素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まどか「なにィ、魔法少女だァ?面白そうじゃねぇか!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 00:40:35.55 ID:BOx6xQCC0

QB「じゃあ僕と契約してくれるかい?」

まどか「おう、断る理由なんてありゃしねぇ!
     面白そうなことには全力でぶつかってけって、父ちゃんがよく言ってたんだ!」

QB「君の願いを叶えてあげられるけど、何がいい?」

まどか「金、酒、男! あとは美味いモン食えりゃそれでいい!」

QB「君ほど欲望に正直な人間は初めて見たよ。
   じゃあ契約を始めるよ」

まどか「おう、ちゃちゃっとやってくれや!」




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 00:44:28.50 ID:BOx6xQCC0

ほむら「お待ちなさい」

まどか「おっ、なんでぃ姉ちゃん!
     今ちょっと忙しいんでぃ、後にしてくんねぇか!」

ほむら「私は魔法少女のあけみほむらよ」

まどか「おっ、魔法少女かい!
     じゃあこれから私と同業者だなぁ! いっちょよろしく頼むわ!」

ほむら「そういうわけにはいかないわ。
     あなたはきゅうべぇと契約してはいけない」

まどか「ああん? それはどういうこったァ」

QB「……」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 00:50:38.30 ID:BOx6xQCC0

ほむら「それは言えないけれど……
     とにかくあなたは魔法少女になっちゃいけない」

まどか「ああ~ん? はっきりしねェ物言いだなぁ」

ほむら「お願い……私のことを信じて」

まどか「うぅーん……」

QB「まどか、そんなやつは放っておいて、僕との契約を始めよう!」

まどか「うーん……すまねぇ、きゅうべぇ!
     ちょっと契約は見送りってことにしてくんねぇか!」

QB「えっ、どうしてだい」

ほむら「!」

まどか「こんな可愛い姉ちゃんに必死に頼み込まれちゃァ、断れねえってもんだよ!
     女の言うことは聞いてやれってのがウチの家訓でさァ」

ほむら「あ、ありがとう……かなめまどか」

まどか「いいってことよ! 気にするない!」

QB「やれやれ……人間ってのはわけがわからないよ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 00:56:11.44 ID:BOx6xQCC0
……

まどか「なァにィ~!? さやかお前、魔法少女になっちまったのかァ~!?」

さやか「あっうん、実はそうなんだ」

まどか「くぅ~っ、羨ましいぜェ!
     あー、私も契約して魔女相手に大暴れしてみてえなァ!」

さやか「魔女をやっつけるとすっごく気持ちいいよ」

まどか「ところで、さやかァ~……
    お前、きゅうべぇにどんな願い事叶えてもらったんだァ~?」

さやか「えっ、そ、それは……」

まどか「あ~すまねぇ! 野暮なこと聞いちまったなァ!
     お前の願い事なんてこいつ以外にあるわけねえか!」(小指を立てる)

さやか「もーまどかったら、オヤジ臭いなぁ~」

まどか「へっへ、このまま行くとこまで行っちまえよ!」

さやか「もー! からかわないでよー!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:02:22.77 ID:BOx6xQCC0
……

まどか「おうさやか! この前は済まなかったなァ、ソウルジェム投げちまって!
     いっやァー、あのほむらって姉ちゃんがいなかったらどうなってたか!」

さやか「私、もう死んでるんだね」

まどか「おう、死ぬ気になれば何でもできる!っつうけど、
     もう死んでんだからこまけぇことなーんも気にする必要ねえな!」

さやか「こんなゾンビみたいな体じゃ……
     抱きしめてくれなんて……愛してくれなんて言えないよ……」

まどか「なぁーに、そういうシュミの男も探せば一人くらい居らァ!
     べっつに上條にこだわる必要ねーじゃねえか! な!」

さやか「誰かの幸せを願ったぶん誰かを呪わずにはいられない……
     それが魔法少女なんだね」

まどか「暗い暗い! まずおめーが幸せになってみせろよ!
     誰かを呪うのはそれからでも遅くねぇ!」

さやか「その気になれば、痛みなんて完全に消しちゃえるんだ……あははははは!」

まどか「おっ、その調子だ! 魔女なんてぶっ飛ばしちまえ!」

ほむら「話噛み合ってないわね」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:07:41.66 ID:BOx6xQCC0
……

まどか「なァ~にィ~!? さやかが魔女になっちまっただァ~?
     それはマジかよ、あんこ!」

杏子「ああ、大マジだ。私の目の前で魔女に変わっちまいやがった」

まどか「バッキャローてめぇ、さやかが魔女になっちまうのを
     黙って見てたっていうのかよォ、ああん?」

杏子「すまない、私にはどうしようもできなかったんだ。
    今から私はさやかのもとに向かう。あんたも一緒に来てくれないか」

まどか「何いってんでィ、私ャ魔法少女じゃないんだぜェ?
     ついてったところで足手まといにしかなんねェや」

杏子「いや、戦うんじゃない。
   今ならまださやかの心が残ってるかも知れないから、
   あんたがさやかに呼びかけてくれないか?
   もしかしたら元に戻るかも知れない」

まどか「へェ~ッ、なるほどなるほど、そういうことかい!
     ほんならいっちょ、さやかのために一肌脱いでやりますかァ!」

杏子「おっ、協力してくれるのか、ありがとう!」

まどか「ダチのためなら命だって惜しんじゃいけねェ!
     爺ちゃんから耳にたこが出来るほど聞かされたんでね!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:09:08.17 ID:BhT0yMwCO

このまどかは鉄板みたいな胸板してるに違いない
ヒュー!



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:13:28.04 ID:BOx6xQCC0

魔女空間。

さやか「ウゴゴゴゴオオオ」

まどか「ヒィ~ッ、さやかのやつ、なんておっかねえ姿になってやがんだァ!
     これじゃ上條の野郎もドン引きだぜェ!」

杏子「私はあいつの攻撃を食い止めるから、あんたはさやかに語りかけてくれ!」

まどか「おう任せとけ! っつっても、さやかに何を語りかければいいのやら……うーん」

杏子「おい何してる、早くやれ!」

まどか「お、そうださやかァ、お前半年くらい前におねしょしてたろ!
     学校行くまえお前んち通りかかったら、そりゃあ立派な日本地図が書かれた
     布団が欲してあってさぁ、も~笑い転げちまいそうになったぜェ~!」

さやか「う、ウゴゴゴゴオオオ!!!」

杏子「おいもっとマジな話題はねーのか!
    攻撃が激しくなりやがったぞ!」

まどか「すまねえ、大丈夫かあんこ!」

杏子「私の名前はキョウコだっ!」

まどか「へっ、あんこのほうがお前に似合うぜ! 可愛くてよ!」

杏子「ばっ……バカっ!///」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:17:59.64 ID:BOx6xQCC0

まどか「あっ、危ない、杏子ォ!!」

杏子「えっ」

さやか「ウゴゴゴゴオオオ!」  三○  三○

杏子「ぎゃああっぁぁぁっ!」

まどか「大丈夫か、杏子!
     す、すまねえ……私が変なこと言って
     気を反らせちまったばっかりに……!」

杏子「いや、いいんだ……あんたは悪く……ガハッ!」

まどか「杏子ッ!!」

さやか「ウゴゴゴゴオオオ」

まどか「さやか……てめぇ、もう許さねぇぞォ……
     私の大事な大事なダチを傷つけやがって……!」

杏子「まど……か……」

まどか「ハラワタが煮えくり返って仕方ねぇぜェ……
     こりゃあお前をぶん殴らねえと収まりそうにねェやァ……!!」

ほむら「それには及ばないわ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:24:35.89 ID:alxhh3VG0

作画:石川賢


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:24:42.10 ID:BOx6xQCC0

まどか「ほむらァ! 邪魔すんじゃねェ、
     これは私とあいつの問題だァ!」

ほむら「落ち着きなさい。生身で魔女に勝てるわけがないでしょう」

まどか「くっ……畜生!」

杏子「ほむら、まどかを連れて逃げろ……後は私がなんとかする」

まどか「何とかするって……杏子てめぇそんな体で何する気だァ!」

杏子「へっ……言わせんなよ、分かってるくせに」

まどか「バッカヤロォォォ! そんなの許せるわけねえじゃねえかァ!
     それにそれじゃ諦めてるのと一緒だろうがァ!!
     私らはさやかをもとに戻すためにここに来たんだろォ! 違うかァ!」

杏子「まど……か……」

まどか「いいかァ……?
     ここにはお前がいる……そして私がいる……
     さらにほむらまでいるんだよォ……
     この3人が集まって出来なかったことなんてあったか!? ないだろォ!!」

杏子「そう……だな……すまねえ、弱気になっちまってた……!
    ようし、私たち3人でさやかをもとに戻してやろうぜェ!!」

まどか「おう!!」

ほむら(すごい……こんなルート、初めて……!)


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:31:14.08 ID:BOx6xQCC0

さやか「ウゴゴゴゴオオオ」

まどか「聞けぇ、さやかァァァァ!!
     てめぇは杏子を傷つけた!!
     だから私はてめぇをぶん殴らなきゃなんねぇェ!!」

ほむら「攻撃が来るわ」

杏子「よし、私に任せろ!」

まどか「思い出せよさやかァ、小学6年生の時!
     くっだらねぇ理由で河原で殴り合いのケンカしたよなァ!!
     私はあん時に確信したんだ!!
     お前とは拳で語り合うのが一番だってなァ!!」

さやか「ウ……ゴゴ……」

ほむら「動きが鈍くなってる」

杏子「もう一押しか?」

まどか「てめぇにそんな妙ちきりんな格好は似合わねえ!
     とっとと元の姿に戻りやがれ、さやか!
     そしたら私はお前を殴る! だからお前も私を殴れ!
     気の済むまで私を殴れよ、さやかァ!!
     そしたらお前が魔女になるほど溜め込んじまった心の汚れも、
     ちったぁすっきりするってもんだろ!」

さやか「ウ……ウウ……」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:33:35.26 ID:jQk9skNo0

こんなの絶対おかしいよ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:34:48.56 ID:BOx6xQCC0

まどか「遠慮なんていらねえぞ、私のことボッコボコにしてくれて構わねぇ!
     何度でも立ち上がって、お前の拳の的になってやるからよォ!!」

さやか「ウウウ……ウウウ……」

杏子「見ろ、魔女の姿が……!」

ほむら「だんだん小さくなってる……」

まどか「えっ、何でお前のためにそこまでするかって?
     バッキャロォ、決まってんじゃねえか!!」

さやか「ウ……ゴ……」

まどか「私とお前が!」

さやか「ウ……」

まどか「――友達だから、だよッ!!」

 パアアアァァァァァァッ

杏子「な、なんだこの光は!」

ほむら「! 見て!」

さやか「……み、みん……な……!」

杏子「さやかァ! やったぜ、元に戻った!!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(三重県):2011/03/15(火) 01:35:58.37 ID:bxFMWgLp0

QB「わけがわからないよ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:39:11.57 ID:BOx6xQCC0

杏子「すげェ、すげェよ……!
    ほんとに元に戻っちまうなんて……」

ほむら「奇跡としか言いようがないわ」

さやか「私……魔女になってた……んだよね……
     もしかしてみんなに……ひどいことを」

杏子「ああ、そりゃもう強烈な一発を貰っちまったぜ」

さやか「ほ、ほんとに? ゴメン、大丈夫だった!?」

杏子「ああ、気にすんな。たいしたことはないからさ」

ほむら「ところでどういう原理で元の姿に……」

杏子「理由なんてどうでもいいじゃんか、なっ」

さやか「うん、理由は私にもわからない……
     どこからかまどかの声が聞こえてきて……
     それで、まどかと会いたい! って思ったら……」

杏子「あれっ、そういえばそのまどかはどこ行った?」

ほむら「向こうの方に隠れてるわ。
     泣き顔を見られたくないんでしょうね」

杏子「ったく、しょうがねえやつだなぁー!
    行ってこい、さやか!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:39:25.59 ID:u4ThRbwGO

泣いた


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:40:39.18 ID:NZAfp1J40

奇跡も魔法もあるんだよ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:44:26.50 ID:BOx6xQCC0

さやか「まーどかーっ!」

まどか「! な、なんでィ、いきなり!
     おどかすんじゃねぇやい!」

さやか「あっれー、まどか、もしかして泣いてるぅ?」

まどか「バ……バッキャロー、これは汗だよ!
     魔女になったてめぇの攻撃かわすのに必死だったからなァ!」

さやか「えぇー、ホントに~?
     素直になっちゃえよーまどかー」

まどか「て、てめェ~いいかげんにしろよなァ~!
     てめぇのせいでこちとら大変だったんだからよォ!」

さやか「あっはは、ごめんごめん。
     ありがとう、まどか。まどかのおかげで、助かった」

まどか「へっ、なんだよ改まって……照れるじゃねえかよォ」

さやか「私、これからの頑張るよ。まどかのためにも」

まどか「オウ、もう魔女になんかなるんじゃねェぞォ?」



杏子「うんうん、よかったよかった」

ほむら(このルートなら……ハッピーエンドを迎えられるのかも知れない)


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:51:06.72 ID:BOx6xQCC0
……

ほむら「かなめまどか……ちょっといい?」

まどか「なんでィ、今から新台の試し打ちに行きてェんだけど」

ほむら「真剣な話があるの。
     実は私……この時間軸の人間ではないのよ」

まどか「あぁ~ん? なんだそりゃァ~。
     私ャSFみてぇな頭使う話は嫌いでよォ~。
     映画はアクションものしか見ねぇことにしてんだよ」

ほむら「……じゃあ分かりやすく話すわ。
     あなたを魔法少女にしたくなかった理由を」

まどか「おっ、なんだい、そっちの種明かしかい。
     それずーっと気になっててメシも2杯しか食えなかったんだよなァ~」

ほむら「実は……かくかくほむほむで」

まどか「はァーん、なるほどなるほど。
     つまりはワルプルなんとかっつぅのがこの街にやってきたときに
     私が魔法少女になって戦うけど、最終的には魔法の力を使い果たして
     魔女になっちまう……そういうこったな?」

ほむら「まあ噛み砕いて言えばそういうことになるわね。
     でもこのルートは違う」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 01:56:26.54 ID:BOx6xQCC0

まどか「どういうこったァ」

ほむら「みきさやかも佐倉杏子も生きている。
     この3人が居れば、きっとワルプルギスの夜も打ち倒せるはずよ」

まどか「ほほォー、そりゃあ心強いこってェ」

ほむら「だから、あなたも魔法少女にならなくて済む」

まどか「魔法少女にならなくて、済む……か。
     そりゃァ嬉し……くは、ねぇなァ」

ほむら「えっ」

まどか「ほむらァ……私ャこの前、魔女になったさやかと戦って思ったんでさァ。
     私もあんたらの力になりてェ、ってなァ」

ほむら「そんな……」

まどか「ほむらァ、おめぇの気持ちは嬉しい! すんげェ嬉しいよ!
     でも、でもなァ! 目の前で傷つきながら戦ってる人間がいるのに、
     私だけが指くわえて見てるってのは我慢できねェんだよ!」

ほむら「っ……」

まどか「私も魔法少女になりてェ!
     おめぇらと一緒に戦いてぇんだ!!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:01:38.26 ID:BOx6xQCC0

ほむら「バカ言わないで……私はあなたを魔法少女にしないために戦ってきた……
     それをすべて無駄にしろって言うの……?」

まどか「フッ……なぁに言ってんだ、ほむらァ。
     私を魔法少女にしないのは、何のためだ? 言ってみろォ」

ほむら「あなたを……不幸にしないため」

まどか「だろォ? そんなら話は簡単じゃねェか。
     おめぇの話を聞いてる限りじゃ、
     このルートでは私が魔法少女になりゃァ
     ワルプルなんとかには圧勝できるんじゃねェのか? 違うか?」

ほむら「ええ……ワルプルギスの夜には勝てるし……
     あなたはこの戦いで魔女にはならない……でも、
     いつから必ず魔女になってしまう。
     魔法少女とは、そういう悲しい宿命を背負っているの」

まどか「おめぇらがいてくれるじゃねぇか」

ほむら「えっ?」

まどか「私が魔女になっちまっても、おめぇらがいてくれる。
     さやかを元に戻したみたいに、
     おめぇらが私のことも元の姿に戻してくれるって信じてる。
     だから私、魔女になっちまうことなんて、ぜぇーんぜん怖かねえよ」

ほむら「まどか……」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:08:19.64 ID:BOx6xQCC0

まどか「一緒に戦わせてくれ、ほむら。
     魔法少女として」

ほむら「っ……うっ……」

まどか「バッ、バカヤロ、なに泣いてやがんだ!!」

ほむら「ごっ、ごめんなさい……
     その言葉……あなたのその言葉が……
     私は一番、聞きたかったのかも知れない……っ」

まどか「へへっ、そうかい。
     今までつらい思いしてきたんだろう、ほむら。
     これからは私が付いててやるからよ!
     もう一人ぼっちじゃねぇぞ!」

ほむら「う……ううっ……ま、まどかぁーっ!」

まどか「私の胸で泣けぇ!」

ほむら「う、うわぁぁぁーん、うぁぁーっ!」

まどか「そうだ、泣きたいときは思いっきり泣いていいんだ!
     それくらいはおてんとさまも許してくれらぁ!」

杏子「青春だな」

さやか「うん」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:13:51.71 ID:BOx6xQCC0
……

QB「本当に契約してくれるんだね、まどか」

まどか「おうよ、立派な魔法少女になって
     魔女なんてぎったぎたにしてやるからよ、
     とっとと魔法少女にしてくれや!」

杏子「へへっ、あんたが魔法少女になってくれるなんて、心強いよ」

さやか「まどかならきっとスゴイ魔法少女になれるよね」

ほむら「希望の光が見えるって、こういうことを言うのね」

QB「それでまどか、願い事はなんにする?
   この前言ってた、金、酒、男、あとは美味いモンでいいかい?」

まどか「あ~、色々考えたんだけどよォ、やっぱそれ取り消しで!
     私の願い事は……そうだなァ」

杏子「ニッ」
さやか「えへへ」
ほむら「ふふっ」

まどか「こいつらと、いつまでもずーっと仲良く、一緒に居てぇなッ!」



       お          わ                      り
 
 

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:14:35.17 ID:lGDVG0Jc0

販売元:オーサリングヘヴン


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:15:09.23 ID:BhT0yMwCO

いい話だった、かけね無しに


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:16:58.26 ID:f8So4O0/0

もう何も怖くない


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 02:17:25.24 ID:eZRp2J7f0

マミさんなんていらんかったんや



魔法少女まどか☆マギカ クッション魔法少女まどか☆マギカ クッション


ブロッコリー 2011-04-08
売り上げランキング : 18055

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木 碧,斎藤千和,新房昭之

アニプレックス 2050-12-31
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/03/20 21:25 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(5)
マwwwwwミwwwwwさwwwwwんwwwww
[ 2011/03/29 07:37 ] [ 編集 ]
まみいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
[ 2011/06/30 22:57 ] [ 編集 ]
ガチで気づかなかった
[ 2011/08/13 21:01 ] [ 編集 ]
江戸っ子だなwww
[ 2013/12/03 21:38 ] [ 編集 ]
一人で誰の干渉もなくたんたんと
マミったのか…。

合掌。
[ 2015/04/09 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。