:05:29.82 ID:BnqChfNH0

来るぞ…『SAYAKA』が…!!!


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:06:09.80 ID:qPyP5SvH0

さやか「ねぇマミさん…マミさんは前に、月が赤く見えるって言ったよね?」

マミ「……」

さやか「今なら私にも見えるよ、赤い月が」

さやか「血の色をした…真っ赤で綺麗な月が……」

杏子「お、おいお前…」

マミ「赤い月が見えるってことは…とうとう貴女の中の〝闇〟が動き出したのね」

まどか「さやかちゃんの闇…」

さやか「……」

マミ「さやかさん、一先ず冷静になりなさい。今の貴女は…」

さやか「十分冷静だよ。むしろ頭の中がスカッとして気持ち良い」

さやか「こんな気分初めて…」

マミ「ッ…」

杏子「ど、どういことだよこれ…」

ほむら「さぁ」


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:07:10.46 ID:02ecfviI0

「さぁ」wwwww


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:08:17.58 ID:kQqSawVm0

ほむほむさじ投げたwwwwwwww


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:18:21.86 ID:qPyP5SvH0

さやか「……」

マミ「分かったわ…さやかさん」

マミ「メタモルフォーゼ」キュピーン

まどか「マ、マミさん何を…!?」

マミ「出てきて、魔壊暗黒銃〝デスケルベロス〟」ガチャッ

さやか「……」

マミ「覚えているかしら?以前貴女が言ったこと」

マミ「もし自分が〝闇から生まれし者〟に支配されてしまったら…殺してもいい。貴女そう言ったわよね?」

まどか「っ!?」

さやか「そういえば…そんなことも言ったわね」

マミ「約束、果たしてあげるわ」

まどか「マミさんダメです!!」

マミ(大丈夫…ただ、威嚇射撃をして様子を見るだけだから)


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:22:39.63 ID:qPyP5SvH0

マミ「『ティロ・アルビトゥラーレ』!」

バンッ!

さやか「……」

マミ「……」

マミ(眉毛一つも動かさない…貴女本当に…)

さやか「どうしたの?当てないの?」

さやか「まぁ…当てる勇気なんてないよね」

さやか「今のマミさん…弱者の眼をしているもん」

マミ「っ!?」

さやか「昔より弱くなったんじゃない?」

マミ「……」


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:23:44.52 ID:UnzNogXJ0

弱者の眼wwww


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:26:17.05 ID:GxzG26Kc0

クリマザちゃん何とかしてくれよ…お前の嫁だろ


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:31:51.82 ID:qPyP5SvH0

まどか「マ、マミさん…?」

さやか「それとも、私が強くなりすぎちゃったのかな…?」

マミ「ッ…」

杏子「おい!いい加減にしろ!!」

杏子「アンタはこんな事して満足なのかよ!?」

さやか「満足よ…もう最高の気分」

杏子「なんだと…!!」

          クリムゾン・マザー
マミ「…ムダよ、真紅の聖母」

マミ「今のさやかさんには…コネクトの言葉以外通じない」

杏子「っ!?」

マミ「さやかさん、貴女のコネクトは…」

さやか「…今日はもう帰るわ」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「ついて来たら…殺すよ?」

まどか「うっ……」ビクッ


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:41:43.43 ID:qPyP5SvH0

マミ「さやかさん…」

まどか「マミさん…どうしよう…」

まどか「さやかちゃんがぁ…」ポロポロ

マミ「……」

杏子「くそっ!!」

杏子(私の言葉じゃ伝わらないってのかよ…)

ほむら「……」

ほむら(マズいわ…このままだと美樹さやかは魔女になるかもしれない)

ほむら(魔女になる前に始末するか…)

ほむら(けど殺したら殺したで、後でこの時間軸の巴マミに何を言われるか分からない…)

ほむら(……まだ様子見ね)

まどか「ヒッグ…マミさぁん…」

マミ「ごめんなさい…こうなってしまったのは全て私の責任だわ」

マミ「私がもう少し早く気づけたら……」


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:46:37.09 ID:qPyP5SvH0

QB「……」

QB(いやあ、面白いものが見れたよ)

QB(まさか人間の思い込みがあそこまで魔法少女の力を引き上げるなんて…)

QB(でも、今のさやかのソウルジェムは黒く濁っているんだろうなぁ)

QB(このままあの調子で戦い続ければ、さやかは魔女になる)

QB(それはとても都合の良いことだなって)

QB「……」

QB(ようやく…ノルマを達成できる活路が見えてきた)


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:47:17.49 ID:g9E/Z7m30

QB、それ死亡フラグや


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:50:53.26 ID:cqrrU4KL0

QB「そう思ってた頃が俺にもありました」


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:52:39.49 ID:qPyP5SvH0

さやか「……」フラフラ

さやか(私…何しているんだろう…)

さやか(なんであんなことに…)

さやか「……」

さやか「もう…みんなに合わせる顔がないよ…」ポロポロ

『なんで泣いてるの?』

さやか「うぅ…私は…」

『殺しちゃえば良いじゃん、邪魔者なんて』

さやか「……」

『今の貴女には…それをするだけの力がある』

さやか「力……」

『恭介を救えるんだよ?』

さやか「恭介…私のコネクト…」

さやか「恭介……」


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:58:46.15 ID:qPyP5SvH0

翌日

まどか「さやかちゃん、昨日家にも帰ってないみたいで…」

マミ「そう…」

ほむら「…手分けして探すわよ。でないと、大変なことになる」

マミ「そうね…」

まどか「マミさん…」

マミ「…心配しないで。さやかさんは必ず助ける」

マミ(けど…今の私に引き金が弾けるかしら)

マミ(もしさやかさんを撃ってしまったら、まどかさんは……)

マミ(私は…それが怖い)

ほむら「……」

ほむら(もし見つけて抵抗するようなら…殺してしまおう)

ほむら(殺ったのは魔女のせいにすればいい。そうすれば大丈夫なはず…)


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 01:59:31.24 ID:BnqChfNH0

ほむらwwwww


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:03:28.92 ID:qPyP5SvH0

公園

上條「志筑さん…」チュッチュ

仁美「やだ…名前で呼んでくださいまし…」チュッチュ

上條「仁美…仁美ぃ!!」チュッチュ

仁美「あぁ…恭介さぁん!」チュッチュ










さやか「……」


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:03:54.03 ID:02ecfviI0

おいやめろ


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:06:33.74 ID:xMQfeWsTP

/(^o^)\


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:05:49.17 ID:g9E/Z7m30

闇が……来る!


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:11:41.94 ID:qPyP5SvH0

某所

さやか「『ヒトミ・ゴロシ』」

使い魔「きー!?」

シュンッ!!ズバアアアアアアアアッ!!
ヒュッ……チャキィン

さやか「……滅」

ドカーーーーーーーンッ!!!

さやか「……」

ほむら「ここにいたのね」

さやか「あんた…」

ほむら「ソウルジェムはもう限界よ、私のグリーフシードを使いなさい」

さやか「誰があんたのなんか…」

ほむら「……」


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:14:54.98 ID:+DDrYkU20

ヒトミ・ブレイカー
仁美殺し



287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:20:43.18 ID:qPyP5SvH0

さやか「あんたの眼…気持ち悪い」

さやか「何もかも諦めた眼をしている…」

さやか「空っぽの言葉ばかり…」

ほむら「……」

さやか「私を助けようとするのも、本当は私のためじゃないんでしょ?」

ほむら「……ええそうよ、あなたのためじゃない。全てまどかのため」

ほむら「でも残念ね、こうなった以上あなたを殺すしかない」

さやか「……」

ほむら「あなたは通りすがりの魔女に殺されたってことにしてあげる」

ほむら「みんなにそう言えば、最低限の混乱は起こらないはずだから」

さやか「……」

ほむら「さようなら…美樹さやか」

さやか「やれるものなら……」

SAYAKA「やってみなよ」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:21:17.67 ID:02ecfviI0

SAYAKAきた! これで勝つる!


289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:21:20.10 ID:kzdadHD20

でたああああああああああ


296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:23:41.07 ID:qPyP5SvH0

杏子「はぁはぁ…」

杏子「さやか…どこにいるんだ」

杏子「くそっ…」

杏子(なにがコネクトの言葉しか通じないだ)

杏子(絶対に私の言葉をあいつに聞かせてやる…!)

杏子「さやか…待ってろよ」


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:24:25.77 ID:AtkeyZbu0

すごいSAYAKAを感じる。今までにない何か熱いSAYAKAを。


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:28:35.35 ID:qPyP5SvH0
――――――――――――
――――――――
――――

ほむら「がはっ……」

ほむら「そ、そんな…私が美樹さやかに負けるなんて…」

ほむら「くっ…」ドサッ

ほむら(あの力は…一体…)

ほむら「このままでは…彼女は…」

QB「かなり強い魔女になるかもしれないね」

ほむら「!?」

QB「まさか厨二病の力がここまでとは…ぼくも驚いたとしか言えないよ」

QB「いまだに理解はできないけど」

ほむら「ぐっ…!」

バンッ!!

QB「」

ほむら「早く…後を追わないと…」


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:30:57.18 ID:sPpWrbIdO

SAYAKAつええええぇぇぇぇぇぇ


313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:34:03.82 ID:aCUEZJZS0

ついに厨二病を飼いならしたか・・・


315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:34:48.27 ID:qPyP5SvH0

電車内

さやか「……」

さやか(あいつ…何者なの)

さやか(…少し力を使いすぎた)

さやか(だるい……)

翔さん「言い訳とかさせちゃダメっしょ稼いできた分は全額きっちり貢がせないと」
       
翔さん「女って馬鹿だからさ。ちょっと金持たせとくとすっぐ下らねぇことに使っちまうからねぇ」

「いや~ほんと女は人間扱いしちゃダメっすね」

「犬かなんかだと思って躾けないとね。アイツもそれで喜んでる訳だし」

「顔殴るぞって言えば、まず大抵は黙りますもんね」


さやか「……」


321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:41:11.08 ID:qPyP5SvH0

翔さん「けっ、ちょっと油断するとすぐ付け上がって籍入れたいとか言いだすからさぁ、甘やかすの禁物よ」

翔さん「ったくテメーみてーなキャバ嬢が10年後も同じ額稼げるかってーの」

翔さん「身の程弁えろってーんだ。なぁ?」

「捨てる時もさぁホントウザいっすよね」

「その辺翔さん巧いから羨ましいっすよ。俺も見習わないと」

さやか「ねぇ、その女の人の話詳しく聞かせてよ」

翔さん「ん?」

「お嬢ちゃん中学生?夜更かしは良くないぞ」

さやか「その女の人あんたの事が大事で、喜ばせようと思って頑張ってたんでしょ?」

さやか「なのに犬と同じなの?」

さやか「ありがとうって言わないの?」

さやか「役に立たなきゃ捨てちゃうの?」


325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:46:13.29 ID:qPyP5SvH0

翔さん「何こいつ…知り合い?」

「いや…」

さやか「ねぇ、この世界って守る価値あるの?」

さやか「私なんのために闘ってたの?」

さやか「教えてよ…今すぐあんたが教えてよ」

さやか「でないと私……ぐっ!?」

翔さん「なんだよコイツ…」

「翔さん、隣の車両行きましょうよ」

翔さん「そうだな」

さやか「はぁはぁ……」

さやか「さっきの戦闘ダメージが…」

さやか「まだ力を使いこなせてないっていうの…?」




翔さん「ヤベえよあいつ」

「あの年頃はしょうがないっすよ」


326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:47:10.13 ID:W2PJtNki0

不発wwwwwwwww


327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:47:50.52 ID:YZVVGcMy0

厨二病への理解wwww


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:47:56.85 ID:VDiugKHRO

ほむほむのおかげだな


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:55:50.17 ID:qPyP5SvH0

まどか「さやかちゃん…見つかりませんね」

マミ「……」

まどか「マミさん…さやかちゃん死んだりしませんよね?」

マミ「……」

まどか「マミさん……」

マミ「まどかさん…今回ばかりは難しいわ」

まどか「そ、そんな…」

マミ「せめて上條君って子が、さやかさんと話できたら…」



恭介「仁美…好きだよ仁美」チュッチュ

仁美「恭介さぁん!」チュッチュ



まどか「マミさん…」

マミ「……覚悟を決めましょう、まどかさん」


345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:59:13.60 ID:tMmGZlZH0

おいwwwwwwwwwww


346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 02:59:27.50 ID:MRwqMaWW0

せめてさやかにNTR属性があれば…


350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:04:17.45 ID:qPyP5SvH0

さやか「……」

杏子「やっと見つけた!」

さやか「……」

杏子「はぁ、お前を探すのに苦労したんだぞ?」

さやか「……」

杏子「なに黙り込んでるんだよ、腹でも減ってるのか?」

杏子「ほら、食うかい?」

さやか「……」

杏子「この辺で一瞬ソウルジェムの輝きを見たんだけど、やっぱりあれってお前のなのな」

さやか「ソウル・オブ・エナジー…」

杏子「ソウルジェムだ。ちゃんと覚えような」

さやか「ソウルジェム……」

さやか「クックックッ……黒ソウルジェム」


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:05:49.64 ID:g9E/Z7m30

あんこちゃん頑張れ超頑張れ!


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:08:42.16 ID:qPyP5SvH0

杏子「っておい!お前のソウルジェム真っ黒じゃんか!?」

さやか「……」

杏子「かせっ!」パシッ

杏子「ったく、ソウルジェムはちゃんと綺麗にしておかないとダメだぞ?」シュゥゥ…

杏子「ほら、綺麗になった」

さやか「……」

杏子「今日のは貸しだかんな、後でちゃんと返せよ?」

杏子「そうだなぁ…何で返してもらおうかねえ……」

杏子「これはどうだ?ファミレスでお前が私に奢るってのは!」

さやか「……」

杏子「よし!じゃあ決定な!」

杏子「絶対におごれよ。約束だからな」


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:09:51.35 ID:B5G5QAOA0

あんこちゃんマジ天使


359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:09:51.91 ID:mfggZ0v30

きれいにwwwwwwwwwなったwwwwwwww


368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:14:08.79 ID:sPpWrbIdO

ここからが本番だぞ!
あんこちゃん頼むぜ、コネクトの希望(ひかり)を見せてくれ



370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:14:30.42 ID:qPyP5SvH0

さやか「……ありがとう」

杏子「え?」

さやか「私のソウル・オブ・エナジー…おかげで綺麗になった」

杏子「な、なんだよ…やけに素直じゃん」

さやか「……」

杏子「ま、まぁ…いいけどさ」

杏子「それより、あいつらの所に戻ろうぜ。心配してるぞ?」

杏子「大丈夫だって、怒ってる奴なんかいない…」

さやか「これで…」

SAYAKA「これで全力を出せる」

杏子「――え?」


371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:15:18.52 ID:g9E/Z7m30

さwwwwwwwwwやwwwwwwwwwwwwwwかwwwwwwwwwwwwwww


377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:16:02.08 ID:sPpWrbIdO

えっ?









えっ???



383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:21:19.53 ID:qPyP5SvH0

バシュウウウウウウッ!!!

杏子「うわっ!?」

SAYAKA「クックック……」

杏子「さ…さやか!どうしたんだ!?」

SAYAKA「違う…私はさやかじゃない」

SAYAKA「私は……〝魔壊暗黒騎士 さやか〟」

杏子「なっ…!?」

SAYAKA「待ってて恭介…今行くよ」

杏子「お、おいさやか!!」

SAYAKA「……」

――ヒュンッ

杏子「うわっ!?」ドサッ

SAYAKA「恭介…待っててね…」

杏子「さやか…さやかーーーっ!!」


386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:22:16.94 ID:e4SK6skZ0

魔女化とSAYAKA化ってどっちがましなんだろうな


391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:24:33.35 ID:6jjT4NWA0

こいつ本物の魔壊暗黒騎士になっちゃったんじゃないか


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:26:08.99 ID:qPyP5SvH0

マミ「…!!」

まどか「マミさん?どうしたんですか?」

マミ「…お、恐ろしいほど邪悪なエネルギーを感じるわ」

まどか「え?」

ほむら「巴マミ!」

まどか「ほむらちゃん!?」

マミ「あなた…どうしたのその傷!」

ほむら「美樹さやかが…っ」

マミ「まさか…!!」

まどか「マ、マミさん…」

マミ「……気配はこっちね」

マミ「二人とも急ぎましょう」

マミ「早く手を打たないと――世界が終焉を迎えてしまう」


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:33:46.87 ID:qPyP5SvH0

上條宅

ギシッギシッ…

上條「はぁはぁ…仁美のここ凄いよ…」

仁美「あぁっ…もっと突いてくださいましぃ!」

パンパンパン

上條「くっ…締まるッッッ!!」

仁美「な、中はまだ…口に、口に出してくださいまし!」

上條「あぁっ!出る!出るよ仁美!!」

ドガアアアアアアンッ!!

上條「!?」

SAYAKA「やっほー、恭介。迎えに来たよ」


412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:34:37.22 ID:+DDrYkU20

UWAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!


415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:35:35.41 ID:MRwqMaWW0

あ~あこれ二人とも逝ったな


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:40:17.71 ID:kQqSawVm0

あんこちゃん急いでええええええええ


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:41:03.24 ID:qPyP5SvH0

上條「えっ…え???」

仁美「さやか…さん?」

SAYAKA「……」ニヘラ

上條「な、なんでさやかが…」

SAYAKA「ふっ…『ヒトミ・ゴロシ』」

仁美「あっ――」

ガキィン!!

SAYAKA「…?」

杏子「さやか、てめぇ…!!」

SAYAKA「チッ…邪魔者…」

仁美「あっ…あぁ…」ガクッ


434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:47:02.94 ID:Fi0rPRr00

こんなのってないよ


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:47:51.14 ID:qPyP5SvH0

上條(な、なんだこれ…)

上條(一体…なにが…)ガクッ

SAYAKA「恭介!!」

上條「……」

SAYAKA「よかった…気絶してるだけだ…」

杏子「さやか……何してるんだお前」

杏子「一般人を巻き込みたくないって言ってたのはお前だろ!?なのに何やってんだ!!」

SAYAKA「恭介…もう少しだよ…」

SAYAKA「もう少しで私たちの世界が…」

杏子「このっ…!!」

マミ「そこまでよ!!」

杏子「マミ!!」

SAYAKA「……」

まどか「さ、さやかちゃん…?」


449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:55:06.48 ID:qPyP5SvH0

SAYAKA「さやかじゃない…私は魔壊暗黒騎士」

杏子「魔壊…暗黒騎士?」

マミ「…かつて、魔法少女と同じく魔女を狩っていた戦士よ」

マミ「けど魔壊暗黒騎士は、闇の力を多大に使うため危険な存在として見なされていた」

マミ「その大きすぎる力はいつしか魔法少女までもを脅かしていった」

マミ「そして…その力を危惧された騎士達は、大昔に魔法少女によって殲滅されたの」

杏子「そ、そんなことがあったのか!?」

ほむら「……」

ほむら(どういうこと…)


451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:55:56.43 ID:+DDrYkU20

何という壮大なstory


452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:56:37.68 ID:Nd8/0NYZO

ほむほむの理解が追い付かない


455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:57:37.00 ID:kQqSawVm0

ほむほむwwww


461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:01:14.60 ID:qPyP5SvH0

まどか「さやかちゃん、私まどかだよ!覚えてるでしょ?」

SAYAKA「……」

まどか「ねぇ、さやかちゃんだってこんな事はイヤだったでしょ?」

まどか「もうやめようよ…」

SAYAKA「……ふんっ」スッ…

マミ「まどかさん危ない!!」

ほむら「っ!?」

バンッ!!バンッ!!

SAYAKA「遅いよ」ヒュンッ

ほむら「なっ!?」

ほむら(いつの間に背後に――)

ズバッ!!

ほむら「きゃあっ!?」


470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:06:22.88 ID:qPyP5SvH0

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「う…ぐっ…」

ほむら(こうなったら時間を止めて…)

SAYAKA「ムダだよ」ガシッ

ほむら「っ!!」

SAYAKA「捕まってるとその力、使えないんでしょ?」

マミ「さやかさん!!」

SAYAKA「動くなぁ!!」

SAYAKA「動くとこの子の命…ないよ?」

ほむら「っ…」

杏子「てめぇ…!!」





QB(今来てみたけど…何がどうなってるんだい…)


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:08:29.21 ID:MRwqMaWW0

QBはもう帰っていいよ同情的意味で


484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:12:30.00 ID:e4SK6skZ0

今QBが頑張って営業すればまどかを魔壊暗黒騎士にできるんじゃないか?


485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:12:29.79 ID:qPyP5SvH0

QB(なんだ…さやかはまだ魔女になっていないのか)

QB(でもこの様子だと時間はかからないだろうね…)

SAYAKA「ねえQB!そこにいるんでしょ?出てきなよ!!」

QB「!!」

マミ「QB…!」

杏子「まさか…てめえがさやかに変なことしたのか!?」

まどか「酷いよQB!!」

QB「いや、僕はなにも…」

杏子「言い訳すんじゃねえ!!この野郎!!」

ズバッ!!

QB「」

杏子「よし、これでさやかも元に戻って…」

SAYAKA「あはははははははは!!」

杏子「くっ…ダメか」


486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:13:04.96 ID:Nsg0Uadq0

ひでえww


506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:19:22.98 ID:+DDrYkU20

QB「これは死ではない」


511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:26:27.93 ID:qPyP5SvH0

マミ「…SAYAKAさん、貴女の目的は何なの?」

SAYAKA「決まってるじゃん…恭介と私以外の生き物を全部殺すんだよ」

SAYAKA「そうすれば恭介は私のことだけを見てくれる…私だけを愛してくれる!」

SAYAKA「そして私たちはこの世界のアダムとイブになるの!!」

SAYAKA「二人で愛し合って…愛を愛を愛を!!この世界に広げるの!!」

マミ「そう…言いたい事はそれだけ?」カチャッ

SAYAKA「…あ?」

まどか「だ、ダメですマミさん!ほむらちゃんが!」

マミ「彼女が剣を突き刺すより早く、撃ち抜いてみせる」

SAYAKA「できるの?今のアンタに」

マミ「……貴女は間違っている」

マミ「こうも心配している友達がいるのに、なぜ気づかないの?」

マミ「あの男の子が好きな気持ちは分かるわ。けど、もう少し周りを見なさい!」

SAYAKA「……」

マミ「今の貴女には…愛を語る資格はない」


512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:27:36.84 ID:Fi0rPRr00

マミさんかっけえええええええええええ


521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:33:20.75 ID:th+KHgpy0

俺たちは騙されてたんだ>>1に・・・
まもさんは厨二でなかったんだよ!!



522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:34:47.30 ID:qPyP5SvH0

SAYAKA「……そうよ、今の私は闘うためだけの人形」

マミ「……」

SAYAKA「昔のアンタと…同じよ!!」バッ

まどか「さやかちゃんやめて!!」

マミ「『ティロ・デゾランテ』」

バンッ!!

キィンッ!!

SAYAKA「!?」

SAYAKA(しまった、剣を撃ち落とされて…)

マミ「誰も身体を狙うなんて言ってないでしょ?」

ほむら「くっ…!」ドスッ

SAYAKA「がはっ!?」

杏子「今だ…おりゃあっ!!」

バシッ!!

杏子「捕まえたぜさやか!!」


529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:44:54.06 ID:qPyP5SvH0

SAYAKA「くっ…離せぇぇえええええええ!!」

まどか「さやかちゃん…」

マミ「……」

ほむら「どうしたの?トドメをささないの?」

マミ「いえ…その必要はないわ」

ほむら「?」

SAYAKA「うあああああああああああああああっ!!!」

杏子「……さやか」

――――ギュッ

SAYAKA「!?」

杏子「もう…自分を傷つけるのはやめろよ」


530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:45:20.90 ID:GxzG26Kc0

これが絆…コネクト


531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:45:56.81 ID:bcIXzujn0

あんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:48:29.26 ID:TcDsiLk+P

上條「……」


543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 04:54:02.28 ID:qPyP5SvH0

杏子「お前はみんなのために…あの坊やのために戦ってきた」

杏子「それは偉いよ」

杏子「けど…自分を傷つける必要はないだろ?傷つけちゃダメなんだよ」

SAYAKA「……」

杏子「もういいんだ、お前はよく頑張った」

杏子「これからは…もう少し自分に優しくなろうな?」

SAYAKA「でも…私こんな身体じゃ…」

SAYAKA「バケモノの身体じゃ…誰も…」

杏子「バケモノじゃねえ!!」

杏子「ちゃんと笑ったり泣いたり怒ったりしてるだろ!?」

杏子「そして…誰かのことを大切に想える気持ちを持っている…」

杏子「お前は……私たちは、人間だ。人間でいいんだよ、さやか!!」


559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:11:00.17 ID:qPyP5SvH0

SAYAKA「あ…あぁ…っ…」

杏子「お前はただ闘うためだけの人形じゃない!!」

SAYAKA「うぅ…っ…」

杏子「お前が絶望しているのなら、私が希望を分けてやる」

杏子「私が絶望していたら、お前が私に希望をくれ!」

杏子「そうすれば…誰も傷つかないだろ?」

SAYAKA「ぐぅっ…っ…!!」

杏子「もうお前は一人じゃないんだ!元に戻ってくれさやか!!」

SAYAKA「あ…あああああああああああっ!!」

まどか「さやかちゃんっ!!」

マミ「闇が…明けていく…」

ヒュンッ――――シュゥゥゥ……

杏子「さやか!!」

さやか「…きょう…こ……」


560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:11:41.17 ID:g9E/Z7m30

※ここまで演技


568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:22:01.38 ID:qPyP5SvH0

杏子「さやかぁ…」

さやか「私は……」

杏子「ばかやろう…手間かけさせやがって……」ポロポロ

さやか「……ありがとう、杏子」

ほむら(意識が…戻った?)

まどか「さやかちゃん!!」

マミ「ふぅ…何とかなったわね」

ほむら「……巴マミ、こうなると分かっていたの?」

マミ「可能性に賭けただけよ」

マミ「あの時…私が銃を撃ったとき、さやかさんの手が一瞬止まった」

マミ「微かだけどさやかさんの意識はあったの。彼女は、完全に闇に飲み込まれていたわけじゃなかった」

ほむら「……」

マミ「きっと…彼女の心の中に優しさが残っていたおかげね」


572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:25:39.17 ID:qPyP5SvH0

まどか「よかったぁ…本当によかった!!」

さやか「まどか……うぐっ…!?」

杏子「さやか!?」

ほむら「!?」

ほむら(マズい…ソウルジェムが濁っている!)

まどか「ど、どうしたのさやかちゃん?」

ほむら「どいて、彼女のソウルジェム早く浄化しないと!!」

まどか「え…?」

ほむら「……」シュゥゥゥ…

さやか「うっ……」

ほむら「……」

杏子「お、おい…さやかは大丈夫なのか?」

ほむら「ええ、もう平気よ…」


581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:36:58.99 ID:qPyP5SvH0

杏子「おい、今のは…?」

ほむら「……」

ほむら(…全てを話していいのだろうか)

ほむら(全てを話してしまったら…彼女たちは…)

マミ「……ソウル・オブ・エナジーは、定期的に浄化しなければいけない」

マミ「一つの理由として、魔力を十分に使えるために」

マミ「もう一つの理由は…魔法少女があるモノに変化するのを防ぐため」

まどか「ある…モノ?」

マミ「この地上最悪の厄災――〝魔女〟」

ほむら「!?」

マミ「私の予想、当たってるかしら?」

ほむら「……知っていたの?」

マミ「大体の予想がついただけよ。魔法少女が成長したら魔女になるなんて文字通りじゃない」

杏子「なっ…!?」

マミ「〝ディヴァリアーレ・プロジェクト〟……なんて恐ろしい計画なの」


583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:38:34.10 ID:BKyaJK8l0

恐ろしいのはアンタだ よくそこまでピタリと当てられる


588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:40:48.42 ID:PzeCW7LY0

ディヴァリアーレプロジェクト……まさか実在していたなんて……!


589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:46:55.62 ID:qPyP5SvH0

杏子「ど、どういうことだよ!?私たちが魔女になるって…」

マミ「その事については…私より、彼女のほうが詳しいはずよ」

マミ「そうなんでしょ?いい加減、素性を教えてちょうだい」

マミ「〝因果に魂を縛られた者〟である貴女なら、知っているのでしょう?」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「…いいわ、今のあなた達になら何を話しても大丈夫そうね」

ほむら「とりあえず場所を変えましょう。私の家に来て」

ほむら「そして全てを教えるわ、QBのこと――」

ほむら「いえ、インキュベーターのこともね」


593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 05:50:52.13 ID:0v+gTl3q0

これは大団円行けちゃうかもね


621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 08:00:32.46 ID:Flu6LLhSO

さやか「相手がどんな魔女であっても!」
杏子「5人揃えば万事解決!」
ほむら「汝らに幸あれ」
まどか「自分に負けそうな時は、コネクト―絆を信じて」
マミ「私たち魔法少女の戦いはまだまだ続くわよ!」



こうですかわかりません



435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/13(日) 03:47:21.81 ID:GxzG26Kc0

QB「そうか…この胸にあるものこそが 













                  心か









               



                                                 」




マミ「終焉のティロ・フィナーレ」 前編へ続く


魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原作:Magica Quartet,作画:ハノカゲ

芳文社

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木碧,斎藤千和,水橋かおり,喜多村英梨,加藤英美里,岸田隆宏,Magica Quartet,シャフト,虚淵玄,新房昭之

アニプレックス 2011-04-27
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/03/13 20:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(7)
キタ!
[ 2011/03/13 21:51 ] [ 編集 ]
続き編集乙です!
まさかマミさんが中二病ってだけでココまで物語が明るくなるとは…
[ 2011/03/13 22:29 ] [ 編集 ]
もうこれは続きもこのテンションで突っ走ってくれ

本物のアニメの方は目も当てられんようになってきたしな

自分は【上條×さやか】が好きなので、そうなればどうでもいいわ
[ 2011/03/14 00:57 ] [ 編集 ]
マミさんが厨二病になることで唯一の弱点だったメンタル面の弱さが克服された、無敵じゃないか
これこそ「もう何も恐くない」だな
[ 2011/03/14 04:06 ] [ 編集 ]
ここから先は完全にオリジナルになるか・・・、続けられんのかな
アニメが進むまで一時停止?
[ 2011/03/14 04:18 ] [ 編集 ]
これの続きはSS速報にあるよ
[ 2011/03/14 23:01 ] [ 編集 ]
気絶した2人の状態についてと友人を諭してるだけかの合いの手はないのか
[ 2014/05/03 17:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。