素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

杏子「さやかの汗を煮詰めてをご飯にかけてお茶漬けにしたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:15:20.08 ID:pBuUrMtZO

さやか「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」

杏子「あ、さやか!」

さやか「ん…ああ、あんたかぁ」

杏子「ほら、今日はメロンパンだぞ!ちゃんと自分で買ってきたんだ、食え!」

さやか「ここんとこ毎日それだよね…。昨日はラスクだし、その前はアメリカンドッグだっけ?」

杏子「ちゃんと自分で買ってきたんだからいいだろ!あっ、言っとくが一口だけだかんな」

さやか「あーはいはい。もきゅもきゅ……これでいい?」

杏子「うまいか?」

さやか「普通に美味しいよ」

杏子「よしよし…」




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:17:44.42 ID:pBuUrMtZO

杏子「じゃ、明日もくるからな!」パタパタ

さやか「えっ!明日も?」

さやか「うーん…なんなのよアレ。何がしたいんだか…」

さやか「まぁ、ただでおやつ食べれるし別にいっか。一口だけってのがあれだけど」


‐‐‐

杏子「はぁ…はぁ…、さやかの食べかけ…」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:22:29.29 ID:csm4isIP0

あんこちゃん上級者すぎる


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:23:30.04 ID:pBuUrMtZO

杏子「くんくん…すーはーすーはー」

杏子「では、さやかの食べかけのメロンパンをいただきまーす」

杏子「…ん な ワケねェえぇええええぇええだらァあああぁアぁああああぁ!!」

杏子「食べかけのものをそのまま頂くなんてトーシロのやる事なんだよォォォオオオオ!!」

杏子「圧縮!!圧縮ゥ!!メロンパンを圧縮ゥゥゥゥッ!!!」

杏子「くかきけこかかきくけききこかかきくここくけけけこきくあくきくこくくけくかきくこけくけくきくきこきかかかーーッ!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:24:02.30 ID:jWEtxwPi0

早くも意味が分からなくなった


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:24:28.04 ID:ksFMRC+z0

相変わらずVIPの杏子さんはぶっ飛んでますね


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:27:22.11 ID:pBuUrMtZO

ぽたっ…

杏子「よし……さて、瓶には蒸発しないようにラップを被せなきゃな」

杏子「えっと、ラップラップっと…」

ほむら「はい」

杏子「おっ、サンキュ」

杏子「~♪」ピーッ

杏子「よっ」クルッ

杏子「……」ピタピタ

杏子「!?」

ほむら「気付くのが遅いわ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:30:47.57 ID:pBuUrMtZO

杏子「てめぇ!」

ほむら「今日はやり合う為に来たわけじゃないわ」

ほむら「……それより、さっきは何をしてたの?」

杏子「へっ?ああ、さやかの食べかけのメロンパンを圧縮して唾液を捻り出してたんだ」

杏子「あっ、ちなみにさやかには言うなよ。勿論他の奴らにも」

ほむら「そう…」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:32:51.51 ID:+whbXH9+O

これにはほむほむさんも苦笑い


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:35:36.91 ID:pBuUrMtZO

ほむら「……」チャプチャプ

ほむら「ねぇ、この瓶ずいぶん溜まってるのね」

杏子「ああ、毎日少しずつな」

杏子「いつかたくさん溜まったら煮詰めてジャムにしたい」

ほむら「そう…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:38:38.86 ID:pBuUrMtZO

杏子「本当は汗が欲しいんだけどなぁ…」

ほむら「汗?」

杏子「さやかの汗を煮詰めて濃厚な汁にしてお茶漬けを作りたいんだ」

杏子「あれ?でもお茶じゃねぇから汗漬けか?」

ほむら「そう…頑張ってね」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:42:57.88 ID:pBuUrMtZO

杏子「今度は体操服でも拝借…いや、体操服が足りなくなるとさやかに迷惑が…」

ほむら「……これらの行為は犯罪スレスレだと思うのだけれど…私にホイホイ話してよかったのかしら?」

杏子「はぁ?その心配ならしてねぇよ」

杏子「だってあんたも変態だろ?それも超ド級の」

ほむら「!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:47:00.79 ID:pBuUrMtZO

ほむら「な、何を言って…」

杏子「目を見ればわかるさ…。それに、あんたが今日ここに来た理由もそれに関係した事じゃないか?」

ほむら「……」

ほむら「…バレては仕方ないわ」

バッ!

杏子「ッ!?」

ほむら「どう?特注よ」

杏子「鹿目まどかの顔がプリントされてるTシャツ…だと…」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:50:45.25 ID:jWEtxwPi0

なるほど


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:53:05.41 ID:pBuUrMtZO

ほむら「それだけじゃないわ」

ペラッ!

杏子「ぱ、パンツにもだとぉ!?」

ほむら「頑張ったのよ」フンス

杏子「すげぇや…紐パンだ」

ほむら「ちなみに家に帰るとベッドカバーと抱き枕とまどか人形とまどかフィギアとポスター
    さらに日々書きつらねたまどかポエムがあるわ」

杏子「こいつ本気だ!やべぇ人だ!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 21:54:23.81 ID:+whbXH9+O

ハイレベルすぎるwww


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:00:21.50 ID:pBuUrMtZO

ほむら「まどかポエム、一部抜粋
『あなたは旅人
夢路の旅人
まるできまぐれな
西風のよう

抱き締めても
柔らかに微笑み
捕まえたと思っても
 この手をするりと
抜けて
消え去ってしまう

嗚呼
あなたはまるで
鳥の羽…』」

杏子「どこがで聞いた事ある気がするけど気にしない!痛いタイプの野郎だ!」

ほむら「ふぅ…さて」

杏子「1人で満足すんな」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:07:37.08 ID:pBuUrMtZO

ほむら「私、実は仲間が欲しかったの」

杏子「はぇ?」

ほむら「そこであなたを選んだ。だから手を組みましょう」

杏子「省略しすぎて理由がわかんねぇよ」

ほむら「あなたの美樹さやかへのストーキング行為を見かけた事があったわ」

杏子「なんだと!?気配は完璧に消してたはずなのに…不覚!」

ほむら「そこには性的な目で美樹さやかの身体をなめ回すあなたの姿。そこであぁ、私と同類だって気付いたの」

杏子「お前…」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:15:46.13 ID:pBuUrMtZO

ほむら「私もまどかの靴下をダシにして鍋を食べたいと思ってた」

杏子「……」

ほむら「まどかの涙を一粒ずつ凍らせたものを3ヶ月分溜めて、それに紐を通してプロポーズしようと考えた事があった」

ほむら「まどかポエムも第39冊目までいったわ」

ほむら「だから、私と…」

杏子「……」スッ

杏子「なんつーか…あたしもあるよ、靴下をダシにしたいって思ったり…パンツをどう食べればいいか考えたりした事…」

ほむら「佐倉杏子…!」ガシッ


謎の絆が――生まれた


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:18:13.61 ID:ksFMRC+z0

杏子さんとほむほむの変態コネクトか


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:18:55.90 ID:jQk9skNo0

おかしいよおかしいよおかしいよこんなの


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:22:12.10 ID:pBuUrMtZO
‐‐‐

ほむら「……で、やっぱりお茶漬けには汗よりおしっこだと思うわ」

杏子「はぁ?汗のほうがいいだろ。まずにおいが大事で…」ムシャムシャ

ほむら「さっきから何を食べているの?」

杏子「メロンパン。圧縮したからと言って残すのはもったいないからな」

ほむら「もう雑巾以下の物体になってるじゃない…」

杏子「それに…さやかの手が触れてたんだぞ」

ほむら「あぁ、じゃあ仕方ないわね」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:26:51.60 ID:Ctkari5t0

納得すんなw


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:27:34.22 ID:pBuUrMtZO

ほむら「……」

杏子「…なんだよ?もしかして引いたか?」

ほむら「いえ…違うの」

ほむら「私、こんな話今まで誰にも出来なくて…」

ほむら「自分で変だと思っていてもこの気持ちは止められないし、ずっと孤独だったわ」

杏子「…変じゃないよ」

ほむら「……、」

杏子「今この部屋には変態なんていない。いるのは、ただの淑女だけさ」

ほむら「……それもそうね」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:41:35.22 ID:pBuUrMtZO

ほむら「……少し昔話をするわ」

杏子「ほう」

ほむら「あれは…そう、何周目の時だったかしら」


‐‐‐

ほむら『ふぅ……やっといいの書けた!』

ほむら『まどか☆ポエムもとうとう二桁かぁ…』


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:46:37.53 ID:pBuUrMtZO

ほむら『それにしても今回はいいのが書けたな…』

ほむら『あっ、そうだ!これをまどかにプレゼントしましょう!』

ほむら『まどか…喜んでくれるかな』

まどか人形『……』

ほむら『えへへ…』


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:49:04.77 ID:pBuUrMtZO

‐‐次の日

ほむら『流石に直接渡すのはちょっと恥ずかしいや…下駄箱に入れておこう』

パタンッ

まどか『ほむらちゃーん!一緒に帰ろうよぉ』パタパタ

ほむら『あっ、うん』

パカッ

まどか『…あれ、なんだろうこれ』

ほむら『どうしたの?』

まどか『下駄箱の中に何か手紙が入ってる…!』

ほむら『えっ…ラブレター?』

まどか『わ、わかんない…。開けてみるね』ペリペリ

ほむら(どんな反応するかな…)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:50:54.10 ID:6precZO/0

ドン引きフラグ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 22:57:57.22 ID:pBuUrMtZO

まどか『な…なに…これ』

「愛しのまどか
嗚呼
もしもピアノが
 弾けたなら
この曲を作って
きっと
 あなたのために
弾くだろう

この溢れだす
気持ちが
押さえきれなくて
あなたへの
ラヴ・レター
何通も書きつらねた

でも
この想いは
伝えてはいけない…
だから
風船をつけ
空に飛ばす…
あなたという空に
 風にのせて
 曲も一緒に…

       あなたをずっと見ていました」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:00:45.54 ID:pBuUrMtZO

ほむら『ま、まどか?』

まどか『えっ…なにこれ…誰が書いたの…?』

まどか『名前も書いてないし…なんか怖いよ…重いよ…。ほむらちゃんっ』ギュッ

ほむら『…!』


‐‐‐

ほむら「…これで、終わりよ」

杏子「うん…なんつーか…、うん」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:05:13.21 ID:pBuUrMtZO

ほむら「その時…思ったわ」

杏子「……」

ほむら「あぁ…なんかゾクゾクする、引かれたり罵られたりするのって興奮するわ、ってね。
    今思うとここから淑女―レディー―への扉が開かれたわ」

杏子「そっちか!つーかポエムが二桁いくって十分素質ありだろ」

ほむら「いかないの?」

杏子「普通書かねぇって」

ほむら「!」ホムン


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:08:30.74 ID:pBuUrMtZO

杏子「それより気になってた事があるんだけど」

ほむら「なに?」

杏子「何周目とかってどういう事?」

ほむら「あっ」

杏子「なんだその顔」

ほむら「ほむら失言!てへっ☆」

杏子「無表情でやられても対応に困るだけだよ」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:15:04.03 ID:x8dOoCqpO

ほむら「てへっ☆(迫真」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:15:33.41 ID:pBuUrMtZO

ほむら「実はほむほむ、リアル時をかける少女なのだ☆」

杏子「キャラを戻してよ。あんたにやられてもなんにも嬉しくも感動もないしさ」

ほむら「実は私、時間を止めたりなんだり出来るの」

杏子「えっ、マジか!?」ガタッ

ほむら「すごい食い付きね」

杏子「当たり前だろ羨ましい!
   そんな能力があったらいちいち食べ物圧縮して唾液絞らなくてもいいじゃねぇか!」

杏子「リコーダーだって吹きたてのを舐めまくれるしトイレでも色々舐めまくれるし、
   それにき、キスとかだって…///」

ほむら「なぜそこだけ恥じらうのかしら」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:21:16.17 ID:pBuUrMtZO

ほむら「私はまだ悪用はしてないわ」

杏子「まだって言った!いづれやる気なんだ!」

ほむら「でも…いつも良いことばかりしてると疲れるわよね」

杏子「まさか…」

ほむら「裏でこそこそ変態的行為をしてもそのうちモチベーションが下がってくるわよね」

杏子「ごくり…」

ほむら「だから…」

ほむら「―――たまには良い夢を見ましょう」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:27:00.45 ID:pBuUrMtZO
‐‐‐

‐‐



ほむら「いよいよ今日ね…」

杏子「なんだ、怖じけずいてんのか?」

ほむら「まさか。計画に穴はないはずよ……それより、あなた肩が震えてるわ」

杏子「……これは緊張でも恐怖による震えでもねぇ。ただ興奮してるだけだぞ」

ほむら「ならいいわ」

杏子「……なぁ」

ほむら「なに?」

杏子「お互い…ベストを尽くそう」

ほむら「当たり前よ」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:31:37.85 ID:eUCkrbQN0

一体何が始まるんです?


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:33:25.76 ID:pBuUrMtZO

まどか「あのね…そこに食パンがバーンって」

さやか「えー、まだエビフライならわかるけどさぁ…」

まどか「あ、じゃあこっちだから。じゃあね」フリフリ

さやか「じゃねー」

ガサッ

杏子「あ、おーい。さやかー!」

さやか「あっ…どうしたの?最近会ってなかったよね」

杏子「まぁ…色々な。それよりこれ食えよ」

さやか「なにこれ、フランクフルト?」

杏子「そこで買ったんだよ。食えよ」

さやか「あー、はいはい。あーん」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:35:57.79 ID:pBuUrMtZO

さやか「あむっ」

杏子「うまいか?」

さやか「んー、普通に美味しいよ」

杏子「うんうん!」

さやか「じゃねー」フリフリ

杏子「じゃーな」フリフリ

杏子「……」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:42:59.95 ID:pBuUrMtZO

ピキーン

杏子「『あっ…どうしたの?最近会ってなかったよね』」ウルッ

杏子「だってさぁぁぁああああああああ!!!
   前なら゙げっ゙とかも言ってたのにデレ来たァァァああああああああああ!!!!」

杏子「つまり
   『なんでいつも会いに来てくれるのに最近来てくれなかったのよ…心配したんだからね!』
   って事ですよねわかります!!!」

杏子「好きな人には実はデレデレじゃなくてツンデレなんだな!!えっ上條?誰それはいはいそげぶそげぶ」

杏子「はっ…まさかつまり…両想い…?」トクン…

杏子「なんてね!なんてね!えへ!!!えへへへへ!!!」

ごろごろ


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:50:52.20 ID:pBuUrMtZO

杏子「それに最後…手を振ってくれたよ!!」

杏子「あの手を舐めたい!!!指のまたを舐めまくりたい!!!
   フリフリとかかわいい擬音使っちゃって!!もうっ!!」

杏子「こうなったら食べかけのフランクフルトぺろぺろの刑だぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああ!!!」

杏子「どうかわたくしめに刑を執行させてください裁判長ぉぉぉおおおおおおおおお!!!」

杏子「許可する」

杏子「ぺろっ…」

杏子「ちゅぱ…んっ…ぺろぺろ……ん、れろ…ちゅぷ」

杏子「えっ、味?さやか味」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:51:44.18 ID:csm4isIP0

楽しそうだな


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:52:49.16 ID:ksFMRC+z0

杏子さん…


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:54:55.66 ID:pBuUrMtZO

杏子「ふぅ…」

ほむら「もう終わった?」

杏子「ああ、今ちょうどな」

ほむら「じゃあ時を戻すわ」

パキーン

ほむら「それにしても見事な舐めっぷりだったわ。フランクフルトが妊娠しそうね」

杏子「褒めるなよ…照れるじゃないか」

ほむら「まあ、これであなかが今までやりたかった事のひとつが完了したわね」

杏子「ああ。会った後にその興奮をそのまま絶叫したかったんだ」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/15(火) 23:59:50.99 ID:pBuUrMtZO

ほむら「ちなみに私も堪能してきたわ」

杏子「何したんだよ」

ほむら「スタートの中に頭を入れて深呼吸してきたわ」

杏子「もしかして脚に触ったか?」

ほむら「いいえ、まだ今は触れる時ではない」

杏子「だよな。今の段階で脚にまで触れてたらドン引きだったぞ」

ほむら「ええ、ケーキの苺は最後に食べるの」

杏子「あたしモンブランのほうがいいなー」

ほむら「そういう話ではないわ」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:03:47.95 ID:J9vCBdEwO

杏子「さて次は…」

ほむら「唾液の搾取ね」

杏子「あたしからでいいのか?」

ほむら「いいのよ」

杏子「じゃあお言葉に甘えて…。今なら走れば間に合うかな」

ほむら「急ぎましょう」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:07:09.45 ID:J9vCBdEwO

さやか「らんらーんらららーん♪」トコトコ

ほむら「いた!」

ピキーン

さやか「ら……」

杏子「お、丁度口が開いてる」

ほむら「急いで」

杏子「わかってるよ…。さやか、ごめんな」

さやか「……」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:10:36.87 ID:J9vCBdEwO

杏子「舌を指でなぞったりつついたりして唾液の分泌を促す…」ナデナデ

じわ

杏子「よし!」

たらー…

ぽたっ ぽたっ

杏子「よしよし…」ナデナデ

杏子「……」ナデナデ

杏子「!?」

ほむら「急にどうしたの」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:15:09.17 ID:J9vCBdEwO

杏子「よ、よく考えたらあたしすごい事してないか…?」

ほむら「気付くのが基本遅いのね」

杏子「さやかに指フェラさせてる…さやかに…」

杏子「さやか!さやか!SAYAKA!」ジュッポジュッポ

ほむら「少し落ち着きなさい」

杏子「はぁはぁ……よし、落ち着いた。じゃあもうこれでいいかな」

ほむら「わかったわ。じゃあ隠れるわよ」

杏子「ん」

パキーン


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:19:01.54 ID:J9vCBdEwO

さやか「…んんんぅ!!」ビクビクッ

さやか(な、なにこれ…。急に舌がくすぐったく…)

さやか「…?」トコトコ


‐‐‐

杏子「おい」

ほむら「なにかしら」

杏子「今のなんだよ」

ほむら「時間は止まっていても感覚はあるから、時間が止まっていた分の感覚が一気にきたってところね」

杏子「なんだよそれ!」

杏子「GJじゃねぇか!」

ほむら「当たり前ゆ」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:19:34.36 ID:b1FhPXas0

ほむほむ可愛いゆ


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:20:24.32 ID:v6iBEwpX0

「ゆ!」ホムン


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:23:47.13 ID:J9vCBdEwO
>>161
ほむら「当たり前ゆ」→ほむら「当たり前よ」



杏子「じゃあ次は…」

ほむら「今度は汗ね」

杏子「なっ、次はお前の番だろ!」

ほむら「いいのよ」

杏子「お前…」

ほむら「私はいつでも出来るし」

杏子「ずるい!」

ほむら「ふっ…」プクスリ


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:27:04.67 ID:J9vCBdEwO

‐‐‐さやか家

さやか「ただいまーっと。…誰もいないのか。今日体育あったしシャワー浴びよー」

‐‐‐

杏子「おい…家の中入っちまったぞ」

ほむら「大丈夫よ」

カチャカチャ

ほむら「ほら、早く入るのよ」

杏子「ピッキングか…救えねぇな」

ほむら「心配しないで、自覚はあるわ」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:33:30.98 ID:J9vCBdEwO

杏子(ここか…。おっ、ストリップktkr)

さやか「よっと」ヌギヌギ


杏子(今だ!止めろ!)

ピキーン

ほむら「…何故今なの?まだ脱いでいる途中じゃない」

杏子「だからいいんだよ。ほら、スカートが半脱ぎ。上をたくしあげていて脇も見える…、最高のポーズだろ」

ほむら「これがまどかなら確かに萌えるわ」

杏子「さやかをそんな目で見るナぁ!」


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:35:02.63 ID:b1FhPXas0

杏子がスペシャリストすぎる・・・


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:38:34.31 ID:J9vCBdEwO

杏子「じゃあこれで…」

ほむら「ティッシュ?」

杏子「これでさやかの身体を拭いた後、圧縮すれば汗のみをきれいに搾取できるだろ」

ほむら「もはや人間の技じゃないわ」

杏子「魔法少女なんだからいいだろ。よし、じゃあどこから拭いてあげようか…さやかぁ」

ほむら「脇、脇にしなさい」

杏子「なんだよ、脇フェチか?」

ほむら「いや、適当に言っただけで特に意味はないけど」

杏子「なんだそりゃ」


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:42:36.33 ID:J9vCBdEwO

さやか「……」

杏子「さやかの脇…き、きれいだな。あっ、もちろん全部きれいなんだけどな!?」

ほむら「誰に対して言っているの」

杏子「じゃあ…」

スッ

杏子「ふぁ…」

ほむら「どうしたの」

杏子「いや、ティッシュ越しにさやかの身体を触ってると思うとな…」

ほむら「そのうち直に触る気なんでしょ?今のうちに練習気分で慣れておきなさい」

杏子「な、なるほど」


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:45:05.09 ID:J9vCBdEwO

杏子「はぁ…はぁ…」

ほむら「よし、次は反対の脇ね」

杏子「いや、まだやる事がある」

ほむら「?」

杏子「ん…」ぺろ

ほむら「!」

杏子「もう完全に汗を拭き終えたかの確認をしただけだろ。…舌で」

ほむら「ならよし」


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:46:52.22 ID:UWYtpi/I0

ならよしwwww


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:48:51.42 ID:J9vCBdEwO

杏子「おいひい…」ペロペロ フキフキ

ほむら「案外器用ね」

杏子「米粒に゙米゙って書ける程度にはな」

ほむら「それがすごいかどうかはいまいち伝わってこないわ」

杏子「次は…胸、胸だな。首から胸にかけて」

ほむら「ふぁ…飽きてきたわ」


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 00:53:38.00 ID:J9vCBdEwO

杏子「まずは首を丹念に拭いて…と」

ほむら「ねぇ、暇よ。ちょっとそこで爆発してみて」

杏子「はぁ?ここで爆発したらさやかが巻き込まれちゃうだろ!」

ほむら「そっちなの?爆発出来るの?」

杏子「暇だって言うならちょっと実況でもしてみてくれないか」

ほむら「なんで」

杏子「あたしも真剣にさやかの身体に溺れたいんだ」

ほむら「溺死って一番苦しいらしいわ」

杏子「微妙に噛み合ってないな」


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:00:21.58 ID:J9vCBdEwO

ほむら「今佐倉杏子ことあんこが美樹さやかの身体を変態くさく拭いていまーす」

ほむら「おっと、あんこの手が胸の谷間にさしかかったー」

ほむら「あんこ選手、胸をわざとらしく揺らしながら拭いていますー。皮肉ですね。はい皮肉はいりましたー」

ほむら「あ、今度は下乳だ。下乳を揺らしたぞー。まどかの下乳ならしゃぶりたいわ」

ほむら「はい舐めまわしはいりましたー。首筋から胸(乳首付近は含まず)に舌を這わせたー」


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:07:52.58 ID:J9vCBdEwO

ほむら「あ、舐めるのに満足したようで……あぁっ、今頬っぺたも舐めました。ルール違反でーす」

ほむら「誰かイエローカード持ってきてー!」

ほむら「お、次は太もものようです。太ももの間に手を入れています」

ほむら「おっとおっと、脚が思ったより開いていなくて手が挟まれてるとおっしゃっていまーす」

ほむら「今の心境は?…はい、死んでもいいだそうです」

ほむら「あれ、舐めようとしても顔が入らない?仕方ないから前を舐めようとしているそうでーす」

ほむら「ピッピー。完全なるレッドカードです。試合しゅーりょー」


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:09:58.09 ID:J9vCBdEwO

杏子「……」ツヤツヤ

ほむら「……」

杏子「とりあえずお前にはもう実況を頼まない。なんだよあの棒読み」ツヤツヤ

ほむら「説教の前にそのツヤツヤを治して。どれだけ堪能したの」


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:13:05.49 ID:XxocVPJA0

あんこはもうだめだ


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:15:13.59 ID:J9vCBdEwO

ほむら「いいからそろそろ出るわよ」

杏子「わかったよ…じゃあなさやか」

パタパタ

ほむら「家から出たから時間停止を解除するわ」

杏子「わくわく…」

パキーン

さやか「…!?んひゃ、ふあ…うぁあんっ!」ビクビクビクンッ


杏子「……」ツヤツヤ

ほむら「輝かないで。そしてにやつかないで」


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:21:26.49 ID:J9vCBdEwO

杏子「今日は本当にありがとうな…」

ほむら「構わないわ」

杏子「いい仲間を持ててあたし幸せだよ」

ほむら「えぇ…」

杏子「今度はお前のほうにも手伝ってやるよ」

ほむら「それには及ばな…いえ、是非頼むわ」

杏子「あたしは帰ってさっそくジャムとお茶漬けを作るよ」

ほむら「私はまどかにしばらく添い寝してから帰るから」

杏子「じゃあな」

ほむら「ええ」


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:23:21.06 ID:J9vCBdEwO
‐‐‐

さやか「はぁ…」

まどか「おはよっ、さやかちゃん」

さやか「あ…おはようまどか」

まどか「どうしたの、なんだか疲れた顔してるよ…?」

さやか「あぁ…ちょっとね、あはは…」


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:29:28.77 ID:J9vCBdEwO

杏子「おい、さやかぁ!」

さやか「ん?…なんだあんたか…。今日は何の用なの?」

杏子「実は昨日、あたしはあり得ないくらいおいしいお茶漬けを食べたんだ」

さやか「…?ふーん」

まどか(お茶漬け…お茶漬けには鮭だよね)

杏子「だから今日、あたしの家に来いよな!絶対だからな!じゃあっ!」

さやか「あ、ちょっと!……゙だから゙と繋がってないんだけど」

まどか「あ、もしかしたらそのおいしいお茶漬けを食べさせてくれるのかもよ?」

さやか「そうかな…まあいいや、仕方ないし放課後に寄ろうっと」



おしまい


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:36:08.89 ID:p+t+uehy0

さやかは自分の体液食わされるはめになったのか…


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:37:30.89 ID:J9vCBdEwO

>>264
逆かもしれないしそうじゃないかもしれない



267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/16(水) 01:38:42.26 ID:p+t+uehy0

>>266
杏子茶漬けか




魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木 碧,斎藤千和,新房昭之

アニプレックス 2011-04-27
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ ラバーストラップコレクション Vol.1 BOX魔法少女まどか☆マギカ ラバーストラップコレクション Vol.1 BOX


empty 2011-07-21
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/04/04 16:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(3)
>>7でリアルにお茶漬吹っ飛ばした
[ 2011/04/14 02:05 ] [ 編集 ]
※1
どんな茶漬けを食っていたのか教えろください
[ 2012/01/09 08:20 ] [ 編集 ]
スレタイに一目惚れしてしまったでござる
[ 2012/08/08 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ