素敵すぎるTOP絵をなななんとまたまたいただきました!2枚をランダム表示です!かわ唯!セシリアまどメガほむやすニャ!あっかりーん

リアラ「カイルに処女をあげてもいいのかなぁ……」

※閲覧注意

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:31:39.25 ID:Pc7mRNh70

リアラ「どう思う?」

ジューダス「知らん」

リアラ「え。ジューダスって童貞?」

ジューダス「どういう論理の飛躍だ」

リアラ「でも、童貞臭がするけど?」

ジューダス「バカな!?」

リアラ「引っ掛かった!」

ジューダス「……」




 
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:35:41.76 ID:kw/RAKHL0

聖女じゃなくなっちゃう


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:34:20.07 ID:Pc7mRNh70

リアラ「ねえ、私、真剣なの!」

ジューダス「ロニにでも訊けばいいだろう」

リアラ「えー」

ジューダス「なんだ、ロニじゃ不満なのか?」

リアラ「だって、あの人、童貞だし……」

ジューダス「お前は童貞の意見を聞かないのか」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:35:45.64 ID:8MMqMMtv0

マリアンって技名は正直イケメンでもキモいとおもうの


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:36:35.89 ID:iHi3D0xu0

リオンさん童貞のまま死んじゃったのか


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:36:54.09 ID:Pc7mRNh70

リアラ「だって、だって、説得力に欠けるんだもん」

ジューダス「ナナリーやハロルドに訊いた方がいいだろう。同じ女性なんだし」

リアラ「うーん。そうかなあ?でも、ナナリーも処女だよ?参考になるかは微妙なんだよねー」

カイル「リアラー!リアラー!」

リアラ「なぁに、カイルー♪」

カイル「向こうででかい蛙がいるんだ!見に行こう!!」

リアラ「うん♪いくー♪」

ジューダス「あの変貌ぶり、神の力か……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:41:10.41 ID:Pc7mRNh70

カイル「すごかったね、リアラ!」

リアラ「うん♪すごく大きかったね♪」

ナナリー「おーい、二人ともご飯の時間だよ」

カイル「やったー!御飯だー!」

ダダダダダ……

リアラ「はぁ……疲れたぁ……」

ナナリー「リアラも大変だね。カイルはまだまだ子供っぽいからねぇ」

リアラ「ねえ、ナナリー。カイルに処女をあげてもいいと思う?」

ナナリー「どうしたんだい、急に?」

リアラ「マリッジブルーって奴かも」

ナナリー「もう結婚した気でいるのかい。心底、愛し合ってるんだね……」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:42:26.92 ID:RpcO+3qK0

カイル「うわ~!!リアラのココ、スパイラルケイブみたいだよ!!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:23:26.36 ID:ZM/yF7kG0

カイルのアナル処女は銀髪のいい男が奪ってましたよ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:44:53.29 ID:Pc7mRNh70

リアラ「はあ……」

ナナリー「処女をあげるかあげないかでそんなに悩む?」

リアラ「だって、もし処女をあげてさ、カイルが勘違いしちゃったら嫌だし」

ナナリー「勘違い?」

リアラ「一人前の男だぁ!的な」

ナナリー「あーあー」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:47:45.47 ID:Pc7mRNh70

リアラ「それにカイル、まだ包茎だし、恥垢溜まってるし」

ナナリー(なんで知ってんだろう……)

リアラ「口に咥えた瞬間、吐きそうになって……」

ナナリー「ちょっとまちな!」

リアラ「何?」

ナナリー「リアラ、カイルにどこまでしたの?」

リアラ「え?フェラチオでしょ、イマラチオでしょ、手コキ、足コキ、シックスナイン……」

ナナリー「oh……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:49:40.25 ID:+338pE4vO

oh・・・じゃねえよwww


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:50:40.30 ID:/+IXJ/nF0

そこまでするのにまだ処女なのかよ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:50:50.96 ID:Pc7mRNh70

リアラ「……あとはアナルセックス。それぐらいかな」

ナナリー「あんた達、普通のセックスしてないの?!!!」

リアラ「だーかーらー、処女をあげるかで迷っているんだってば」

ナナリー「リアラ、あんた処女以上のものを失っているよ」

リアラ「え、処女以上に大切なものってあるの?アナルバージンじゃないよね……」

ナナリー「リアラの思考がよくわかんないよ。ハロルドに似てきたんじゃない?」

リアラ「え?そうなの?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:54:47.65 ID:Pc7mRNh70

リアラ「ハロルド」

ハロルド「どうしたの?」

リアラ「ハロルドは非処女?」

ハロルド「セックスの有無を聞いてるわけ?」

リアラ「そう」

ハロルド「兄貴と二回したけど?」

リアラ「へえ」

リアラ「………」

ハロルド「………」

リアラ「……えぇー……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 12:58:33.58 ID:Pc7mRNh70

リアラ「ハロルドってそういう背徳的なものに興奮する性癖なの?」

ハロルド「んや。近くの男がたまたま兄貴だっただけ」

リアラ「すごいねー」

ハロルド「欲情するのは人間である以上しかたないとして、
      それを手っ取り早く消化できるかどうかってことでしょ」

リアラ「な、なるほどー」

ハロルド「で、なんでそんなことを聞いたの?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:00:17.81 ID:OpcXsBHB0

あああ、なんか方向が明後日どころか10年先の方向に……


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:03:49.38 ID:Pc7mRNh70

ハロルド「なるへそね。あのカイルに処女をあげるのが惜しくなったから、経験者の意見をね」

リアラ「違う!処女をあげたことでカイルが変わってしまうんじゃないかって、怖くて」

ハロルド「じゃあ、中古になっちゃえばいいじゃん?」

リアラ「ちゅう、こ?」

ハロルド「ちょうどいいのがあるのよねー」

リアラ「……」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:08:59.64 ID:Pc7mRNh70

ハロルド「じゃじゃーん!!!その名も『チツヤブリーFG型』よ!」

リアラ「ただのバイブじゃない!?」

ハロルド「ふっふっふ……これは生体金属で作られているバイブで、一度膣内に入ると……」

リアラ「入ると……?」

ハロルド「隙あり!!!」

リアラ「きゃああ!!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:13:54.19 ID:Pc7mRNh70

リアラ「服を返してよー、ハロルド!」

ハロルド「まあまあ。リアラ、とりあえず、このチツヤブリーを試してみてよ……」

リアラ「ひいぃぃぃ!」

ハロルド「痛いのは初めだけ。あとは段々気持ち良くなるからー」

リアラ「やめてー!!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:17:58.37 ID:Pc7mRNh70

リアラ「あああぁああぁあががあっがががおおほおぉぉほぉぉ!!!!!」

ハロルド「ありゃ、出力間違えたかな?」

リアラ「あがぁぁがぁあがあらあやああじゃあああああああ!!!」

ハロルド「でも、ふふ、どうなるか楽しみねー、人格崩壊ぐらいじゃすまなそうだわ」

リアラ「ぎゃらかかあかあぁぁあああおおここぉぉぉぉおあ!!!!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:21:10.22 ID:WZW95w+VO

これは……


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:21:39.70 ID:/2B0J0C40

神降ろしですね


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:22:21.49 ID:Pc7mRNh70

数時間後

カイル「リアラー、どこー!!」

ロニ「どこに行ったんだ?」

ジューダス「……」

ナナリー「リアラー、出ておいでー!」

カイル「もしかして、リアラ、俺のこと嫌いになったんじゃあ……!」

ロニ「そんなわけあるかよ。ほら、探せ」

カイル「う、うん」

ジューダス「おい。ハロルドはどうした?」

ナナリー「ハロルドならずっと研究室に籠ってるよ。なにしてんだろうね」

ジューダス「そこしかないだろ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:25:14.32 ID:Pc7mRNh70

カイル「ハロルド!!リアラはここにいる?!」

ハロルド「いるよー」

ロニ「なんだ、近くにいたのか」

ナナリー「心配して損した」

ジューダス「まて。その心配はまだ捨てるな」

ナナリー「え?」

ジューダス「ハロルド、リアラはどこだ?」

ハロルド「だから、ここにいるって……」

カイル「え?」

???「ガィルゥゥゥゥ!!!!!」

ナナリー「?!!??」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:29:18.13 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「なんだ、そのリアラっぽい何かは!?」

ロニ「裸?」

カイル「リアラ?リアラなの?!」

リアラ「ガィィルォォォォ!!!!」

ナナリー「なんだい、これ!」

ジューダス「ハロルド、リアラになにをした!」

ハロルド「なにってちょっと電気を加えたら人格が崩壊しちゃっただけよ」

ナナリー「ちょっとって、これじゃあただの女の子の形をした獣じゃないか!!」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:32:19.76 ID:Pc7mRNh70

リアラ「ギャイルゥゥゥゥゥ!!!」

カイル「リアラー!リアラー!!もうお尻の穴で気持ち良くさせてくれないの!!?」

ジューダス「なにが原因なんだ」

ハロルド「まあちょっとした電気ショックで遺伝子結合が崩れちゃったんだろうけど」

ロニ「これ、元に戻るんだろうな!」

ハロルド「もう一度電気ショックを与えて、
      リアラの遺伝子が元に戻る確率は10の300乗分の1ってとこかしらね」

ジューダス「つまり、不可能ということか……」

カイル「リアラー!!リアラのために恥垢いっぱい溜めたのにー!!リアラー!!」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:33:17.50 ID:9CxMsCjpO

着地点が見えない


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:37:27.59 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「ハロルド。今まで貴様のマッドサイエントには目を瞑ってきたが、
       こればかりは看過できないぞ!」

ナナリー「早く元に戻して!!」

カイル「リアラー!!リアラの足が一番興奮するって最近、気がついたんだよ!リアラー!」

リアラ「ガイルー♪」

ロニ「ハロルド!」

ハロルド「分かってるって、ちゃんと治す方法は考えてあるから」

ナナリー「本当なの?」

カイル「リアラー!!またリアラのウンチ食べたいよー!リアラー!」

リアラ「わだしもたべざぜたいなー♪」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:39:09.00 ID:/2B0J0C40

半分しかまともなのいないwww


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:42:36.05 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「治す方法があるならさっさとしろ」

ハロルド「はいはい。でもそれには少し特殊な薬草がいるのよねー」

ロニ「なんだ、早くいえ!」

ハロルド「それはね……」

カイル「リアラー!!リアラのフェラチオはいつも気持ちいいねー!リアラー!!」

リアラ「ジュッポジュポジュポ……!」

ハロルド「……が必要なの」

ナナリー「それさえあればいいんだね?」

ハロルド「そう」

ジューダス「よし。探しにいくぞ」

ロニ「おい、カイル……は、戦えそうにないな、置いていこう」

ナナリー「そうだね」

カイル「リアラー!リアラー!!」

リアラ「がいるーがいるー♪」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:47:00.20 ID:Pc7mRNh70

数日後

ジューダス「よし、全て揃ったぞ」

ロニ「ああ。これでリアラを元に戻せるな」

ナナリー「カイル、もう大丈夫だよ」

カイル「ねえリアラ、次は浣腸してみてもいい?」

リアラ「いだぐしないでね♪」

カイル「大丈夫だよ、リアラは心配性だな」

ジューダス「早く始めろ、ハロルド!」

ハロルド「はいはい。わかってるちゅーの」

カイル「入れるよーリアラー!」

リアラ「ガァァァ、おながにひぶぐぅぅぅぅ!!!」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:52:22.00 ID:Pc7mRNh70

ハロルド「この液体をリアラの体内に流し込めば、理論上は元に戻るはずよ」

ジューダス「なんだ。その不吉な言葉は」

ロニ「絶対じゃねーのか?」

ハロルド「アンタアホね。新薬っていうのは臨床実験をして初めて効果が分かるのよ」

ナナリー「つまり、どんな副作用があるか分からないってこと?」

ハロルド「そういうことになるわ」

カイル「リアラ。そろそろ、その、処女を貰ってもいい?」

リアラ「……どうじよっかがなー♪」

カイル「リアラー!!意地悪しないでよー!!」

リアラ「ぐふふふふ……」

カイル「あはははは……」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:58:14.84 ID:Pc7mRNh70

ロニ「でも、今はもうこれしか手段がないんだろ!?」

ジューダス「そうだな。悩んでもリアラは取り戻せない」

ナナリー「うん」

ハロルド「折角いい研究対象が生まれたと思ったのに」

カイル「リアラー!リアラー!」

リアラ「ガイルー♪」

ロニ「カイル!」

カイル「?!!」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:02:53.36 ID:Pc7mRNh70

カイル「ロニ……」

ロニ「カイル、そこをどけ」

カイル「や、やめてよ、ロニ。リアラをどうする気なんだよ!」

ジューダス「カイル、今から治療をするんだ。邪魔はするな」

カイル「い、いやだ!リアラを傷つけさせるものか!!」

ナナリー「カイル!眼をさましな!そこにいるのは、リアラじゃない!」

カイル「リアラだよ!!リアラなんだ!ナナリー、目が悪くなったんじゃない?!」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:05:44.28 ID:Pc7mRNh70

ナナリー「カイル……」

リアラ「ガイル……」

ハロルド「どうやら現実逃避してしまったようね。
      一種の催眠状態だし、殴って目を覚まさせるしかないか」

ロニ「そういうことなら、話ははええ!いくぞ!カイル!!」

カイル「っく!例えみんなが相手でも、リアラは守る!!」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:09:07.01 ID:Pc7mRNh70

ガキィィィン

カイル「ぐあぁ!!」

ジューダス「スタンの息子とはいえ、この人数ではな」

ロニ「さあ、リアラ……」

リアラ「……ぃじめだな……!」

ナナリー「な、なに?」

リアラ「ガイル、いじめだ……!!」

ハロルド「何これ!?魔力の渦??」

ジューダス「神の眼以上の力か!?」

リアラ「ゆるざない……がいる、いじめだ……ゆるざない……!」

ナナリー「リ、アラ……」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:11:57.78 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「リアラは元々神の化身だ。
       それがこんな狂獣化すれば、レンズの力が暴走するのも当たり前か!!」

ロニ「なんだよこりゃあ!!エルレインの比じゃねえぞ!!」

ナナリー「きゃああああ!!」

ハロルド「すごい!すごいわ!!!こんなエネルギーを生み出せるなんて!!!!
      ダイクフロトも可愛く見えるわー!」

カイル「リ、リア、ラ……フェラチオ、上手だね……!」

リアラ「ガァァァァァァイィィィィィィルゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!」

ハロルド「そうか。これが神の力……!!」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:14:15.92 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「ロニ!とにかくその液体をリアラに打ち込め!」

ナナリー「アイテム係の本領発揮だね!!」

ロニ「黙ってろ!!」

ロニ「くそ、だが正直この魔力の奔流には逆らえないぞ……」

ハロルド「待ちなさい!」

ロニ「なに!?」

ジューダス「ハロルド!?なんのつもりだ!!」

ハロルド「たった今、リアラは神になったのよ。神を殺すことはできない」

ナナリー「ハロルドまでおかしくなった!!」

ジューダス「ここが地獄なのか……!!」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:16:56.59 ID:Pc7mRNh70

カイル「うぅ……」

リアラ「ガァァァイイイイイイルゥゥゥゥゥ!!!!」

カイル「リアラ!?リアラー!!」

リアラ「が♪ガイルだー♪」

ハロルド「神が体現した今、私たちは神の使者となれるのよ?!」

ジューダス「ふん。皮肉なものだ。神を否定してきたお前が、こんどは神に仕えるというのか!」

ロニ「ハロルド……、そろそろお前の冗談も笑えなくなってきたぜぇ……!」

ナナリー「ハロルド。ごめんよ、でもこっちにも守りたいものがあるんだ!!」

カイル「ねえ、リアラー!!」

リアラ「なにー♪」

カイル「尿道プレイに興味あるー?」

リアラ「ないよー♪」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:19:42.79 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「ハロルド。やはり、
       お前とは戦う運命だったのかもしれないな。スタンたちが戦ったように」

ハロルド「理解できない。神の力を得られるというのに、どうしてこうも人は愚かな道ばかりを進む?」

ロニ「稀代の天才様にはわからねえよ!!俺たちはなぁ、目の前の壁を壊しながら生きているんだ!!
    お前みたいに避けてばっかりいけたら楽だろうけどな!」

ナナリー「私たちは頭が悪いからね。だからさ、力技になっちゃうし、根性論になる」

ジューダス「しかし、時としてそれがとてつもないパワーを生むこともある!!」

カイル「リアラー、じゃあおしっこ見せてー」

リアラ「ちょっと、まってね♪ぅん……ぁ……(チョボボボ……」

カイル「リアラー、かわいいよー!!」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:22:06.91 ID:Pc7mRNh70

ハロルド「愚か。愚か。愚か。貴様たちはやはり滅びるべきだ。神の力によって!」

ジューダス「そうはいかない!僕の偽りの命でも守れるものがあるから!!」

ロニ「たったひとつ、たったひとつなんだよ、俺が守りたいものは!」

ナナリー「私もさ。世界を救おうなんてこれっぽっちも思っちゃいないよ!」

ジューダス「僕が守れなかった未来!」

ロニ「託された想い!」

ナナリー「残された意志!」

ロニ「それが!」

ジューダス「神を超える!」

ナナリー「力になる!」

カイル「リアラーのヴァギナーを高速クリック!!」

リアラ「もうカイルったら、エッチなんだから!あん!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:22:22.38 ID:9CxMsCjpO

この展開を誰が予想出来たか?


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:24:15.63 ID:UuYirzND0

なぁにこれ


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:24:30.37 ID:Pc7mRNh70

ハロルド「ならば、その力を見せてみよ。神の前には塵芥同然であることを思い知れ!!」

ロニ「っは!言ってろ!お前の狂った脳天に1発ぶちこんで、ネジを締めなおしてやらあ!!」

ジューダス「なにをいう。1発程度では奴のネジは直らん」

ナナリー「そうそう。100発はくれてやらないと……ねえ!!」

ハロルド「羽虫どもめが!身の程をしれえええええ!!!」

カイル「リアラ。やっぱり処女は結婚初夜までお預けなの?」

リアラ「だって、恥ずかしいんだもん♪」

カイル「リアラー!!かわいいー!!」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:27:33.15 ID:Pc7mRNh70

ロニ「うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

ジューダス「でぁぁああぁっぁぁ!!!」

ナナリー「うおおおおおおぉぉぉ!!!」

ハロルド「小賢しい!!!」

カイル「はあ……はあ……(パンパン!!」

リアラ「あん……ぁん……ぃ……ん!激、しい、よ、カイル……!
     お尻からカイルが出たり入ったりしてるぅぅ!!」

カイル「リアラのお尻は凄く締まるよ!!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:30:08.21 ID:Pc7mRNh70

ジューダス「僕は過去を断ち切る!!!!」

ハロルド「うぎゃぁぁああああああああああ!!!」

ロニ「はあ、はあ、は……やったか……」

ナナリー「ハロルド、ごめんよ。助けられなくて……」

カイル「う!はっ!」

リアラ「あん!お尻が熱いよォォォォォ!!!お尻でいっちゃうぅぅぅぅぅ!!」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:32:55.18 ID:Pc7mRNh70

ロニ「これで、終わったんだな」

ジューダス「ああ。僕たちの勝利だ……」

ナナリー「お腹すいたし、なんかおいしい物でも食べようよ」

カイル「賛成!!リアラは何が食べたい?」

リアラ「カイルの好きな物でいいよ……」

カイル「それだとリアラになっちゃうんだけど……」

ロニ「おいおい、ごちそうさまー」

ナナリー「全く、どこでも熱いんだから」

ジューダス「ふっ……」

カイル「あー!ジューダスまでー笑った!酷いなー」

リアラ「カイル!」

カイル「なに?」

リアラ「カイル、帰ろう。私たちの時代に……!」

カイル「うん!」


                           happy end


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 14:34:07.16 ID:Y4MTqe2h0

ん? なにこれ?


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日) 13:45:10.74 ID:Y4MTqe2h0

もうやだこの>>1



テイルズ オブ デスティニー2テイルズ オブ デスティニー2
Sony PSP

ナムコ
売り上げランキング : 5900

Amazonで詳しく見る

ドラマCD テイルズ・オブ・デスティニー2 第5巻ドラマCD テイルズ・オブ・デスティニー2 第5巻
ドラマ,福山潤,関俊彦,柚木涼香,緑川光,川上とも子,平松晶子,関智一,今井由香,井上喜久子,速水奨

フロンティアワークス
売り上げランキング : 144995

Amazonで詳しく見る
関連記事
ハロルドは犠牲になったのだ…
[ 2011/05/23 02:02 ] [ 編集 ]
なつかしいなぁ~と思って読んでみたら…
[ 2011/05/23 22:16 ] [ 編集 ]
思い出クラッシャー
[ 2011/05/27 10:12 ] [ 編集 ]
シャルティエ「…」
[ 2012/06/09 04:16 ] [ 編集 ]
エルレイン「愚かな・・・」つ[神のたまご]
[ 2012/06/23 20:10 ] [ 編集 ]
くるってる
[ 2012/08/28 20:37 ] [ 編集 ]
フォルトゥナ様。神の力でこいつらなんとかしてください

フォルトゥナ「無理」
[ 2012/10/08 23:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Cocos+

Author:Cocos+
時々SSも書くSS好きです。
あと次の日ケロリカエルのピクルス、てぶケロも好きです。
すごくかわいいよ。

ご訪問ありがとうございます!

記事一覧

7年もやってまーーーっす(うっす)
(ブラック戦士)


※当ブログについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
↑もしよろしければはてブもお願い致しますm(_ _)m

TOP絵紹介!

検索フォーム
<< 全タイトルを表示 >>
タグリスト
人気ページランキング
ブログパーツ