素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

ほむら「巴マミ。話があるの」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:10:19.29 ID:5r1aLpBj0

マミ「……何かしら、暁美ほむらさん?」




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:11:08.26 ID:K5jFAsIP0

ホムラガン使うな

違法だぞ、



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:05:07.00 ID:wMfvsYQz0

>>2
カスタムロボ乙wwwwww



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:11:41.89 ID:5r1aLpBj0

まどか「ほむらちゃん、ほら、一緒に帰ろうって」コソコソ

さやか「ま、マミさんはいい迷惑だろうけど」ボソッ

まどか「さやかちゃんっ」

ほむら「(私だっていい迷惑なんだけど)」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:13:11.62 ID:5r1aLpBj0

マミ「何はともあれ、用があるんなら手短にお願いしたいわ。あなたとは出来れば
   顔も合わせたくないから」

ほむら「私こそ」

まどか「あ、あのねマミさん!」

マミ「あら鹿目さん。告白?」ニコリ

さやか「(ころっと態度変わったな)」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:14:17.42 ID:5r1aLpBj0

まどか「はいっ、ほむらちゃんが!」

ほむら「ちょ……」

さやか「もうそれはそれはマミさんのこと大好きらしくて!」

マミ「あらま」

まどか「ね、ほむらちゃん」ニコッ

ほむら「……っ」ホムゥ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:16:12.74 ID:neFXX7vN0

素直になれないほむほむ純情でかわいい


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:18:33.40 ID:l3AzgeaCO

>ほむら「……っ」ホムゥ
膨れっ面のほむほむが浮かんだ。可愛すぎワロタ。



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:16:48.59 ID:5r1aLpBj0

さやか「で、“一応”の友人としてこの転校生と一緒に帰って欲しいって頼みに来たわけ!」

まどか「ほむらちゃん、いつもこそこそマミさんのこと見てたんですよ!」

マミ「そう……わかったわ」

ほむら「!」

まどか「わあ、良かったね、ほむらちゃん!」

さやか「んじゃ、お先、お二人さん!」

まどか「頑張ってね、ほむらちゃーん!」

パタパタ

マミ「一度、あなたとはゆっくり話をしなくちゃいけないと思っていたから」ジッ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:20:17.63 ID:5r1aLpBj0


マミ「それで」

ほむら「……」

マミ「何のまねかしらね、暁美ほむらさん」

ほむら「……心配しないで。私もあなたと帰りたくて帰っているわけじゃないから」

マミ「あら良かった。本当に愛の告白でもされたらどうしようかと思っていたわ。
   でも、それならどうして?キュゥべえの居場所でも探りに?」

ほむら「だから、これは私の意志じゃない」

マミ「鹿目さんや美樹さんに勘違いでもされた?」

ほむら「私があなたのことを好いていると」

マミ「ま、そりゃあいつもあんなあつーい視線を私に浴びせてりゃあね」クスッ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:25:52.24 ID:5r1aLpBj0

ほむら「……」

マミ「あらら、黙っちゃった」

ほむら「一人で帰るわ」

マミ「いいの?せっかくあなたの大切な鹿目さんがお膳立てしてくれたんでしょう?」

ほむら「それは……」

マミ「どうする?私と仲良しごっこでもしてみるとか」

ほむら「……」

マミ「私は別に構わないわ。鹿目さんの喜ぶ顔、見たいし。あくまで“振り”だし。
   それに、その間にあなたの情報をつかめるものね。いいと思うけど」

ほむら「あなたにとっては」

マミ「いいえ、あなたにとっても、よ。暁美ほむらさん。嫌われたくないでしょう?鹿目さんに」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:29:53.81 ID:5r1aLpBj0

ほむら「!」

マミ「折角あなたのためにやったのに私との仲は最悪になってしかもまったく嬉しそうな
   顔してなかったらきっと、鹿目さんは傷付いちゃうでしょうね」

ほむら「――っ。わかったわ」

マミ「交渉成立。けど仲良しコンビは何するのかしらね?腕でも組んでみる?」

ズイッ

ほむら「……離して」

マミ「いいの?」ソッ

まどか「」コソコソ

さやか「」ニヤニヤ

ほむら「……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:31:42.99 ID:vt88E5nfO

マミの姐さん内心振りでも大喜びしてんだろうな、友達少ないらしいし


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:39:22.98 ID:5r1aLpBj0

マミ「ふふっ、あなたは大人しくしてるのが一番よ。元々美人なんだし、それで
   いつも笑顔を浮かべてれば完璧なんだけどなあ」

ほむら「お断りするわ」ホムホムホム

マミ「どうしたの。そんなに早歩きして」マミ、マミ、マミ

ほむら「早く帰ってあの子たちの見えないところへ」ホムホムホム

マミ「暁美さん、額に青筋でてるわよ、ふふっ」マミ、マミ、マミ

ほむら「腕を組まれたら歩き難いんだけど」

マミ「離していいの?後ろ」

ほむら「……わざとゆっくり歩いてない?」

マミ「ふふっ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:43:34.42 ID:5r1aLpBj0

ほむら「重いんだけど」

マミ「ふふふっ」

まどか『あの二人、仲良さげだね、さやかちゃん!』

さやか『上手くやったんじゃない?』

ほむら「この声……」

マミ「私を通してあの子たちの会話が聞こえるでしょう?どう?あなたの大切な人が
   あなたの大嫌いな人とあなたが仲良くしているのを喜んでるときの気持ちは」

ほむら「……鹿目まどかは」

マミ「大切な人じゃない?」

ほむら「……」

マミ「素直にならなきゃね、暁美さん」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:50:57.26 ID:5r1aLpBj0

ほむら「……」ホム、ホム、ホム

マミ「……さて、と。もうこのへんでいいかな」ピタッ

ほむら「」ホッ

マミ「あなたの狙いも、なぜそんなにも鹿目さんに拘るのかも、聞きたいことは山ほどあるわ。
   けど、今日はやめときましょうか」

ほむら「答える気もないけど」

マミ「そりゃそうでしょうね。でも、まだ明日もその明後日も、あなたは私と“仲良し”なのを
   忘れないでね♪」

ほむら「あ……」

マミ「それじゃあ、また明日」クスクスッ

ほむら「……」フウ

ほむら「(まどかは――)」

キョロッ

ほむら「(もういない)」ホムゥ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:56:43.56 ID:5r1aLpBj0


次の日

カラカラ

ほむら「……」

さやか「お、来た転校生」

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」パタパタ

ほむら「……鹿目まどか」

まどか「ねえほむらちゃん、昨日はどうだった?マミさんと上手く話せた?」

さやか「そんな野暮なこと聞かなくてもいいんじゃないの、まどかー?」

ほむら「……」ホム


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:59:15.14 ID:FhDlOoZt0

マミさんから感じるガチ臭


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 18:59:44.28 ID:5r1aLpBj0

まどか「あれ?……でもあんまり嬉しそうな顔、してないね、ほむらちゃん」

ほむら「そんなことは」

さやか「そっか、帰りだけだもんね、今日は二人っきりでお昼ご飯とかどうよ」

ほむら「二人っきり……?」

まどか「あ、それいいと思うな!」

ほむら「でも……」

さやか「よっしゃあ、早速マミさんに伝えなきゃ!」

バタバタ

ほむら「あの……っ」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん。私たち全力で応援するからね!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:02:11.57 ID:5r1aLpBj0

昼休み

マミ「で――」

ほむら「……」パクッ

マミ「今度は二人で、お弁当、ね」

ほむら「……」ゴックン

マミ「あの子たちもやってくれるわねえ」

ほむら「……どうして断らなかったの」

マミ「……」チラッ

ほむら「」ホムッ

マミ「色々、面白そうだから、かな」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:07:41.18 ID:5r1aLpBj0

ほむら「面白そう?」

マミ「そう。例えば――私のことが大嫌いな暁美さんはどんな顔をして私の前に
   現れるのかとか、その後の鹿目さんや美樹さんの反応はどんなふうなのかとか。
   そんなことを考えると、面白そうって思わない?」

ほむら「……わからないわ」

マミ「ふふっ、それはまあ、自分のことを言われているわけだもんね。でもまあ、
   たまには誰かと一緒に食べるのも悪くないなって思ったっていうのもあるけど」

ほむら「……」パクパク

マミ「って、どうしてそんなに早く食べるかなあ。そんなに私のことが嫌いなの?」

ほむら「あなたこそ」

マミ「――そうね。でもこれは鹿目さんのため。そうでしょう?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:14:17.76 ID:TsUx8Sg7O

ほむほむとマミさんって、始めの頃のループでは仲良かったんだよな…


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:16:04.67 ID:Rqf3lSeYO

マミさんやっぱりぼっちだったか…


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:16:47.45 ID:5r1aLpBj0

ほむら「」ピクッ

マミ「あなたの弱点はどうやら鹿目さんみたいね」クスッ

ほむら「巴マミ――」

マミ「怒った顔も可愛いじゃない。美人は得ね、“ほむら”」

ほむら「……え?」

マミ「私たち、“仲良し”なんだからいつまでも暁美さんとかだったらよそよそ
   しいじゃない?あ、ちなみにあなたは私のことを“マミ先輩”ね。後輩なんだし」

ほむら「……」

マミ「あからさまに嫌そうな顔しないでほしいな」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:17:07.80 ID:c+yI7XBb0

ほむって最初は誰とでも仲良かったのにな・・・


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:17:51.74 ID:znDyPLKp0

ループの世界みたらまどっちとあんこちゃん以外もう嫌になるのはしょうがない


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:21:46.96 ID:5r1aLpBj0

ほむら「……ならどんな顔すればいいの」

マミ「そんなふうに聞かれたら苦しいけど」

ほむら「……」カチャッ

マミ「どうしたの?」

スッ

ほむら「悪いけれど、そこまで“仲良しごっこ”に付き合うつもりはないわ」

マミ「名前で呼んでいいのは鹿目さんだけ?」クスッ

ほむら「――……」グッ

バッ、トトト

マミ「行っちゃった」

パタン!

マミ「ますます嫌われちゃったかな」フウ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:26:54.45 ID:5r1aLpBj0


ほむら「――っ」

トンッ

ほむら「どうして……昔のように……」

マミ『私はあなたのこと、ほむら、って呼んでいい?それで、私のことはマミ先輩とでも
   呼んで欲しいわ!なんせ先輩なんだから!』

ほむら「私はもう、まどか以外誰にも頼らないって……。誰も信じないって……。そう、
    決めたのに」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:31:19.73 ID:5r1aLpBj0

まどか「あれ?ほむらちゃん、こんなところで座り込んでどうしたの?具合でも悪い?」

ほむら「鹿目、まどか……」

まどか「ほむらちゃんたちの様子、見にきたんだけど……」

さやか「マミさんは?まだ屋上?ケンカでもしちゃったの?」

ほむら「」フルフル

まどか「ほむら、ちゃん?」

ほむら「……私は、巴マミを好いてなんていない」

まどか「えっ」

さやか「でもあんた」

ほむら「だから、もう放っておいて」

まどか「ほむらちゃん……」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 19:58:41.59 ID:Igzu7itS0

さやか「……の、わりにはさ」

ほむら「え?」

さやか「随分つらそうな顔してるけど?」

ほむら「……っ」

まどか「ほむらちゃん、私たち、ほむらちゃんの気持ちも聞かずにあんなことして、
    悪かったと思ってるよ。でも、ほむらちゃんも本当はさ、マミさんと」

ほむら「違う」

まどか「でも……」

ほむら「もう、いいから」

トトトッ

さやか「なにあいつ」

まどか「……どうして仲良くなれないんだろう、マミさんとほむらちゃん」

さやか「あたしとまどかも、ね」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:07:03.92 ID:Igzu7itS0

まどか「……うん」


放課後

マミ「暁美さん」

ほむら「……!」

マミ「一緒に帰ろうか」

ほむら「もう終わったわ。仲良しごっこなんて」

マミ「そうなの?」

ほむら「はっきりと鹿目まどかに言ったわ」

マミ「そう」

ほむら「だから私に付きまとうのはやめて」

マミ「よく言うわね。これまではあなたが私に付きまとってきたくせに」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:11:12.00 ID:Igzu7itS0

ほむら「……あなたがまどかを魔法少女に引き入れようとするから」

マミ「そんなつもり、なかったけど」

ほむら「ついてこないで」

マミ「たまたま帰りの方向が一緒みたいね」

ほむら「……」

マミ「ねえ、暁美さん。私のどこが気に入らないの?」

ほむら「」ビクッ

マミ「あ、勘違いしないでね、別にあなたに好かれたいわけじゃないの。でも――
   手放しに嫌われるのって、それって何だか嫌じゃない?だから教えて欲しいんだけど」

ほむら「自分の胸に、聞いてみたら」

マミ「私の胸?暁美さん、ぺったんこだものね」

ほむら「」ホムッ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:18:20.28 ID:Igzu7itS0

マミ「気にしてた?」

ほむら「」フイッ

マミ「もしかして、よけいに嫌われちゃったりした?」ヒョイッ

ほむら「……許せないの」

マミ「……ん?胸のこと?」クスッ

ほむら「(裏切ったあなたのことが。まどかを傷つけたあなたのことが)」

ほむら「――何でもないわ」

マミ「……そう」

QB『マミ!大変だ!』

マミ『キュゥべえ!?どうしたの?』

QB『まどかとさやかが――』

マミ「……鹿目さん、美樹さん」

ほむら「?」ホムッ

マミ「ごめんなさい、今日はあなたとゆっくり話す時間、ないみたい。あなたは
   望んでないかも知れないけれど。鹿目さんと美樹さんが魔女の結界に入り込んだってキュゥべえが」

ほむら「!」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:23:53.26 ID:Igzu7itS0

マミ「ついてくるの?さっきはついてこないでって言ったくせに」クスッ

ほむら「……今は、仕方ないわ」

マミ「そうね――あなたの大切な友達だもの」



QB「マミ!」

さやか「マミさん!」

まどか「ほむらちゃんも?」

マミ「良かった、間に合ったみたい」

シュッ

マミ「さっさと片付けましょう、暁美さん?」ニコッ


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:29:12.62 ID:Igzu7itS0
ほむら「……」コクッ

ドッ
ドドド

マミ「暁美さん、後ろ!」

ほむら「!」バッ

マミ「はあぁっ!」

ドゴッ

マミ「危ないとこだったわね。大丈夫?」コソッ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:30:51.18 ID:Igzu7itS0

ほむら「……平気よ」

マミ「そう」

シュッ

マミ「前へ!」

ほむら「!……くっ」

カシャ、カシャン
ドッ、ドドッ

マミ「そのまま撃ち続けて!」

ほむら「えぇ――!」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

ドッ
ドゴーン!


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:36:27.44 ID:Igzu7itS0

さやか「よっしゃあ!さすがマミさん!」

まどか「良かったあ……」

QB「けれどマミ、暁美ほむらと共に戦うなんてね」

マミ「ふふっ、成り行きじょうね」

トスッ

マミ「ね、暁美さん?」ニコリ

ほむら「……」



まどか「ねえ、ほむらちゃん?」マドマドマド

ほむら「……なに」ホムホムホム

まどか「あんなにマミさんと息ぴったりだったのに。やっぱりマミさんと、
    仲良くしたくないのかなって……」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:44:46.02 ID:Igzu7itS0

ほむら「――巴マミは、いつか私もあなたも裏切るから」

まどか「へ?どういうこと?」

ほむら「あなたは知らなくていい」

まどか「……だめだよ、ほむらちゃん。そんな未来のこと、わからないでしょ?
    それに、マミさんがたとえ裏切ったとしても、それってきっと何か考えとかがあるから……」

ほむら「……」

マミ『魔法少女が魔女を産むなら、死ぬしかないじゃない!私も、あなたも――!』

まどか「ほむらちゃん、本当はマミさんのこと、好きでしょ?」

マミ『私ね、いつか、世界で一番優しい魔法少女になって、世界を絶望の淵から救いたいの
   それって素敵なことでしょう?皆を絶望から救う。もちろん、あなたもね、ほむら』

ほむら「嘘よ、そんなの……」

まどか「え?」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:49:52.96 ID:Igzu7itS0

ほむら「あんなの、毎回、結局――あの人は……」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「あの人、絶望から救ってくれると約束、してくれたのに――!でもいつも、
    最後にはいなくなって――!」

まどか「ほむら、ちゃ……」

ほむら「私はもう……」


 「勝手に殺さないで欲しいんだけど」

ほむら「!」ハッ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 20:56:23.55 ID:Igzu7itS0

マミ「何の話かはわからないけど……」

まどか「マミさん!帰ったんじゃないんですか?」

マミ「ふふっ、私のストーカー術甘くみるんじゃないぞ」

まどか「ストーカーって……」

マミ「普段ストーキングしてる暁美さんよりも上手かったと思うなあ」

ほむら「巴、マミ」

マミ「……どうしてもだめっていうんなら今度こそ引き下がるけど」

ほむら「……」

マミ「私、あなたに嫌われている理由がどうしてもわからないのよ。教えてくれない?
   同じ魔法少女だから、っていうのは無しよ?」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「――……いつも勝手に、逝ってしまうから」ボソ


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:02:12.13 ID:Igzu7itS0

まどか「……えっと?」

マミ「……何の話か、わからないわ」

ほむら「当たり前よ……」グッ

マミ「でもね、暁美さん」

ギュッ

ほむら「……!」

マミ「私、この手を離して勝手にどこかへ行ったりするなんてこと、滅多にないよ?
   だって、お友達、少ないんだもの」クスッ


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:07:22.74 ID:Igzu7itS0

ほむら「……、でも――」

マミ「そ・れ・に!」

ほむら「」ビクッ

マミ「万が一……万が一よ?勝手に私がいなくなったとしたら。そのときは、
   あなたが私を守ればいいじゃない。あなたにはその力があるんだから」

まどか「マミさん、かっこいい……」

マミ「ふふっ、そう?」

ほむら「――本当に?」

マミ「ん?」

ほむら「本当に、そうなの?」

マミ「当たり前よ。約束するわ」

マミ『私たちはずーっと一緒』

ほむら「(結局、私は変わってない。絶対嘘になるとわかっているのに)」

マミ「ね?」ニコッ

ほむら「(この笑顔を、信じたいと思ってしまう――)」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:13:29.76 ID:TsUx8Sg7O

このマミさんなら…このマミさんならきっと…


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:15:40.05 ID:Igzu7itS0

マミ「まあ、そういうことなのよ、私の言い分は。ずっと言ってるけど、私だって
   あなたと仲良くなるつもりはないわ?けど、やっぱり嫌われたくはないし……」モゴモゴ

ほむら「――あなたも随分と素直じゃないのね」フッ

マミ「!……あなたよりはマシだわ」

ほむら「嫌いじゃないわ……巴マミ」

マミ「え?」

ほむら「あなたのこと」

マミ「……そう。それなら良かった」

ほむら「だから……」

マミ「なら、今日から私とあなたはお友達!」

ほむら「……え?」

マミ「えっなんて言わない!もう決定事項!私、一人ぼっちなんて怖くない!」マミーッ

ほむら「……」ホム

ほむら「(運命なんて、怖くない――いつかそう言える日が来ればいい)」

おしまい

まどか「(え、最後私空気!?)」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:17:18.53 ID:n65J9zj6O

綺麗な終わりだな……ほむほむするよ、乙。


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 21:21:39.96 ID:TsUx8Sg7O

おつ!マミさんとほむほむがイチャイチャする続きまだー?



魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木 碧,斎藤千和,新房昭之

アニプレックス 2011-03-30
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木碧,斎藤千和,水橋かおり,喜多村英梨,加藤英美里,岸田隆宏,Magica Quartet,シャフト,虚淵玄,新房昭之

アニプレックス 2011-04-27
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/03/18 00:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(3)
こんなルートもあったって良いじゃない!
[ 2011/03/18 00:45 ] [ 編集 ]
>>66の
さやか「あたしとまどかも、ね」

ってどういう意味なんだろ
[ 2011/06/20 19:47 ] [ 編集 ]
普通に自分たちもほむらと打ち解けられてないってことじゃね?
[ 2013/01/04 14:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ