素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

杏子「お、女の子とキスするってどどどんな感じなんだろうな?」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 09:55:18.50 ID:HT9f8kn30

杏子「昨日も一昨日も暖かかったのはいーんだが、夜になるとどーも冷え込むな-」
杏子「昼間のうちにスーパーのからもらってくるべきだったな」ガブッ
杏子「りんごじゃ腹は満たせても、寒さをしのげるわけじゃねーしほんと困ったぜ」
杏子「いっそのこと毛布でも盗んでくるか」ウーン

杏子「でも……そんなんじゃダメだ。さやかに会わせる顔が無くなっちまう」

杏子「公園で段ボールでも探してくるか」


【公園】

杏子「んー。いいサイズの段ボールものがみつからねーな」
杏子「自治体の清掃強化が入ったって話だが、こりゃ本格的にきてるな」

「だ……だよ。上條くんっ……んなところで」
「いいじゃないか。こんな時間にどーせだれも……」
「バイオニストの指テクッ…うぅんっあっ」

杏子「なんかうめき声が聞こえたか? 
    魔力は感じねーし魔女じゃないだろうけど……一応行ってみるか」




 


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:05:18.00 ID:HT9f8kn30

杏子「おいおいあいつってたしかさやかが惚れてた男じゃねーかよ。緑の女といちゃつきやがって」
杏子「どーすっか。へんなもん見ちまったな。さやかに報告か」
杏子「いや。教えても悲しむだけだ。緑を殺すか? あたしなら男に気づかれずに5秒でやれる」

ソウルジェムが光る

杏子「もしも神様がいるってんなら天罰だろうが何だって受けてやる。
    ひとりぼっちはさびしいもんな」ガサッ

「んっ あっ」クチャクチャ
「感じてくれてるかい?
 さやかとはキスもしないで終わったけれど、もしかして僕はキスの才能もあるのかな?」
「うっ。うんっ。頭がとろけそう。でも、このキス……すごくおいしいのっ」

杏子「」ビクッ

死角に潜り込み、斬りかかる寸前。

槍を止める

杏子(キスって……おいしいのか?)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:12:59.70 ID:HT9f8kn30

【教会】

杏子「あいつらあんなに楽しそうにキスしてやがった……」ドキドキ
杏子「見てるだけだってのに、一体どうしてこんなに胸が苦しいんだ。バクバクいってるぜ」ガブッ
杏子「このりんごと、キス。どっちがうまいんだろうか」ウーム

・・・・・・

杏子「うーん。あいつらだってりんごくらい食ったことあるはずだよな。
    育ちもあたしなんかよりずっといいはずだ」
杏子「良い食材の味を知ってるやつらが言うくらいだ……絶対キスの方がうまいにちげーねー」

杏子「おい神様!」

「」

杏子「いつもそーだ。願ったって祈ったって肝心な時に助けてくれねー」
杏子「まだQBの方が役に立つぜ」
杏子「これ以上考えたってしょーがねーよな。明日にでも誰かに聞いてみるか」

杏子(なんなんだよ。体が熱くて眠れねー……)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:22:10.82 ID:HT9f8kn30

杏子(あいつは魔法少女じゃねーから念話が通じないだろうな、一応ベルを鳴らしてみるか)

ピンポーン。ピンポーン。

杏子(こういうのって何回鳴らせばいいんだ? 念のためもう少し押しとくか……)

ピンポーン。ピンポピンポピンピンピピピピp

「ウルセー!ウチはセールスお断りなんだよ!」
「待ってママ! 杏子ちゃん……だよね? 今、開けるから手を離してぇっ」

ガチャッ

まどか「どうしたの?」
杏子「突然邪魔してわりーな。ちょっと聞きたい事があってさ」

まどか「杏子ちゃん……」
(どうして連打してたのか聞きたいのはこっちなのに)

まどか「とりあえずあがって! 今日はパパが焼いてくれたケーキがあるんだ~」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:38:21.47 ID:HT9f8kn30

まどママ「なんだまどかの友達だったのか。さっきは怒鳴っちまって悪かったな」

杏子「い、いや。気にしないでくりぇ」
(おいおい。ママってのはどこもみんな美人なのか? 緊張しちまうじゃねーか)

まどママ「まぁ元気があるってのは良いことだがピンポンは押しすぎるなよ?」

まどか「ママ危なかったんだよ。私が止めなかったら……」

まどママ「ははっ。大げさだなぁまどかは。インターホンからピリッと電気が流れるだけだ、死にやしねーよ」


杏子(おいおい……下手うってたらあたしはどーなってたんだよ。まぁこんな体じゃ考える必要もないか)

まどママ「おっともうこんな時間か、休日出勤はキライじゃねーが家の仕事もやらねーとな」

まどパパ「家の掃除はまかせてよ。いってらっしゃい」

まどママ「おう。杏子ちゃんだったっけか、ゆっくりしていってくれな」ニコッ ガシガシ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:47:02.42 ID:HT9f8kn30

【まどかの部屋】

杏子(外とは違ってこの家はあたたかいな……
    親フラさえ無ければ教会の秘密も守れてあたしのうちも今頃は……)

まどか「杏子ちゃん……?」

杏子「おっとすまねー このアールグレイ、中々いけてるな」

まどか「この紅茶。マミさんって人がくれた茶葉なんだよっ。ケーキも食べてみてっ」エヘヘ

杏子「おう。いただくぜ」パクッ……パクパクッ

まどか「えっ!?」

杏子「あ、わりーわりー一口食べてあまりにおいしかったもんだから、一気にたべちったよ」

まどか「杏子ちゃん……(フォークを使わないで素手で……)」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:53:11.93 ID:HT9f8kn30

まどか「そういえば。杏子ちゃん」

杏子「ん?」

まどか「話って……なにかなって」

杏子「ああ、そのためにまどかの家に来たんだったな。キスって、おいしいのか?」

まどか「えっ?」

杏子「あたしの中じゃりんごが一番美味しかったんだよ。でもこのケーキは更にうまい」
杏子「つまりよお、自分の知ってるおいしさってのはあんがい狭い範囲の中にしかなくて」

まどか「杏子ちゃん……?」

杏子「その……育ちのいい奴らがキスがおいしいって言ってたから、どんな味なのか聞きたかったんだよ」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 10:59:25.19 ID:HT9f8kn30

まどか「」(///)

杏子「黙っちまってどーちまったんだよ。おい顔が赤いぞ? 熱でもあんじゃねーのか?」

まどか「杏子ちゃん……」 (///
まどか「ごめんね」

杏子「何がごめんなんだよ」

まどか「その…おうちに来てくれたのはとってもうれしいなって」
まどか「でも、私キスした事ないから……」

杏子「あ……」
(何やってんだよあたしは。まどかはさやかの友達だぞ。困らせてどーすんだよ)
(つーかよう…これは聞く相手を間違えたってレベルじゃねーぞ)

まどか「で、でもっ。ママなら知ってるかも……」(///)

杏子「パパが居るじゃねーか」

まどか「その……パパには聞きにくいなって。そうだ! ママにメールしてみるね」スースーポンポン


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:05:37.67 ID:HT9f8kn30

まどか「うーん。いつもならすぐ返ってくるんだけど」

杏子「仕事してるなら、忙しいんじゃねーのか?」

まどか「なのかなぁ」ピロリッ リロリッ リロッリッロ
まどか「あっ、ママからメールっ」

「ちっと今は手があかねーから、帰ったら話す。
  少し遅くなりそうだから、起きてられなかったら寝ててくれ」

まどか「ごめんね杏子ちゃん。明日にならママから話し聞けそうだから、それでもいいかなぁ?」

杏子「おう、全くかまわねー。
    というかなんか手間かけさせちゃったみたいで悪いな…お礼に返せるものもねーし」

まどか「うぅん。心配してくれるだけでとっても幸せだよっ」ニコニコ

杏子「長居するのもあれだ。めどもついて満足したしあたしは帰るぜ」
杏子「もし分かったらうちの教会に来てくれ。さやかが場所知ってるからよ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:09:14.44 ID:HT9f8kn30

【その日の夜】

杏子「あー。やっぱ気になるな」
杏子「問い詰めてでもまどかのパパにアタックすべきだったか」

・・・・・・

杏子「あーっもう。待ってるっつーのは症にあわねー。
    自分の足でどーにかできる事はどーにかしねーとな」

杏子「ちょっくら行ってくるぜ」

送り出す人も、迎え入れる人も居ない教会に杏子の声だけがこだました。


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:20:32.51 ID:HT9f8kn30

杏子「おっ。今日もいるじゃねーか」
杏子(ベンチの裏の茂みならもっと会話も聞き取れるな)

「えっ。上條くん、さやかちゃんとキスしてないの?」
「うん。さやかは純情だったからね、病室で一緒に音楽を聴いてるだけで赤くなってたよ。
 あのイヤホンはその日のうちに捨てたけどね」
「何ですの? それでは私が純情ではないみたいな言い方ではないですの」
「ははっ。でもこっちはじゅんじゅんエッチな汁が溢れてるんだよ」
「んぁっ。だめっ、下には手を入れないでっ」
「僕のビブラートはまだまだ本気を出していないよ」
「まっ。まだ早くなるの!?」
「ビブラートってのは早さじゃないんだよ。テンポのコントロールとその深さのゆるやかさにあるんだ
 まぁパンピーにはわからないよね。いいよ、君には体にこの音を刻みこむから」
「これ以上は……こ、こわこわっっこおここ こわれちゃうううぅ」

杏子(今日はキス……しないのか。音楽の話はよくわからないし帰るかな)


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:23:16.33 ID:r/+jIQxhP

黒恭介め!


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:28:23.66 ID:E1x83UqoO

この恭介には俺の怒りがマッハ


37 :もみじ ◆cVe1fzJZWo :2011/05/10(火) 11:35:44.70 ID:HT9f8kn30

杏子「案外、自分一人でできる事ってのは限られてるんだな……」
杏子「キス……。これだって相手が居ないと成り立たない」
杏子「マネキンでも味するのかな……? ちょっと探してくるか」

「その必要は無いわ」

杏子「」!?
杏子「誰だ? てめーはどこに居るんだ?!」

「私は冷静な人の味方で無駄な争いをする馬鹿の敵」
「でも1つだけ教えてあげる」

杏子「姿も見せねぇくせに、ずいぶんとえらそーじゃねーぁ」

「キタエリがCDデビューするらしいわよ」

杏子「は?」

「美樹さやかの……あなたには関係の無い話だったわね、相手が居ないと言っていたわね」

杏子「どこから聞いてたんだ!?」

「あなたがまどかの部屋で、パンツ棚に顔をうずくめてた時からよ」

杏子「そんな事してねーよ」
(どこに居るか気配が無いだけじゃなく、何言ってるなんだよこいつ……)
(うっすらと魔力だけは感じる。
 でもこれはいじわるな感じ。わざとか? くそっ相当な使い手じゃねーかよ)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:43:41.75 ID:HT9f8kn30

【まどかの家:夜】

まどママ「ただいまー。ってみんな寝てるよな」ポチッ キュッキュ ジャバジャバ
まどママ「仕事あがりのシャワーはたまらねーなあ。
      気温も上がってきたしアスパラ肉巻きにビールで一杯やりたいねぇ」ジャバジャバ
まどママ「まどかが妙な事をメールしてきたな。
      なんて答えるかなぁ。馬鹿正直に味なんかしないなんて言えないし……」

「ママ?」

まどママ「おーまどかまだ起きてたのか」

まどか「あたしも入って良い?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 11:50:16.57 ID:HT9f8kn30

まどママ「おーいいぜ、血が出るまで背中流してやるよ」

まどか「ママっ……」

まどママ「で、今日あんな事聞いてきて一体どうしたんだ? 恋に恋しちゃったのか?」

まどか「そんなんじゃないよ-。 友達がさ、キスの味を知りたがってて」

まどママ「友達って、今日来てた赤いピンポンの子か?」

まどか「うん」

まどママ「あの子は将来化けるよ。1秒間に12連打ってとこか、
      もうちょい鍛えれば名人越えだって不可能じゃないね」

まどか「名人?」

まどママ「あーまどかはそんな世代じゃなかったな。昔の話さ。キスねぇ。うーん困っちゃうなぁ」

まどか「ママでも上手く言えない事ってあるんだね」

まどママ「そりゃーあるさー。完璧な人間なんてそう居るもんじゃない。
      完璧に見えても実は見えない穴だってあるもんなんだぜ」

まどか「本当ー?」

まどママ「まどかだって、こっちの穴は使ってないだろっ!」エイッ


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 12:02:01.04 ID:HT9f8kn30

まどか「もーママったらやめてよー」(///)
まどか「話の続き、聞きたいなっ」

まどママ「そうだな、キスってのはな焦ってするもんじゃねーんだよ」

まどか「うん」

まどママ「いつかまどかだって、その子だってその時が来れば自然とわかるもんさ」
まどママ「でもそれを聞きに来たって事はよっぽど知りたいんだろ?」

まどか「たぶん。そうだと思うんだ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 12:15:39.84 ID:HT9f8kn30

【教会】

「こ、こんにちわぁ~」

杏子「おーまどか、よく来たな。てきとーなとこに座ってくれよ」

まどか「杏子ちゃん……」
(この教会イスが無いよ……)

杏子「あー、とこっていうのは床(とこ)の事な。
    まどかの家みてーにきれいなとこじゃねーが、誰も来ないし悪くないんだぜ?」

まどか「誰も来ない?」

杏子「な、なんでもねーよ。で、例の件どうだったんだ? 早く聞かせてくれよ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 12:29:42.72 ID:HT9f8kn30

まどか「そ、その……キ、キスの味っていうのは……」(///)

杏子「うん」

まどか「あのね」

杏子「うんうん」

まどか「なんていうのかな。言葉には出来ないんだって」(///)

杏子「は? じゃあどーすればいいんだ?」

まどか「だから……その。できたら私は杏子ちゃんに協力してあげたいんだけど……」

杏子「あーもううざってーな」

杏子&まどか「キスしませんか?」
杏子&まどか「キスしてくれ!」

杏子「えっ?」
まどか「えっ?」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 12:32:10.17 ID:L6T/fqwsO

ふひ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 12:43:10.60 ID:HT9f8kn30

杏子(おいおいどーなってんだよ……)

まどか(こんなの絶対おかしいよ……)

杏子(スキとか…そういうんじゃないよな)

まどか(ママの言ってた通りに…してみよう!)

杏子(こーなったら、もう後に引けねぇ。あいつの言うとおり従ってみるか)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 12:54:57.71 ID:HT9f8kn30

「ガリッ」

杏子「い、痛ぇ」

まどか「杏子ちゃん……」

杏子「おい! お前口から血が出てるぞ」

まどか「杏子ちゃんも……」

杏子「鉄の味か……」

まどか「う、うん……」
まどか「血……でちゃったね。ごめんね」

杏子「い、いやこっちこそ……いきなりしちゃって歯がぶつかったんだな」

まどか「き、杏子ちゃん。あのさ。もう一回しよ!」

杏子「えっ?!」

まどか「い、嫌だったかな?」

杏子「そんなんじゃねーよ。まどかには色々世話になったし恩も感じてる」
杏子「それに、恩返しじゃなくても……その、なんつーかなー……」
杏子「唾液には治癒作用があんだよ! だからそれを混ぜればもっと早く治るんだよ!」(///)

まどか「杏子ちゃん。そんなの絶対おかしいよ……でも、しよっ!」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 13:09:39.51 ID:HT9f8kn30

ほむら「佐倉杏子……まさかここまでの逸材だったとはね」
ほむら「寝取られ属性ってやつなのかしら」
ほむら「やはり盗撮はポラロイドカメラに限るわね」プルプルプル

ほむら「必要以上のコンタクトは油断を生むわ。もう電話してこないでと言ったじゃない」

上條「暁美さん、これでよかったんですか?」

ほむら「」

上条「全く、暁美さんの変態っぷりには毎度舌を巻かれますよ」

ほむら「あなたには言われたくないわ。
     上条恭介。それに志筑仁美。あなたも隣で聞いてるんでしょ?」

志筑「なぁんだ。バレちゃったのね」

ほむら「公園の件に関しては取引終了よ。良い仕事っぷりだったわ、一体何がお望みかしら」

上条「いいんですよ、そのままで居て頂ければ」クスクス
志筑「時間を操れるのはあなただけでは無いのですけどね」

ほむら「?」ハッ
ほむら(い、いつの間に1時間も……)

まどか「ほむらちゃん? こんな所で何してるの? あれ、なんか写真落ちてるよっ」


終わり


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 13:19:25.13 ID:Xhc6j5J/P


ほむほむあらゆる属性搭載しすぎだろ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/10(火) 13:07:23.35 ID:Xhc6j5J/P

あんまどは到達点
性格が正反対だけど純粋さが一緒というところがたまらない




魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木 碧,斎藤千和,新房昭之

アニプレックス 2011-06-22
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る

魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 鹿目まどか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 鹿目まどか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


グッドスマイルカンパニー
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
関連記事
[ 2011/05/11 00:00 ] まどか☆マギカSS | TB(0) | CM(1)
取り敢えず、上條とわかめにスタプラでオラオラしてくるw
[ 2011/05/11 05:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ