素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マミ「終焉のティロ・フィナーレ」 後編

 
後編です
 
 
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:30:33.30 ID:EZ5hci3Co

マミ「……」

マミ「……?」

マミ「ここは……」

マミ「私…ワルプルギスの夜と闘っていて……」

マミ「それで…」

「死にかけの状態でここに来た」

マミ「!?」

MAMI「こうして直接顔を合わせるのは初めてね、マミ」

マミ「MAMI…!?」


449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:31:14.71 ID:GSHcrtUG0

精神バトルキターーーーーーーー!!


452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:31:50.48 ID:mcRWJvv80

つかこの世界のマミさんって二重人格なんじゃぁ…


458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:36:14.99 ID:EZ5hci3Co

MAMI「ククッ……」

マミ「なぜ…なぜ貴女がここに!?」

MAMI「ここはアナタの精神世界。生き死にを彷徨っているアナタは、ここへとたどり着いた」

マミ「死…ですって?」

MAMI「アナタの魂の塊は、壊れかかっている」

マミ「!?」

MAMI「このままだと、時期に死んでしまう…」

マミ「そんな…」

MAMI「だから…私にとっては今がその時」

マミ「ッ…!?」

MAMI「ようやくアナタの身体を支配できる日が来たわ、マミ」


461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:44:31.27 ID:EZ5hci3Co

マミ「…貴女の目的は何なの。私の身体だけ?」

マミ「本当は違うんでしょ?」

MAMI「私たちは心の闇から生まれた存在…言うなれば、魔女となんら変わりはない」

マミ「……」

MAMI「私の目的はね、マミ……アナタの身体を支配して、魔女を殲滅すること」

MAMI「そして魔法少女も、人間も…全て殺す」

MAMI「いずれ私は魔女になる。ただし、普通の魔女ではない」

MAMI「その力は他の魔女を、魔法少女を、あるいは宇宙の法則までもを覆す存在となる」

MAMI「神になるのよ…マミ」

マミ「…そんなくだらない事、私が許すと思ってるの?」

MAMI「許すも何も…アナタの精神はここで完全に消滅する」サッ…

マミ「!?」

――バンッ!!


465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:50:23.82 ID:EZ5hci3Co

マミ「くっ…!」

MAMI「へぇ…避けたんだ。まだそんな元気があったのね」

マミ「アナタは…!!」

MAMI「この空間は、本来あなたが魔女になった時に作り出される結界だった」

マミ「っ!?」

MAMI「まどかさん達に、見せたいと思わない?」

マミ「ふざけないで!!」

MAMI「ふっ…強がるのもいい加減にしなさい」

バンッ!バンッ!!

マミ「っ!?」

MAMI「本当は弱いくせに…臆病なくせに」

MAMI「寂しがり屋のくせに」

マミ「うぅ……」

MAMI「私がいなかったら…アナタはとっくに死んでいたのよ?」


468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:55:57.43 ID:GSHcrtUG0

確かに、シャルロッテを倒したのはマミさんではなくMAMIだったな


469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:57:04.27 ID:EZ5hci3Co

マミ「私…は……」

MAMI「時期にアナタの心は闇に染まる」

MAMI「その時、私は自由を手に入れることができる――魔女としてね」

マミ「くっ…!」

MAMI「……抵抗する気?」

マミ「私は弱いわ…ええ、それは認める」

マミ「けどそれを踏まえて言わせてもらうけど…貴女には負けるわけにはいかない」

MAMI「……」

マミ「そこをどきなさい、大切な人が待っているの」

MAMI「…『ティロ・デリーロ』」

マミ「『ティロ・アウロラーレ』!」


470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:58:04.86 ID:FNkuIPZH0

見た目は全く同じ・・・だが性質は真反対の技・・・


471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 03:58:35.53 ID:GSHcrtUG0

類似技の応酬キタww


475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:00:33.63 ID:EZ5hci3Co
――――――
――――――――――
―――――――――――――――


翔さん「やべえよこれ…何が起きてんだよ」

「翔さん、早く逃げましょう!」

翔さん「あ…あぁ…」

使い魔「きー!」

翔さん「!?」

翔さん「う…うわああああああああ!!」

――ザシュッ

翔さん「……?」

さやか「ふぅ、これで最後の一匹」


478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:01:00.60 ID:Dg4+MsLvo

伝説のホスト翔さんww


479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:02:02.26 ID:pAbvPo9Wo

SHOWさんまさかの再登場wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


488 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:05:19.63 ID:EZ5hci3Co

翔さん「あ…あんたは…」

「あれ、この子…」

さやか「ここは危険だから、早く遠くへ」

翔さん「あ、あぁ……」

さやか「まずいわね、遅れちゃった…」

さやか「みんなやられてなければいいけど」ヒュンッ

翔さん「……」

「しょ、翔さん…今の子、俺たちを助けて…」

翔さん「ああ…」

「あの子、まさか…!」

翔さん「間違いねえ……魔法少女だ」

翔さん「救世主だ!!」

「すげえ…すげえよ翔さん!!」

翔さん「あぁ、奇跡も魔法もあったんだ!」

489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:06:37.98 ID:EwBPKR3Qo

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:06:48.13 ID:GbJci3SAO

翔さんwwwwwwwwwwww


495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:07:51.04 ID:c0U38jDro

翔さんにも絆(コネクト)が生まれたか


503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:12:06.05 ID:EZ5hci3Co

杏子「あらよっと!」

バキィン!!

杏子「へっ、余裕余裕」

ほむら「はぁ、はぁ…」

杏子「どうした、もう疲れたか?」

ほむら「あなたは、まだ余裕があるみたいね…」

杏子「まぁな。なんつうか……信じてるやつがいるからさ」

杏子「心に余裕ができたんだよ」

ほむら「……」

杏子「アンタにはいないのかい?コネクト」

ほむら「私には…」

使い魔「きー!!」

杏子「!?」

さやか「『ジャスティス・スラッシュ』!!」

ズバアッ!!

杏子「あ…」

さやか「おっす、お待たせ」


508 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:20:23.04 ID:EZ5hci3Co

杏子「ばかやろう!遅せえじゃねえか!!」

さやか「そんなこと言わないの、助けてあげたんだしさ」

杏子「はっ…よく言うぜ」

ほむら「美樹さやか…」

さやか「ずいぶんとお疲れじゃん。ま、後は私たちに任せなって」

ゴゴゴゴゴ・・・・・・

ほむら「っ!?」

ワルプルギス「……」

杏子「っと、どうやらようやく本命が来たようだな」

さやか「あれが…ワルプルギスの魔女?」

ほむら「……」

杏子「だな。さてと――準備はいいかい?相棒」

さやか「そっちこそ」

杏子「じゃ…さっさと片付けるとするか!!」

             デス・クリムゾン
杏子「今日の私は〝真紅の死神〟だ!覚悟しな!!」


513 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:22:16.34 ID:TH9mDmxAO

あんこ…すっかり染まってしもうて…


515 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:24:27.12 ID:+KFRZiC4o

  デス・クリムゾン
〝真紅の死神〟であることを受け入れたかwwwwww



516 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:24:48.55 ID:EZ5hci3Co

QB「……」

まどか「……」

QB「どうやらみんなそろったようだね」

まどか「……」

QB「君は闘わないのかい?」

まどか「……」

QB「まどか?」

まどか「闘っている…」

QB「え?」

まどか「マミさんが…闘っている」

QB「何を言ってるんだい?まどか?」

まどか「頑張って…頑張ってマミさん」

まどか「頑張って、マミさーーーん!!!」


517 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:25:31.09 ID:FNkuIPZH0

頑張れマミさん!


520 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:27:20.93 ID:L7DeiIUAO

QB「わけがわからないよ」


521 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:28:48.11 ID:xFy7BzU0o

これがコネクトの力なのか


522 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:30:26.18 ID:EZ5hci3Co

マミ「はっ…!?」

MAMI「どうしたの?」

キィンッ!!

MAMI「なにを見ている……」

マミ「声が…聞こえた」

MAMI「なに?」

マミ「MAMI、この一撃で決着をつけるわよ」

MAMI「何を言うかと思えば…ふっ」

MAMI「なぜ怖がらない?なぜ怯えようとしない?」

MAMI「アナタはもうすぐ…死ぬのよ?」

マミ「残念だけど貴女の戯言はもう聞き飽きたわ」

マミ「私の心の闇は――心の光で包んでみせる!」

MAMI「ッ…!?」


529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:38:05.82 ID:EZ5hci3Co

MAMI「そんな薄っぺらい台詞なんか…!」

MAMI「心の闇をそんな簡単に消せると思っているの!?」

マミ「確かに貴女の言うとおり、心の闇は消せないわ」

マミ「でも言ったでしょ?包み込むって」

MAMI「っ!?」

マミ「光を受け入れなさい、MAMI!!私のコネクトを!!」

MAMI「やめろっ…」

バッ!!

マミ「もう昔の私じゃない、一人じゃない…!」

マミ「私にはまどかさんが…みんなが待っているんだから!!」

MAMI「やめて…やめてええええええええええ!!」

マミ「『ティロ・スペランツォーソ』!!」

ドガアアアアアアアアアンッ!!!!


539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:46:12.85 ID:azRMouVq0

これが、コネクトの力、か・・・


541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:46:59.59 ID:EZ5hci3Co

MAMI「うがっ…」ドサッ

マミ「……」

MAMI「ハァ…ハァ…」

マミ「貴女は私…もう一人の私」

マミ「恐怖と絶望だけを背負い込んだ、もう一人の私…」

MAMI「っ…」

マミ「理解できたわ、MAMI。なぜ貴女たち魔女が生まれるのか」

MAMI「……」

マミ「近くにいる時は気づかなかった…ちょっと遠くから見ればすぐ気づくのに」

マミ「私たちって…本当にバカよね」

MAMI「……」

マミ「私は貴女を許す。弱い自分を」

マミ「だから…貴女も私のことを認めて、MAMI」


543 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:50:00.86 ID:LxLGmBoDO

光と闇が一つになろうとしておるっ!


551 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:57:45.30 ID:EZ5hci3Co

MAMI「……」

マミ「……」

MAMI「私が…いてもいいの?」

マミ「言ったでしょ?一人じゃないって」

マミ「片意地を張るのは、もうやめようよ」

MAMI「……」

マミ「魔法少女の私、魔女の貴女……」

マミ「そして――コネクト」

マミ「私は全て受け入れるわ。本当の私になる」

MAMI「……うん」

マミ「行こっか。みんなが待ってるよ」

MAMI「…うん」

MAMI「待っててね、みんな…」

マミ「みんなに…この世界に終焉なんて迎えさせない」

マミ「だって私たちは、希望を振りまく存在なのだから」


――――――
――――――――――
―――――――――――――――

553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:58:47.26 ID:Fu3FfVHgo

カッコ良すぎて目からティロ・フィナーレが出てきた


555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 04:59:36.24 ID:pAbvPo9Wo

光と闇が一体となったか…
もう何も怖くないな



560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:02:54.72 ID:EZ5hci3Co

まどか「マミさん!マミさん!!」

QB「無駄だよまどか、いくら声をかけたって届きはしない」

QB「もうほとんど死んでいるんだよ?」

まどか「死んでなんかいない!!」

QB「はぁ…わけが分からないよ」

QB「君はどうしてそこまでマミに拘るんだい?」

マミ「……分からないのなら、教えてあげる」

QB「!?」

まどか「マ、マミさん…!!」

マミ「ただいま、まどかさん」


571 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:08:58.14 ID:EZ5hci3Co

まどか「マミさん…マミさぁーーん!!」ギュッ

マミ「ふふっ、そんなに強く抱きしめられると苦しいわよ」

まどか「よかった…グズッ……本当によかったぁ…」

マミ「ごめんなさいね、辛い思いをさせて」

QB「……」

まどか「マミさん…」

マミ「感動の再開は後、今はみんなに追いつかないと」

まどか「マ、マミさんのソウル・オブ・エナジーは…」

マミ「この通り、元に戻ったわ。それにもう黒く濁ることもないでしょうね」

QB「…なんだって?」


574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:11:25.93 ID:obd/vbVU0

QB「なん…だと…」


582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:13:27.62 ID:iyFUMVoIO

まほうしょうじょの ほうそくが みだれる


585 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:18:16.08 ID:EZ5hci3Co

マミ「QB、あなたは前に言ったわよね?」

マミ「魔法少女は希望を振りまく存在…魔女は絶望を撒き散らす存在だって」

QB「……」

マミ「けど、魔女である私は受け入れた。魔法少女である私を……」

マミ「その上で言わせてもらうわ」

マミ「私は、魔法少女マミ。この世界に希望を振りまく存在よ」

QB「なんで…そんなことが…」

マミ「人間は…生命は進化するの」

マミ「大切なモノを守りたいという気持ちがあるから…」

QB「……」

マミ「あなた達だって宇宙を守りたいと思って、こんな研究をしていたんでしょ?」

マミ「それも立派な進化よ……でも、私はそれを超えてみせる」

QB「……」

マミ「あなた達が人の心を理解できていれば、もうちょっと良い方向に進んでいたのにね」


586 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:18:37.14 ID:L0oIfDCAO

QBざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwww


599 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:31:13.76 ID:EZ5hci3Co

QB「理解しているさ…理解しているから分からないんだよ」

QB「わけが分からないよ……」

マミ「理屈じゃないのよ、感情っていうものは」

QB「……」

まどか「マミさん……」

マミ「まどかさん…あなたの声、ちゃんと届いたわよ」

まどか「!!」

マミ「ありがとう…また私を助けてくれて」

まどか「マミさん…!」

マミ「…さてと、そろそろみんなの所に行かないとね」

まどか「私、ここで待っています!みんなが帰ってくるのを信じて!」

マミ「ええ、またみんなでお茶を飲みたいものね」

まどか「絶対に…帰ってきてくださいね」

マミ「うん。……それじゃあ、いってきます」

まどか「いってらっしゃい、マミさん」

QB「……」

QB(わけが分からないよ…)


606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:38:10.76 ID:EZ5hci3Co

ワルプルギス「……」 

ブオンッ!!

杏子「あぶねっ!?」

さやか「魔聖剣!!はあっ!!」

バキィン!!ガキィンッ!!

ワルプルギス「……」

さやか「くっ…全然効いてない」

ワルプルギス「…っ!」

ブオンッ!!ドガンッ!!

さやか「あぐっ!?」

杏子「えっ…ちょっ!?」

ドサッ!

さやか「いたた…」

杏子「ばかやろう!人の上に落ちてくるんじゃねえよ!」


613 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:43:36.29 ID:EZ5hci3Co

さやか「文句はあっちに言ってよ!」

杏子「それもそうだな」

杏子「おいコラてめえ!よくもさやかを傷つけやがったな!!」

杏子「私が倍返しにしてやるぜ!!」

バッ!

杏子「でりゃああっ!!」

ワルプルギス「…!」

ブオンッ!!ドガッ!!

杏子「あだっ!?」

さやか「ちょっ…!?」

ドサッ!!

杏子「いってて…」

さやか「なんで私の上に落ちてくんのよ!」

杏子「文句はあっちに言え!!」

ワルプルギス「……」ゴゴゴゴ…

杏子「おい、こりゃあ…」

さやか「なんかやばそうだね…」

杏子「逃げるぞ!!」

ドガアアアアアアアアアアアンッ!!!


616 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:46:31.78 ID:GSHcrtUG0

ワルプルギスが大虚で再現される


619 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:48:07.18 ID:azRMouVqo

>>616
巨大な虚淵か。なんて恐ろしい・・・!



623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:50:55.09 ID:EZ5hci3Co

さやか「うわあああっ!?」

杏子「くっ…さやか!!」

さやか「きょ、杏子ーっ!!」

ワルプルギス「……」

ブンッ!!

さやか「!?」

さやか(あっ、死――)

――――――
――――
――

さやか「……あれ?生きてる?」

ほむら「なにをぼさっとしているの」

さやか「!!」

さやか「あんた…これって……」

ほむら「私から離れないで、あなたの刻が止まってしまうわ」


628 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 05:54:35.52 ID:EZ5hci3Co

ほむら「安全な場所に移動するわよ」

さやか「……助けてくれたの?」

ほむら「戦力が減って欲しくないの」

さやか「……でも、お礼は言っておくよ。ありがとね」

ほむら「……時間を動かすわよ」

――
――――
――――――

ドガアアアアアアアンッ!!

杏子「さやか!?」

さやか「こっちこっち」

杏子「さやか!よかった……」

ほむら「……」

杏子「あっ、お前…」

ほむら「油断しないで、次が来るわよ」


633 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:01:52.48 ID:EZ5hci3Co

ワルプルギス「……」

ブオンッ…

杏子「ちっ、今度はあたし狙いか!」

ワルプルギス「……」

ブンッッッ!!!

杏子「やばっ!?」

                   デス・クリムゾン
「相変わらず無茶しすぎよ、〝真紅の死神〟」


ドガアアアアアアンッ!!!


ワルプルギス「ッッ!!?」

杏子「えっ――?」

マミ「お待たせ。遅れてごめんなさいね」

杏子「マ…マミ!?生き返ったのか!?」


634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:02:36.17 ID:9xCZSaJj0

マミさあああああああああああああああああああん!!!


638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:11:02.94 ID:EZ5hci3Co

マミ「死んでないわよ。人聞きの悪い」

ほむら「巴…マミ……」

マミ「あら? マミ〝さん〟って呼んでくれないの?」

ほむら「あなた……どうして」

マミ「後輩にカッコ悪いところを見せたまま、死ねないからね」

ほむら「……」

さやか「マミさん!」

マミ「さやかさん、無事だったのね。正直あなたのことが一番心配だったのよ」

さやか「それ…どういう意味?」

杏子「まぁ、まだまだ甘ちゃんだからな。さやかは」

さやか「ちょっと、なにそれ!」

マミ「ふふっ…」

杏子「ったく、来るのがおせーんだよ」

マミ「遅刻した分は、しっかり働くわよ」


645 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:22:40.86 ID:EZ5hci3Co

ワルプルギス「……」


マミ「あれが、ワルプルギス……」

ほむら「こいつさえ倒せれば…!」

さやか「さっさと倒して、みんなでお祝いでもパーッとしようじゃない」

杏子「そうだな…無茶すんじゃねえぞ」

さやか「そっちこそ」

ほむら「そろそろお喋りをしている暇はないわ」

マミ「ええ……」

マミ「みんな、ベストを尽くすわよ!」

杏子「よっしゃあ!」

さやか「負けられないね、この闘い!」

ほむら「今度こそ……守ってみせる!」

マミ「来るわ…全員散らばって!!」


ドガアアアアアアアアアアンッ!!!


648 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:29:10.87 ID:EZ5hci3Co

まどか「みんな、頑張って……」

QB「……」

まどか「ねえQB…私、難しい話はよく分からないけど」

まどか「私たちが宇宙のためにできることって、他にあるんじゃないかな」

QB「ないよ、考えられない」

まどか「……」

QB「どうして君たちは、こんなちっぽけな命のために頑張るんだい?」

まどか「ちっぽけなモノなんてどこにもないよ」

まどか「みんな守りたいものを持っていて、そのために生きてるんだもん」

QB「そういう話、僕には分からないよ」

まどか「私は…分かって欲しいな」

QB「……」


651 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:39:05.53 ID:EZ5hci3Co

ワルプルギス「…」

ドガアアアアンッ!!


マミ「私が道を開くわ!」 バンッ!バンッ!!

杏子「よっしゃ、突っ込むぜさやか!」

さやか「りょーかいっ!」

バッ!!

杏子「今こそ!」  さやか「勝利の刃を!!」

杏子「赤き炎が!!」  さやか「青き稲妻が!!」

杏子「てめえを!!」  さやか「切り裂く!!」

杏子&さやか「「デュアル・メテオブレイバー!!」」

ワルプルギス「!?」

ザンッ…ズババババババッ!!!
ザシュッ!!ヒュン……チャキィン

杏子「どうだ、見たか!」

さやか「これがあたしたちの、絆(ちから)よ」

ドガアアアアアアアアアアアアアアアアンッ!!


652 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:40:44.05 ID:pAbvPo9Wo

これが…コネクトの威力か…
胸が熱くなるな



657 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:44:05.00 ID:EZ5hci3Co

杏子「ま、ざっとこんなもんかね」

マミ「!!」

マミ「二人とも気をつけて!」

さやか「え?」

ブンッッッ!!
ドガアアアアンッ!!

杏子「あぶなっ!?」

ワルプルギス「……」

さやか「こいつ…まだ生きてるの!?」

杏子「なんだよ、あんな決まってたのに!!」

ほむら「いいえ、十分ダメージは与えられたわ」

ドゴォンッ!!

ワルプルギス「ッ!?」

ほむら「二人とも、爆発に巻き込まれたくなかったら下がってなさい」

658 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:44:40.55 ID:J71dlBc00

>杏子&さやか「「デュアル・メテオブレイバー!!」」
wwwww
あの頃のあんこちゃんはもういないんだね…
でも、今のあんこちゃんも大好きだよ



661 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:48:22.52 ID:EZ5hci3Co

ワルプルギス「ッッ……」

ほむら「あなたは今までの時間軸の中で一番強かった」

ほむら「けど、私も昔よりずっと強くなっている……」

ほむら「コネクトが…あるから!」

ほむら「ほむライフル、転送」ガチャンッ

ほむら「照準…セット!」

ワルプルギス「っ…!」

ほむら「これが私の新しい力…!」

ほむら「ティロ…フィナーレ!!」

ドゴォォオオオオオオオオンッ!!!!


662 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:49:22.04 ID:pAbvPo9Wo

ほむほむwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


667 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:51:01.25 ID:zIjwEZoAO

ほむライフルwwwwwwwwwwww


671 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 06:57:11.48 ID:EZ5hci3Co

ほむら「……」

杏子「やったか!」

ほむら「いえ…残念だけど」

さやか「なっ…!!」

ワルプルギス「……」

ほむら「予想以上に硬いわね…」

マミ「でも良いティロ・フィナーレだったわよ、ほむらさん」

ほむら「巴マミ……」

マミ「後は私に任せて」

杏子「マミ?なにをするつもりだよ」

マミ「魔法少女と魔女の力…その二つを超えた力を見せてあげる」

マミ「トラッシェンデンツァ!」


677 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:05:23.84 ID:EZ5hci3Co

シュウウウゥゥゥ……

杏子「なっ…マミの身体が光って!?」

ほむら「巴マミの姿が…!」

さやか「すごい……まるで天使みたい」

マミ「これが究極の希望のカタチ!」

マミ「魔法少女マミ・ヴェラーチェ!!」

ワルプルギス「!!!?」

さやか「光が、振りそそいでくる……」

杏子「あっ、私のソウルジェムの輝きが!!」

マミ「この光はあなた達のソウル・オブ・エナジーを浄化する…」

マミ「あなた達はそこで休んでいなさい。あとは私が引き受けるわ」


688 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:17:25.71 ID:FhjSKfqAO

マミさんマミ天使


687 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:17:20.94 ID:EZ5hci3Co

ワルプルギス「っ…!!」

マミ「さぁ、貴女には私と一緒に結界内に行ってもらうわよ!」

ワルプルギス「ッ!!?」

ゴゴゴゴオッ!!

さやか「結界が…これはマミさんの結界!?」

杏子「マミ、お前何をしようと!!」

マミ「ここでこれを倒したら、二次被害が広がってしまう」

マミ「私の結界内で始末するわ」

さやか「マミさん!!」

ほむら「巴マミ……」

マミ「大丈夫、必ず戻ってくるから」

マミ「さぁ、良い子だからおとなしくついて来るのよ」

ワルプルギス「ッッッ!!!」

ヒュッ……ブワンッ!!



まどか「マミさん……マミさーーーん!!」


694 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:25:07.42 ID:EZ5hci3Co

結界内

マミ「また聞こえたわね…まどかさんの声」

ワルプルギス「……」

マミ「あなたも疲れたでしょう?今、解放してあげる…」

ワルプルギス「……」

マミ「どうか貴女に温かい最期を、温かい祝福を」

マミ「もし今度また会えたら、その時は一緒にお茶でも飲みましょう」

ワルプルギス「……」

マミ「ティロ・フィナーレ」



ヒュッ……ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアンッ!!!!



――――――――――――――

――――――――――

―――――

700 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:32:00.53 ID:+NO4HRiA0

ラスボスへのトドメは初期必殺技
キメは外さないマミさん流石です



704 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:39:02.98 ID:EZ5hci3Co




――五日後

詢子「まどかー、ご飯できてるよ」

まどか「はーい」

マミさんへ、お元気ですか?
あの闘いから一週間近くが経ちました。

詢子「ご飯の時は携帯閉じなって」

まどか「ごめん、もうちょっとだから」

あれから町もだいぶ落ち着きを取り戻しました。
今回の事件は、爆発テロっていうことで処理されたみたいです。
使い魔に襲われた人たちや、目撃した人たちの話はなんだか信用されてないみたい。

まどか「……」

ほむらちゃんもさやかちゃんもデスマザちゃんも、みんな元気です。
QBはあの後姿を消したけど、たぶんいつも通りだと思います。

詢子「まどか、食べないの?」

まどか「あっ、今終わるから」

もしこのメールが届いていたら、返信をお願いします。
私は…いつまでも待ってますから。
ti amo マミさん。
             まどかより


712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:42:46.75 ID:L7DeiIUAO

ti amo に違和感が全くなくなって気づかなかった


714 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:44:01.71 ID:EZ5hci3Co

学校

さやか「どう?マミさんから連絡あった?」

まどか「ううん……」

さやか「そっか…何してるんだろう」

まどか「うん……」

さやか「…あれから結構経ったけどさ、私のソウル・オブ・エナジー全然濁らなくなったんだよね」

さやか「たぶん、マミさんが見せた希望の光のおかげなのかな…」

まどか「……」

さやか「あーあ、早くお礼言いたいな」

仁美「あの…さやかさん」

さやか「あっ……仁美」


715 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:48:26.90 ID:EZ5hci3Co

仁美「……」

さやか「……」

上條「さやか……」

さやか「きょ、恭介……」

仁美「私たち…謝りたくて」

さやか「え?」

仁美「ごめんなさい、さやかさん……この前は酷いことを」

さやか「……いいんだよ、気にしてないから」

さやか「もともと私が悪いんだし……」

上條「さやか、僕たち……」

さやか「それより、二人は今幸せなの?」

上條「え…?」

さやか「どうなのよ、恭介」


717 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:49:50.13 ID:9xCZSaJj0

さやかちゃん……


720 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:51:44.37 ID:EZ5hci3Co

上條「……うん、幸せだよ」

さやか「そっか、ならそれで良し!」

さやか「二人には幸せになってもらわないと私が困るからね」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「仁美、恭介のことよろしくね」

仁美「…はい」

さやか「そんじゃ、後は二人仲良くラブラブいちゃいちゃしちゃいなよ!」

さやか「邪魔者は退散退散っと。行こ、まどか」

まどか「うん、さやかちゃん」


721 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:53:11.96 ID:9xCZSaJj0

寝取られた相手を祝福できるとかさやかちゃんマジ天使だろ……


727 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 07:58:52.99 ID:EZ5hci3Co

まどか「……さやかちゃん」

さやか「何も言わないで、あれでいいんだから」

まどか「うん…」

さやか「ま、あの二人ならお似合いだよ。私の方も、もう未練はないし」

さやか「なんか逆にスッキリしたなー…モヤモヤが晴れた感じ」

まどか「……そっか」

さやか「それに今は今で、大切な人がいるしね」

まどか「それって……」

杏子(おいさやか、もう学校は終わったのか?)


731 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:06:18.20 ID:EZ5hci3Co

まどか(あっ、デスマザちゃん)

杏子(デスの方かマザーの方かどっちかにしろ!)

さやか(どうしたのよ、学校にも行ってない不良娘)

杏子(お前たち揃いもそろってなんだよ!)

杏子(せっかく良い情報持ってきてやったのにさ…)

まどか(良い情報?)

杏子(学校終わったのならこっち来な。とりあえずみんな集まってからだ)

さやか(分かった。じゃあまた後でね)

まどか「良い情報ってなんだろうね?」

さやか「さぁ…あんまり期待はできないかもね」

ほむら「私も行くわ」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「いいでしょ?」

さやか「当たり前じゃん。一緒に行こ、ほむら」

ほむら「……あなたに名前で呼ばれるのはなんだか気持ち悪いわ」

さやか「なにそれ!?」

まどか「あははっ」


733 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:13:55.98 ID:EZ5hci3Co

さやか「――で、良い情報って何なのよ?」

杏子「マミの行方だよ。あいつのこと見たって情報があったんだ」

さやか「それ今日入れて三回目」

まどか「この前は二つともデマだったよね」

杏子「今度は確かだって。たぶん」

さやか「どっちなのよ」

杏子「うるせーな、どっちにしろ探しに行った方がいいじゃんか」

ほむら「そうね、何もしないよりはマシだわ」

まどか「マミさん……」

ほむら「…まどか」

まどか「どうしたの?ほむらちゃん」

ほむら「あなたは私とマミさん、どっちを取るの?」


734 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:18:34.20 ID:EZ5hci3Co

まどか「ええっ!?」

ほむら「答えて」

まどか「わ、私は……」

ほむら「……」

まどか「そのぅ……」

ほむら「……」






杏子「……なにこれ、修羅場ってやつ?」

さやか「黙ってた方がいいわよ、こういうのは」


736 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:22:27.10 ID:ngF2PvEmo

ほむほむマジほむほむ!可愛い!


738 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:27:31.56 ID:EZ5hci3Co

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃんは…私の大切な人だよ」

まどか「ほむらちゃんが、私のために色々してくれて…本当に嬉しかった」

ほむら「……」

まどか「けど、マミさんも大切な人なの……」

まどか「マミさんは私にとって……」

ほむら「分かってるわ」

まどか「え?」

ほむら「あなたが優柔不断で、どっちのコネクトになるか選べないのは分かってる」

ほむら「あえて聞いてみただけよ」

まどか「えぇ~、そんなぁ」

ほむら「私は…まどかが幸せになれるのならどちらでもいいわ」

まどか「ほむらちゃん……」


742 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:31:31.92 ID:EZ5hci3Co

さやか「はいはい、痴話喧嘩はそこまで!」

まどか「ち、痴話喧嘩って…」

ほむら「……」

杏子「それより、早くあいつを探しに行こうぜ」

ほむら「……そうね。まだアドレスも交換してないし」

まどか「アドレス?」

ほむら「何でもないわ…こっちの話よ」

まどか「……そうだ」

さやか「どうしたの?」

まどか「もう一度マミさんにメール送ろうかなって」

まどか「今度こそ、読んでくれるかもしれないし」

さやか「うん…そうだね」


744 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:44:34.67 ID:EZ5hci3Co

マミさんへ。お元気ですか?
ご飯はちゃんと食べていますか?

私たちは今日もマミさん捜索で大変です。
早くマミさんに会いたいなぁ……。

私、マミさんのおかげで変われた気がします。
前より自分に自信が持てたかな…そんな感じです。

マミさん、覚えていますか?私たちがした約束を。
私……待っています。
このメールが届くか分からないけど…信じてます。
諦めないことを、信じる気持ちを忘れないことをマミさんから教わったから。
いつまでも、待っています。


まどかより


746 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:49:39.36 ID:gdc09jyFP

まどか「お前たちが俺の翼だ!」


748 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 08:50:52.03 ID:EZ5hci3Co
――――――――――――
―――――――――
――――――



QB「……こんなところにいたのかい」

マミ「久しぶりね、QB」

QB「どうしてこんな所に?」

マミ「ここは終わりであり、始まりの場所……」

マミ「そういえばこの近くであなたとも初めてあったのよね、QB」

QB「……」

マミ「しばらくは大規模な結界も発生しないでしょうね」

QB「だろうね」

マミ「……私のこと恨んでいる?」

QB「まさか。言っただろ?僕には感情がないって」


752 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:02:01.45 ID:EZ5hci3Co

マミ「ワルプルギスの夜は終わった…まどかさんも魔法少女にならなくてすんだ」

マミ「あなた達は、これからどうするの?」

QB「とりあえずエネルギーを集めないとね。それが仕事だから」

マミ「また…魔法少女を作るの?」

QB「今のところそれしか方法はないね」

マミ「そう……」

QB「――けど、君みたいに条理を覆す魔法少女がいたら、変わるかもね」

QB「現に君がワルプルギスの夜で放った最後の一撃、あれは凄まじいエネルギーを発生させていた」

QB「宇宙の法則が乱れるぐらいにね」

マミ「大げさね、QB」

QB「……君はこれからどうするんだい?マミ」

マミ「そうね…魔女がこの世からいなくなったわけじゃないから、闘うしかないわ」

マミ「それと、世界のあちこちにいる魔法少女のことも助けてあげないと」

マミ「希望を振りまく魔法少女の代表として…ね」


758 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:08:24.95 ID:EZ5hci3Co

QB「そうか……」

マミ「ええ…」

QB「……じゃあ僕はこのへんで失礼するよ。新しく契約してくれる子を探さないといけないからね」

マミ「どうしても…しなきゃいけない仕事なの?」

QB「もちろん」

マミ「……なら、私もそれ相応に対応しないとね」

QB「……じゃあね、マミ」

マミ「さようなら、QB……」

マミ「……」

マミ「……」

マミ「お父さん、お母さん……」

マミ「私、ちゃんと生きてるよ」

マミ「生きてるからね……」


759 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:08:39.12 ID:aa0N9ej4o

厨二病から始まり、どうしてこうなれた……。


763 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:15:10.33 ID:EZ5hci3Co
――――――――――――
―――――――――
――――――


マミ「――さて、そろそろ行かないとね」

マミ「……それと」

マミ「そこにいるのは誰かしら」

まどか「あっ……」

マミ「ふふっ…久しぶり、まどかさん」

まどか「マミさん……」

杏子「マミ!ようやく見つけたぞ!!」

杏子「なんで今まで連絡よこさなかったんだよ!?」

マミ「ごめんね、気づいたら遠くに飛ばされていて」

マミ「携帯も電池切れてたし」

まどか「あ…そうだったんですか」

さやか「マミさん……でもよかった、無事で」

ほむら「……」


766 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:20:49.67 ID:BQa4kcmIO

それでもクラスメイトからはクスクス笑われているマミさんであった


767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:20:49.40 ID:EZ5hci3Co

杏子「まったく、ここまで来るのに苦労したんだからな」

マミ「ありがとう…みんな」

まどか「大遅刻ですよ、マミさん」

マミ「え?」

まどか「すぐ帰ってくるって言ったのに……うそつき」

マミ「…ごめんね。でも嘘はこれで最後だから」

マミ「もう約束は破らないわ」

まどか「……本当ですか?」

マミ「ええ、誓って」

まどか「…じゃあ私、信じます!マミさんのこと!」

マミ「ありがとう、まどかさん」

ほむら「……マミさん」

マミ「なにかしら?ほむらさん」


768 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:26:25.12 ID:EZ5hci3Co

ほむら「まどかは……」

マミ「私にとって、まどかさんはかけがえのない大切な人よ」

ほむら「……」

マミ「あなたにも、でしょ?」

ほむら「……」

マミ「…しばらくは、三人一緒にいましょうか」

ほむら「え……」

マミ「私、ほむらさんのことだって好きだし」

ほむら「っ…!?」

マミ「ふふっ…驚いた顔、おもしろいわね」

ほむら「……からかったの?」

マミ「さぁて、どうでしょうか」


769 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:27:05.41 ID:GSHcrtUG0

コネクト△!?


770 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:31:16.29 ID:EZ5hci3Co

まどか「マミさん!私にも好きって言ってください!」

マミ「好きよ、まどかさん」

まどか「やった!一緒だね、ほむらちゃん!」

ほむら「……」

ほむら(喜んで良いのか分からない…)

さやか「よしっ、じゃあこれからパーッと打ち上げでもしよっか!」

杏子「今日のためにお菓子だってたくさん用意したんだぞ!遠慮せずに食いな」

さやか「買ったのは私じゃん」

杏子「選んだのは私だろ」

まどか「まあまあ、二人とも」

マミ「ふふっ」

ほむら「……」


774 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:40:37.79 ID:EZ5hci3Co

まどか「マミさん、行きましょう」

マミ「ええ……」

MAMI(もう、寂しくないよね)

マミ「!?」

まどか「マミさん?どうしたんですか?」

マミ「……ううん、何でもないわ」

杏子「早く来いよ、置いてくぞ」

さやか「マミさーん!」

ほむら「マミさん…」

まどか「マミさん、早く早く!」

マミ「もう、そんな急かさないの」

マミ(……)

マミ(うん…もう寂しくないよ)

マミ(一人じゃないから……今までずっと、ありがとう)

まどか「マミさん……手、握っても良いですか?」

マミ「うんっ」

まどか「えへへ」

マミ「……まどかさん」

マミ(みんな)

マミ「――――ありがとう」




おわり


775 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:41:08.86 ID:GSHcrtUG0

終わったあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

>>1超乙!!



813 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 10:12:45.30 ID:FhjSKfqAO

>>1乙

マミさんマミマミ



798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/15(火) 09:53:36.20 ID:gdc09jyFP

ti amo(ティ・アーモ) >>1さん…



魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木碧,斎藤千和,水橋かおり,喜多村英梨,加藤英美里,岸田隆宏,Magica Quartet,シャフト,虚淵玄,新房昭之

アニプレックス 2011-04-27
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る

コネクト(アニメ盤)コネクト(アニメ盤)
ClariS,渡辺翔,角野寿和,Carlos K.,湯浅篤,原田卓也

SME Records
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/03/15 18:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(61)
映 画 化 決 定
[ 2011/03/15 19:05 ] [ 編集 ]
厨二病からはじまって
ふと気づけば王道に……
王道ってカッコイイ!!
[ 2011/03/16 00:05 ] [ 編集 ]
最後の最後まで笑わせてもらいました

皆様ティ・アーモ!
[ 2011/03/16 01:27 ] [ 編集 ]
あれ?俺…感動してる…?
[ 2011/03/16 10:30 ] [ 編集 ]
最高に面白かった
[ 2011/03/16 21:26 ] [ 編集 ]
厨二を笑う作品からまさかの感動大団円巨編へ!
めちゃくちゃ面白かったわー。おつ!
[ 2011/03/23 03:23 ] [ 編集 ]
スピンオフはこれで…!
[ 2011/03/24 04:49 ] [ 編集 ]
やべーマジで面白かったわ
[ 2011/03/24 23:55 ] [ 編集 ]
これは神
随所随所でつい笑ってしまう話なのに最後はこんなに感動するとは…
[ 2011/03/25 04:29 ] [ 編集 ]
QB「本編はこうであるべきだよね(キリッ」

最後まで読んで良かった!楽しかったです。ありがとう!
[ 2011/03/26 05:05 ] [ 編集 ]
くそっ感動したじゃねーか・・・演出とかすげーうまい
[ 2011/03/27 03:45 ] [ 編集 ]
 
かなりまとまってて面白かったよ
[ 2011/03/27 10:19 ] [ 編集 ]
これはすごい… 良い意味でどうしてこうなった
[ 2011/04/09 01:50 ] [ 編集 ]
まじ ti amo>>1さん 
[ 2011/04/23 04:47 ] [ 編集 ]
原作最終話を見てから読むとまた違った味わいがあるな
この世界の魔法少女の希望はまどかじゃなくてマミさんなんだな…
[ 2011/04/23 17:54 ] [ 編集 ]
貫き通した厨二。
それを人は王道と呼ぶ。

やはりいいものだ。
[ 2011/04/28 00:22 ] [ 編集 ]
なんというマミ神エンド。
世界は厨二に救われてしまった。
凄く楽しませてもらいました。
[ 2011/05/04 05:33 ] [ 編集 ]
本編より寧ろこっちの方が良かった
みんな幸せそうで
[ 2011/05/08 07:34 ] [ 編集 ]
マドカマギカ見たことないけど楽しめた。
ってか厨二から気づけば熱い展開になってたりほむライフルに和んだりと良い作品でした。
乙!!大好き
[ 2011/05/08 18:14 ] [ 編集 ]
本編より面白かったわw
[ 2011/05/09 14:00 ] [ 編集 ]
ティ・アーモ
[ 2011/05/09 15:01 ] [ 編集 ]
むしろこっちでよかっただろこれw
[ 2011/05/09 16:48 ] [ 編集 ]
円環の理なんていらなかったんや!
[ 2011/05/10 22:24 ] [ 編集 ]
どうしてこうなった……( ・∀・)イイ!!
[ 2011/05/11 21:02 ] [ 編集 ]
最高に面白かった、本編も良かったけどこれも感動しました。
[ 2011/05/16 14:29 ] [ 編集 ]
このSSが有ってよかった、胸がスッとした。
魔法少女マミ、頼もしいな
[ 2011/05/19 19:15 ] [ 編集 ]
どうしてこうならなかった
[ 2011/05/22 23:16 ] [ 編集 ]
ブラボオオオオオオオオオオオオオオオオオ
[ 2011/06/01 23:38 ] [ 編集 ]
なんだろうこれ凄く面白い。
感動しました。
[ 2011/06/05 08:21 ] [ 編集 ]
QBまではブレてないから素晴らしい
[ 2011/07/19 07:31 ] [ 編集 ]
まどかSSは数あれどいまだにこれが最高傑作だと思う
月に1,2回は読み直してるわ
[ 2011/09/05 21:53 ] [ 編集 ]
QBとの決別の後に両親を思うマミさんに胸が一杯になった
[ 2011/10/04 23:14 ] [ 編集 ]
復活のマミさんの所は、声着き映像着きで再生されて興奮しまくってしまった
ti amo
[ 2011/10/11 14:36 ] [ 編集 ]
是非ともOVAかコミカライズで出していただきたいほどの出来

とてもよかったです
[ 2011/10/23 01:37 ] [ 編集 ]
感動した・・・予想外にもほどがある
[ 2011/11/14 18:13 ] [ 編集 ]
厨二病マミさんまたかよ~、MAMIとかいらねぇよ~

うぉおおおおお!?すげぇぇぇぇぇ!≫1ti emo!!!!!!!

☝さっきまでと今の俺の心内状況
[ 2011/11/24 18:59 ] [ 編集 ]
上手くもってきすぎだろ。感動したわ。
[ 2011/11/27 20:40 ] [ 編集 ]
劇場版はこれでいい
最初はアイタタタ・・・と思っていたのにまさかの感動巨編じゃないか
[ 2011/12/05 23:27 ] [ 編集 ]
マミさんの厨二設定が大正解だったってことだよな。

とにかく面白かった。
[ 2012/02/15 06:03 ] [ 編集 ]
最高に熱くて最高に感動した
有り体に言うと号泣
これが俺のまどマギ正史だ
[ 2012/02/24 23:23 ] [ 編集 ]
ホント面白いよねコレ・・・
腹抱えて笑って熱い展開に燃えて感動させられるとかどんだけ・・・
久々に読んだけど名作は色褪せないわw
[ 2012/02/29 03:46 ] [ 編集 ]
コネクト(絆)万歳!!
今初めて読んだけどヤバいな、コレ
劇場版はこれを3DIMAX辺りでやってもらいたいね
[ 2012/04/07 08:11 ] [ 編集 ]
これマジでOVA出ないかな出たら即行で買うのに

・・・本編見てないけどさ
[ 2012/04/30 16:19 ] [ 編集 ]
素晴らしい
[ 2012/05/04 01:20 ] [ 編集 ]
なんだよこのSS                       最高じゃねぇか
[ 2012/06/17 08:14 ] [ 編集 ]
最高に面白い
[ 2012/08/06 07:54 ] [ 編集 ]
あれから1年と7ヶ月か・・・
疼いてきたぜ
[ 2012/10/27 20:32 ] [ 編集 ]
マミさん万歳!
まどマギ万歳!
Tiamoまどかマギカ&>>1!
[ 2012/11/14 20:01 ] [ 編集 ]
マミさん好きにはたまらない作品だなwww

[ 2012/12/11 16:59 ] [ 編集 ]
お気に入りに入れた
さすが俺らのマミさん
[ 2012/12/19 22:47 ] [ 編集 ]
厨二病でも魔法少女がしたい!
[ 2012/12/24 02:07 ] [ 編集 ]
久しぶりに読んだらやっぱり面白かった

ti amo
[ 2013/01/07 18:26 ] [ 編集 ]
やっぱりいいな!
いろいろ読んでるけど、やっぱりこれ大好き。
笑って泣いて感動できるなんて、すごいよ、これ。
[ 2013/01/10 23:16 ] [ 編集 ]
名作は何度読んでも面白い!
[ 2013/02/17 23:07 ] [ 編集 ]
鰤っぽいかと思ったら後編の序盤からトリコだった
[ 2013/06/15 08:31 ] [ 編集 ]
ちょくちょくアドベントチルドレンのネタがあったりするけど、使い方上手い!
このSSは最高だわ
[ 2013/06/25 12:08 ] [ 編集 ]
ちょくちょく出てくる小ネタにクスッとしたわw
>>1さんの次回作に全力で期待!
[ 2013/08/22 11:25 ] [ 編集 ]
なんだこのSSは(愕然)

しかし全員救えてるしワルプル倒しちゃってるしマミさん可愛いしいいのかな
[ 2013/12/15 20:51 ] [ 編集 ]
胸と目頭が熱くなるな
[ 2014/07/08 02:33 ] [ 編集 ]
これこそまどかマギカにおもえてきた
ネタあり熱血あり感動あり絶望あり
バランスがいい。
厨二病もそれが真面目な設定に出来てて感心した。QBだけ平常なのも見事。
ご都合主義だけじゃないのも好感が持てる。
というか原作がご都合悲劇に思えてきたwww
絶望だけはやっぱりダメなんだよ
物語にはそれ相応の奇跡が無いと。
[ 2015/04/06 05:51 ] [ 編集 ]
予想以上の大作ぶりに困惑。
[ 2015/09/17 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。